教師 いじめ 犯人。 東須磨小学校の卒業アルバムからいじめ加害者の顔画像が流出か?動画から教師の素性が判明

【東須磨小学校】いじめ画像公開!加害者教員の実名・顔画像!候補は4人!隠蔽体質で発覚遅れた?

教師 いじめ 犯人

Contents• 東須磨小学校で教師による教師のイジメ動画流出!なぜいじめが起こる? 神戸市教委は被害者や加害者の氏名までは公表しなかったが、たちまちネット上で実名が公表され、いじめの現場を撮影した動画までが拡散されてしまった。 いわゆる炎上であり、ネット社会の恐さでもある。 炎上したためか、マスコミでも多くとりあげられている。 しかし、センセーショナルな事件ゆえに、「東須磨小だけの問題」とか「東須磨小の一部教員だけの問題」で済まされる可能性もある。 ワッと騒いでスッと忘れるのも、ネット社会の特徴だからだ。 そうやって早く忘れ去られてしまうことを、実は神戸市教委は期待しているのかもしれない。 文部科学省(文科省)にしても、自分のところまで火の粉が飛んでこないうちに下火になることを願っていることだろう。 しかし、これは「東須磨小学校だけのこと」で済ましておける問題ではない。 ここまで悪質な例は珍しいかもしれないが、教員同士のいじめは、多くの学校に存在するのが現実だ。 いじめまでいかない「嫌がらせ」は横行している、と言ってもいい。 その最大の要因は、学校がストレス社会になっているからである。 ストレスの発散手段としていじめや嫌がらせが横行し、さらにストレスを助長させているのである。 出典:ヤフーニュース.

