わけ あっ て 坂口。 坂口安吾 不良少年とキリスト

破局報道もあった高畑充希と坂口健太郎「婚前同棲」を開始か

わけ あっ て 坂口

目次 はじめに わたしたち、みんな絶滅しました。 地球の前で、生き物は無力。 生き残るって、たいへんだ。 じゃあ絶滅って、悲しい? だけどやっぱり絶滅したくない! この本のオツな楽しみ方 1 油断して、絶滅 やさしすぎて絶滅 ステラーカイギュウさん のろますぎて絶滅 ドードーさん パンダに負けて絶滅 ギガントピテクスさん イカ不足で絶滅 魚竜さん ヤギが大食いで絶滅 オガサワラマシコさん 川から出られなくて絶滅 スピノサウルスさん 食事がのろくて絶滅 アースロプレウラさん 1匹のネコに狩りつくされて絶滅 スティーブンイワサザイさん カビが生えて絶滅 イブクロコモリガエルさん 石を飲んで絶滅 ジャイアントモアさん プニプニすぎて絶滅 ディッキンソニアさん キツネにおそわれて絶滅 ブタアシバンディクートさん イヌに病気をうつされて絶滅 ニホンオオカミさん イヌのぬれぎぬで絶滅 フクロオオカミさん 卵を守りきれずに絶滅 ディアトリマさん 無敵すぎて絶滅 メガテリウムさん ひと休み(1) 化石の歌 2 やりすぎて、絶滅 アゴが重すぎて絶滅 プラティベロドンさん 歯がぬけなくて絶滅 ヘリコプリオンさん 数が多すぎて絶滅 リョコウバトさん まっすぐすぎて絶滅 カメロケラスさん こんがらがって絶滅 ニッポニテスさん 美しすぎて絶滅 ブルーバックさん デコりすぎて絶滅 オパビニアさん ウマに恋して絶滅 ターパンさん 角に栄養をとられて絶滅 オオツノジカさん くちばしが特殊すぎて絶滅 ユミハシハワイミツスイさん 息ができなくて絶滅 メガネウラさん 頭が悪くて絶滅 ティラコスミルスさん 暑さにも寒さにも弱くて絶滅 ティタノボアさん 角が豪華すぎて絶滅 ションブルクジカさん 背中の帆がじゃまで絶滅 ディメトロドンさん 首が長すぎて絶滅 マメンチサウルスさん ひと休み(2) 地層の歌 3 不器用で、絶滅 ちゃんと飛べなくて絶滅 シソチョウさん 筋肉ムキムキで絶滅 スミロドンさん 想像力がたりなくて絶滅 ネアンデルタール人さん クジラの逆襲で絶滅 メガロドンさん 歯が弱くて絶滅 アノマロカリスさん 大食いで絶滅 パラケラテリウムさん 酸素がたりなくて絶滅 ダンクルオステウスさん 風が吹かなくなって絶滅 アルゲンタビスさん 中途半端で絶滅 パキケトゥスさん クジラが南極に泳いできて絶滅 ジャイアントペンギンさん 草を食べたら絶滅 シバテリウムさん 干からびて絶滅 マストドンサウルスさん やみくもに上陸して絶滅 イクチオステガさん ひと休み(3) 隕石の歌 4 不運にも、絶滅 隕石が落ちて絶滅 ティラノサウルスさん 島が沈没して絶滅 オオウミガラスさん 川がにごって絶滅 ヨウスコウカワイルカさん カタツムリの紛争で絶滅 ポリネシアマイマイさん マグマ地獄で絶滅 ウミサソリさん エベレストが高くなって絶滅 アンドリューサルクスさん 寒さからのがれられなくて絶滅 マチカネワニさん 水がお湯になって絶滅 コノドント動物さん 雪が降って絶滅 ケナガマンモスさん ハリケーンに飛ばされて絶滅 ミイロコンゴウインコさん 笑いすぎて絶滅 ワライフクロウさん 魚にねらわれて絶滅 三葉虫さん 砂漠に取り残されて絶滅 アルシノイテリウムさん 好奇心で食べられて絶滅 グアムオオコウモリさん 花が咲いて絶滅 ステゴサウルスさん ひと休み(4) 大絶滅の歌 5 絶滅しそうで、してない 水にもぐって助かった カモノハシさん 山にのぼって助かった ライチョウさん 森に引きこもって助かった コビトカバさん こっそり長生きしていて助かった ムカシトカゲさん やる気がなくて助かった オウムガイさん 流木で海をわたって助かった ロードハウナナフシさん 深海に迷いこんで助かった シーラカンスさん 進化がおそくて助かった オポッサムさん 気づいたらべつの場所にいて助かった クニマスさん まゆにこもって助かった ハイギョさん おわりに さくいん 巻末…別冊絶滅全史 監修者 今泉忠明(いまいずみ・ただあき) 東京水産大学(現東京海洋大学)卒業。 国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。 