カルチノイド 症候群。 神経内分泌腫瘍

カルチノイド症候群の下痢症治療にテロトリスタットエチルをFDA承認 | 海外がん医療情報リファレンス

カルチノイド 症候群

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

カルチノイド症候群の症状,原因と治療の病院を探す

カルチノイド 症候群

カルチノイド症候群を呈する 神経内分泌腫瘍(NET)患者対象のフェーズ3、ELECT試験で、プラセボと比較して、ランレオチドはカルチノイド症候群に対するレスキュー治療の日数を有意に減少させたと、9月17日、製造元の仏Ipsen社が発表した。 ランレオチドは多くの国々ですでにSomatuline Autogelとしてカルチノイド症候群に承認されているが、米国ではSomatuline Depot(デポ剤)として市販されており、カルチノイド症候群には承認されていない。 ELECT試験の最終データが揃えば、米国でのカルチノイド症候群治療への承認に大きく貢献するとみられる。 試験の最終データは、2014年に米国サンフランシスコで開催される消化器癌シンポジウムで発表される。 ランダム化フェーズ3、ELECT試験は、カルチノイド症候群の既往歴のある神経内分泌腫瘍(NET)患者を対象とした48週間の試験で、はじめの16週間はランレオチド(日本の製品名「ソマチュリン」)120mgとプラセボを二重盲検で比較、その後の32週間は非盲検下で実施した。 主要評価項目は、カルチノイド症候群の症状発生時にレスキュー治療(ソマトスタチンアナログであるオクトレオチド皮下注など)が必要となった日数の割合とした。 副次的評価項目には、下痢と皮膚潮紅の発症頻度、その他のレスキュー治療、QOLなどが含まれた。 ランレオチドの安全性プロファイルもこれまでと同様だった。 神経内分泌腫瘍(NET)は、体内に広く分布する神経内分泌細胞から発生するまれな腫瘍で、消化管粘膜、膵臓、小腸・大腸など消化管に多くみられる。 腫瘍の発生部位によりさまざまなホルモンや生体アミンが分泌され、カルチノイド症候群を発症する。 セロトニンの分泌は最も頻度が高く、典型的な症状としては下痢、皮膚潮紅、腹痛などを引き起こす。 治療には現在、ソマトスタチンやオクトレオチドが用いられている。 ランレオチドの日本における適応症は、先端巨大症・下垂体性巨人症。

次の

カルチノイド腫瘍とカルチノイド症候群

カルチノイド 症候群

カルチノイド、カルチノイド症候群の基礎知識 POINT カルチノイド、カルチノイド症候群とは 神経内分泌細胞と呼ばれる細胞が腫瘍化したものを神経内分泌腫瘍(NET)と呼びます。 NETは膵臓や胃腸、肝臓、肺などにできることが多いです。 悪性度の低いものに関してはカルチノイドと呼ばれることがあり、良性のものも悪性のものもあります。 また、腫瘍がセロトニンという物質などを分泌することにより、腹痛、下痢、嘔吐、動悸、顔面の紅潮など多彩な症状が起こることがあります。 症状や画像検査(CT、MRI)などからカルチノイドおよびカルチノイド症候群を疑い、腫瘍そのものを顕微鏡で見ることでカルチノイドと確定診断します。 治療は手術が基本になりますが、腫瘍が取りきれない場合や、患者さんが手術に耐えられない場合は薬物治療や放射線治療、ラジオ波、カテーテル治療などを行います。 カルチノイド・カルチノイド症候群が心配な方、治療したい方は消化器内科、呼吸器内科など、腫瘍がある部位の専門科を受診してください。 のうち 悪性度の低いものをと呼ぶことがある• 近年はと呼ばれることが多く、という用語は使われなくなってきている• 肺にできたは現在もと呼ぶことが多い• は 良性腫瘍または悪性度の低い 悪性腫瘍( がん)であり、悪性度の高いは神経内分泌がんと呼ぶ• 代表的な神経内分泌がんとして小細胞 癌がある• から、 セロトニンをはじめ ヒスタミンなどの生理活性物質が過剰に産生されると、 気管支の収縮や血管の拡張、 消化管の運動の亢進などが起こる• それによって起こる、下痢、腹痛、嘔吐、皮膚の紅潮、のような症状( 喘鳴など)をあわせてと呼ぶ• 三尖弁や 肺動脈弁と呼ばれる、心臓の中の逆流防止弁がダメージを受けてになることもある カルチノイド、カルチノイド症候群の症状.

次の