キャラメル ポーチ 作り方 簡単。 初心者でも出来る! 簡単ポーチ作りにチャレンジ!

手作りポーチの作り方は?ぺたんこやマチ付きとファスナーの付け方も

キャラメル ポーチ 作り方 簡単

キャラメルポーチの材料 「キャラメルポーチを作ろう」と決めたら、まずは材料をそろえましょう。 キャラメルポーチの材料は、クラフトショップや100均などですべて購入が可能です。 また、ポーチ作りをスムーズに進ませるためにも、材料だけではなく、キャラメルポーチ手作りのための道具も必要になるので用意をしましょう。 キャラメルポーチ・表の布 まず一番重要なのがキャラメルポーチの表の布です。 この布がキャラメルポーチのデザインとなるのでとても大事なのです。 ポーチの表面になる布は、少し厚みのあるしっかりした布が綺麗に仕上がります。 キルト生地やデニムなどの素材がおすすめなのですが、手縫いでポーチを作りたい人は厚めの生地だと非常に縫いにくいので、少し薄めの生地を選ぶことをおすすめします。 キャラメルポーチ・内側の布 キャラメルポーチの内側になる布は、薄めなコットン素材が良いでしょう。 表の布のデザインに合わせて内側の布がマッチしているか気を付けて色を選ぶことをおすすめします。 また注意点として、この内側の布が色落ちをしないかという点です。 ポーチを洗濯したときに、内側の布が色落ちしてしまい、表の布に色がついてしまったら、せっかく作ったポーチが台無しになってしまうので気を付けましょう。 ファスナーはどんなものが良い? キャラメルポーチは両サイドまでワイドに開くことで、ポーチの中から物を探しやすいこともメリットの一つです。 そのワイドな開き口には必ずファスナーが必要になります。 クラフトショップなどに行くと、多くの種類のファスナーがあり、どのファスナーが良いか悩んでしまうのですが、キャラメルポーチを作る場合は「コンシールファスナー」は使うのはやめましょう。 このファスナーは、ファスナーの金具が表面に出ないので、特にポーチ作りが初めてという人には向いていないのです。 可愛い色のファスナーを選べば、ファスナーも一つのアクセントとなるので、ファスナー選びもキャラメルポーチ作りの一つの大事なポイントとなります。 どのような糸が良い? キャラメルポーチを作るのに、ミシン糸、もしくは手縫い用の糸は必要になります。 糸の選び方として、布の色にマッチする色を選ぶことをおすすめします。 特にファスナー部分は縫い目が目立ちやすいので、注意が必要です。 糸を選ぶ時は必ず布をお店に持っていき、ちゃんとマッチしているか慎重に選ぶ必要があります。 また、手縫いでポーチを作る場合は、ミシン糸を使うのではなく、手縫い用の糸を使ったほうが絡まりにくいのでおすすめです。 キャラメルポーチを作るための道具は? 実際キャラメルポーチを作るのに必要な道具は、通常のお裁縫の道具と同じです。 手縫いでもキャラメルポーチは作れますが、ミシンがあれば簡単にポーチを作ることが出来ます。 また、糸切りばさみ、待ち針、印つけ用のペン、物差しなどがポーチ作りには必要になります。 足りないものがあれば100均などに売っているもので賄えるので、スムーズにポーチを作るためにも、道具をそろえておくことをおすすめします。 キャラメルポーチ作り方のポイントと注意点 材料や道具が整ったら早速キャラメルポーチ作りです。 キャラメルポーチは見かけよりも意外に簡単に作れるので、安心して手順通りに作っていきましょう。 【ステップ1】ファスナー付け ファスナー付けのポイントは、表と裏の布をきちんと揃えておくことです。 きちんと揃っていないと、ファスナーが付いた後で変な歪みが出てしまい、見栄えも良くなくなるので注意しましょう。 また、表の布とファスナーを一番初めに縫い、そのあとに裏の布とファスナーを縫い合わせる順番も間違わないようにしましょう。 【ステップ2】裏返す ファスナーが付いたら表にかえします。 ファスナーの開き口はが開いていると左右の高さがぶれることがあるので、簡単にファスナーのあけ口を留めておくことをおすすめします。 そうすることで、キャラメルポーチを綺麗に作ることが出来ます。 【ステップ3】タブの仮縫い タブとは、ポーチなどについている飾りのひものことを言います。 特に必要な物ではないのですが、このタブがあるとファスナーの開閉がしやすかったり、またポーチのアクセントにもなるのでおすすめです。 このタブをレザーにしたりするのもユニークな感じで魅力的です。 【ステップ4】脇を縫う 本体を裏返し、 脇を中へ押し込むようにたたみ縫います。 キャラメルポーチの「脇を縫う」ところは、キャラメルポーチ作りの成功の一番の大きなポイントになります。 脇をきちんと縫えていればキャラメルポーチが綺麗なキャラメルの包み紙型になるのです。 綺麗なキャラメル包みを目指し、両脇と真ん中が合うように注意しながら縫いましょう。 【ステップ5】布の隅を綺麗にする 裏返しになっている状態で、両隅をバイアステープで綺麗にします。 布端にバイアステープを挟み込み、縫っていきます。 そうすることで、内側の布隅が綺麗になり、ポーチを実際に利用するときも糸などが出てこなくなります。 【ステップ6】完成! すべて縫い作業が終わったら、キャラメルポーチを表に返して完成です。 きちんとキャラメル包みのようになっているでしょうか。 開き口も大きく開き、中身も見えやすくい可愛いキャラメルポーチの出来上がりです。 キャラメルポーチをアレンジ キャラメルポーチを少しアレンジすることで、色々な種類の可愛らしいポーチを作ることが出来ます。 キャラメルポーチを少し細長くしたら、キャラメル型ペンケースに大変身、そして開き口もワイドに広がるため、非常に使いやすいペンケースになること間違いありません。 また、ちょっと大きめのキャラメルポーチに持ち手を付けたら、ミニバックになります。 ファスナーにもアクセントを付けて、ちょっとそこまでお買い物に行くときに便利です。 また、キャラメルポーチのサイズを変えれば、シューズケースになったり、収納ケースになったり、キャラメルポーチに少し手を加えることで色々な使い方が出来るのです。 レースやワッペンで簡単アレンジ キャラメルポーチのサイズを変えなくても、少しだけデザインを変えたい人におすすめなのが、レースやワッペンです。 これらの商品はもちろん手縫いやミシンで縫ことも可能ですが、アイロンの熱で張り付くタイプのもあるので、非常に簡単にアレンジすることが出来ます。 なんとなくもう一つアクセントが欲しいというときにはぴったりでしょう。 レースやワッペンはクラフトショップでも購入できますが、なんといっても100均で売っているものは安価で種類も多いので選ぶのにワクワクするでしょう。 ハンドメイドのキャラメルポーチで色々なサイズを作り、デコレーションをすることで、カバンの中もお部屋の中も一段と明るくなりそうです。