文部省(現文部科学省)の国際生物学事業計画(IBP)調査、環境庁(現環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査等に参加する。 上野動物園の動物解説員を経て、東京動物園協会評議員。 おもな著書に『野生ネコの百科』(データハウス)、『動物行動学入門』(ナツメ社)、『猫はふしぎ』(イースト・プレス)等。 監修に『ざんねんないきもの事典』シリーズ(高橋書店)等。 単独性でひっそり暮らし、厳しい子育てをする、チーターやヒョウ等のネコ科の動物が好き。 著者 丸山貴史(まるやま・たかし) 動物ライター、図鑑制作者。 ネイチャー・プロ編集室勤務を経て、ネゲブ砂漠にてハイラックスの調査に従事。 『ざんねんないきもの事典』『続ざんねんないきもの事典』(ともに高橋書店)の執筆や、『せつない動物図鑑』(ダイヤモンド社)の編集、『生まれたときからせつない動物図鑑』の監訳等を手がける。 好きな動物はツチブタ。 理由は、たった1種でツチブタ目を構成する孤高さや、シロアリ食なのに伸び続ける臼歯をもつ独自性等、あらゆる点でかっこいいから。 絵 サトウマサノリ(さとう・まさのり) 1〜2章、5章 武蔵野美術大学卒業。 企業やテーマパークでキャラクター制作に携わる。 著書に『ちかてつライオンせん』(パイ インターナショナル)。 動物のことを調べたり観察することが大好き。 ぼーっと見ているのも大好き。 ウエタケヨーコ(うえたけ・よーこ) 3〜4章 多摩美術大学卒業。 印刷会社のデザイナーを経て、2013年よりフリーランスのイラストレーターとなる。 動物園でじっと観察していると、中に人間が入っているかのような動きをするクマが好き。 広告、雑誌、書籍等を中心にイラストレーションを手がける。 どこでものんびりと暮らすネコ(雑種)が好き。 なすみそいため 図鑑線画イラスト 2004年よりフリーのイラストレーターとして活動を開始。 書籍や広告、Web等のイラスト、キャラクターデザインを手がける。 姿も模様もかっこいいチーターが好き。

次の

わけあってこの名前 いきもの名前語源辞典

わけ あっ て 坂口

閑静な住宅街に建つ高級マンション。 1月下旬の22時過ぎ、白のニットに身を包み、ボストンバッグとトートバッグに紙袋と、たくさんの荷物を抱えた女性が入っていく。 2月7日に主演映画『ヲタクに恋は難しい』の公開を控えるなど、相変わらず多忙な高畑だ。 最近、彼女のプライベートで気になる情報が。 坂口との破局が報じられたのだ。 高畑と坂口は、2016年1月放送の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で初共演し、その直後、NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年4〜10月放送)で再共演。 これを機に恋へ発展した。 「ともに連ドラや映画などに引っ張りだこで多忙なふたりは、セリフを覚える時間やひとりになれる空間も欲しかったようです。 帰宅が深夜になることもあれば、早朝ロケに備えてゆっくり寝たいこともある。 別々の部屋に住むくらいの距離感がちょうどよかったのでしょう」(坂口の知人) 会いたい時にすぐに会えるけれど、互いを束縛しない生活がピッタリだったようで、ふたりは順調に愛を育んできた。 しかし、ここ数か月、ふたりの姿がマンション内で見られなくなった。 ついには高畑が引っ越して破局した、という情報も飛び交った。 前出の知人によれば、事実は違うようだ。 「昨年7月頃、坂口さんがまず引っ越したんです。 新居は、超高級マンションで160平方メートル以上もある3LDK。 高畑さんも今はほとんどこの部屋で生活しています。 婚前同棲といえるのでは? という人までいます」 冒頭、高畑が帰宅したのは、ふたりの新たな愛の巣というわけだ。 これまで、あえて同じ部屋に住むことを選ばなかったふたりが、ついに同棲に踏み切ったわけだが、その決断に至るには、さまざまな思いもあったようで…。 「実は、昨夏引っ越した後も、ふたりとも以前の部屋を解約していないんです。 ただ坂口さんは今年になって覚悟を決めたようで、近々、以前の部屋を解約する予定だそうです」(前出・坂口の知人) ゴールインに向けて、着実に歩みを進めているようだ。

