いぶそう bl。 berry(@kazitu_0705)のプロフィール

COMPLETE CAR|ROWEN オフィシャルサイト

いぶそう bl

あなたは、歌い手が好きですか? 最初に申し上げておくと、私は全ての歌い手が心底嫌いなわけではありません。 私なんかよりは歌唱力が高く、エンターテインメントとしてリスナーを楽しませることを考えている歌い手の方が多くいるのも知っています。 その一方で、どうしても「歌い手」のこういう部分が許せない、というのは 私だけでなくいろんな人が持っているのかもしれません。 ニコニコ動画にある多くのカテゴリの中で、とりわけ叩かれやすい「歌い手」の存在。 今更ではありますが、その理由をまとめてみましょう。 中には本職のプロがアップしていることもありますが、往々にして歌い手は一般人です。 その歌い手が、CDを出したり、雑誌に乗ったり、はたまたアニメのEDを歌うようになったり・・・ 一言で言えば 調子に乗っていると見られてしまうのです。 本人たちにそんな気がなくとも、 「出る杭は打たれる」という国民性ですから、嫉妬や妬みによる攻撃もあるかもしれません。 コンプレックス丸出しのネットユーザー達は 「く、悔しい!あんなヤツらがチヤホヤされてる!悔しい!ブヒブヒ」 と嫉妬丸出しで怒り狂います。 確かに嫉妬や「気に入らない」という理由だけで歌い手を叩くのはさすがに問題があります。 とはいえ、たかが一般人なのに、 どう見ても調子に乗っている・有名人を気取っている と取られてしまうケースも多々あります。 「一般の方とお付き合いしています」というフレーズはあまりにも有名ですね。 【関連】 言葉を変えれば、歌い手は結局ボカロPの歌を歌っているだけ。 他人のふんどしで相撲を取っているだけの存在ですから。 それなのに、新しく歌ってみたを投稿した時に 「新曲投稿しましたー!聞いてね!」 とtwitterで宣伝する方も大勢します。 いやいやお前の曲じゃねえだろ・・・ 100歩譲っても「新曲」じゃなくて「新作」だろ・・・ などと、勘違いしてしまう歌い手は後を絶ちません。 その結果、各方面で非難を呼んで結果的に 炎上してしまうケースがあります。 彼のツイートは後に便乗しただけのネタだとわかりましたが、 これに賛同する歌い手も大勢いたことから、 「何アーティスト気取ってんだよウゼエ」 という反感を呼んだことは間違いないでしょう。 歌い手に限らず、「自分はこんなにも頑張っている」というアピールは 周りに不快感を与えるだけです。 努力はわざわざ公言せずに動画にぶつけたほうがよいかもしれません。 【関連】 ここらへんに、 「俺はお前ら一般ユーザーとは違うんだぜベイベ」という気概が伺えます。 何かしら問題発言をしたり炎上をしたりする歌い手は、 結局自分が有名になることによって図に乗ってしまうのが一番の問題ではないでしょうか。 一般人との格の違いを見せるという点ではまだ花輪くんのほうが腹が立たない気がします。 記憶に新しい ぱにょ事件です。 明るみになっていないだけで、 数々の歌い手はファンを抱いているのではという憶測もつきます。 このあたりに、 「歌い手=女を食い荒らす最低野郎」というレッテル貼りが生まれます。 また、歌い手とは直接関係ないかもしれませんが、 過去2回行われたニコニコ超会議において、 会場近くのコンビニからコンドームが売り切れた とか 会場近くのラブホが全て満室 とか そういった情報が多くありましたね。 ラブホは単なる宿泊のためとも思われますが、 会場内でも若い女性やJKが男性と一緒に出入りしている現場があることからも、 そういった性の乱れが懸念されるのも納得はできます。 まあ、これを読んでらっしゃる皆様は、 当然 異性に縁のないクソ童貞なわけですから、腹が立ちますよね。 お気持ち、お察しします。 また、犯罪行為と言えばゲームソフトを違法ダウンロードしてしまった われたみんぐるたみんさんも記憶に新しいですね。 彼もCDを出しましたが、 CDという媒体はちょっと落としただけで 「割れてしまう」ものですから、 取り扱いには注意しないといけませんね。 CDもゲームも、勝手に落として割ってはダメです。 と、犯罪行為について挙げましたが、もちろんこれはごく一部だけです。 ほとんどの歌い手は犯罪なんて犯しません。 が、一部が目立ってしまったため、「歌い手は犯罪集団だろ」 と極端な考えを持ってしまう人も増えました。 ——————————————— さあ、ここまで3つ紹介しました。 前半戦終了です。 ここまで読み進めて疲れた方もいるでしょう。 ちょっと目を休めるなりトイレに行くなりお茶を飲むなり、リフレッシュしてください。 リフレッシュが終わったら、続きに参りましょう。 