パグ 飼い方。 パグの性格や特徴は?素直でお利口?飼い方のコツや注意点等を解説!

パグを飼いたい!性格の特徴や寿命は?飼い方を教えて!

パグ 飼い方

準備中 パグをブリーダー直販のペットショップで購入する パグの性格 純粋犬種の登録や血統証明書を発行するによると、パグの祖先は中国だとする説が有力です。 16世紀以降、オランダの東インド会社との交易により、パグは広くヨーロッパに知られるようになったといわれています。 名前はラテン語のパグナス(握りこぶし)が由来という説もあります。 パグ特有の鼻が短く平たい顔をしている短頭で愛嬌のある表情が好まれ、オランダ、イギリスをはじめとした王室や貴族の愛玩犬として長く飼われてきました。 18世紀にはフランス皇帝ナポレオンの妻、ジョセフィーヌの愛犬として、彼女を勇敢に守ったという有名な逸話もあります。 性格は明るく人懐っこいので、誰からも愛されやすい犬種です。 ただ、無邪気である反面少し頑固でわがままな部分もあります。 個体差はありますが、比較的オスのほうがプライドが高く、メスのほうが穏やかな気質の傾向です。 パグと同じ短頭種で見た目も似ている犬種としては、フレンチブルドッグやボストンテリアが挙げられます。 いずれも人懐っこく落ち着いた気質を持っていますが、そのなかでもパグはマイペースでのんびりした性格です。 パグの平均寿命 パグは小型犬です。 平均寿命は12~15年とされ、一般的な小型犬の平均寿命とほぼ同じです。 中型犬が10~14年、大型犬が7~11年であることと比較すると、寿命は長めになります。 パグの平均体重 パグの 平均体重は6~8kgで、メスのほうがオスより小柄な傾向です。 ジャパンケネルクラブによる理想体重も6. 3~8. 1kgと数値に幅があることから、個体差があることが分かります。 パグの平均体高 パグの 平均体高は、オス、メスに関わらず25~28cmとなっています。 横もほぼ同じくらいの長さになり、全体的に引き締まった体形をしているのが特徴です。 パグの毛色(カラー) ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、シルバー、アプリコット、フォーン、ブラックの4種です。 ブラック以外の毛色においては、トレースと呼ばれる後頭部から尾の部分までの黒いラインが見られ、マズルや耳、前頭部などにも黒い色が入ります。 シルバー• シルバー• アプリコット• フォーン• ブラック パグが成犬になるまでの期間 犬の成長期間は体の大きさによって変わり、小型であるほど成犬になるまでの期間は短くなる傾向です。 小型犬であるパグが成犬になるまでの期間は、8~10カ月程度が目安となります。 パグの鳴き声 パグはもともと大人しい性格ですが、来客時や興奮時に吠えてしまうことがあります。 吠える理由としては、飼い主への愛が強いゆえの甘えや嫉妬がほとんどです。 その場合飼い主や家族がしっかりコミュニケーションをとり、愛情をかけて接することで解決に繋がります。 パグがかかりやすい病気 パグの子犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 膝蓋骨脱臼(パテラ) 膝の皿が内側や外側に脱臼してしまうこと。 先天性の場合は若齢から発症しやすい。 25万円前後 短頭種気道症候群 鼻の長さが短い犬種特有の症状で、気道が狭くなり呼吸が苦しくなること。 若齢から発症しやすい。 外鼻孔拡張術2万円~、軟口蓋切除術4万円~ レッグペルテス 大腿骨の骨盤に繋がる大腿骨頭が壊死してしまうこと。 早いと生後3~4カ月程度から発症する場合もある。 17万円前後 ピルビン酸キナーゼ欠乏症 ピルビン酸キナーゼという酵素が欠乏することにより貧血が起こること。 先天性の場合が多く、若齢で発症しやすい。 パグの成犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 壊死性髄膜脳炎 脳全体が壊死していき、けいれんや意識障害などの神経障害が起こる原因不明の脳炎。 パグに多く見られることからパグ脳炎とも呼ばれる。 1~3歳くらいまでに発症しやすい。 不明 洞不全症候群 心臓の洞房結節に障害が起こり、心不全や失神を起こすこと。 重篤になると呼吸困難を起こすこともある。 不明 間擦疹(かんさつしん) 顔のひだなどに起こりやすい細菌感染症。 皮膚に痒みや赤みが生じるほか、腐敗臭が起こる。 通院1回7千円~ 乾性角結膜炎 涙の量が減少して目が乾き、慢性的に炎症を起こすこと。 多くの原因は免疫の異常によるものと考えられている。 不明 短頭種気道症候群 鼻の長さが短い犬種特有の症状で、気道が狭くなり呼吸が苦しくなること。 