フォード シェルビー。 マスタング シェルビーGT350の中古車を探すなら【グーネット中古車】|フォードの中古車情報

新車カタログ

フォード シェルビー

1965年のル・マン・テストデイ、左からキャロル・シェルビー、ブルース・マクラーレ ン、そしてケン・マイルズ。 コブラの生みの親でありGT40の育ての親でもあるキャロル・シェルビーは晩年、こう語っている。 「シェルビー・アメリカン設立には3人のキープレイヤーがいた。 その3人とはピート・ブロック、フィル・レミントン、そしてテストドライバーのケン・マイルズだ」 1918年11月1日、ケン・マイルズはイギリス・バーミンガム近郊で生まれた。 レーサーを夢見ていた彼は、16歳からメカニックとして働き出すが、第二次世界大戦の勃発や資金不足で、その夢を叶えられずにいた。 ところが、友人の勧めで51年に妻子とともにカリフォルニアへ移住したことが転機となった。 メカニックをしなが らMG TDを改造したオリジナル・マシンR1でSCCAに挑戦した彼は、数多くの勝利を記録。 その腕を買われてフェラーリ375MM、ポルシェ550スパイダーなど当代一流のマシンを充てがわれ、活躍するようになる。 その時レーサー仲間として出会ったのが、キャロル・シェルビーだ。 レーサー引退後に自身のコンストラクター、シェルビー・アメリカンを設立すると、テスト兼ワークスドライバーとしてマイルズに声をかけたのである。 問題の66年のゴール・シーン。 右側のゼッケン1のマイル ズ車がわずかに遅れているのが見える。 65年からシェルビーがフォードのワークス活動を請け負うようになると、46歳のマイルズもチームの一員としてGT40をドライブ。 開幕戦デイトナ・コンチネンタル2000kmではGT40に記念すべき初勝利をもたらした。 そんなマイルズのキャリアがピークを迎えたのは66年のことだ。 開幕のデイトナ24時間で圧勝、続くセブリング12時間でも逆転優勝を飾った彼は、前人未到の3大耐久レース完全制覇の期待を背負ってル・マンに臨むこととなる。 迎えた決勝レース。 デニス・ハルムと組んだマイルズはレースの折り返しから主導権を握りトップを独走する。 しかしながら3台並んでのフィニッシュにまつわる混乱で2位とされ、偉大な記録が達成されることはなかった。 失意のマイルズはレースを離れ、Jカーと呼ばれたGT40の後継車の開発に専念する。 しかし66年8月17日、リバーサイドでのテスト中に突如コースアウト。 炎上するマシンの中で47年の生涯を閉じた。 そうした経緯もあり、ケン・マイルズの名は輝かしいGT40の影に隠れ、あまり語られることはなかった。 しかし死後から半世紀以上が過ぎた今、『フォードvsフェラーリ』を通じて彼の数奇な人生にスポットが当たったことは、素直に喜ばしく思う。

次の

シェルビー・アメリカン

フォード シェルビー

いまだにマスタング・シェルビーGT500の正式スペックは未公開 なお、マスタング・シェルビーGT500については正確な数値が公表されておらず、その意図は不明。 これまでのマスタングの性能、そして700馬力以上というところから推測するに「世界最速クラス」なのは間違いないと思われ、しかしフォードとしては「ニュルブルクリンクのタイムに興味はない」。 確かにフォードは同様の傾向があり、そのスーパーカー「フォードGT」でも公式にタイムアタックを行わず(ヴァージニア・インターナショナル・レースウェイでのみタイムアタックを行なっている)、過去にニュルブルクリンクのタイムを公開したこともないとされ、このあたりはコルベットやカマロで積極的にニュルブルクリンクを攻めるGMとは異なるところ。 なぜタイムアタックを行わないのかは不明ですが、「トップを取れないと意味はない」と考えているのかもしれず、そしてトップを取るにはポテンシャルが足りないと考えているのかもしれません。 もしくは、「タイムに関係なく、自分が楽しめればそれでいい」「人の出したタイムではなく、自分の出すタイムのほうが重要」だという設計思想なのかも。 実際にマスタングは独自の世界観を持つクルマでもあり、他のクルマと比較することが無意味な、また比較されるべきではない存在である、とも言えそう。 なおマスタング・シェルビーGT500は上述の通り5. 2リッターV8エンジンをスーパーチャージャーで加給し「700馬力以上」を発生。 トランスミッションは7速DCTのみ、ホイールは20インチ(標準でアルミ、オプションでカーボン製も)、ブレーキはブレンボ製、そしてサスペンションにはマグネライド採用。 そのほかにもカーボン製プロペラシャフト、マグネシウム製のタワーバーなど考えられる限りの「走りに関する装備」が盛り込まれており、もしアタックを行えば、ニュルブルクリンクでもかなり上位に食い込めるタイムを出せるのは間違いなさそうですね。 なおオプションも充実しており、「トラックパック」にはカーボン製ホイール、カーボン製リアウイング、カーボン製インテリアトリム、レカロシートが含まれる反面、後部座席が取り外されるなど軽量化についても十分な配慮がなされるようです。