筆者もイケメンではありませんし、 小栗旬とおでんくんを足して小栗旬を引いたような顔をしてますから、 あまり他人の容姿をどうこう言えないのですが、 たしかにぱにょ氏の実物は世間一般で言う「イケメン」には当たりません。 申し訳ない。 今や多くの歌い手がCDを出していますが、 そのジャケットのほとんどはイラストであり実物写真が出てこない。 中には実物写真が雑誌に乗っている歌い手もいますが、 なんとなくの雰囲気が ラルクアンシエルの出来損ない とか ガイアが俺にもっと輝けと囁いている とかそういう感じの、一昔前のカリスマ美容師目指してます系を想像してしまいました。 もし会社勤めならあの髪型はアリなのかと思ってしまいます。 そんなわけで大多数の歌い手は写真ではなくイラストで登場するんですが、 そのイラストもまあー美化に美化を重ねた美男美女ばかり。 ちょっと見てみましょう。 そしてこれが歌い手叩きの材料にされてしまうんです。 「イケボイケボ言われてるけど実際ブサイクなんだろ」 「ブスのくせに芸能人ぶんなよバーカ」 と容姿を叩いてしまうわけです。 が、 歌い手を叩くクソ童貞の皆さんも結局はブサイクですので同じ穴の狢ですね。 歌い手を嵐やAKBなどのアイドルと同列にとらえる人も多く、 そしてテレビに出るアイドルとは違って、 歌い手は非常に「距離が近い」存在ですから、一層のめりこみやすくなると言われています。 そこから生まれるのが、 ザ・信者。 信者と書いて「儲ける」とはよく言ったもので、 実際は信者の皆様の熱心な再生や購入活動により、歌い手はクリ奨などで収入を得られます。 ところが、歌い手のファンは中高生がほとんど。 まだ若いんです。 首もすわってないんです。 それゆえ、善悪の行動がつかない行動をしてしまうこともあります。 プロじゃないのに 「プロより上手い」と言ってのけるリスナーもいます。 さらには、パーカーを着ているだけでカゲプロのパクリと 摩訶不思議なことを言ってのける強者もいます。 【関連】 こういった信者の身勝手な行動から、 その信者を生み出している歌い手の存在こそが害悪だ、 自分たちの信者ぐらいちゃんとしつけとけ、という声が上がっています。 (「みた」がついてるのは歌ってみただけではありませんが) この辺りから、「自分はちょっと歌ってみただけだから!」というハードル下げの匂いがします。 また、動画説明文にて、本人の口から あんまり原曲聞いてません! 寝不足だけど歌いました! 滑舌悪いかもしれないけどごめんなさい! マイクが安いですが歌いました! 低クオ 低いクオリティ ですがすみません! ミックス分からないのでできません! 音程ちゃんと取れてるか心配ですが 原曲聞いてから2日で仕上げました などの言い訳オンパレード。 よく目にします。 「だったら最初からうpするなよ」・・・という声が聞こえてきますが、 しょうがないです、彼らはまだまだ若いんです。 頑張りたくないけど評価はされたい という複雑な思春期の真っ只中なんです。 自分でマイク買ったり機材買ったりボイトレしたりミックス勉強したり、 という努力はせずに、手軽に歌ってうpしたい、そしてよければ評価されたい、 そういう下心が、イラついて見える原因かもしれません。 また、そのような人はコメントで批判されると過剰反応して 「下手って言うやつは自分で歌ってうpしろ」 「嫌ならブラウザバックしろ」 と、売り言葉に買い言葉をしてしまう場合もいます。 自分でクオリティを上げる努力をしてないのだから叩かれて当然かとも思いますが、 指摘されると逆ギレしてしまいます。 しょうがないんです。 彼らはまだ若いんです。 耳に甘い賞賛のような言葉しかほしくないんです。 いくら誰でも自由に投稿できるニコニコ動画とはいえ、 大勢に支持されるためにはやはりそれなりのクオリティと努力が必要です。 【こんな記事もどうぞ】 まとめ いかがでしたか? 大きくまとめるとこんな感じです。 この他にも、 「勘違いしてライブとかやっちゃう」 「女をとっかえひっかえしててずるい」 「プロでもないのにプロ気取りしてうざい」 「原曲を大事にせず勝手なアレンジを繰り返している」 「対して歌が上手いわけではない」 「歌い手という呼び方がそもそも気に食わない」 「ただのカラオケなんだから自宅で歌ってろ」 など、歌い手が嫌われてしまう理由はあります。 この背景には、 「歌い手側の傲慢さ」「叩く側の嫉妬」 この2つの側面が深く絡んでいるように思われます。 冒頭にも書きましたが、必死に努力して素敵な動画を上げている歌い手もたくさんいます。 筆者も好きな歌い手は何人かいます。 小学生でも簡単にネットにアクセスできる昨今では、 見る側・作る側それぞれのマナーが問われています。 皆様も、ぜひお気をつけください。 また、歌い手に関しては過去にこんなエントリも更新しています。 合わせて読んでみてください。

