鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177。 【鬼滅の刃】177話のネタバレ【縁壱と黒死牟の過去が明らかに】|サブかる

【205話鬼滅の刃ネタバレ最新話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

スポンサードリンク 双子 黒死牟と縁壱は、当時不吉と言われていた双子として生を受けました。 生まれつき痣のあった弟の縁壱の方を、気味が悪いからと父は殺そうとしていたのです。 母が反対したことによりそれは免れましたが、 10歳になると寺へ行かせ出家させることに決まりました。 黒死牟と縁壱は、部屋も着物も教育も、食べるものさえ大きく差をつけられて育ちます。 そのせいか縁壱は母離れができず、いつも母の左側にくっついていました。 そんな縁壱を可哀想だと思い、 黒死牟はよく部屋にこっそり遊びに行きました。 手作りの笛を贈るも、縁壱は少しも微笑むことはありません。 しかし7歳になった頃、庭で素振りをしていた黒死牟のすぐ側に縁壱が立っていることに気づきます。 兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか? これまで話したことのなかった縁壱が、突然流暢に話し始めたのです。 それだけでなく、 初めて笑顔を見せました。 突然のことに黒死牟は驚き、 気味の悪さを感じます。 天才 その日から縁壱は、 黒死牟が稽古をつけてもらう場に現れるようになりました。 それを見た剣技を指南していた父の輩下が、縁壱に袋竹刀を持たせます。 口頭で持ち方と構えを簡単に説明しただけで、打ち込んでみろと父の輩下は構えました。 すると縁壱は、 素早い動きで4発攻撃を打ち込み、一瞬で父の輩下を失神させてしまったのです。 縁壱はその後、 侍になりたいとは言わなくなりました。 彼にとって人を打ち付ける感触は耐え難く、不快なものだったからだそうです。 縁壱の強さが気になった黒死牟は、その秘密を教えてくれと食い下がりました。 話をしているうちに、 縁壱には生き物の体が透けて見えることに気づきます。 生まれつきの痣と同じく、生まれつきの特別な視覚。 そしてそれに即応できる、身体能力を持っている。 今まで哀れんでいた者は、自分より遥かに優れていたと黒死牟は知りました。 黒死牟は剣の道を極めたかったのです。 いくら苦しくても努力を欠かさず、黒死牟はどんどん力をつけていきました。 しかしそれは神童の前では亀の歩みに他ならないのです。 この時から2人の立場は逆転しました。 父の輩下は縁壱のことを報告しているはずです。 家を継ぐのは縁壱だ。 自分はあの狭い部屋に押し込められ、3年間に寺に追いやられる。 その夜、黒死牟は布団の中でそう考えていました。 そこへ縁壱が現れ、 母が死んだことを告げました。 スポンサードリンク 嫉妬 縁壱は今から家を経つと言いました。 別れの挨拶に来たようで、かつて黒死牟が贈った手作りの笛を見せます。 この笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進いたします。 嬉しそうに微笑み、その笛を大切そうにしまって縁壱は旅立ちました。 その後、黒死牟は母の日記から真実を知ることになります。 縁壱は自分が後継に据えられると気づき、予定より早く家を出ることにしたのでした。 さらに母の病や死期も、縁壱にはわかっていたそうです。 母は何年も前から左半身が不自由になりつつあり、苦しんでいました。 縁壱がいつも母の左側にくっついていたのは、母を支えるためだったのです。 この時黒死牟は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞きました。 そして 縁壱という天才を、心の底から憎悪したのです。 スポンサードリンク 鬼滅の刃177話感想考察 体が崩壊していき、完全に敗北した黒死牟。 今回は彼と縁壱の過去が描かれていました。 双子で生まれながら、その時から差をつけられて育った2人。 そんな育ち方をしたからか、 黒死牟は縁壱のことを下に見ていました。 だからこそ、全てを知った時に嫉妬でどうにかなってしまいそうなほどだったのでしょう。 天才だったのは、ずっと劣っていると思っていた弟なのですから。 しかもその弟は、才能があるのに 剣より遊びがいいと言っていました。 黒死牟にとって、屈辱的だったはずです。 今回のお話では、まだそれぞれ10歳にもなっていません。 次回はそれ以降の話が続くのでしょう。 家を出た縁壱ですが、 結局彼は侍となり鬼を倒すようになります。 さらに黒死牟も一緒に戦っていました。 どうしてそうなっていったのか、気になりますね。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【鬼滅の刃 177話 弟】の内容をご紹介|大漫画時代

