郵便 料金 10 月 から。 一部サービスの料金改定について-ゆうちょ銀行

【新郵便料金】2019年10月郵便料金の値上げを解説!(消費税の増税による値上げ)

郵便 料金 10 月 から

関連記事• 日本郵便が「ゆうパック」の個人向け料金を値上げすると、一部報道機関が報じた。 日本郵便が、2019年用から年賀はがきの料金を62円に値上げする。 郵便事業の収支が悪化している影響。 通常はがきは17年6月に値上げを発表していた。 楽天と日本郵便は、再配達の削減に向け連携を強化する。 日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の再配達を削減するキャンペーンを発表。 コンビニなどで受け取った顧客に各種ポイントを提供する。 先進国の中でもIT活用が遅れている日本。 関連リンク•

次の

郵便料金が変更になります、手紙やはがきの料金、最新情報

郵便 料金 10 月 から

郵便料金 区分 重さ 旧料金 新料金 値上げ 定形 25gまで 82円 84円 2円 50gまで 92円 94円 2円 定形外 規格内 50gまで 120円 120円 ー 100gまで 140円 140円 ー 150gまで 205円 210円 5円 250gまた 250円 250円 ー 500gまで 380円 390円 10円 1kgまで 570円 580円 10円 定形外 規格外 50gまで 200円 200円 ー 100gまで 220円 220円 ー 150gまで 290円 300円 ー 250gまで 340円 350円 10円 500gまで 500円 510円 10円 1kgまで 700円 710円 10円 郵便葉書・レターパック等 はがきやレターパック・スマートレター・郵便書簡はこちら! 旧料金 新料金 値上げ 一般書留 430円 435円 5円 現金書留 430円 435円 5円 簡易書留 310円 320円 10円 特定記録 160円 160円 ー 速達 280円 290円 10円 ゆうパック料金 ゆうパック料金は地帯別にこちら! ゆうパックはあて先の地帯と荷物サイズで一部だけ紹介しています。 窓口まで持込割引適用後の料金で表記しています 地帯 サイズ 旧料金 新料金 値上げ 同一県内 60サイズ 680円 690円 10円 80サイズ 890円 910円 20円 100サイズ 1140円 1160円 20円 120サイズ 1380円 1410円 30円 140サイズ 1630円 1660円 30円 第1地帯 60サイズ 730円 750円 20円 80サイズ 960円 980円 20円 100サイズ 1190円 1210円 20円 120サイズ 1440円 1470円 30円 140サイズ 1680円 1710円 30円 第2地帯 60サイズ 830円 850円 20円 80サイズ 1060円 1080円 20円 100サイズ 1290円 1320円 30円 120サイズ 1540円 1570円 30円 140サイズ 1790円 1830円 40円 郵便料金の値上げ解説! 郵便料金 定形郵便物の82円は84円に2円の値上げです。 その上の92円も94円の2円値上げ。 定形外郵便物 規格内 の120円と140円は現状維持。 205円が210円に5円値上げ。 250円はそのままで380円は390円に10円値上げ。 定形外郵便物 規格外 も現状維持もあれば10円から20円の値上げです。 郵便葉書・レターパック等 郵便葉書は62円から63円へ1円の値上げ。 それに伴って 往復葉書は124円から126円へ値上げ。 レターパックはプラスとライトともに10円ずつ値上げの520円と370円。 スマートレターは据え置きの180円。 特殊料金 速達は280円から290円の10円値上げ。 一般書留と現金書留は5円の値上げ。 簡易書留は310円から320円へ10円値上げ。 特定記録は据え置きの160円。 ゆうパック料金 ゆうパック料金は地帯とサイズにもよりますが、10円から最大で60円の値上げになりますね。 そのまま据え置きになる料金帯はないようです。 それに伴って、新料金の切手や葉書・レターパックも販売されます。 【切手】63円・84円・94円・210円・290円・320円及び慶事用と弔事用 【葉書】通常葉書・インクジェット葉書・胡蝶蘭通常葉書・往復葉書 【レターパック等】レターパックプラス・レターパックライト・郵便書簡 が2019年8月20日 火 から販売開始されます。 新郵便料金への対応は? 新郵便料金への対応はどうする? 例えば、定形郵便物の82円の切手がまだ手元にあって、10月1日までに使い切れない場合は? 追加で2円切手を追加で貼って対応すれば問題ありません。 不足分の切手を貼ればそのまま使用できます。 もしどうしても切手を1枚しかはるスペースがないような場合は、82円切手を84円切手へ交換ができます。 交換する場合、交換手数料が1枚あたり5円かかり、値上げ分の2円と合わせて7円払えば、84円切手に交換できます。 1枚あたり7円なので枚数が多いと負担は大きいですね。 郵便葉書やレターパックも同様で、値上げ分の切手を貼れば問題なく使用できます。 交換手数料は通常葉書は5円、往復葉書は10円、レターパックは42円です。 まとめ! 郵便料金はそのまま据え置かれる料金帯もありますが、1円から10円の値上げです。 ゆうパックの料金は据え置く料金帯はなく10円から60円の値上げです。 しかし、特殊取扱の料金も値上げされますので、 「定形郵便物の簡易書留の速達」で差し出す場合は 「2円+10円+10円」で1通差し出すのに 22円の値上げになりますね。 結構、負担が増えますね。 対応策は.

