誹り 謗り。 誹りの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

「誹り」に関連した英語シソーラスの一覧

誹り 謗り

INDEX• 「誹り」とは?|意味と定義を解説! 「誹り」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「誹り」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、誹りの意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 誹りの本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 誹り/譏り/謗りとは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 誹り/譏り/謗りは「そしり」と読みます。 「他人を悪く言う・非難する」という意味です。 誹りの使い方と例文 誹りを受ける 人格や行動などが他人に否定されたり蔑まされたりすること中傷されること。 例:いわれのない誹りを受け他ので腹が立った。 誹りの語源・由来 「そしる」は日本の古文で使われていました。 枕草子では「おのづから人の上などうち言ひそしりたるに」という文がありますが、「たまたま他人の話などをして、けなしていたのを」という意味です。 誹りの英語表現 censure 誹りの類語・言い換え語 憎まれ口 ・ 譏り ・ 悪たれ口 ・ 罵倒 ・ 悪口 ・ 誹謗 ・ 痛罵 ・ 罵り ・ 謗言 ・ 誹 ・ 辱 ・ 辱しめ 誹りの対義語・反対語 讚美です。 「ほめたたえること」という意味です。 誹りの意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、誹りの本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

「誹り:そしり」(誹が入る熟語)読み

誹り 謗り

周吉は用心深く辺りを見回した。 「国賊の 謗 そしりを受けないように立ち回らねば」とひそかに思った。 そして「オコシップの仇を討とう」などというおおそれた量見は、国の為に命を投げうって働いている多くの同胞のためにもサトや子供たちのためにも、微塵も表に出してはいけない、と自分に言い聞かせた。 … 上西晴治『十勝平野(下)』 より引用• 中世のイスラーム教では、学者たちは無神論と言う思想の存在を認識しており、しばしば不信心者を攻撃していたが、彼らは無神論者を指す呼称を持たなかった。 誰かが無神論者だという謗りを受ける際、実際にはその人はたいてい無神論の支持者というよりむしろ異端者とみなされていた。 注目すべき人物として9世紀の学者がいる。 また、彼が中江藤樹を尊崇していたことや、彼の門から多くの陽明学の影響を受けたものが多数輩出していることなどから、一斎が陽明学を奉していたことは明白である。 そのため、『陽朱陰王』の謗りを受けたが、その主とする所は陽明学に存すると言える。 もっとも、日本における陽明学の全盛期は、明治維新以降だとする説もある。 売国奴の 謗 そしりを受けてまで、艦の生残に固執する気はない。 部下たちにしても同様です。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用• 倹約家で、その死後に溢れるほどの財産を貯めていたことがわかり、輿論の謗りを受けた。 一瞬でも 躊躇 ちゅうちょしたら、今日名誉に関することで弱味をみせるのとおなじ不面目の 謗 そしりを受けたであろう。 この時代の人々の言葉には、極度に繊細なところがあって最もとらえがたい感情のニュアンスをも表現することができた。 … スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』 より引用• 岡田や近衛が訴えてくるのは感情的すぎるうえ、とくべつの解決策もないから、上奏はしなかった。 下手に動いて陸軍から敗戦主義者とか「君側の奸」といった謗りを受けることを彼は恐れていた。 ところが五月下旬から六月に入ると、木戸は近衛や西園寺公望の秘書だった原田熊雄に、東條への嫌悪を洩らすようになった。 … 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』 より引用• そのことを自覚し、身をつつしんで職責をまっとうし、他人から 謗 そしりを受けぬようにすべきなのだ。 