左 下腹 痛い 女。 おなかのどの辺が痛いですか?痛みの位置で原因がわかるかも。

下腹部の痛み:男性や女性の痛みや左右の痛みについて

左 下腹 痛い 女

産婦人科専門医。 2001年、東海大学医学部卒業。 神奈川県内の病院で産婦人科医としての経験を積み、現在は厚木市の塩塚産婦人科勤務。 3児の母。 「なんでも気軽に相談できる地元の医師」を目指して日々診療を行っ... 下腹部にチクチクするような痛みやひきつるような感覚が現れたことはありませんか?いつもの生理痛と少し違うと思ったら「卵巣痛」の可能性があります。 今回は卵巣の痛みの原因や、生理前後で現れる痛みによる違いなどをご説明します。 卵巣の痛みは、生理痛とは違う? 毎月の生理に伴う痛みは、子宮が経血の排出を促すために収縮することで現れるものです。 痛みの強さは個人差がありますが、主に下腹部がドーンと重くなるような痛みを感じるのが特徴です。 一方の卵巣の痛みは、下腹部にチクチク・ピリピリするような痛みが現れることが多くあります。 「いつもの生理痛とは痛みの感じが違う」と感じたら、卵巣痛の可能性があります。 卵巣の痛みは右下腹部と左下腹部のどちらで起きる? 卵巣の痛みが現れる場所は主に下腹部ですが、下腹部の左側が痛むのか、右側が痛むのかは人によって違います。 これは卵巣が体の左右に1つずつあるからで、左右どちらかだけに痛みを感じやすい人もいれば、左右交互に現れる人もいます。 ただし、卵巣の位置は子宮に近いので、卵巣の痛みだと思っていたものが実は子宮の痛みだった、という可能性もあります。 生理痛とは違う子宮の痛みは病気の可能性もあるので、一度婦人科で診てもらいましょう。 関連記事 卵巣の痛みが生理前に現れたら、妊娠初期症状かも? 「そろそろ生理がくるかもしれない」と感じる時期に卵巣の痛みを感じた場合は、妊娠している可能性も考えられます。 妊娠すると、女性の体内で「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンの分泌量が増えます。 hCGには、排卵後の黄体という組織を刺激し、プロゲステロンやエストロゲンなど女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。 このhCGによる刺激で、排卵されている側の卵巣の中に、液体状の分泌物が溜まった「ルテイン嚢胞」が作られることがあり、それによって一時的に卵巣が腫れ、少し痛みを感じる人もいます。 妊娠によってできたルテイン嚢胞であれば、妊娠16週頃までに自然と小さくなり、消えてなくなります。 もしくは、受精卵が子宮内に着床するときに感じる「着床痛」を、卵巣の痛みと勘違いすることもあります。 いずれにしても、生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は、妊娠検査薬で確認してみましょう。 関連記事 卵巣の激しい痛みは病気の可能性もある 基本的に卵巣の痛みは生理的な現象によるものです。 生理後の排卵痛や妊娠初期症状の痛みは軽く、様子を見ていれば自然と治まります。 卵巣にチクチクした痛みを感じたくらいであれば過度に心配する必要はありません。 ただし、卵巣の痛みが3日以上続く場合や、激しい痛みを感じるような場合には、注意が必要です。 そのため、卵巣のある下腹部に今まで感じたことのないような痛みがあったら、すぐに婦人科を受診してください。

次の

女性の左下腹部の痛み!7つの原因と治療法をご紹介!

