きめつのやいば183。 鬼滅の刃ネタバレ最新183話確定【鳴女を倒す方法】

鬼滅の刃187話ネタバレ!縁壱の剣技の型が完成!無惨逃げるしくじりで鬼狩りから追放!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

きめつのやいば183

外に出たことを認識し、すぐにまずいことになったと気がつきました。 炭治郎たちが出たのは建物が立ち並ぶ市街地だったのです! 一方、産屋敷邸でも状況を把握し、緊張が走りました。 しかし、無惨を地上に出せただけでもすごいことだ。 無惨は劣勢だと輝利哉。 かなたとくいなに夜明けまでの時間を尋ねました。 あと1時間半ですとかなたとくいな。 まだそんなに残っているのかと顔をこわばらせる輝利哉。 炭治郎たちのもとにカラスが現れ、夜明けまでの残り時間を告げました。 輝利哉と同じように長い、まだまだあると感じた炭治郎。 体を起こし、蜜璃たちの姿を確認するも、無惨の姿が見えません。 (わっしの兪史郎はいずこ!?) するとその時、背中から大量の触手のような腕を生やした無惨が姿を現しました。 怒り狂い、白目をむく無惨。 夜明けまで私をここに留めるつもりか。 やれるもの なら、やってみろ!!!と叫び、攻撃を仕掛けました。 避けながら攻撃を仕掛ける義勇、蜜璃、伊黒。 蛇の呼吸 参ノ型 恋の呼吸 弐ノ型 水の呼吸 捌ノ型 すると伊黒の蛇のようにうねった刀が無惨の首を捉えました! 肉に刃が入る!首を斬っても死なないが、攻撃は有効。 体をバラバラにして、少しでも弱体化できれば・・・と伊黒。 しかし斬った瞬間から再生がはじまり、頸を切り落とすことができません。 あれっ?!切ったのに切れてない!と蜜璃。 義勇は違う!斬れた瞬間から再生していると気がつきました。 切断自体が不可能だと悟った伊黒。 そして、まずい、間合いが近すぎる!!!と義勇。 とその時、3人の前に隊服を着た隊士たちが現れ身を挺して柱たちを守りました。 バラバラに斬られてしまう隊士たち。 それでも 行けー!!!進めー!!!柱を守る肉の壁になり 、少しでも無惨と戦える剣士を守れ!!!と隊員たち。 自殺行為とも取れる隊士の行動に涙を流し 駄目ー!みんなやめて!!!!と叫んだ蜜璃。 (ううっ・・・。 煉獄さんはで柱ならば後輩の盾となるのは当然だって言ってたしね。 柱的にも後輩に命がけで庇ってもらうなんて辛いし嫌だよね・・・) 隊士たちの行動に、みんなに続け、遅れるな!全員でかかればなんとか・・と走り出した炭治郎。 依然炭治郎の右目からは血が流れています。 しかし次の瞬間、視界が歪み転んだ炭治郎。 吐血し苦しそうに声を上げました。 ガハッ!!グウウウウッ!!ぐああああ!! その声に反応した無惨。 即死した者は幸運だ。 即死できなくとも私に斬られた者は終わる。 あれを見るがいいと柱に告げました。 炭治郎の方を見る3人。 そこには右目が肉の塊のように膨れ広がり、苦しそうに首を抑えて倒れている炭次郎が・・・。 力なく炭治郎を見つめる義勇。 無惨は私は攻撃に自分の血を混ぜている。 鬼にはしない大量の血だ。 猛毒と同じ、細胞を破壊して死に至らしめる。 竈門炭治郎は死んだと告げました。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)がすぐ貰えますので、 実質無料で炭治郎は死んだとかふざけた事を言い放つ無惨が拝めます!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで購入• 読む!• valuecommerce. valuecommerce.