若齢から発症しやすい。 短頭種の犬たちはとても暑さに弱い犬種です。 気温が22~23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 暑い時期の散歩は比較的涼しい朝夕の時間帯に行くのが望ましいです。 特にパグのようなマズルの短い犬種は 気道が狭いためうまく呼吸ができず、呼吸困難となってしまうことがあります。 涼しい時間帯に散歩へ行くようにし、必ず水分補給用の水を携帯することをおすすめします。 なるべく舗装されていない道を選ぶなどの工夫をし、緊急時用にうちわや保冷剤などを一緒に携帯するとなお安心です。 また、たとえ窓を開けていたとしても、パグを車内に残して出かけたり、エアコンをかけていない室内に置いて外出したりすることも熱中症になってしまう可能性が高いので注意しましょう。 com パグの顔にあるしわの部分は不衛生になりやすく、蒸れることで細菌が繁殖し、特有の臭いが発生しやすくなります。 また、垂れ耳で通気性が悪いため、お手入れを怠ると臭いの原因になりかねません。 定期的にガーゼなどで優しく拭いて清潔を保ちましょう。 パグの飼い方 パグは暑さや寒さに弱いため、室内飼いが適しています。 人懐っこいので比較的初心者でも飼いやすい犬種ですが、適切な温度管理は必須です。 暑い時期はエアコンを活用し、熱中症にならないように注意しましょう。 特に 短頭種であるパグは、呼吸による体温調整が苦手です。 大きく息を吸おうとすると、逆に呼吸困難に陥ることもあります。 常に口を開けて呼吸していたり、呼吸音がいつもより大きいと感じたりする場合には、早めに動物病院に行って診てもらいましょう。 逆に、寒い時期は暖房やペット用のホットカーペットなどを活用し、冷えないように気を配ることも必要です。 パグは気温変化だけでなく、 気圧の変化にも弱い犬種です。 短頭種をはじめとした、気圧の変化に弱い犬種の搭乗を断っている航空会社もあります。 飛行機を利用する予定のある人は確認しましょう。 また、パグは肥満になりやすい性質を持つため、おやつの与えすぎなどには注意しましょう。 基本的にはトリミングする必要のない犬種ですが、サマーカットをする飼い主もいるようです。 子犬を迎える場合は、落ち着いて過ごせるスペースとして、ケージの用意をしておくことが望ましいです。 成犬になってからも使えるように、大きめのサイズを選びましょう。 ドッグフードの量・回数 子犬の時期は小型犬の子犬用フードを与え、生後10カ月程度を目安に成犬用のフードに切り替えます。 フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日の摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成長期に発達していく免疫機能をサポートするため、ビタミンEなどの抗酸化成分を含み、消化性の高いタンパク質が豊富なフードが望ましいでしょう。 成犬になれば基本的に1日2回程度が適正ですが、消化器官に負担がかからないように、年齢や体調に応じて3~4回に分けて与える場合もあります。 パグはしわが多く皮膚トラブルも多い犬種であるため、抗炎症作用を持つEPAやDHAといった皮膚のバリア機能を高める成分が配合されたフードを選ぶのも効果的です。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 パグの毛はアンダーコートとオーバーコートの二重構造で、それを ダブルコートと呼びます。 ダブルコートの毛はもともと抜けやすい性質をしており、春と秋の換毛期においては抜け毛の量がさらに多くなります。 抜け毛の対策としては、ブラッシングが効果的です。 皮膚がデリケートなパグには、ラバーブラシや獣毛ブラシなどを使い、優しくブラッシングしてあげましょう。 ブラッシングすることにより血行が良くなり、マッサージ効果も期待できます。 また、アンダーコート専用のブラシも販売されているので、抜け毛の量に合わせて使用すると良いでしょう。 お風呂の入れ方 パグは短毛ですが抜け毛が多いため、定期的なシャンプーを行うことで抜け毛対策になり、地肌や被毛を清潔に保つことができます。 シャンプー前のブラッシングは毛のもつれをほぐし、汚れを落としやすくするのに有効です。 水に強い素材のラバーブラシを用意しておくと良いでしょう。 また、浴室用の滑り止めマットを敷いておくと転倒やケガの防止に繋がります。 お風呂に恐怖心などを持たせないよう、慣れるまでおもちゃを使うなどして始めるといいでしょう。 