光電話 ルーター。 フレッツ光のルーターは交換可能?レンタル・購入ルーターの基本

フレッツ光のルーターは交換可能?レンタル・購入ルーターの基本

光電話 ルーター

光回線を家族みんなで利用するのに欠かせない無線LAN(Wi-Fi)ルーター。 ルーターとは何なのか、どんな基準でルーターを選ぶといいのか分かりやすく解説します。 おすすめWi-Fiルーターも紹介しますよ。 目次:• 光回線のルーターって何? (router)とは、ネットワーク間を接続する中継装置のことです。 分かりやすくいうと、 インターネットとユーザーのパソコンやスマホなどの通信機器をつなぐ役目を果たす機器です。 以前まだ有線接続がメインだった頃は、ルーターとパソコンをLANケーブルでつなげる仕様になっていました。 しかし 現在は無線機能付きのルーターが一般的になっており「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」として知られています。 ルーターが一台あれば、パソコン・スマホ・タブレット・プリンターなど複数の通信機器をインターネットにつなぐことができます。 今では当然のように使用されていますが、Wi-Fiルーターはとても重要な役割を果たしているんです。 モデムとルーターの違いとは とルーターの違いがよく分からない人もいるかもしれませんが、この2つは全く異なります。 モデムとは、電話回線のアナログ信号とパソコンのデジタル信号を相互に変換する機器のこと。 電話回線を利用するインターネットには必要不可欠な機器です。 ADSL終了と共に、モデムもその役目を終えることになります。 現在主流である光回線はアナログではなくデジタルでデータをやり取りするので、モデムは必要ありません。 その代わり、光回線ではONU(光回線終端装置)という機器を使用します。 もしくは 折り返しを希望する方は簡単なフォームへのご記入をお願いします。 ONU(光回線終端装置)の役割とは ONU(Optical Network Unitの略)は、光信号とデジタル信号を相互に変換する機器です。 信号変換するという機能の点ではモデムと同じ役割があります。 ちなみにルーターがなくても、ONUからパソコンに直接LANケーブルをつないでインターネット接続することも可能です。 自分に合った光回線ルーターを選ぶには 光回線ルーターは各メーカーから発売されていて種類が非常に豊富です。 さらに価格もピンキリなので、何を基準に選んだらいいのか分からない場合もあるでしょう。 そこで、ルーターの3大基準について説明します。 無線通信規格• 最大通信速度• 間取り この3つをふまえた上で価格も予算に合えば、それがピッタリの一台ということになります。 電波干渉するとインターネット速度が遅くなるだけでなく、パソコンなどの機器に影響を与える可能性もあります。 電波干渉がなるべく起きないように、無線ルーターをそれら家電の近くに設置しないように気を付けましょう。 通信規格ごとの特徴は下記をご覧ください。 無線ルーター - 通信規格別の特徴 通信規格 最大転送速度 周波数帯 電波飛距離 家電との電波干渉 障害物 IEEE802. 11g 54Mbps 2. 11b 11Mbps 2. 4GHzと5GHzがあり、それぞれ次のような特徴があります。 4GHz・・・電波干渉しやすい、障害物は回り込みやすい 5GHz・・・電波干渉しにくく、障害物は回り込みにくい 多くの無線ルーターは複数の通信規格に対応しています。 ルーターと接続する機器によって2. 4GHzと5GHzの通信規格を使い分けることもできます。 たとえば、ルーターがリビングに設置してあるとしましょう。 別の部屋でパソコンにWi-Fi接続するのであれば2. 4 GHz、リビング内でスマホにWi-Fiをつなげるのなら5GHzといった具合です。 もしくは 折り返しを希望する方は簡単なフォームへのご記入をお願いします。 あるルーターがIEEE802. 光回線の速度を無駄にしないためにも、できれば最新の通信規格「IEEE802. 11ac」対応のルーターを選びましょう。 国内で販売されている無線ルーターの最大速度は867Mbps(理論値は最大速度6. 9Gbps)なので、高速通信のメリットを生かすことができます。 