インスタ アンケート 複数回答。 単回答・複数回答で読み間違いのない集計・グラフの作り方|Excel(エクセル)で学ぶデータ分析ブログ

【図解あり】Googleフォームの初心者でもわかるアンケート作成・使い方を紹介【無料・オンライン上・自動集計】

インスタ アンケート 複数回答

イチからはじめるInstagram 第4回:Instagramをより楽しむためのTips 「イチからはじめるInstagram」特集は今回で最終回となる。 これまでInstagramの基本的な使い方を解説したが、今回はもっとInstagramを楽しむためのTipsをお伝えしたい。 【関連記事】 1 ハッシュタグを使いこなす SNSで多用されている「#(ハッシュタグ)」は、Instagramでも大きな役割を果たしている。 自分の投稿への誘導と、興味ある投稿の自動収集だ。 ハッシュタグはタップすると、同じハッシュタグを付けている投稿が検索され、一覧に並ぶ。 検索機能からもハッシュタグで探せる。 そのとき目を引く投稿をしておくと、いいねやフォロワーが増えることがある。 これを「タグ映え」と呼ぶ。 そして、ハッシュタグは「フォローする」ことができる。 フォローすると、そのハッシュタグが付いた投稿がフィードに表示されるようになる。 いちいち検索する必要がなくなるため、常にキャッチアップしたいジャンルはフォローしておくとよいだろう。 ハッシュタグで検索する手順 ハッシュタグで検索するには、まず画面下の検索ボタンをタップする。 「タグ」にしてキーワードを入れる、もしくは「#」を先頭に入れてキーワードを入れると、関連するハッシュタグが表示されるので、タップする。 ハッシュタグの検索結果画面では、「トップ」に人気の投稿、「最近」には新しい投稿が表示される。 フォローするには「フォローする」をタップする。 2 複数の画像や動画を投稿する Instagramは1投稿に画像や動画を10個まで投稿することができる。 複数の画像がまとめられている投稿は、スワイプすると次の画像を見ることができる。 スワイプしなければ見られないなら1枚ずつ投稿したほうがいいと考える人もいるかもしれないが、一度見た投稿でも、次にInstagramを開いたときには2枚目の画像で表示されるので、それをきっかけにすべての画像を見てもらえる可能性がある。 コラージュはInstagramが提供する「Layout from Instagram」という別アプリで行う。 インストールすると、Instagramと連携できて使いやすいので、ぜひ試してほしい。 複数枚の写真を投稿する手順 複数枚の写真を投稿する際は「複数枚を選択」をタップする。 投稿する画像や動画を選択して、あとは通常通りに投稿するだけ。 コラージュを投稿する手順 コラージュを作りたい場合は、「Layout」ボタンをタップする。 アプリをインストールする。 「Layout from Instagram」を起動してコラージュしたい画像とレイアウトを選択する。 画像の入れ替えや加工を行ったら「保存」を押すと、Instagramへのシェアボタンが表示される。 3 ストーリーズのスタンプを使いこなす ストーリーズには「スタンプ」がある。 スタンプは、デザインされたイラストや文字で元の画像や動画を飾る目的のものと、閲覧者にアンケートや質問ができる機能付きのものがある。 機能付きのスタンプは、閲覧者と双方向のコミュニケーションができるので、若い人を中心に人気が高い。 どんなスタンプがあるか、いくつか紹介しよう。 ここでは、2020年2月にリリースされたばかりの「ミュージック」スタンプの使い方を説明する。 ミュージックスタンプは、提供されている国内外の楽曲をストーリーズに貼り付けることができる機能だ。 本サイトの読者なら、写真作品に合わせたBGMを設定すると表現の幅が広がるだろう。 楽曲は1投稿に最大15秒、曲の好きな箇所を選んで設置できる。 スタンプのデザインはいくつかあり、歌詞が用意されている楽曲は歌詞を見せることもできる。 また、アーティストがInstagramのアカウントを持っている場合は、アーティストのページへのリンクとしても機能する。 ストーリーズでのミュージックスタンプの設定手順 ストーリーズの投稿画面でスタンプボタンをタップし、「ミュージック」をタップする。 検索画面が表示されるので、曲名やアーティスト名を検索し、設置したい曲を選ぶ。 曲の位置をバーで選び、表示形式や文字の色などを選んで「完了」をタップするとスタンプの設置完了だ。 4 他のSNSに同時投稿する Instagramのフィード投稿は、Facebook、Twitter、Tumblr、Ameba(アメブロ)、mixi、weiboなどに同時投稿することができる。 一人でも多くの人に見て欲しい画像や動画は、一斉投稿すると手間が減る。 ただし、SNSはそれぞれに文章の雰囲気やハッシュタグの分量などにカルチャーがあるので、投稿によってシェアするかどうかを毎回決めるとよいだろう。 同時投稿するには、設定でアカウントを連携しておくとよい。 「設定」の「アカウント」で「リンク済みのアカウント」を選んで設定しておこう。 SNS同時投稿の設定方法 アカウントページの右上にあるメニューボタンをタップし、「設定」の「アカウント」で「リンク済みのアカウント」を開く。 ここでは「Twitter」をタップする。 Twitterのアカウントを入力し、「連携アプリを認証」する。 投稿時に同時投稿するSNSをオンにしてから「シェア」をタップする。 本企画では、4回にわたって駆け足でInstagramの基本と応用を紹介した。 Instagramは写真好きに最適なSNSだ。 ぜひこの記事を参考にして、オンライン越しの交流を楽しんでもらいたい。