それをバルアミーごときと乱闘におよんで、藩王殿下のご不興をこうむるとは、何という愚劣さだ! … 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』 より引用• 能見が今夜、どこで何をするか知っていながら、隠しているのではないのか。 大きなヤマに関わるものであるなら、口を開くことは裏切り行為であり、能見に 謗 そしりを受けることにもなる。 … 沢木冬吾『償いの椅子』 より引用• この手も足も、命だってくれてやる。 フリッツに逃亡の算段があるなら、 逆賊 ぎゃくぞくの 謗 そしりを受けてでも手伝う。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用• あくまで妹が死んだから、映画を見ようというだけだ、そこに他の意味を付随させるつもりはない。 十七番目の妹の弔いについては全て他の家族に任せて出てきたので、恐らく家に戻れば怠けモノ薄情モノの 謗 そしりを受けることになるのだろうが、比較的縁が薄かったとは言え、十七番目の妹のその死を 悼 いたむ気持ちが私にないわけがないのだから、そんな批難を受ける 謂 いわれはないと私は思う。 私は二十三人の妹を分け隔てなく愛しているのだ。 … 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』 より引用• しかし、登場人物の一人が不動産で成り上がったユダヤ人であり、明らかに批評家のイグナツ・ブービスを連想させるものだったため、ファスビンダーはブービスら批評家から反ユダヤ的という謗りを受けた。 これにより、同作は70年代から80年代にかけて議論を呼ぶことになった。 寸止めでの組手を主体とする日本の伝統的空手界に異を唱え、邪道と謗りを受けながらも実際に打撃を当てる独自の空手を提唱、国内や海外を転戦する姿を追った第一部と、大山道場から極真会館への刷新と世界進出や、主催する大会での場や他の格闘技と戦う高弟たちの活躍を描いた世界制覇編の、二部構成となっている。 第一部は大山倍達を主人公に、世界中を転々としながら各地の強豪と戦う様子を描いている。 この曖昧な態度は核兵器の有無を疑わせ、抑止効果を高めようとする狙いと、アメリカに対する配慮からである。 核拡散防止条約に加入していないイスラエルが核武装を公言すれば、イスラエルとアメリカのこれまでの関係が崩れるか、これまでインドやパキスタンを非難してきたアメリカがダブルスタンダードの謗りを受けることは免れないからである。 しかし、核技術者モルデハイ・ヴァヌヌの内部告発などの状況証拠から、国際社会においては核保有はほぼ確実視されており、アメリカも核保有を事実上認めている。 しかしながら同年に令狐楚が没し、翌年には上級試験にも落第すると、今度は李徳裕の派に属する太原公王茂元の招きに応じてその庇護下に入り、娘を娶った。 翌839年、王茂元の働きかけにより文人官僚のスタートとして最も理想的といわれる秘書省の校書郎に任官されるも、牛僧孺派からは忘恩の徒として激しい謗りを受けることになった。 以後も李商隠は、処世のために牛李両党間を渡り歩いたので変節奸と見なされ、厳しい批判を受けて官僚としては一生不遇で終わることとなる。 クセノファネスは、牛や馬に手があれば「馬は馬に似た姿の神を描き、牛は牛に似た姿の神を描いたであろう」といったことで有名である。 他の哲学者では、アナクサゴラスが、太陽は「ペロポネソス半島より大きい火の塊」だと主張しているが、不敬虔だと謗りを受けてアテナイからの亡命を余儀なくされた。 完全に唯物論的な哲学を最初に構築したのはレウキッポス、デモクリトスといった原子論者たちである。 「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。 また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。 これらは主に、武士としての生き方に関わるものであり、あくまでも各家々の家訓であって、家臣としての処世術にも等しいものである。 この戊辰戦争の功績により、都城島津家は後に男爵を授けられた。 なお、伏見にて6名の都城一番隊隊員が夜間斥候中に新選組と遭遇し、発砲されたが戦わなかったのは卑怯未練であるとの謗りを受け、その後、前線から後方へ配置換えとなった。 配置換えは通常の作戦行動の一環であり、この件とは無関係であった。 しかし本来の児童によるものではなく大人の芸妓が演じる物としてであった。 他の地域の者たちから『月潟』=『獅子』=『人買い』という謗りを受けることが多かった地元の村人たちにとってはこの芸能は『恥』であり、郷土芸能としての保存に積極的ではなかった。 そのため多くの道具や衣装といった資料はこの時期に廃棄されている。