シャワーの温度を36~37度くらいに設定し、お尻や足など、顔から遠い場所から徐々に濡らしていきます。 怖がらないように、シャワーヘッドをなるべく体に近づけるようにすると良いでしょう。 顔周りは直接シャワーを当てず、ガーゼなどで優しく濡らします。 目や鼻、耳に水が入らないように注意しましょう。 子犬は刺激に弱いので、シャンプーを水で薄めた液を作り、手で後ろのほうから優しく洗います。 決して爪を立てないように注意しましょう。 すすぎは顔周りから順に流します。 シャンプー剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。 タオルドライし、ドライヤーでしっかり乾かします。 ドライヤーは体から30cm以上離すようにして、やけどしないように注意しましょう。 パグの成犬のお風呂の入れ方 準備中 パグをブリーダー直販のペットショップで購入する パグのしつけ方法 愛嬌があり誰にでも懐きやすいパグですが、少々頑固な一面があり、しかるべきしつけを行わないとわがままに育ってしまうこともあります。 しつけを行う際は決して叱らず、褒めて教えるようにしましょう。 ここでは、パグのしつけ方法として、「トイレ」「吠え」「噛み癖」「散歩」「待て」について紹介します。 トイレのしつけ方 トイレのしつけは子犬を迎えたらすぐに行いましょう。 開始時期が遅れてもトレーニングはできますが、覚えるのに時間がかかってしまうこともあるからです。 1歳以上の成犬は、排泄の回数が子犬より少ないため時間はかかりますが、根気よくしつけを行うことで覚えるようになります。 保護犬の里親になった場合、それまでの環境と違うことやストレスでなかなかトイレを認識できないかも知れません。 その場合は焦らず、環境に慣れるまで辛抱強くトレーニングを行うことが大切です。 多頭飼いする場合でも基本的には同じトイレを使用してトレーニングします。 ただし、頻繁にシーツ交換ができないのであれば、複数のトイレを設置するほうが覚えやすいでしょう。 ケージ、またはサークルを用意し、ペットシーツを敷いておきます。 パグの排泄のタイミングを見計らい、トイレに誘導しましょう。 そわそわして周囲を嗅ぎまわるような行動を始めたら、トイレのサインである可能性が高いです。 きちんと排泄できたら、すぐに褒めてあげることが大切です。 パグは褒められると喜ぶので、大げさなくらい褒めることで覚えやすくなります。 排泄ができたらケージから出してあげましょう。 1~4を繰り返し行い、徐々にトイレシーツの範囲を狭めていき、トイレの場所を固定して覚えさせます。 無駄吠えのしつけ方法 パグはもともとおだやかな性格なので、攻撃性をもって吠えることはめったにありません。 一方で、とても甘えん坊な性格ゆえにヤキモチを焼いてしまったり、要求が強い個体の場合吠え癖がついてしまうことがあります。 具体的にどのようなときに吠えてしまうのか、以下の項目を参考にして対処していきましょう。 来客時に吠えてしまう場合は、いつも以上にコミュニケーションをとることを意識し、パグを抱いて出迎えるなどの工夫をしましょう。 散歩時にほかの犬に出会って吠える場合は、意識的に話しかけてコミュニケーションをとったり、散歩のコースを変えたりするのも効果的です。 構って欲しくて吠えている場合は、無視することも大事です。 無視したあと、無駄吠えが収まったら思いっきり褒めてあげましょう。 パグは頑固な一面があるので、強く叱らないことが大切です。 根気よく褒めてしつけることが上手にしつけするコツだといえます。 噛み癖のしつけ方法 パグは大人しく攻撃性の少ない犬種ですが、 顎の力が強いため、噛み癖がついてしまうとトラブルになりかねません。 以下の点に注意し、噛み癖がつかないようにしっかりしつけを行いましょう。 子犬の時期は、乳歯が生え変わる時期に歯がむず痒くて噛んでしまうことがあります。 決して手を出さないようにし、代わりに噛むおもちゃを与えるようにしましょう。 遊びの際に興奮して噛んでしまう場合は、遊びを中断して、噛むと遊んでもらえないことを学習させます。 飼い主に構ってもらえないことでのストレスで噛んでしまう場合は、しっかり遊んでコミュニケーションをとることで、噛み癖が収まることもあります。 恐怖心から噛んでしまう場合は、まず恐怖の対象を取り除くことが重要です。 優しく話しかけるなどしてコミュニケーションをとり、安心させるようにしましょう。 待てのしつけ方法 「待て」ができるようになると、散歩や病院などさまざまな環境下でもじっとしていることができ、トラブルも回避しやすくなります。 次の点に注意しながら、根気よくしつけを行いましょう。

次の

パグの歴史や特徴、飼い方や気をつけたい病気とは?

