システマ 意味。 格闘技システマを習うメリット 道場や同好会 「動画あり」

ロシアの武術 システマとは?【基本概念と習得スキルを解説】

システマ 意味

こんにちは、 ふるたけです! この度は私のブログ 「シロクマ健康法」に来てくれて ありがとうございます! 今日は、私の趣味の一つである ロシアの武術システマについて 書いていきたいと思います。 紹介する理由、 いい点• なぜ始めたのか• システマの基本4つの原則• 学ぶには、道場に通う? DVD?、本?• やってみて、違和感があれば 自分の好みの 「深さ」 「速さ」 「強さ」で試してみてください。 鼻から吸って 鼻から吐いてもいいです。 大切なのは 呼吸を意識することです。 そうすることで、 学び、気づきがあります。 効果 嫌なこと 悲しいこと 怒りなど 大きく膨らんだ負の感情を、 最小限にすることができる 負の感情が大きくなる前に そこでストップし、平常に戻せる ・体調不良、不眠などに効果的 (呼吸に集中する力がつき 余計なことを考えない) ・集中力がつく ・緊張する場面で、 パニックにならずに 最小限の緊張で抑えられる 詳しく説明すると、 リラックスは 呼吸とセットで行います。 ・必要最低限の力の消費で 行動できるので たくさん活動できる (力まないから疲れにくい) 上に書いた、呼吸とリラックスと 同時に行ってください。 難しい場合は一つ一つ意識して、 それを組み合わせて 行うようにしましょう。 無理に姿勢を正そうとすると、 呼吸が止まります。 効果 ・気分と姿勢は関係があり、 姿勢を正すことで自信が生まれる ・前向きになる ・他人からの見る目が変わる ・女性は、背筋を伸ばすと美しく見える。 ・男性はかっこよく見える。 2 なぜシステマを始めたのか ここからは、私がシステマをする きっかけになったことです。 私は、最初に空手を習い始めました。 その理由は、 ・兄弟が武道をならっていた。 ・強くなったらかっこいい ・女の子からもてたい という考えから、 高校1年生から空手を習いはじめました。 しかし、たまにしか通いませんでした、 きついのと痛いのが理由でした。 その後も、格闘技などの武道に興味がありました。 私が大学生の時に 兄が武術のDVDをたくさん集めていて その中にシステマのDVDが あったので見てみました。 最初に見た感想は 「???」っていう感じでした。 なんかすごいかもしれない? そのあとも何回か見返すと もう知らぬ間にはまっていました。 それから、ネットで調べると ほかにもいろいろなDVDがありました。 システマのdvdを買ってみて ひたすら見てすごいなと感激。 その後、東京でシステマを習いに行き、 どんどん魅力にはまっていきます。 今は、以前ほどの熱中度ではありませんが、 私の人生の役立っているので、 システマの情報をチェックして、 システマで学んだことを 意識して生活しています。 ここから私がわかっている限りの システマの説明になります。 (全然見当違いのことも あるかもしれませんが、 人生をより良く生きる上で 大切なことだと私は思います。 ) まずはシステマは、学んでいくうちに どんどん難しくなってきます。 3 システマの基本 4つの原則 確実なのはシステマには 4つの原則があり、 ・ 呼吸を止めない 鼻からすって、口から息を吐く。 常に呼吸を意識して 続ける ・リラックス 呼吸とともに 常にリラックスする リラックスすることで、動きが自由になり。 なめらかに動き続けられる。 ・動き続ける 立っているときはもちろん、 しゃがんでいるときにも、 座っている時にも、 寝っ転がっている時にも、 その時に、できる動きを続けます。 ・正しい姿勢を保ち続ける 正しい姿勢から快適な呼吸、 正しい力の使い方ができます。 というものです。 ほかにも大切なことはありますが 別の機会に書いていきたいと思います。 詳しい説明はたくさんあるので 別の記事に書いていきます。 4 学ぶには、道場に通う? DVD?、本? 1 システマを学ぶには ・YouTube メリット かっこよく編集されて、 達人のかっこいい映像が見れるので、 やる気を出したり、 学ぶ意欲を上げるには最適です。 デメリット 最初は理屈が分からずに 真似をしてみても、 形だけになってしまうかもしれません。 4つの原則を使って うごいていると思ってみると、 最初よりはいいかもしれません。 ・本で学ぶ メリット いろいろな理屈が分かり理解が深まる。 読むだけでなく実際にやってみると 学べることが多い。 活字なので読み返しやすい。 繰り返し読むことで、 新しい気づきや、理解が深まる。 基本的なことは、 このような本とdvdのセットの お得な本もあります。 表紙の方は、 「システマジャパン」の代表の方です。 ・dvdで学ぶ メリット 本のメリット + 動きも同時に見られます。 デメリット 値段が高いのでどれをかっていいか迷う 最初、実際に習いに行くのに抵抗がある人は、 本やDVDがインターネットで購入できるので、 買ってみてください。 システマはいろいろな 知識、技術、考え方が多いので 自分の興味のある 題名のジャンルを選んで 買ってみるといいと思います。 実際に習いに行きたい方は、 インターネットで検索して、 「自分の住んでる地域+システマ」 これで検索すれば 近くにあるかもしれません。 今は全国各地で教えてくれる人が 増えているようです。 都心に近い方は、 システマジャパンか システマ東京に行くのが最善だと思います。 大阪には日本で初めて システマのインストラクターの資格を取った すごい方もいます。 dvdは安い買い物ではないので、 はまった人以外は、 これでいいと思います。 習いに行けない人は、 DVDを買ったほうがいいと思います。 最初に買うDVDで、 おすすめは、 これもおすすめです 「システマ大阪」 「システマジャパン」 日本を代表する システマインストラクターの 代表者達が登場します。 どちらも、システマの原則を 全体的に説明してくれているからです。 ほかのDVDは 何かの項目に 特化して 教えてくれる内容です。 5 学び始めて変わったこと 良かったこと ・呼吸法で具合が悪いときに 気をそらせる。 (心理学の面から見ても 理にかなった方法でした。 ) 胃腸炎とか高熱の時は具合が悪すぎて 本当に何も出来ません。 できることが一つありますが、 それは 「呼吸」です。 これで、熱が下がるとか、 体調が良くなるとか 魔法のようにいきません。 しかし、意識するかしないかで、 確実に、体調の悪い時の 苦痛を和らげることができます。 ・感情をある程度 コントロールできる。 めっちゃムカついた時は バーストブリージング (短い呼吸を高速で すってはいて繰り返す ) という方法を試します。 落ち込んだ時や、 虚しい気分の時は、 ゆっくりと長く吸って、 ゆっくり長く深く吐く そうすると、嫌な感情を減らしてくれます。 呼吸法は 瞑想とすごく関係しています。 そして 心理療法や 催眠療法 認知行動療法とも 密接に関係しています。 ・心に余裕が生まれ 生きやすくなった。 人生は一度きりですし どうせ生きるならイライラするよりは、 楽しいほうがいいです。 ずっと怒っているよりは ずっと笑っていたい。 私は、負の感情 (悲しみ、怒り、憂鬱、 寂しい、せつないとか) とかの感情を抱くよりは、 正の感情 (楽しい、うれしい、満足、)を抱きたいです。 結果的に、正の感情でいられる そんな時間が増えました。 ・以前より自分にも 他人にも優しくなれた。 余裕ができたことで人それぞれ違うし その人の得意なこと、 特徴を生かしていけばいいのでは? という考え方になりました。 人によっては、欠点はあるけど、 考え方によっては 長所にも変えられるし、武器にもなります。 そんな柔軟な考え方ができるようにりました。 自他ともに優しくなれたと思います。 (逆を言えば、自分勝手で自分に甘い、 とか思うかもしれませんが、 それは考え方でどっちともとれると思います。 ) 最後に システマのいいところは、 人それぞれ性格、体格と いろいろと違っているけど、 どんな人にも短所長所があり、 それを活かしていけばいいような 柔軟な考え方、練習体型が好きです。 笑ったり、ふざけたりするのもありだし そうしたことにも意味があるという教えや 自由な発想がいいです。 システマの原則は 自分にとって生きる信念 そんな風になっています。 また、 「マッサージ」や」 「癒し」 心を強くする練習方法など 学べる項目がとても多いので、 自分のためになります。 ここまで読んでいただき ありがとうございました。 あなたに読んでもらえて、 少しでも何か、役に立てたなら うれしいです。 ほかにも、 あなた の お役に立てる方法を勉強して、 記事を紹介して行きたいです!.

