キャロル ファンキー モンキー ベイビー。 キャロル ファンキー・モンキー・ベイビー 歌詞

ファンキー・モンキー・ベイビー(キャロル) / コード譜 / ギター

キャロル ファンキー モンキー ベイビー

メンバー [ ] (やざわ えいきち、 - ) ・担当でバンドのリーダー。 多くの作曲を手掛けた。 (ジョニー おおくら、 - ) ・担当。 本名の大倉洋一名義で多くの作詞を手掛け、「ロックに日本語の歌詞を乗せる」というスタイルを確立させた。 内海利勝(うちうみ としかつ、 - ) ・担当。 時代にに憧れてギターを始め、もっぱらなどのを演奏していた。 進学後、セミプロのバンドで活動していた頃にキャロルに参加。 解散後はイギリスのバンドとのコラボレーションでを。 いち早くレゲエのを取り入れるなど意欲的で「たわごと」「鏡の中の俺」がヒットした。 のバックバンドのギタリストを勤めたこともある。 2012年には矢沢のデビュー40周年記念公演にゲスト参加しており、現在もblues file No. 1やソロで活動している。 ユウ岡崎(ユウ おかざき、 - ) 担当。 キャロルのデビュー前はいくつかのアマチュアバンドやセミプロバンドで活動していた。 初顔合わせの時、メンバーに「YOUたちなんかやってるのは、アレでしょ。 ロッケンロールでしょ? 」と言ったことから芸名が「ユウ岡崎」となった。 元メンバー [ ] 今井茂利(いまい しげとし 担当。 結成からデビュー前まで在籍。 後にに参加。 相原誠(あいはら まこと 担当。 3rd Singleの時期、ユウ岡崎の代理として短期間在籍。 後にに参加。 2020年4月13日、のため逝去(68歳没)。 サミー 担当。 本名は猿山幸夫。 ジョニー大倉が失踪中であった1974年初頭の2ヶ月弱のみ在籍。 後に大倉のバックバンド「」にベーシストとして参加。 経歴 [ ] アマチュア期 [ ] 4月、が近くのイトウ楽器店に自ら書いた貼り紙で募集をかけ、同年6月結成される。 貼り紙の文句は、「と好きなヤツ、求ム! 」だった。 当時はがに浮上しはじめ はバタバタ倒れて、ロックンロールを演奏できる場所がなくなっていった時期だった。 が矢沢に電話してで待ち合わせたが、矢沢は当時みたいな肩まで伸びた長い髪で、ジョニーのを笑ったという。 近くので2~3時間話をしたが、その頃から矢沢は「ビッグになるために俺はから出て来た」と言っていたという。 もともと、のとしてスタートし、のスタイルを真似することで注目を集める。 また、オリジナル曲にもその影響が多く見られる。 矢沢=大倉の二人で多くの作詞作曲を担当(主に矢沢永吉、ジョニー大倉)した。 当初、バンドのをつくっていたのはジョニー大倉。 にを受けたという「キャロル」というバンド名に始まり にというスタイル導入も彼の発案によるもの。 当時、まともな革ジャンを売っているのはバイクショップぐらいしかなかったという。 の本の中にあったハンブルク時代の写真を見てジョニーが「これしかない! 」と思いついたものだが 当時リーゼントでを持ったら笑われたという。 矢沢は、バンド結成当初はだった。 矢沢は著書『成りあがり』の中で、革ジャン・リーゼント・ロックンロールというアイデアは、キャロル前の矢沢のバンド「ヤマト」の頃からの構想だったと書いている。 ジョニーはキャロル結成時にもに入院して一時連絡が付かず、半年後に現れた時には顔中切り傷があるような状態で デビューから2年半、解散に至るまでのキャロルの動きは、大部分、矢沢によって決定されていく。 矢沢はキャロル結成時には既に100曲以上のオリジナル曲を持っており 矢沢の性格、矢沢の生き方がキャロルの方向を決めていった。 ファンやマスコミに触れるキャロルは、大半矢沢に代表されていた。 キャロル結成後の同年8月、の・ピーナツで初演奏。 ピーナツでは店のレギュラー・バンド、いわゆる"ハコバン"として採用された。 もっぱら初期のビートルズナンバーやロックロール・、またお客からのにも応える。 他にのや等でライブ活動を行う。 メンバーの送り迎え、セッティング、店のマネージャーとの交渉など、バンドマネジメントは全て矢沢が行う。 深夜から明け方まで、"荒くれの"や、"夜の商売の女"、"酔っ払い相手"に演奏するヘヴィな下積み時代をおくり鍛え上げられる。 の名門・ウラシマに出演する頃には、キャロルのトレードマークともなる「革ジャン・リーゼント・ロックンロール」の三大要素も確立しつつあった。 プロデビュー [ ] の番組『』「ロキシー・ファッション 出演者募集」という企画(「」参照)に、ジョニーがを送ったが断られた。 これに頭にきた矢沢が『リブ・ヤング! 』の担当者に電話を掛け、ハッタリをかました後、しつこくを送り続け番組出演が決まった。 1972年10月8日、『リブ・ヤング! 』に出演したところ から先に直接オファーを受けたが たまたま家で番組を見ていたの目に留まり のにミッキーから電話があり「したいから、彼らを(先約がかかる前に)押さえておいて欲しい」と伝えられ、リーダーの矢沢がミッキーと電話で話し、内田のレーベルか、ミッキーのレーベルかでメンバーは迷ったが 結局、バンドは内田に丁寧に侘びをいれ、ミッキーを選ぶ。 『リブ・ヤング! 』出演3日後の10月11日、と専属契約を結ぶ。 しかし、金銭的にバンド側に著しく不利な契約を長期で結んでしまい、後にバンドはミッキーとも袂を分かつ。 デビュー曲「ルイジアンナ」のレコーディング直前、ドラムスを担当していた今井が「体が弱いからプロになるのはイヤだ」と言って脱退し、ミッキーの紹介でユウ岡崎が正式メンバーとなった。 1972年、「ルイジアンナ」でデビュー。 結成から3、4ヶ月でのプロデビューであった。 同曲のには、・の無料コンサートチケットが同梱されていた。 同コンサートにはが友情出演している。 ミッキーのアイデアで「ルイジアンナ」でデビュー以降、異例の毎月一枚のシングルをリリース。 1972年12月から1973年6月までの7枚のシングルが毎月売り出された。 「ルイジアンナ」が20万枚、「ヘイ・タクシー」が10万枚、「」は30万枚を売り上げた。 その他のレコードも平均10万枚を売り上げ、コンサートはどこも満員だった。 1973年2月28日、内田裕也プロデュースの「第1回ロックンロール・カーニバル」に出演。 『リブ・ヤング! 』の熱演で、も大きく取り上げ、、、ら、業界人や若い、地方のたちも会場に集まった。 彼らはキャロルのロックバンドという以上の新時代のヒーローたる存在感にいち早く着目 、篠山は『リブ・ヤング! 』出演時からキャロルをマークし、キャロルを被写体としてフォト・セッションを続け、その作品はや宣伝用写真として用いられた他、『』が毎週に掲載。 キャロルの・イメージ作りに一役買った。 当時キャロルのメンバーはライブの前に大量に酒を飲みステージに上がった。 「第1回ロックンロール・カーニバル」では、初の大舞台ということもあって極度のに陥り、ジョニーがした。 これによってキャロルは失神するほどの強烈なステージをするという噂が飛び交い、キャロル人気に拍車をかけた。 のでは、矢沢が挑発的に喋りまくり、あとの三人は難しい顔をして黙るという戦略をとった。 1973年、のだったが『キャロル』を制作したが、放映の是非を巡ってNHK上層部と揉め、大きな社会問題になった。 詳細は「」を参照 この事件は、キャロルがひとつのロックンロールバンドを超えて、として1つの色に塗り替えた。 この頃からキャロルのコンサートは軒並みソールドアウトとなり、パニック状態となる。 ジョニーは著書で「を始めたのは、キャロルがデビューしてすぐのころ」と書いており 、当時ドラッグに依存する生活ぶりで破綻をきたしていたこともあり 人気絶頂時のツアー中、京都公演出発の朝に失踪 、1973年11月23日~1974年2月中旬まで行方不明となった。 発見されたのは川崎の精神病院だった。 そのこともあり、矢沢のバンド内での影響力がさらに増す。 暫くは3人での活動を進め、ジョニーを待ち、探したが出て来なかったので新メンバー・サミーを加えて活動した(その後ジョニーが復帰 )。 1974年3月21~4月5日、山本寛斎のでのステージと龍村仁の映画撮影のため、渡欧しでライブを行う。 1974年8月出演、15日の大トリを務めた。 解散・その後 [ ] メンバー間で軋轢が生じ 1975年、で解散。 3千人収容の会場に7千人がつめかけた。 それをと思った観客も多かった。 このあまりにも象徴的なハプニングが伝説をいっそうかきたて、現在もなお歴史的名シーンとなった。 この解散ライブは「ロックのメッカ」としての、その後多くの「野音伝説」を生むきっかけとなった。 解散ライブのテレビ放映は、同年7月12日に『』という番組で1時間枠が組まれ「グッバイ・キャロル」というタイトルで放送された。 日本のロックバンドのライブ映像がテレビ放送されたのは、これが最初ともいわれる。 解散後、矢沢永吉はソロ活動に転じ、日本を代表するロック・ミュージシャンに成長。 ジョニー大倉はソロ活動の傍ら、俳優としても活躍していたが 、、により死去。 62歳没。 内海利勝はイギリスのバンドとのコラボレーションで作品を発表したほか、のサポートやソロ活動を展開。 2012年には矢沢のライブに出演し、37年ぶりの競演を実現させた。 ユウ岡崎は現在『C's Graffiti Japanese Rock'n Roll Band』で活動している。 音楽性 [ ] ロックマーケットの開拓 [ ] 前半、、などの活躍で興隆するとは対照的に、な存在に甘んじていた日本のロックシーンにとって一筋の光明となったのがキャロルだった。 単なるでしかなかったという分野も、キャロルの成功によって一気にその道が開かれた。 それまでのロック・リスナーのメイン層はで、長髪に姿がロック・ファッションの定番であったが、リーゼントに革ジャン姿のキャロルの登場は、コンサート会場にリーゼント族や女の子たちを動員させ、ロック・リスナー層を一気に"女・子供"までに広げることに成功した。 ブーム以来、久々に女性ファンの凄まじい矯声と失神騒ぎも復活させた。 音楽性やファッションは、デビューから解散までの2年半の間、変わらなかった。 この時代、他のロックバンドの多くが、同時代の英米のロックバンドを模して、技巧重視の音楽を展開したことに対して、キャロルは初期ビートルズを模範としてシンプルなロックンロールを志向したことが大きな特徴といえる。 当時の日本のロックは英米の新しい動向を意識した流れであったため それらとはまったく関係のないところから飛び出したキャロルの登場は大きな衝撃があった。 キャロルのようなロックンロールはそれまで日本には存在しなかった。 キャロル以前は、まだ"ロックンロール"という音楽が世間で認知されていなかった。 当時日本でロックバンドをやろうという人なら、誰もがビートルズは聴いてはいたが、1970年に解散したビートルズの音楽をもはや最先端の音楽とは思ってはなく、さらに1960年初頭のに着目する人がいるなんて誰も考えもしなかった。 またキャロルが拠点にした川崎や横浜は、やパワー・ハウスなどを生んでいるが、キャロルはその後継バンドでもなく、まったく音楽関係者も予想しないところから出てきた印象があった。 キャロルは大衆性を強く打ち出し の要素をノリのいいで、日本的に分かりやすく解釈して見せた。 センセーショナルなキャロルの登場ぶりは、頭デッカチになっていた日本のロックシーンを強烈に揺さぶった。 いきのいいロックンロールとキャッチーなメロディで時代をロックンロールに向けさせた。 また非常にのイメージを売りにしていたことも特徴で、当時の風潮である的な(の反抗)のではなく、"はぐれもの"という的なを強調していた。 "はぐれもの"に正しさを求める存在であるの取り巻きが出現したのも必然といえる。 は「1960年代中後期のロック生成期において、ロックンロールとロックを隔てる最大の要因はアート指標の有無にあったが、キャロルはその時期を参照体系にしないで済ませた。 1950年代から1960年代前期にかけてのロックンロールの価値観ーすなわち肉体、タフネス、成功への欲望などーに基づいたの幻想をダイレクトかつ戯画的に日本の1970年代に現出させたのがキャロルという存在だった。 この方法論は何度でも通用するわけではなく、その戯画的なイメージには一定の真実味がもたされなければならない。 だからこそ、矢沢及びキャロルは、1970年代という時期にメジャー化したうえで、『ロックである』との認証を得たほとんど唯一の存在になり得たのである」などと論じている。 ロックンロールのオールディーズ風サウンド、テンションの高いライブ演奏、などのを含めたファッション性などから、矢沢永吉を筆頭にバンド全体がを持っていた。 は「キャロル最大の功績はを持たなくても日本語のロックンロールが充分にかっこいいことを提示したこと」と述べている。 日本語ロックの確立 [ ] ソングライティング [ ] ジョニーと矢沢の・コンビは、ビートルズのに例えられた。 矢沢の作り出す比類なきメロディラインとジョニーの神経の細かいところから醸し出す、矢沢の"動"とジョニーの"静"がぶつかりあい火花を散らすところからキャロルの爆発的エネルギーは生み出された。 矢沢のメロディは、その後数多く誕生してくるキャロル・フォロワーたちの、初期ビートルズ作品の特徴を表面的に真似ただけの""とは一線を画しており、現在の"矢沢節"が伺える強烈なを発揮していた。 当時はフォーク界ではが脚光を浴びつつあったが、ロック界では""が収拾しておらず 、まだ日本語オリジナルのロックは一般的でなかった。 小学6年生の時にので初めてキャロルを観たというは、ステージングの衝撃は勿論、外国の翻訳曲と思っていた曲がレコードを買って、キャロルのオリジナル曲と分かって驚いたと話している。 