ハヴィガースト 老年 期。 福祉まめ知識|ハヴィガーストの発達段階説

ハヴィガーストの発達理論 人の6つの発達課題とは?

ハヴィガースト 老年 期

かつては尊敬の対象であった老人たちが、最近では暴力事件、トラブルを引き起こすことが増えているという。 高齢者の暴行検挙数(警察庁調べ)は1994年の67人から2013年は3048人に増えた。 以前は少年犯罪だった万引きの検挙者数は、13年はシニアが2万7953人と少年の1万6760人を上回った。 (J-cast) ベビーカーに乗った老人が子供を殴る、という事件が昨年大きく取り上げられたが、それに類似した事件を耳にすることも多い。 もちろん高齢者が増えているので、必然的に高齢者の犯罪も増える事になるのだが、暴行で検挙される老人が20年で50倍近くにもなっていることは異常だ。 この背景にあるのは「老人の地位の低下」がある。 尊敬もされず、友もなく、孤独。 そんな絶望感が、彼らを極端な行為に走らせる。 犯罪に走る背景を探っていくと、「生きる意味も生き甲斐も失った」と漏らし、心の空白を窺わせる高齢者が多いという。 (ポストセブン) お年寄りを尊敬すべきだろうか?という質問に対して、まわりの人々の一番多い回答は「その人が尊敬すべき人格なら」だ。 もはや歳をとっている、というだけでは尊敬されることはない。 老人のもつ知識は陳腐化し、経験は現状にそぐわない。 年寄りは増え、長寿はもはや珍しくない。 では、我々はどうすべきだろうか。 本質的に、自分が年寄りであることを素直に受け入れるのは難しい。 少なくとも60代では、「『敬老の日』は自分たち向けではない」と考えている人の方が多そうだ。 実際に、「気持ちの上で自身が認識している年齢」を聞くと、「1~5歳/6~10歳若い」という回答が大部分を占める結果となった。 (ダイヤモンド・オンライン) 「アンチエイジング」という言葉が流行ったことからも、加齢は抵抗すべきもの、若さは保たれなければならないもの、とするひとが多いのかもしれない。 だが、加齢に抵抗しても幸せは生まれない。 人はだれでも、いずれは年寄りであることをうまく受け入れなければならない。 そこにはいくつか乗り越えなければならない壁がある。 アメリカの教育学者・ハヴィガーストが提唱した「発達課題」において、老年期には以下の6つの課題がある。 特に会社人間、つまり自分の会社以外の世界を殆ど知らない人は、地域社会へ適合することに苦労する。 40歳ともなれば、もう20年仕事をしてきたのだから、自分が「稼げるやつかどうか」は嫌でもわかる。 「稼げないので不安だ」という声もよく分かる。 だが、老後の幸せを決めるのは金の多寡ではなく、「友達」「趣味」「共有」「家族」などの人同士の関係性だ。 「あまりに強欲で家族から見捨てられた老人」 「働いていた頃の権勢が忘れられず、地域コミュニティに溶け込めない老人」 「引退と同時に配偶者から離婚をつきつけられた老人」 彼らは必ずしも裕福ではない。 僅かな年金を当てにして暮らしている。 だが、様々な方の話を聞くと、彼らの本質的な悩みは金よりも「余った時間をどう過ごすか」と「人間関係」にあることがよく分かる。 連帯は貧乏を癒やすが、孤独は金では癒やされない。 孤独のが遥かに問題なのだ。 その状況を踏まえると、40歳ごろから「老人になる準備」はしておいたほうが良いのではないかと感じる。 そして、今後は中高年に対する「会社以外の世界を提供する」「サラリーマンを引退した後の商売を助ける」「多様性の受け入れを促進する」「地域社会への参加をうながす」などのビジネスが出てくるだろう。 これからは「尊敬もされず、友もない孤独な老人」がますます増える。 その時に果たして我々はそのような人々をうまく受け止めることはできるのだろうか。 そう思うと、暴力事件を引き起こす老人に憐憫の情が湧く。 明日は我が身なのだ。

次の

ハヴィガーストの老年期の発達課題について 補足ハヴィガース...