左 下腹 痛い 女

不正出血で腹痛が起こる原因は様々ですが、婦人科疾患で出血を起こしていることがあります。 婦人科疾患でも、良性と悪性があってその両方が出血を症状としているものがあって、出血の量や色、性状だけで原因は分かりません。 出血の症状があったら、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。 不正出血でも腹痛なしなら大丈夫? 不正出血の症状があって、出血を確認できても腹痛を伴わないときがあります。 しかし、腹痛がないからといって大丈夫というわけでなく、病気ではないというわけではないのです。 出血の症状がでるのは、何かしら原因があって出血している可能性があります。 生理週での排卵の時期に起こる排卵出血や妊娠している兆候の着床出血など心配のないものがありますが、自分では判断することは困難です。 出血を確認したら、早めに産婦人科を受診して原因を調べてもらいましょう。 不正出血で腹痛、下腹部痛がある病気 不正出血があって、腹痛、下腹部痛がある病気をまとめています。 痛みと出血があるのはこれだけではありませんが代表的なものをまとめています。 それでは、各疾患を簡単に紹介してきます。 子宮内膜症の人は卵巣チョコレートのう胞を伴っていることもあります。 症状としては、痛みと不妊が主な症状です。 痛みは下腹部痛の他にも腰痛などがある場合があります。 20代から30代に多くみられ年齢が進むにつれて女性ホルモンの減少と共に減少していく傾向がみられます。 治療法は痛みを抑える治療が中心で、ピルや漢方が用いられることもあります。 子宮頚がんは比較的若い世代に多いもので、子宮体がんは40代以降に多いとされます。 子宮頚がんは、子宮頸部に発生するがんで、ヒトパピローマウイルス(HPV)との関連が指摘されているものです。 最近ではワクチンが接種できるようになっています。 症状としては、初期段階では無症状のことが多く不正出血や腹痛を起こすことがあります。 治療法としては手術療法、放射線療法、化学療法などがあります。 子宮体がんは、卵胞ホルモン(エストロゲン)が発生に関与しているとされる疾患で、一番多い症状が不正出血です。 閉経後に出血するときは子宮体がんが疑われます。 閉経後に不正出血を確認したらすぐに産婦人科を受診するようにしてください。 卵巣の腫瘍は、良性か悪性かの鑑別診断を行うことが非常に難しいとされます。 特に月経量が多い過多月経になっているときは子宮筋腫になっている可能性があります。 コブができる場所によって粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫に分類されます。 症状としては、不正出血以外に腰痛や生理痛が重い、トイレが近くなるなどがあります。 治療法としては、手術や薬、ピルを使った治療法があります。 最近では感染症による原因で炎症が広がることも増えてきました。 クラミジアは不妊症の原因ともなるので注意が必要です。 このように、不正出血と腹痛、下腹部痛が一緒に起こるときは何らかの疾患に罹患していることが考えられます。 不正出血と痛みは放置せずに産婦人科で診察を受けることが必要です。

次の

お腹の左側が痛い!左下に腹痛がある時に疑う7つの原因

左 下腹 痛い 女

もし腹痛が腰の高さあたりの左側から来ているものであれば、その原因は腎臓の感染症や腎臓結石かもしれません。 排尿時に痛みがあったり、あるいは便秘の症状もあるという場合は、腎臓感染症の可能性が高いので病院で検査を受けることをお勧めします。 また、別の原因としては、腰回りの背骨の不調が考えられます。 腹部の真ん中あたり お腹の中心からへその少し上あたりまでの部分に感じる鈍い痛みは、や盲腸炎の前兆かもしれません。 痛みが鋭くなり、お腹の中心から右にずれ、吐き気やガスの溜まりなどを感じる場合は注意が必要です。 また、(すいえん)も考えられます。 膵炎の場合、腹痛に加えて嘔吐の症状が現れます。 腹部中部右側 もしも痛みが右のわき腹に発生する痛みは、腎臓の問題や、単に便秘気味ということも考えられる他、結腸の壁の一部に袋状のできものができ、それが大きくなっていく(だいちょうけいしつえん) という病気の 場合にも、ここに痛みを感じることがあります。 下腹部左側 腸に問題がある場合、一般的には下腹部の痛みという形で症状に現れます。 女性の場合は生理痛の可能性もありますが、その場合は通常両脇に痛みが現れるようです。 下腹部真ん中あたり へその下のあたりに痛みがある場合、尿排泄器官の炎症、あるいは(えんしょうせいちょうしっかん)の症状である可能性もあります。 また、女性の場合は生殖器官に問題が起きている場合もあるため、婦人科医による定期診断は欠かさないようにしましょう。 下腹部右側 下腹部の片側だけが痛むという場合は、一般的には筋肉痛や運動のし過ぎによる筋肉の張りが原因であることが多いそうです。 しかしこの症状が頻繁に表れるという場合は、一度病院で検査を受けることをお勧めします。 下腹部の右側に鋭い痛みが現れ、それがどんどんとひどくなっていくという場合は、(ちゅうすいえん)の可能性の可能性もあるので注意が必要です。 上部左側 お腹の左上に痛みを感じるという場合、原因は恐らく胃でしょう。 胃に潰瘍などができている場合や、脾臓に問題が起きているときにもここに痛みが発生します。 強い痛みが短期間で悪化するという場合は、胆石症や胆嚢炎(たんのうえん)の可能性もあるので、しばらくたっても痛みが引かないという場合は医師に相談してださい。 腹部上部真ん中あたり お腹の真ん中から上の部分に痛みがある場合は、など、胃から食道に至る部分に問題を起こしている可能性があります。 ただし、痛みの具合によっては、潰瘍や胆石も考えられるそうです。 上部右側 お腹の右上に鈍い痛みを感じる場合は、小腸潰瘍、あるいは十二指腸潰瘍が考えられます。 これらは胃酸の過剰分泌を原因とする病気です。 お腹の問題は非常に多岐にわたり、食べ過ぎやストレスによるもの意外にも、様々な症状が複合的に出ている場合もあるため、正しい診断が難しいこともあります。 数日経ってもお腹の痛みが続くような場合は、必ず医師に相談してください。 いずれにしても、今回ご紹介した診断方法は最適な治療を受けるのための簡単なガイドラインとして活用できるのではないでしょうか。 家族や友達にもシェアしてあげてくださいね。

次の