次の

システムとは

システマ 意味

システム化とは、コンピュータ化のことではありません。 「 システム」 とは何ですか? 「 システム化 」 とはどのような意味を指すことと思われますか? と質問されたらいかが答えられるでしょうか。 「 システム 」 という言葉を日常の中で聞くことが多くなりました。 生産システム、販売システム、情報管理システムなど、少し前から別段なんの違和感もなく、企業の中に 「 システム 」 という言葉が入ってきました。 営業のシーンなどでも、最近は 「 システム提案型営業 」 などというフレーズを 使ったりします。 もともと、このシステム構築講座というものは、SE( システムエンジニア ) に システム構築力を身につけていただくために生み出した研修技法なのですが、このシステム構築講座の冒頭の部分で、いつも同じ質問をしています。 すなわち、 「 システム 」 「 システム化 」 とは、どのような意味だと思いますか? という質問です。 意外にも、 『 システムエンジニア 』 という、肩書きをもつ方々の大半が、 実はこの 「 システム 」という意味をあいまいに捉えている ことが分りました。 「 う~ん、仕事の効率化を行うことかなあ… 」 「 従来、アナログで行っていた処理をコンピュータ化して、仕事の処理量、正確さを 早めることでは… 」 「 まあ、ようするにコンピュータを使って、仕事を効率化することだと思います… 」 などなど、実際に答えていただくと上のような回答になってしまいます。 システムエンジニアと言われる人たちの中にも、システム化とはコンピュータ化の ことであって、目的は仕事の効率化を行うことであるという認識が強いようです。 今回、システム導入講座というものを始めるにあたって、 まずこの 「 システム 」 という意味をきちんと定義しておく必要があります。 ただ、その定義のままであると、非常にあいまいさを残すことになるため、 本講座では 「 システム 」 および 「 システム化 」 という言葉を、 以下のように定義したいと思います。 ここはとても重要なので、もう少し解説を加えます。 もっと言えば 「 凄腕の営業マンや職人でなければ結果を出せないというやり方は、 システム化されていない 」 と捉えることができます。 この定義に基づけば、 「 システム化はコンピュータ化のことではない 」 と言い切ることができます。 たとえば、コンピュータなどまだない時代から、製造業界は存在していました。

