ドッカンバトル 極限エリア。 【ドッカンバトル】極限Zエリア「限界を超越せし戦士」の攻略

‎「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」をApp Storeで

ドッカンバトル 極限エリア

の極限Z覚醒イベント・極限Zエリア『人間0計画』ですが、こちらはエリア恒例のキャラ縛りイベントな上、2連戦になる強敵相手なのでキャラが揃っていない人にはかなり厳しいイベントになっています。 ただ、今回は『縛りキャラ』に指定されている面々が非常に優秀なキャラクターばかりなので、揃っている人にとってはサクサク、揃っていない人にとってはキツイという感じで、かなり二極化しそうなエリアになっています。 攻略情報を色々とまとめておきます。 どの道このイベントで手に入るLRザマスが編成必須キャラなので、こちらのイベントは完全消化しておきましょう。 元々このザマスの極限イベントですから、まあこの縛りはあってないようなものでしょう。 属性優位も取れるし、後述しますが使えるサブはほぼ全員『』なのでリーダーとしても使えるので、ここでは戦力としても文句無しです。 極限後の強さについてはを参照です。 以下、ガシャ産とイベント産キャラを、ざっと1軍・2軍・3軍に分けて解説しておきます。 トランクス&マイは、LR版は有利属性&特攻発動で完璧、UR版も特攻で確定会心&守りも十分で魔封波も狙えるので、サックサクです。 力のトランクスとゴワス&ザマスは火力は大したことは無いですが、トランクスは受け性能完璧、ゴワス&ザマスは必殺封じで安定感を抜群に高めてくれます。 この内1体でも持っていれば、それだけで難易度が一段変わるでしょう。 力属性の悟空・ザマスは単体性能はそれほどでもない 特にザマス ですが、取り敢えず属性ガードは決められるし、他の3体はシンプルに単体性能が優れています。 この辺までのキャラを2,3体持っているなら、イベント産キャラと合わせてそれだけで割と安定した勝利が見えて来ます。 トランクスは論外として、マイは優秀なサポートですがここでは苦手属性な上に気絶無効なので、持ち味も大きく殺されてしまいます。 ただ、他に最強キャラが揃っているならサクサク周回を助けるリーダー・サポートとしての採用はあるかな、という感じでしょう。 このエリアでは属性優位まで取れるので、使わない手はありません。 最優先での採用枠です。 物語トランクスは力属性なので、取り敢えず入れておけば壁役にはなれます。 ガシャ産キャラが足りなければガンガン使っていきましょう。 悟空はリーダースキルも掛かりづらいし実力も大したこと無し、超激戦ドロップのブラックはSRで論外です。 本当にメンバーが揃わない時のみの採用です。 マイ自身は苦手属性で気絶も効かないので、必殺が飛んできたり攻撃がバラけると敗因にもなりがちですが、前述のように優秀なキャラが揃っていて瞬殺出来るならマイをリーダーした方がサクサク倒せるでしょう。 この辺は自分の手持ちと相談です。 回復は大した量ではないし、ATK低下や必殺封じも有効だったりしますから、属性優位を取るか状態異常に頼るかすれば、そこまで驚異的に強いと言う程でもありません。 基本的には力属性のキャラか堅いキャラで受けつつ戦うだけでも全然勝機がありますから、素直に戦っていきましょう。 ?