次の

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

きめつのやいば183

しかし、圧倒的な破壊力はすでにご存知の通りで、さらには自分中心で考える身勝手さについては、これまでも描かれてきてはいました。 とはいえ、無惨の強さの限界値については、底は見えていないので末恐ろしいですよね。 黒死牟もかなりの強敵ではありましたが、始まりの呼吸の剣士「日の呼吸」を操る継国縁壱に対しては、傷一つつけることすらできませんでしたからね。 無惨の圧倒的な強さ 炭治郎と向き合う無惨は、位置を変えるでもなく、ほとんど棒立ちに等しい状況にもかかわらず、腕を伸縮しながら攻撃しています! この小手先だけの攻撃で、義勇も炭治郎も受けるのが精一杯という状況です。 ここでは、モノローグが斜めになるという表現になっていますが、それくらい炭治郎たちに余裕がないということではないでしょうか? ただ、普通に考えてみると、無惨のように棒立ちで突っ立って、腕を伸縮しているだけという戦法は、合理的な戦い方でもあるのかもしれません。 鬼狩りたちの戦い方といえば「日輪刀で斬る」ことですよね。 鬼を斬るためには、間合いに入らなければなりません。 しかし、突っ立ってアウトレンジ攻撃をしているだけで、一方的に炭治郎たちを切り刻むことができるということですから、相当強いようです。 これは、間合いまで「抜けた」炭治郎が弱いのか?それとも、無惨が誘い込んだのか? 戦いを見てみると、目を斬られている表現があるので、誘い込まれた可能性が高いです。 冨岡義勇は「斬り込まなくていい」と言います。 これまで、強さの比較で、無惨と上弦が語られていますが、そもそも鬼狩りの立場から見て、無惨を斬るというのは単なる「足止め」か「時間稼ぎ」でしかないのです。 というのも、無惨は首を切っても死なないことが分かっているからです。 となると、無惨を倒す方法としては、拘束して太陽に日に当てるくらいしか思いつきません。 ということで、冨岡義勇が言うように、うかつに近づいて斬りかかる必要もないのです。 無惨の居場所を日の当たるポイントに固定できれば、勝手に倒せるという訳ですね。 となると、無惨を倒すことは簡単なように見えますが、実際のところ鳴女の力で構築された無限城では、決して陽の光が届くポイントはありません。 なので、時間稼ぎして、夜が明けたところで無惨はノーダメージなのです。 となると、無惨を倒すよりも先に鳴女を倒さなければならないことに繋がります。 鳴女を倒す方法は? これまでは、鳴女について殺傷力に乏しいということでした。 しかし、実際は柱二人を惨殺できるほど強かったのです! 流れ的には、2人があっさり死ぬとも思っていませんでしたね・・・ 柱を引っ張った手は、鳴女じゃなくて鬼狩りでしたし、愈史郎くらいがあの場に直行できたのでしょう。 そんな愈史郎は鳴女を直接的に狩るという手法ではなく、鳴女の能力を上手く利用しながら倒したようです。 鳴女の視力を奪うことによって、偽りの現実を見せて鳴女を操るということみたいです。 確かに、この戦法であれば敵を無効化して、さらに鬼舞辻無惨を太陽の陽が当たる場所に引きずり出せる、まさに一石二鳥の戦法と言えるでしょう。 とはいえ、愈史郎も自分の愛する「母」である、珠世を無惨に殺されているので冷静でいられるのか?というと疑問です。 境遇は違うものの、愈史郎も炭治郎も家族を無惨に殺された仲間なのです。 これは、鬼と人というような違いはあるかもしれませんが、愈史郎もまた「家族」という枠組みの中で、無惨を倒すという使命に燃えています。 無惨が「口を開けば親の仇 子の仇 兄弟の仇と馬鹿の一つ覚え」といったように、「しつこい」「飽き飽きする」と斬って捨てた人々の家族に対する想いは、この一言に集約されているでしょう。 無惨は自分のことしか考えず、自分のためにしか生きようとしていません。 一方の人間は、家族のため愛する人のために生きようとしています。 この対比は、そのまんま「鬼」である珠世にも愈史郎にも当てはまるのではないでしょうか? しかし、個人的に気になったのが、無惨に対して直接「戦法」をばらしてしまって、大丈夫なのか?という点ですね。 このまま、無限城を崩壊させたとしても、風柱・岩柱ほか生き残ったかまぼこ隊、なんかを含めた戦力で、無惨を日の当たる場所に固定するために延々と戦い続ける必要があるのです。 しかし、実際は鳴女の視界を操作して、柱2人も生きていましたから、この後活躍もあるのでは? 無惨と戦うということで、緊張感でピリピリした感じでしたが、甘露寺蜜璃が登場したことによって、一瞬和やかな空気が流れましたね。 とはいえ、これまでに数えきれないほど多くの犠牲を払いながらも、無惨に迫ってきた5人は、決意も半端ないでしょう。 夜明けまで時間稼ぎはできるのか?恐らく、愈史郎が突破口になる事を願いますし、なにか起こしてくれそうな気がします。 無惨は倒すことができる? 無惨は致命傷になっても死なないんでしょ?というような雰囲気は、そうなんでしょうね? こう思われるだけで、一気に緊迫感や緊張感がなくなってしまう気がします。 ただ、これまでの感じだとキャラクターを殺すことができる作家なので、最強の無惨を前にどれほどの被害が出るのでしょうか? 重要なキャラクターだからといって、強引に生かさないですから気になる所です。 とりあえず、鳴女に関しては愈史郎が対応してくれていた様子ですから、このままの調子で無惨も倒してほしいところ。 ただ、最強・無惨はそう簡単にはいかないことも十分に知っていますが、戦いを妨害することに非常に長けた鳴女という鬼を制圧できたのは大きいです。 この鬼を完封することによって、鬼殺隊の数的優位は確保できるのでは? あとは愈史郎がずっと封じ続けられるかどうか?が、打倒無惨の現時点でのポイントになってくると思います。 そして、鬼舞辻に関しては、攻撃が基本的に一撃必殺の技だらけというイメージです。 ということで、戦い方としては、致命傷を避けながら連携して戦っていきたいところですね。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』180