は「矢沢永吉さんのキャロルが出て来て日本のロックシーンは変わりました。 デビュー曲の『ルイジアンナ』がラジオから流れた瞬間、日本語でもロックはいけるんだと震えました。 当時はめちゃめちゃなミキシングだと批判されていたけど、今聞くとすごく新しいし、昔はドラムの音が前面にくるサウンドがなかったので革命的でしたね」と述べている。 日本語はロックのリズムにのりにくいといわれてきて、にならのりやすい言葉などといわれてきたが、ロックにものせられることをキャロルが示した。 アメリカの軽快なロックンロールに日本のポップス・センスを加えたキャロルの日本語オリジナルは、それまでの""を完全に無意味なものにした。 意味よりも語感を重視したとのチャンポン詞は、さらに日本語を英語風に発音する矢沢の唱法で一種独特な和製ロックソングへと昇華されているが、この手法の考案こそが後の隆盛へと至る発火点であるとも論じられる。 日本語によるロックの確立がキャロル最大の功績といえる。 のギタリスト・は、「キャロルはいろんな意味で好対称だった。 彼らが明るいサウンドで、僕達は暗い。 彼らは解り易いものでアルバムを作り上げ、僕らは解りづらい。 いろんな意味でちょっと違うなあってとこはあったけど、でも彼らには持ち得ない、何かインテリジェンスのあるっていうか、そういう面があった所が救いだったかな。 それ以外は全て、わあ、いいなあって」などと述べている。 「」元編集長・恩藏茂は「はっぴいえんどは的なフォークの枠から出られずに苦しんでいたように思えた。 メッセージ性を帯びた歌詞が、どうしても字あまりになってロックのリズムに溶け込まないきらいがあった。 メンバーがそれぞれの能力を存分に発揮し始めたのは解散後のこと。 はっぴいえんどが必ずしも成功したとはいえない日本語ロックに一つの答えを出したのがキャロルと、だった。 メッセージ性を帯びた詞をビートにのせるのではなく、ビートにのる詞だけを、ときには脈絡なく繋ぎ合わせるやり方を、彼らは選んだ。 字あまりの部分には適当な英語、オーイェーとかベイビーとか単純な言葉を入れる。 キャロルはロックの歌詞に意味などいらない、と居直ることによって、徹底した思想性になさで成功した」などと論じている。 キャロルは、はっぴいえんどとは異なる手法の日本語ロックで成功した。 1975年の『』()で放送された「ヒストリー・オブ・キャロル」という番組で「英語日本語の入り混じった、まさにのロックンロールは瞬く間に若者の心を捉えた」と紹介された。 こうしたキャロルの日本語英語チャンポン歌詞の誕生については、デビュー曲「ルイジアンナ」は、最初は全編英語詞であったが、レコードが発売される直前になって、レコード会社から、英語詞では売れないから歌詞を日本語にしてほしい、との要請を受け日本語に変更したのが切っ掛け。 ジョニーは矢沢に「オレの曲に英語で詞をつけてよ」と頼まれ、初めて作詞を手掛けた。 この製作課程で最初のジョニーの100%英語歌詞を矢沢が「こんなのやりきれない」「ここ日本語に直してくれないか? 」とジョニーに言うから、急遽直したが、また矢沢が「どうしてもこの部分は日本語が乗らないな。 じゃあ、やさしい英語でもいいから残しておこう」とできたのが、あのチャンポン詞」「あの時代、作詞のできる俺を永ちゃんは離せなかったと思う」などとジョニーは話している。 矢沢は「あれを日本で発明したのはジョニー大倉だから、出さなきゃいけないと思うよ」「そこからヒントを得たがボロ儲けしてるんだから」と話したという。 「巻き舌唱法」は、日本ではキャロル時代の矢沢を始まりとして 、で一応の完成形となる 、、、など、"かきくけこ"を"きゃきぃきゅきぃぇきょ"と発音する現在のたちへと受け継がれたなどと論じられる。 は1977年の著書で「キャロルに代表される英語でも日本語でもないような、今の日本語的なロックの言葉」と解説し「キャロルの歌を聴いた時に、矢沢君の歌ってのは、日本語と英語がめちゃくちゃ入り混じっているわけでしょ。 その中に出てくる英語ってのは絶対アメリカ人の英語とは違うわけですよ。 それと、彼の歌っている日本語の歌い方というのが、又、非常におかしいんだ。 あれは完全に日本語とも言い切れないところがあるでしょう。 だからその辺の日本語と英語がチャンポンになっているっていうところでもって、伝統的な日本語のしゃべり方、あるいは日本語の歌の歌い方と違ってまったく新しいキャロル独特の音葉のリズムというものを獲得したんだという実感を初めて持ったんですよね」と述べている。 この他、デビュー曲「ルイジアンナ」は、プロデューサーのミッキー・カーチスがヨーロッパで学んだ最新の技術を駆使して当時としては革新的なサウンドを実現している。 キャロルは、それまで日本で認知されていなかったロックンロールを一般に広めると同時に、最新の録音技術を世に広めた。 ファッション [ ] べったりのに、というはになる。 これらは1950年代から1960年代にかけての頃に全盛を迎えたが、の時代に入ると的なファッションが主流となり、またビートルズの出現でヘアスタイルの革命が起こると、リーゼントは「終わった」といっていいところまで追いやられ、普通の若者のやることではなくなってしまった。 そうした背景のもとに突如としてその葬り去られたともいえる髪型で登場したのがキャロルだった。 この先祖返りのようなコンセプトは画期的なアイデアで 、それまでずーっと"ダサい"の極みだったリーゼントを、全く無名のアマチュアバンドが、数分のTV出演という、たったそれだけので、あっさりとトップモードに返り咲かせ、ロックといえば長髪という価値観を、みごと一瞬にしてひっくり返した。 当時、ロックはが表に出てくるものでなかったが、キャロルは不良に通じるビジュアルを持っていた。 若者向けのテレビ番組『リブ・ヤング! 』出演一発で人気が爆発した点も、ビジュアル面での高さを物語り、の未来を先取りしていたといえる。 こうしたキャロルのファッションは、メンバーの行きつけだったの「怪人二十面相」 を中心に話題となり、その後を中心に一世を風靡したロックンロールファッションの先駆けとなった。 「怪人二十面相」は、のち原宿にクリームソーダ王国を築く山崎眞行が最初に手掛けた店で キャロルが一度スペシャル・ライブ(1974年3月6日)を行ったことで当時最先端のライブハウスになった。 オールディーズの普及 [ ] 当時、とかでは、"ロックンロール・リバイバル"()が叫ばれていたが、日本で形として現したのはキャロルが最初。 キャロルのファーストアルバム『ルイジアンナ』(1973年3月25日発売)に収録された「」は、ロックンロールのであるが、当時はまだ、日本で知られていなかった。 キャロルがライブで当時この曲を演奏すると、キャロルのと思った人が多かった。 キャロルの演奏によって「ジョニー・B. グッド」は日本で最もメジャーなロックンロールとなった。 この曲はタイトルにジョニーと付いているため、以前からジョニー大倉が歌っていたという。 「ジョニー・B. グッド」だけでなく、キャロルのファーストアルバムに収録された英語曲の多くが、キャロルのオリジナルと勘違いされた。 の普及は、アメリカ映画『』の影響が大きいとされるが、同作が日本で公開されたのは、1974年12月21日である。 ヤンキー先駆け [ ] その現場に居合わせたは「あとになって考えてみればキャロルは図らずも『を開けてしまった』ということなのであろう。 つまり彼らの登場無かりせば、的体質というものが日本の音楽市場の中でここまで大きな意味をなさなかったろうと思うからである。 キャロルは、不良の生きるひとつの道としての音楽の可能性をあの"格好"と"音"でもって示唆してしまった」 「キャロル、そしてその後の矢沢永吉のスタイルは、のちにこの国のヤンキー文化に色濃く反映している。 リーゼントに革ジャンというスタイルは、のファッションやファッションとしても定着した」などと近田は解説している。 反逆児っぽいキャロルのクールかつ、ツッパリイメージは、暴走族などを気取る若者たちから絶大な支持を受けた。 当時"暴走族"は""など称された。 2008年頃から言われ始めた「力」「ヤンキーパワー」の解説に於いて キャロルはその歴史の始まりに持ってこられる場合が多い。 『』のヤンキー特集「ヤンキー40年史年表」では、「1972年、ロックバンド・キャロルがデビュー。 リーゼントの若者が急増」という記述からヤンキーの歴史が始まっている。 それまで不良の形は様々なものだったが、キャロルの登場によってイメージは統一化された。 リーゼントや革ジャン、、は一つの基本形になり、全国的に定着した。 キャロルはとりわけ暴走族から絶大な支持を集めた。 暴走族のヒーローと言われたのは 篠山紀信の撮った写真にメンバーがリーゼント、革ジャンでバイクに乗った物があり、それを真似る若者が増えたため。 彼らが暴走行為を始めたため、「キャロルが"暴走族"という言葉を作った」 「"暴走族"はキャロルが生み出したようなもの。 ぼくたちがデビューした当時、バイクを乗りまわす連中は""と呼ばれていて、彼らはみな、やを着てバイクに乗っていた。 それがキャロルの登場によって、キャロルの演奏にシビれたバイク乗りたちが、アロハやスウィングトップを脱ぎ捨て、キャロルのスタイルを真似てバイクを乗りまわすようになった。 このスタイルはたちまち全国に広がり、となって"暴走族"という言葉を生み出した」などとジョニーは話している。 キャロルの人気が出ると暴走族が護衛やステージサイドのガードをした。 但し、有名なでのキャロル解散ライブに於けるの護衛は、がを親衛隊にしてコンサートを行なったことに影響されて、矢沢がにをしたいと持ちかけたものである。 キャロルの舞台にはいつも暴力的な雰囲気が付きまとい、群がってくるファンの中にも、どことなくそれを期待する雰囲気があった。 実際にキャロルのコンサートでの血気盛んなファン同士のケンカ騒ぎがに報じられ 暴走族が集会するという理由で会場に公演を拒否される問題も起こったが、そうした話題性も評判を高めることに貢献した。 1973年、1974年当時は、日本全国の学校で暴力事件が多発し、暴走族も600チーム以上あった。 そんな時代の申し子のように、キャロルの音楽やファッションは若者の心を虜にした。 彼らの存在自体に若者の一つの価値観が見い出せた。 1974年3月、での演奏旅行から帰国後に始まった全国コンサートツアーで、ファンがエキサイトして、会場内で乱闘事件が続出し、社会問題に発展した。 コンサートに集まる若者の半分以上が若い男の子であったが、彼らの鬱積した肉体のエネルギーは、キャロルの演奏によって挑発された。 興奮しきった歯止めが利かず、ステージに上がり、メンバーに飛びかかり、抱きつき機材を壊し、客席のお客同士でケンカを始めた、1974年7月17日、・でのコンサートでは4000人のを遥かに超える7000人の聴衆が押し寄せ大混乱になる。 リーゼント・スタイルのオートバイ族とロック・ファンの長髪族とがケンカして、重傷者3名、軽傷者8名を出した。 このような暴力沙汰はマスコミにも取り上げられ社会問題となり、キャロルは段々会場となる公会堂を締め出されていった。 で誕生したキャロルは、から生まれたビートルズとオーバーラップさせて、さらに下層階級的成り上がりの美学を構築した。 勿論、これらの真実性に矢沢の生い立ちが不可欠であった。 キャロルのビート感やリズムの力強さは、矢沢の生きざまそのものであったのである。 影響 [ ] 1973年2月28日、「ロックンロール・カーニバル」に出演したキャロルを会場で観た・(当時)がキャロルに取り憑かれ、彼らに帯同してカメラを回し『キャロル』を制作した。 しかし放映の是非を巡ってNHK上層部と揉め、最終的に龍村と実質の製作者といわれた小野耕世がNHKを解雇された。 当時は『』など、外国のロックがようやく放送される時代になってはいたものの、NHKではロックに対してまだ保守的な姿勢を崩していなかった。 この事件は、三大新聞をはじめ、多くのマスコミに取り上げられ社会問題に発展したが キャロルがNHKである種のを受けたことは、若者たちの間で異常なほどの人気で迎えられる結果となった。 詳細は「」を参照 キャロルをスカウトしたミッキー・カーチスは「漠然とやりたいと思っていたものを目の前に見せつけられた感じだった」と述べている。 キャロル登場のは大きく、ロカビリー以来の活動歴を持つ内田裕也は、イベンターとしてミッキーと共同で1973年2月「日本ロックンロール振興会」を旗揚げして 、同月28日「ロックンロール・カーニバル」()を仕掛け、自らもロックンロールに回帰して「1815ロックンロールバンド」の活動を活発化させた。 キャロル以前はまだ"ロックンロール"という音楽が世間で認知されていなかった。 内田は『』1973年5月号のとの対談で「ぼくはロックってのは基本的にはロックンロールだと思うンですけどね」と発言している。 1973年夏には「1815ロックンロールバンド」やキャロルがとなった「ロックンロール・イン・サマー」というイベントが全国16ヶ所で開催されて、ロックンロールブームを決定づけた。 キャロル売り出しの際に・が関わり、でやらないとと提案し、矢沢から「日本一のに撮って欲しい」と頼まれ、デビュー間もない篠山紀信を紹介して、キャロルは大々的に売り出された。 ロックバンドが映像から入っていくといった手法で売り出されるというのも当時は珍しかった。 キャロルの影響で、1950年代のロックン・ロールを聴く暴走族のうち、に集まった暴走族の中から生まれたのがである。 クールスはキャロルがコンサート会場へ行き来する時に、バイクにまたがり、キャロルの乗る車の前後を護衛するかのように付き従い、そのうちクールス自体もバンド活動を始めたもので 、音楽的にはの影響を受けている。 