犬 が 食べ られる 野菜。 【獣医師監修】野菜・果物を犬に与える際の注意点。食べてはいけない食材は?

犬に与えていい果物・ダメな果物|いぬのきもちWEB MAGAZINE

犬 が 食べ られる 野菜

クルルさん 調べといてよかった😅 ちびさん グレープフルーツ レモンも良いとは意外ですね あーちゃんママさん いつも果物を自分達だけが食べてるのをワンコが見てるだけでしたから、調べてみてよく分かり、これからは少しずつ与えようと思います。 あーちゃんママさん これからは一緒に食べます😆 テリーさん 意外に多くの種類が食べられると分かったので、 食べられないものを気をつけてあげたいです! さんこうになりました! リクママさん 凄く参考になりました。 もちろん少量ですけど😃 こうちゃんさん 自分も小型犬を飼っています。 よくリンゴを与えています。 結構色々な果物を与えてもいい事にびっくりしました。 レオママさん 我が家の愛犬は、果物が大好きなので調べてよかったです。 愛犬欲しがってたけどあげませんでした。 (汗)中毒おこしたらどうしようと思って検索。 こちらで大丈夫と分かり安心。 しかし、分厚い皮を丸呑みしたので消化できず、多分数時間後に吐くでしょうね。 落とした人間を怒り、チワワも拾い食いで怒られ、叱る私も気分が悪く、散々です。 マルさん 果物だいたい食べます。 いろいろ試行錯誤 ドライフードをあまり食べないので、こまってます。 おやつもほどほど食べます。 今一歳、参考になり有難うございました。 桜宮レイさん 勉強になりました。 ありがとうございます.