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

スポンサードリンク 双子 黒死牟と縁壱は、当時不吉と言われていた双子として生を受けました。 生まれつき痣のあった弟の縁壱の方を、気味が悪いからと父は殺そうとしていたのです。 母が反対したことによりそれは免れましたが、 10歳になると寺へ行かせ出家させることに決まりました。 黒死牟と縁壱は、部屋も着物も教育も、食べるものさえ大きく差をつけられて育ちます。 そのせいか縁壱は母離れができず、いつも母の左側にくっついていました。 そんな縁壱を可哀想だと思い、 黒死牟はよく部屋にこっそり遊びに行きました。 手作りの笛を贈るも、縁壱は少しも微笑むことはありません。 しかし7歳になった頃、庭で素振りをしていた黒死牟のすぐ側に縁壱が立っていることに気づきます。 兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか? これまで話したことのなかった縁壱が、突然流暢に話し始めたのです。 それだけでなく、 初めて笑顔を見せました。 突然のことに黒死牟は驚き、 気味の悪さを感じます。 天才 その日から縁壱は、 黒死牟が稽古をつけてもらう場に現れるようになりました。 それを見た剣技を指南していた父の輩下が、縁壱に袋竹刀を持たせます。 口頭で持ち方と構えを簡単に説明しただけで、打ち込んでみろと父の輩下は構えました。 すると縁壱は、 素早い動きで4発攻撃を打ち込み、一瞬で父の輩下を失神させてしまったのです。 縁壱はその後、 侍になりたいとは言わなくなりました。 彼にとって人を打ち付ける感触は耐え難く、不快なものだったからだそうです。 縁壱の強さが気になった黒死牟は、その秘密を教えてくれと食い下がりました。 話をしているうちに、 縁壱には生き物の体が透けて見えることに気づきます。 生まれつきの痣と同じく、生まれつきの特別な視覚。 そしてそれに即応できる、身体能力を持っている。 今まで哀れんでいた者は、自分より遥かに優れていたと黒死牟は知りました。 黒死牟は剣の道を極めたかったのです。 いくら苦しくても努力を欠かさず、黒死牟はどんどん力をつけていきました。 しかしそれは神童の前では亀の歩みに他ならないのです。 この時から2人の立場は逆転しました。 父の輩下は縁壱のことを報告しているはずです。 家を継ぐのは縁壱だ。 自分はあの狭い部屋に押し込められ、3年間に寺に追いやられる。 その夜、黒死牟は布団の中でそう考えていました。 そこへ縁壱が現れ、 母が死んだことを告げました。 スポンサードリンク 嫉妬 縁壱は今から家を経つと言いました。 別れの挨拶に来たようで、かつて黒死牟が贈った手作りの笛を見せます。 この笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進いたします。 嬉しそうに微笑み、その笛を大切そうにしまって縁壱は旅立ちました。 その後、黒死牟は母の日記から真実を知ることになります。 縁壱は自分が後継に据えられると気づき、予定より早く家を出ることにしたのでした。 さらに母の病や死期も、縁壱にはわかっていたそうです。 母は何年も前から左半身が不自由になりつつあり、苦しんでいました。 縁壱がいつも母の左側にくっついていたのは、母を支えるためだったのです。 この時黒死牟は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞きました。 そして 縁壱という天才を、心の底から憎悪したのです。 スポンサードリンク 鬼滅の刃177話感想考察 体が崩壊していき、完全に敗北した黒死牟。 今回は彼と縁壱の過去が描かれていました。 双子で生まれながら、その時から差をつけられて育った2人。 そんな育ち方をしたからか、 黒死牟は縁壱のことを下に見ていました。 だからこそ、全てを知った時に嫉妬でどうにかなってしまいそうなほどだったのでしょう。 天才だったのは、ずっと劣っていると思っていた弟なのですから。 しかもその弟は、才能があるのに 剣より遊びがいいと言っていました。 黒死牟にとって、屈辱的だったはずです。 今回のお話では、まだそれぞれ10歳にもなっていません。 次回はそれ以降の話が続くのでしょう。 家を出た縁壱ですが、 結局彼は侍となり鬼を倒すようになります。 さらに黒死牟も一緒に戦っていました。 どうしてそうなっていったのか、気になりますね。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【鬼滅の刃 177話 弟】の内容をご紹介|大漫画時代