は、1973年12月1日のデビューで、キャロルとは約一年遅れのデビューだが、キャロルが篠山紀信に写真を撮られ、大々的に売り出されたため、キャロルのと散々言われたとは話している。 宇崎はこの一年の差に悩まされ、宇崎らも最初は皮ジャンを着ていたが、やむなく皮ジャンでないものを探して、たまたま「」にいったという。 『』(1975年3月25日発売)が出るときにキャロルは華々しく解散。 宇崎は「矢沢永吉って人間には常に先に行かれたって気があった」と話している。 『スモーキン・ブギ』(1974年12月5日発売)が2位になった時、楽屋で一緒になるとキャロルの方は、シングルヒットがなかったことで「おタク達は泥臭くやって成功したね。 ウチらちょっとアカ抜けてたから」と矢沢に言われ「この野郎」と思った。 ドラマーの相原誠が元キャロルということもあったこともあり、お互い敵対視していたという。 矢沢のことを聞かれると「意識してないから」とツッパって来たが、実はズッと強く意識してきたとインタビューで述べている。 前述したように当時の日本のロック・ミュージシャンは、外国のロック・ミュージシャンの影響でみな長髪だった。 当時全国の中学・高校ではキャロルのがたくさん出現した。 キャロルは、ロック・リスナー層を拡大しただけでなく、プレイヤー人口の増加も促進した。 ~~~ ~らに至るツッパリ系ロックン・ロールバンドのルーツである。 また、は、音楽的にはクールスの流れを汲むもの。 は1972年に、たまたま買い物に行ったの屋上であったキャロルのライブを観ていて、そこに居たに声をかけてプロになった。 キャロルの影響を受けたミュージシャン、は数多いが、ミュージシャンでは、、、、、、、、らが有名である。 藤井と横山は、少年期に初めてキャロルを観て、藤井「心をレイプされた」、横山「矢沢永吉がに見えた」などと大きな衝撃を受けたと話している。 藤井は2003年に全曲キャロルの楽曲をカバーしたアルバム『MY CAROL』をリリースし、「自分のボーカルは、俺独自に作り出したニュアンスだと思っていたけど、矢沢さんとジョニーさんの合体だったんだとわかった」と話している。 ディスコグラフィー [ ]• 明記が無い場合基本的にレコード。 ほとんどの作詞は大倉洋一、作曲は矢沢永吉。 ルイジアンナ/最後の恋人(FS-1732 1972年12月20日)• ヘイ・タクシー/恋の救急車 (FS-1733 1月25日)• やりきれない気持ち シングルバージョン /ホープ (FS-1736 1973年2月25日)• A面はアルバム収録とは別テイク。 レディ・セブンティーン/愛の叫び (FS-1741 1973年3月25日)• 彼女は彼のもの/憎いあの娘 (FS-1747 1973年4月25日)• 0時5分の最終列車/二人だけ (FS-1752 1973年5月25日)• /コーヒー・ショップの女の娘(FS-1755 1973年6月25日)• 涙のテディ・ボーイ/番格ロックのテーマ(FS-1774 2月5日)• 「涙のテディ・ボーイ」の作詞・作曲は矢沢永吉。 夏の終り/泣いてるあの娘(FS-1797 1974年7月25日)• 「夏の終り」の作詞・作曲は矢沢永吉。 「泣いてるあの娘」は内海利勝の作詞・作曲で、彼がリードボーカルを取っている。 ラストチャンス/変わりえぬ愛(FS-1807 1974年12月20日) 再発売シングル [ ]• ルイジアンナ/涙のテディー・ボーイ/ファンキー・モンキー・ベイビー/番格ロックのテーマ 1975. ラストチャンス/やりきれない気持ち/夏の終わり/レディ・セブンティーン 1975. ルイジアンナ/ホープ/ミスターギブソン 1975. ヘイ・タクシー/いとしのダーリン/番格ロックのテーマ 1975. ファンキー・モンキー・ベイビー/コーヒー・ショップの女の娘/ジョニー・B・グッド 1975. ハニー・エンジェル/憎いあの娘/恋する涙 1975. レディ・セブンティーン/恋の救急車/ハニー・エンジェル 1975. 涙のテディ・ボーイ/愛の叫び/彼女は彼のもの 1975. 涙のテディ・ボーイ/彼女は彼のもの 1976. 夏の終わり/ラストチャンス 1976. やりきれない気持ち/0時5分の最終列車 1976. ルイジアンナ/ヘイ・タクシー 1976. ファンキー・モンキー・ベイビー/レディ・セブンティーン 1976. ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ 1979. 夏の終わり/涙のテディー・ボーイ 1979. ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ 1979. 25 アルバム [ ] スタジオ・アルバム• 『ルイジアンナ』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8056、1973年3月25日)• A面 ルイジアンナ/ヘイ・タクシー/ やりきれない気持 アルバムバージョン /ホープ/恋の救急車/最後の恋人• B面 グッド・オールド・ロックン・ロール/メンフィス・テネシー/ワン・ナイト/トゥティー・フルティー/ジョニー・B・グッド/カンサス・シティー• 「やりきれない気持ち」「ホープ」「ワン・ナイト」のドラムは相原誠。 『ファンキー・モンキー・ベイビー』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8066、1973年7月25日)• A面 ファンキー・モンキー・ベイビー/憎いあの娘/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/ 恋する涙/二人だけ• B面 愛の叫び/ ハニー・エンジェル/ いとしのダーリン/彼女は彼のもの/ ミスター・ギブソン/0時5分の最終列車• 『キャロル・ファースト』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8095、1974年7月25日)• A面 CAROL 子供達に夢を /ヘイ・ママ・ロックン・ロール/夢の中だけ/素敵な天使/カモン・ベイビー/甘い日々• B面 ズッコケ娘/ふられた男/娘 クーニャン /ビブロス・ピープル/雨のしずく/悪魔の贈り物/CAROL 子供達に夢を• 9th singleと同時リリース。 A面はB面の「CAROL 子供達に夢を 」は同テイク。 「カモン・ベイビー」「甘い日々」「ズッコケ娘」「CAROL 子供達に夢を 」の作詞・作曲は矢沢永吉。 ライブ・アルバム• 1973年10月23日にフジテレビ第一スタジオにて収録。 カセットとレコードでは収録内容が異なる。 LP A面 ヘイ・タクシー/最後の恋人/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/憎いあの娘/ファンキー・モンキー・ベイビー• LP B面 彼女は彼のもの/やりきれない気持/愛の叫び/ルイジアンナ/恋の救急車/ジョニー・B・グッド• カセット A面 ヘイ・タクシー/最後の恋人/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/憎いあの娘/彼女は彼のもの/やりきれない気持/愛の叫び/恋の救急車/ファンキー・モンキー・ベイビー• カセット B面 ルイジアンナ/グッド・オールド・ロックン・ロール/スロー・ダウン/メンフィス・テネシー/ユーブ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー/ヒッピー・ヒッピー・シェイク/トゥティー・フルティー/ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン/ジョニー・B・グッド• 『燃えつきる - キャロル・ラスト・ライヴ!! 1975. 』(日本フォノグラム/フィリップス FS-9001~2、1975年5月15日)• 1975年4月13日、東京日比谷野外音楽堂での解散コンサートを収録• A面 ファンキー・モンキー・ベイビー/憎いあの娘/グッド・オールド・ロックン・ロール/メンフィス・テネシー/涙のテディ・ボーイ/やりきれない気持/変わり得ぬ愛• B面 ビブロス・ピープル/ユーブ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー/愛の叫び/ヘイ・ママ・ロックン・ロール• C面 ヘイ・タクシー/夏の終り/ ゲスト紹介 /ジョニー・B・グッド/ズッコケ娘~スロー・ダウン/ルイジアンナ• D面 エニタイム・ウーマン/ファンキー・モンキー・ベイビー/ラスト・チャンス 再発売アルバム• 『アプローズ・デラックス・パック』 (日本フォノグラム/フィリップス、1973年11月25日) 1stアルバムと2ndアルバムの全ての音源を合わせたもの。 LP2枚組のBOX仕様。 『アーリー・キャロル』 (日本フォノグラム/フィリップス、1975年9月25日) 上記『アプローズ・デラックス・パック』を更に再発売したもの。 LP2枚組。 BOX仕様ではない。 コンピレーション・アルバム• 『キャロル・ゴールデン・ ヒッツ』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-3 1974年12月25日 16曲) 「やりきれない気持ち」はシングルバージョン。 『GOOD-BYE CAROL』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-9 1975年4月5日) 最後のスタジオ録音音源の「 緊急電話」を初収録し、他にデモカセット音源、英語テイク、日大講堂でのライヴ音源 B面 3~6 等を収録したドキュメンタリーアルバム。 『キャロル・ゴールデン・ ヒッツ・マークII』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-16 5月25日 16曲) 「グッド・オールド・ロックン・ロール」「トゥティー・フルティー」「ワン・ナイト」の3曲はオリジナルと別テイク。 『INTRODUCING CAROL』(日本フォノグラム/フィリップス 6月10日) プロモーション用音源を流用。 「やりきれない気持」「恋の救急車」はオリジナルとは別ミックス。 B面は音楽業界者のインタビュー。 『キャロル・ゴールデン・ ヒット』(日本フォノグラム/フィリップス 1979年6月25日 20曲) ヒッ ツではなくヒッ トだが、英語表記はHITS。 1974年にリリースしたベストに「ミスター・ギブソン」「コーヒー・ショップの女の娘」「最後の恋人」「二人だけ」の4曲を追加。 『キャロル・ゴールデン・ ヒット・マークII』(日本フォノグラム/フィリップス 1979年10月25日 20曲) ヒッ ツではなくヒッ トだが、英語表記はHITS。 1976年にリリースしたベストに「ふられた男」「トゥティ・フルティー」「甘い日々」「雨のしずく」の4曲を追加。 「グッド・オールド・ロックン・ロール」「トゥティー・フルティー」「ワン・ナイト」の3曲はオリジナルと別テイク。 『ラスト・チャンス ~キャロル・レア・トラックス』(日本フォノグラム/フィリップス PHCL-3032 11月26日) オリジナルアルバムに未収録だったシングルテイク 1~6 に、最後のスタジオ録音「緊急電話」 7 、更に1973年リリースのライブ盤でカセット盤のみに収録だった音源 8~14 を1枚に収録。 『』(ユニバーサルJ、UMCK-4048、CD、2003年1月31日) カバーアルバム [ ]• 『TEN YEARS AGO』(矢沢永吉)(1985)• セルフカバーアルバム• 『朝まで踊ろう悲しきテディ・ボーイ』()(1992)• 『MY CAROL』()(2003)• 『CAROL TRIBUTE』()(2003) 映像作品 [ ] ビデオ [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ(日本フォノグラム PV13-1 3月19日、Editor:Toshio Ikeda)• TV放送された「グッドバイ・キャロル」から編集され、「涙のテディー・ボーイ」「やりきれない気持ち」を追加収録。 演奏曲の音源をモノラルからステレオに差し替え。 メンバー4人と観客へのインタビューは1部カットされ、のへのインタビュー(も含む)は全カット。 4月5日、マーキュリー・ミュージックエンタテインメントより再発(VHS PHVL-2501) レーザーディスク [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ( 78L-1 1984年4月13日)• 6月5日、日本フォノグラムより再発(LD PHLL-3801) DVD [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ(ユニバーサルミュージック DVD UMBK-1524 2003年1月22日)• ボーナストラックとして、テレビ神奈川『』出演時の「ファンキー・モンキー・ベイビー」、「憎いあの娘」を収録。 テレビ出演 [ ]• リブ・ヤング(1972年10月1日、)• テレビ初出演。 私の作った番組 の激情No. 1(1973年1月25日、)• NHKドキュメント キャロル(1973年10月20日、 監督:)• (1974年10月9日、)• 第2話「キャロル知らないやつはおくれてる」ゲスト出演• 特番 グッドバイ・キャロル(1975年7月12日、TBS)• 放送前は本編約51分だったが、TBS側の指示により約47分に編集された。 