パグ 飼い方

こんにちは、ともです。 パグが大好きな私にとっては、パグはとても魅力的な犬種です。 でも犬を飼ったことがない人や、パグをよく知らない人に 「パグは飼いやすいですから、おすすめです」なんてことは気軽には言いにくいです。 逆に「パグは始めて犬を飼う人にもおすすめです」なんて書いてある情報には疑問を感じてしまいます。 どんな犬種でも、ペットを迎い入れるということはお金もかかりますし飼い主さんの生活スタイルを変える必要もでてきますよね。 ただパグの場合、他の犬種よりも気を付けなければいけないこともありますしお金もかかります。 そこで、パグを飼うか迷った時に知っておきたい情報を6個あげてみました。 パグの飼育ポイント• パグにかかるお金事情• パグのお手入れ• パグの抜け毛• パグの性格• パグの魅力について 「パグを飼いたい」または「パグを飼ってみようかと迷っている」という場合の参考にしてください。 たかがパグ1匹のために、冷房を利用するなんてとんでもない。 まったくぜいたくな話よ このような考え方をする人が家族にいる場合や、あなた自身がそう考えるのであれば パグを選ばない方がいいです。 というのも、パグは他の犬種にくらべ 熱中症にかかるリスクは非常に高く、少しの油断で最悪命を落とす可能性もゼロではありません。 最悪の事態が起きてしまったのでは、パグも飼い主さんはとても後悔してしまいます。 そうならないためにも、飼い主さんが「これくらい大丈夫でしょ」と思い込んでしまわないことが大切なんです。 パグは体重管理が必須 コロンとした体型がかわいらしいパグですが、食欲が旺盛なので油断をすると太らせてしまいます。 かわいいから欲しがるからとついフードやおやつをあげすぎると、一気に肥満体型になりますので注意が必要です。 ほんとうに食べても食べても満足はしませんので、飼い主さんのコントロールは必須です。 部屋がパグ臭くなる パグは体臭が少ないという情報もありますが、 パグ独特の臭いパグ臭がします。 パグを飼っていると慣れてしまうのですが、来客やペットを飼ったことがない人であればわかります。 ただ考えようによっては、暑い外から戻ってきても部屋は快適な温度の中で待っていてくれますよ パグの病院受診代 これは、獣医さんにかかる費用ですね。 パグは、皮膚が弱い子が多いです。 特に季節の変わり目には、顔の周りにニキビができやすくかきむしることで悪化させてしまうこともよくあります。 また耳が垂れていますので、耳あかがたまりやすく赤くなる頻度も多いです。 我が家では少しくらいなら人間用の市販薬で対応しますが、あまりにひどい場合は迷わず受診しています。 次に多いのが目の傷です。 パグの大きく飛び出た目は、傷が付きやすくほこりや花粉などもつきやすいです。 そんなに頻度が高いわけれでもありませんが、異常がある時には獣医さんにかかる必要がでてきます。 目が充血している• 目やにが多く、目やにの臭いがきつい• 目を開けにくくしている このような症状がある場合には、市販の目薬などには頼らずに獣医さんに診てもらいましょう。 我が家では、爪切りだけはさせてくれないのでペットサロンでお願いしています。 サロンにもよりますが、爪切りの相場は大体500円程度ですね。 耳のチェックや肛門絞りはシャンプーとセット料金になっている場合が多いですが、店舗によっては爪切りと耳掃除、肛門絞りのセット料金を提供していることもあります。 お近くのペットサロン、もしくは動物病院併設のトリミングサロンをチェックしてみてください。 こまめにチェック顔のしわと耳 パグは顔のしわが多いので、鼻の上のしわには汚れがたまりやすいです。 長期間放置していると、赤くジュクジュクしてきますので毎日チェックします。 顔と鼻の間のしわを、湿らせた布で拭き取った後乾いた布で2度拭きします。 また垂れた耳もすぐに赤くなりますので、拭き取ってあげましょう。 ペット用品には耳専用のふき取りシートなどもありますが、赤ちゃんのおしりふきでも代用できます。 ウエットティッシュを利用する場合には、アルコールなどの成分が含まれていないタイプを選んでくださいね。 ただし、鼻の間は相当くさい臭いがしますので注意してください。 時々チェックしておきたい足の裏 毎日する必要はないのですが、時々は足の指の間をチェックしていきます。 パグがやたらとなめている時には、指と指の間に皮膚のトラブルを起こしている可能性があります。 肉球がひび割れて固くなっている場合や、足の指の間が切れていることもありますので足裏や肉球も時々はチェックしていきましょう。 パグとスキンシップしながら皮膚チェック 時々はパグとスキンシップを取りながらお腹や顔回り、胴体部分などもチェックしてあげる必要があります。 とにかく皮膚が弱いので、見えないところに傷ができかきむしることで悪化していることも多いです。 顔のモフモフに隠れている部分や、お腹の部分に皮膚トラブルが隠れている場合があります。 抜け毛予防にこまめなブラッシング パグは、抜け毛が多い犬種です。 季節によって多少抜け毛の量に違いもありますが、こまめにブラッシングすることで床に落ちる抜け毛対策にもなります。 