こく し ぼう 過去。 【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)の過去とは?兄弟の継国縁壱との関係を紹介

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の過去が明らかに【あぁ、お労しや】

こく し ぼう 過去

人物 を経て、英文科卒業。 生い立ち 小学校から中学校までの6年間を・で過ごし、日本へ帰国後にはに居住、次いで東京都に転居した。 芸能活動 (9年)、のメンバーとしてよりCDデビューし、翌年にはTBS系『』にレギュラー出演した。 同番組では、「」(1期生)のひとりであった。 (平成12年)、『』に、主演・の同僚役で、2レギュラー出演。 劇中ではメガネを着用。 なお国分自身はその後『ナースのお仕事ザ・ムービー』にも出演し、映画への出演も本格的に始動。 (平成16年)11月から(平成17年)にかけてのTBS系『メモリー・オブ・ラブ』でテレビドラマ初主演。 (平成18年)5月『ハルちゃん』(シアターVアカサカ)で初舞台(常田真理役)。 (平成19年)2月『見よ、飛行機の高く飛べるを』(俳優座)で舞台初主演(光島延ぶ役)。 (平成23年)1月22日、落語家の二代目(海老名泰助)と婚約したことを所属事務所が発表。 その2ヵ月後の3月22日に婚姻届を提出し、10月2日にで結婚式並びに披露宴を執り行った。 婚姻によりとは義母、と(海老名泰孝)とは義兄、およびとは義姉、とは義甥の関係となる。 (平成28年)放送の『スペシャル』(TBS)で、第1子妊娠を明らかにし 、2016年11月24日、第1子男児を出産する。 その他 いわゆるであり、に堪能である。 ほかには、、、を特技としている。 好きな食べ物は、、バナナジュース、であり、苦手な食べ物は生の魚である。 性格は、マイペースでのんびり屋。 グッズで自ら天使論を語るほどの天使好き。 テディベアの人形集めにも凝っている。 得意料理は。 酒豪であり、を好む。 ドラマと映画で役を演じた国分であるが、実際には「血を見るのが苦手で、とても看護婦にはなれない」と発言している。 また、複数の共演歴がある女優のとは、かつて同じ芸能事務所に所属しており、さらに生年月日が同じである。 出演 テレビドラマ• (1999年) - 野村美和 役• (1999年) - 大市理子 役• (2003年) - 緒園理子 役• (2003年) - 涼子 役• (2007年) - 謎の女性 役• 第3話「心残り」(2008年) - お銀 役• (2009年) - お慶(の妻) 役• file. 01「」(2010年) - 辻捜査員の妻 役• 第5話・第6話(、2015年2月7日・14日) - 国実ミホ 役• (1999年) - 島森初美(秘書) 役• (1999年) - ユウナ 役• (1999年) - 奈美 役• 夜逃げ屋本舗スペシャル(1999年)• 「死者の人権」 (2004年) - 前川弘美 役• 警視庁特殊部隊512(2005年) - 池谷知子 役• 「」(2007年) - 福田恵 役• 第6話(2011年) - 堀田仁美 役• 第3話(2001年)• (2002年) - 浅川由香 役• 「陸中海岸殺意の旅」(2003年) - 水島まなみ 役• (2003年10月 - 12月、TBS) - 石塚圭子 役• (2004年) - 主演:水沢羽純 役• 14(2006年) - 丹沢友梨香 役• 11(2007年) - 田中美晴 