また、同時に複数のパソコンやスマホ等を接続したとしても「11ac」対応なら安定して速い通信が可能です。 これは電波強度を分かりやすく目安にしたものです。 Wi-Fiルーターの電波強度が足りないと、通信速度が遅くなり動画再生時に途切れ途切れになることがあります。 快適なインターネットを楽しむためにも、現在お住まいの住居タイプに合ったWi-Fiルーターを購入しましょう。 おすすめ光回線ルーター3選 ここからは、おすすめ無線LANルーターをご紹介します。 光回線インターネット用ルーターを探しているなら、ぜひ参考にしてみてください。 コストパフォーマンスNO.1ルーター「Aterm PA-WG1200CR」 コストパフォーマンスで抜群なのがNECの無線LANルーター「Aterm PA-WG1200CR」です。 3千円台半ばという低価格にもかかわらず通信規格は11acに対応しており、最大速度867Mbpsを実現しています。 とにかく安く購入したいけど、性能も妥協したくないという人には一押しのルーターですよ。 ビームフォーミング機能があると、まず通信先の機器の位置を自動で判別してそこに目がけて電波を集中させます。 これにより、常に安定した高速通信をすることが可能になります。 Aterm PA-WG1200CRの性能 通信規格(IEEE802. 5x110x116. 無線ルーターに3 x 3や4 x 4という表示がある場合、送信アンテナと受信アンテナがそれぞれ3本や4本搭載されているという意味です。 なお、アンテナは必ずしも上部に付くわけではなく内蔵型ルーターもあります。 ルーターと接続する機器間の通信を暗号化することにより、大事な情報が盗まれるのを防ぎます。 WPAやWEPが一般的な規格となっています。 もしくは 折り返しを希望する方は簡単なフォームへのご記入をお願いします。 バランスNO.1ルーター「AirStation WSR-2533DHPL」 性能と価格のバランスがとても良い無線ルーターが、バッファローの「AirStation WSR-2533DHPL」です。 このルーターは最大速度が1. 7Gbpsもあり、同時に接続できる人数も6人とキャパシティが高い機種となっています。 インターネット利用人数が多い家庭には特におすすめの一台です。 通常のビームフォーミング機能では検知できないiPhoneやiPadですが、このルーターはiPhoneやiPadを検知できる「ビームフォーミングEX」対応です。 Appleの端末を利用しているのであれば、さらに快適なインターネットが楽しめますよ。 AirStation WSR-2533DHPLの性能 通信規格(IEEE802. これまで光回線はすべてIPv4接続でしたが、世界的なインターネット利用者増加に伴って支障が出てきました。 通信の遅延やIPアドレスの不足といった問題です。 IPv6(IPoE)接続方式は、光回線が本来の通信速度を発揮するためのサービスといえます。 IPv4未対応の機器でもIPv6ネットワーク経由で通信できるので、通信速度の大きな向上を望めます。 これまで光回線の遅さや速度の不安定に不満を持っていた人には特におすすめの機種です。

次の

ドコモ光電話対応ルーターは必須?どうやって用意すればいいの?|生活110番ニュース

光電話 ルーター

ドコモ光の無線LANルーターとは ドコモ光をWi-Fiとして利用するためには、写真の右側にある「ONU 光回線終端装置 」と左側の「無線LANルーター」といった2つの機器が必要になります。 開通工事の際にドコモから送られてくるONUだけでも光回線を有線で接続して利用できますが、 無線 Wi-Fi 接続でインターネット利用するためには無線LANルーターが絶対に必要です。 ONUはドコモ光独自に提供しているものでないと使えませんが、無線LANルーターは家電量販店やネットショッピングなどで売られている市販のルーターを購入しても使えます。 しかしドコモ光の大きな特徴は、プロバイダからルーターを無料でレンタルできることです。 わざわざ自前で市販のルーターを購入する必要がありません。 もしプロバイダで無料レンタルできなくても、ルーターをレンタルまたは購入する方法はいくつもあるので、後ほど詳しくご紹介していきます。 