パグの抜け毛対策についてはの記事を参考にしてみてください。 パグの抜け毛 パグのお手入れでも少しふれましたが、パグを飼う上で一番のネックになるのは抜け毛の多さと言っても言い過ぎではないですね。 パグは、他の犬種と比べて よく毛が抜けます。 特に多いのが、冬から春への移行期ですね。 とはいえ、1年中抜け毛が多いのもパグの特徴です。 またパグの毛は太くで短いため、じゅうたんやカーペットに入り込み簡単には取れません。 パグの性格 いつも困ったような顔をしているパグですが、独特の性格をしています。 パグは飼い主に服従精神は薄い よくしつけの情報に、飼い主は犬のリーダーにならなければいけないと書かれていますよね。 もちろんパグが飼い主さんに反抗的な態度を取るというわけではありませんが、 頑固な性格で服従精神は薄いです。 嫌だと思えば散歩途中でも立ち止まりますし、どれだけ飼い主さんが誘導しても行きたい方向へ行こうとすることもよくあります。 パグのリーダーというよりは、友達関係の位置づけのように感じますね。 ただ人が好きな子が多いので、飼い主さんの事も大好きです。 あまりべたべたするのが苦手な子もいますし、飼い主さんにべったりな子もいます。 パグの散歩は自己中心的 リーダーウォーク、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 散歩のときには、飼い主の横に並び同じスピードで歩くことです。 しかし、リーダーウォークをパグにしつけることは難易度が高いです。 性格のところでもお伝えしましたが、頑固なところがあり散歩の進路も嫌だと思えば踏ん張って抵抗します。 また小型犬にしては力が強いで、 高齢者や子供がリードを持つとパグに振り回される可能性が高いです。 普段はおとなしく従順なパグでも、散歩になれば別犬のようになってしまうこともありますので、注意が必要になってきます。 パグの魅力 デメリットが多いようにも思えますが、パグには飼い主さんを癒してくれる魅力がありますよ。 パグ好きの私がパグの魅力をあげればきりがありませんが、いくつかパグの魅力についてあげてみます。 飼い主さんには従順 服従精神は薄いパグですが、飼い主さんを喜ばせることは好きですし指示されたことに従うこともできます。 もちろん他の犬種同様に、子犬時代から危険なことやいたずら行為に関してはしっかりしつけていることが前提です。 時には飼い主さんを遊びに誘うこともありますし、なでてと要求するかのようにそっと寄り添ってくることもよくあります。 少しきまぐれなところもありますので、気が向かない時には自分のハウスに戻ってしまいますがほどよい距離感を保てますよ。 パグは無駄吠えが少ない パグは、もともとあまり吠えません。 また声が太くて低いので、たとえ吠えても近所迷惑にならないか心配する程度ではないです。 ただ要求なきを覚えてしまうと、食事や来客時のたびに吠えてしまうので無駄吠えしないようにしつけをすることは必要です。 パグは犬にも人にもフレンドリー すべてのパグに当てはまるとは言い切れませんが、パグは犬にも人にもフレンドリーです。 社会性が身についていないパグの場合、他の犬が近ずくと怖がる場合もありますが自分から喧嘩をふっかけることはほぼないです。 特に人が好きな子が多いので、散歩途中飼い主さん同士の交流も取りやすいのも、パグの性格のおかげかもしれません。 パグは表情が豊か パグはとても表情が豊かです。 リラックスしている時何かを期待している時好奇心旺盛な時など、表情を見ればよくわかりますよ。 まるで人間の言葉を理解しているようで、飼い主さんに癒しをくれます。 パグはユーモアーセンス抜群 とくにパグが若い年代ほど、ユーモアーのある姿をよく見せてくれます。 思わず吹き出してしまうような行動をみせてくれるのも、パグならではの行動ですね。 あまりパグを知らないあまり好きではない人でも、おもわず笑ってしまうようなユーモアーセンスがあります。 まとめ パグは飼い主さんに癒しを与えてくれますし、気持ちが落ち込んでいてもつい笑ってしまうユーモアもあります。 ただパグを飼うのであれば、パグを中心に室内の気温を整える必要もありますし抜け毛が多いため家事が増えるデメリットも多いことを知っておいてください。 いびきは大きいですし、ガハガハが始まればまるで騒音のように鳴り響きます。 ごはんは食べても食べても満足しないので、食事のコントロールが必須になり飼い主さんの忍耐も必要になってきます。 どの犬種にもいえることですが、ペットを飼うということは責任がかかってきますし費用もかかりますよね。 ただかわいいだけでは「こんなはずじゃなかったのに」ということになってしまいますので、パグを飼う上で知っておきたい事をお伝えしました。 まだ迷っているというのであれば、ペットを飼うことでどんなことをしてみたいのかも大切ですね。 パグはドックランで走り回ることはあまりありませんし、散歩も嫌がることはよくあります。 ただそっとよりそい、飼い主さんの顔を見つめる姿にはほんとうに癒されますよ。 是非参考にしてみてくださいね。

次の

【徹底解説】パグを飼う前に読んでおこう! 性格や飼い方を徹底解説!