次の

キャラメルポーチの作り方(裏地付き)

キャラメル ポーチ 作り方 簡単

【目次】ポーチを簡単手作り!人気のキャラメル型をはじめ5種類のポーチの作り方をクラフト作家が解説 ポーチ作りをしてみよう! 市販のポーチもいいけれど、せっかくなら自分好みのポーチを使いたい! 使い勝手の良さや、大きさ、何といっても見た目の良さを、自分好みでカスタマイズ出来るのがハンドメイドの醍醐味です。 大きさや形、ファスナーの色、布のチョイス次第で、世界でひとつの物も作ることができます。 難しそうだと思われるかもしれませんが、材料のサイズや順序など、しっかり準備をしておけば簡単に作れるのもポーチの魅力です。 ミシンだけではなく、手縫いも可能です。 本記事では、初めての方でも分かりやすく作れるように写真と共に解説していきます。 ポーチ作りにおすすめの生地 生地にも様々な種類があります。 普段から手作りを楽しんでいる方であれば、ハギレを繋ぎ合わせたりすると可愛いポーチが作れます。 初めての方であれば、どんな生地を使って作ればいいか未知の世界かもしれません。 それでは、ポーチ作りに適した布はどんなものなのでしょうか。 全般的な布の種類で作れるのですが、基本は使う用途によって決めていきます。 例えば、メイク道具を入れたり重いものを入れるポーチであればしっかりした布を。 小物を入れるなら扱いやすい布を。 このように、入れる物と仕上がりをイメージすることが大切です。 ただし、同じ名称や種類であっても、メーカーによって布の厚さも変わってきます。 それは、織物の糸の種類や太さ、織り方によって変わってくるためです。 今回は、一般的に言われている種類の解説をしていきます。 シーチング生地 帆船の帆に使用されていた、別名キャンバスと呼ばれる強めで厚手の生地。 平織をしているうえに、複数の糸を撚り合わせて織っている生地なのでとても強いです。 トートバッグや、しっかり目のバッグに使われる生地ですが、ポーチに使われることも多々あります。 薄い布は、接着芯を使うとしっかりした布に変身させることも可能です。 生地によって、ミシンであれば、ミシン針やミシン糸の番号を合わせて縫っていきましょう。 ポーチのレシピ集 用途を考えながら生地も決めて、作ってみたいポーチを選んでみてください。 人気が高いポーチをチョイスして、5種類のポーチの作り方を解説していきます。 キャラメル型ファスナーポーチ メイク用ポーチにも最適な、一番人気のキャラメル型のポーチです。 マチもしっかりついていて、ファスナーで口も大きく開く使いやすいポーチ。 しっかりした布で作ると、重くなりがちなメイク小物には向いています。 今回は、オックス生地に接着芯を貼って作ります。 ファスナー 20cm• タグ、レースなどの飾り(お好みで) 布は写真のように切り、表の布に接着芯をアイロンで張り付けておきます。 表の布を中表に置き、写真の様に一番上にファスナーを裏返しにして置きます。 裏布を中表にしてファスナーの上に置き、上側を5mmの辺りで真っ直ぐ縫います。 広げると、表側はこのようになります。 順番に置いたら、先程のように上側を同じように縫います。 筒状に縫えました。 必要な場合は、表にひっくり返してファスナーの端につける持ち手用のレースを表布に縫いつけます。 裏に戻し、キャラメル型になる部分を縫っていきます。 右のバイアス用の布の真ん中に、ファスナーを持ってきてクリップかマチ針で留めます。 表と裏布を一緒に、写真のように折っていきます。 8の字になるように折りたたみます。 反対側も同じように畳んで、留めておきます。 バイアスの端の部分と折り目をきっちり合わせましょう。 ここで上手く畳んで縫い付ければ、綺麗なキャラメル型に仕上がりますよ。 上側もこのように合わせましょう。 バイアス部分を三つ折りにして留めます。 バイアス部分を縫っていきます。 反対側も同じ様に縫っておきましょう。 ファスナーを開けて表に返し、形を整えます。 中はこんな風になりました。 完成です! キャラメル折りの部分はこんな感じになります。 持ち手が付いているとファスナーの開け閉めがしやすいですよ。 