クレジットカード 高還元率。 ポイント還元率の高いおすすめ電子マネー&効率的なポイントの貯め方使い方

ポイント還元率比較!貯まりやすい法人クレジットカードの特徴とは?

クレジットカード 高還元率

目次 1. Visa LINE Payクレジットカードの概要とこれまでの状況 Visa LINE Payクレジットカードは、2019年初頭にニュースリリースとして発表されたものである。 最終的には、三井住友カードとなったが、元々はオリコが手を組む予定であった。 しかし、提携解消が発表され、予定が少し後ろズレになったものの、ようやく発行まで至った。 Visa LINE Payクレジットカードの特徴 続いて、Visa LINE Payクレジットカードの特徴について述べていく。 他の代表的なクレジットカードと比べてみても、お得な還元率であることがよくわかる。 クレジットカード界隈では、ポイントを稼ぐために、利用シーンに応じてカードを使い分けることが推奨されたりするが、これが結構疲れてしまし、ポイントも分散されてしまう。 そのため、気兼ねなくメインカードとして使える1枚があるととても便利で、わかりやすいのだ。 2020年度においては、このVisa LINE Payクレジットカードが大活躍してくれるだろう。 初年度は年間費無料で、2年目以降も年1回以上の利用で無料となるため、 実質の年間費が無料となる。 SuicaやPASMO、EdyやnanacoやWAONといった電子マネーの普及で身近になったFelicaを使ったタッチ決済。 コンビニやスーパーをはじめ、あらゆる場面で普及が進んだタッチ決済だが、Visaのクレジットカードにもこの機能が付いている。 リーダーを導入している店舗で、タッチをするだけで翌月の請求額に計算してくれるというわけだ。 意外とめんどくさい、 サインや暗証番号の入力が不要となる。 白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、山内農場、丹波黒どり農場、目利きの銀次、横濱魚萬、金の蔵、アカマル屋、月の雫、バリバリ鷄、吉今、万里、東方見聞録、壁の穴、パスタママ、、語らい処「坐・和民」、和民、ミライザカ、TEXMEX FACTORY 渋谷神南店 他にも、雑貨、カラオケ、百貨店等、対応している店舗がある。 これだけの店舗があれば、LINEポイントを使い切ることができるだろう。 最新の店舗情報については、のLINE Payの公式ページで確認してほしい。 まとめ ということで、Visa LINE Payクレジットカードについてまとめてきた。 2020年度は、このクレジットカードがメインになること間違いなしだ。 ぜひ、このカードに申し込んで日々の生活をオトクに過ごしたい。

次の

高還元率でお得なクレジットカードランキング

クレジットカード 高還元率

また、今まで、インビテーション経由でしか申し込めなかった「エポスプラチナカード」が、直接申し込めるように制度を変更するなど、各カード会社がプラチナカードに力を入れていることがわかる。 例えば、2017年12月18日に発行が始まった「ジャックスカードプラチナ」の場合は、 通常還元率1. 5%で、年間利用額に応じて、最大2. 0%まで還元率がアップする。 0%で、誕生月は2. 0%にアップする。 さらに、 iD・QUICPayの利用分と海外利用分については、0. 5%分のポイントが上乗せされて、還元率1. 5%にアップする。 0~3. 5% 従来は、「高還元クレジットカード」と「特典が豊富なクレジットカード」は住み分けされており、上位のステータスカードの取得を目指すのであれば、低い還元率に我慢して、インビテーション(招待状)が届くまで使い続ける必要があった。 しかし、最近では、ステータスカードも還元率が高くなり、還元率と付帯サービスでクレジットカードを使い分ける必要もなくなってきている。 さらに、最近のプラチナカードやブラックカードは、インビテーションが不要なものが多い。 各クレジットカードの還元率と特典を考えて、申し込んでみるのもいいだろう。 最後に、ここ数年で登場した、「高還元ステータスカード」のスペックをまとめよう。 0% 1. 5% 1. 0% 0. 5% 海外 - 1. 5% 1. 5% 1. 5% 年間利用額に 応じた還元率 20万円 以上 - 1. 7% - - 50万円 以上 1. 75% 100万円 以上 1. 85% 0. 75% (チタン) 150万円 以上 1. 9% 1. 0% (ブラック) 200万円 以上 1. 95% 1. 5% (ゴールド) 300万円 以上 2. 0% - その他 ボーナス ポイント 誕生月 - - +1. 0% - iD・ QUICPay 利用時 - - +0. 毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「 おまかせ入金サービス」も便利。 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元クレジットカード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• 広瀬 隆雄(2020. 20)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019.