パグ 飼い方

準備中 パグをブリーダー直販のペットショップで購入する パグの性格 純粋犬種の登録や血統証明書を発行するによると、パグの祖先は中国だとする説が有力です。 16世紀以降、オランダの東インド会社との交易により、パグは広くヨーロッパに知られるようになったといわれています。 名前はラテン語のパグナス(握りこぶし)が由来という説もあります。 パグ特有の鼻が短く平たい顔をしている短頭で愛嬌のある表情が好まれ、オランダ、イギリスをはじめとした王室や貴族の愛玩犬として長く飼われてきました。 18世紀にはフランス皇帝ナポレオンの妻、ジョセフィーヌの愛犬として、彼女を勇敢に守ったという有名な逸話もあります。 性格は明るく人懐っこいので、誰からも愛されやすい犬種です。 ただ、無邪気である反面少し頑固でわがままな部分もあります。 個体差はありますが、比較的オスのほうがプライドが高く、メスのほうが穏やかな気質の傾向です。 パグと同じ短頭種で見た目も似ている犬種としては、フレンチブルドッグやボストンテリアが挙げられます。 いずれも人懐っこく落ち着いた気質を持っていますが、そのなかでもパグはマイペースでのんびりした性格です。 パグの平均寿命 パグは小型犬です。 平均寿命は12~15年とされ、一般的な小型犬の平均寿命とほぼ同じです。 中型犬が10~14年、大型犬が7~11年であることと比較すると、寿命は長めになります。 パグの平均体重 パグの 平均体重は6~8kgで、メスのほうがオスより小柄な傾向です。 ジャパンケネルクラブによる理想体重も6. 3~8. 1kgと数値に幅があることから、個体差があることが分かります。 パグの平均体高 パグの 平均体高は、オス、メスに関わらず25~28cmとなっています。 横もほぼ同じくらいの長さになり、全体的に引き締まった体形をしているのが特徴です。 パグの毛色(カラー) ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、シルバー、アプリコット、フォーン、ブラックの4種です。 ブラック以外の毛色においては、トレースと呼ばれる後頭部から尾の部分までの黒いラインが見られ、マズルや耳、前頭部などにも黒い色が入ります。 シルバー• シルバー• アプリコット• フォーン• ブラック パグが成犬になるまでの期間 犬の成長期間は体の大きさによって変わり、小型であるほど成犬になるまでの期間は短くなる傾向です。 小型犬であるパグが成犬になるまでの期間は、8~10カ月程度が目安となります。 パグの鳴き声 パグはもともと大人しい性格ですが、来客時や興奮時に吠えてしまうことがあります。 吠える理由としては、飼い主への愛が強いゆえの甘えや嫉妬がほとんどです。 その場合飼い主や家族がしっかりコミュニケーションをとり、愛情をかけて接することで解決に繋がります。 パグがかかりやすい病気 パグの子犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 膝蓋骨脱臼(パテラ) 膝の皿が内側や外側に脱臼してしまうこと。 先天性の場合は若齢から発症しやすい。 25万円前後 短頭種気道症候群 鼻の長さが短い犬種特有の症状で、気道が狭くなり呼吸が苦しくなること。 若齢から発症しやすい。 外鼻孔拡張術2万円~、軟口蓋切除術4万円~ レッグペルテス 大腿骨の骨盤に繋がる大腿骨頭が壊死してしまうこと。 早いと生後3~4カ月程度から発症する場合もある。 17万円前後 ピルビン酸キナーゼ欠乏症 ピルビン酸キナーゼという酵素が欠乏することにより貧血が起こること。 先天性の場合が多く、若齢で発症しやすい。 パグの成犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 壊死性髄膜脳炎 脳全体が壊死していき、けいれんや意識障害などの神経障害が起こる原因不明の脳炎。 パグに多く見られることからパグ脳炎とも呼ばれる。 1~3歳くらいまでに発症しやすい。 不明 洞不全症候群 心臓の洞房結節に障害が起こり、心不全や失神を起こすこと。 重篤になると呼吸困難を起こすこともある。 不明 間擦疹(かんさつしん) 顔のひだなどに起こりやすい細菌感染症。 皮膚に痒みや赤みが生じるほか、腐敗臭が起こる。 通院1回7千円~ 乾性角結膜炎 涙の量が減少して目が乾き、慢性的に炎症を起こすこと。 多くの原因は免疫の異常によるものと考えられている。 不明 短頭種気道症候群 鼻の長さが短い犬種特有の症状で、気道が狭くなり呼吸が苦しくなること。 若齢から発症しやすい。 