次の

マスタング シェルビーGT350の中古車を探すなら【グーネット中古車】|フォードの中古車情報

フォード シェルビー

概要 [ ] マスタングをベースに(の会社)が手がけた、いわゆるレース向けのチューニングカーで、マスタングの上位モデル/フラッグシップモデルとしてフォード・モーターから販売されている。 からまで製造され、一部のから人気があり、フォードの懐古路線戦略により復活した。 等、「コブラ」の名前とバッジを与えられることが多い(混同しやすいがは別の車種)。 またエンジンユニットにはバルブカバー、もしくはエアクリーナヘッドにコブラのマークもしくはロゴが与えられているのも特徴。 ただしキャロル・シェルビーが手がけたものでは ないマスタングの上位モデルとして「コブラ」の名前を受け継いだモデル(マスタング・コブラ、マスタング・キングコブラ等)もあるが、それらはシェルビー・マスタングとは呼ばない。 あくまでもキャロル・シェルビーが手がけたマスタングのことを指す。 それに伴いフォード・モーターはマスタングの販売促進のため、SCCAのロードレース参戦を決意。 マスタング・ファストバックをベースにしたロードレース用のハイパフォーマンスモデルの開発をシェルビーに委託し、GT350の開発に至った。 当時のSCCS Bプロダクション・取得には、100台以上の製造販売などが条件であったが、レース出場の約款には市販車から軽量化などのライトチューニングのみ(エンジン、サスペンション、ブレーキ変更不可)で行なうというものであった。 そのため、市販車がそのままレースに適応できる状態にする必要があった。 GT350はこうした当時のレースシーン、アメリカのナショナリズム、オイルショック前の時代背景といった複合的背景をもって生まれた。 まずシェルビーはフォードに「ハイパフォーマンス289を積む外装ホワイト、内装ブラックのマスタング・ファストバック」をリクエストした。 7L)のフォードウィンザーエンジンのハイパフォーマンスバージョンを装備。 このユニットはマスタングのオプション用エンジンをベースにシェルビーアメリカンがさらにチューニング。 さらに細かいところでは、遮音材、制振材、ヒーター、パワーステアリングなど快適性を求めるものは一切排除し、軽量化のためアルミケースのや、重量配分などを考慮してバッテリーがトランクに、スペアタイアが車内に移動した。 またホモロゲーションが2座席車であったことなどから、リアシートは取り除かれていた。 外見的なマスタング・ファストバックとの差は、フロントグリルおよびサイドのバッジとボンネット中央のフードシェイカー。 リアの中央にある給油口もコブラのエンブレムがある。 色は白地のみで、オプションで青ストライプを入れることが可能。 またGT350とGT350Rの間に安全装備以外のスペック的な差はなく、エクステリアでフロントバンパーがFRP化されていたことと、フロント以外の窓がアクリル化していただけである。 製造モデルはストリートモデル(通常版)が516台、ドラッグレースモデル(GT350R)が9台、その他(プロトタイプなど)が37台、合計562台とされているが、実際はストリートモデル(GT350)が526台、GT350Rが36台となった。 製造、販売はシェルビー・アメリカン。 そこでモデルでは一般人に受け入れられるようデチューンが施された。 レースシーンでは1965年以降、3年に渡りSCCA Bプロダクションで優勝はもちろん、上位独占という華々しいものであった。 しかしその実績、人気とは裏腹に固い足回りや重いステアリング、不快な騒音や臭いなどストリートに不向きな仕様でGT350の市販車はあまりに評判が悪かった。 そのためフォードのイメージ戦略として市販車の評判を向上させるべく快適性を1966年モデル以降で向上させた。 それは足回りやトランスミッションなどのレース指向のスパルタンなパーツはほぼオプション化、やエアコン、ラジオの取り付けオプション選択が可能となり、リアシートも折り畳み式に変更。 また色の選択も可能となった。 外見的な特徴は、サイドクォーターが窓化されたくらいで、1965年モデルとほとんど変わっていない。 最大の特徴はバージョンの製造が挙げられる。 