役• 4 (2008年) - 春日玲子 役• L) - お嶋 役• L) - おしの 役• L) - 染香 役• L) - 池端桃園 役• (2011年) - おさち 役 43年間に渡る同ドラマにおいて最後に登場したゲスト出演者となった• (2000年) - 上原真弓 役• (2001年) - 久保寺由紀 役• 第2シリーズ 第10話・最終話(2001年) - 三上絵里(弁護士) 役• 春の特別編 第1話「顔を盗まれた」(2003年)• (2003年) - 飯島真弓 役• (2005年) - 立花京子 役• 特別企画 (2005年) - エリ 役• 山村美紗没後10年特別企画 山村美紗サスペンス 2006年) - 長谷川理枝子 役• (2007年) - 主演・日ノ原修子 役• 特別企画 目線(2010年)• 元泥棒・助川六郎のご町内防犯パトロール(2011年)• (1997年) - 中野美紀(巡査)• 第1シリーズ(2003年) - 深沢小百合(司法修習生) 役• (2003年) - 横山ユメ 役• 最終章 第9話(2004年)• 土曜ワイド劇場 炎の警備隊長・五十嵐杜夫2 (2004年) - 横山ユメ 役• 「」(2005年) - 成田真希() 役• 土曜ワイド劇場 炎の警備隊長・五十嵐杜夫3 (2004年) - 横山ユメ 役• 世直し順庵! 人情剣 第6話(2004年) - おさい(つぼ振り) 役• 土曜ワイド劇場 10(2006年)• 土曜ワイド劇場「3」 (2006年)• 第3シリーズ 第2話(2006年) - 嶋倉夕紀(刑事) 役• Season5 第2話(2006年) - 諏訪町子(不動産屋) 役• 第1話(2006年) - 坂田由紀江(アシスタントプロデューサー) 役• 土曜ワイド劇場「48 みちのく殺意の旅」(2007年) - 矢代由紀 役• 土曜ワイド劇場 炎の警備隊長・五十嵐杜夫7 (2008年) - 横山ユメ 役• (2008年) - マヤ 役• 第4話 (2009年) - 小池雫(アナウンサー) 役• 第1話(2010年) - 田代清美(大友の助手) 役• 2(2010年) - 羽山喜代子 役• 「世界中から「ありがとう」〜おっぱいに懸けた ある企業の決断〜」(2010年)• (2010年) - 片瀬由美子 役• 第6話(2010年) - 平沢由香里 役• 第2話(2011年)• THIRD SEASON 第5話 2019年) - 山下彩矢 役• 「悲劇の妻か? 完全犯罪を狙う妻か? 」(2002年) - 今村暢子 役• 2(2006年) - 毛利佳寿 役• 水曜ミステリー9「パート5」(2007年) - 手塚久生(琴奏者) 役• (2008年) - 千賀() 役• 「パート17」(2008年) - 宮城 留理子(『森林整備機構』長野支部企画課職員) 役• (2009年) - 主演・望月陶子 葉山陶子 役• (2010年) - 於季 役• 「世界中から「ありがとう」〜おっぱいに懸けた ある企業の決断〜」(2010年)• (2010年) - 片瀬由美子 役• (2006年)• (2006年) - ミネコ(ホステス) 役• 「第三のミス〜まず石を投げよ〜」(2006年)• 第6話 (2009年) - 上沼史織 役 その他• (2006年) - 若月亜衣 役• Webシネマ「」(2006年)第2話「素晴らしき鼻血日和」 - 幸子 役 映画• (2001年、) - 役• (2002年、東宝) - 上原真弓 役• (2004年、) - 主演・大沢裕美子 