キャッシング 障害 者。 障害者と税|国税庁

参考資料 障害者の状況|令和元年版障害者白書(全体版)

キャッシング 障害 者

クレジットカードは障害者も申込可能 クレジットカードの申込資格は、 「18歳以上(高校生除く)で安定した収入がある方」です。 カード会社の申込条件には「障害者は申込不可」のような記載はありませんので、障害者の方でも申し込みが可能です。 ただし、クレジットカードを発行するには審査があります。 審査では「申込者がきちんと返済してくれるかどうか」が確認されます。 クレジットカードの申込時に「安定した収入がある」と証明する必要があります。 そのため、障害者で無職の方は、クレジットカードに申し込みをしても審査に落ちやすくなるので注意しましょう。 クレジットカードの審査では「年金は安定した収入」とされることがあります。 申込時に入力する職業欄に「年金受給者」の項目があるカード会社では、年金を安定した収入とみなします。 そのため、現在アルバイトや会社勤めをしていない無職の身体障害者でも、障害基礎年金を受給している方はクレジットカードの審査に通過することができます。 ちなみに、「年齢は20歳以上」「年金受給者は申込不可」といったように、 カード会社によっては多少条件が異なりますので、申し込みをする前に申込条件を確認しましょう。 なお、クレジットカードを作ったことのない方は「」を参考にカードを発行しましょう。 クレジットカードを発行できないケース 「18歳未満」「安定した収入がない」方はクレジットカードの発行を申し込んでも審査に通過できません。 申込条件を「20歳以上」にしているクレジットカード会社であれば、20歳未満の方も審査に通過できません。 また、 「契約の意思が確認できない」「返済能力がない」と判断される方もクレジットカードを発行することはできません。 例えば、 知的障害や重度の精神障害を持つ方はクレジットカードに申し込めません。 知的障害者や重度の精神障害者の方は判断能力が不十分であるために 「成年後見人制度の対象」となるからです。 成年後見人制度は、知的障害や重度の精神障害、認知症といった理由で判断能力が不十分な方を保護するための制度です。 判断能力が不十分な方に代わって、成年後見人となった方が預金の管理や売買契約といった金銭のやり取りや契約を行うようになります。 知的障害や重度の精神障害を持つ方は、本人の契約の意志が確認できず、返済能力がないと判断されるので、クレジットカードに申し込めないのです。 身体障害者がクレジットカードの審査に通過する方法 身体障害者がクレジットカードの審査に通過しやすくなる方法があります。 職業を年金受給者として申し込む• 自宅の固定電話と携帯電話の電話番号を申告する• キャッシング枠を希望しないで申し込む クレジットカードの審査では、年金も収入として扱われるので、職業を「年金受給者」にすることが可能です。 また、本人情報を申告する際は、自宅の固定電話と携帯電話の番号の両方を申告しましょう。 また、クレジットカードの申込時にキャッシング枠は不要と申告すると審査に通過しやすくなるのでおすすめです。 職業を年金受給者として申し込む クレジットカードの申込時には職業を申告しますが、 身体障害者の方は無職でも「年金受給者」として申し込みが可能です。 会社勤めの方やアルバイトをしている方は、「会社員」や「アルバイト」と申告することも可能です。 クレジットカードの審査では「申込者の返済能力」を確認するので、申込者の職業の申告が必須です。 職業によって返済能力の評価が変わります。 例えば、「公務員」はリストラや自主退職のリスクが一番低い職業なので、クレジットカードの審査で有利です。 「アルバイト」は毎月の収入が不安定なので、固定給の「会社員」よりも審査で不利です。 「年金受給者」は国から毎月定額を支給されるので「安定した収入がある」とみなされます。 よって、 「年金以外の収入がない無職の方」や「毎月の給料が障害基礎年金の支給額より低い方」は、職業を「年金受給者」にしましょう。 自宅の固定電話と携帯電話の両方の番号を申告する 自宅に固定電話がある方は固定電話の番号を必ず申告します。 携帯電話の番号も忘れずに申告してください。 クレジットカードは、自宅の固定電話または携帯電話、どちらか一方の電話番号を申告するだけで申し込みが可能です。 しかし、 両方の連絡先を申告した場合、一方の連絡先のみ申告した場合と比較して連絡がつきやすくなるので、クレジットカードの審査に通過しやすくなります。 クレジットカードの審査では、申込内容確認のために申告した電話番号に電話がかかってくることがあります。 年金受給者の場合は、「どの年金の受給者なのか?」と確認されるケースです。 「障害基礎年金です」と答えればOKです。 また、クレジットカード会社に申告した電話番号に連絡がつかない場合、クレジットカードの審査に通過できません。 電話番号を申告する際は間違いのないようにしましょう。 キャッシング枠を希望しないで申し込む キャッシング枠とは、クレジットカードでお金を借りられる限度額のことです。 クレジットカードの発行会社によっては、キャッシング枠を0円(キャッシング枠を希望しない)に設定することが可能です。 キャッシング枠が0円であればクレジットカードでお金を借りることはできませんので、クレジットカード会社は「キャッシング枠で貸したお金が返済不能となるリスク」がなくなります。 そのため、キャッシング枠を希望しないことでクレジットカードの審査に通過しやすくなります。 なお、 クレジットカードの発行後にキャッシング枠を追加・増枠することが可能です。 詳しい条件はクレジットカード会社ごとに異なりますが、目安としてクレジットカードの発行後6ヶ月を経過すればキャッシング枠の追加・増枠が可能です。 身体障害者でも申込OKなクレジットカード 身体障害者の方で職業を「年金受給者」にする場合は、年金受給者でも申込可能なクレジットカード会社に申し込みましょう。 例えば、三井住友カードでは障害基礎年金受給者からの申し込みを受け付けています。 (コールセンターに問い合わせ済) 身体障害者であることを理由に申し込みを制限することはなく、通常通りにクレジットカードの審査が行われます。 審査に通過できれば身体障害者でもクレジットカードを発行できます。 家族カードを発行する 「年金受給者」として申込んだものの審査に落ちてしまった方や、クレジットカードの審査が不安な方は、家族カードを発行するという方法もあります。 家族カードとは、クレジットカード契約者の家族に発行されるカードのことです。 例えば、父親を本会員として身体障害者である子どもを家族会員にすることで、身体障害者である子どもの名義のクレジットカード(家族カード)を発行することができます。 家族カードを発行する場合、基本的に申込者ではなく本会員に対して審査が行われます。 家族カードの限度額は本会員のクレジットカードの限度額の範囲内なので、新たにお金を貸し出す枠を作るわけではないからです。 そのため、申込者が 無職または収入の低い身体障害者であっても家族カードの審査に通過できます。 家族カードについて詳しくは、をご覧ください。 FP監修者コメント 身体障害者の方でも、年金受給者など安定した収入が見込める方はクレジットカードを作ることは可能です。 また、家族カードを利用する手段もあります。 ただし、作れるからといって安易に利用するのはやめましょう。 必要な時に利用する、それがクレジットカードの利用の秘訣ともいえまず。 あきらめずに作成できる点は知っておきましょう。