マスが出れば少なくなる可能性もありますが、基本は1周5枚なので『9回クリア』が基本条件です。 とにかく目指すは45枚です。 イベント産キャラオンリーで挑む場合、2連戦で長丁場になりがちということもあり、『ここに必殺来たら即ゲームオーバー』『攻撃ばらけたら即ゲームオーバー』ポイントがあまりにも多過ぎるので、最低でも1体は有力なガシャ産キャラが居ないとキツいです。 この編成の場合、LRザマスとLRベジットブルーは相互のターンに配置して受けの軸にして、後はひたすら殴るだけという感じです。 勿論、より優秀なガシャ産だったり、より多くのガシャ産キャラを使えばド安定も間違いなしで、キャラが揃っている人はサクっと9回勝利して終了出来るでしょう。 以上です。 『特定のガシャ産キャラを持っていないとキツい』という意味では、やはり相当にキツいイベントにはなって来るでしょう。 反面、適正キャラが揃っていれば負ける要素も無くサクサク周回出来るので、キャラの揃い具合によってイベントに対する感想が極端に変わって来そうなエリアでもありますが…。 エリアは例によって『』に収録されない再挑戦しにくいイベントなので、今の戦力で勝機がある人は、しっかり終わらせておきたいです。 4周年であって5周年で無かったイベントって極限Zバトルぐらい? 5周年で擁護出来る点ってLR作って極限出来るぐらいか? 去年の一神龍レベル100まで倒すのすげー眠くなったからなんかなあ。 でもウルトラ元気玉悟空が獲得出来たのはGT好きな人からしたらたまらんかっただろう。 今回イベント産で原作からめてグッとこさせるのも無いな。 変わりに初のLR極限か。 これからLR極限させますよって姿勢を見たのかも知れんけど極限エリア好きな人居るのか? フェス限の極限以外全部エリアにされるぞ。 セルラン1位返り咲き報酬の潜在玉とかもねえか。 あるにこした事はないだろうねこの点。 後は去年のフェス限4コンビはキャラが固有で持つ初のシステム、アクティブスキルを搭載されたけど、今回の2人は演出の良さに開発費突っ込んで後中身スカスカ。 初要素ゼロ。 演出カッコよくした ゴジータは映画丸ぱくりした 合体コンビだから文句ねえだろ?って勢いで誤魔化しすぎ。 別にキャラで初要素はない。 これは全員共通だけど、演出良くてもメダル集める際に敵が先んじて必殺バンバン見せてくるのですげえ萎える。 大枚はたいてやっとこ当てたんだからこっちが先に使いたいんじゃボケって思うわ。 敵だと向きが違うから微妙に演出違うけど、大した事じゃない。 敵が使わないのはアクティブスキルだけ。 いや違うこれもキャラによっては使ってくるから始末に負えね。 演出がいいだけだとここら辺で大分いい所スポイルされる。 テーブル、左端だけでないって単語が1番多かった周年キャラなんじゃない? 渋いって感じた人がたっくさん居た。 当てた結果を得意気に貼るのはいつもの事だけど、当たらん人が黙ってないで騒ぐレベルだったってのはもう本当に渋過ぎて我慢強い人でも我慢出来ないレベルに達してた。 キャラ人気でゴリおしてる光景だね。 確定枠無かったのに3周年の方がまだ出た印象ある。 明らかに4周年と比べてしぼんでるし、放置が小出しになっただけで3周年といい勝負。 ガチャしか魅力ない所も同じ。 タイムスリップしたのかな by 126. 182. 185.

