オレンジ フェリー 臼杵。 臼杵港・八幡浜港発着航路の格安フェリー予約はスカイチケット

臼杵港・八幡浜港発着航路の格安フェリー予約はスカイチケット

オレンジ フェリー 臼杵

先日、鹿児島から愛媛県へ旅行に行ってきました。 行きは陸路で関門海峡を超え、山口県、広島県を経由、しまなみ海道を通って今治へ。 帰りは愛媛県の三崎港から大分県の佐賀関港までカーフェリーを使って帰ってきました。 結論から言うと、時間的にも料金的にもカーフェリーを使った方が圧倒的にお得に移動できます。 そんな四国と九州を便利に移動できるフェリーですが、いくつか航路があるようなのでまとめてみました。 九州と四国を結ぶ航路は5つ• 国道九四フェリー まずは私が利用した九四フェリーです。 おそらく料金的には1番安い航路だと思います。 愛媛県の 三崎港と大分県の 佐賀関港を結ぶ航路です。 三崎港から佐賀関港までの片道をインターネットで予約して利用しました。 料金は4mメートル未満の軽自動車料金7120円からインターネット割引で6770円。 (車両料金に運転手1名分の料金が含まれます)。 せっかくなので展望席も+500円で利用しました。 展望席は乗船してからも追加で購入できます。 実際に三崎港に行ってみると、思っていたより利用者が多い印象でした。 確実に乗船するためにもインターネット予約をおすすめします。 景色がとても綺麗なので見とれている内にあっという間に到着します。 ・三崎港の場所 ・佐賀関港の場所 2. 宇和島運輸フェリー(別府航路) 宇和島運輸フェリーの航路は2つあるのですが、まずは愛媛県の 八幡浜港と大分県の 別府港を結ぶ航路です。 宇和島運輸フェリー(臼杵航路)オレンジフェリー こちらの航路は同じような料金や所要時間で2つの会社が運行しています。 時刻表が異なるので、都合の良い方を選べます。 この記事では宇和島運輸フェリーの概要をご紹介します。 宿毛フェリー 高知県の 宿毛港と大分県の 佐伯港を結ぶ航路です。 ご紹介する航路の中では最も南を結ぶ航路です。 松山・小倉フェリー 愛媛県の 松山港と福岡県の 小倉港を結ぶ航路です。 深夜便のみで所要時間も長いです。 最も乗船時間が短く、料金が安いのは九四フェリーですが、愛媛県、大分県の先端同士を結ぶため陸路での移動が多くなるデメリットがあります。 少し料金は上がりますが、宇和島運輸フェリーの2つが利便性は高いのかなと思います。

