コロナ 個人 事業 主 100 万 円。 100万円の「持続化給付金」を個人事業主が申請する方法…今から準備できる3つの書類

中小企業200万円、個人事業主100万円の現金給付策「持続化給付金」の支給条件とは?[政府の新型コロナ対策]【随時更新】(ネットショップ担当者フォーラム)

コロナ 個人 事業 主 100 万 円

厚生労働省「雇用主はフリーランスに配慮を」 2020年3月10日に厚生労働省は「」の要請を発表しました。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止やそれに伴う需要減少等を理由に、個人事業主・フリーランスとの契約を変更する場合には、取引の相手方である個人事業主・フリーランスと十分に協議した上で、報酬額や支払期日等の新たな取引条件を書面等により明確化するなど、下請振興法、独占禁止法及び下請代金法等の趣旨を踏まえた適正な対応を行うこと• 新型コロナウイルス感染症により影響を受けた個人事業主・フリーランスが、事業活動を維持し、又は今後再開させる場合に、できる限り、従来の取引関係を維持し、あるいは優先的に発注を行うこと• 契約内容を変える場合には、契約変更の同意をフリーランスから得た上で、変更内容を書類等に残すこと• フリーランスと従来どおりの取引関係を維持し、優先的に発注すること• その中でも現在、 フリーランスが利用できる助成金や制度、窓口は以下の9つです。 持続化給付金 経済産業省によって、発表された持続化給付金。 フリーランスを含む個人事業者が受け取れる金額は最大で100万円となっています。 この助成金制度は、新型コロナウイルスの影響をとくに大きく受けるフリーランスを含む事業者に対して、 事業を継続するために広く使える給付金を支給するものです。 特別定額給付金 家計への支援を目的に、一人当たり10万円が給付される特別定額給付金。 収入による条件はなく、世帯主が代表として、家族分の給付金の申請と受け取りを行います。 この給付金は市区町村をベースに行われるため、各市区町村によって、スケジュールが異なります。 詳細は、お住まいの市区町村の情報をご参照ください。 一方で住民票を移すことができない、あるいは令和2年4月27日以降に、配偶者からの暴力による避難を行った場合でも、以下の要件のいずれかを満たせば、給付金を避難先で受け取れます。 1 申出者の配偶者に対し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成13 年法律第31 号。 以下「配偶者暴力防止法」という。 )第10 条に基づく保護命令(同条第1項第1号に基づく接近禁止命令又は同項第2号に基づく退去命令)が出されていること。 2 婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」(地方公共団体の判断により、婦人相談所以外の配偶者暴力対応機関が発行した確認書を含む。 )が発行されていること(確認書を発行する際はを参考とすること)。 3 基準日の翌日以降に住民票が居住市区町村へ移され、住民基本台帳事務処理要領(昭和42 年自治振第150 号自治省行政局長等通知)に基づく支援措置の対象となっていること。 申請者の配偶者に対し暴力の防止に関する法律、あるいは被害者の保護に関する法律が出されている場合• 婦人相談所以外や配偶者暴力相談支援センターによるがある場合• 住民基本台帳事務処理要領に基づく支援の対象となっている場合 3. 個人向け緊急小口資金等の特例 この助成金制度は、新型コロナウイルスの影響を受け、休業/失業されたフリーランスなどの個人事業主に向けて、 一時的な資金の貸付を無利子行いますよというものです。 「緊急小口資金」と「総合支援資金」では、対象としている人が異なります。 厚生労働省は以下のように発表しました。 緊急小口資金:休業された方向け• 緊急小口資金は利子を設けていないので、 実質1年間返済する必要はありません。 償還期間は「返済期間」の意味。 緊急小口資金は2年以内に、総合支援資金は10年以内の間に返済しなくてはなりません。 しかし全国社会福祉協議会によると、 一定の条件下であれば、返済が免除される可能性もあるようです。 9%、4年目以降基準金利 中小事業1. 21%、国民事業1. 9%、4年目以降基準金利 1. しかし申請者が利子を含めてお金を返したあとで、 後から申請者の手に利子分のお金が給付される仕組みである点にはご注意ください。 住宅確保給付金 「住宅確保給付金」とは、経済的な理由から住居を維持するのが難しくなった方向けに提供される住居確保を目的とした給付金のことです。 以前からある制度ですが、今回の新型コロナウイルスを受けて、対象者と支給要件が変更されました。 基本的に各自治体ごとに行われるため、詳細はお住まいの役所のHPを確認してください。 結論からいうと、 フリーランスでも給付金をもらえます。 厚生労働省の「」にも、現在の就業形態を維持できることが明記されています。 詳しくは、お住まいの都道府県・市区町村のHPで確認してみてください。 電気/ガス料金の支払猶予措置 電気やガス料金の支払いが難しくなった利用者に対して、柔軟に対応をすることが政府から事業者に要請されました。 たとえば東京電力は、休業あるいは失業をしていて公共料金の支払いが難しい人を対象に、支払い期限の延長などをしています。 事業者の取り組みについては、以下サイトの各事業者HPから確認できます。 電気事業者の取り組みについては• ガス事業者の取り組みについては 9. フリーランスを含む個人事業主特別相談窓口 東京都は 「」を設置しています。 新型コロナウイルスの影響を受けたフリーランスなどの個人事業主の方を対象として、事業の資金や経営に関する相談ができる窓口が設置されているため、ぜひご活用ください。 経営に関する相談 担当 公益財団法人東京都中小企業振興公社 総合支援課 住所 東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎5階 電話 03-3251-7881 メール sien tokyo-kosha. 結局どの助成金制度を利用できるの? シュミレーターで算出しよう! 多くの助成金制度が打ち出されていますが、実際にどの制度を利用できる見込みがあるのでしょうか。 現在、自動家計簿サービスの『』が、 「」を公開しています。 2019年の年収• 雇用形態• 子どもの有無や数• 扶養の数• 2020年2月以降で最も低くなった月収の額 を入力することで、利用できる可能性のある制度と金額を計算してくれます。