ドコモ光ルーターはプロバイダで無料レンタルできる ドコモ光の無線LANルーターを利用する方法として、 プロバイダで無料レンタルする方法が一番おすすめです。 しかし、 GMOとくとくBBだけが飛び抜けて高性能なルーターを3種類から選べます。 プロバイダでWi-Fiルーターを無料レンタルするならGMOとくとくBBが一番おすすめです。 ドコモ光のプロバイダはすべてIPv6接続に対応していますが、赤で書かれたプロバイダはv6プラスに対応しているので他よりも高速なインターネットが利用できます。 v6プラスとは? IPv6接続には、v6エクスプレスやv6アルファなどいくつかの種類に分かれていて、なかでも一番インターネット速度が高速になる通信方式がv6プラスです。 GMOとくとくBBだけでなく、DTIや nifty、BIGLOBE、andline、ic-netもv6プラス対応のルーターを無料レンタルできるのでおすすめです。 申し込み方法は? ドコモ光を申し込んだ後に、プロバイダの公式サイトでルーターの無料レンタルサービスを別で申し込む必要があります。 ドコモ光の開通工事をやってもらうまでに最低2週間かかるので、その間にルーターのレンタルを申し込まないと、開通してもルーターが届いてなくてネットが使えない期間ができてしまいます。 たとえプロバイダ公式サイトからドコモ光を申し込んだとしても、別途ルーターの申し込みが必要なので、面倒かもしれませんが必ず2度手続きするようにしましょう。 ルーターはいつ届く? 無料レンタルのルーターを申し込んでから届くまでの期間はプロバイダによって異なります。 プロバイダ ルーター到着時期 GMOとくとくBB 最短工事日 DTI 最短2日後 ぷらら 1週間後 nifty 最短1週間後 BIGLOBE 10日後 andline 最短3日後 hi-ho 最短4日後 SIS 記載なし ic-net 記載なし OCN 記載なし 支払い方法を口座振替にしていたり、お住いの地域が首都圏から離れていたりするとルーターが届くまでに時間がかかることが多いですが、目安としては上記の表を参考にしてください。 解約後は返却するべき? プロバイダからルーターを無料レンタルする場合は、基本的にドコモ光を解約した後にルーターを返却しなければなりません。 返却する際にかかる郵送料 約1,000円 は自己負担で、もし返却しなかった場合は1万円ぐらいの違約金が請求されてしまいます。 しかし、GMOとくとくBBとhi-ho、SISは最低利用期間を超えていれば返却する必要がないです。 GMOとくとくBBとhi-hoは3年、SISは2年以上の継続利用でルーターがそのまま貰えます。 一番高性能なWi-Fiルーターが利用できて、3年以上使い続けることでルーター自体がもらえるので、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むことを強くおすすめします。 ドコモ光電話対応ルーターの無線LANを使う 2. ドコモ光ルーター01を購入する 3. 自前で市販のWi-Fiルーターを購入するすでに契約したプロバイダでルーターのレンタルができない人、自分に合ったルーターを使いたい人は、絶対に目を通してください。 ドコモ光電話対応ルーターの無線LANを使う 固定電話を利用したい人はドコモ光電話のオプションサービスに申し込むことになり、ONUとして「ドコモ光電話対応ルーター」が届きます。 通常のONUとは違って、固定電話やテレビなど複数の機器に接続できるルーターです。 ドコモ光電話対応ルーターには無線LAN機能がそなわっていて、ドコモ光の速度1ギガにもIPv6接続にも対応しています。 ただし、無線LAN機能を使うためには毎月の利用料がかかります。 東日本エリアにお住まいの方は利用料が3年間で1万円を超えてしまい、長期的に見ると出費が高くなってしまうのであまりおすすめしません。 ドコモ光ルーター01を購入する ドコモ光では、オンラインショップで購入できる「ドコモ光ルーター01」をおすすめしています。 値段: 9,590円 全てのドコモ光プロバイダのIPv6接続に対応していて、最大867Mbpsの速度が出る高性能なルーターであり、以下2つのメリットがあります。 月額利用料がかかってしまいますが、初回1ヶ月間は無料で利用できるサービスなので、1ヶ月以内に解約すれば大丈夫です。 