役• (2004年(日本では2006年上映)、) - 龍馬夫人 役• インディアン・サマー(2004年、スローラーナー) - 藤田絹代役• (2005年、「メノット」製作委員会) - 双主演:西徳寺久美 役• 風雲児~長者番付に挑んだ男(2006年、アットマークライブ) - 松永直美 役• (2007年) - 叶浮子 役• (2007年)• (2010年) - 高峰順・竹橋真里子 役 オリジナルビデオ• COLORE PRODUCE「ハルちゃん」(2006年) 作: 演出:()• ぱれっと PRODUCE「見よ、飛行機の高く飛べるを」(2007年) 作: 演出:越光照文• 「」(2008年11月) 真理子 役 脚本:飯野陽子 演出:堤 泰之 バラエティ• (ガールズサイド)(1997年 - 1998年、)番組内ダンスユニット「Liberty Girls」としての出演。 (1998年、TBS)ワンギャル1期生として半年ほどレギュラー出演。 失われた海洋王国-ナンマドールの謎(2003年、TBS系) - のアシスタントとして• 知られざる大自然・尾瀬紀行(2004年6月、)• (2006年9月)- 監督として• Never END(2007年7月-、テレビ東京) - ナレーション• 東京迷宮ファイル-【迷宮ファイルNO. 4】〜都会の真ん中の「迷宮」 東京タワー - 2008年3月27日、• (TBS系)不定期出演• (2008年6月) 歴史再現ドラマ 役• (2008年12月) 歴史再現ドラマ 役• (2009年2月) 歴史再現ドラマ 役• (2011年10月26日 - 2012年3月14日、TBS) - 夫・三平、義母・と共にレギュラー出演(初司会番組)。 (2012年4月 - 、TBS系)夫・三平と共にスタジオパネラーとして不定期出演。 (2009年7月8日、) - 旅人• (2009年7月18日、) - ゲスト• (2010年3月、) - ゲスト CM• ブラックブラック(1997年) - お姫様役、と共演• ビデオなカメラ(1998年) - 職場のマドンナOL役• デジタル携帯電話(1998年)「くるくるピッピ」• こんにゃく果実(1999年)• イソジン(1999年) - 「誰もわかってくれない」と呟くOL役• 翌朝10時郵便 モーニング10(1999年)• REVUE(レビュー)(2000年) - イメージキャラクター• オイル交換(2001年)• 東京圏駅ビル開発 アトレ上野(2002年)• 「上野駅リニューアルキャンペーン」(2002年)• 肌美精(2006年) - イメージキャラクター・絹子 役• 養潤水(2006〜2012年)• コラーゲン鍋の素(2009年)• 「うるうる密着泡」 2011年 その他• 「逆様ブリッジ」()(2010年) 書籍 写真集• ノーブル(1998年6月、、撮影:)• SOLEIL ソレイユ パパラブックス (1998年12月、、撮影:山岸伸)• Luna(2001年1月、、撮影:)• Private Sparky(2002年7月、、撮影:)・との• 国分佐智子 SHINCHO MOOK (2003年6月、、撮影:)• aerial(2005年4月2日、ワニブックス、撮影:) 写真• 『世界が変わる、ハートの魔法』(2006年5月19日、、翻訳:) 雑誌• () DVD• Confidential(2002年、)• See-through(2002年、ポニーキャニオン) (上記2枚セットでの発売も行われていた) 脚注.