ミニ巾着ポーチ 小物類を入れるのにピッタリなミニ巾着は、作り方も簡単なので、大きさを変えて様々な用途にも使える便利なポーチです。 今回は、中袋つきの巾着を解説します。 型紙を作っておくと便利です。 方眼用紙や厚紙を使用します。 5cm 2枚• 紐 40cm 2本• タグ、飾り(お好みで) 縫い代は入っていないので、0. 8mm程度、縫い代をつけて布を切っておきます。 紐は細めで好みの物を使ってください。 今回はレザーの紐を使っています。 表裏の布を中表に重ね縫っていきます。 まずは、写真のように1. 5cmの横の部分から上にかけて縫っていきます。 2枚分仕上げておきます。 広げて中表に重ねます。 型紙を使って、縫った部分から下1. 5cmの所に印をつけます(表裏同じ)。 裏は紐通し口の右に1. 5cm縫って、2. 5cmの返し口を作るために縫わず開けておきます。 写真のように縫います。 表布には返し口はいりません。 縫い合わせた部分の、2つ角をカットしておきます。 縫い代を割っておきます。 アイロンを使うか、爪で擦って型をつけます。 返し口から表に返し、形を整えたら返し口を縫い閉じます。 裏(中袋)は目立たない部分なので、すくい閉じしなくてもいいです。 中袋は表に入れておきます。 紐通し口の部分の上下2か所(1. 5cmの部分)を縫います。 2枚とも縫っておきます。 紐通し口から、紐を通します。 紐通しがない場合、ヘアピンでも代用できます。 通したら結んでおきます。 先程入れた反対側から、紐を通して結んだら出来上がりです! 両側から引っ張れば絞れるため、扱いやすい巾着です。 がま口ポーチ(縫うタイプ) がま口ポーチも人気のポーチのひとつですよね。 がま口金具を買うと、説明書が付いたものも多いです。 大抵のがま口は、挟んで金具をペンチで閉める物が大半ですが、少しコツがあり初心者には難しいので、今回は縫い付けるタイプの金具を使用します。 5cmのものを作る場合 <材料>• がま口金具(縫い付けタイプ)• 飾りレース(お好みで) 表は切り返しをつけていきます。 縫い代は1cm足してカットしていきます。 表の切り返し部分を縫い繋いで、縫い代を割っておきます。 切り返し部分に飾りのレースを付けると、雰囲気もガラッと変わります。 表は表、裏は裏で中表に重ねて縫っていきます。 写真のように、縫いどまりまでコの字に縫っていきます。 マチの部分を作ります。 角の部分を三角にして縫い代を割り、角の下の部分から2cmになる所に印を入れます。 表裏、二か所の角を縫っていきましょう。 縫った先をカットしておきます。 がま口を装着する、縫い代部分をアイロンで型をつけておきます。 表布は表にひっくり返して、裏布はそのままで。 表布の中に裏布を入れ込み、先程アイロンで型を付けた部分同士を手縫いですくい閉じていきます。 がま口を付けていきましょう。 縫い付けていくステッチ部分は表から見えるので、あえてカラフルな糸を使っていきます。 刺しゅう糸を3本取りしたもので、刺しゅう針を使います。 布に合わせてピンクにしました。 端から縫っていきます。 中から外へ糸を出す。 下の部分に中へ通す。 2つ目の穴の下側に糸を出し、上の穴に中へ通し、1つ目の穴から糸を出し、写真のように中へ通す。 隣の部分に糸を出す。 これを繰り返しクロスにして縫っていきます。 縫う際に、がま口の中に布がちゃんと入っているか確認しながら縫っていきましょう。 反対側も縫い付けたら出来上がりです。 お好みで、布を巻いたペンチで少し金具を閉めておくと、もっとしっかりしたものになりますよ。 ばね口ポーチ 口がばね口になっていて、出し入れしやすいポーチです。 長めに作ると、スマホやメガネを入れるのに最適なポーチになります。 口の部分以外の形を変えれば、また違ったポーチに変身します。 カン付きのばね口を使うと、取っ手が付けられますよ。 こちらも型紙を作っておきます。 直線が多いので簡単です。 中心の両サイド、1. 5cmのものを作る場合 <材料>• 5cm 2枚• 5cm 2枚• ばね口金具 10cmカン付き ・タグ、リボン、ワッペン等(お好みで)• 取っ手 1つ 裏は型紙通りに印をつけておきます。 表の裏に、接着芯をアイロンで貼って、上下の縫い代部分に型を付けておきます。 