次の

持続化補助金のコロナ特別枠【個人事業主向けのまとめ】支給までの流れ・審査のポイントなど

コロナ 個人 事業 主 100 万 円

なお、こちらの計算方法をベースに、政府は昨年創業した方の対応も検討をしています。 必要書類 法人・個人 【法人の場合】• 法人名義の通帳の写し• 法人番号• 2019年の確定申告書類の控え• 減少月の事業収入を示した帳簿等 【個人事業主の場合】• 個人名義の通帳の写し• 本人確認書類• 2019年の確定申告書類の控え• 減少月の事業収入を示した帳簿等 もし確定申告の控えを無くしてしまった方がいたら、以下の方法で再発行ができます。 【関連記事】 個人事業主・中小企業が利用できる持続化給付金以外のコロナ支援策 また、個人事業主・中小企業向けには、持続化給付金以外にも利用できるコロナ関連制度があります。 【関連記事】 日本政策金融公庫の無利子・無担保融資 日本政策金融公庫では、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」等をはじめとした、無利子・無担保融資を提供しています。 一般事業者向けの制度だけではなく、とくにコロナや緊急事態宣言で影響を受けているサービス・飲食業等の事業者向けの特別融資制度もあります。 信用保証のセーフティネット保証 信用保証協会の保証を受けて民間金融機関から借入を行う保証付き融資でも支援策が実施されています。 セーフティネット保証とは経営改善が必要な事業者が、既存借入とは別枠で追加融資を受けられる制度のことです。 セーフティネット保証には1号から8号までのいくつかの種類がありますが、今回のコロナ拡大を受けて、セーフティネット4号・5号が利用可能となりました。 東京都など|感染拡大防止協力金 「感染拡大防止協力金」は、緊急事態宣言に伴う休業要請に全面的に協力した事業者に対しての支援制度です。 東京都をはじめ、神奈川、愛知、福岡などの自治体が交付元になります。 4月22日 水 の募集要項発表と同時に受付が開始されます。 本協力金の詳しい内容は以下でご説明しています。 東京都の場合 【関連記事】 特例リスケジュール コロナによる経営悪化のため、既存融資の返済ができない場合には、返済条件を変更し、一定期間返済猶予をするための「特例リスケジュール」も利用可能です。 各都道府県の中小企業再生支援協議会が窓口となり、金融機関との折衝等をサポートしてくれます。 詳細は以下の記事でご覧ください。 【関連記事】.

次の

中小企業200万円、個人事業主100万円の現金給付策「持続化給付金」の支給条件とは?[政府の新型コロナ対策]【随時更新】

コロナ 個人 事業 主 100 万 円

なお、こちらの計算方法をベースに、政府は昨年創業した方の対応も検討をしています。 必要書類 法人・個人 【法人の場合】• 法人名義の通帳の写し• 法人番号• 2019年の確定申告書類の控え• 減少月の事業収入を示した帳簿等 【個人事業主の場合】• 個人名義の通帳の写し• 本人確認書類• 2019年の確定申告書類の控え• 減少月の事業収入を示した帳簿等 もし確定申告の控えを無くしてしまった方がいたら、以下の方法で再発行ができます。 【関連記事】 個人事業主・中小企業が利用できる持続化給付金以外のコロナ支援策 また、個人事業主・中小企業向けには、持続化給付金以外にも利用できるコロナ関連制度があります。 【関連記事】 日本政策金融公庫の無利子・無担保融資 日本政策金融公庫では、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」等をはじめとした、無利子・無担保融資を提供しています。 一般事業者向けの制度だけではなく、とくにコロナや緊急事態宣言で影響を受けているサービス・飲食業等の事業者向けの特別融資制度もあります。 信用保証のセーフティネット保証 信用保証協会の保証を受けて民間金融機関から借入を行う保証付き融資でも支援策が実施されています。 セーフティネット保証とは経営改善が必要な事業者が、既存借入とは別枠で追加融資を受けられる制度のことです。 セーフティネット保証には1号から8号までのいくつかの種類がありますが、今回のコロナ拡大を受けて、セーフティネット4号・5号が利用可能となりました。 東京都など|感染拡大防止協力金 「感染拡大防止協力金」は、緊急事態宣言に伴う休業要請に全面的に協力した事業者に対しての支援制度です。 東京都をはじめ、神奈川、愛知、福岡などの自治体が交付元になります。 4月22日 水 の募集要項発表と同時に受付が開始されます。 本協力金の詳しい内容は以下でご説明しています。 東京都の場合 【関連記事】 特例リスケジュール コロナによる経営悪化のため、既存融資の返済ができない場合には、返済条件を変更し、一定期間返済猶予をするための「特例リスケジュール」も利用可能です。 各都道府県の中小企業再生支援協議会が窓口となり、金融機関との折衝等をサポートしてくれます。 詳細は以下の記事でご覧ください。 【関連記事】.

次の