次の

増税で郵便料金も値上げ、10月から手紙84円に。

郵便 料金 10 月 から

スポンサーリンク 前回の値上げはわずか2年前 前回、郵便料金が値上げされたのは、2017年6月1日。 このときの値上げの内容もあわせてご紹介します。 前回、2017年は一部の料金の見直しだったし、ゆうパック料金は据え置きでした。 でもゆうパックの料金は2015年に値上げされていますし、レターパックの料金は2014年に値上げされていますから、個人的には1~2年おきに郵便料金が値上げされている感覚です。 消費税が段階的に増税されるのに合わせて、郵便料金も段階的に値上げすることを当初から計画していたんだろうなと考えるのが妥当でしょう。 古いレターパックは追加料金分の切手を貼れば利用できる レターパックを使い慣れていないと、「旧料金の封筒は使えなくなるんじゃ…」と不安に感じるかもしれませんね。 でも大丈夫です。 旧料金で購入したレターパックやハガキは、不足分の切手を貼ることで利用できます。 レターパックはライトもプラスも10円の値上げですから、10円切手を貼ればOK。 きちんと不足分の切手を貼り付けているなら、わざわざ郵便局の窓口に出しに行く必要はありません。 うっかり不足分の切手を貼り忘れてポストに投函すると、「料金が不足しています」という貼り紙が付いて、郵便物が自宅に戻ってきます。 だから心配する必要はありませんが、できればスムーズに発送したいですよね。 メルカリなどのフリマを利用して、購入してくれたお客様に品物を発送する場合はなおさらです。 コンビニでは少額切手を取り扱っていない? 最近はどこのコンビニでも切手を販売していますが、扱っている切手の種類は店舗によって異なります。 ハガキと定型郵便用の切手はあっても、定形外郵便用の切手はないお店も。 私の住まいが田舎だからかもしれませんが、 2円や10円といった少額切手をコンビニで買えたためしは一度もありません。 古いレターパックをたくさん持っているようなら、郵便窓口に行って10円切手を買いだめしておくのがおすすめ。 もっとも、レターパックプラスは郵便窓口に持参するか、自宅に集荷に来てもらうかのどちらかの方法でしか発送できないから、その際に不足分を払えば大丈夫。 でも先に不足切手を貼っておく方が、よりスムーズに発送できますよ。 ( チ エ ) 私はまだ使えるものを捨てられない性格です。 インドア派で手芸が趣味だけど、小さなハギレや少しの余り糸も、まだ使い道がありそうで捨てられません。 それどころか、サイズが合わなくなった洋服や、もはや着る機会がなさそうな古い着物も、もったいなくてなかなか処分できません。 おかげで家の中には物があふれ、これ以上は維持していくのがしんどいと感じたとき、「捨てる」のではなく、私より必要としている人に「ゆずる(または売る)」のなら、その「物」にとってむしろ良いことなんじゃないかと考えてみました。 品物によって売りやすい場所は違うから、ヤフオク!・アマゾン・メルカリの3カ所を利用して、もう使わないものを売っています。 かと言って、使っていないものを片っぱしから処分するつもりはありません。 だって「もったいなくて捨てられない性格」だから、手放すには大きな決意が必要で、ストレスも感じる。 そこで、不要なものを手放すと同時に、家の中の収納を見直すことに。 収納アイテムを探し求めてよく出かけるお店は、100均とホームセンター。 牛乳パックやネット通販の段ボールも、収納に活用。 家の中をもっと快適にするために、知恵を絞って収納とリユースを考える。 このブログでは、そんな私の日常とアイデアをご紹介しています。

次の