次の

単回答・複数回答で読み間違いのない集計・グラフの作り方|Excel(エクセル)で学ぶデータ分析ブログ

インスタ アンケート 複数回答

さて、各アンケート項目の選択肢には様々な種類があります。 選択肢の選択方法の種類といったところです。 それを質問内容に合わせて利用することができます。 Googleフォームで利用できる選択し等の種類一覧を表にまとめてみました。 種類 内容 記述式 記述式の解答欄。 短文用。 段落 記述式の解答欄。 長文用。 ラジオボタン 選択肢のうち1つだけを選択したい場合に利用。 選択肢少なめの場合に推奨。 チェックボックス 複数選択式の場合に利用する選択肢。 プルダウン 選択肢のうち1つだけを選択したい場合。 選択肢がかなり多い場合(都道府県名など)に利用推奨。 ファイルのアップロード先 回答者にファイルのアップロードを行ってほしい場合に利用。 (信頼できる相手の場合のみ推奨の機能) 均等目盛 均等な目盛りの設置。 評価点などを何段階評価で、という場合などに利用する形式。 選択式(グリッド) 二つの条件を提示し、合致するものを1つ選択してもらう形式の選択肢。 チェックボックス(グリッド) 二つの条件を提示し、合致するものを複数選択してもらう形式の選択肢。

次の

インスタ「アンケート」機能の使い方や投票結果はバレるのか?など徹底解説

インスタ アンケート 複数回答

この記事の内容 「Googleフォーム」は無料で使えるオンラインアンケートフォームで、アンケート結果も• 自動集計・グラフ化してくれる• スプレッドシートへのダウンロードも可能• リアルタイムで確認が可能 こんな便利な機能をもつGoogleフォームの使い方と回答確認方法を解説します。 事業の現状改善に有益なのが 【お客さまの声】。 「事業改善の為にアンケートをとりたい」・・・。 けど・・・。 どうやってアンケートをとっていいかわからない!• 簡単にアンケートを取りたい!• 用紙でアンケートをとったけど集計がメンドクサイ!• オンライン上でアンケートが取りたいけどやり方がわからない!• 有料のシステムを使うのは少し勿体ない! そんな時に便利なのが、 Googleフォーム です。 これを使えば オンライン上で簡単にアンケートをとることができます。 また、 アンケート結果を自動集計してくれるので集計作業が発生せず大変便利です。 しかも 無料。 Googleフォームでアンケート作成と活用方法について紹介します。 Googleアカウントをお持ちでない方は、 先にGoogleアカウントを取得してください。 ご安心を、 Googleアカウントも無料です。 Googleフォームでアンケートを作成:Googleアカウントログイン~Googleフォームを開くまで Googleフォームにログインするには2つの方法があります。 直接ログインする• Googleドライブから開く それぞれ説明していきます。 Googleフォームを開く:直接ログインする 直接ログインする方法です。 にログインします。 Googleドライブからアンケート結果をリアルタイムで見ることが可能です。 また、集計結果の簡易分析までしてくれます。 まぁ、素敵すぎる。 Googleフォームでアンケートを作成:新規フォーム〜アンケートタイトル作成 実際にテストフォームを作成しながら解説してみます。 今回は Googleフォームからログインした場合の解説をします。 ・選択すると回答者のメールアドレス宛に、回答内容のコピーを送信するか選択します。 ・ 【回答者がリクエストをした場合】か 【常に表示】するかを選べます。 ログインが必要: 【回答を1回に制限する】 ・チェックすると、回答者が1回しか回答できなくなります。 Googleアカウントを持っていない回答者は 回答することができなくなりますので注意が必要です。 回答者が行える操作: 【送信後に編集】 ・チェックをすると、回答者が送信後にもう一度回答を編集できるようになります。 【送信先】 送信したいメールアドレスを入力します。 ・複数のメールアドレスに送りたい場合は、メールとメールの間にカンマ , を入力します。 【件名】 メールの件名を設定します。 ・初期値では [フォームのタイトル]が設定されています。 【メッセージ】 メール本文中のメッセージを入力します。 ・初期値では [次のフォームにご記入ください:]が設定されています。 【フォームをメールに含める 】 ・チェックするとメール本文にアンケート内容が追加されます。 回答者の事を考えると [フォームをメールに含める]をチェックせずに送ることをおススメします。 以上を設定し、 [送信]をクリックすれば送信完了です。 送信方法:リンク フォームをリンクを送信する方法です。 【新しい回答についてのメール通知を受け取る】 新規回答があった場合、Gmail宛に通知が欲しい場合はチェックします。 【回答先を選択】 回答先を [既存のスプレッドシートを選択]もしくは [新規のスプレッドシートを作成]が選択できます。 【フォームのリンクを解除】 リンクを解除する場合はチェックします。 【回答をダウンロード. csv 】 回答をCSV形式でダウンロードする場合はこちらを選択します。 【すべての回答を印刷】 回答を印刷する場合はこちらを選択します。 【すべての回答を削除】 回答を削除する場合はこちらを選択します。 回答を受付中 まとめ 大変お疲れ様でした! 以上、Googleフォームの使い方を解説しました。 実際に作成して貰えばわかると思いますが、かなり詳細なアンケートが作れます。 私もGoogleフォームはよく使用しますが、簡単で使いやすく、また紙のアンケートでは、その後の回答集約がめんどくさかったりしますが、Googleフォームを活用すれば、回答がすべて自動で集約・グラフ化、スプレッドシート化できたりと、時間短縮にも繋がります。 回答者もスマホで回答できるので、紙に回答するアンケートよりも、わずわらしさが無く、回答率が上がる可能性もあります。 お客様の声を聞く場合や、取引先へのアンケート、地域の集会や学校行事の多数決取り・意見集約など、様々な活用方法があるGoogleフォーム。 ぜひ活用してみてください!.

次の