次の

Sou(歌い手)素顔は伊野尾慧でイケメン?彼女や年齢ほか本名も

いぶそう bl

概要 『浦島坂田船』とはで活動している、、、の4人で結成された歌い手グループである。 全員がニコニコ動画で生放送を行う『生主』出身の歌い手であり、声劇の経験があることも特徴である。 毎週月曜日には「浦島坂田船のげつようび」という生放送を行っているほか、コラボ動画やコラボゲーム実況なども積極的に投稿している。 活動 2013年9月 大阪と東京で初ライブを行う。 2016年3月 アルバム[CRUISE TICKET]でメジャーデビューした。 2016年4月 の名義でテレビアニメ「」2期のオープニングテーマを担当。 2017年3月 春ツアー『春の宴』を開催。 2017年7月 アルバム『Four the C』発売。 その週のオリコンランキング4位を獲得。 2017年夏 夏ツアー『~Beyond The Compass~』を開催。 2017年10月 ハロウィンパーティー『コスプレしてLOVE 恋 』を開催。 2018年春 春ツアー『桜吹雪で乱de舞!』を開催。 2018年7月 4thアルバム『V-enus』を発売し、その週のオリコンランキング1位を獲得した。 2018年10月 ハロウィンパーティー『吸魂 求婚 パーティ!? ちょっと魔って もしかして僕にヨーカイ? 』を開催。 2019年春 春ツアー『-斬 ZAN -』を開催。 2019年6月 アルバム『$HUFFLE』を発売。 その週のオリコンランキング2位を獲得した。 2019年夏 夏ツアー『俺たち愛$、今夜お前とBETイン』を開催。 2019年10月 ハロウィンパーティー『ようこそ令和元年やっぱ霊はあかんねん 憑依Go!』を開催。 2019年秋 浦島坂田船を題材にしたアニメ『』を放送。 2020年春 春ツアー『-花 HANA -』 メンバー• イメージカラー:緑 誕生日:8月9日 浦島坂田船のリーダーであり、メンバー最年長。 メンバー唯一の関東出身で、一番背が小さい。 声優活動もしており、小柄な外見からは想像できない声量と広い音域が特徴。 イメージカラー:紫 誕生日:12月1日 主にツッコミ担当。 左目の下にほくろがある。 色気のある低音ボイスが特徴的ではあるものの、女声(志麻子)も出せてしまう。 サバゲーチームにも所属しており、課金ゲーマーである。 よくゲーム配信をしている。 (となりの坂田。 ) イメージカラー:赤 誕生日:12月5日 主にボケ担当。 メンバー最年少。 メンバーにはハムと言われている(だが実際は十分に細い)。 坂田銀時及び杉田智和の声真似が有名だが、現在は歌ってみたが多い。 本人は歌が苦手だと言っているが、優しい歌声は好評でまるで別人である。 イメージカラー:黄 誕生日:10月3日 主にオチ担当。 メンバー内で一番背が高い。 テラリーマン7年目、好きな言葉は「連休」。 ビブラート(センラート)を効かせた高い歌唱力と色気が魅力的である。 】 【浦島坂田船】【歌ってみた】 /浦島坂田船 オリジナル曲 【ニコニコラボ】【浦島坂田船】 作詞作曲: 作詞:浦島坂田船 作曲: 作詞作曲:Sum 作詞作曲:Sum 作詞作曲: 作詞作曲:halyosy 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲:まふまふ 作詞作曲:halyosy /浦島坂田船 作詞作曲:ハヤシケイ 作詞作曲:halyosy 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲:まふまふ 作詞作曲:halyosy 作詞作曲:Junky 作詞作曲: 作詞: 作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 主題歌 作詞作曲: TVアニメ『』エンディングテーマ アルバム CRUISE TICKET Four the C 関連リンク (浦島坂田船が出演する恋愛シミュレーションゲーム) 関連イラスト.