面倒なルーターの設定やセキュリティ面の強化を自分でしたくない人は、ドコモルーター01を購入するといいでしょう。 市販のWi-Fiルーターを購入する 冒頭でもお話ししたように、ドコモ光では市販のWi-Fiルーターでも利用できます。 なので、プロバイダやドコモ光で提供されている製品よりも高性能なルーターを使いたい場合は、家電量販店や価格コム、アマゾンなどで購入しましょう。 しかし、ここまで紹介してきたルーターはどれも性能が優れたものばかりなので、わざわざ市販で購入する必要はありませんよ。 \最大20,000円キャッシュバック/ ドコモ光ルーターの選び方と比較ポイント 自前で用意する人のために、市販で売られているWi-Fiルーターの選び方と比較ポイントをご紹介していきます。 価格 市販で売られているWi-Fiルーターは2千円のものから3万円のものまで種類が豊富で、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。 一人暮らしで主にスマホやPCぐらいしかWi-Fi接続しないという人は、相場として5千円くらいのルーターで十分です。 家族暮らしで4台以上のスマホやPC、テレビなどに接続する場合は、1万円前後のルーターを購入することをおすすめします。 もしPCなどでオンラインゲームをするような速度が必要な人は、2万円~3万円ほどのルーターがあると安心です。 スペック ルーターの性能を比較する際に最も重要なのが、「最大速度」と「IPv6対応かどうか」です。 ドコモ光やプロバイダで提供されているルーターはほとんど最大867Mbpsの速度なので、それぐらいの最大速度があるといいでしょう。 また、ドコモ光でインターネットを速く利用するには IPv6に対応したルーターが必要不可欠です。 速度だけでなく、電波の受信・送信感度を左右するアンテナの本数 ストリーム数 も見ておきましょう。 Wi-Fiを繋がりやすくするためにはアンテナが4本以上あるルーターをおすすめします。 さらに細かくスペックを比較していくと、以下のポイント4つが重要です。 SU-MIMO・・・1対1での通信しかできない MU-MIMO・・・1対複数の通信ができる ビームフォーミングとは? ビームフォーミング方式とは、これまでの反射しながら飛び交う複数の電波をお互いが強め合うように計算し、Wi-Fiを受信するスマホなどの機器をねらって最適な電波の束をつくる技術です。 これにより、Wi-Fiルーターから離れた場所や障害物が多い場所など、電波が届きにくい場所でも快適にインターネットが利用できます。 ハンドステアリングとは? ハンドステアリングとは、5GHzと2. 4GHz帯の混雑してない周波数帯に自動で切り替える機能です。 自分の近くに住んでいる人たちのほとんどが2. 4GHz帯でWi-Fiを使っている場合、電波が干渉しあってしまうので遅くなってしまいます。 それを防ぐため、自動で周波数帯を切り替えてくれるので凄く便利な機能です。 ルーターの設定方法はプロバイダによって異なりますが、基本的に設定が不要なプロバイダばかりです。 工事日までに郵送で送られてくる接続ガイドの書面に設定方法が書かれているので、記載通りに設定を行いましょう。 ルーターが遅い・繋がらないときの対処法は? Wi-Fiの速度が遅い原因は、ルーターの劣化や設置場所、不具合などが影響を及ぼすケースが多いです。 電子機器なので不具合が起きたら再起動して直ることがあります。 また、いま利用している周波数帯を2. 4GHzから5GHzに、5GHzから2. 4GHzに変更することで速度が改善するかもしれません。 電子レンジなどの機器は2. 4GHzの電波を使っていることが多いので、近くに置かないことをおすすめします。 しかしWi-Fiの速度が遅い原因はルーターだけでなく、スマホやPCなどのデバイスにも原因があるかもしれないので、複数のデバイスで試してみてください。 ここまでドコモ光のルーターについて利用方法や選び方など紹介してきましたが、一番おすすめなのはプロバイダからルーターを無料レンタルすることです。 皆さんのルーター選びに当記事を役立ててください。

次の

ホームゲートウェイとは? ルーターとは違うの? 購入が必要?

