ふるさと チョイス 災害 支援。 「ふるさとチョイス 災害支援」、台風19号・21号で被災した111自治体への寄附総額5億円突破 |株式会社トラストバンクのプレスリリース

ふるさとチョイス 災害支援、累計寄附金額が50億円到達

ふるさと チョイス 災害 支援

こんにちは、ニシムラ です。 平成30年7月西日本豪雨により、中国・四国や九州の各県で甚大な被害が出ています。 警察庁と総務省消防庁の12日の発表によると、死者は全国14府県で200人に上り、避難者は2府13件で約7千人いるそうです。 また家屋被害が2万4150棟、断水が23万5千戸、土砂災害が519件のほか鉄道の運休など交通機関にも大きな影響が出ています。 そんなふるさとチョイスの特設ページで現在、「 平成30年7月西日本豪雨」の災害支援を受け付けているんですね。 「 ふるさとチョイス災害支援」には 通常のふるさと納税のような返礼品はありませんが、その代わり各自治体からの手数料も取っていないそうなので、支援者の想いをそのまま被災地へ届けることができるんです。 ふるさとチョイスで災害支援をする方法 ふるさとチョイスで災害支援をする方法は、ガイドに従いながら金額や住所氏名など必要項目を入力していくだけなのでとっても簡単です。 以下にやり方の手順をまとめておくので、もし途中でつまづいてしまったらご参考にしてください。 会員登録 まずはふるさとチョイスのトップページへアクセスして右上のリンクから会員登録をしましょう。 会員登録画面では名前(漢字・ひらがな)とメールアドレスとパスワードだけ入力して「会員登録」のボタンを押せばOKです。 ふるさとチョイスからのメルマガが不要な場合はチェックを外してください。 寄付する自治体と金額を決める 会員登録が済んだら、トップページから緊急災害支援のページへ移動して、寄付を受付中の自治体の中から自分が支援をしたい地域を選びましょう。 ちなみに支援の方法は2種類あります。 被災地へ直接寄付する方法と、被災地の代理の自治体を通して寄付する方法です。 ふるさとチョイスでの寄付者側の手続きはどちらも同じですが、代理での寄付は被災地の事務負担軽減などのメリットがあるそうなので積極的に活用してみましょう。 住所、支払い方法、オプションの入力 名前とメールアドレスは会員登録のときに入力済みなので、あとは住所と電話番号、支払い方法などを入力しましょう。 支払い方法は、クレジットカード払いや銀行振込、郵便振替など、自治体によって指定されている支払い方法の中から選ぶことができます。 それからオプションも指定できます。 たとえば「 ワンストップ特例制度」という確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組を利用したり、自治体への応援メッセージを書いて、ふるさとチョイスのサイト上に公開することもできます。 その地域との関係や年代など、自治体からの簡単なアンケートがある場合はあわせて回答しましょう。 支払い 確認事項に同意して申し込みが完了すると、支払いの案内画面に移ります。 申し込みが完了しても支払いは完了していないので、それぞれの支払い方法に合わせて必要事項を入力します。 郵便振替の場合には後日郵送で払込票が届くので、ゆうちょ銀行や郵便局で支払いを完了しましょう。 まとめ というわけで、今回はふるさとチョイスで西日本豪雨の災害支援をしてみました。 偽善だよって言われるかもしれないけれど、やらない善よりやらない偽善。 このブログを通して一人でも「 私も寄附しよう」という方が増えたら、こんなに嬉しいことありません。

次の

トラストバンク、「ふるさとチョイス 災害支援」で 台風19号の被災自治体のふるさと納税寄附受け付けを開始

ふるさと チョイス 災害 支援

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、ふるさと納税を活用して被災地に直接寄附できる仕組み「ふるさとチョイス災害支援」 で、台風19号・21号で被災した計111自治体への寄附総額が5億円を超えたことをお知らせします 11月10日20時頃。 寄附金は全額、被災地の復旧・復興に活用されます。 「ふるさとチョイス災害支援」では、10月13日に台風19号で被災した自治体の「災害時緊急寄附申込みフォーム」を開設。 11月11日10時現在、被災地以外の自治体が代行する「代理寄附」の利用自治体を含め、台風19号・21号で被災した計111自治体が寄附を受け付けています。 寄附総額は約5億700万円、寄附件数は約2万7,000件です。 トラストバンクは今後も「ふるさとチョイス災害支援」などを通じて、被災地の復旧・復興を支援してまいります。 「ふるさとチョイス災害支援令和元年台風19号・21号」長野県のページ 「ふるさとチョイス 災害支援」とは 2014年9月に開始。 ふるさと納税を活用して、災害時に被災自治体の復旧・復興のための寄附金を募る仕組み。 全国1,788の自治体にプラットフォームを無償提供している。 自治体はサイトで被災状況や寄附金の活用事例を報告でき、寄附者は被災地へ寄附金と一緒に応援メッセージを送ることができる。 平成28年熊本地震では約19億円、平成30年7月豪雨では約16億円、平成30年北海道胆振東部地震では約4億6千万円を集めた。 これまでの寄附総額は約64億円に上る(2019年11月10日時点)。 熊本地震で、被災地とは別の自治体が寄附金受付業務を代行する「代理寄附」の仕組みを構築。 被災自治体は業務負担を軽減でき、住民の安全確保などに人員を充てることが可能になる。