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

Contents• 縁壱は双子の弟 鬼滅の刃177話は、上弦の壱、黒死牟の過去の話になります。 黒死牟と縁壱は双子で生まれました。 当時、双子は跡目争いの原因になるため不吉とされていました。 弟の縁壱には生まれつき不気味な痣もあり、父親は縁壱を殺すと言いましたが、それを聞いた母親が烈火のごとく怒り狂い、手がつけられなくなったため縁壱は殺されず、十歳になったら寺へ行かせ出家する手筈になりました。 黒死牟と縁壱は、部屋も着物も教育も、食べる物さえ大きく差をつけて育てられ、もちろん、兄の黒死牟が裕福な環境でした。 そんな縁壱を黒死牟は子供ながらに可愛そうだと思っていました。 縁壱に与えられた三畳の小さな部屋へ、黒死牟は父親の目を盗んで遊びに行きました。 自分の持ち物を与えると父親に気づかれるので、笛を作って縁壱へ渡す黒死牟。 縁壱は子供の頃から、にこりと笑うことすらなく、七歳になるまで喋らなかったので、耳が聞こえないと黒死牟は思っていました。 縁壱が七歳になったころ、黒死牟が庭で木剣を素振りしていると、縁壱は音もなく松の木の影に立っており、それだけでも内心肝を冷やした黒死牟。 縁壱は黒死牟に聞きます。 兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか? ここで初めて縁壱が喋れることを知った黒死牟。 流暢に喋りかけられ、驚いた黒死牟は木剣を落とします。 それから縁壱は、自分も侍になると宣(のたま)い始めましたが、そもそも縁壱は十歳なったら寺へ追いやられる。 侍ではなく僧侶になると既に決まっています。 それを縁壱はわかっているのか、わかっていないのか、顔を綻(ほころ)ばせて笑いますが、黒死牟はその笑顔を気味悪く感じます。 縁壱の剣の才能 母親を見ればすぐにしがみつきに行くような縁壱が、命をかけて戦う侍にはなれるはずもないと思う黒死牟。 それ以後、縁壱が稽古中に教えてほしいとうろちょろするようになり、黒死牟に剣技を指南していた父親の輩下が、戯れに袋竹刀を持たせました。 持ち方と構え方を口頭で軽く伝えただけ、それだけで打ち込んでみろと父親の輩下は構えました。 次の瞬間、黒死牟が瞬きをする間に、縁壱は父親の輩下に四発叩き込み失神させます。 黒死牟がどれほど打ち込んでも一本も取れなかった父親の輩下に。 縁壱はその後、侍になりたいとは言わなくなりました。 縁壱にとっては、人を打ちつける感触は耐え難く不快なものだったからです。 縁壱から強さの秘密を知りたい黒死牟。 縁壱に食い下がり詰め寄ると、縁壱は不可解なことを言い出します。 打ち込んでくる前に肺が大きく動く、骨の向きや筋肉の縮小、血の流れをよく見ればいいと縁壱。 黒死牟は、縁壱が生き物の体が透けて見えるのだと理解するのに、暫く時間がかかりました。 生まれつきの痣と同じく、生まれつきの特別な視覚。 そしてそれに即応できる身体能力。 今まで哀れんでいた縁壱が、自分より遥かに優れていることを知る黒死牟。 しかし、縁壱は剣の話をするよりも、兄である黒死牟と双六や凧揚げがしたいと言います。 天才縁壱への嫉妬 黒死牟は剣の道を極めたかった。 才覚を認められていた黒死牟は、努力をすればするほど力をつけましたが、類まれなる神童の前では亀の歩みに他ならないことを痛感します。 望む者の下へ望む才が与えられれば、どんなに良いだろうかと思う黒死牟。 縁壱は剣の話をする時、酷くつまらなそうでした。 抜きん出た剣の才があっても爪の先程も嬉しくはなく、縁壱にとっては剣の道も童遊び以下でした。 夜、床の中で黒死牟は考えます。 自分と縁壱、立場が逆転し、父親の輩下は縁壱のことを報告しているはず。 家を継ぐのは縁壱で、自分はあの三畳の部屋へ押し込まれ、三年後の十歳になった時には寺へ追われ、侍になる夢は叶わない。 その時、障子戸ごしに縁壱が黒死牟を呼びます。 縁壱から母親が亡くなったことを知る黒死牟。 そして自分はこのまま寺へ発つと。 別れの挨拶にきた縁壱は、以前、黒死牟から貰った笛を見せます。 この笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進しますと話す縁壱。 縁壱は、外れた音しか鳴らないガラクタの笛を、宝物のように布に包み懐にしまいます。 嬉しそうに笑う縁壱を、何がそれほど嬉しいのかと気味悪く思う黒死牟。 黒死牟は何も返事をしませんでした。 満足した様子で縁壱は深々と頭を下げ、そのまま荷物をほとんど持たず、どこかへ行ってしまいました。 母親の日記を読んだ黒死牟は、縁壱が自分が跡継ぎに据えられることに気づき、予定より早く家を出たことを知ります。 さらに、母親の病も死期も縁壱にはわかっていたようで、母親は何年も前から左半身が不自由になりつつあり苦しんでいました。 縁壱は母親にしがみついていたのではなく、病で弱っていた母親を支えていたのでした。 全てを知った黒死牟は、嫉妬で全身が焼けつく音を聞き、縁壱という天才を心の底から憎悪します。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらに鬼滅の刃のアニメも 全て「見放題」です!! アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の