光電話 ルーター

新生活が始まる時、ライフラインとしてインターネット環境を用意するのは今や必然となりました。 しかし、回線工事やセットアップは業者に任せきりで、詳しいことがわからないという方も多いのではないでしょうか。 モデムや ルーター等の機器が、インターネットに接続する時何を担っているのか。 それぞれの役割と違いを知る事で、生活に合ったインターネット環境を選択できるようになります。 回線速度やWi-Fi接続にも密接に関係する通信機器の基礎知識をマスターし、賢くインターネット回線を開通させましょう。 モデムとは モデムとは、アナログ信号をデジタル信号に変調する機器の名称です。 インターネットにアナログ信号が使われていると聞くと、疑問を感じられるかも知れません。 自宅のパソコンでインターネットに接続する時、パソコンからLANケーブルが伸びていて、その先にルーターやモデムと言った機器が設置されています。 スマートフォンを利用する場合は、近場のアクセスポイントに接続し、Wi-Fiでウェブサイトやアプリを利用されている方もいらっしゃるかと思います。 ルーターやモデム、アクセスポイントの先にも何かのケーブルが繋がっていて、屋外にある回線を通じ、どこかからWEBページを取得してくる、というのが一般的な認識ではないでしょうか。 ネットに接続する仕組み パソコンやスマートフォンが、どのような機器でも同じようにインターネットに接続できるのは、屋外に繋がるケーブルから送られてきた電気信号を、モデムが統一規格のデジタル信号に変換している為です。 インターネットが普及し始めた頃は電話回線しか通信網しか存在せず、ダイアルアップ接続やADSL接続といったアナログ通信でインターネットが利用されていました。 パソコンは、電話回線から送信されるアナログ信号を理解する事ができないので、モデムを用いて認識できるデジタル信号に変換を行っていました。 また、パソコンからインターネットへ情報を送信する際は、モデムがデジタル信号をアナログ信号へ変換し、電話回線へ乗せていたのです。 モデムはインターネットに使うもの? モデムの語源は、電気信号の変調を行うモジュレーター[modulator]と、復調を行うデモジュレーター[demodulator]、それぞれの接頭3文字の組み合わせです。 モデムは広域に[変調する][復調する]ものという意味をもっており、FAXや衛星放送の通信にも専用のモデムが存在します。 外から送信されてくる何かしらのアナログ信号を、家庭内の機器が認識できるデジタル信号に変換する機器である事はかわりません。 モデムと通信事業者 モデムはアナログ信号とデジタル信号を変調する機器の名称です。 ただ他にももう一つ、通信事業者が担当する範囲という側面を持っています。 たとえばADSL接続では、電話線で通話する為の通信規格が用いられており、NTT等電話の事業者が信号を変換する機器を提供しています。 光回線でも同じことで、光ファイバーで光通信する為の通信規格が用いられている為、au等の光回線事業者が信号を変換する機器を提供しています。 またインターネットに接続する際には回線を利用するだけではなく、インターネットサービスプロバイダー ISP と契約が必要です。 インターネットサービスプロバイダーは、誰がどこに通信しようとしているのかを把握し、情報の送受信ができるように利用者を管理しています。 NTTやau、SoftBankといった通信事業者は、電話回線と光回線、またインターネットサービスプロバイダーを全て担っている企業です。 どのインターネットサービスプロバイダを選択しても、実態としてNTTの回線を利用しているというケースは多く存在します。 そのため、SoftBankと契約したらNTTから回線工事のお知らせがくるといった理解しづらい契約形態が発生します。 この理解しづらい状況を解消する為に、通信事業者によって光信号を変換する機器を[光モデム]といった用語を使ってサービスの説明をしていることがあります。 回線というインフラの提供、回線の種類、インターネットサービスプロバイダーのサービスを分けて考える事で、事業者と機器の混乱を整理しましょう。 ・回線の種類は何か 例 光回線、電話回線 など ・通信事業者はどこか 例 NTT東日本、KDDI、SoftBank など ・インターネットサービスプロバイダーはどこか 例 フレッツ光 NTT 、OCN NTT 、auひかり KDDI 、NURO光 So-net など モデムとは 現在一般的に利用されているインターネット回線は大きく以下の2種類です。 ・電話回線を用いたアナログ通信 ・光回線を用いた光通信 モデムとは電話回線で受信したアナログ信号をデジタル信号に変換する機器と端的に捉えることがポイントです。 ルーターとは ルーターとは、受信したデジタル信号を、Wi-Fiや複数の機器に分配し管理する機器の名称です。 ルーターはいくつかの役割を持っており、製品によってできる事が異なります。 