次の

犬も食べられる冬の野菜5つ

犬 が 食べ られる 野菜

料理の香り付けや、薬草、保存料、防虫など様々なものに利用されるハーブ。 現在世界に沢山の種類のハーブがあるわけですが、人間が食べられるハーブは犬が食べられるかどうか気になったことはありませんか? 種類にもよりますが、リラックス効果や薬草など、健康促進しても用いられる事のハーブですが、犬も同様に効果があったりするのでしょうか。 今回は犬とハーブの相性についてしらべてみました。 スポンサーリンク そもそもハーブとは? ハーブとは定義として、 薬効成分が確認された植物の事を総称してハーブと呼んでいます。 一般的に西洋で伝統的に料理や薬草、保存料や香料として用いられた植物を指します。 ハーブの歴史はとても古く、医学的に使用しているのは約5000年ほど前から使用されていると言われています。 当時はきちんとした効用は認識されておらず、数もそんなに多いものではなかった模様ですが、現在では約2000種類くらいのハーブがあると言われています。 ハーブを用いるメリットは? ハーブは古来より、私達人間において薬草などでも用いられたりしている馴染みのある植物です。 先ほども触れましたが、そもそもハーブは薬効成分が確認された植物の総称となるため、栄養価はもちろん、リラックス効果や不足している他の栄養をとるためのサプリなどに含まれたりと、多くのものに使用されています。 犬にもほぼ同様の効果を期待ができ、特にシニア期になるとカラダの不調などが出てくることもあります。 普段の食事だけでは補いきれない場合など、取り入れている飼い主様もいるようです。 ハーブは香りが強かったり、少し独特な味がするものが多いことから「犬にハーブを食べさせても大丈夫なの?」と思われる方もいると思います。 ハーブには沢山種類があり、食べさせたら問題のあるハーブもありますが、食べても問題のないものもあります。 ハーブの食用については専門的な知識が必要で、安易に与えると危険となるものもあるので、正しい知識を持ち合わせていない場合はやたらむやみにあげるのは止めておいた方が良さそうです。 食べても問題のないハーブ ここから食べても問題のない代表的なハーブをいくつかご紹介していきます。 必ずしも問題がないわけではありませんし推奨しているわけでもありません。 あくまで参考程度と捉えていただけると幸いです ローズマリー ハーブの定番ローズマリー。 肉料理などのニオイ消しなどに使われ、味や香りもスゥーッっとしたイメージでいかにもハーブといった感じです。 ローズマリーには、抗アレルギー作用と抗炎症作用を持ったロスマリン酸と呼ばれる成分を含んでいます。 オレガノ ピザやパスタなど、主にイタリアン料理でお馴染みのハーブです。 抗菌作用があるカルバクロール・チモールといった成分が含まれており、病気予防や老化防止などに有効と言われています。 その他にも消化促進や胃もたれ防止の効果もあるようです。 カモミール ハーブの中でもメジャーなハーブです。 カモミールは胃腸を元気にする・利尿作用・口臭予防・リラックス効果などの効果があると言われています。 ただし、妊娠中の人や犬が食べる場合は注意が必要なようです。 また、カモミールの香りを嗅がせるだけでも十分リラックス効果は得られるようですよ。 ローズヒップ ローズヒップは東欧、北欧などが原産の植物です。 別名「ドッグローズ」と呼ばれるほど古来より動物達の栄養価の高い自然の治療薬と親しまれているようです。 ローズヒップは、健康維持・老化防止・免疫強化などの効果があると言われています。 《関連記事》 アルファルファ アルファルファはスプラウトの状態で私達人間はサラダとして食べる事がある他、牛などの牧草として使われる事があるハーブの一種です。 栄養バランスに優れており、ガン予防や抗炎症作用に効果があると言われています。 パセリ 様々な料理の脇っちょに添えられてるハーブの一種。 パセリはビタミンや鉄分が豊富で、鉄分は主に貧血の予防・改善に効果的と言われています。 《関連記事》 食べたらいけないハーブ 観賞用としてペットの身近に置くものも 観葉植物など 、中には危険なハーブである可能性もあります。 犬が食べたら問題であると言われる代表的なハーブをいくつかご紹介していきます。 ジャスミン ジャスミンティーなどでも有名なジャスミン。 ジャスミンティーはノンカフェインのタイプのものもありますが、犬が摂取すると中毒を起こす可能性があるようなので与えないように注意しましょう。 マリーゴールド ハーブティーなどでよく使用されるハーブです。 マリーゴールドは、犬が摂取すると中毒を起こす可能性があるようなので与えないように注意しましょう。 ユーカリ コアラの食べ物として、またはフラワーアレンジの花材と知られるユーカリ。 ユーカリは品種が多く、中には毒性のあるものも含まれるため、犬には与えないように注意しましょう。 ヨモギ お餅などで良く使われるヨモギは、犬にとって危険と言われる植物です。 道端にもよく生えている身近な植物なので、散歩の時などにも口にしないように注意が必要かと思います。 下記のページにも記載してあるので是非参考にしてみて下さい。 ハーブをあげる際の注意点 ハーブを上げる場合は、出来るだけ細かく刻んであげて、少量を普段の食事にトッピングしてあげましょう。 独特な香りや味がするので、食べない事もありますが、その場合は無理にあげなくも良いのではないでしょうか。 無理にでも食べさせる必要はありません。 また、初めての場合犬に合わない場合も考えられるので、特に少量にしてみて様子を見て上げましょう。 与える量にも注意が必要です。 小型犬~超大型犬まで体の大きさが異なるため、一度に食べられる量にも差があることを理解してあげて下さい。 適切な量を間違えたり、体調に良し悪しによってはかえって逆効果となってしまう場合もあるようです。 食事以外の利用法 ハーブは食事以外にも利用法があります。 カモミールやラベンダーなどのハーブティーをグルーミングスプレーとして利用できます。 シャンプー後のリンス代わりや、ブラッシング後に軽くかけてあげるなどの利用法があったりしますね。 ラベンダーの香りは犬にとってもリラックス効果や安眠効果があると言われています。 あげるなら正しくあげること ここで挙げた例は一例です。 この他にも、食べても問題のないハーブや食べさせてはいけないハーブも紹介しきれないほど多数存在します。 基本的に正しい食事を取っていて健康的な犬であれば、ハーブは必ず取らなければならないものではありません。 あくまで健康維持の為の補助食くらいに思っていただいて良いかと。 また、万が一食べてはならないハーブを口にしてしまった場合は、すぐに病院へ行き獣医師さんに見てもらうようにしましょう。 スポンサーリンク こちらの記事もおすすめです 〜ブログ村、ブログランキングに参加しています〜 和來さんの励みになるため気が向いたらクリックにご協力して頂けると嬉しいです。

