レヴァン ド フスキ fp。 レヴァンドフスキのプレースタイル!最強FWの凄さとは?

【ロシアW杯】レヴァンドフスキの筋肉やプレースタイルについて徹底解説

レヴァン ド フスキ fp

2020年6月4日追記しました。 プロデビュー時の背番号が判明したので追記しました。 世界屈指のストライカーとなった レヴァンドフスキ。 ドイツ・ブンデスリーガの絶対王者バイエルンに所属をし、ブンデスリーガで4回も得点王を獲得しています。 2018年W杯ロシア大会では、日本代表と試合を行ったことで、日本でもレヴァンドフスキの名前を知っている方は多いと思われます。 宿敵ドルトムントから「禁断の移籍」をしたレヴァンドフスキですが、ドルトムントでの成長が今に繋がっていますね。 世界屈指のストライカーへと成長したレヴァンドフスキですが、プロデビュー後の背番号は何番を背負ってきたのでしょうか? 今回は、レヴァンドフスキの歴代背番号について書いていきたいと思います。 まずは、レヴァンドフスキのプロフィールから書いていきます。 この記事の内容• レヴァンドフスキのプロフィールは? 愛称:レヴィー(Lewy) 国籍:ポーランド 生年月日:1988年8月21日 出身地:ワルシャワ 身長:185cm 体重:79kg 在籍チーム:バイエルン・ミュンヘン ポジション:FW CF 背番号:9 利き足:右足 2006-2008:ズニチュ・プルシュクフ 2008-2010:レフ・ポズナン 2010-2014:ドルトムント 2014-:バイエルン・ミュンヘン ポーランドの3部リーグ(当時)であるズニチェ・プルシュクフで、リーグ優勝し、15得点を挙げ得点王になりました。 若いうちから、得点王になるとはね・・・。 3部リーグとはいえ、得点王になれるものではないです。 3部リーグで優勝したわけなので、翌シーズンは2部リーグでプレーをすることとなったレヴァンドフスキ。 レヴァンドフスキは、2部でも大活躍。 昇格したばかりにもかかわらず、21得点を挙げ、チームは1部昇格! あり得ない話ですね。 普通、カテゴリーが上がれば苦戦するはずなのですが・・・。 レヴァンドフスキには関係なしといったところでしょう。 活躍が認められ、レフ・ポズナンというクラブに移籍をし、移籍初年度から二桁得点を記録するなど大活躍。 2年目には、リーグ優勝を果たすとともに、レヴァンドフスキは得点王を獲得。 ポーランドでは敵なしのような状況となったレヴァンドフスキは、2010年に、ドイツの名門ドルトムントへ移籍をすることに。 移籍初年度は、ドルトムントのエース・バリオスがいたため、バックアッパーとして試合に出場。 途中出場が多い中、8得点を挙げる。 その年は、ドルトムントはリーグ優勝しましたが、レヴァンドフスキにとっては物足りないシーズンとなりました。 しかし、翌シーズンは、怪我がちなバリオスの代わりに試合に出ることが多くなり、シーズン22得点を挙げ、ドルトムント2連覇の立役者に。 この頃のドルトムントには、香川真司もいましたし、ドルトムントは強かったですからね。 この辺りから、レヴァンドフスキは移籍するのではないか?と噂されていましたが、ドルトムントに残留。 しかし、2014年の1月に、レヴァンドフスキは「禁断の移籍」を決意し、宿敵バイエルンに移籍した。 この頃は、レヴァンドフスキ以外にもドルトムントからバイエルンに移籍する選手が多かったですからね。 バイエルンは何としてでも王者奪還をしたかったのでしょうね。 それにしても、ドルトムントからよく引っ張ってこれましたね。 2013-2014シーズンは、ドルトムントで過ごし、得点王に輝き、2014年の7月にバイエルンの一員に。 そこからは、強力なチームメートに囲まれ、レヴァンドフスキは得点を量産。 昨シーズンまでに、3回も得点王を獲得し、今も衰え知らずで得点を量産しています。 レヴァンドフスキも年齢は高い方なのですが、得点力は変わらず。 しかも、今シーズンは、コウチーニョが移籍してきたのでより得点を重ねるような気がします。 レヴァンドフスキの経歴は、このような感じなのですが、歴代の背番号は何番が多かったのでしょうか? 次は、レヴァンドフスキの歴代の背番号について書いていきたいと思います。 レヴァンドフスキの歴代背番号は何番が多かったのか? ポーランドの3部リーグでプロデビューを果たしたレヴァンドフスキですが、歴代 背番号は、どうだったのでしょうか? ズニチェ・プルシュクフに在籍していた時のレヴァンドフスキの背番号は何番だったのでしょうか? ズニチェ・プルシュクフ時代 調べてみたところ載っていませんでした・・・。 レヴァンドフスキの歴代の背番号といえ、3部リーグですので載っていなくても当たり前かもしれません。 画像はありません! レフ・ポズナン時代 レフ・ポズナンの頃の背番号はというと、ありました! 若かりし来頃のレヴァンドフスキ。 パンツのところに、8と出ていますね。 この時は、背番号8ということがわかりました。 歴代背番号で8というのも珍しいですね。 ドルトムント時代 そして、ドルトムント時代はというと、背番号9ですね。 レヴァンドフスキお馴染みの背番号です。 レヴァンドフスキが日本で有名になったのも、この頃だったと思われます。 得点量産もそうですが、香川真司が所属し、ドルトムントが強かった頃なので。 バイエルンでの活躍も素晴らしいですが、レヴァンドフスキが歴代最高の輝きを放っていた時期かもしれませんね。 「禁断の移籍」をしたレヴァンドフスキ。 バイエルンでの背番号は9。 バイエルンも背番号9を渡すつもりで用意していたことでしょう! レヴァンドフスキの歴代背番号を見てきましたが、意外に背番号8という時代があって、ビックリしました! 歴代背番号で多かった番号は、やはり、9番が多かったのですね。 今後も、レヴァンドフスキは背番号9を背負う確率が高そうですね。 バイエルンから移籍となれば、背番号が変わるかもしれませんが、まだ、バイエルンでやれる力はあると思われますので、当分は変わらないことでしょう。 今後も得点を量産し、バイエルンの歴代ストライカーに名を残すのでしょうね。 2020年には、EUROもありますし、本大会に出場できるように、予選を突破して欲しいですね。 レヴァンドフスキのポーランド代表での歴代背番号についても書いてみます。 その試合で得点を挙げる活躍をしました。 ポーランド代表デビューを果たした2008-2009シーズンは、背番号9、13、17。 一番最初は、17番だったようですね。 その後は、背番号9を背負い続けています。 レヴァンドフスキが、ポーランド代表を引退するまで背番号9を背負い続けていることでしょう。 レヴァンドフスキであれば、W杯カタール大会までやれると思いますので、そこまでは代表で活躍をしてほしいですね。 まとめ。 今回は、レヴァンドフスキのプロフィールと 歴代背番号について書いてみました。 まさか、3部リーグからプロデビューしたとは思いませんでした。 プロデビュー当時から頭角を現し、一気に世界的な選手になっていったのですね。 レヴァンドフスキの歴代背番号ですが、背番号8があったことは意外でしたが、それ以外は背番号9なので、あまり驚かない結果となってしまいました。 今後は、ブンデスリーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、EURO予選とありますが、怪我だけには気を付けて欲しいですね。