きめつのやいば183

おしながき• ここまで回復していないとなると、もう視力の回復は難しいのでしょう。 そして、炭治郎と同じ右目の負傷だという事。 それを知ったカナヲがときめいたり? 実際に会った時の反応が楽しみですね。 そして善逸はというと…無限城が動いたことに驚いて、村田さんの髪の毛を引っ張っています。 これは少し笑えます。 村田さんの大事なサラサラヘアーを、そんな乱暴にしては… 一つ気になるのは、善逸はまだ戦えるのか?という事です。 村田さんにおんぶされているのは、自分で歩きたくないから。 なんてことを考えていたとしても、おかしくはありません。 でもやっぱりボロボロの状態なので、戦えたとしても技の使用回数は限られているでしょう。 そして奥にいる伊之助ですが、伊之助はおそらくこの状況を楽しんでいるのでしょう。 無限城に来た時も、落ちることを楽しんでいましたし。 そういえばこの四人って、いつも扉絵の登場ですよね。 そろそろ本編に出て来てほしいところです。 蜜璃 今回少し安心しました。 蜜璃のギャグ補正は、まだまだ健在のようです。 シリアスな展開であるにも関わらず、空気を壊すことなく自分のギャグをぶっこんでくる蜜璃。 本人にそのような意識はなさそうですが、これは天性の才能でしょう。 「間合いに入らずんば即死せよ」 無残を見た時の、蜜璃のこの言葉も面白かったです。 間合いに入ったら即死確定だと言いたかったのだとは思いますが、即死せよって…w 悲鳴嶼さんを頼っているのも、なんだか可愛いですよね。 ファンとしても、悲鳴嶼さんが来てくれると何だか安心なので、蜜璃の気持ちはすごく分かります。 愈史郎とのやり取りも秀逸でした。 一見真面目に話をしている愈史郎に、真面目に答える蜜璃といった構図になっているのですが、蜜璃の心の中が… 「私馬鹿じゃないわ」 「へーそんなことできるんだ。 いーなー便利!」 「かっこよ!」 このまま蜜璃には、ギャグ満載で生き残ってほしいところです。 愈史郎 前回私は、愈史郎と蜜璃の回想は無いかもと言いましたが、今回キッチリ回収してくれました。 整理すると、愈史郎が鳴女に近づくため、蜜璃に動き回れと指示をしていたようです。 愈史郎が鳴女にある無惨の支配さえも取っていたのには、正直驚きました。 やはり愈史郎の能力は、かなり優秀です。 というより、上弦の肆の支配を取り、ここまで操れるのであれば、ほとんどの鬼の支配を取ることもでき、操れるという事ですよね。 これはすごい。 無限城 鳴女を操り無限城を操作する愈史郎ですが、操作は難しいようで、蜜璃に攻撃をしてしまう形になったり、炭治郎を穴に落としたり… 少し苦労をしているようです。 鳴女も少しは抵抗しているのかな? そして、無惨は鳴女を通じて、愈史郎を吸収しようとします。 鬼ってすごいですね。 鳴女を通した、愈史郎と無惨の戦い。 間で愈史郎に付き添っている剣士が声をかけますが、愈史郎に黙れと言われ謝っています。 この剣士、例の眉毛の濃い剣士かな? 結構イケメンだったはずなので、もしかしたら最後まで生き残るかも? 鳴女 無惨に吸収されかけていた愈史郎ですが、義勇と小芭内の攻撃のおかげで巻き返すことに成功。 そこで鳴女さんがお亡くなりに… ないとは思っていましたが、鳴女が強いかもという私の考察は、ここで見事に打ち砕かれました。 無惨は鳴女を殺すことにより城を崩壊させ、鬼殺隊を城で潰してしまおうという作戦に切り替えたようです。 それを防ごうとする愈史郎。 小芭内の言う通り、やはりこのままでは城が崩壊し、再生できる無惨以外は死んでしまう、といった状況のようです。 最後に城は崩壊していますが、果たしてみんなは無事なのか。 といった終わり方をしていますね。 炭治郎 今回またしても、無惨の攻撃を食らってしまっている炭治郎。 もしも無惨の攻撃が血鬼術によるものであれば、炭治郎は鬼化してしまう可能性があります。 今のところそんな様子は見られませんが… そして、炭治郎が無惨の頭にめがけて投げた刀。 蜜璃を助けるため、死んでいった剣士の刀を投げています。 この刀、少し鍔に特徴のある刀ですよね。 何か花のようにも見えますが、これはあまり関係ないかも。 無事 無限城が崩壊し、いよいよ地上戦に突入、といったところまで来ました。 