裏布も上下の縫い代部分に同じくアイロンをします。 ばね口布に接着芯を貼ります。 両側の縫い代部分には貼りません。 その縫い代部分は3つ折りをしてアイロンをあてます。 ばね口布を半分に折り、縫い代部分に印をつけます。 その中心部分にも印をつけておきます。 表布にタグ、ワッペン、リボンを好みでつけておきます。 表布を中表にして、両側を縫います。 表に返して、両側を縫ったばね口布を取り付けていきます。 写真のように印をきっちり合わせておきます。 少し難しい所ですが、ここを正確にしておけば、仕上がりが綺麗になりますよ。 位置が合っているかどうか確認しながらゆっくりと縫っていきます。 印よりも2mm外側を縫いましょう。 裏布も両サイドを縫い、角の部分の指を指している所を基準にして三角に折り、マチ部分を作ります。 表布も同じ様に三角にマチ部分を準備しておき、このマチ部分の三角を表、裏と写真のように合わせてクリップで留めておきます。 マチ部分を重ねて縫い付けます。 三角の部分を邪魔な場合は、縫った部分から1cmぐらいの所をハサミで切ります。 表に返し、裏布はそのまま表布に入れて、一緒に形を整えます。 ばね口布を立ち上げて、裏布(中袋)の上側も型を付けた所で折っておきます。 中袋と、表布をきっちりマチ針で留めておきます。 縫いにくいので内側から縫います。 両側の高さをきちんと合わせて、ゆっくりと縫っていきましょう。 ばね口をつけていきます。 ばね口は2枚になっているため、ばね口布に入れていきます。 布の方が長いので、少しギャザーが入るようにばね口を入れ込み、金具の凸凹を合わせます。 最後に金具(カン)を穴に入れて、ペンチで下側を曲げて留めます。 マカロンポーチ ころんとした形が可愛いマカロンポーチ。 小さくて無くしてしまいそうなアクセサリーやピルケースにおすすめです。 ファスナーも付いていて難しく思われるかもしれませんが、慣れてしまえば何個でも作れるポーチです。 プレゼントにも喜ばれることでしょう。 5cmのものを作る場合 <材料>• つつみボタンパーツ(マカロンポーチ用)4㎝ 2枚• ファスナー 12cm 1本• リボン(ファスナーの幅より大き目に)1本• 針、糸(キルティング用をおすすめします。 表側布と、裏側布、キルト芯はこの型紙を使ってカットしておきましょう。 (4cmの型紙は後で使います) マカロンの表側の部分を作ります。 周りをぐし縫いをしていきます。 裏を上にして、キルト芯、パーツを置きます。 パーツを押さえながら、糸を引っ張ります。 しっかり引っ張ったら玉留めをします。 2つ作ります。 裏側を作っていきます。 4cmの型紙を乗せて、表側と同じように縫い糸を引っ張って丸になったら、爪かアイロンで型を付けて型紙を取り出します。 そして、形を整えて玉留めをします。 同じく2つ作って表裏が揃いました。 ファスナーの部分を処理します。 ファスナーを裏側にしたら、留め金具から7mm辺りに印をつけます。 両側共に、13mm程度に切り揃えます。 切りそろえたら、先をライター等で、ほつれ防止を施します。 ファスナーの留め具から印をつけた所まで、表に響かない様に塞ぎます。 中表に重ねて、写真の様に縫い付けます。 リボンで縫い代を隠すように縫い付けます。 表に返して、ファスナー端から3mmの所をぐし縫いをして、緩い程度に絞って玉留めします。 反対側も縫います。 表側のマカロンの横から糸を通します。 ファスナーに縫い付けていきましょう。 表に響かないようにすくっていきます。 1周縫い終えました。 糸を切らずに裏側に糸を通します。 同じ様に裏布をすくい閉じていきましょう。 1周縫い終えたら玉留めをして、際に針を通して真ん中辺りで糸を出し、引っ張って玉留めの部分の中に隠します。 反対側も同じように縫い付けます。 出来上がりです! ストラップを付けて、バッグに掛けても便利です。 目を惹く可愛さですよね。 ポーチをカスタマイズしてみよう! ポーチにも沢山のタイプがあるので、ハンドメイドすれば様々なカスタマイズをすることが出来ます。 本記事を参考に、自分だけの使い勝手の良いポーチ作りに挑戦してみませんか?.