次の

上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」の正体・縁壱との過去|最期について

こく し ぼう 過去

長男といえど実際は「双子」として生まれており「継国縁壱 つぎくに よりいち 」という弟もいます。 当時の考え方として、跡目争いの原因になることから双子は嫌われる傾向にあり、「縁壱」には生まれながらにして謎の痣があり、その痣を持つ「縁壱」を父は不気味に思ったことから、生まれたあとすぐ殺そうと考えました。 これに怒り、阻止したのが母で、10歳になったら出家することを条件に「縁壱」を父から守ったのです。 10歳になるまで二人の生活環境は大きく差をつけられました。 長男であった「巌勝」は家を継ぐため、また本人にも優れた才覚があったため、非常に恵まれ環境に育てられました。 反対に「縁壱」は常に母の傍におり親離れができておらず、7歳になるまで喋らなかったため耳が聞こえないと思われるなど、侍として生きていく資質はないと考えられ育っていました。 Sponsored Link 【弟への嫉妬】 「巌勝」は長男として、継国家を継ぐ者としての自覚を持ち成長していきました。 そしていつまでも母の傍にいる「縁壱」のことを可哀想だと憐れんでおり、その感情から「巌勝」はこっそりと「縁壱」の部屋へ行き手作りの笛をプレゼントしました。 しかしそれでも「縁壱」がほほ笑むことはありませんでした。 7歳になった頃、「巌勝」が庭で素振りをしていると、気配もなく「縁壱」が松の木の陰に立っていることに気が付きます。 『兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?』 今まで一度も話したことのなかった「縁壱」が突然話し始め、そして初めて笑顔を見せました。 「巌勝」は、握っていた木刀が手から零れ落ちるほど驚き、同時に「縁壱」のことを不気味に思うようになりました。 その日以来、「巌勝」の稽古の現場に「縁壱」が現れるようになり、それを見た父の部下が竹刀を持たせてみることにしました。 その後、簡単に握り方や構えを教え、打ち込んでみろと父の部下が「縁壱」に言うと、「縁壱」は瞬く間に4発打ち込み、失神させてしまったのです。 「縁壱」はその打ち込んだ時の感覚が不快で、二度と侍になりたいと言わなくなりました。 しかし剣の才能を目の当たりにした「巌勝」は、強さの理由を教えてくれと問いただし、「縁壱」には生き物の身体が透けて見える特別な視覚を持っているということを知ります。 不気味な痣と特別な視覚、そして剣士として優れた身体能力、「巌勝」は今まで憐れんでいた者が自分より優れた才能を持つ者だと気付き、「縁壱」に強い嫉妬心を抱き始めるのです。 「巌勝」が鬼となっても厳格である理由は侍の家の長男として生まれたことに起因します。 上下関係、従属関係を重んじ、上弦の鬼が集結した際には、上弦の参である猗窩座の腕を斬り落とし戒める場面があり、その厳格さを特徴づけています。 【弟への憎悪】 優れた才能を持つ「縁壱」の存在を、部下は父に報告しないハズがありません。 そうなれば「巌勝」と「縁壱」の立場は逆転し、「縁壱」が家を継ぎ、自分は寺へ追いやられると、その夜、布団の中で「巌勝」は考えました。 そこへ「縁壱」がやってきて、母が死んだことと今から家を出て寺に行くことを告げます。 『いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進致します』 「巌勝」が贈った笛を見せ、「縁壱」はほほ笑みながら別れの挨拶をしました。 その後、「巌勝」は母の日記から、「縁壱」の真意を知ることになります。 常に母の傍にいたのは、病気により身体が不自由になった母を支えるためであったこと。 そして「縁壱」は自分が家を継がされることに気が付き、予定より早く自身の判断で寺へ向かうことにしたのです。 この真意に辿り着いた「巌勝」は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞き、「縁壱」に対して心の底から憎悪を抱くようになります。 