次の

☕︎(@07770_)のプロフィール

いぶそう bl

概要 『浦島坂田船』とはで活動している、、、の4人で結成された歌い手グループである。 全員がニコニコ動画で生放送を行う『生主』出身の歌い手であり、声劇の経験があることも特徴である。 毎週月曜日には「浦島坂田船のげつようび」という生放送を行っているほか、コラボ動画やコラボゲーム実況なども積極的に投稿している。 活動 2013年9月 大阪と東京で初ライブを行う。 2016年3月 アルバム[CRUISE TICKET]でメジャーデビューした。 2016年4月 の名義でテレビアニメ「」2期のオープニングテーマを担当。 2017年3月 春ツアー『春の宴』を開催。 2017年7月 アルバム『Four the C』発売。 その週のオリコンランキング4位を獲得。 2017年夏 夏ツアー『~Beyond The Compass~』を開催。 2017年10月 ハロウィンパーティー『コスプレしてLOVE 恋 』を開催。 2018年春 春ツアー『桜吹雪で乱de舞!』を開催。 2018年7月 4thアルバム『V-enus』を発売し、その週のオリコンランキング1位を獲得した。 2018年10月 ハロウィンパーティー『吸魂 求婚 パーティ!? ちょっと魔って もしかして僕にヨーカイ? 』を開催。 2019年春 春ツアー『-斬 ZAN -』を開催。 2019年6月 アルバム『$HUFFLE』を発売。 その週のオリコンランキング2位を獲得した。 2019年夏 夏ツアー『俺たち愛$、今夜お前とBETイン』を開催。 2019年10月 ハロウィンパーティー『ようこそ令和元年やっぱ霊はあかんねん 憑依Go!』を開催。 2019年秋 浦島坂田船を題材にしたアニメ『』を放送。 2020年春 春ツアー『-花 HANA -』 メンバー• イメージカラー:緑 誕生日:8月9日 浦島坂田船のリーダーであり、メンバー最年長。 メンバー唯一の関東出身で、一番背が小さい。 声優活動もしており、小柄な外見からは想像できない声量と広い音域が特徴。 イメージカラー:紫 誕生日:12月1日 主にツッコミ担当。 左目の下にほくろがある。 色気のある低音ボイスが特徴的ではあるものの、女声(志麻子)も出せてしまう。 サバゲーチームにも所属しており、課金ゲーマーである。 よくゲーム配信をしている。 (となりの坂田。 ) イメージカラー:赤 誕生日:12月5日 主にボケ担当。 メンバー最年少。 メンバーにはハムと言われている(だが実際は十分に細い)。 坂田銀時及び杉田智和の声真似が有名だが、現在は歌ってみたが多い。 本人は歌が苦手だと言っているが、優しい歌声は好評でまるで別人である。 イメージカラー:黄 誕生日:10月3日 主にオチ担当。 メンバー内で一番背が高い。 テラリーマン7年目、好きな言葉は「連休」。 ビブラート(センラート)を効かせた高い歌唱力と色気が魅力的である。 】 【浦島坂田船】【歌ってみた】 /浦島坂田船 オリジナル曲 【ニコニコラボ】【浦島坂田船】 作詞作曲: 作詞:浦島坂田船 作曲: 作詞作曲:Sum 作詞作曲:Sum 作詞作曲: 作詞作曲:halyosy 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲:まふまふ 作詞作曲:halyosy /浦島坂田船 作詞作曲:ハヤシケイ 作詞作曲:halyosy 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲:まふまふ 作詞作曲:halyosy 作詞作曲:Junky 作詞作曲: 作詞: 作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 作詞作曲: 主題歌 作詞作曲: TVアニメ『』エンディングテーマ アルバム CRUISE TICKET Four the C 関連リンク (浦島坂田船が出演する恋愛シミュレーションゲーム) 関連イラスト.

次の