ハヴィガースト 老年 期

ハヴィガースト(Havighurst, 1953)は、個人が健全な発達を遂げるために、発達のそれぞれの時期で果たさなければならない課題を設定し、それら 発達課題(developmental task)について次のように述べている。 「発達課題とは、人生のそれぞれの時期に生ずる課題で、それを達成すればその人は幸福になり、次の発達段階の課題の達成も容易になるが、失敗した場合はその人は不幸になり、社会から承認されず、次の発達段階の課題を成し遂げるのも困難となる課題である」 各課題は、歩行の学習のような身体的成熟から生ずるもの、読みの学習や社会的に責任ある行動をとることの学習のような社会からの文化的要請により生ずるもの、職業の選択や準備、価値の尺度などのような個人の価値や希望から生ずるものなどからなっている。 しかし、多くの場合、これら3つのすべてが関係している。 1.乳幼児期• 1 歩行の学習• 2 固形の食物をとることの学習• 3 話すことの学習• 4 大小便の排泄を統御することの学習(排泄習慣の自立)• 5 性の相違及び性の慎みの学習• 6 生理的安定の獲得• 7 社会や事物についての単純な概念形成• 8 両親、兄弟及び他人に自己を情緒的に結びつけることの学習• 9 正・不正を区別することの学習と良心を発達させること 2.児童期• 1 普通のゲーム(ボール遊び、水泳など)に必要な身体的技能の学習• 2 成長する生活体としての自己に対する健全な態度の養成• 3 同年齢の友達と仲良くすることの学習• 4 男子または女子としての正しい役割の学習• 5 読み、書き、計算の基礎的技能を発達させること• 6 日常生活に必要な概念を発達させること• 7 良心、道徳性、価値の尺度を発達させること(内面的な道徳の支配、道徳律に対する尊敬、合理的価値判断力を発達させること)• 8 人格の独立性を達成すること(自立的な人間形成)• 9 社会的集団ならびに諸機関に対する態度を発達させること(民主的な社会的態度の発達) 3.青年期• 1 同年齢の男女両性との洗練された新しい関係• 2 自己の身体構造を理解し、男性または女性としての役割を理解すること• 3 両親や他の大人からの情緒的独立• 4 経済的独立に関する自信の確立• 5 職業の選択及び準備• 6 結婚と家庭生活の準備• 7 市民的資質に必要な知的技能と概念を発達させること(法律、政治機構、経済学、地理学、人間性、あるいは社会制度などの知識、民主主義の問題を処理するために必要な言語と合理的思考を発達させること)• 8 社会的に責任のある行動を求め、かつ成し遂げること• 9 行動の指針としての価値や論理の体系の学習、適切な科学的世界像と調和した良心的価値の確立(実現しうる価値体系をつくる。 自己の世界観を持ち、他人と調和しつつ自分の価値体系を守る) 4.壮年初期• 1 配偶者の選択• 2 結婚相手との生活の学習• 3 家庭生活の出発(第一子をもうけること)• 4 子どもの養育• 5 家庭の管理• 6 就職• 7 市民的責任の負担(家庭外の社会集団の福祉のために責任を負うこと)• 8 適切な社会集団の発見 5.中年期• 1 大人としての市民的社会的責任の達成• 2 一定の経済的生活水準の確立と維持• 3 十代の子どもたちが、信頼できる幸福な大人になれるよう援助すること• 4 大人の余暇活動を充実すること• 5 自分と自分の配偶者をひとりの人間として結びつけること• 6 中年期の生理的変化を理解し、これに適応すること• 7 老年の両親への適応 6.老年期• 1 肉体的な強さと健康の衰退に適応すること• 2 隠退と減少した収入に適応すること• 3 配偶者の死に適応すること• 4 自分と同年輩の老人たちと明るい親密な関係を確立すること•