次の

障害者(障碍者)が、お金を借りるにはどうすればいい?

キャッシング 障害 者

障害者は、お金を借りれるの? 障害者(障碍者)の方が、障害基礎年金を頼りながらも生活費に困窮したり、どうしてもお金が必要になった時… どうすればいいのでしょうか? 実は、 市役所からお金を借りることができます。 それが「 生活福祉資金貸付制度(せいかつふくししきんかしつけせいど)」という制度です。 正確には市役所で借りるわけではなくて、 市区町村社会福祉協議会(しくちょうそんしゃかいふくしきょうぎかい)という団体を介してお金を借りることになります。 この制度は、国(お上)が 厚生労働省の大元として管轄しているので抜群の安心感があります。 実施は各都道府県の協議会、市役所が担います。 さらに連帯保証人が立てられる場合には 金利0%(無利子)です。 ただし、国プラス役所がメインとなるのでかなり慎重な申請が必要になります。 そしてまずは障害者世帯(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を保有している方が属する世帯)という証明が必要です。 生活支援費や住宅入居費といった総合支援資金の他、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金など、お金の使用用途に応じて分かれています。 読者様の場合、おそらく「 総合支援資金」の「 生活支援費」に当たると思われます。 これは、生活を建て直すまでに必要な生活費のことです。 保証人ありですと無利子、保証人なしですと年1. 5%の利子がかかります。 申し込み方法は各市区町村 社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)に相談しましょう。 そこで申請書類を受け取ってください。 市区町村社会福祉協議会から都道府県社会福祉協議会に申請書類が送付され、審査後、貸付決定通知書が送付されます。 借用書を提出したのち、借入金を受け取れるようになってます。 提出する書類は多く、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の写し 、世帯の状況がわかる書類(住民票など)、本人確認書類(運転免許証など)、確定申告書の写し(自営業の場合)、源泉徴収票の写し(被雇用者の場合)、借受人・連帯保証人の所得税・課税証明書、そのほか各社会福祉協議会が指定する書類などが必要とされます。 こちらを参考にして実務の窓口となっている 自治体の福祉課や、 社会福祉協議会などで相談してみるといいでしょう。 【まとめ】障害者でも借りれる公的金融機関 公的機関からの融資でまず考えられるのが、 生活福祉資金貸付制度です。 この制度は、低所得者世帯、高齢者世帯、そして障害者世帯を対象としています。 対象となる障害者は、 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人となっています。 連帯保証人を立てることができた場合は無利子で借りることができます。 仮に、連帯保証人がいなくても年1. 5%という超低金利で借りることができます。 申し込み先は、お住まいの市区町村社会福祉協議会、または都道府県社会福祉協議会となっています。 また、障害年金を受け取っている人なら、独立行政法人・ 福祉医療機構(ふくしいりょうきこう)で障害年金を担保にしてお金を借りる年金担保貸付が利用できます。 連帯保証人が必要ですが、金融機関よりはるかに低い金利で借りることができます。 審査に4週間ほどかかる点にも注意が必要です。 最後に、障害者の方でも、仕事をしている場合は、消費者金融のカードローンに申し込むことが可能です。 障害者が金融機関でお金を借りるためには、「 安定した収入がある」、「 契約内容を本人が把握できる」、「 家族と一緒に暮らしている」ということが条件となってくるでしょう。 そして、障害基礎年金だけでは安定した収入とは認められない場合がほとんどです。 民間の金融機関はあくまでも最終の手段として、まずはお住まいの市役所に問い合わせてみることをおすすめします。 お読みいただき、ありがとうございました。