短頭種の犬たちはとても暑さに弱い犬種です。 気温が22~23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 暑い時期の散歩は比較的涼しい朝夕の時間帯に行くのが望ましいです。 特にパグのようなマズルの短い犬種は 気道が狭いためうまく呼吸ができず、呼吸困難となってしまうことがあります。 涼しい時間帯に散歩へ行くようにし、必ず水分補給用の水を携帯することをおすすめします。 なるべく舗装されていない道を選ぶなどの工夫をし、緊急時用にうちわや保冷剤などを一緒に携帯するとなお安心です。 また、たとえ窓を開けていたとしても、パグを車内に残して出かけたり、エアコンをかけていない室内に置いて外出したりすることも熱中症になってしまう可能性が高いので注意しましょう。 com パグの顔にあるしわの部分は不衛生になりやすく、蒸れることで細菌が繁殖し、特有の臭いが発生しやすくなります。 また、垂れ耳で通気性が悪いため、お手入れを怠ると臭いの原因になりかねません。 定期的にガーゼなどで優しく拭いて清潔を保ちましょう。 パグの飼い方 パグは暑さや寒さに弱いため、室内飼いが適しています。 人懐っこいので比較的初心者でも飼いやすい犬種ですが、適切な温度管理は必須です。 暑い時期はエアコンを活用し、熱中症にならないように注意しましょう。 特に 短頭種であるパグは、呼吸による体温調整が苦手です。 大きく息を吸おうとすると、逆に呼吸困難に陥ることもあります。 常に口を開けて呼吸していたり、呼吸音がいつもより大きいと感じたりする場合には、早めに動物病院に行って診てもらいましょう。 逆に、寒い時期は暖房やペット用のホットカーペットなどを活用し、冷えないように気を配ることも必要です。 パグは気温変化だけでなく、 気圧の変化にも弱い犬種です。 短頭種をはじめとした、気圧の変化に弱い犬種の搭乗を断っている航空会社もあります。 飛行機を利用する予定のある人は確認しましょう。 また、パグは肥満になりやすい性質を持つため、おやつの与えすぎなどには注意しましょう。 基本的にはトリミングする必要のない犬種ですが、サマーカットをする飼い主もいるようです。 子犬を迎える場合は、落ち着いて過ごせるスペースとして、ケージの用意をしておくことが望ましいです。 成犬になってからも使えるように、大きめのサイズを選びましょう。 ドッグフードの量・回数 子犬の時期は小型犬の子犬用フードを与え、生後10カ月程度を目安に成犬用のフードに切り替えます。 フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日の摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成長期に発達していく免疫機能をサポートするため、ビタミンEなどの抗酸化成分を含み、消化性の高いタンパク質が豊富なフードが望ましいでしょう。 成犬になれば基本的に1日2回程度が適正ですが、消化器官に負担がかからないように、年齢や体調に応じて3~4回に分けて与える場合もあります。 パグはしわが多く皮膚トラブルも多い犬種であるため、抗炎症作用を持つEPAやDHAといった皮膚のバリア機能を高める成分が配合されたフードを選ぶのも効果的です。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 パグの毛はアンダーコートとオーバーコートの二重構造で、それを ダブルコートと呼びます。 ダブルコートの毛はもともと抜けやすい性質をしており、春と秋の換毛期においては抜け毛の量がさらに多くなります。 抜け毛の対策としては、ブラッシングが効果的です。 皮膚がデリケートなパグには、ラバーブラシや獣毛ブラシなどを使い、優しくブラッシングしてあげましょう。 ブラッシングすることにより血行が良くなり、マッサージ効果も期待できます。 また、アンダーコート専用のブラシも販売されているので、抜け毛の量に合わせて使用すると良いでしょう。 お風呂の入れ方 パグは短毛ですが抜け毛が多いため、定期的なシャンプーを行うことで抜け毛対策になり、地肌や被毛を清潔に保つことができます。 シャンプー前のブラッシングは毛のもつれをほぐし、汚れを落としやすくするのに有効です。 水に強い素材のラバーブラシを用意しておくと良いでしょう。 また、浴室用の滑り止めマットを敷いておくと転倒やケガの防止に繋がります。 お風呂に恐怖心などを持たせないよう、慣れるまでおもちゃを使うなどして始めるといいでしょう。 シャワーの温度を36~37度くらいに設定し、お尻や足など、顔から遠い場所から徐々に濡らしていきます。 