次の

ドカバト『極限Zエリア HERO絶滅計画』ノーコンクリアデッキ編成はこれだ!【ドッカンバトル】

ドッカンバトル 極限エリア

・・という3体のキャラクター達の極限Zエリア・『魔女っ子戦士』ですが、例によって『キャラ制限』の掛かる、特定キャラを所持していないと中々厳しい所もあるイベントです。 ただ、今回に関してはイベント産キャラでリーダーが間に合うのと、最悪は『願いの短冊3』で最適性キャラを獲得出来るということもあり、それなりに難易度は緩い感じのエリアでしょうか。 特にvsリブリアンは比較的突破しやすく、そこを起点にリーダー強化で更に他のステーズも突破しやすくなるので、何とか突破を狙って行きましょう。 色々と攻略情報をまとめておきます。 難易度Normalを忘れるとかありがちなパターンなので、まずはそっちを終らせましょう。 特にリブリアンはリーダー適性が非常に高く、このおかげで同エリアはかなり突破しやすい形になっています。 残り2人も、潜在解放するつもりがある人なら戦力にはなるでしょう。 解放するつもりがないなら、回復リンクがちょっと役に立つくらいかな…。 ガシャ産・イベント産のキャラを1軍、2軍に分けてまとめておきます。 この内1体でも所持しているならクリアはそれだけでかなり楽になります。 特にブリアン・チチ・ビーデルに関しては、しっかり潜在能力解放しているなら1人の力だけでクリアまで持っていけるケースもあるでしょう。 気力と会心サポートはありますが、気力サポートなんてこの面子には不要だし…。 特にカリフラは回避持ちで優秀という感じでしょうか。 ケールはサポート、ユーリン・18号はそれぞれ属性優位になるステージでATK低下が入れられる、という感じで、適材適所で穴埋めに使って行きましょう。 最適性な編成としては例えばこんな感じで、リーダーに知ブリアンを入れて、編成必須キャラを入れた残りの2枠にチチ・ビーデル・ブラ・18号辺りからチョイスする感じでしょうか。 このレベルの編成が出来るならチョロ過ぎるエリアでもあります。 イベント産のリブリアンが十分優秀なリーダーなので、変に奇を衒うこともないでしょう。 分かりやすいエリアです。 ここのみ、カクンサ&18号というイベント産キャラが2体も属性優位を取れるので突破しやすくなっており、戦力不足の人が最初に手を付けるならここでしょう。 先にここを突破してを極限させればリーダースキル・単体性能共に大きく底上げされるので、カクンサ・ロージィのステージもよりクリアしやすくなるでしょう。 他2ステージもイベント産キャラだけでやっていますが、流石に厳しい感じです。 イベント産キャラもしっかり解放しているなら勝算もありそうですが…。 その辺は上手く行ったら載せますが、取り敢えずステージ3のvsリブリアンから手を付けるのが良さそうです。 ちなみに今回は『気絶無効・必殺封じ無効』ではありますが、ATK低下は通ります。 ビーデルやブリアンは非常に有効です。 覚醒メダル集めも容易く、リーダースキルも適正抜群、サブ性能も非常に高いので、短冊で取れば3ステージ共に確実に攻略出来るでしょう。 しかもこのブリアンはシンプルに優秀なキャラクターなので、『このイベントのためだけに取っている』感も薄いです。 ブリアンを未所持でこのイベントをクリア出来ない人は、付加価値込みで十分に獲得する価値もあるでしょう。 ただ、前述のようにイベント産のリブリアンがリーダーとして優秀過ぎるので、ガシャ産の優秀なサブが1,2体居ればそれだけで全然何とかなる感じだし、緊急性が高い訳でもありませんが。 ?マスが引ければその分周回回数は減る 今回は3ステージなので最大36周、エリアとしては結構重めな感じです。 ゆっくり進めて行きましょう。 以上です。 手持ちを問われる要素の強いエリアですが、今回はそこのハードルもやや低めで、比較的手の出しやすい難易度調整となっている感じです。 そうは言ってもそこまでヌルい訳ではないので、ベストメンバーが揃っているのでもない限りは普通に負ける可能性もある程度には難しいイベントではありますが。 昨今では『エリアで作ったキャラが他のエリアで指定される』というように連動するケースも出始めているし、使う予定が無くても作っておくに越したことはありません。 しっかり突破を狙って行きましょう。

次の

【ドッカンバトル】極限Zエリア「魔女っ子戦士」の攻略

ドッカンバトル 極限エリア

キャラ 役割り 解説 アタッカー [イベント産]ATK無限上昇の必殺技。 アタッカー [天下一]ATKとDEF無限上昇の必殺技。 防御役 [ガチャ産]DEF無限上昇の必殺技。 必殺技が必ず追加発動。 高確率で攻撃回避&中確率で必殺技反撃。 「ケール」が攻撃参加中の味方にいるとき全属性に効果抜群で攻撃。 中確率で攻撃回避。 回避役 [ガチャ産]ATKとDEF無限上昇の必殺技。 攻撃を確定回避。 「ケール」が攻撃参加中の味方にいるとき必ず追加攻撃&中確率で必殺技発動。

次の