次の

東須磨小学校の卒業アルバムからいじめ加害者の顔画像が流出か?動画から教師の素性が判明

教師 いじめ 犯人

東須磨小学校のいじめの様子を撮影した動画が公開される 関西テレビほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 兵庫・神戸市の小学校で、教師4人が同僚の男性教師に悪質ないじめを行っていた問題で、いじめの様子が撮影されていたことがわかった。 2018年の9月に、神戸市立東須磨小学校で撮影された画像。 羽交い締めにされた男性教師は、激辛のカレーを無理やり食べさせられている。 さらに、目や口にカレーのルーをこすりつけられていた。 いじめを行い撮影したのは、同僚の教師たちだった。 東須磨小学校では、30代の男性教師3人と40代の女性教師のあわせて4人が、同僚の20代の男性教師に、悪質ないじめを繰り返していたことが明らかになっている。 関係者によると、加害者側の教師たちは、男性教師の指導を担当していて、いじめ行為は、遅くとも2018年の4月ごろには始まっていたという。 2018年12月には、男性教師の車の上に乗る嫌がらせもしていた。 男性教師は、精神的に不安定になり、9月から休職している。 神戸市教育委員会が、加害者側の教師の処分を検討していて、被害を受けた男性教師は刑事告訴も検討している。 こちらの動画を確認していただければ分かるのですが、概要を説明すると以下のようになっていきます。 出典: 被害教師「ごめんなさい。 僕はもう辛いの好きじゃないんです〜」 加害教師一同「あははははは〜」 加害教師A「(手を叩いてバンザイしながら)勝った〜。 もらった〜。 もらいました〜」 被害教師「嫌だ〜。 僕辛いのなんて好きじゃないんですぅ〜」 加害教師A「はよ、はよはよ!」 加害教師B「???としようとしたら危ないで」 被害教師「いやいやいや〜」 加害教師C「(それやったら)口ん中が痛い」 加害教師D「それしんどい、ヤバい」 加害教師一同「あはははは〜」 辛すぎて教室を走り回る被害教諭 まず、加害者の教師4人と被害者の男性教師の計5人は、家庭科室を思しき場所で動画内にあるような行為をしております。 赤いTシャツを着用した加害教師が被害教師を羽交い締めにしており、女性教師がカレーを食べさせる役に徹し、そのほかに動画を撮影している教師とその様子を見守っている教師がいるのです。 およそ50秒間にも及ぶこの動画は、終始加害者教師らが笑っている様子が映し出されておりますし、全員関西弁の訛りを話していることから、関西地区出身なのではないかと考えられます。 MBSなどが報じた記事によれば、いじめの加害者の教師はなんと児童の前で堂々と激辛カレーの様子を話しており、それが面白かったと感想まで述べているということです。 神戸新聞のいじめの様子の動画を確認する限り、加害者は極めて下品な笑い方をしているため、本当に面白かったんでしょう。 何が面白いのかさっぱり分かりませんが、それを児童の前で話すという行為も到底理解が出来ませんし、決して許されるべきではないでしょう。 前述した通り、では実名についてはネット上で公開されているとお伝えしております。 一部ネット上では、加害者で唯一の女性教師である人物の卒業式の練習の際に撮影された画像などが出回っておりますが、こちらも信ぴょう性が高いとは言い切れません。 そこで、卒業アルバムなどがあればそこから先生の画像を見出せると思いますし、卒業生らが加害者の顔画像を流出させている可能性も考えられます。 Twitterやネット掲示板(5ch、ガールズちゃんねる、爆サイ. com等)を中心に探してみたところ、卒業アルバムに関する情報は公開されておりませんでした。 こちらに関しては、詳しい情報が入り次第お伝えしていきますが、被害教師が刑事告訴などを考えているということで、捜査機関によって正式に実名が公開されれば瞬く間に顔画像なども流出することでしょう。 東須磨小学校のいじめ加害者教師にはそれ相応の罰が必要 まず、東須磨小学校でいじめをしたとされる加害者教師の素行の数々についてご紹介していきます。 背中をグリグリと肘で押す• 足を踏みつける• 車の上に乗り車を蹴ったり傷をつけたりするなどの行為• 車内でわざと飲み物をこぼす• 羽交い締めにして激辛カレーを無理やり食べさせる• 激辛カレーを目にこすりつける• コピー用紙の芯で尻を叩いて腫れさせる• 頻繁に「ハゲ」「ボケ」「カス」といった暴言• LINEで別の女性教員に性的なメッセージを送ることを強要• 携帯電話にロックをかけて使えなくする• まだ仕事があるのに加害者の自宅まで車で送らせる• 無理やり酒を飲ませる これらをいわゆるハラスメントやいじめと定義するのは極めてナンセンスであり、れっきとした傷害や暴行などの犯罪として立件されてしかるべきものです。 こうしたことを許してもいけませんし、それ相応の罰を受ける必要があるでしょう。 目には目といった具合で、ハンムラビ法典のようにやられた行為をそのまま仕返すというのは、現代社会の司法においては自然ではありませんので、法のもとにしっかりと裁かれる必要があります。 もっとも、日本の司法は加害者には甘い設定となっておりますが、昨今では、この様な胸糞悪い事件や炎上案件の場合、逮捕や刑事罰よりも怖いネット私刑と呼ばれるものが待っております。 ネット私刑とは個人情報がネット上にさらされるだけでなく、親、兄弟、配偶者、住所、電話番号、生い立ち家族構成、年収などもネット上に晒され、デジタルタトゥーとして残ってしまう非常に怖い刑のことです。 ネット私刑にあった場合、最悪のケースでは再就職なども出来ずに人生が破綻してしまうことがあります。 教員として懲戒解雇されれば、何かしらの職に就かなければなりませんが、教師しかやったことのない人物が30〜40代となって再就職するのは無謀であり、ネットで実名を検索されれば一発で過去の悪事が分かりますので、人事の人も積極的に採用しようとは思わないでしょう。 また、配偶者や家族などがいる場合、ドン引きされた離婚や別居などで家族が離れ離れになる可能性すらあるのです。 社会経験というのは民間企業だからできると言うわけでも、公務員だから出来ないと言うわけではありませんが、学校を出て学校に就職をする教師はにおいて実際に8割以上もいるとされております。 出典: こちらのデータは、経済協力開発機構(OECD)が2013年に実施した調査をもとに作成されているグラフで、日本や韓国などアジア諸外国の教師の社会経験の少なさが露呈する結果となっております。 つまり、社会経験の少ないいわゆる世間知らずの人間が教師として未来ある人材を育成しているわけですから、説得力がなくなるのも無理はありません。 民間企業であれば、長い年月をかけてマナー研修や新人研修などの社会人として必要なスキルを構築させる努力をしますし、様々な業種や価値観の違う人と出会うことで、人間力が形成されていきます。 一方で、教師は教師や保護者としか仕事上で接しませんし、社会を知らない世間知らずと揶揄されても仕方ありません。 今回のような非人道的かつ非常に幼稚ないじめやパワハラをする理由の一つに、社会経験の少なさがあるといっても過言ではないと思います。 社会経験があれば、このような低俗ないじめやパワハラなどは決してすることはない訳ですから。 -ー実質、謹慎ということか。 「自宅謹慎という制度はなく、制度上は有給休暇を取らせている状況。 (加害教員)本人から体調不良という申し立てはあるが、教壇には立てないということも含み置きのことだ」 ーー現在休んでいる被害教員は、職場復帰についてどう考えているのか。 「できるだけ早く復帰したいという意向を聞いている。 いち早く復帰できるよう全力で支援していきたい」 出典: 現場復帰に関しても、東須磨小学校ではなく別の小学校に復帰するという形になると思うのですが、赴任先の学校側もいじめをするような教師を受け入れることは難しいと思いますし、何より児童やその保護者から拒絶されることがあると思います。 それを踏まえると、現在は自宅療養と言いながらも疲弊しきって憔悴したりしているのかもしれません。 しかしながら、今年5月、滋賀県大津市で園児2人が死亡した事故で起訴されて現在公判中だった女性が保釈中にも関わらずも発生しております。 2人の幼い命を奪った挙句に、公判中に出会い系サイトで男を漁り、ストーカー行為に及ぶ神経もすごいのですが、もしかすれば当事者は全く気にしておらず、東須磨小学校の加害者4人もこれだけ社会問題になっているにも関わらず、のうのうと暮らしているのかもしれません。 市教委によると、4人は指導力に定評があるリーダー的存在。 児童間のいじめ防止の取り組みにも関わっていた。 自身のいじめを認め、反省の言葉を口にしている。 出典: 以上のように、反省していると口には出していても、心のどこかでは早く事態の沈静化を祈り、ほとぼりが冷めるのを今か今かと待ち続けているのかもしれません。