次の

1980

わけ あっ て 坂口

経歴 プロ入り前 小学2年時 にの「鵯台ライオンズ」でを始め、で4番。 時代はのヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩にはがいた。 に進学後、1年秋から 1を着けてエースとなり秋季近畿大会でベスト4入りし 、翌春に春夏通じて同校初の甲子園出場となるにエースで5番として出場。 3年時は背番号1のままながらとして出場することが多かった。 夏のでは準決勝でを擁するを相手に9回裏2死から5点差を逆転して勝ちし、決勝では・らを擁するに敗れたものの準優勝。 高校通算23。 にての交渉権を抽選で逃したから1巡目指名を受けて入団、神戸国際大附高出身者初のプロ野球選手となった。 また、大阪近鉄バファローズ最後のドラフト1位指名選手でもあった。 4番を打っていたと俊足の身体能力を買われて外野手に転向。 近鉄時代 はで. 302を残し、ドラフト指名を受けて入団した高卒では球団史上8人目となる1年目での一軍初出場を果たし、初も記録した。 オリックス時代 からに伴う入団2年以内の選手への措置で所属となり、二軍で打率. 285、13を記録。 も二軍で54出場、打率. 328、12盗塁を記録。 オフにはへ派遣された。 はで結果を残し、は「が離脱している中で1番バッターは彼以外いない」と絶賛。 1番で初の開幕出場を果たし、初回に同年のチーム初安打を放った。 5月初旬に打撃不振で二軍に降格するも、シーズン終盤に再昇格後はレギュラーに定着し、9月以降は3割近い打率を残しも記録。 二軍では48試合に出場、打率. 317、チームトップの10盗塁を記録。 も開幕1番に選ばれ、前半戦は好調を維持。 夏場以降は打率が下がりも増えたが、主に1・2番打者として、と並ぶチーム最多の142試合に出場、初めてに到達するなどレギュラーに定着した。 6・13盗塁(と同数)はチームトップ、安打数・数・数はいずれもチーム2位を記録し、満塁時には9打席で76安打11と満塁男ぶりも見せた。 守備でも外野手としてリーグ3位の7を記録し、を初受賞した。 一方で、全打席の半分以上で、3球目までに打った打撃スタイルとチーム4位の三振数を記録した、追い込まれてからの脆さからが少なく、アベレージタイプの打者としてはが低い事や、に対し打率. 232に終わるなど課題も残した。 は、シーズン途中から元近鉄選手用の汎用応援歌に替わり、新たに専用応援歌が作られた。 では打率. 349と好調だったが開幕後は5月初旬まで打率1割台と打撃不振に陥り、同年から加入した近鉄時代のチームメイトでもあるが1番を打つようになった。 その後は徐々に復調していき、6月からは大村に替わって再び1番打者に定着。 5月以降は7月以外全て月間打率3割以上で8月には月間打率. 386、以来球団史上2人目となる月間40安打を記録し 、最終的にはチームトップの137試合に出場してチーム内の規定打席到達者で唯一の打率3割となるリーグ2位 の打率. 317に同2位の167安打、前年の自己最多を更新するチームトップでリーグ10位の16盗塁を記録。 また、リーグ6位の出塁率. 381で左投手に対しても打率. 297と前年課題を残した部分でも改善が見られた。 守備では外野手としてリーグトップの14補殺に同2位のを記録してゴールデングラブ賞を2年連続で受賞し、下位に低迷したチームの中で活躍した。 この年は、野手8人の中で唯一日ハムではない選手の受賞となった。 同年オフ、背番号を 9に変更する事が決まった。 12月21日には、復興15年チャリティーマッチに参加し、地元選手、ブルーウェーブOBらで構成された「がんばろう神戸ドリームズ」の選手として出場した。 はフルイニング出場を目標 とし1番打者として起用されていたが、打撃不振によりわずか12試合でスタメン落ちした。 しかし、初戦となった5月12日の対戦で、延長10回表に決勝適時三塁打を打ち、チームの対ヤクルト戦2年ぶりとなる勝利に導く活躍や、6月7日の対戦ではプロ野球新記録となる10者連続安打の先頭打者として口火を切り、1イニング2安打を放つなど、交流戦打率. 389とMVP候補にも挙がった。 しかし7月は打率. 213、. 