怖がらないように、シャワーヘッドをなるべく体に近づけるようにすると良いでしょう。 顔周りは直接シャワーを当てず、ガーゼなどで優しく濡らします。 目や鼻、耳に水が入らないように注意しましょう。 子犬は刺激に弱いので、シャンプーを水で薄めた液を作り、手で後ろのほうから優しく洗います。 決して爪を立てないように注意しましょう。 すすぎは顔周りから順に流します。 シャンプー剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。 タオルドライし、ドライヤーでしっかり乾かします。 ドライヤーは体から30cm以上離すようにして、やけどしないように注意しましょう。 パグの成犬のお風呂の入れ方 準備中 パグをブリーダー直販のペットショップで購入する パグのしつけ方法 愛嬌があり誰にでも懐きやすいパグですが、少々頑固な一面があり、しかるべきしつけを行わないとわがままに育ってしまうこともあります。 しつけを行う際は決して叱らず、褒めて教えるようにしましょう。 ここでは、パグのしつけ方法として、「トイレ」「吠え」「噛み癖」「散歩」「待て」について紹介します。 トイレのしつけ方 トイレのしつけは子犬を迎えたらすぐに行いましょう。 開始時期が遅れてもトレーニングはできますが、覚えるのに時間がかかってしまうこともあるからです。 1歳以上の成犬は、排泄の回数が子犬より少ないため時間はかかりますが、根気よくしつけを行うことで覚えるようになります。 保護犬の里親になった場合、それまでの環境と違うことやストレスでなかなかトイレを認識できないかも知れません。 その場合は焦らず、環境に慣れるまで辛抱強くトレーニングを行うことが大切です。 多頭飼いする場合でも基本的には同じトイレを使用してトレーニングします。 ただし、頻繁にシーツ交換ができないのであれば、複数のトイレを設置するほうが覚えやすいでしょう。 ケージ、またはサークルを用意し、ペットシーツを敷いておきます。 パグの排泄のタイミングを見計らい、トイレに誘導しましょう。 そわそわして周囲を嗅ぎまわるような行動を始めたら、トイレのサインである可能性が高いです。 きちんと排泄できたら、すぐに褒めてあげることが大切です。 パグは褒められると喜ぶので、大げさなくらい褒めることで覚えやすくなります。 排泄ができたらケージから出してあげましょう。 1~4を繰り返し行い、徐々にトイレシーツの範囲を狭めていき、トイレの場所を固定して覚えさせます。 無駄吠えのしつけ方法 パグはもともとおだやかな性格なので、攻撃性をもって吠えることはめったにありません。 一方で、とても甘えん坊な性格ゆえにヤキモチを焼いてしまったり、要求が強い個体の場合吠え癖がついてしまうことがあります。 具体的にどのようなときに吠えてしまうのか、以下の項目を参考にして対処していきましょう。 来客時に吠えてしまう場合は、いつも以上にコミュニケーションをとることを意識し、パグを抱いて出迎えるなどの工夫をしましょう。 散歩時にほかの犬に出会って吠える場合は、意識的に話しかけてコミュニケーションをとったり、散歩のコースを変えたりするのも効果的です。 構って欲しくて吠えている場合は、無視することも大事です。 無視したあと、無駄吠えが収まったら思いっきり褒めてあげましょう。 パグは頑固な一面があるので、強く叱らないことが大切です。 根気よく褒めてしつけることが上手にしつけするコツだといえます。 噛み癖のしつけ方法 パグは大人しく攻撃性の少ない犬種ですが、 顎の力が強いため、噛み癖がついてしまうとトラブルになりかねません。 以下の点に注意し、噛み癖がつかないようにしっかりしつけを行いましょう。 子犬の時期は、乳歯が生え変わる時期に歯がむず痒くて噛んでしまうことがあります。 決して手を出さないようにし、代わりに噛むおもちゃを与えるようにしましょう。 遊びの際に興奮して噛んでしまう場合は、遊びを中断して、噛むと遊んでもらえないことを学習させます。 飼い主に構ってもらえないことでのストレスで噛んでしまう場合は、しっかり遊んでコミュニケーションをとることで、噛み癖が収まることもあります。 恐怖心から噛んでしまう場合は、まず恐怖の対象を取り除くことが重要です。 優しく話しかけるなどしてコミュニケーションをとり、安心させるようにしましょう。 待てのしつけ方法 「待て」ができるようになると、散歩や病院などさまざまな環境下でもじっとしていることができ、トラブルも回避しやすくなります。 次の点に注意しながら、根気よくしつけを行いましょう。

次の