Sponsored Link 【鬼舞辻無惨との出会い】 父は「縁壱」を連れ戻すため寺に使いを出しますが、なんと「縁壱」は寺にはおらず、消息を絶っていました。 10年余りの月日が経ち「巌勝」は家族ができ、侍として平穏な日々を続けていました。 しかし「巌勝」が仲間と野営しているところを鬼に襲われ、その危機的状況を救ったのが、鬼狩りとなった「縁壱」でした。 また更に剣の腕を上げた姿を見て驚く「巌勝」でしたが、「縁壱」は救援が間に合わず仲間が死んでしまったことを深く詫びます。 剣技を極めているにも関わらず、驕ることのない「縁壱」は、非の打ちどころのない人格者になっていたのです。 自分を超えた存在である「縁壱」に再会した「巌勝」は、子供の頃と同じくその強さを欲しました。 そのため家族を捨て、剣技を極めるため、「縁壱」と同じく鬼狩りの道へと進むようになります。 「縁壱」は呼吸や剣技などを教えていましたが、誰一人「縁壱」のように日の呼吸が使えなかったため、それぞれに合わせ呼吸法を指導していました。 兄である「巌勝」も、日の呼吸を習得することができず、派生する月の呼吸を使用するようになります。 いつか「縁壱」に追いつけるようにと研鑽を積み、「縁壱」と同じく痣が発現しました。 周りの仲間も呼応するように痣が発現しますが、その痣者たちが次々に死に始め、痣は寿命を縮めてしまうのではないかと「巌勝」は気付きます。 そこへ鬼舞辻無惨が現れ、「巌勝」に魅惑的な提案をします。 『ならば鬼になればよいではないか』 「巌勝」は剣技を極めるために、鬼舞辻無惨に頭を下げ、鬼になることを選びます。 すべては弟「縁壱」を超えるという自分の意志のためでした。 Sponsored Link 【十二鬼月となる】 鬼の力を得た後、時が流れた赤い月の夜、「巌勝」またの名を「黒死牟」は七重塔の近くを歩いていました。 そこで齢80を超えている老いた姿の「縁壱」と再会します。 最後に会ってから60年以上経っていました。 『信じられぬものを見た』 痣者は25歳を待たず死んでしまうにも関わらず「縁壱」は生きており、「黒死牟」には嫉妬と憎悪の感情が蘇る。 『お労しや、兄上』 兄を憐れむ弟の一言に、生まれて初めて込み上げるものがあったと感傷を覚えます。 しかし、鬼として歯向かう者は両断せねばならないと「縁壱」に殺意を抱いた次の瞬間、『参る』の呟きと共に「黒死牟」の頸は斬られてしまいます。 鬼であったため致命傷は辛うじて避けつつも、次の一撃で死を覚悟しましたが、その一撃は来ることはなく、「縁壱」は立ったまま寿命で死を迎えました。 ついに「縁壱」に寿命で勝ち逃げを許したまま、果たせぬ嫉妬と憎悪で生きることとなる「黒死牟」 その後は日の呼吸を知る者を鬼舞辻無惨と共に徹底して殺し、時に鬼の仲間を増やしていくこととなります。 ただ、鬼となり妻や子供の顔を忘れたとしても、殺したいほど憎い「縁壱」のことだけは、生涯忘れることなく生きていくことになったのです。 黒死牟は、善逸の兄弟子である獪岳を鬼にした張本人でもあります。 語られてはいませんが、獪岳と善逸の関係を自身の過去と結び付け、獪岳を鬼にスカウトすることを選んだのかもしれません 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。 【鬼滅の刃 関連記事】 『黒死牟』は鬼として最強の存在でありますが、その過去には「縁壱」という史上最強の剣士がおります。 炭治郎を始め、鬼滅の刃に登場する長男の多くは、長男であることの責任として家族を守ろうと行動していますが、『黒死牟』は弟に嫉妬し憎悪し、挙句の果てには敵となる存在に堕ちてまで「縁壱」を殺そうと(=超えようと)しました。 しかし『黒死牟』の最期は、無限城での死闘の果てに、「縁壱」に対する憎悪から負けを認めようとしない醜い自分の姿を見たため崩れていきます。 最期の時まで思い出したくもない「縁壱」の顔を思い出していたことから、憎んでいた反面で焦がれていたことに気が付きます。 「巌勝」と「縁壱」が兄弟として生まれていなければ、おそらくこの二人はその時代を代表する剣士となり、鬼を殲滅させていたことでしょう。 『黒死牟』は運命が生みだした悲劇の剣士なのです。