539と再び不振に陥り、前半戦終了間際に3年ぶりの2軍降格を味わうも、前半戦終了時点で. 288だった打率を昇格後は3割に戻し、最終的に2年連続3割、3年連続ゴールデングラブ賞、3年連続150安打を達成し、三塁打はリーグトップの10本をマークした。 また、8月には10と6三塁打を放ち、8月度のJA全農Go・Go賞(表彰テーマ:最多二、三塁打賞)を受賞した。 は全144試合フルイニング出場を果たし、を受賞した。 シーズン序盤は不振であったが、交流戦では打率. 412と一気に調子を上げて3割に乗せ、交流戦首位打者、最多安打、最多を記録して賞を受賞した。 終盤まで3割をキープして首位打者を狙える位置にいたが、最後の最後で17連続無安打を記録するなど不振に陥り、最終的には打率. 297でシーズンを終えた。 しかし、最多安打、最多タイ三塁打、リーグ3位の得点、同5位の四球、同7位の打率、同8位の出塁率を記録するなど一番打者として活躍した。 守備でも無の守備率10割、守備機会リーグ3位、補殺同5位と俊足・強肩ぶりを存分に発揮し、4年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。 また、9月度のJA全農Go・Go賞(表彰テーマ:最多二、三塁打賞)にも2年連続で受賞した。 オリックス時代(2011年8月6日、QVCマリンフィールドにて) 、シーズン前の3月10日に行われたの対台湾戦において初の日本代表に選出され、4回から途中出場し、2打数1安打1四球の活躍を見せた。 開幕戦では1番・として先発出場を果たしたが、この年もここ数年同様に春先から打撃不振、守備でも失策を喫するなど精彩を欠いたことから、5月5日の日本ハム戦ではスタメン落ち。 この試合で2010年9月19日から続いたフルイニング出場が179試合で途切れた。 それでも一向に調子が上がらないまま、5月17日の対戦で、初回にの放った飛球をダイビングキャッチで好捕したが、この際に右肩を地面に強打し負傷退場。 検査の結果、右肩肩鎖関節の脱臼、さらに靭帯も断裂と診断され、長期離脱を余儀なくされた。 シーズン復帰は絶望的と言われていたが、なんとかその後9月7日のウエスタンリーグ・戦で戦線復帰(監督が坂口の復帰を一軍戦の試合中に初めて知った )。 しかし、打撃は問題はないが、守備で投げられるほどには万全ではなかったため 、専らDHまたは代打として守備に就かずに二軍戦に出場し続け、公式戦終了間際の10月5日に一軍登録され、同日の対戦で7回裏に代打として復帰を果たすと、からダメ押しの適時打を放った。 同月7日の対西武戦でも代打で安打を放ったが、一軍定着後最少となる40試合の出場に留まり、最下位に低迷したチームにとって坂口の戦線離脱が攻守に手痛いシーズンとなってしまった。 この年のオフにと共にオリックスの副選手会長に就任するも、新選手会長のがトレードで移籍したのに伴い、選手会長に就任した。 は選手会長として試合に出場。 しかし序盤から不振。 さらに夏場に入っても一向に調子が上がらず、シーズン途中にはぎっくり腰になり8月に登録抹消。 シーズン終盤に復帰した。 最終的に97試合に出場。 規定打席にはあと6打席届かなかった。 には、開幕からスタメンで出場を続けるなど、一軍公式戦122試合に出場。 出場試合数が、3年振りに100試合を超えた。 しかし、8月以降はにスタメンを奪われてしまうなど、シーズン全体では前年に続いて不振。 その一方で、前年を下回る打席数で40打点を記録するなど、随所で勝負強さを発揮した。 シーズン中にはを取得したものの、シーズン終了後に球団と2度交渉した結果、権利を行使せずオリックスへ残留することを表明している。 にも、一軍の公式戦に開幕からスタメンで出場。 一時、3番打者として起用されていた。 「『プロになりたい』と思わせてくれた」という発生年()のオリックス・ブルーウェーブ復刻ユニフォームで臨んだ4月18日の対西武戦では、地元に近いで、この年唯一の本塁打を放っている。 しかし、5月11日に出場選手登録を抹消。 抹消の直後に右肘を痛めた影響などから、一軍への復帰を果たせなかった。 さらに9月には、翌年の契約について、上の減額制限を超える大幅な減俸を球団から提示される。 坂口はこの提示に同意せずを申し入れ 、球団はシーズン終了直前の10月1日に坂口の退団を発表した。 