市場に流通しているルーターがインターネット接続時に担っている役割を知り、どんな機器を使えば何ができるのかを理解すれば、より快適にインターネットを利用することができます。 前述では、インターネットに接続する方法として大きく以下2つがある事をご説明しました。 ・電話線を用いたアナログ通信 ・光回線を用いた光通信 どちらも一般家庭で利用する際は、1契約につき1回線が割り当てられます。 では、パソコンとスマートフォンとゲーム機を同時に接続したい場合、1回線でインターネット接続は可能なのでしょうか。 ルーターの役割 パソコンからモデムに直接ケーブルを繋いだ場合も、インターネット接続を行うことは可能です。 ただしモデムは信号を変換する機器ですから、Wi-Fiのアクセスポイントになったり、2台のパソコンで同時にインターネットへ接続させる機能は持っていません。 1回線でデータ通信を行う際、複数台のパソコンに通信を分配したり、接続を行っている機器を管理したり、Wi-Fiのアクセスポイントになったりする機能を持つのがルーターです。 ルーターはメーカーにより用意されている機能が異なりますので、どういった機能があるのかを確認し、必要用途に合わせて選ぶ必要があります。 Wi-Fiのアクセスポイントになる機能や、有害サイトへの接続をブロックする機能、外部からの攻撃や通信傍受からガードする機能を持つルーターも存在します。 ルーターの機能の違い たとえばWi-Fi接続ができることを条件にルーターを選ぶ場合、スマートフォン等のWi-Fiを利用される機器の周波数帯を確認されてみて下さい。 Wi-Fi接続を行う機器は、2. 4GHz帯と5GHz帯という2種類の周波数のいずれか、または両方に対応しています。 4GHz帯は古い規格で、対応している機器は多いですが繋がりにくいという特性があります。 5GHz帯は新しい規格で、対応している機器は少ないですが安定して繋がりやすいです。 せっかく5GHz帯の機器をお持ちなのに、ルーターが5GHz帯に対応していなければ安定した接続を利用する事ができません。 物理的にWi-Fiの電波が届く距離も製品によって異なりますので、ご自宅の広さやルーターの配置箇所、機器の性能を考えて選択されてください。 回線の分配と管理って? ルーターにはWi-Fi接続台数やLANケーブルでの接続台数に上限があります。 1回線の契約でパソコンからインターネット接続をした場合、インターネットサービスプロバイダーからグローバルIPアドレスという単一の識別子が割り振られます。 2台のパソコンで同じグローバルIPアドレスを利用しようとすると、接続先のウェブサイトに同一のパソコンから接続されていると誤認されたり、接続ができなくなったりします。 ルーターは1回線で通信する複数の機器に、ローカルIPアドレスという内輪の識別子を割り振り機器を管理します。 ローカルIPアドレスが割り振られた機器同士は、互いが別の機器であると認識できるようになり、ファイルを送信したり、別の機器を操作することができるようになります。 パソコンからルーター自体にアクセスすることで細かな設定ができる機種もあり、小さいお子様が利用されるパソコンやタブレットに対して、有害サイトへの接続を許可しないよう制限をかけることも可能です。 この時、ルーターがいくつまで接続機器を管理できるかが、接続台数の上限です。 具体的にルーターが備えている機能を知る事で、自宅のインターネット環境がより便利に拡張されます。 ルーターとは ルーターの語源はルート[root]からきており、経路選択や経路管理をする物という意味を持ちます。 ルーターとは、1つの回線で行っている通信を分配して、接続機器を管理する機器のことです。 Wi-Fiのアクセスポイントになったり、複数の機器を管理したり、ルーターはいくつかの役割を持ちますので、インターネット接続の補助を行い便利にするものとご認識頂けば問題ありません。 ネットの接続に必要なのはどっち? モデムが必要なケース もし今から光回線の契約を考えている場合、モデムは必要ありません。 モデムが必要なケースは、ADSL等のアナログ回線を使ったインターネット接続を行う場合に限られます。 現在では光回線が一般的になり、アナログ回線とモデムが必要なシーンは少なくなりました。 まだ光回線を引いていない地域や集合住宅、ケーブルテレビの付随サービスでインターネットを利用される場合等は、モデムを利用しインターネットへ接続することになります。 ADSLという接続方法は、アップロード速度とダウンロード速度の差が大きく、同時間帯にインターネットの利用者が多いと通信速度が遅くなるというデメリットもあります。 ただ、電話回線は広く普及していますので、対応地域が光回線より多いこと、あえてアナログ回線を利用させる事で、格安の接続サービスを提供しているプロバイダーも存在しています。 ルーターが必要なケース ルーターが必要なケースは、Wi-Fiを利用したい場合や複数の機器でインターネットを利用したい場合です。 