次の

FPレヴァンドフスキの使い方とレベマ能力値比較!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

レヴァン ド フスキ fp

ロベルト・レヴァンドフスキのもとに、ギネスワールドレコーズから認定証が送られたようだ。 Das sind die 4 Rekord-Urkunden! 今回はこの試合でのゴールが世界記録として認められたのだが、レヴァンドフスキのもとに送られた賞状の数は4枚であった。 Robert Lewandowski ha recibido hoy su certificado del Guinness World Records por sus 5 goles ante el Wolfsburgo. — Zona Deportiva ZonaDeportivaZD 1試合で4つの世界記録を作るなんて、レヴァンドフスキ半端ない…。 では一体何が世界記録に認定されたのだろう?バイエルン公式によれば、それは以下の4項目であるという。 ・ブンデスリーガの1試合における最速ハットトリック ・ブンデスリーガの1試合における最速4ゴール ・ブンデスリーガの1試合における最速5ゴール ・ブンデスリーガの1試合における途中出場の選手としての最多ゴール数 上の3つに関してはある程度想定内であろう。 レヴァンドフスキはこの試合で3分22秒で3得点を、5分42秒で8分59秒で5得点をあげているが、これらはいずれもブンデス記録であった。 そして、意外と忘れられがちであるがレヴァンドフスキは先発出場ではなくティアゴ・アルカンタラとの交代で後半から出場しており、途中出場の選手としての5ゴールも新記録であるのだという。 ちなみに、今回はあくまで「ブンデスリーガの新記録」ということがギネスから認められたようで、「世界記録」とはまた違っているようだ。 その証拠に、2000年2月に開催されたアジアカップ予選日本対ブルネイ戦で中山雅史が3分15秒でハットトリックを達成している(レヴァンドフスキは3分22秒)。

次の

FPレヴァンドフスキの使い方とレベマ能力値比較!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

レヴァン ド フスキ fp

80 ホーム平均評価点 2. 8893 アウェイ平均評価点 2. 7346 両足での強烈なシュートと絶妙なポジショニングセンスでゴールを量産するポーランドのエース。 個人技だけでなく、質の高いポストプレーで周囲を活かし、チャンスメイクにも長ける。 CFだけでなくトップ下のポジションでも機能する。 クラブではエースストライカーとしてドイツリーグ2連覇、2冠に貢献。 年齢 出場 評価 スピ テク パワ スタ ラフ 個性 PK FK CK CP 交換 知性 感性 個人 組織 24歳 63413 2. 74 9 8 8 7 5 8 4 3 1 7 S 0 0 0 0 25歳 86971 2. 80 9 8 9 7 5 8 4 3 1 7 S 0 0 0 0 26歳 83089 2. 92 9 9 9 8 5 9 4 3 1 7 S 0 0 0 0 27歳 76293 2. 93 9 9 9 8 5 9 4 3 1 7 S 0 0 0 0 28歳 68066 2. 91 9 9 9 7 5 9 4 3 1 7 S 0 0 0 0 29歳 47196 2. 79 8 8 9 7 5 9 4 3 1 7 A 0 0 0 0 30歳 20446 2. 46 7 8 8 7 5 9 4 3 1 7 A 0 0 0 0 31歳 7320 2. 24 6 7 7 6 5 9 4 3 1 7 A 0 0 0 0 32歳 3460 2. 12 5 7 7 5 5 9 4 3 1 7 A 0 0 0 0 33歳 1962 2. 03 4 6 6 4 5 9 4 3 1 7 A 0 0 0 0 34歳 1057 1. 90 0 0 0 0 5 9 4 3 1 7 S 0 0 0 0 シーズン別成績.

次の