この発表を受けて、が坂口の獲得調査に着手している。 ヤクルト時代 2015年11月13日に、東京ヤクルトスワローズが坂口の獲得で合意に達したことを発表した。 推定年俸は3,000万円で、オリックス在籍時の最終年俸(7,500万円)から4,500万円減額。 その一方で、「死を連想する不吉な数字」として日本人選手から敬遠されがちな背番号 42を、自身の意向で着用することを決めた()。 には、シーズンを通じて一軍に帯同。 一軍公式戦には、主に1番や2番打者としてチームトップの141試合に出場するとともに、オリックス時代の2011年以来5年振りにリーグの最終規定打席へ到達した。 また、6月2日の対日本ハム戦(札幌ドーム)では一軍公式戦通算1000試合出場、同月8日の対楽天戦(Koboスタ宮城)1回表の第1打席では通算1000安打を相次いで達成。 シーズン全体では、打率. 295、 自己最多の63を記録するなど出塁に徹した結果、リーグ7位の(. 375)を記録した。 その一方で、この年の規定打席到達者(27選手)でただ1人、ノーアーチでシーズンを終了。 坂口にとっても、一軍定着後に規定打席に到達したシーズンでは初めての出来事だった。 には、春季キャンプへ入る前の1月に、との間で野球用具アドバイザリースタッフ契約を締結した。 レギュラーシーズンでは、一軍公式戦136試合に出場。 3年振りのセ・リーグ最下位に沈んだチームにあって、規定打席到達選手でトップの打率. 290、4本塁打、出塁率. 364を記録するなど、シーズンを通じて活躍した。 また、シーズン中に一軍公式戦での通算打数が4000に達したため、NPBの通算打率ランキングに名前を連ねた。 シーズン終了後の契約交渉では、オリックス時代の2012年以来5年振りに1億円プレイヤーへ返り咲いた。 には、 ヤクルトを経てで6シーズン活躍した(前外野手)が、春季キャンプ中にチームへ復帰。 青木を復帰前と同じ正中堅手に据えるチーム構想の下で、この年にヘッドコーチへ就任したが坂口の身長の高さ(181cm)に目を付けたことを機に、中学生時代を最後に遠ざかっていた一塁の守備練習を始めた。 レギュラーシーズンでは、3月30日のとの開幕戦()で「6番・一塁手」としてスタメンへ起用 ことを皮切りに、一軍公式戦98試合で一塁の守備に就いた。 打撃面では、シーズンを通じて安打を量産。 前半戦は下位打線に組み込まれることが多かったが、7月頃から1番打者へ定着すると、2番打者・青木とのコンビで強力打線を牽引した。 一軍公式戦全体では139試合に出場。 打率はセ・リーグ9位の. 317で、オリックス時代の2010年以来8年振りに3割を超えた。 また、自己最高の出塁率. 406をマーク。 シーズン終了後には、推定年俸1億4,000万円をベースに年俸が変動するという条件で、翌からの3年契約を結んだ。 には、 守備中に脇腹へ送球を受けたり、打席で自打球が目に当たったりするなど、オープン戦からアクシデントが相次いだ。 阪神とのレギュラーシーズン開幕カード(京セラドーム大阪)には「1番・一塁手」としてスタメンに起用されたものの、3月31日の第3戦8回裏の第4打席で、から左手に死球を受けて交代。 後に左手親指の骨折が判明したため、翌4月1日に出場選手登録を抹消された。 5月17日に一軍へ復帰した が、前年ほどには調子が上がらず、6月9日に登録を再び抹消されて からは二軍生活に終始した。 一軍公式戦全体では22試合に出場。 10試合で一塁、9試合で外野の守備に就いた 一方で、打撃面では打率. 125、0本塁打、2打点と精彩を欠いた。 この年で3年契約の1年目を満了したが、成績などに応じて年俸が変動する条件に沿って、シーズン終了後の12月5日には推定年俸1億1,500万円(前年から2,500万円減)という条件で2年目の契約に合意した。 選手としての特徴 本人曰く守備が好きで打撃は苦手、(アマチュア時代に)を務めるのも嫌だったと言う。 高校時代の監督であるは「運動能力は高いが投手としてはハラハラする投球が多かった」とし、「粘りがないが明るい目立ちたがり」な性格とコメントしている。 一塁到達3. 71秒の俊足を生かし 、2008年から2010年までの内野安打率は14. さらに巧打者として追い込まれた時カットすることも多い。 