次の

「iPhoneは視覚障害者にこんなに便利だった」全盲の講師が教える

キャッシング 障害 者

障害年金受給者に融資している消費者金融は基本的には無い 障害年金とは年金の受け取り方のひとつです。 通常の年金と異なる点として「障害」を持っているか否か、が挙げられます。 障害年金受給のための条件として以下のものが挙げられます。 1 障害認定基準を上回る状態であること 2 保険料をきちんと納めていること 1. の障害認定基準についてですが、こちらは 精神、肢体、心臓・腎臓、その他が設けられており、各障害に応じた障害者手帳が発行されます。 つまり、 障害者手帳を所持している人は障害年金を受け取る条件を満たしている、と判断できるわけです。 の保険料についてですが、こちらは基本的にはきちんと納付している人でなくてはなりません。 しかし例外もあるのでこのあたりは審査次第だと言えるでしょう。 一般的な年金の場合、決められた年齢以上の方を対象に給付されますが、 障害年金は特に年齢は制限されていません。 一般的には消費者金融を利用するケースが多いでしょう。 しかし、 障害年金受給だけで生計を立てているのなら消費者金融から借入するのはかなり難しいと言わざるを得ません。 基本的に消費者金融から障害年金受給者が借りられることはまずあり得ません。 というのも、 国によって禁止されているからです。 年金を担保にした借入は不可能と法律で定められています。 しかし、 障害年金受給者でありながら、バイトやパートなどでも良いので、何か安定した収入を持っている場合は別です。 この場合だと条件は相変わらず厳しいものではありますが融資が受けられる可能性もあります。 とはいえやはり条件としてはハードルが高いので審査に通らないことも十分考えられます。 街金やヤミ金といった消費者金融は障害年金受給者に対して融資していることもありますが、これらを利用するのは控えるべきです。 法外な金利もありますし、様々なトラブルに発展するリスクがあります。 その時は民間の消費者金融を利用するのではなく、 年金担保貸付事業の活用を検討するのがおすすめです。 こちらは 「福祉医療機構」という独立行政法人が行っているもの。 収入が障害年金だけ、という方でも利用することができます。 具体的に 概要としては以下のようなものとなっています。 窓口 年金を受け取っている銀行などの金融機関 融資可能金額 10万円から250万円 金利 1. 6% 保証人の有無 連帯保証人が必要で信用保証制度もある 審査から融資までの期間 およそ2週間から1ヶ月 このように、低金利である程度まとまった融資が受けられるのは大きなメリットなのですが、 連帯保証人を用意する必要が出てきます。 もしも それが難しい場合は信用保証制度を活用することになります。 その場合は保証料として一定額の支払いが生じてしまいます。 もちろん、給付ではなく貸付ですので返済の義務が生じます。 返済のメドが立たないのなら利用するべきではないでしょう。 ちなみに、この年金担保貸付事業を利用した場合、銀行のATMなどで 自分で返済する必要はありません。 年金支給期間から直接差し引かれるからです。 つまり、毎月もらっている障害年金の中から 返済額が差し引かれて、残った金額が指定した銀行口座に振り込まれる、という形になります。

次の