次の

キャラメルポーチの作り方

キャラメル ポーチ 作り方 簡単

難しそうに見えるキャラメルポーチも意外と簡単に作れるんです。 ファスナー付けてサイドを縫ったら出来上がり。 5cmx4cm-2枚 ファスナー:20cm-1本 生地を裁断する ファスナーが20cmなので縫い代左右1cmで22cmの横幅にする。 裏地は中でダブつかないように表地-1cmにする。 裏地の中央は2cmx8cmの縫い代を包む布を付けている。 バイアス等で包む場合は22cmx32cmのサイズにする。 ネームタグなど飾りを表地に縫い付ける 飾りなどをつける場合はこの時点で付ける。 ファスナーに裏地を縫いつける 0. 7cmの縫い代でファスナーを縫いつける。 ファスナーと裏地の裏表に注意する。 縫い付けたら縫い目にアイロンを掛けておくと、ポーチを開いたときに生地が落ち着く。 ステッチを掛けておいてもいいですね。 表地に1cmの縫い代をアイロンで押さえる 表地をファスナーに縫い付ける 縫い代を折った状態でファスナーに表から縫い付ける。 ネームタグなどを付けた場合はファスナーの向きに注意する。 下糸はファスナーと同色にするときれいに仕上がります。 最後が縫いにくいので丁寧に縫って下さい。

次の