週刊少年ジャンプ 2ch。 超・ジャンプまとめ速報【漫画のネタや感想の2chまとめサイト】

【悲報】「週刊少年ジャンプ」編集部員に新型コロナウイルス感染の疑い 20日発売予定の週刊少年ジャンプ21号、発売を延期

週刊少年ジャンプ 2ch

2020年7月13日 古舘春一「ハイキュー!! 」が、7月20日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)で最終回を迎える。 本日7月13日発売の同誌32号で発表された。 「ハイキュー!! 」は類まれな瞬発力と跳躍力が武器の日向翔陽と、天才と称されるセッター・影山飛雄のコンビを中心に描くバレーボールもの。 週刊少年ジャンプにて2012年2月より連載中で、単行本は43巻まで刊行されている。 TVアニメ、演劇、小説、ゲーム化など幅広いメディア展開も行われてきた。 単行本44巻と、星希代子が手がける小説「ハイキュー!! ショーセツバン!! XII」は8月4日に同時発売予定。 週刊少年ジャンプ32号では「ハイキュー!! 」が表紙と巻頭カラーで登場したほか、妖怪世代(モンスター・ジェネレーション)より、日向、影山、牛島、木兎を描いたポスターも付属。 ポスターの裏面には日向、影山、牛島、木兎による座談会が掲載されている。 なお最終回はセンターカラー28ページで掲載。 最終回の複製原稿が応募者全員サービスでプレゼントされるほか、アニメや演劇のキャスト陣、クリエイターからのお祝いコメントも収められる。

次の

漫画賞への投稿・持ち込み|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

週刊少年ジャンプ 2ch

新世界漫画賞のココがスゴい!! 現役の連載陣がキミの漫画を直接審査!! 漫画雑誌の最先端を走る連載陣が直接キミの原稿を読むぞ!! 憧れの先生から直接評価され、直接コメントを貰えるのは漫画家としてレベルアップする大チャンスだ!! その月のトップ賞は必ず本誌or増刊に掲載!! 準入選以上の受賞でも掲載確約!! 掲載確約の入選・準入選!! 仮に入選・準入選が出なかった月でもその月のトップ評価を受けた作品は 本誌または増刊に掲載を確約するぞ!! 有望投稿作以上は担当が必ずつく!! 有望投稿作に引っかかれば必ずジャンプ編集部の担当がつくぞ!! そうでなくとも光るものがあり、編集部の目に留まればキミの元に電話がいくぞ!! 担当を付けて編集者と二人三脚で頑張ろう!! SNSでの審査速報あり!! 是非、フォローしてくれ!! ベタ・トーン部分の上にセリフやモノローグを入れる時はトレーシングペーパーを使おう!! 付箋やメンディングテープの上から描くのは厳禁!! トレーシングペーパーは原稿の上からかけて、入れたい場所の上に鉛筆で字を書こう。 トレーシングペーパーはテープで止めよう。 この時絵を描いた原稿のおもて面に直接貼ると、原稿が破れたり、ベタ・トーンがとれることがあるぞ。 雑誌をみれば わかる通り、ノド側は綴じるために原稿が巻き込まれてしまう。 右ページならば左側、左ページ ならば右側がノド側になる!! ノド側には絵が入らないよう3cm程度空けるなどして原稿用紙を 使うといいぞ!! 予めノンブルを振って右ページ、 左ページを把握しておこう!! さらに、ジャンプの漫画は基本的に左Pから始まり、左Pに 終わるので極力したがおう!! P数はストーリー漫画、ギャグ漫画ともにP幅をとっているが、 左Pに始まり左Pに終わると奇数Pになるので、奇数Pで書くことにも慣れておくといいぞ!! つながった断ち切り線が絵を描く範囲だ!! この際、顔やセリフが貼り合わせた部分にこない ように気をつけよう!! 貼り合わせた部分が見開きのノドになるため、セリフや顔が巻き込まれて 製本された際に違和感がでてしまうぞ!! このとき、解像度は600dpi以上、モノクロ2値で描くことを推奨しているぞ!! WEB投稿の場合は原稿の画像ファイル名は「001. 本誌の漫画の1. 2倍の大きさです。 あらかじめコピーをとってお送りください。 ・WEB投稿の場合 提出ファイルのサイズ上限は200MBです。 各画像ファイル名は「001. jpg」など掲載順がわかるものにしてください。 提出の際にはTIFF、PSDなどの画像ファイルをzip圧縮してください。 ZIP内にはフォルダは2つ作成せず1つのディレクトリで格納してください。 ファイル名は「(作品タイトルの半角英数字). zip」など正式タイトルがわかりやすいものにしてください。 解像度はモノクロ2値600dpi以上を推奨します。 以降は自動的に次月の審査対象となります。 佳作を受賞した作品は「少年ジャンプ+」にて公開、賞金は発表後2か月以内に現金で郵送、もしくはご指定の口座に振り込みます。 希望者は原稿と同時に、住所と氏名を記入し、710円分の切手を貼った封筒(角0)を入れてください。 なお、受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権等諸権利は集英社に帰属するものとします。 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