に似たバッティングフォームから広角に打ち分ける技術を持ち 、に対しては2010年に打率. 外野の守備では、2010年に6. 5を記録したほど守備範囲が広く 、オリックス時代には2008年から4年連続でゴールデングラブ賞を受賞。 ヤクルト移籍後の2018年には、外野手登録のまま事実上一塁手へ転向している。 人物 このプロ野球選手の人物像に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2011年5月) 野球を始めた時からが好きで自宅には新庄のポスターを貼っており、プロ入り後に公言した赤いの着用も新庄の影響とのこと。 2004年には本人と対面し、譲り受けたは自宅に飾ってある。 その影響や、球団合併に伴うの中でファンの大切さを再認識したことから 、ファンサービスに積極的である。 大西は坂口について「やんちゃな悪ガキという感じだが野球には人一倍熱心」と語っている。 オリックス時代には、ブルーウェーブのレギュラー外野手だった(から二軍監督)がのに所属していたに、田口へ弟子入りを直訴。 これを機に、田口が現役を引退するまで、オフシーズンに合同で自主トレーニングを敢行していた。 ちなみに、田口のオリックス復帰()から退団()までは、チームメイトになっている。 一番好きな映画は「」で、子供が生まれたら家にルームを作りたいと述べている。 好きな女性のタイプは家庭的で料理ができて、のほほんとした人。 芸能人ならと答えている。 高校時代はでもあった。 プロ入り後も2度ストリートライブを行っていたが、これがに知られて以降は行ってないという。 オリックスの主力選手時代には、髪を金色に染めるとともに、口髭を生やしたことから「球界を代表するおしゃれ番長」との評価を受けていた。 2015年には、発行のヘアーファッション季刊誌『カジカジH(ヘア)』2015年春号(同年3月24日発売)で、としてのデビューを果たした。 しかし、同年シーズン終了後のヤクルトへの移籍を機にイメージを一変。 11月30日には、髪を真っ黒に染めるとともに、髭を剃り落として入団記者会見へ臨んだ。 この会見では、「金髪の(オリックス)時代は忘れた。 ヤクルトにはさわやかなイメージがあるので、当分はこのスタイルを続ける」と宣言している。 限りでオリックスからの退団を決意したことについては、「肩を痛めた2012年以降は思うような結果を残せていないが、今年(2015年)は少しずつ手応えも出てきたので、バットとグラブだけ持って野球人として一から勝負したい」とコメント。 その一方で、球団本部長のは、退団発表の際に「坂口を『功労者』と認識しているが、(野球界は)それだけでお金を払う世界ではない。 (球団を運営する立場上)シビアに行くところは行かないと(いけない)」という見解を示している。 ちなみに坂口は、その後に移籍したヤクルトでの入団記者会見で、「(同球団に)拾っていただいたことに感謝するしかない。 契約をさせていただいた以上は、『絶対にやってやろう』という気持ちがある」と意気込んでいた。 ヤクルトでは、(初のとされる)に倣って、「ロビンソンのように、現役を引退しても他の選手が『背番号を引き継ぎたい』と思えるように活躍したい」との意向から、ロビンソンの現役時代と同じ背番号 42(全球団の)を着用している。 かつて坂口と同じマネジメント会社と契約していた(DeNA内野手)も、2010年以来1桁(7番)だった背番号を、「尊敬する先輩(坂口)と同じ番号」という理由で2020年シーズンから42番に変更している。 詳細情報 年度別打撃成績 1 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 2 0. 200. 333. 200. 533 7 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0. 000. 200. 000. 200 6 6 6 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 167. 167. 333. 500 28 26 22 3 2 0 0 1 5 2 3 1 1 0 3 0 0 6 1. 091. 200. 