ハーツレンタルカーバージョンはGT350Hとして米国のハーツレンタカー店舗に提供された。 これは誰でもスペシャルなマスタングを体験してもらいたいというシェルビーとフォードの意図によるものである。 GT350Hは一般に販売されなかった。 GT350Hの典型的なカラーは黒で(約1000台中、800台)、すべて金ストライプが入っている。 またキャロル・シェルビーが熱望したバージョンが製造されている。 1966年製造モデルはGT350Hも含め2380台で、うち6台はキャロル・シェルビーによる特注のコンバーチブル。 同年にマイナーチェンジが施されたフォード・マスタングをベースにしており、よりエアロダイナミクスを考慮した外装となった。 またこのモデルより排気量を向上させたGT500を投入。 またコブラのバッジが与えられたのもこのモデルからである。 1967年モデルから追加されたGT500は、排気量428ci 約7. そのためトランスミッションもフォード製の強化タイプが適用された。 GT350は従来通りの289HiPoモデル。 GT350とGT500の差はエンジンのみである。 1967年モデルはフロント周辺外装が2種類存在する。 それはハイビームランプの位置である(ラジエータグリルに設置されたランプはフォグランプではなくハイビームランプ)。 サイドに位置するメインのランプに挟まれたラジエータグリルにハイビームランプがセットされるのだが、中央に2つ並んでセットされたバージョンと、ラジエータグリルの両端にセットされメインランプと並ぶバージョンがある。 これは当時、ランプの横にハイビームランプを設置しなければならないという法律がカリフォルニア州、ペンシルベニア州などいくつかの州で定められていたため、当該の州ではラジエターグリルの両端にハイビームランプがセットされた。 またテールランプは1967年型マーキュリー・クーガーからの流用。 外装はラジエータグリルが大きくなり、またハイビームランプも円形から長方形に変更。 些細なところではテールランプが1965年型フォード・サンダーバードからの流用。 エンジンではGT350には302ci(約4. 9L)V8が与えられた。 1968年モデルで特筆すべきは、GT500KRが加わった事である。 KRはキングオブロード( King of Road )の略であり、その名の通りGT500を凌駕するスペックが与えられた。 エンジンは428コブラ・ジェット、ショックアブソーバ、トラクションロックLSDなど様々な点でGT500を上回る装備が与えられた。 これは過激な馬力競争、いわゆるマッスルカーの渦中にあり厳しい検査を逃れるためだと言われている。 この数値は捏造ではなく、吸気排気システムをすべて設置して計測した数値。 通常のカタログでは吸気排気システムをすべて取り払い、エンジン単体で数値計測を行なった数値を載せている。 またそれぞれのモデルにコンバーチブルもカタログモデルとして投入されており、コンバーチブルには車体剛性を補強するロールバーが標準装備となる。 シェルビー・マスタングを取り巻く周辺の出来事としては、1968年、シェルビー・アメリカンはレース専門のシェルビー・レーシング、パーツサプライヤーとなったシェルビー・パーツ、そしてフォードの下請けとなりFRPパーツなどを生産するシェルビー・オートモーティブの3つに分社化された。 これはシェルビー・アメリカンが製造、販売が困難になり、またキャロル・シェルビーがレースに専念したいという思惑などの背景がある。 その分社化の一環で「コブラ」の商標がシェルビー・アメリカンからフォード・モーターに売却された。 同年デビューしたフォード・マスタング・マッハ1をベースにフルモデルチェンジと言っても過言ではないほどの変貌を遂げている。 スペックとしてGT350のエンジンユニットが351ci(約5. バルブカバーにはコブラのマークを入れいかにもスペシャルチューンに見せていたが、中身はマスタング・マッハ1のエンジンと同一であった。 GT500のエンジンもまた、前年モデルのGT500KRと同一の428コブラジェット。 スペックとして大きな変貌はなかった。 シェルビー・マスタングの歴史はこのモデルで一旦幕を下ろすこととなった。 