次の

犬に野菜を与える必要はあるのか~消化できないってホント?

犬 が 食べ られる 野菜

犬も食べられる冬の野菜1:大根 大根は冬が旬の時期にあたり、カリウムやミネラル、ビタミンCなどを多く含む栄養たっぷりの野菜です。 私たちも寒くなってくると、おでんや煮物で大根をよく活用しますよね。 大根はワンちゃんにも与えてよい食材で、生で摂取すると「ジアスターゼ」という消化を助ける酵素が含まれていますので体にも良いですね。 大根おろしなどを普段のフードにトッピングしてあげるのが効果的です。 また、大根に含まれるカリウムは、体の細胞にとって大切な成分なので、特に脱水症状の時などは積極的に摂取したいですし、血圧の上昇を抑えたりする働きもあるので取り入れたい野菜ですね。 注意点としましては、大根は固くワンちゃんが消化しにくいので、できるだけ細かく刻むか、すりおろしてあげることが大切です。 また、腎臓の病気を持っているワンちゃんは、大根に含まれるカリウムを摂取することによって悪影響がでることがあるので、なるべく与えないようにしましょう。 犬も食べられる冬の野菜2:白菜 白菜も冬を代表する野菜で、お鍋には欠かせませんよね。 白菜はワンちゃんが食べても大丈夫な野菜です。 また、白菜には「イソチオシアネート」という成分が含まれており、ガンの予防にも効果が期待が出来るそうです。 白菜は固い部分や筋のある部分もありますので、ワンちゃんが消化しやすいように細かく刻んで与えてあげてくださいね。 犬も食べられる冬の野菜3:ブロッコリー ブロッコリーは、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK、ビタミンB6などのビタミンが豊富に含まれています。 体を若く健康に保つ効果が期待できる冬野菜です。 また、白菜と同様に「イソチオシアネート」というガンの予防にも効果が期待が出来る成分が含まれています。 積極的に摂取したい野菜ですね。 ブロッコリーは固いのでそのまま与えず、熱を加えて柔らかくしたり、細かく刻んだりしてあげるようにしましょう。 シュウ酸を含みますので、尿路結石の診断を受けている場合は控えたほうがよいでしょう。 犬も食べられる冬の野菜4:ほうれん草 ほうれん草も冬が旬の野菜で、よく目にしますよね。 ビタミンや鉄分を多く含んでいるので、ワンちゃんの健康にとっても嬉しい野菜です。 ですが、注意したいのがほうれん草に含まれる「シュウ酸」です。 たくさんのシュウ酸を摂取してしまうと、「シュウ酸カルシウム尿石症」という病気になってしまう恐れがあります。 ほうれん草をワンちゃんに与える場合は、必ず茹でてあく抜きをしたもの(シュウ酸の量が減る)を少量与えるようにしましょう。 犬も食べられる冬の野菜5:ニンジン 見た目にも鮮やかなニンジンは実は冬が旬の冬野菜だそうです。 他にも、カルシウムや鉄分などを含んでいますので、是非取り入れたい冬野菜ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか?犬も食べられる冬の野菜として、• ブロッコリー• ほうれん草• ニンジン の5つの例を挙げてきました。 愛犬がよく食べているものや、おうちによくある野菜はありましたでしょうか?旬の冬野菜は栄養も豊富で美味しいので、上手く食事に取り入れながら、是非ワンちゃんと一緒に食べてみてくださいね!.

次の