次の

「ふるさとチョイス 災害支援」、台風19号・21号で被災した111自治体への寄附総額5億円突破 |株式会社トラストバンクのプレスリリース

ふるさと チョイス 災害 支援

[株式会社トラストバンク] ~ 地域課題解決の資金を募る「ガバメントクラウドファンディング R 」を活用 ~ 滋賀県米原市とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は本日6月9日、トラストバンクが提供する、クラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング R 」(以下GCF)において、市の新型コロナウイルス感染症対策事業への支援を目的としたプロジェクトを開始しました。 募集期間は2020年6月9日~2020年9月7日(91日間)、目標寄付金額は100万円です。 新型コロナウイルス感染症の拡大により、事業の休業やイベントの中止をはじめ、学校の休業、保育、介護サービスの縮小など、様々な分野で大きな影響が生じています。 米原市では、市民のくらしの不安を少しでも解消できるよう、事業者の事業継続への支援や子育て世帯への応援金をはじめ、高齢者や障がい者世帯への支援、ひとり親世帯や収入が減収した世帯、学生がいる世帯など影響を受けた方それぞれの不安に寄り添いながら、様々な支援に取り組んでいます。 5月14日に滋賀県の緊急事態宣言は解除されたものの、第2波に備えた施策として、本プロジェクトでは環境整備や医療体制の拡充を図るための支援を募ります。 寄付金は、学校での1人1台PC端末の整備や医療機関での診療体制の強化、事業者や市民への支援金など、第2波への備えや市民のくらしを守り、日常を取り戻すための経費として活用します。 また、本プロジェクトのお礼の品として、感染症の影響により売り上げが大きく減少している事業者の品や、パラグライダーや座禅・写経などのふるさと体験(ウイルス収束後に利用可能)の品を用意しています。 米原市は本プロジェクトのお礼の品を通じて感染症の影響を受ける事業者を支援します。 自治体は地域課題と解決策を広く発信し、共感を得ることで寄付を集めます。 一方、寄付者は地域支援の想いで寄付をするため、交流・関係人口にもつながる仕組みとして注目されています。 プロジェクト数も年々増えており、2019年6月の法改正でGCFへの関心はさらに高まっています。 米原市長 平尾 道雄市長のコメント 「私たちは今、『新型コロナウイルス感染症』という、これまで経験したことのない、見えない相手との戦いに臨んでいます。 その闘いの中で、苦しんでいる人、困っている人がいます。 そして、そうした人々を救おう、助けようとする人が生まれ、その輪が着実に広がっています。 このプロジェクトも本市の取り組みを応援したいとの声が寄せられたことがきっかけで開設しました。 ぜひとも皆さまの応援をお願いいたします。 すべての人に健康と福祉を / 11. 市内には伊吹山のお花畑、特別天然記念物に指定される長岡のゲンジボタル、醒井の梅花藻など美しい自然や貴重な動植物を有し、また、伊吹山と醒井の居醒の清水を舞台にしたヤマトタケル伝説や、戦国時代を代表する豊臣秀吉、石田三成が活躍するなど歴史の舞台にも度々登場し、数多くの史跡も残っています。 米原市のふるさと納税では近江牛やシュラフ、グランピングやパラグライダーなど、雄大な伊吹山と名水が育んだ自慢の特産品や米原ならではの体験メニューを取り揃えています。 ガバメントクラウドファンディング GCF とは 2013年9月にトラストバンクが提供したクラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み。 自治体がプロジェクトオーナーとなり、 地域課題に対する具体的な解決策、 必要な寄付金と使い道、 寄付金を集める期間などを提示して広く資金を調達する。 寄付者は自らの意思で寄付金の使い道を選ぶことができる2020年6月時点で寄付総額76億円を突破し、約770プロジェクトが実施された。 「2019年度グッドデザイン賞」を受賞。 同年9月ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。 月間最大2億PV超(2019年12月)、契約自治体1,560団体超(2020年6月)、お礼の品登録数27万点超(2020年6月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。 2013年9月「ガバメントクラウドファンディング R GCF R 」を開始。 2014年9月「災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国自治体に無償でサービスを提供。 2020年3月、新型コロナに伴う支援プロジェクトを開始。

次の