227. 427 46 149 137 13 33 6 1 0 41 8 4 1 6 0 5 0 1 21 0. 241. 273. 299. 572 142 588 540 68 150 15 6 2 183 32 13 3 17 4 23 0 4 77 9. 278. 310. 339. 649 137 594 526 82 167 23 7 5 219 50 16 4 8 4 52 0 4 81 8. 317. 381. 416. 797 138 622 558 84 172 31 10 5 238 50 12 6 7 1 52 0 4 77 13. 308. 371. 427. 798 144 651 590 84 175 20 7 3 218 45 5 5 2 1 54 2 4 77 11. 297. 359. 369. 729 40 165 158 7 36 2 1 0 40 8 2 2 2 0 5 0 0 13 0. 228. 252. 253. 505 97 440 383 47 88 13 5 3 120 24 2 2 10 2 44 0 1 48 4. 230. 309. 313. 623 122 382 323 33 76 5 5 2 97 40 3 2 10 0 47 0 2 45 4. 235. 336. 300. 636 36 121 107 8 28 7 0 1 38 5 1 0 1 1 12 0 0 18 1. 262. 333. 355. 688 141 607 526 74 155 14 5 0 179 39 7 4 5 5 63 0 8 66 5. 295. 375. 340. 716 136 607 535 51 155 16 2 4 187 38 4 3 5 3 59 2 5 76 6. 290. 364. 350. 713 139 595 508 64 161 22 4 3 200 37 9 7 7 2 75 5 3 60 15. 317. 406. 394. 800 22 77 64 2 8 1 0 0 9 2 0 0 1 0 10 0 2 13 2. 125. 263. 141. 404 :17年 1382 5641 4992 622 1408 176 53 29 1777 380 81 41 82 23 506 9 38 681 79. 282. 351. 356. 707• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2003 近鉄 - 1 4 0 0 0 1. 000 2004 - 3 2 0 0 0 1. 000 2005 オリックス - 2 2 0 0 0 1. 000 2006 - 17 9 0 0 0 1. 000 2007 - 43 84 2 1 0. 989 2008 - 139 283 7 2 0. 993 2009 - 137 247 14 2 1. 992 2010 - 136 266 7 1 1. 996 2011 - 144 289 7 0 3 1. 000 2012 - 38 70 2 1 1. 986 2013 - 97 169 4 3 1. 983 2014 - 116 194 2 1 1. 995 2015 - 34 68 1 0 0. 995 2016 ヤクルト - 133 286 9 0 3 1. 000 2017 - 136 259 7 1 1. 996 2018 98 783 49 5 58. 994 71 70 2 0 0 1. 000 2019 10 72 9 1 5. 988 9 17 0 0 0 1. 000 NPB 108 855 58 6 63. 993 1252 2313 64 12 12. 995• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高• 太字年は受賞年 タイトル• :1回 (2011年) 表彰• :4回 (外野手部門:2008年 - 2011年)• :1回 (野手部門:2011年6月)• :3回 (強肩賞:2009年9月 最多二・三塁打賞:2010年8月、2011年9月)• 優秀選手賞(賞):1回 (2011年)• 年間ヒーロー賞:1回 (2017年) 記録 初記録• 初出場・初先発出場:2003年10月7日、対28回戦()、1番・として先発出場• 初打席・初安打:同上、1回表にから二塁内野安打• 初盗塁:2006年3月25日、対1回戦()、9回表に二盗(投手:、捕手:)• 初本塁打・初打点:2006年7月15日、対10回戦()、8回表にから右越2ラン 節目の記録• 出場:2回 (2011年、2018年) 背番号• 27 (2003年 - 2004年)• 52 (2005年 - 2009年)• 9 (2010年 - 2015年)• 42 (2016年 - ) 脚注 [] 注釈• 日刊スポーツ. 2020年2月3日閲覧。 またDVD「栗山巧 華麗なる若獅子、背番号1」に当時の映像が収められている。 2010年2月10日, at the. 『プロ野球全記録 2003年版 』、、24頁。。 2009年8月31日付 日刊スポーツ紙面• 日本野球機構. 2015年9月2日閲覧。 スポニチアネックス. 2012年9月8日. 2012年10月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年11月7日. 2015年10月2日閲覧。 スポーツニッポン. 2015年4月9日. 2015年10月2日閲覧。 スポーツニッポン. 2015年4月19日. 2015年10月2日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年5月11日. 2015年10月2日閲覧。 スポーツニッポン. 2015年4月19日. 2015年10月2日閲覧。 - 2015年11月13日閲覧• スポーツニッポン. 2015年11月13日. 2015年11月13日閲覧。 デイリースポーツ online 2017年1月13日. 2017年1月13日閲覧。 zakzak. 2017年12月6日. 2018年1月17日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月11日. 2018年4月21日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年3月30日. 2018年4月21日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年12月22日. 2018年12月22日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年9月29日閲覧。 2019年9月29日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年9月29日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年12月6日閲覧。 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房、2011年、68頁。。 SMR Baseball lab• 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2010』アスペクトムック、2010年、454-455頁。。 2010年11月15日号。 [ガンバレ日本プロ野球2011 第4回]• 日刊スポーツ. 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年1月21日. 2015年10月2日閲覧。 Full-count. 2015年10月2日. 2015年10月2日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年10月1日. 2015年10月2日閲覧。 Full-count. 2016年11月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年11月30日. 2015年11月30日閲覧。 サンケイスポーツ、2019年11月15日、同日閲覧• 2017年11月29日. 燕市長 鈴木 力 の日記. 2018年1月17日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、.

次の