次の

神戸教師いじめ加害教師4人の実名と顔が特定され拡散される事態に!

教師 いじめ 犯人

問題を起こした教師ってその後どうなるのでしょうか。 いじめや体罰、盗撮等の問題をおこした教師は新聞やテレビのニュースでよくみかけます。 懲戒は例外として、最近では給食を無理やり食べ させた教師(昔はそれがあたり前でしたが) 小学生に授業中暴言をはいて、それを録音されて全国ニュースでさらされた女教師。 いじめを訴えたのに力足らずで、生徒を自殺させてしまった教師。 もし、良識のある親ならば、自分の子供をそんな学校に通わせたくないはずですし、学校側も社会的考慮から問題の教師を県外、遠くの学校へ転勤させると思います。 しかし、昔と違って今はインターネットが発達してますから、全国どこにいても調べれば一発で名前がでてきます。 同僚からは陰口を言われる、ちょっと間違っただけでも大げさに解釈される、前科を知った親御さんが学校に怒鳴り込んでくる・・・ 可哀想ではあるけれど、もし自分が親であったなら我が子のために必死になって抗議すると思うのです。 問題を起こした教師はその後ちゃんと働けるのでしょうか? 問題を起こした教師がその後どういう事は私学や公立に寄って異なりますし、起こした内容が刑法に触れて罪が確定してるかしてないかでも異なったりします。 盗撮は、新聞などマスコミに取り上げられる行為は基本的逮捕されてますので略式裁判を受け罪が確定してますはずですから、公務員の教師で有れば罪が確定した時点で懲戒免職です。 体罰に関しては必ずしも警察が動いてる訳ではありませんので、逮捕されて無ければそのまま勤務してる人も居ます。 公立の教師は公務員ですから、何か問題を起こしても罪状が確定しない限り辞めさせることは出来ませんし、本人に止めることを促しても本人の問題ですので継続して働くことは可能です。 しかしながら問題行動ですので公立の場合は、担任などの職務から外し教師への研修を行ったり注意をしたりしてます。 確かにネットは昔に比べるとほとんどの人が利用するくらい普及してますが、名前を検索したら問題行動の内容が出てくる訳ではありません。 犯罪を犯しても軽微な犯罪は必ずしも名前が公表される訳ではありません。 暴力事件や盗撮など警察に逮捕されても新聞やニュースなどでは名前が伏せられてることもあります。 名前が伏せられるというのは、マスコミの報道締め切り時間までに警察が逮捕してなく、逮捕確実の時は名前を伏せて報道したりしますので全ての問題行動が名前が公開されませんので過去に色々な事をしてる人でも大きな問題が起こるまで分からなかった事はいっぱいあります。 よく間違えられてるのは、公務員の教師は県外に転勤になることはありません。 地方公務員は、県内のみの転勤のみです。 国家公務員は、職種に寄っては海外や県外転勤もあります。

次の