次の

宇和島運輸のフェリーは使いやすい、というお話

オレンジ フェリー 臼杵

ファンネルマーク 運航中の船舶 [ ] 仕様がほぼ同じ「おれんじ九州」「おれんじ四国」の2隻が就航している。 両船ともを装備。 船内は対応となっており、車椅子にも対応できるエスカレーターを設置している。 また、全便でうどん等の軽食を提供している。 2007年7月3日就航。 2,924総トン、全長119. 9m、幅16. 4m、出力6,618kw、航海速力19. 85ノット(最大21. 7ノット)。 旅客定員485名。 車両積載数:トラック(8t換算)37台・乗用車37台。 (愛媛県今治市)建造。 瀬野汽船が所有。 2008年4月24日就航。 2,918総トン、全長119. 9m、幅16. 4m、航海速力19. 85ノット(最大21. 7ノット)。 旅客定員485名。 車両積載数:トラック(8t換算)37台・乗用車37台。 2016年1月19日午後0時50分頃、八幡浜港岸壁、離岸の際、強風に煽られ、クレーン船と衝突。 2月に航路復帰。 過去に就航していた船舶 [ ]• しこく• 1964年2月竣工、244総トン• 1969年2月竣工、983総トン• 九州(初代)• 1972年2月竣工、1985年引退。 989総トン、高知重工建造。 1985年竣工。 2,153総トン、全長110. 0m、幅16. 1997年引退後は台湾・新華航業公司で「臺馬」として基隆 - 馬祖航路に就航。 ニュー四国• 1988年7月竣工。 2,182総トン、全長110. 0m、幅16. 0m、出力9,000ps、航海速力20. 0ノット(最大22. 8ノット)。 旅客定員460名。 車両積載数:トラック36台・乗用車12台。 2008年4月、「おれんじ四国」就航に伴い引退。 現在は、フィリピン の「」に改名のうえ、~間の航路に就航している [ ]。 1994年12月竣工。 2,282総トン、全長99. 78m、幅19. 98m、出力25,780ps、航海速力30. 0ノット。 旅客定員460名。 車両積載数:トラック32台。 神戸工場建造。 ウォータージェット推進、日本初のウェーブピアーサー型高速フェリー。 「ジェットフェリー」の愛称で呼ばれていた。 日本船舶海洋工学会シップ・オブ・ザ・イヤー1994受賞。 引退後は日本国外に売却され、現在はギリシャ NEL LINES の「」に改名している。 (2代)• 1986年6月竣工、2004年改装。 2,286総トン、全長98. 6m、幅17. 2m、出力8,000ps、航海速力18. 7ノット(最大20. 8ノット)。 旅客定員456名。 車両積載数:トラック35台。 瀬戸田造船所建造。 元「」()。 2007年、「おれんじ九州」就航に伴い引退後は日本国外に売却され、現在はギリシャ ANMEZ の「」に改名している。 おれんじ会 [ ] 九四オレンジフェリー・四国オレンジフェリーに共通した会員割引システム。 年度単位の会員制度をとっており、年度途中の入会した場合は当該年度末までとなる。 乗船当日の申し込みは出来ず、事前申し込みが必要。 会員証は青色発色のリライタブルカードで、会員番号、会員氏名、年齢と、割引制限期間(九四オレンジフェリーは無し)が記載される。 家族会員の登録も可能。 入会金:無料• 年会費:1,000円• 主な特典• 旅客運賃1割引• 参考文献 [ ]• 日本船舶明細書I 2008年版 - 社団法人 日本海運集会所(2007年12月30日発行) 脚注 [ ]• - 九州旅客船協会連合会• 愛媛新聞ONLINE 愛媛新聞社. 2016年1月20日. の2016年1月24日時点におけるアーカイブ。 2016年1月24日閲覧。 (新造船情報) - 九四オレンジフェリー(2007年1月11日付) 関連項目 [ ]• - 同じ航路を営業する同業他社。 - 愛媛~大分を最短で結ぶ。 競合他社である。 外部リンク [ ]• - オレンジフェリー•

次の

九四オレンジフェリー「おれんじ九州」乗船記

オレンジ フェリー 臼杵

先日、鹿児島から愛媛県へ旅行に行ってきました。 行きは陸路で関門海峡を超え、山口県、広島県を経由、しまなみ海道を通って今治へ。 帰りは愛媛県の三崎港から大分県の佐賀関港までカーフェリーを使って帰ってきました。 結論から言うと、時間的にも料金的にもカーフェリーを使った方が圧倒的にお得に移動できます。 そんな四国と九州を便利に移動できるフェリーですが、いくつか航路があるようなのでまとめてみました。 九州と四国を結ぶ航路は5つ• 国道九四フェリー まずは私が利用した九四フェリーです。 おそらく料金的には1番安い航路だと思います。 愛媛県の 三崎港と大分県の 佐賀関港を結ぶ航路です。 三崎港から佐賀関港までの片道をインターネットで予約して利用しました。 料金は4mメートル未満の軽自動車料金7120円からインターネット割引で6770円。 (車両料金に運転手1名分の料金が含まれます)。 せっかくなので展望席も+500円で利用しました。 展望席は乗船してからも追加で購入できます。 実際に三崎港に行ってみると、思っていたより利用者が多い印象でした。 確実に乗船するためにもインターネット予約をおすすめします。 景色がとても綺麗なので見とれている内にあっという間に到着します。 ・三崎港の場所 ・佐賀関港の場所 2. 宇和島運輸フェリー(別府航路) 宇和島運輸フェリーの航路は2つあるのですが、まずは愛媛県の 八幡浜港と大分県の 別府港を結ぶ航路です。 宇和島運輸フェリー(臼杵航路)オレンジフェリー こちらの航路は同じような料金や所要時間で2つの会社が運行しています。 時刻表が異なるので、都合の良い方を選べます。 この記事では宇和島運輸フェリーの概要をご紹介します。 宿毛フェリー 高知県の 宿毛港と大分県の 佐伯港を結ぶ航路です。 ご紹介する航路の中では最も南を結ぶ航路です。 松山・小倉フェリー 愛媛県の 松山港と福岡県の 小倉港を結ぶ航路です。 深夜便のみで所要時間も長いです。 最も乗船時間が短く、料金が安いのは九四フェリーですが、愛媛県、大分県の先端同士を結ぶため陸路での移動が多くなるデメリットがあります。 少し料金は上がりますが、宇和島運輸フェリーの2つが利便性は高いのかなと思います。

次の