次の

「誹り:そしり」(誹が入る熟語)読み

誹り 謗り

周吉は用心深く辺りを見回した。 「国賊の 謗 そしりを受けないように立ち回らねば」とひそかに思った。 そして「オコシップの仇を討とう」などというおおそれた量見は、国の為に命を投げうって働いている多くの同胞のためにもサトや子供たちのためにも、微塵も表に出してはいけない、と自分に言い聞かせた。 … 上西晴治『十勝平野(下)』 より引用• 中世のイスラーム教では、学者たちは無神論と言う思想の存在を認識しており、しばしば不信心者を攻撃していたが、彼らは無神論者を指す呼称を持たなかった。 誰かが無神論者だという謗りを受ける際、実際にはその人はたいてい無神論の支持者というよりむしろ異端者とみなされていた。 注目すべき人物として9世紀の学者がいる。 また、彼が中江藤樹を尊崇していたことや、彼の門から多くの陽明学の影響を受けたものが多数輩出していることなどから、一斎が陽明学を奉していたことは明白である。 そのため、『陽朱陰王』の謗りを受けたが、その主とする所は陽明学に存すると言える。 もっとも、日本における陽明学の全盛期は、明治維新以降だとする説もある。 売国奴の 謗 そしりを受けてまで、艦の生残に固執する気はない。 部下たちにしても同様です。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用• 倹約家で、その死後に溢れるほどの財産を貯めていたことがわかり、輿論の謗りを受けた。 一瞬でも 躊躇 ちゅうちょしたら、今日名誉に関することで弱味をみせるのとおなじ不面目の 謗 そしりを受けたであろう。 この時代の人々の言葉には、極度に繊細なところがあって最もとらえがたい感情のニュアンスをも表現することができた。 … スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』 より引用• 岡田や近衛が訴えてくるのは感情的すぎるうえ、とくべつの解決策もないから、上奏はしなかった。 下手に動いて陸軍から敗戦主義者とか「君側の奸」といった謗りを受けることを彼は恐れていた。 ところが五月下旬から六月に入ると、木戸は近衛や西園寺公望の秘書だった原田熊雄に、東條への嫌悪を洩らすようになった。 … 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』 より引用• そのことを自覚し、身をつつしんで職責をまっとうし、他人から 謗 そしりを受けぬようにすべきなのだ。 それをバルアミーごときと乱闘におよんで、藩王殿下のご不興をこうむるとは、何という愚劣さだ! … 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』 より引用• 能見が今夜、どこで何をするか知っていながら、隠しているのではないのか。 大きなヤマに関わるものであるなら、口を開くことは裏切り行為であり、能見に 謗 そしりを受けることにもなる。 … 沢木冬吾『償いの椅子』 より引用• この手も足も、命だってくれてやる。 フリッツに逃亡の算段があるなら、 逆賊 ぎゃくぞくの 謗 そしりを受けてでも手伝う。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用• あくまで妹が死んだから、映画を見ようというだけだ、そこに他の意味を付随させるつもりはない。 十七番目の妹の弔いについては全て他の家族に任せて出てきたので、恐らく家に戻れば怠けモノ薄情モノの 謗 そしりを受けることになるのだろうが、比較的縁が薄かったとは言え、十七番目の妹のその死を 悼 いたむ気持ちが私にないわけがないのだから、そんな批難を受ける 謂 いわれはないと私は思う。 私は二十三人の妹を分け隔てなく愛しているのだ。 … 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』 より引用• しかし、登場人物の一人が不動産で成り上がったユダヤ人であり、明らかに批評家のイグナツ・ブービスを連想させるものだったため、ファスビンダーはブービスら批評家から反ユダヤ的という謗りを受けた。 これにより、同作は70年代から80年代にかけて議論を呼ぶことになった。 寸止めでの組手を主体とする日本の伝統的空手界に異を唱え、邪道と謗りを受けながらも実際に打撃を当てる独自の空手を提唱、国内や海外を転戦する姿を追った第一部と、大山道場から極真会館への刷新と世界進出や、主催する大会での場や他の格闘技と戦う高弟たちの活躍を描いた世界制覇編の、二部構成となっている。 第一部は大山倍達を主人公に、世界中を転々としながら各地の強豪と戦う様子を描いている。 この曖昧な態度は核兵器の有無を疑わせ、抑止効果を高めようとする狙いと、アメリカに対する配慮からである。 核拡散防止条約に加入していないイスラエルが核武装を公言すれば、イスラエルとアメリカのこれまでの関係が崩れるか、これまでインドやパキスタンを非難してきたアメリカがダブルスタンダードの謗りを受けることは免れないからである。 しかし、核技術者モルデハイ・ヴァヌヌの内部告発などの状況証拠から、国際社会においては核保有はほぼ確実視されており、アメリカも核保有を事実上認めている。 しかしながら同年に令狐楚が没し、翌年には上級試験にも落第すると、今度は李徳裕の派に属する太原公王茂元の招きに応じてその庇護下に入り、娘を娶った。 翌839年、王茂元の働きかけにより文人官僚のスタートとして最も理想的といわれる秘書省の校書郎に任官されるも、牛僧孺派からは忘恩の徒として激しい謗りを受けることになった。 以後も李商隠は、処世のために牛李両党間を渡り歩いたので変節奸と見なされ、厳しい批判を受けて官僚としては一生不遇で終わることとなる。 クセノファネスは、牛や馬に手があれば「馬は馬に似た姿の神を描き、牛は牛に似た姿の神を描いたであろう」といったことで有名である。 他の哲学者では、アナクサゴラスが、太陽は「ペロポネソス半島より大きい火の塊」だと主張しているが、不敬虔だと謗りを受けてアテナイからの亡命を余儀なくされた。 完全に唯物論的な哲学を最初に構築したのはレウキッポス、デモクリトスといった原子論者たちである。 「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。 また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。 これらは主に、武士としての生き方に関わるものであり、あくまでも各家々の家訓であって、家臣としての処世術にも等しいものである。 この戊辰戦争の功績により、都城島津家は後に男爵を授けられた。 なお、伏見にて6名の都城一番隊隊員が夜間斥候中に新選組と遭遇し、発砲されたが戦わなかったのは卑怯未練であるとの謗りを受け、その後、前線から後方へ配置換えとなった。 配置換えは通常の作戦行動の一環であり、この件とは無関係であった。 しかし本来の児童によるものではなく大人の芸妓が演じる物としてであった。 他の地域の者たちから『月潟』=『獅子』=『人買い』という謗りを受けることが多かった地元の村人たちにとってはこの芸能は『恥』であり、郷土芸能としての保存に積極的ではなかった。 そのため多くの道具や衣装といった資料はこの時期に廃棄されている。

次の