技術:、プロデューサー:・、ディレクター:、制作協力: 書籍及び楽譜 [ ]• 全掲載写真撮影:• キャロル『暴力青春 キャロル・最後の言葉』、1975年。 映画 [ ]• (1973年9月25日公開、監督:・制作:)• ゲスト出演• ジョニーの著書『キャロル 夜明け前』では、ジョニーは「誰がリーダーか取り決めはしてなかった。 永ちゃんも、オレがリーダーだと自己主張することはなかった」「『』に出演してプロとして契約する際に矢沢が交渉窓口として動いた時から、矢沢がリーダーだと認知された」。 「デビュー曲『ルイジアンナ』の中に、の変更を提案したら、矢沢が『いいか、だれにもオレの曲はいじらせねえ。 だれにもだ!』などと激怒し以降、自分も矢沢の機嫌をうかがい、気を遣わなければいけない立場になってしまった。 他のメンバーも、矢沢の態度に大きなショックを受けた。 この一件で矢沢のキャロルの中での立場が決定的なものになった」などと述べている。 若かったキャロルのメンバーが成功の夢を語り合ったのが、ジョニーの母親が営むの。 ジョニーをバンドに入れるため、ジョニーの母親に矢沢は「俺きっとでかくなるよ。 ジョニーだって俺と同じ位才能あるし、ジョニーに金掴ませてみせるから! 」と口説いたといわれる。 有名な「オレの夢は、ピッカピカのに乗って、100メートル先のタバコ屋にを買いに行くことなんだ」は、当時から周りに吹いていた矢沢語録であった。 広島で苦労して育ち、「大金を掴んで社会に勝つんだ」と成功哲学を説く矢沢に対して、ジョニーは音楽が商売になるんてとても思えなかったという。 何もないところから全部生み出すような強烈なエネルギー。 「とても敵わないと思わせる強さが矢沢さんにはあった」とジョニーは話している。 ジョニーは著書『キャロル 夜明け前』で、これを思いついたのはキャロル結成の直前。 「ハンブルク時代のビートルズは、彼らが貧しく無名で、ただ情熱だけでひたすら突っ走った時期であり、同時にバンドとして脱皮し、その真価を発揮した時期でもある。 この時期の彼らが発する張り裂けんばかりのエネルギーは、革ジャンにリーゼントというスタイルによって、見事に体現されていた。 これだ、と思った」と書いている。 矢沢はキャロルのアマチュア時代には、他のメンバーにも自身のオリジナル曲を披露しようとしなかった。 オリジナル曲を他のメンバーに聴かせたのはプロデビューが決まってからである。 これはパクられるのを恐れたか、或いは実際には100曲はなく、ただのハッタリだったかは分からない。 いずれにしろ、矢沢はこの頃から既に将来の成功戦略へプランを練っていたものと考えられる。 ジュニー自身も「俺は半端だった。 結構慎重派だから、色々まとめてからという思いがあったが、知らない間にキャロルが爆発してしまった」「そしたらやっぱり永ちゃんのド根性の方が強いよ、そりゃ」など、矢沢の強力なリーダーシップに付いていくしかなかったという内容の話をしている。 内田は「先生、僕らを男にして下さい」とキャロルから頼まれて、内田もそのつもりで根回しをやっていたら、ミッキーのプロデュースでレコード会社を決めたといわれ、もう一回ミーティングしたら「やっぱり先生とやらしていただきます」「わかった」となったが、また話が変わったので、オレが切れて「ナメんじゃねえ! 」と矢沢をぶっ飛ばしたら、矢沢がパッとして「自分が悪いから、もう一発お願いします」と言ってきた、こいつはスターになると思ったと話している。 矢沢は嫌いじゃない。 憎めないヤツと話す反面、吉田豪のインタビューでは、矢沢の批判ばかりしていたといい、現在も内田の話に矢沢がよく出てくるため、内田の矢沢への思いは、ジョニーの矢沢への思いと同様に愛憎半ばするものと考えられる。 矢沢の自伝『成りあがり』には内田の記述は全くない。 いなかったことになっている。 ジョニーの著書『キャロル 夜明け前」では、「内田の誘いはミッキーほど具体的でなかったらしい」と話し、矢沢とミッキー、内田との間にどのような話があったのか知らない様子である。 通常2年程度の専属契約をキャロルは4年で(日本フォノグラム)と結ばされていて、キャロルメンバーは最低の率だった。 キャロルが売れれば売れるほどレコード会社とミッキーにプロデュース印税が増えていく仕組みだった。 キャロル解散後もこの契約が残り、フォノグラムから千数百万の違約金を請求され、矢沢は単身、に行って移籍の契約をまとめ、CBSソニーから借金をしてでフォノグラムに違約金を払った。 「日本フォノグラムは、アーティストとしてオレの気持ちを無視してきた」。 「オリジナルアルバムは三枚しかないのに、キャロルの承諾もなしに曲順を変えて、タイトルを変えて、ジャケットを変えて、さもニューアルバムのように見せかけて新しいアルバムを作ってきた。 そんなイカサマ商売をしてきた。 何度も『イメージが悪くなるからやめてくれ』と言っても『おまえらにいわれる筋合いはない』と無視してきた。 オレは日本フォノグラムは絶対に許さない」 などと矢沢は述べている。 ジョニーは「どういう戦術かは俺には分からないが、矢沢がミッキーを解雇した」「矢沢は、いいかジョニー。 こういうヤツは切った方がいいんだとよく言ってた。 いっつも俺は首ひねってたね」「地方で矢沢とが言い合ってたこともあった」などと話している。 相原の落胆は酷く、これを聞かされたジョニー、内海は大人社会の冷淡さに耐え切れず、相原、ジョニー、内海の三人はで一晩中飲み明かし、夜明けの路上で寝転がり、泣き、喚き、を吐いた。 この放送で無かった「涙のテディー・ボーイ」「やりきれない気持ち」を追加した物が後にビデオとレーザーディスクで発売。 初の作詞曲は後に日本語に書き直したサードシングル「やりきれない気持ち」。 1974年監督の映画『キャロル』にとともに製作に携わる。 1975年『ヤング・インパルス』()「ヒストリー・オブ・キャロル」での言及。 龍村は『キャロル』プログラム・ブック「アートシアター」第110号 1974年6月22日発行)「映画『キャロル』演出ノート」、及び著書『キャロル闘争宣言』で、キャロルとの最初の衝撃を「はじめてキャロルを見て、全身の皮膚が一瞬に鳥肌だってくるのを覚えた。 胸がドキドキしてじっと座っていられなくて、座席から立ち上がってウロウロした。 体中に激しい怒りの感情がわきおこり手当たりしだいにブチ壊したい衝動に駆られた。 恥ずかしいところだけど涙が出てきた。 キャロルが去って、内田裕也が國学院応援団とともに登場したとき、私と同年輩の男・内田裕也の演奏を聞くにしのびない思いがして会場を出た」と記している。 「龍村は、キャロルよりずっと先輩の日本のロックンローラー内田裕也が、キャロルには(あるいは矢沢永吉には)なれないこと、なれなかったことを、瞬時に見てしまったのである、あるいは、そう直感させるものを、登場した瞬間にキャロルが示してしまったのである」とは論じている。 ミッキーは「昔、オレ達がやってた時は、楽器ひけるヤツも少なかったし、英語はメチャクチャ、かっこばかりのロックン・ローラーだったけど、キャロルは違うんだ。 曲は全部自分達で書くし、楽器はやるし、何といってもリズムのノリが違うよ。 日本もここまできたのかと正直、驚いているんだ」と小野耕世に話していたという。 出典 [ ]• 、151-152頁• 、170-174頁• 2020年3月4日閲覧。 ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年3月4日閲覧。 sound. 2020年3月4日閲覧。 、182-183頁• 、キャロル年譜234頁• 、72-76頁• 、77-80頁• 、70-71頁• 、138頁• 、、、、• 、70-71頁• 、96頁• 、254-257頁• 、133頁• 、69頁• 、208頁• 、120頁• 、187頁• 、118-119頁• 、218頁• 、208頁• 、124-130頁• 、201頁• 、272、280頁• 、235、257頁• 、28頁• 、28頁• 、107頁• 、182-183頁• 、206頁• 、197頁• 、29-31頁• 、181-182頁• 、182-197頁• 、219頁• 、53-54頁• 、253-2頁• 、251-252頁• 、58、138頁• 、38頁• 、80頁• 、222-226頁• 、144-146頁• 、42-43頁• 読売新聞 2014年11月27日• 日刊スポーツ 2014年11月27日• 『内海利勝 現代と調和するブルース・ギター』(ギターマガジン 2019年2月号 pp212 - 217)• sponichi annex 2014年1月8日. 2019年1月17日閲覧。 、27頁• 、174-175頁• 、54頁• 、198-199頁• 2014年5月24日号 193ページ「70年代の唄に会いに行く: 日本がいちばん輝いていた時代」• 、143、168頁• 恩藏茂『FM雑誌と僕らの80年代 「FMステーション」青春記』、2009年、42-43頁。 、116頁• 、162-163頁• 、196頁• 、121頁• 、137-138頁• 、137-138頁• 、211-212頁• 、616-618頁• 、、、• 、228-233頁(文・近田春夫)• 、16-23頁• 、51-189頁• 、187-189頁• 、122頁• 、82頁「私の地図 」• 、129-131頁• 、207-220頁• 、38頁• 、142-143頁• 、51頁• 、111頁• 、125頁• 1993年にTHE虎舞竜に改名。 、240頁• 、、、• 、90-91頁• 、190-194頁• 参考文献 [ ]• 『』1974年3月29日号、。 『フォーク対談集』アロー出版社、1974年。 『キャロル闘争宣言 ロックンロールテレビジョン論』田畑書店、1975年。 矢沢永吉『成りあがり』、1978年。 (、、1980年)• 『フォークって何だ』、1979年。 『赤き獅子の伝説』ペップ出版、1979年。 富沢一誠『青春のバイブル』、1983年。 『話は映画ではじまった Part1 男編』、1984年。 大川俊昭・『定本はっぴいえんど』、1986年。 月刊オンステージ『日本ロック大系〈上〉』、1990年。 『別冊太陽 日本のロック 50's~90's』、1993年。 『一九七〇音楽人百科』、1994年。 矢沢永吉『矢沢永吉写真集 「19490914」THE LIFE OF EIKICHI YAZAWA』、1995年。 田口史人・・『ラヴ・ジェネレーション 1966-1979』〈ONTOMO MOOK〉、2000年。 矢沢永吉『アー・ユー・ハッピー? 』、2001年。 『ロックミュージックの社会学』、2001年。 Jロック&ポップスCD名盤ガイド編集委員会『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』、2001年。 「永ちゃん、クワタ、クレイジーケン ロックと歌謡曲のはざまで..... 」『音楽誌が書かないJポップ批評21』〈 771〉、2003年。 『キャロル 夜明け前』、2003年。 ミュージックプレス『河村隆一 対談集』、2003年。 『人間コク宝』、2004年。 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 Vol. 1』、2005年。 「キャロルの時代」『団塊パンチ1~5号』、2006年。 鈴木創『音魂大全 史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア』、2006年。 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』、2007年。 『Jポップを創ったアルバム 1966~1995』、2008年。 『ヤンキー文化論序説』、2009年。 『』2009年8月10日号、。 ジョニー大倉『キャロル 夜明け前 第2章』青志社、2010年。 越谷政義『ジャパニーズ・ロック・インタビュー集 時代を築いた20人の言葉』TOブックス、2010年。 本橋信宏『60年代 郷愁の東京』、2010年。 『 別冊002 日本革命ロックガイド 1960-2010』、2011年。 『』2013年3月9日号、講談社。 「横山剣インタビュー」『週刊現代』2013年6月1日号、講談社。

次の

キャロル ファンキー・モンキー・ベイビー 歌詞

キャロル ファンキー モンキー ベイビー

製作課程 [ ] 作詞したは、「"ファンキー・モンキー・ベイビー"というフレーズが丸ごと降ってきた」と述べている。 しかしこのフレーズの前に何か言葉が足らないと気づき、"きみは"を頭に入れると一変してクリアでノリのいいロックンロールに生まれ変わった。 しかし、"きみは"を頭に入れると矢沢の作ったをいじることになる。 矢沢は自分の作ったメロディをいじると激怒するため、ジョニーは恐る恐る矢沢にこの曲を聴かせたら、珍しく「いいよ。 バッチリだよ。 ジョニー」と笑顔で言ったという。 収録曲 [ ]• 全作詞: 作曲:• ファンキー・モンキー・ベイビー• コーヒー・ショップの女の娘 カバー [ ] ファンキー・モンキー・ベイビー• - 『』(1976年1月25日発売)に収録。 - 『』(1990年10月17日発売)に収録。 - カバーアルバム『』(2016年2月10日発売)に収録。 その他 [ ] 系の『』の企画、ヨモギダ少年愚連隊のオープニングテーマに「ファンキー・モンキー・ベイビー」が使用されている(を参照)。 これは、コーナーのタイトルの元ネタである主演の映画「」の主題歌がこの曲であったからである。 脚注 [ ].