フォード・モーターの戦略として、既にマスタング・マッハ1、マスタング・BOSSという新しいモデルを投入しており、レースシーンもSCCA Tras-Amへと主力ステージを変更しつつあった。 大排気量を武器に高スペックとレース指向のいわゆるマッスルカーの市場も狭まりつつ、存在意義も疑問視されていた。 それは社会情勢としての背景もある。 の長期化など国家としての疲弊や、社会情勢の不安やエネルギー問題の浮上などが挙げられる。 何より1969年モデルが顕著なのだが、シェルビーというレース名門ブランドを冠したただの車になっている実情があった。 発祥はレースにも適用できるロードゴーイングカーであったシェルビー・マスタングもデチューンを繰り返し、上がるのは排気量とエンジンスペックのみ。 そしてそれらを補う意味でギミックやデコレートが増える一方であった。 その現状を鑑みフォード・モーターとキャロル・シェルビーはシェルビー・マスタングの開発を中止にした。 2007 シェルビー GT500 [ ] 2007 Shelby GT500 、フォード・モーターはを発売した。 その外見は初代をモチーフにしたデザインであった。 理由はいくつか挙げられるが、フォード設立100周年記念事業のまっただなかであり、車の流行もに傾きつつある。 そうした背景の中で、と往年の名車を彷彿させるデザインの新車を発表しており、その事業の一環としてマスタングも懐古路線をたどることになり、シェルビーが手がけたスペシャル・マスタングもまた同様に復活を遂げた。 ただし1965年当時(GT500だから1967年当時でも)と決定的に違うのはフォードが主導を握り、フォード・スペシャル・ヴィークル・チーム( Special Vehicle Team 、)がこのマシンを作っている点である。 しかしフォードと関わりを持つキャロル・シェルビーの意見をスペックから外装に関するものまで取り入れているため、シェルビーの名前とバッジが与えられている。 このモデルのプロトタイプが発表,公開されたのは2005年のが最初である。 プロトタイプとはいえ、このときすでに量産を可能なモデルとなっていた。 実際、秋に売り出された型GT500と同等のスペックであった。 そのエンジンユニットは付き5. また、GT500KRはに製作・放送された『』 の続編作品としてに製作・放送された『』 に登場する「ナイト3000」のベース車に選ばれている。 この事から、従来「 King of Road」という意味であったKRに、新たに「 Knight Rider」という意味も加えられた。 ボディタイプはクーペとコンバーチブル。 中央と側面のストライプをオプションで入れることが可能だが、モデルより赤のストライプを選択できる。 2013 シェルビー GT500・GT500「Super Snake」 [ ] 6代目マスタングのほぼ最終形態である、2013年式マスタング、それの最上位モデルとして現れた2013年式GT500、ストック状態で約662馬力を発生させる、そして、マスタング自体のモデルチェンジに伴って、GT500にも変化がある、具体的には ・フロントバンパー、リアバンパーの若干の形状変更 ・リアコンビランプ(テールランプ)の変更 ・ナンバープレート取り付け位置の形状変更 である。 ボディーカラーは純正色にすべて対応しており、好きな色を選ぶことが可能であった(ゴット・ハブ・イットと呼ばれる鮮やかなグリーンや、スクールバスイエローなども選択可)。 ストライプは太い線が真ん中に2本というのは変わっていないが、ユーザー選択制で、ステッカーか塗装かが選択できた。 それが[シェルビーGT500 Super Snake]である。 第一に、Super Snakeは購入方法が全く異なる。 ディーラーで購入するわけではなく、まずはフォードのディーラーでGT500を購入する。 そしてその購入したマシンをシェルビーアメリカンに送る。 この発送の段階で細かな仕様決定をする。 仕様を決定したのち、シェルビーアメリカンにて、ハンドメイドで製作される。 この際、GT500の購入費+SuperSnakeのアップグレード費+往復の送料+パーツ代がかかる。 そのため、車両価格の二倍ほどの値段がかかる。 現在は七代目マスタングにモデルチェンジしている。

次の