JUMP新世界漫画賞

週刊少年ジャンプ 2ch

新世界漫画賞のココがスゴい!! 現役の連載陣がキミの漫画を直接審査!! 漫画雑誌の最先端を走る連載陣が直接キミの原稿を読むぞ!! 憧れの先生から直接評価され、直接コメントを貰えるのは漫画家としてレベルアップする大チャンスだ!! その月のトップ賞は必ず本誌or増刊に掲載!! 準入選以上の受賞でも掲載確約!! 掲載確約の入選・準入選!! 仮に入選・準入選が出なかった月でもその月のトップ評価を受けた作品は 本誌または増刊に掲載を確約するぞ!! 有望投稿作以上は担当が必ずつく!! 有望投稿作に引っかかれば必ずジャンプ編集部の担当がつくぞ!! そうでなくとも光るものがあり、編集部の目に留まればキミの元に電話がいくぞ!! 担当を付けて編集者と二人三脚で頑張ろう!! SNSでの審査速報あり!! 是非、フォローしてくれ!! ベタ・トーン部分の上にセリフやモノローグを入れる時はトレーシングペーパーを使おう!! 付箋やメンディングテープの上から描くのは厳禁!! トレーシングペーパーは原稿の上からかけて、入れたい場所の上に鉛筆で字を書こう。 トレーシングペーパーはテープで止めよう。 この時絵を描いた原稿のおもて面に直接貼ると、原稿が破れたり、ベタ・トーンがとれることがあるぞ。 雑誌をみれば わかる通り、ノド側は綴じるために原稿が巻き込まれてしまう。 右ページならば左側、左ページ ならば右側がノド側になる!! ノド側には絵が入らないよう3cm程度空けるなどして原稿用紙を 使うといいぞ!! 予めノンブルを振って右ページ、 左ページを把握しておこう!! さらに、ジャンプの漫画は基本的に左Pから始まり、左Pに 終わるので極力したがおう!! P数はストーリー漫画、ギャグ漫画ともにP幅をとっているが、 左Pに始まり左Pに終わると奇数Pになるので、奇数Pで書くことにも慣れておくといいぞ!! つながった断ち切り線が絵を描く範囲だ!! この際、顔やセリフが貼り合わせた部分にこない ように気をつけよう!! 貼り合わせた部分が見開きのノドになるため、セリフや顔が巻き込まれて 製本された際に違和感がでてしまうぞ!! このとき、解像度は600dpi以上、モノクロ2値で描くことを推奨しているぞ!! WEB投稿の場合は原稿の画像ファイル名は「001. 本誌の漫画の1. 2倍の大きさです。 あらかじめコピーをとってお送りください。 ・WEB投稿の場合 提出ファイルのサイズ上限は200MBです。 各画像ファイル名は「001. jpg」など掲載順がわかるものにしてください。 提出の際にはTIFF、PSDなどの画像ファイルをzip圧縮してください。 ZIP内にはフォルダは2つ作成せず1つのディレクトリで格納してください。 ファイル名は「(作品タイトルの半角英数字). zip」など正式タイトルがわかりやすいものにしてください。 解像度はモノクロ2値600dpi以上を推奨します。 以降は自動的に次月の審査対象となります。 佳作を受賞した作品は「少年ジャンプ+」にて公開、賞金は発表後2か月以内に現金で郵送、もしくはご指定の口座に振り込みます。 希望者は原稿と同時に、住所と氏名を記入し、710円分の切手を貼った封筒(角0)を入れてください。 なお、受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権等諸権利は集英社に帰属するものとします。 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の