次の

ファンキー・モンキー・ベイビー(キャロル) / コード譜 / ギター

キャロル ファンキー モンキー ベイビー

メンバー [ ] (やざわ えいきち、 - ) ・担当でバンドのリーダー。 多くの作曲を手掛けた。 (ジョニー おおくら、 - ) ・担当。 本名の大倉洋一名義で多くの作詞を手掛け、「ロックに日本語の歌詞を乗せる」というスタイルを確立させた。 内海利勝(うちうみ としかつ、 - ) ・担当。 時代にに憧れてギターを始め、もっぱらなどのを演奏していた。 進学後、セミプロのバンドで活動していた頃にキャロルに参加。 解散後はイギリスのバンドとのコラボレーションでを。 いち早くレゲエのを取り入れるなど意欲的で「たわごと」「鏡の中の俺」がヒットした。 のバックバンドのギタリストを勤めたこともある。 2012年には矢沢のデビュー40周年記念公演にゲスト参加しており、現在もblues file No. 1やソロで活動している。 ユウ岡崎(ユウ おかざき、 - ) 担当。 キャロルのデビュー前はいくつかのアマチュアバンドやセミプロバンドで活動していた。 初顔合わせの時、メンバーに「YOUたちなんかやってるのは、アレでしょ。 ロッケンロールでしょ? 」と言ったことから芸名が「ユウ岡崎」となった。 元メンバー [ ] 今井茂利(いまい しげとし 担当。 結成からデビュー前まで在籍。 後にに参加。 相原誠(あいはら まこと 担当。 3rd Singleの時期、ユウ岡崎の代理として短期間在籍。 後にに参加。 2020年4月13日、のため逝去(68歳没)。 サミー 担当。 本名は猿山幸夫。 ジョニー大倉が失踪中であった1974年初頭の2ヶ月弱のみ在籍。 後に大倉のバックバンド「」にベーシストとして参加。 経歴 [ ] アマチュア期 [ ] 4月、が近くのイトウ楽器店に自ら書いた貼り紙で募集をかけ、同年6月結成される。 貼り紙の文句は、「と好きなヤツ、求ム! 」だった。 当時はがに浮上しはじめ はバタバタ倒れて、ロックンロールを演奏できる場所がなくなっていった時期だった。 が矢沢に電話してで待ち合わせたが、矢沢は当時みたいな肩まで伸びた長い髪で、ジョニーのを笑ったという。 近くので2~3時間話をしたが、その頃から矢沢は「ビッグになるために俺はから出て来た」と言っていたという。 もともと、のとしてスタートし、のスタイルを真似することで注目を集める。 また、オリジナル曲にもその影響が多く見られる。 矢沢=大倉の二人で多くの作詞作曲を担当(主に矢沢永吉、ジョニー大倉)した。 当初、バンドのをつくっていたのはジョニー大倉。 にを受けたという「キャロル」というバンド名に始まり にというスタイル導入も彼の発案によるもの。 当時、まともな革ジャンを売っているのはバイクショップぐらいしかなかったという。 の本の中にあったハンブルク時代の写真を見てジョニーが「これしかない! 」と思いついたものだが 当時リーゼントでを持ったら笑われたという。 矢沢は、バンド結成当初はだった。 矢沢は著書『成りあがり』の中で、革ジャン・リーゼント・ロックンロールというアイデアは、キャロル前の矢沢のバンド「ヤマト」の頃からの構想だったと書いている。 ジョニーはキャロル結成時にもに入院して一時連絡が付かず、半年後に現れた時には顔中切り傷があるような状態で デビューから2年半、解散に至るまでのキャロルの動きは、大部分、矢沢によって決定されていく。 矢沢はキャロル結成時には既に100曲以上のオリジナル曲を持っており 矢沢の性格、矢沢の生き方がキャロルの方向を決めていった。 ファンやマスコミに触れるキャロルは、大半矢沢に代表されていた。 キャロル結成後の同年8月、の・ピーナツで初演奏。 ピーナツでは店のレギュラー・バンド、いわゆる"ハコバン"として採用された。 もっぱら初期のビートルズナンバーやロックロール・、またお客からのにも応える。 他にのや等でライブ活動を行う。 メンバーの送り迎え、セッティング、店のマネージャーとの交渉など、バンドマネジメントは全て矢沢が行う。 深夜から明け方まで、"荒くれの"や、"夜の商売の女"、"酔っ払い相手"に演奏するヘヴィな下積み時代をおくり鍛え上げられる。 の名門・ウラシマに出演する頃には、キャロルのトレードマークともなる「革ジャン・リーゼント・ロックンロール」の三大要素も確立しつつあった。 プロデビュー [ ] の番組『』「ロキシー・ファッション 出演者募集」という企画(「」参照)に、ジョニーがを送ったが断られた。 これに頭にきた矢沢が『リブ・ヤング! 』の担当者に電話を掛け、ハッタリをかました後、しつこくを送り続け番組出演が決まった。 1972年10月8日、『リブ・ヤング! 』に出演したところ から先に直接オファーを受けたが たまたま家で番組を見ていたの目に留まり のにミッキーから電話があり「したいから、彼らを(先約がかかる前に)押さえておいて欲しい」と伝えられ、リーダーの矢沢がミッキーと電話で話し、内田のレーベルか、ミッキーのレーベルかでメンバーは迷ったが 結局、バンドは内田に丁寧に侘びをいれ、ミッキーを選ぶ。 『リブ・ヤング! 』出演3日後の10月11日、と専属契約を結ぶ。 しかし、金銭的にバンド側に著しく不利な契約を長期で結んでしまい、後にバンドはミッキーとも袂を分かつ。 デビュー曲「ルイジアンナ」のレコーディング直前、ドラムスを担当していた今井が「体が弱いからプロになるのはイヤだ」と言って脱退し、ミッキーの紹介でユウ岡崎が正式メンバーとなった。 1972年、「ルイジアンナ」でデビュー。 結成から3、4ヶ月でのプロデビューであった。 同曲のには、・の無料コンサートチケットが同梱されていた。 同コンサートにはが友情出演している。 ミッキーのアイデアで「ルイジアンナ」でデビュー以降、異例の毎月一枚のシングルをリリース。 1972年12月から1973年6月までの7枚のシングルが毎月売り出された。 「ルイジアンナ」が20万枚、「ヘイ・タクシー」が10万枚、「」は30万枚を売り上げた。 その他のレコードも平均10万枚を売り上げ、コンサートはどこも満員だった。 1973年2月28日、内田裕也プロデュースの「第1回ロックンロール・カーニバル」に出演。 『リブ・ヤング! 』の熱演で、も大きく取り上げ、、、ら、業界人や若い、地方のたちも会場に集まった。 彼らはキャロルのロックバンドという以上の新時代のヒーローたる存在感にいち早く着目 、篠山は『リブ・ヤング! 』出演時からキャロルをマークし、キャロルを被写体としてフォト・セッションを続け、その作品はや宣伝用写真として用いられた他、『』が毎週に掲載。 キャロルの・イメージ作りに一役買った。 当時キャロルのメンバーはライブの前に大量に酒を飲みステージに上がった。 「第1回ロックンロール・カーニバル」では、初の大舞台ということもあって極度のに陥り、ジョニーがした。 これによってキャロルは失神するほどの強烈なステージをするという噂が飛び交い、キャロル人気に拍車をかけた。 のでは、矢沢が挑発的に喋りまくり、あとの三人は難しい顔をして黙るという戦略をとった。 1973年、のだったが『キャロル』を制作したが、放映の是非を巡ってNHK上層部と揉め、大きな社会問題になった。 詳細は「」を参照 この事件は、キャロルがひとつのロックンロールバンドを超えて、として1つの色に塗り替えた。 この頃からキャロルのコンサートは軒並みソールドアウトとなり、パニック状態となる。 ジョニーは著書で「を始めたのは、キャロルがデビューしてすぐのころ」と書いており 、当時ドラッグに依存する生活ぶりで破綻をきたしていたこともあり 人気絶頂時のツアー中、京都公演出発の朝に失踪 、1973年11月23日~1974年2月中旬まで行方不明となった。 発見されたのは川崎の精神病院だった。 そのこともあり、矢沢のバンド内での影響力がさらに増す。 暫くは3人での活動を進め、ジョニーを待ち、探したが出て来なかったので新メンバー・サミーを加えて活動した(その後ジョニーが復帰 )。 1974年3月21~4月5日、山本寛斎のでのステージと龍村仁の映画撮影のため、渡欧しでライブを行う。 1974年8月出演、15日の大トリを務めた。 解散・その後 [ ] メンバー間で軋轢が生じ 1975年、で解散。 3千人収容の会場に7千人がつめかけた。 それをと思った観客も多かった。 このあまりにも象徴的なハプニングが伝説をいっそうかきたて、現在もなお歴史的名シーンとなった。 この解散ライブは「ロックのメッカ」としての、その後多くの「野音伝説」を生むきっかけとなった。 解散ライブのテレビ放映は、同年7月12日に『』という番組で1時間枠が組まれ「グッバイ・キャロル」というタイトルで放送された。 日本のロックバンドのライブ映像がテレビ放送されたのは、これが最初ともいわれる。 解散後、矢沢永吉はソロ活動に転じ、日本を代表するロック・ミュージシャンに成長。 ジョニー大倉はソロ活動の傍ら、俳優としても活躍していたが 、、により死去。 62歳没。 内海利勝はイギリスのバンドとのコラボレーションで作品を発表したほか、のサポートやソロ活動を展開。 2012年には矢沢のライブに出演し、37年ぶりの競演を実現させた。 ユウ岡崎は現在『C's Graffiti Japanese Rock'n Roll Band』で活動している。 音楽性 [ ] ロックマーケットの開拓 [ ] 前半、、などの活躍で興隆するとは対照的に、な存在に甘んじていた日本のロックシーンにとって一筋の光明となったのがキャロルだった。 単なるでしかなかったという分野も、キャロルの成功によって一気にその道が開かれた。 それまでのロック・リスナーのメイン層はで、長髪に姿がロック・ファッションの定番であったが、リーゼントに革ジャン姿のキャロルの登場は、コンサート会場にリーゼント族や女の子たちを動員させ、ロック・リスナー層を一気に"女・子供"までに広げることに成功した。 ブーム以来、久々に女性ファンの凄まじい矯声と失神騒ぎも復活させた。 音楽性やファッションは、デビューから解散までの2年半の間、変わらなかった。 この時代、他のロックバンドの多くが、同時代の英米のロックバンドを模して、技巧重視の音楽を展開したことに対して、キャロルは初期ビートルズを模範としてシンプルなロックンロールを志向したことが大きな特徴といえる。 当時の日本のロックは英米の新しい動向を意識した流れであったため それらとはまったく関係のないところから飛び出したキャロルの登場は大きな衝撃があった。 キャロルのようなロックンロールはそれまで日本には存在しなかった。 キャロル以前は、まだ"ロックンロール"という音楽が世間で認知されていなかった。 当時日本でロックバンドをやろうという人なら、誰もがビートルズは聴いてはいたが、1970年に解散したビートルズの音楽をもはや最先端の音楽とは思ってはなく、さらに1960年初頭のに着目する人がいるなんて誰も考えもしなかった。 またキャロルが拠点にした川崎や横浜は、やパワー・ハウスなどを生んでいるが、キャロルはその後継バンドでもなく、まったく音楽関係者も予想しないところから出てきた印象があった。 キャロルは大衆性を強く打ち出し の要素をノリのいいで、日本的に分かりやすく解釈して見せた。 センセーショナルなキャロルの登場ぶりは、頭デッカチになっていた日本のロックシーンを強烈に揺さぶった。 いきのいいロックンロールとキャッチーなメロディで時代をロックンロールに向けさせた。 また非常にのイメージを売りにしていたことも特徴で、当時の風潮である的な(の反抗)のではなく、"はぐれもの"という的なを強調していた。 "はぐれもの"に正しさを求める存在であるの取り巻きが出現したのも必然といえる。 は「1960年代中後期のロック生成期において、ロックンロールとロックを隔てる最大の要因はアート指標の有無にあったが、キャロルはその時期を参照体系にしないで済ませた。 1950年代から1960年代前期にかけてのロックンロールの価値観ーすなわち肉体、タフネス、成功への欲望などーに基づいたの幻想をダイレクトかつ戯画的に日本の1970年代に現出させたのがキャロルという存在だった。 この方法論は何度でも通用するわけではなく、その戯画的なイメージには一定の真実味がもたされなければならない。 だからこそ、矢沢及びキャロルは、1970年代という時期にメジャー化したうえで、『ロックである』との認証を得たほとんど唯一の存在になり得たのである」などと論じている。 ロックンロールのオールディーズ風サウンド、テンションの高いライブ演奏、などのを含めたファッション性などから、矢沢永吉を筆頭にバンド全体がを持っていた。 は「キャロル最大の功績はを持たなくても日本語のロックンロールが充分にかっこいいことを提示したこと」と述べている。 日本語ロックの確立 [ ] ソングライティング [ ] ジョニーと矢沢の・コンビは、ビートルズのに例えられた。 矢沢の作り出す比類なきメロディラインとジョニーの神経の細かいところから醸し出す、矢沢の"動"とジョニーの"静"がぶつかりあい火花を散らすところからキャロルの爆発的エネルギーは生み出された。 矢沢のメロディは、その後数多く誕生してくるキャロル・フォロワーたちの、初期ビートルズ作品の特徴を表面的に真似ただけの""とは一線を画しており、現在の"矢沢節"が伺える強烈なを発揮していた。 