次の

2020年5月最新版!おすすめクレジットカード!高還元率・コスパで厳選して...

クレジットカード 高還元率

皆さんクレジットカードは何をメインカードにしていますか? 私は現在15枚以上のクレジットカードを保有しており、過去に解約したものも含めれば30枚以上は持っていました。 私は元々マイル、ステータス、海外旅行保険、上級会員ステータスなどが好きで、これだけクレジットカードを持っていますが、普通の人であればこれだけクレジットカードを持っていれば年会費も膨れ上がりもったいないです。 今回はそんな私が厳選しておすすめする普段、買い物で使いたいメインに持つべきクレジットカードを紹介します。 ちなみに「年会費無料で還元されるのは現金で還元率も最高!」なんてクレジットカードは存在しないので、個々の年間決済額、マイルでもOKなのか?などの事情によってベストなクレジットカードは変わってきますので、最後は個々で選んで頂ければと思います。 マイルについては最終的には人それぞれ価値が違いますが、わかりやすく比較できるように上記のレートで計算しています。 ご了承ください。 高還元率クレジットカード No. 1:とにかく高還元率でマイルが貯めれるSPG AMEXカード(還元率2. 年会費(税込) 34,100円 還元率 100円につき1. 25マイルのレートで交換することができます。 ANAやJALのクレジットカードでも100円決済で1マイルが限界なものがほとんどですが、更に0. 33マイル上に行きます。 またマイルは、やだけでなく、JAL片道国内線が4,500マイルで手配できるや、JALのビジネスクラスにお得に乗れるなど幅広いマイルに交換することができます。 選ぶホテルによっては、このホテル宿泊だけで年会費は実質無料にすることができます。 詳しくは上記ページに書いています。 なので年会費は実質的にホテル分が還元されるので無料とも考えることができます。 あと還元率には関係ないですが、このクレジットカードを持っているだけでSPG&マリオットホテルのゴールド会員になれるのでこれらのホテルに泊まるときにアップグレードなどの特典も付いてきます。 どうせならばこれらの特典も活用しつつマイルも一気に貯めていきたいクレジットカードです。 SPG AMEXカードのメリット・デメリットまとめ メリット ・とにかく還元率が100円につき1. 25マイルと良い ・年会費は高いが年会費以上の金額のホテルに毎年泊まれるので実質無料とも考えられる デメリット ・マイルを貯めてない人には不向き ・年会費が高い ・AMEXなので他にVISAやMasterCardなどサブのカードが必要 高還元率クレジットカード No. 2:P-one wiz カード(還元率最大1. しかも自動なのでありがたいです。 年会費も無料なのでとにかくマイルやポイントなんて不要!手間なしでお得なクレジットカードが欲しい!という人におすすめです。 P-one wizカードであれば1,000円につき1ポイントが付与され、最大還元率0. 5%のポイントに交換ができます。 現金還元と合わせて最大1. 5%還元は高還元です。 P-one wiz カードのメリット・デメリットまとめ メリット ・マイルではなく、現金で還元を受けられる デメリット ・還元率が良いといっても最大1. マイルに比べるとかなりお得感が落ちる 高還元率クレジットカード No. 特典が多く、現在私がメインカードとして利用しているクレジットカードであり使いこなせばお得なカードです。 年会費(税込) 143,000円 還元率 100円につき1ポイント(0. そのほか、特定の高級レストランを2名以上の予約で1名分無料になる特典を受けられたりと、国内外で旅行やグルメを満喫されたい方にイチオシのクレジットカードです。 詳しくは上記ページに書いています。 AMEXプラチナカードのメリット・デメリットまとめ メリット ・還元率が100円につき1ポイントと ・年会費は高いが高級ホテルやレストランで特典を受けられる デメリット ・年会費が高い ・AMEXなので他にVISAやMasterCardなどサブのカードが必要 高還元率クレジットカード No. そこまで大量に決済をしない人におすすめしたいクレジットカードです。 マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージでも説明しましたが、マイレージプラスは5,000マイルでANAの国内片道航空券に交換することができます。 マイルアップメンバーズに申し込みをすれば1,000円につき15マイルの還元率となります。 ただ1000円につき15マイルは年300万円までの決済となり、それ以降は1,000円につき5マイルとなります。 なので年25万円以上を決済する人はSPG AMEXかマイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージを検討してみると良いでしょう。 年300万円の縛り 高還元率クレジットカード No. 5:入手難易度高め&年会費高し。 このクレジットカードは誰でも入会できるわけでなく、まずはANAダイナースカードで実績を作ってから一部の人に招待状が届けられ、入会することができます。 年会費(税込) 170,500円 還元率 100円につき1. 経営者は是非とも持ちたいクレジットカードです。 高還元率クレジットカード No. 6: ANA ワイドゴールドカード ANAワイドカードはMUFGカード ゴールドプレステージと同じですが、マメな人におすすめした高還元率クレジットカードです。 年会費(税込) 15,400円(マイ・ペイすリボ設定&Web明細設定だと10,450円) 還元率 100円につき1~1. 3マイルの還元を受けるためにはリボ金利を1円以上発生させる必要があります。 実はこのカード、私のサブカードです。 AMEXプラチナが利用できない店では、これを利用しています。 もしリボが面倒!という人であれば100円につき1マイルとなります。 それだとSPG AMEXカードのほうが1. 25マイルなので良いですね。 高還元率クレジットカード No. またこのクレジットカードは非常にクセの強いクレジットカードで、通常であれば100円の決済につき1マイルとなりますが、海外で使うと(米ドルや韓国ウォンなどの外貨決済だと)100円につき1. 5マイルとなります。 更にはリボ払いの設定にするとマイル率がアップします。 なので国内決済だと100円につき1. 5マイル、外貨決済だと100円につき2マイルと尋常ではない還元率になります(笑) 「リボ払い?手数料が凄そう!」と思う人もいるかもしれないですが、1円でも金利が発生すればその月の決済は全て2倍の対象となり、こまめにMUFGカードのマイページやセブン銀行のATMで返済して調整すれば、ほぼ金利は掛からずにこの還元率でマイルを頂けます。 詳しくは上記に個別記事でアップしていますで参考にしてください。 マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージのメリット・デメリットまとめ メリット とにかく還元率が良い。 VISAブランドで使いやすい デメリット UAのマイルと限られたポイント還元。 返済の手間 高還元率の定番クレジットカード ここでは高還元率として雑誌やネットニュースで扱われるクレジットカードを私のコメント付きでまとめて紹介します。 少なくても普段クレジットカード決済で月5万円以下の人であればこのクレジットカードで十分です。 特にマイル系は還元率が楽天カードよりもかなり良いものが多いのでおすすめです。 ANAカード ANAのマイルを貯めることのできるANAカードは10マイルコース(年5,500〜6,600円)加入で1,000円につき10マイルが貯まる高還元率クレジットカードです。 JALカードはANAカードと似ていますが、内容はシンプルなものとなっています。 25マイルでJALマイルも貯めることができるので検討されると良いかもしれないです。 プリペイドカードなので上限もあり、ガソリンスタンドや携帯料金支払いには使えませんが通常の少額の買い物であれば利用できるのでおすすめです。 まとめ:おすすめのクレジットカードでした! 今回、紹介したクレジットカード以外をお持ちの人は、是非とも高還元率クレジットカードNo. 1~5や定番クレジットカードあたりのクレジットカードに切り替えてみることをおすすめします。 なので現金やポイントを貯めている人は、クレジットカードの還元はマイルにすることを考えてみたほうが良いでしょう。

次の