次の

40歳になり「尊敬もされず、友達もない孤独な老人」に思いを馳せる。

ハヴィガースト 老年 期

人の発達については多くの学者が研究結果を発表していますが、その内容は様々です。 アメリカの心理学者ロバート・J・ハヴィガーストは、人が健全な発達を遂げるためには、発達のそれぞれの段階において果たす必要のある課題があると考え、各段階の発達段階を設定しました。 ハヴィガーストの考え方は、心理学や教育学の分野で大きな影響を与えており、その知見には、知育を学習・実践する上でも参考になるものがたくさんあります。 この記事では、ハヴィガーストの発達課題について紹介します。 ハヴィガーストの発達段階理論における発達課題 ハヴィガーストは、発達の各段階における課題(発達課題)について、「人生の各時期に生じる課題で、達成すれば幸福になり、次の段階の課題も達成しやすくなるが、失敗すると不幸になり、社会から認められず、次の発達の課題達成が困難になるもの。 」と説明しています。 ハヴィガーストの発達課題の分類 ハヴィガーストの発達課題における課題は、次の3つに分類されます。 身体的な成熟から生じるもの:一人歩き、体力向上、性的成熟など• 社会・文化・時代の要請や圧力から生じるもの:学力向上(読み書き計算の習得など)、社会のルールの学習、ジェンダーの獲得、経済的な自立など• 個人の価値観や欲求から生じるもの:進路・職業・伴侶選択、人生観・価値観の獲得など 通常、3つの分類は互いに関係しあっていると考えられています。 ハヴィガーストの提唱した発達段階 ハヴィガーストが提唱した発達段階は、次の6つです。 乳幼児期• 児童期• 青年期• 壮年期• 中年期• 老年期 この6つの描く発達段階について、それぞれ獲得すべき発達課題を設定しています。 ハヴィガーストの発達課題の具体例:乳幼児• 「歩く(歩行)」、「食べる(食事)」、「話す(会話)」、「排泄コントロール」の学習• 性の相違と性の慎みの学習• 生理的安定の獲得• 社会や物事に関する単純な概念の形成• パパママ、きょうだい、他人と自分を情緒的に結び付けることの学習• 基本的な善悪の区別の学習 ハヴィガーストの発達課題の具体例:児童期• 読み書き計算といった基礎学力の習得• 遊びに必要な身体技能の習得• 日常生活に必要な道徳や道徳性の習得• 社会生活や社会生活への健全な態度の獲得• 規則正しい生活態度の確立• パパママや他人と自分を区別して人格の独立を達成すること• 同年齢集団のともだちと仲良くすることの学習 ハヴィガーストの発達課題の具体例:青年期• 自分の身体に誇りを持つもしくは寛容になり、社会的に承認される男性もしくは女性の役割を受け入れること• 同世代の他人を大人の男性もしくは女性として認識し、年齢相応の関係を築くこと• 親や他人に対する依存から抜け出して情緒的に独立すること• 経済的に自立できる自信を持つこと• 職業選択もしくは職業選択の準備をすること• 社会の一員として必要な知的能力や概念を年齢相応に発達させること• 社会の一員として自覚を持ち、責任のある行動をとること• 結婚して家庭を持つことに積極的になり、準備をすること• 行動の規範となるような倫理観や価値観を持つこと ハヴィガーストの発達課題の具体例:壮年期• 結婚相手(配偶者)の選択• 結婚相手との生活を学習すること• 子供をもうけて、親子の家庭生活を学習すること• 子供の養育• 家庭の維持・管理• 社会人としての自覚と責任を持つこと• 適切な社会集団を見つけ出すこと ハヴィガーストの発達課題の具体例:中年期 一人の大人として、市民的、社会的な責任を果たすこと 一定の経済的生活水準を築いて維持すること 10代の子供の援助 自分や家族の余暇を充実させること 結婚相手と自分を一人の人間として結びつけること 中年期以降の生理的変化(老い)を受け入れて適応すること 老年期の親を援助する生活に適応すること ハヴィガーストの発達課題の具体例:老年期• 体力の低下や健康の衰えに適応すること• 生活水準の低下に適応すること• 結婚相手との死別に適応すること• 同年代の老人と前向きで親密な関係を築くこと• 知識と経験で若い世代を援助すること• 死の受容と死への準備 老年期は、能力の低下や死と向き合いながら、それらと折り合いをつけながら生活する時期と言うこともできます。 まとめ ハヴィガーストの発達課題について紹介しました。 発達課題を初めて提唱したのはハヴィガーストだと言われており、彼の研究結果は、その後、心理社会的発達理論を提唱するエリクソンなど有名な学者に大きな影響を与えています。 人の発達を学ぶ上での基礎知識の一つですし、育児のあり方や方向性考える上でも役立つものです。 日々の育児の中で常に意識というのは現実的ではありませんが、子供の成長発達に違和感や不安を覚えた時や、育児の方向性に悩んだ時に思い出してみると、色々な発見をもたらしてくれることがあります。 エリクソンの発達課題については、関連記事で詳しく紹介しています。 興味のある人は、読んでみてください。 関連記事 ikujilog.

次の