無惨は無限城に潰されても死ぬことはないと思いますが、鬼殺隊の隊士は危ないところです。 最後のシーンで無事を確認できるのは、炭治郎と蜜璃だけです。 ただ、全員上昇する同じ場所にいましたので、途中で落っこちていない限り、全員地上へと出られているとは思います。 しかし、不安な点が二つ。 まずは、炭治郎と蜜璃以外、上昇する部屋がぶつかった影響で、怪我をしていないかどうか。 危ないのは、義勇と小芭内です。 義勇なんていつも死亡フラグが立っていますので、体に城の木材が刺さったりだとか、打ち所が悪ければ… 小芭内に関してもそうですが、小芭内は過去の回想がまだなので、一番危ないのは義勇でしょう。 そして、もう一つの不安な点。 それは、炭治郎たちと同じ場所にいた者以外は、どうなってしまったのかという点です。 どうなる 炭治郎・蜜璃・義勇・小芭内はとりあえず外に出られたとして、他の隊士はどうなっているのでしょうか。 他の隊士といえば、実弥・悲鳴嶼さん・善逸・伊之助・カナヲ・村田さん・愈史郎、あと、愈史郎の側にいた隊士が残っています。 さすがに全員死んでしまうという事はないと思うので、愈史郎がうまいことやってくれているのでしょう。 私は、愈史郎が全員を救い出すために、犠牲になるという展開を予想しています。 でも、愈史郎も鬼だから大丈夫ですよね。 潰されたとしても再生できるはずです。 そうなると、誰か他に犠牲者が出るかもしれない。 全員無事に外に出て、無惨戦に突入となればいいのですが、そこはワニ先生ですからね。 しれっとここら辺で、誰かを犠牲にするかもしれません。 そこは来週の展開を、待つこととしましょう。 まとめ的なもの いよいよ地上戦ですね。 ここからどういった戦いになるのでしょうか。 今言われているのは、無惨が地上に出たことにより、真っ先に朝日を克服しようと考える、といった展開です。 これについてはまた次の動画で、考えてみたいと思います。 来週の私的な見どころは、無限城崩壊により全員無事でいられるのか、といった部分です。 なんだか鬼なのですが、愈史郎が犠牲になりそうな予感もしています。 今回は、ムジカの回想が少しありました。 でも、そこまで深い回想ではありませんでしたね。 肝心な部分についてはまだ明かされていないので、それは今後の楽しみという事なのでしょう。 肝心なところと言うのは、ムジカとソンジュの出会いや、どうやって助けたのか。 そして、ソンジュとレウウィスが対峙した時の事です。 私はここが知りたい。 そして、もう一つ気になる部分がありました。 食べた者 過剰摂取により、崩壊していった女王レグラヴァリマ。 その際、クローネやミシェル、ギーラン・ドッザ・バイヨンなどが出てきています。 ここに、イザベラがいなかったのが少し嬉しい。 ただ出てこなかっただけ、という解釈も出来ますが、クローネが出てきてイザベラがいないというのは、少し違和感を感じます。 なので、イザベラはまだ死んでいない。 私はそう信じることにします。 レウウィス 私の最も好きなキャラクターである、レウウィス大公。 今後の再登場を、密かに期待しています。 女王レグラヴァリマに、核が二つあったという事。 以前私はその事から、王家の五男坊であるレウウィスにも核が二つあり、レウウィスはどこかで生きているのではないかと、考察をしたことがあります。 しかし157話でムジカは、核が二つあるのはレグラヴァリマだけだと発言しています。 この事から、レウウィスの再登場は、少し期待が薄くなりました。 ただ、生存は難しくても、過去の回想にはまた登場してくれると信じています。 特にソンジュやムジカとの絡みは、期待しています。 レウウィスラスボス説も考えましたが、現状は無さそうですよね。 まとめ的なもの2 いよいよ約ネバも、最後のクライマックスといった感じですね。 本当に終わりが近い。 そう感じます。 ここまでフルスコア組が生き残っているのは、嬉しく思います。 ただ、ここから先ノーマンの病気がどうなってしまうのか。 そこが心配な部分です。 アダムがノーマンを助ける鍵となりそうなので、そこに話が展開していきそうですよね。 という事で約ネバに関しても、コメント欄で考察をお待ちしております。 今回は気分が乗っていたので、二つの作品を一気に考察してみました。 少し長くなりましたので、ここなの余談は、次回の動画に回します。

次の