当時はフォーク界ではが脚光を浴びつつあったが、ロック界では""が収拾しておらず 、まだ日本語オリジナルのロックは一般的でなかった。 小学6年生の時にので初めてキャロルを観たというは、ステージングの衝撃は勿論、外国の翻訳曲と思っていた曲がレコードを買って、キャロルのオリジナル曲と分かって驚いたと話している。 は「矢沢永吉さんのキャロルが出て来て日本のロックシーンは変わりました。 デビュー曲の『ルイジアンナ』がラジオから流れた瞬間、日本語でもロックはいけるんだと震えました。 当時はめちゃめちゃなミキシングだと批判されていたけど、今聞くとすごく新しいし、昔はドラムの音が前面にくるサウンドがなかったので革命的でしたね」と述べている。 日本語はロックのリズムにのりにくいといわれてきて、にならのりやすい言葉などといわれてきたが、ロックにものせられることをキャロルが示した。 アメリカの軽快なロックンロールに日本のポップス・センスを加えたキャロルの日本語オリジナルは、それまでの""を完全に無意味なものにした。 意味よりも語感を重視したとのチャンポン詞は、さらに日本語を英語風に発音する矢沢の唱法で一種独特な和製ロックソングへと昇華されているが、この手法の考案こそが後の隆盛へと至る発火点であるとも論じられる。 日本語によるロックの確立がキャロル最大の功績といえる。 のギタリスト・は、「キャロルはいろんな意味で好対称だった。 彼らが明るいサウンドで、僕達は暗い。 彼らは解り易いものでアルバムを作り上げ、僕らは解りづらい。 いろんな意味でちょっと違うなあってとこはあったけど、でも彼らには持ち得ない、何かインテリジェンスのあるっていうか、そういう面があった所が救いだったかな。 それ以外は全て、わあ、いいなあって」などと述べている。 「」元編集長・恩藏茂は「はっぴいえんどは的なフォークの枠から出られずに苦しんでいたように思えた。 メッセージ性を帯びた歌詞が、どうしても字あまりになってロックのリズムに溶け込まないきらいがあった。 メンバーがそれぞれの能力を存分に発揮し始めたのは解散後のこと。 はっぴいえんどが必ずしも成功したとはいえない日本語ロックに一つの答えを出したのがキャロルと、だった。 メッセージ性を帯びた詞をビートにのせるのではなく、ビートにのる詞だけを、ときには脈絡なく繋ぎ合わせるやり方を、彼らは選んだ。 字あまりの部分には適当な英語、オーイェーとかベイビーとか単純な言葉を入れる。 キャロルはロックの歌詞に意味などいらない、と居直ることによって、徹底した思想性になさで成功した」などと論じている。 キャロルは、はっぴいえんどとは異なる手法の日本語ロックで成功した。 1975年の『』()で放送された「ヒストリー・オブ・キャロル」という番組で「英語日本語の入り混じった、まさにのロックンロールは瞬く間に若者の心を捉えた」と紹介された。 こうしたキャロルの日本語英語チャンポン歌詞の誕生については、デビュー曲「ルイジアンナ」は、最初は全編英語詞であったが、レコードが発売される直前になって、レコード会社から、英語詞では売れないから歌詞を日本語にしてほしい、との要請を受け日本語に変更したのが切っ掛け。 ジョニーは矢沢に「オレの曲に英語で詞をつけてよ」と頼まれ、初めて作詞を手掛けた。 この製作課程で最初のジョニーの100%英語歌詞を矢沢が「こんなのやりきれない」「ここ日本語に直してくれないか? 」とジョニーに言うから、急遽直したが、また矢沢が「どうしてもこの部分は日本語が乗らないな。 じゃあ、やさしい英語でもいいから残しておこう」とできたのが、あのチャンポン詞」「あの時代、作詞のできる俺を永ちゃんは離せなかったと思う」などとジョニーは話している。 矢沢は「あれを日本で発明したのはジョニー大倉だから、出さなきゃいけないと思うよ」「そこからヒントを得たがボロ儲けしてるんだから」と話したという。 「巻き舌唱法」は、日本ではキャロル時代の矢沢を始まりとして 、で一応の完成形となる 、、、など、"かきくけこ"を"きゃきぃきゅきぃぇきょ"と発音する現在のたちへと受け継がれたなどと論じられる。 は1977年の著書で「キャロルに代表される英語でも日本語でもないような、今の日本語的なロックの言葉」と解説し「キャロルの歌を聴いた時に、矢沢君の歌ってのは、日本語と英語がめちゃくちゃ入り混じっているわけでしょ。 その中に出てくる英語ってのは絶対アメリカ人の英語とは違うわけですよ。 それと、彼の歌っている日本語の歌い方というのが、又、非常におかしいんだ。 あれは完全に日本語とも言い切れないところがあるでしょう。 だからその辺の日本語と英語がチャンポンになっているっていうところでもって、伝統的な日本語のしゃべり方、あるいは日本語の歌の歌い方と違ってまったく新しいキャロル独特の音葉のリズムというものを獲得したんだという実感を初めて持ったんですよね」と述べている。 この他、デビュー曲「ルイジアンナ」は、プロデューサーのミッキー・カーチスがヨーロッパで学んだ最新の技術を駆使して当時としては革新的なサウンドを実現している。 キャロルは、それまで日本で認知されていなかったロックンロールを一般に広めると同時に、最新の録音技術を世に広めた。 ファッション [ ] べったりのに、というはになる。 これらは1950年代から1960年代にかけての頃に全盛を迎えたが、の時代に入ると的なファッションが主流となり、またビートルズの出現でヘアスタイルの革命が起こると、リーゼントは「終わった」といっていいところまで追いやられ、普通の若者のやることではなくなってしまった。 そうした背景のもとに突如としてその葬り去られたともいえる髪型で登場したのがキャロルだった。 この先祖返りのようなコンセプトは画期的なアイデアで 、それまでずーっと"ダサい"の極みだったリーゼントを、全く無名のアマチュアバンドが、数分のTV出演という、たったそれだけので、あっさりとトップモードに返り咲かせ、ロックといえば長髪という価値観を、みごと一瞬にしてひっくり返した。 当時、ロックはが表に出てくるものでなかったが、キャロルは不良に通じるビジュアルを持っていた。 若者向けのテレビ番組『リブ・ヤング! 』出演一発で人気が爆発した点も、ビジュアル面での高さを物語り、の未来を先取りしていたといえる。 こうしたキャロルのファッションは、メンバーの行きつけだったの「怪人二十面相」 を中心に話題となり、その後を中心に一世を風靡したロックンロールファッションの先駆けとなった。 「怪人二十面相」は、のち原宿にクリームソーダ王国を築く山崎眞行が最初に手掛けた店で キャロルが一度スペシャル・ライブ(1974年3月6日)を行ったことで当時最先端のライブハウスになった。 オールディーズの普及 [ ] 当時、とかでは、"ロックンロール・リバイバル"()が叫ばれていたが、日本で形として現したのはキャロルが最初。 キャロルのファーストアルバム『ルイジアンナ』(1973年3月25日発売)に収録された「」は、ロックンロールのであるが、当時はまだ、日本で知られていなかった。 キャロルがライブで当時この曲を演奏すると、キャロルのと思った人が多かった。 キャロルの演奏によって「ジョニー・B. グッド」は日本で最もメジャーなロックンロールとなった。 この曲はタイトルにジョニーと付いているため、以前からジョニー大倉が歌っていたという。 「ジョニー・B. グッド」だけでなく、キャロルのファーストアルバムに収録された英語曲の多くが、キャロルのオリジナルと勘違いされた。 の普及は、アメリカ映画『』の影響が大きいとされるが、同作が日本で公開されたのは、1974年12月21日である。 ヤンキー先駆け [ ] その現場に居合わせたは「あとになって考えてみればキャロルは図らずも『を開けてしまった』ということなのであろう。 つまり彼らの登場無かりせば、的体質というものが日本の音楽市場の中でここまで大きな意味をなさなかったろうと思うからである。 キャロルは、不良の生きるひとつの道としての音楽の可能性をあの"格好"と"音"でもって示唆してしまった」 「キャロル、そしてその後の矢沢永吉のスタイルは、のちにこの国のヤンキー文化に色濃く反映している。 リーゼントに革ジャンというスタイルは、のファッションやファッションとしても定着した」などと近田は解説している。 反逆児っぽいキャロルのクールかつ、ツッパリイメージは、暴走族などを気取る若者たちから絶大な支持を受けた。 当時"暴走族"は""など称された。 2008年頃から言われ始めた「力」「ヤンキーパワー」の解説に於いて キャロルはその歴史の始まりに持ってこられる場合が多い。 『』のヤンキー特集「ヤンキー40年史年表」では、「1972年、ロックバンド・キャロルがデビュー。 リーゼントの若者が急増」という記述からヤンキーの歴史が始まっている。 それまで不良の形は様々なものだったが、キャロルの登場によってイメージは統一化された。 リーゼントや革ジャン、、は一つの基本形になり、全国的に定着した。 キャロルはとりわけ暴走族から絶大な支持を集めた。 暴走族のヒーローと言われたのは 篠山紀信の撮った写真にメンバーがリーゼント、革ジャンでバイクに乗った物があり、それを真似る若者が増えたため。 彼らが暴走行為を始めたため、「キャロルが"暴走族"という言葉を作った」 「"暴走族"はキャロルが生み出したようなもの。 ぼくたちがデビューした当時、バイクを乗りまわす連中は""と呼ばれていて、彼らはみな、やを着てバイクに乗っていた。 それがキャロルの登場によって、キャロルの演奏にシビれたバイク乗りたちが、アロハやスウィングトップを脱ぎ捨て、キャロルのスタイルを真似てバイクを乗りまわすようになった。 このスタイルはたちまち全国に広がり、となって"暴走族"という言葉を生み出した」などとジョニーは話している。 キャロルの人気が出ると暴走族が護衛やステージサイドのガードをした。 但し、有名なでのキャロル解散ライブに於けるの護衛は、がを親衛隊にしてコンサートを行なったことに影響されて、矢沢がにをしたいと持ちかけたものである。 キャロルの舞台にはいつも暴力的な雰囲気が付きまとい、群がってくるファンの中にも、どことなくそれを期待する雰囲気があった。 実際にキャロルのコンサートでの血気盛んなファン同士のケンカ騒ぎがに報じられ 暴走族が集会するという理由で会場に公演を拒否される問題も起こったが、そうした話題性も評判を高めることに貢献した。 1973年、1974年当時は、日本全国の学校で暴力事件が多発し、暴走族も600チーム以上あった。 そんな時代の申し子のように、キャロルの音楽やファッションは若者の心を虜にした。 彼らの存在自体に若者の一つの価値観が見い出せた。 1974年3月、での演奏旅行から帰国後に始まった全国コンサートツアーで、ファンがエキサイトして、会場内で乱闘事件が続出し、社会問題に発展した。 コンサートに集まる若者の半分以上が若い男の子であったが、彼らの鬱積した肉体のエネルギーは、キャロルの演奏によって挑発された。 興奮しきった歯止めが利かず、ステージに上がり、メンバーに飛びかかり、抱きつき機材を壊し、客席のお客同士でケンカを始めた、1974年7月17日、・でのコンサートでは4000人のを遥かに超える7000人の聴衆が押し寄せ大混乱になる。 リーゼント・スタイルのオートバイ族とロック・ファンの長髪族とがケンカして、重傷者3名、軽傷者8名を出した。 このような暴力沙汰はマスコミにも取り上げられ社会問題となり、キャロルは段々会場となる公会堂を締め出されていった。 で誕生したキャロルは、から生まれたビートルズとオーバーラップさせて、さらに下層階級的成り上がりの美学を構築した。 勿論、これらの真実性に矢沢の生い立ちが不可欠であった。 キャロルのビート感やリズムの力強さは、矢沢の生きざまそのものであったのである。 影響 [ ] 1973年2月28日、「ロックンロール・カーニバル」に出演したキャロルを会場で観た・(当時)がキャロルに取り憑かれ、彼らに帯同してカメラを回し『キャロル』を制作した。 しかし放映の是非を巡ってNHK上層部と揉め、最終的に龍村と実質の製作者といわれた小野耕世がNHKを解雇された。 当時は『』など、外国のロックがようやく放送される時代になってはいたものの、NHKではロックに対してまだ保守的な姿勢を崩していなかった。 この事件は、三大新聞をはじめ、多くのマスコミに取り上げられ社会問題に発展したが キャロルがNHKである種のを受けたことは、若者たちの間で異常なほどの人気で迎えられる結果となった。 詳細は「」を参照 キャロルをスカウトしたミッキー・カーチスは「漠然とやりたいと思っていたものを目の前に見せつけられた感じだった」と述べている。 キャロル登場のは大きく、ロカビリー以来の活動歴を持つ内田裕也は、イベンターとしてミッキーと共同で1973年2月「日本ロックンロール振興会」を旗揚げして 、同月28日「ロックンロール・カーニバル」()を仕掛け、自らもロックンロールに回帰して「1815ロックンロールバンド」の活動を活発化させた。 キャロル以前はまだ"ロックンロール"という音楽が世間で認知されていなかった。 内田は『』1973年5月号のとの対談で「ぼくはロックってのは基本的にはロックンロールだと思うンですけどね」と発言している。 