次の

黒死牟(こくしぼう)の正体や過去が衝撃!本名や鬼になった理由も判明!

こく し ぼう 過去

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】十二鬼月「上弦の壱」 上弦の壱とは鬼の中でも 圧倒的な強さを誇っています。 鬼の中にはランクが作られており「 十二鬼月」と呼ばれている12人の鬼たちが存在しています。 下弦の鬼達は短い間で何回も入れ替わることがありますが、上弦の鬼は100年以上の間ずっとメンバーが変わることがありませんでした。 鬼のランクには、下弦は陸から壱まで、上弦も陸から壱までのクラスがあります。 数字が小さくなるほど鬼の強さは強くなり、一番強いのは上弦の壱です。 その 上弦の壱である黒死牟はとてつもなく恐ろしい強さの鬼であると考えられます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】「日の呼吸」の使い手? 鬼滅の刃には 呼吸法という大切なものがあります。 『呼吸法』とは、 鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術です。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができます。 これを『 全集中の呼吸』と呼び、鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、技を繰り出します。 剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わります。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が 『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から 『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生しています そんな呼吸の中には 「始まりの呼吸」と言われている「日の呼吸」があります。 日の呼吸は今現在の鬼殺隊の隊士たちの中で扱う人間は存在していません。 そのため 最強の呼吸法という事で伝説になっています。 主人公の炭治郎は、なぜか父親の踊っていた舞が日の呼吸の一つの型だった事を知り、技として使うことができるようになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】謎に包まれた黒死牟の過去とは? 黒死牟は鬼になる前になにをしていたのか、また黒死牟はどのような人間だったのか判明していません。 顔の痣はかつて鬼殺隊の隊士の証だとしても、 耳に太陽の紋章の耳飾りが黒死牟にはありません。 見た目は以前の日の呼吸の剣士たちと同じです。 しかし 顔の痣は日の呼吸の剣士が現れると、まわりの他の呼吸の使い手の剣士たちにも出ると言われています。 黒死牟は痣があるので日の呼吸の使い手である剣士がちかくにいたとも考えられます。 何らかの呼吸の使い手であったことは明らかで、鬼殺隊の隊士として戦っていたのかもしれません。 もしかすると今後の物語の中でだんだん過去について明らかになっていくのではないでしょうか。 黒死牟には、 何か鬼殺隊や炭治郎の家族たちと関わりがある事も予想されています。 スポンサーリンク まとめ 上弦の鬼たちの存在は前々から明かされていましたが、黒死牟の素顔や能力などは全く分かりませんでした。 しかし、上弦の鬼最強の 黒死牟とヒノカミ神楽の使い手がよく似ていた事がわかりました。 黒死牟は和服を着ていて、しかも刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、情報は謎に包まれていました。 それに 彼の後ろ姿がヒノカミ神楽の使い手である炭次郎の親父 とよく似ていたのです。 炭治郎の夢の中にもよく似た人物が現れていました。 そんなに強かった黒死牟がなぜ、鬼舞辻無惨に屈してしまい、鬼になってしまったのでしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していたため、 鬼になる前は鬼狩りをしていたのかもしれません。 今現在も上弦の鬼の中で一番強い鬼なので、鬼になる前の状態でも相当強かったのだと思われます。 黒死牟は、 日の呼吸の使い手で、始まりの呼吸の剣士と何らかの関係があるのではないかということも考えられます。 それから最初の鬼である鬼舞辻無惨をその昔、あと一歩の所まで追い詰めた「 耳飾りの剣士」と、黒死牟はとても良く似ています。 未だにこの「耳飾りの剣士」に怯えるほど、無惨の記憶に刷り込まれているようです。 実際、炭次郎の耳飾りを見た無惨は、態度を急変させて炭次郎に喰ってかかり、その後も異常な執着をみせました。 その後も無惨に「耳飾りの剣士」の記憶が蘇る事から、二人にはかなり深い因縁があるのがわかります。 つまり、最強の鬼狩りが鬼になったのですから、あり得ないほど強いことが想定できますね。 無惨よりも強い可能性があります。 それからもし黒死牟が耳飾りの剣士だとしたら、 耳飾りは「日の呼吸」を伝授された事により炭吉の耳飾りだけ残り、自分の耳飾りは抹消されてしまったのではないでしょうか。 無惨の血により鬼になったという事も考えられるけど、黒死牟が耳飾りの剣士とは同一人物ではない可能性もあるのではないでしょうか。 このように強さや過去、炭治郎との関係などわからないことが多い黒死牟です。 炭治郎や鬼殺隊とどうなっていくのでしょうか。

次の