次の

システムとは

システマ 意味

「ロシアの特殊部隊で教えられている?」 「痛みを感じない?」 「驚異の脱力パンチ?」 といった噂から、 他の格闘技とは異質なものとして、認識されているかと思います。 ネタにしやすい部分だけが一人歩きし、 システマの本質を理解されていない現状が、多く見受けられます。 (認知度が上がっただけでも喜ぶべきことなのですが、 ほんとは、もっと深く素晴らしいものということを知ってほしい~!! ) そこで、 本記事では、 システマの本質とトレーニングの実態をまとめてみました。 ロシア古来より伝わる武術を元に、元ロシア軍特殊部隊将校のミカエル・リャブコ氏が創始したトレーニングシステムです。 1-1.心身のパフォーマンスを引き出すトレーニングシステム システマの武術を習得することで 身体の生理学的機能(パフォーマンス)と、 人間存在の3つの側面(身体的、心理学的、スピリチュアル ロシア正教 的) を高めることができるとされています。 戦地・人質奪還、武装解除などの 物理的にも精神的にも困難な局面を乗り越えられることを背景に生まれたシステマは、 近接格闘術、身体操作方法、リラックス・健康法などを含む、 とても実践的なものであり、心身のパフォーマンスを引き出せるようになっています。 1-2.基本概念 システマには、いくつかの重要な概念があります。 たとえ、戦いに勝ったとしても、深手を負ってしまっては、 今後の人生に影響が生じ、心身ともに快適に過ごすのが難しくなるでしょう。 心身を高次元に保つノウハウ、サバイブするノウハウが詰まったシステマは、 ストレス社会を生きる現代人にとって、 護身術だけでなく、リラックス・健康法として、大いに有益なのです。 そして、これは相手に対しても同じです。 戦いが起きたとしても、 システマの格闘術は、 相手の肉体や精神を傷つけることを目的としていません。 戦いを終わらせるための効率的な手段を選び、必要に応じて相手をコントロールします。 相手を不必要に破壊することは、戦いに勝ったとしても、相手の恨みを買うことになり、 戦いは終わらないでしょう。 そして、システマのトレーニングで、防具が不要なのは、 非破壊的な格闘術、むしろ怪我の原因である緊張を取り除く格闘術であるからなのです。 その信仰では、 私たちの身に起こる全てのことは、 自分自身を理解しつつ、状況に応じて、 できる限りの最善を尽くすことです。 システマのトレーニングは、 様々な状況で自分ができること、自分が最善を尽くすべき状況 を理解するための、最高の環境でなければならないのです。 ・呼吸する ・リラックスする ・良い姿勢をとる ・動き続ける 次の記事で詳細を解説していますので、ご参照ください。 システマには、 決まった型や技がなく、柔軟で自由な動きが特徴的です。 それは、これらの4つの原則により身体的なパフォーマンスが究められ、 技はその後に無限に生まれるからです。 システマ大阪の大西さんの言葉を借りると、 多くの武術は、技や型を覚えて、強くなるといったアプリをインストールするようなもの、 システマは、人間のOS(ハード部分)の機能を高めるものである。 したがって、システマは、 全ての動きの底上げが期待できるのである。 ぜひご覧ください! 1-3.その他の豆知識 ここまでで、システマは、人間のOSをアップデートし、 心身のパフォーマンスを引き出すことができるものということは、ご理解いただけたかと思います。 一方で、心理学的な側面、スピリチュアル的な側面はなかなか理解されがたいかもしれません。 システマは、 自分自身の状態を理解し、 緊張をコントロールして、真のパワーに変えられなければ、習得することができません。 システマを世界に公開し、各地で普及活動を始めた当時、まだ名前はありませんでした。 しかし、普及させるためには武術としての名前が必要でした。 その名前の第1候補が 「poznai sebia」または 「Know Yourself」(日本語訳で、汝自信を知れ)でした。 これはシステマに取り組む際の心得と、取り組んだ先に得られるものから名づけられました。 システマを続けると、知らず知らずの内に、 自分に正直になれ、進みたい方向性が見えてくるような気がします。 2.実際のトレーニングについて ここまで読んでくださってありがとうございます。 ここからは、システマのトレーニング内容について触れていきます。 さまざまな状況に対応できる、実践的格闘術である所以がわかってくるかと思います。 2-1.目指すべきもの システマのトレーニングシステムによって、下記の要素をもった戦士の育成が目指されています。 身体:緊張から解放され、持久力、柔軟性、楽な動き、爆発力をもつ 精神:冷静であり、怒りや苛立ち、恐れ、自己憐憫、妄想、誇りがない状態 格闘術:パワフルで正確、瞬時かつ効率的、自然で繊細、多様性がある モスクワ本部公式ではこのようになっていますが、現代人は戦士になる必要はありません。 段位や試合、ユニフォームもありません。 人それぞれの目標(護身術を身につけたい、健康のために運動したいなど)で、 マイペースに取り組めるところも、自由でオープンなシステマの良いところです。 2-2.養われる能力 システマをすると、多岐にわたる能力が身につきますが、 主要で代表的なものを紹介します。 このような練習を積むことで、 自然と、冷静かつ柔軟に対応できるようになってきます。 トレーニング例 近づいてくる相手への対処ワーク、相手に抑えつけられた際のワークなど 字面だと、どんなトレーニングだよ? システマは日常全てに応用できるため、トレーニング方法も無数に設定が可能です。 パターン化していないところが、システマのおもしろさの1つです。 2-3.難易度 システマ習得の難易度は、継続すれば必ずできるようになるというところでしょうか。 はっきり言うと、システマは心身の基礎から改善していくので、 護身として機能するまでに、時間がかかるかもしれません。 即席で強くなりたい方は、 技を覚えたり、身体を鍛えたほうが手っ取り早いと思います。 しかし、 システマは、筋力を必要としないため、 一度身につけてしまえば、 過酷なトレーニングなく、 無意識的に発動できるでしょう。 人生100年という長い目で見れば、 併用でもよいので、身につけておく価値は大いにあるかなと思います。 心身をリラックスさせ、快適に動けるためのトレーニングなので、 継続するハードルが低いことを考えると、難易度は低いと思います。 まとめ システマの本質と実際のトレーニングについて、解説してきました。 システマとは ロシア古来より伝わる武術を元に作られた、心身のパフォーマンを引き出すためのトレーニングシステム 近接格闘術、身体操作方法、リラックス・健康法を含む、サバイブを主目的とした非破壊の武術を身につけられる 武術として機能させるための4大原則(呼吸、リラックス、姿勢、動き続ける)がある トレーニングでは、柔軟かつ冷静な対応力、ぶつからない能力、緊張をコントロールできる身体などが養われる トレーニングは、筋力を要さず、試合などもないため、誰もが自分のペースで続けられる システマは、心身のパフォーマンスを引き出すノウハウが詰まっており、 その他のスポーツや日常生活の多くの問題を解決する助けになります。 私自身、システマのノウハウに感動し、 多くの人に理解・習得してほしいと思い、システマについての情報発信を始めました。 私たちは、ストレス社会と適切でない情報の下で育ったため、 知らず知らずの内に、 心身にブレーキをかけながら、アクセルを踏んで生きています。 システマを身につけて、そのブレーキを外してみませんか? 気になる方は、私のTwitterにDM、もしくは最寄りのシステマへ! 以上~.

次の