1973年夏には「1815ロックンロールバンド」やキャロルがとなった「ロックンロール・イン・サマー」というイベントが全国16ヶ所で開催されて、ロックンロールブームを決定づけた。 キャロル売り出しの際に・が関わり、でやらないとと提案し、矢沢から「日本一のに撮って欲しい」と頼まれ、デビュー間もない篠山紀信を紹介して、キャロルは大々的に売り出された。 ロックバンドが映像から入っていくといった手法で売り出されるというのも当時は珍しかった。 キャロルの影響で、1950年代のロックン・ロールを聴く暴走族のうち、に集まった暴走族の中から生まれたのがである。 クールスはキャロルがコンサート会場へ行き来する時に、バイクにまたがり、キャロルの乗る車の前後を護衛するかのように付き従い、そのうちクールス自体もバンド活動を始めたもので 、音楽的にはの影響を受けている。 は、1973年12月1日のデビューで、キャロルとは約一年遅れのデビューだが、キャロルが篠山紀信に写真を撮られ、大々的に売り出されたため、キャロルのと散々言われたとは話している。 宇崎はこの一年の差に悩まされ、宇崎らも最初は皮ジャンを着ていたが、やむなく皮ジャンでないものを探して、たまたま「」にいったという。 『』(1975年3月25日発売)が出るときにキャロルは華々しく解散。 宇崎は「矢沢永吉って人間には常に先に行かれたって気があった」と話している。 『スモーキン・ブギ』(1974年12月5日発売)が2位になった時、楽屋で一緒になるとキャロルの方は、シングルヒットがなかったことで「おタク達は泥臭くやって成功したね。 ウチらちょっとアカ抜けてたから」と矢沢に言われ「この野郎」と思った。 ドラマーの相原誠が元キャロルということもあったこともあり、お互い敵対視していたという。 矢沢のことを聞かれると「意識してないから」とツッパって来たが、実はズッと強く意識してきたとインタビューで述べている。 前述したように当時の日本のロック・ミュージシャンは、外国のロック・ミュージシャンの影響でみな長髪だった。 当時全国の中学・高校ではキャロルのがたくさん出現した。 キャロルは、ロック・リスナー層を拡大しただけでなく、プレイヤー人口の増加も促進した。 ~~~ ~らに至るツッパリ系ロックン・ロールバンドのルーツである。 また、は、音楽的にはクールスの流れを汲むもの。 は1972年に、たまたま買い物に行ったの屋上であったキャロルのライブを観ていて、そこに居たに声をかけてプロになった。 キャロルの影響を受けたミュージシャン、は数多いが、ミュージシャンでは、、、、、、、、らが有名である。 藤井と横山は、少年期に初めてキャロルを観て、藤井「心をレイプされた」、横山「矢沢永吉がに見えた」などと大きな衝撃を受けたと話している。 藤井は2003年に全曲キャロルの楽曲をカバーしたアルバム『MY CAROL』をリリースし、「自分のボーカルは、俺独自に作り出したニュアンスだと思っていたけど、矢沢さんとジョニーさんの合体だったんだとわかった」と話している。 ディスコグラフィー [ ]• 明記が無い場合基本的にレコード。 ほとんどの作詞は大倉洋一、作曲は矢沢永吉。 ルイジアンナ/最後の恋人(FS-1732 1972年12月20日)• ヘイ・タクシー/恋の救急車 (FS-1733 1月25日)• やりきれない気持ち シングルバージョン /ホープ (FS-1736 1973年2月25日)• A面はアルバム収録とは別テイク。 レディ・セブンティーン/愛の叫び (FS-1741 1973年3月25日)• 彼女は彼のもの/憎いあの娘 (FS-1747 1973年4月25日)• 0時5分の最終列車/二人だけ (FS-1752 1973年5月25日)• /コーヒー・ショップの女の娘(FS-1755 1973年6月25日)• 涙のテディ・ボーイ/番格ロックのテーマ(FS-1774 2月5日)• 「涙のテディ・ボーイ」の作詞・作曲は矢沢永吉。 夏の終り/泣いてるあの娘(FS-1797 1974年7月25日)• 「夏の終り」の作詞・作曲は矢沢永吉。 「泣いてるあの娘」は内海利勝の作詞・作曲で、彼がリードボーカルを取っている。 ラストチャンス/変わりえぬ愛(FS-1807 1974年12月20日) 再発売シングル [ ]• ルイジアンナ/涙のテディー・ボーイ/ファンキー・モンキー・ベイビー/番格ロックのテーマ 1975. ラストチャンス/やりきれない気持ち/夏の終わり/レディ・セブンティーン 1975. ルイジアンナ/ホープ/ミスターギブソン 1975. ヘイ・タクシー/いとしのダーリン/番格ロックのテーマ 1975. ファンキー・モンキー・ベイビー/コーヒー・ショップの女の娘/ジョニー・B・グッド 1975. ハニー・エンジェル/憎いあの娘/恋する涙 1975. レディ・セブンティーン/恋の救急車/ハニー・エンジェル 1975. 涙のテディ・ボーイ/愛の叫び/彼女は彼のもの 1975. 涙のテディ・ボーイ/彼女は彼のもの 1976. 夏の終わり/ラストチャンス 1976. やりきれない気持ち/0時5分の最終列車 1976. ルイジアンナ/ヘイ・タクシー 1976. ファンキー・モンキー・ベイビー/レディ・セブンティーン 1976. ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ 1979. 夏の終わり/涙のテディー・ボーイ 1979. ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ 1979. 25 アルバム [ ] スタジオ・アルバム• 『ルイジアンナ』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8056、1973年3月25日)• A面 ルイジアンナ/ヘイ・タクシー/ やりきれない気持 アルバムバージョン /ホープ/恋の救急車/最後の恋人• B面 グッド・オールド・ロックン・ロール/メンフィス・テネシー/ワン・ナイト/トゥティー・フルティー/ジョニー・B・グッド/カンサス・シティー• 「やりきれない気持ち」「ホープ」「ワン・ナイト」のドラムは相原誠。 『ファンキー・モンキー・ベイビー』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8066、1973年7月25日)• A面 ファンキー・モンキー・ベイビー/憎いあの娘/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/ 恋する涙/二人だけ• B面 愛の叫び/ ハニー・エンジェル/ いとしのダーリン/彼女は彼のもの/ ミスター・ギブソン/0時5分の最終列車• 『キャロル・ファースト』(日本フォノグラム/フィリップス FX-8095、1974年7月25日)• A面 CAROL 子供達に夢を /ヘイ・ママ・ロックン・ロール/夢の中だけ/素敵な天使/カモン・ベイビー/甘い日々• B面 ズッコケ娘/ふられた男/娘 クーニャン /ビブロス・ピープル/雨のしずく/悪魔の贈り物/CAROL 子供達に夢を• 9th singleと同時リリース。 A面はB面の「CAROL 子供達に夢を 」は同テイク。 「カモン・ベイビー」「甘い日々」「ズッコケ娘」「CAROL 子供達に夢を 」の作詞・作曲は矢沢永吉。 ライブ・アルバム• 1973年10月23日にフジテレビ第一スタジオにて収録。 カセットとレコードでは収録内容が異なる。 LP A面 ヘイ・タクシー/最後の恋人/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/憎いあの娘/ファンキー・モンキー・ベイビー• LP B面 彼女は彼のもの/やりきれない気持/愛の叫び/ルイジアンナ/恋の救急車/ジョニー・B・グッド• カセット A面 ヘイ・タクシー/最後の恋人/レディ・セブンティーン/コーヒー・ショップの女の娘/憎いあの娘/彼女は彼のもの/やりきれない気持/愛の叫び/恋の救急車/ファンキー・モンキー・ベイビー• カセット B面 ルイジアンナ/グッド・オールド・ロックン・ロール/スロー・ダウン/メンフィス・テネシー/ユーブ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー/ヒッピー・ヒッピー・シェイク/トゥティー・フルティー/ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン/ジョニー・B・グッド• 『燃えつきる - キャロル・ラスト・ライヴ!! 1975. 』(日本フォノグラム/フィリップス FS-9001~2、1975年5月15日)• 1975年4月13日、東京日比谷野外音楽堂での解散コンサートを収録• A面 ファンキー・モンキー・ベイビー/憎いあの娘/グッド・オールド・ロックン・ロール/メンフィス・テネシー/涙のテディ・ボーイ/やりきれない気持/変わり得ぬ愛• B面 ビブロス・ピープル/ユーブ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー/愛の叫び/ヘイ・ママ・ロックン・ロール• C面 ヘイ・タクシー/夏の終り/ ゲスト紹介 /ジョニー・B・グッド/ズッコケ娘~スロー・ダウン/ルイジアンナ• D面 エニタイム・ウーマン/ファンキー・モンキー・ベイビー/ラスト・チャンス 再発売アルバム• 『アプローズ・デラックス・パック』 (日本フォノグラム/フィリップス、1973年11月25日) 1stアルバムと2ndアルバムの全ての音源を合わせたもの。 LP2枚組のBOX仕様。 『アーリー・キャロル』 (日本フォノグラム/フィリップス、1975年9月25日) 上記『アプローズ・デラックス・パック』を更に再発売したもの。 LP2枚組。 BOX仕様ではない。 コンピレーション・アルバム• 『キャロル・ゴールデン・ ヒッツ』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-3 1974年12月25日 16曲) 「やりきれない気持ち」はシングルバージョン。 『GOOD-BYE CAROL』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-9 1975年4月5日) 最後のスタジオ録音音源の「 緊急電話」を初収録し、他にデモカセット音源、英語テイク、日大講堂でのライヴ音源 B面 3~6 等を収録したドキュメンタリーアルバム。 『キャロル・ゴールデン・ ヒッツ・マークII』(日本フォノグラム/フィリップス 20Y-16 5月25日 16曲) 「グッド・オールド・ロックン・ロール」「トゥティー・フルティー」「ワン・ナイト」の3曲はオリジナルと別テイク。 『INTRODUCING CAROL』(日本フォノグラム/フィリップス 6月10日) プロモーション用音源を流用。 「やりきれない気持」「恋の救急車」はオリジナルとは別ミックス。 B面は音楽業界者のインタビュー。 『キャロル・ゴールデン・ ヒット』(日本フォノグラム/フィリップス 1979年6月25日 20曲) ヒッ ツではなくヒッ トだが、英語表記はHITS。 1974年にリリースしたベストに「ミスター・ギブソン」「コーヒー・ショップの女の娘」「最後の恋人」「二人だけ」の4曲を追加。 『キャロル・ゴールデン・ ヒット・マークII』(日本フォノグラム/フィリップス 1979年10月25日 20曲) ヒッ ツではなくヒッ トだが、英語表記はHITS。 1976年にリリースしたベストに「ふられた男」「トゥティ・フルティー」「甘い日々」「雨のしずく」の4曲を追加。 「グッド・オールド・ロックン・ロール」「トゥティー・フルティー」「ワン・ナイト」の3曲はオリジナルと別テイク。 『ラスト・チャンス ~キャロル・レア・トラックス』(日本フォノグラム/フィリップス PHCL-3032 11月26日) オリジナルアルバムに未収録だったシングルテイク 1~6 に、最後のスタジオ録音「緊急電話」 7 、更に1973年リリースのライブ盤でカセット盤のみに収録だった音源 8~14 を1枚に収録。 『』(ユニバーサルJ、UMCK-4048、CD、2003年1月31日) カバーアルバム [ ]• 『TEN YEARS AGO』(矢沢永吉)(1985)• セルフカバーアルバム• 『朝まで踊ろう悲しきテディ・ボーイ』()(1992)• 『MY CAROL』()(2003)• 『CAROL TRIBUTE』()(2003) 映像作品 [ ] ビデオ [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ(日本フォノグラム PV13-1 3月19日、Editor:Toshio Ikeda)• TV放送された「グッドバイ・キャロル」から編集され、「涙のテディー・ボーイ」「やりきれない気持ち」を追加収録。 演奏曲の音源をモノラルからステレオに差し替え。 メンバー4人と観客へのインタビューは1部カットされ、のへのインタビュー(も含む)は全カット。 