練馬区の感染者数。 練馬区コロナ感染者の障害者福祉施設の場所はどこ?50代食事介護の女性職員勤務!

東京都23区別感染者数で新宿区最多/都内286人【新型コロナニュース】

練馬区の感染者数

ページ番号1020129 更新日 令和2年7月17日 1.新型コロナウイルス感染症について 「患者数について」 東京都より、都内の医療機関から新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が報告されました。 東京都の最新情報は、下記外部リンク「東京都福祉保健局ホームページ」をご参照ください。 板橋区の患者発生情報は、下記内部リンク「発生届に基づく新型コロナウイルス感染症の患者数の推移について」をご参照ください。 板橋区保健所は遅滞なく、東京都へ新型コロナウイルス感染症患者発生の報告を行っております。 未報告の症例はありませんのでご安心ください。 患者数については東京都の作業状況により、追加計上される可能性があります。 「新型コロナ受診相談窓口」 症状のある方の専用相談窓口になります [1 ]息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 [2]重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 重症化しやすい方とは、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方となります。 [3]上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 妊婦の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に早めにご相談ください。 小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や新型コロナ受診相談窓口に電話などでご相談ください。 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談窓口 東京都「新型コロナコールセンター(旧:新型コロナウイルス感染症に関する一般電話相談)」 ファクス番号 03-5388-1396 月曜日から金曜日 午後5時から午後10時 土曜日、日曜日、祝日 午前9時から午後10時 2.緊急事態措置終了について 5月25日、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められたため、新型コロナウイルス感染症緊急事態が終了した旨宣言されました。 この解除宣言を受けての区からのお知らせは、以下のページをご確認ください。 また、国や東京都からのお知らせ等については以下のリンクにてご確認ください。 感染症の予防のために 発熱などの風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控えることをお勧めします。 その他、予防のため以下について気を付けましょう。 「ノー3密」:「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集する場所」「近距離での密接した会話」、これら3つの密を避ける• 流水と石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行• 咳などの症状がある人はもちろん、症状がない人でも積極的にマスクを着用して頂くほか、手洗い、咳エチケットを徹底する 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。 このため、 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。 マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。 4.医療機関からの相談先 板橋区保健所予防対策課 感染症グループ(受付時間午前8時30分から午後5時 土、日、祝日除く) 03-3579-2321 5.患者発生時の保健所の動きについて 詳細は下記の「新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問」をご参照ください。 6.リンク•

次の

新型コロナウイルス感染症について|板橋区公式ホームページ

練馬区の感染者数

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416) 【問い合わせ】危機管理対策部防災課災害対策推進係(電話:03-3463-4475) 渋谷区民の検査陽性者の状況(令和2年7月17日現在) 7月17日現在、渋谷区におきまして、新型コロナウイルス感染症の陽性患者は新たに9名増え、累計318名となりました。 区では積極的疫学調査や消毒指導等を適切に行っております。 なお、東京都公表の渋谷区人数は、区内医療機関入院中の他区市町村の方を含む場合があり、一致しない場合があります。 東京都全体の陽性患者の状況 東京都全体の発生状況については、(外部サイト)をご覧ください。 区職員や関係者における陽性患者の状況について のページをご覧ください。 区民の皆さまへ 風邪や季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの実施が感染予防にはとても重要です。 区民の皆さまにおかれましては、感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 また、次の症状がある場合は、(別ページへ移動)にご相談ください。 相談・受診の目安について 少なくとも次のいずれかに該当する場合は、 すぐにご相談ください。 (注)一般相談窓口ではありません。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、 高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい人(注)で、 発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (注)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等) 等の基礎疾患がある場合や透析を受けている人、 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人• 上記以外の人で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (注)症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、 強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない人も同様です。 これらに該当しない場合でも、新型コロナウイルス感染症を疑われる場合は、受診相談窓口にご相談ください。 妊娠されている場合は、念のため、重症化しやすい人と同様に、 早めに受診相談窓口などにご相談ください。 小児については、小児科医による診察が望ましく、受診相談窓口やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談 ください (注)受診相談窓口でご相談の結果、新型コロナウイルスに感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナ外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

次の

東京都23区別感染者数で新宿区最多/都内286人【新型コロナニュース】

練馬区の感染者数

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416) 【問い合わせ】危機管理対策部防災課災害対策推進係(電話:03-3463-4475) 渋谷区民の検査陽性者の状況(令和2年7月17日現在) 7月17日現在、渋谷区におきまして、新型コロナウイルス感染症の陽性患者は新たに9名増え、累計318名となりました。 区では積極的疫学調査や消毒指導等を適切に行っております。 なお、東京都公表の渋谷区人数は、区内医療機関入院中の他区市町村の方を含む場合があり、一致しない場合があります。 東京都全体の陽性患者の状況 東京都全体の発生状況については、(外部サイト)をご覧ください。 区職員や関係者における陽性患者の状況について のページをご覧ください。 区民の皆さまへ 風邪や季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの実施が感染予防にはとても重要です。 区民の皆さまにおかれましては、感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 また、次の症状がある場合は、(別ページへ移動)にご相談ください。 相談・受診の目安について 少なくとも次のいずれかに該当する場合は、 すぐにご相談ください。 (注)一般相談窓口ではありません。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、 高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい人(注)で、 発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (注)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等) 等の基礎疾患がある場合や透析を受けている人、 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人• 上記以外の人で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (注)症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、 強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない人も同様です。 これらに該当しない場合でも、新型コロナウイルス感染症を疑われる場合は、受診相談窓口にご相談ください。 妊娠されている場合は、念のため、重症化しやすい人と同様に、 早めに受診相談窓口などにご相談ください。 小児については、小児科医による診察が望ましく、受診相談窓口やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談 ください (注)受診相談窓口でご相談の結果、新型コロナウイルスに感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナ外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

次の