ルーターが無くてもパソコンからインターネットへ接続させる事は可能ですが、ルーターを使わない場合はWi-Fi機器の用意とセットアップ、インターネット接続時のセキュリティ対策をご自身で行わなければなりません。 また、WiMAXやPocket Wi-Fiといった機器は、SIMカードを契約し4GやLTE通信が利用できるモバイルWi-Fiルーターです。 自宅に電話回線や光回線が無い方、Wi-Fiだけ利用したい方、外でインターネットを利用したい方は、モバイルWi-Fiルーターのみ購入する選択肢もあります。 ONUとモデム・ルーターは違うの? ここまでインターネットに接続する方法と、必要な機器についてご説明しました。 接続方法 ・電話線を用いたアナログ通信 ・光回線を用いた光通信 機器の役割 ・モデムでアナログ通信をデジタル通信に変換する。 ・デジタル通信をルーターで分配し、管理する。 次にインターネット回線の開設時によく聞かれる[ONU]という機器について解説します。 ONUは光モデムのこと ONUとは、光信号をデジタル信号に変換する機器を指します。 モデムというのはアナログ信号とデジタル信号の変調機器ですから、光通信には必要ありません。 前述に、通信事業者が複雑なサービスやインフラをわかりやすく説明するため、[光モデム]といった言葉を用いるとご説明しました。 回線の契約者から見た時に、アナログ信号をデジタル信号へ変換するモデムと、光信号をデジタル信号へ変換するONUの役割が同じであることから、ONUには光モデムという呼称が用いられることがあります。 モデムとルーターはどこで入手すればいいの? モデムの選び方のポイント インターネットの開通を申し込む際には、電気量販店やケータイショップ、またはプロバイダーへ直接連絡します。 その後はいずれの場合もインターネットサービスプロバイダーが窓口となり、契約を進めます。 プロバイダーは多数存在し、ルーターのレンタルや初期セットアップサービス、インターネットへの接続サポート、月額費用のコストダウンで同業者と差別化を図り、事業を展開しています。 しかしプロバイダーの裏で利用される通信事業者は、アナログ回線も光回線も数社しか選択肢がありません。 モデムとして差がつくのはIP電話や衛生放送の受信等、インターネット以外のアナログ回線を受信し変調する機能を持っているか否かです。 また光モデムと呼ばれているONUは、ルーターとモデムが一体型になった機種もありますので、回線契約時にどんなサービスが付随しているのかに目を通す事がポイントです。 モデムの購入場所 モデムは信号を変調するものですので、契約した通信事業者から提供される機器を利用する事になります。 インターネット開通工事時に部屋へ配置されたり、通信事業者から郵送で自宅に届く事が一般的です。 ルーターの選び方のポイント ルーターを選ぶ際は、インターネットを使って何がしたいのかを明確にしておく事が大切です。 自宅に居る時にWi-Fiを利用したいのであれば、利用したい機器と周波数が合っているか、周波数ごとの通信速度は早いか、配置する部屋の広さや場所などの制約も確認されてください。 お子様が利用される環境であれば、有害サイトへのアクセスブロックができるか、セキュリティ機能は付随しているかも確認するポイントです。 ルーターの購入場所 ルーターの販売を行っているのは[バッファロー][NEC][エレコム]と言った、パソコン周辺機器やガジェットを取り扱うメーカーです。 2019年現在、バッファローの[AirStation]、NECの[Aterm]といった機種の人気が高く、どちらもWi-Fiの通信速度が早いという点を売りにしています。 ご参考 ・バッファロー - AirStation WSR-2533DHPL ・NEC - Aterm WG2600HP3 新規にインターネットの開通申し込みを行う際は、モデムと同じようにインターネットサービスプロバイダーが提供する契約プランに、ルーターのレンタルや分割支払費用が含まれている事がほとんどです。 もし契約に含まれるルーターが満足いく性能でなかった場合は、ルーターのメーカーサイトや家電量販店からも購入可能です。 まとめ モデムとルーター、ONUを選ぶ際は、利用する通信回線と接続方法、インターネットの利用用途によって取捨選択が必要であることをご説明しました。 ・デジタル通信をルーターで分配し、管理する。 ・デジタル通信をルーターで分配し、管理する。 インターネットへの接続サービスは、日々新しい技術や製品が発表され、用語を追いかけるだけでも大変です。 お問い合わせするだけでも難易度が高い通信機器ですが、インターネットに接続する仕組みさえ抑えておけば、新しく回線を開通する時にプロバイダーへ伝える要望、何を比較し購入すれば良いのかもあたりが付けられます。 必要な機器を自分で選択して、快適なインターネット環境を手に入れられる事を応援しております。

次の