4月5日、マーキュリー・ミュージックエンタテインメントより再発(VHS PHVL-2501) レーザーディスク [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ( 78L-1 1984年4月13日)• 6月5日、日本フォノグラムより再発(LD PHLL-3801) DVD [ ]• 燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ(ユニバーサルミュージック DVD UMBK-1524 2003年1月22日)• ボーナストラックとして、テレビ神奈川『』出演時の「ファンキー・モンキー・ベイビー」、「憎いあの娘」を収録。 テレビ出演 [ ]• リブ・ヤング(1972年10月1日、)• テレビ初出演。 私の作った番組 の激情No. 1(1973年1月25日、)• NHKドキュメント キャロル(1973年10月20日、 監督:)• (1974年10月9日、)• 第2話「キャロル知らないやつはおくれてる」ゲスト出演• 特番 グッドバイ・キャロル(1975年7月12日、TBS)• 放送前は本編約51分だったが、TBS側の指示により約47分に編集された。 技術:、プロデューサー:・、ディレクター:、制作協力: 書籍及び楽譜 [ ]• 全掲載写真撮影:• キャロル『暴力青春 キャロル・最後の言葉』、1975年。 映画 [ ]• (1973年9月25日公開、監督:・制作:)• ゲスト出演• ジョニーの著書『キャロル 夜明け前』では、ジョニーは「誰がリーダーか取り決めはしてなかった。 永ちゃんも、オレがリーダーだと自己主張することはなかった」「『』に出演してプロとして契約する際に矢沢が交渉窓口として動いた時から、矢沢がリーダーだと認知された」。 「デビュー曲『ルイジアンナ』の中に、の変更を提案したら、矢沢が『いいか、だれにもオレの曲はいじらせねえ。 だれにもだ!』などと激怒し以降、自分も矢沢の機嫌をうかがい、気を遣わなければいけない立場になってしまった。 他のメンバーも、矢沢の態度に大きなショックを受けた。 この一件で矢沢のキャロルの中での立場が決定的なものになった」などと述べている。 若かったキャロルのメンバーが成功の夢を語り合ったのが、ジョニーの母親が営むの。 ジョニーをバンドに入れるため、ジョニーの母親に矢沢は「俺きっとでかくなるよ。 ジョニーだって俺と同じ位才能あるし、ジョニーに金掴ませてみせるから! 」と口説いたといわれる。 有名な「オレの夢は、ピッカピカのに乗って、100メートル先のタバコ屋にを買いに行くことなんだ」は、当時から周りに吹いていた矢沢語録であった。 広島で苦労して育ち、「大金を掴んで社会に勝つんだ」と成功哲学を説く矢沢に対して、ジョニーは音楽が商売になるんてとても思えなかったという。 何もないところから全部生み出すような強烈なエネルギー。 「とても敵わないと思わせる強さが矢沢さんにはあった」とジョニーは話している。 ジョニーは著書『キャロル 夜明け前』で、これを思いついたのはキャロル結成の直前。 「ハンブルク時代のビートルズは、彼らが貧しく無名で、ただ情熱だけでひたすら突っ走った時期であり、同時にバンドとして脱皮し、その真価を発揮した時期でもある。 この時期の彼らが発する張り裂けんばかりのエネルギーは、革ジャンにリーゼントというスタイルによって、見事に体現されていた。 これだ、と思った」と書いている。 矢沢はキャロルのアマチュア時代には、他のメンバーにも自身のオリジナル曲を披露しようとしなかった。 オリジナル曲を他のメンバーに聴かせたのはプロデビューが決まってからである。 これはパクられるのを恐れたか、或いは実際には100曲はなく、ただのハッタリだったかは分からない。 いずれにしろ、矢沢はこの頃から既に将来の成功戦略へプランを練っていたものと考えられる。 ジュニー自身も「俺は半端だった。 結構慎重派だから、色々まとめてからという思いがあったが、知らない間にキャロルが爆発してしまった」「そしたらやっぱり永ちゃんのド根性の方が強いよ、そりゃ」など、矢沢の強力なリーダーシップに付いていくしかなかったという内容の話をしている。 内田は「先生、僕らを男にして下さい」とキャロルから頼まれて、内田もそのつもりで根回しをやっていたら、ミッキーのプロデュースでレコード会社を決めたといわれ、もう一回ミーティングしたら「やっぱり先生とやらしていただきます」「わかった」となったが、また話が変わったので、オレが切れて「ナメんじゃねえ! 」と矢沢をぶっ飛ばしたら、矢沢がパッとして「自分が悪いから、もう一発お願いします」と言ってきた、こいつはスターになると思ったと話している。 矢沢は嫌いじゃない。 憎めないヤツと話す反面、吉田豪のインタビューでは、矢沢の批判ばかりしていたといい、現在も内田の話に矢沢がよく出てくるため、内田の矢沢への思いは、ジョニーの矢沢への思いと同様に愛憎半ばするものと考えられる。 矢沢の自伝『成りあがり』には内田の記述は全くない。 いなかったことになっている。 ジョニーの著書『キャロル 夜明け前」では、「内田の誘いはミッキーほど具体的でなかったらしい」と話し、矢沢とミッキー、内田との間にどのような話があったのか知らない様子である。 通常2年程度の専属契約をキャロルは4年で(日本フォノグラム)と結ばされていて、キャロルメンバーは最低の率だった。 キャロルが売れれば売れるほどレコード会社とミッキーにプロデュース印税が増えていく仕組みだった。 キャロル解散後もこの契約が残り、フォノグラムから千数百万の違約金を請求され、矢沢は単身、に行って移籍の契約をまとめ、CBSソニーから借金をしてでフォノグラムに違約金を払った。 「日本フォノグラムは、アーティストとしてオレの気持ちを無視してきた」。 「オリジナルアルバムは三枚しかないのに、キャロルの承諾もなしに曲順を変えて、タイトルを変えて、ジャケットを変えて、さもニューアルバムのように見せかけて新しいアルバムを作ってきた。 そんなイカサマ商売をしてきた。 何度も『イメージが悪くなるからやめてくれ』と言っても『おまえらにいわれる筋合いはない』と無視してきた。 オレは日本フォノグラムは絶対に許さない」 などと矢沢は述べている。 ジョニーは「どういう戦術かは俺には分からないが、矢沢がミッキーを解雇した」「矢沢は、いいかジョニー。 こういうヤツは切った方がいいんだとよく言ってた。 いっつも俺は首ひねってたね」「地方で矢沢とが言い合ってたこともあった」などと話している。 相原の落胆は酷く、これを聞かされたジョニー、内海は大人社会の冷淡さに耐え切れず、相原、ジョニー、内海の三人はで一晩中飲み明かし、夜明けの路上で寝転がり、泣き、喚き、を吐いた。 この放送で無かった「涙のテディー・ボーイ」「やりきれない気持ち」を追加した物が後にビデオとレーザーディスクで発売。 初の作詞曲は後に日本語に書き直したサードシングル「やりきれない気持ち」。 1974年監督の映画『キャロル』にとともに製作に携わる。 1975年『ヤング・インパルス』()「ヒストリー・オブ・キャロル」での言及。 龍村は『キャロル』プログラム・ブック「アートシアター」第110号 1974年6月22日発行)「映画『キャロル』演出ノート」、及び著書『キャロル闘争宣言』で、キャロルとの最初の衝撃を「はじめてキャロルを見て、全身の皮膚が一瞬に鳥肌だってくるのを覚えた。 胸がドキドキしてじっと座っていられなくて、座席から立ち上がってウロウロした。 体中に激しい怒りの感情がわきおこり手当たりしだいにブチ壊したい衝動に駆られた。 恥ずかしいところだけど涙が出てきた。 キャロルが去って、内田裕也が國学院応援団とともに登場したとき、私と同年輩の男・内田裕也の演奏を聞くにしのびない思いがして会場を出た」と記している。 「龍村は、キャロルよりずっと先輩の日本のロックンローラー内田裕也が、キャロルには(あるいは矢沢永吉には)なれないこと、なれなかったことを、瞬時に見てしまったのである、あるいは、そう直感させるものを、登場した瞬間にキャロルが示してしまったのである」とは論じている。 ミッキーは「昔、オレ達がやってた時は、楽器ひけるヤツも少なかったし、英語はメチャクチャ、かっこばかりのロックン・ローラーだったけど、キャロルは違うんだ。 曲は全部自分達で書くし、楽器はやるし、何といってもリズムのノリが違うよ。 日本もここまできたのかと正直、驚いているんだ」と小野耕世に話していたという。 出典 [ ]• 、151-152頁• 、170-174頁• 2020年3月4日閲覧。 ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年3月4日閲覧。 sound. 2020年3月4日閲覧。 、182-183頁• 、キャロル年譜234頁• 、72-76頁• 、77-80頁• 、70-71頁• 、138頁• 、、、、• 、70-71頁• 、96頁• 、254-257頁• 、133頁• 、69頁• 、208頁• 、120頁• 、187頁• 、118-119頁• 、218頁• 、208頁• 、124-130頁• 、201頁• 、272、280頁• 、235、257頁• 、28頁• 、28頁• 、107頁• 、182-183頁• 、206頁• 、197頁• 、29-31頁• 、181-182頁• 、182-197頁• 、219頁• 、53-54頁• 、253-2頁• 、251-252頁• 、58、138頁• 、38頁• 、80頁• 、222-226頁• 、144-146頁• 、42-43頁• 読売新聞 2014年11月27日• 日刊スポーツ 2014年11月27日• 『内海利勝 現代と調和するブルース・ギター』(ギターマガジン 2019年2月号 pp212 - 217)• sponichi annex 2014年1月8日. 2019年1月17日閲覧。 、27頁• 、174-175頁• 、54頁• 、198-199頁• 2014年5月24日号 193ページ「70年代の唄に会いに行く: 日本がいちばん輝いていた時代」• 、143、168頁• 恩藏茂『FM雑誌と僕らの80年代 「FMステーション」青春記』、2009年、42-43頁。 、116頁• 、162-163頁• 、196頁• 、121頁• 、137-138頁• 、137-138頁• 、211-212頁• 、616-618頁• 、、、• 、228-233頁(文・近田春夫)• 、16-23頁• 、51-189頁• 、187-189頁• 、122頁• 、82頁「私の地図 」• 、129-131頁• 、207-220頁• 、38頁• 、142-143頁• 、51頁• 、111頁• 、125頁• 1993年にTHE虎舞竜に改名。 、240頁• 、、、• 、90-91頁• 、190-194頁• 参考文献 [ ]• 『』1974年3月29日号、。 『フォーク対談集』アロー出版社、1974年。 『キャロル闘争宣言 ロックンロールテレビジョン論』田畑書店、1975年。 矢沢永吉『成りあがり』、1978年。 (、、1980年)• 『フォークって何だ』、1979年。 『赤き獅子の伝説』ペップ出版、1979年。 富沢一誠『青春のバイブル』、1983年。 『話は映画ではじまった Part1 男編』、1984年。 大川俊昭・『定本はっぴいえんど』、1986年。 月刊オンステージ『日本ロック大系〈上〉』、1990年。 『別冊太陽 日本のロック 50's~90's』、1993年。 『一九七〇音楽人百科』、1994年。 矢沢永吉『矢沢永吉写真集 「19490914」THE LIFE OF EIKICHI YAZAWA』、1995年。 田口史人・・『ラヴ・ジェネレーション 1966-1979』〈ONTOMO MOOK〉、2000年。 矢沢永吉『アー・ユー・ハッピー? 』、2001年。 『ロックミュージックの社会学』、2001年。 Jロック&ポップスCD名盤ガイド編集委員会『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』、2001年。 「永ちゃん、クワタ、クレイジーケン ロックと歌謡曲のはざまで..... 」『音楽誌が書かないJポップ批評21』〈 771〉、2003年。 『キャロル 夜明け前』、2003年。 ミュージックプレス『河村隆一 対談集』、2003年。 『人間コク宝』、2004年。 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 Vol. 1』、2005年。 「キャロルの時代」『団塊パンチ1~5号』、2006年。 鈴木創『音魂大全 史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア』、2006年。 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』、2007年。 『Jポップを創ったアルバム 1966~1995』、2008年。 『ヤンキー文化論序説』、2009年。 『』2009年8月10日号、。 ジョニー大倉『キャロル 夜明け前 第2章』青志社、2010年。 越谷政義『ジャパニーズ・ロック・インタビュー集 時代を築いた20人の言葉』TOブックス、2010年。 本橋信宏『60年代 郷愁の東京』、2010年。 『 別冊002 日本革命ロックガイド 1960-2010』、2011年。 『』2013年3月9日号、講談社。 「横山剣インタビュー」『週刊現代』2013年6月1日号、講談社。

次の