アブ 刺されたら。 アブとブヨ刺された時の対処は違う?正しい処置と予防方法を紹介

アブに刺されたときの症状や対処法!病院には行くべき?

アブ 刺されたら

アブの特徴 アブとは 「昆虫綱 ハエ目 ハエ亜目」に属する昆虫の総称とする説が有力なのですが、範囲や定義が明確に整っておらず 曖昧な部分があります。 狭義な意味合いでは、その下層にあたる 「アブ科」に属する昆虫ともされているのです。 日本にもアブは 100種ほどが生息し、その内の 10種ほどが蚊と同様に人間も含めた動物からの 吸血種(雌のみ)になるのです。 アブの大きさは種類によってまちまちです。 たいてい 1センチメートル程度、大きいものでは3センチメートル程度になるものもいます。 頭部が大きく球状をしていて、触覚が短いですね。 また吸血種の雌の口吻は吸血するためによく発達しています。 胸部は大きく発達し,翅も大きくなります。 体色も種類によってまちまちで、 ハエの様に黒や茶系のもの、ハチのように黄色模様が入るものなどもいて本当に様々です。 このあたりも定義が曖昧なところからきていますね。 アブの生息地 アブは、日本でも都心部を離れるとよく見かけます。 北海道から九州まで日本全国の自然環境豊かな地に多く生息しています。 アブがあらわれる時期は地域により違いはありますが、 夏(6月から9月)になると最も活発で、 レジャーシーズンと重なるので人間も刺される被害に遭う機会が多くなります。 生息環境は、森林や川、沼などの水辺付近で人間が レジャーとして訪れる自然環境豊かな地には必ずと言って良いほどにあらわれます。 また、 吸血対象となる牛や馬などの家畜がいると家畜施設にもあらわれますね。 アブの生態 アブは基本的には 昼行性です。 このあたりも人間と活動時間がリンクしてしまいますね。 食性は、 幼虫の時は土中の小さな昆虫を捕食しますが、 成虫になると種によってまちまちで、花の蜜を吸ったり(ハナアブなど)他の昆虫を捕食(シオヤアブ、アオメアブなど)したりします。 吸血性のアブ(雌のみ)は 産卵に必要なたんぱく質の摂取のために牛や馬などの家畜動物や人間から吸血をします。 発達した口吻で動物の皮膚を指し(咬みつき)、傷口から出血した血を吸血します。 人間が刺された場合には、鋭い痛みを感じます。 繁殖は 卵生で、発生場所近くの葉などに産卵を行います。 卵は 1週間程度で羽化し、1年から3年程度(種によって異なる)の幼虫時代を過ごしたのち、蛹そして成虫へと育ちます。 飛ぶときは大きな羽音とともに素早く飛び回ります。 意外と素早いので驚いてしまいますね。 アブが動物を刺す目的は吸血 これまでもお話をしてまいりましたが、アブが動物や人間を刺すのは 吸血が目的になります。 これは産卵に必要なたんぱく質を摂取するための吸血です。 ハチなどは、防御のために刺しますが、アブは吸血が目的なのです。 ハチの場合には、ある程度離れれば襲ってくることはありませんが、アブは 吸血が目的なのでかなりしつこく付きまとってきます。 同じ吸血をする昆虫に蚊がいますが、蚊の場合には刺された時に 刺されたと気付かないほどに痛みはありません。 しかし アブの場合には、鋭い痛みを伴うのが厄介なところですね。 アブに刺された時の症状 アブに刺されると、まず刺された際に 強い痛みが伴います。 そして、患部には 腫れや痒みという症状があらわれます。 この腫れや痒みは、たいていの場合に 2日から3日程度で治まるのですが、時として 10日以上続くこともあるようです。 また、 発熱や化膿などへの悪化も懸念されます。 刺されたら適切に対処しましょう。 アブに刺された時の対処法 もしもアブに刺されてしまった場合には、「 まずは清潔な水で傷口を洗い流す」ことをしましょう。 消毒液があれば尚良いのですが、綺麗な水で洗い流すだけでも充分に効果的です。 次に 患部に市販の痒み止めを塗り様子を見ましょう。 痛みが気になる場合は患部を冷やすのも良いですね。 しかし、市販薬を塗ってもなかなか治まらない場合には、 皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方してもらいましょう。 アブに刺されないための予防策 それでは、アブに刺されないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは 服装から整えましょう。 肌の露出をおさえることが一番です。 特にアブに狙われやすいのが、 足首やすね部分です。 長ズボンに靴下、靴、さらには長袖に帽子も理想的ですね アブなどの虫よけ 「忌避剤」として、蚊取り線香のような煙の出るものや、 防虫スプレーがあります。 これらの活用もおすすめです。 また、 殺虫剤も携帯しておくと便利ですね。 危険ではないアブもいる これまでアブが厄介者としてご紹介をしてまいりましたが、 全てのアブが人間を刺す危険な昆虫ではありません。 アブの種類で人間を刺すのは一部なのです。 ハナアブ類 ハナアブ類などは、 花の蜜を吸う種で人間に対して害はありません。 それどころからミツバチ同様に 受粉を助けてくれます。 そして幼虫時代は、農作物の害虫となる アブラムシを食べてくれるのです。 幼虫時代、成虫時代ともに農業を助けてくれる益虫なのですね。 実はこのハナアブ、紛らわしいですが、分類的にはハエの仲間になるのですね。 ムシヒキアブ類 またムシヒキアブ類も ユニークです。 少々厳つい容姿をしたムシヒキアブ類は、他昆虫などを捕食する 肉食性のアブになります。 なんとその狩りの対象には、 スズメバチも含まれているのです。 素早い動きで相手をしとめる狩りの成功率は非常に高く、「 暗殺昆虫」という呼ばれ方もしています。 人間を刺すアブの仲間 一応、人間を刺すアブの代表格もご紹介しておきますね。 「ヤマトアブ」「アカウシアブ」この2種が人間を多く刺す種の代表となりますので、ご注意ください。 まとめ 今回は、アブについて色々とご紹介をしてまいりました。 夏のレジャーには必ずと言って良いほどに、その姿を見せるアブです。 刺されてしまうと、折角のレジャーも気持ちが滅入ってしまいますね。 レジャーに出掛ける際には、アブ対策もお忘れなく! そして、アブ全てを忌み嫌うのもやめましょう。 人を刺すアブはわずかな種類で、人畜無害となる種類のアブの方が多いのですから。

次の

アブに刺されたら薬はキンカンでOK!アブ刺されの応急処置解説!

アブ 刺されたら

アブの特徴 アブとは 「昆虫綱 ハエ目 ハエ亜目」に属する昆虫の総称とする説が有力なのですが、範囲や定義が明確に整っておらず 曖昧な部分があります。 狭義な意味合いでは、その下層にあたる 「アブ科」に属する昆虫ともされているのです。 日本にもアブは 100種ほどが生息し、その内の 10種ほどが蚊と同様に人間も含めた動物からの 吸血種(雌のみ)になるのです。 アブの大きさは種類によってまちまちです。 たいてい 1センチメートル程度、大きいものでは3センチメートル程度になるものもいます。 頭部が大きく球状をしていて、触覚が短いですね。 また吸血種の雌の口吻は吸血するためによく発達しています。 胸部は大きく発達し,翅も大きくなります。 体色も種類によってまちまちで、 ハエの様に黒や茶系のもの、ハチのように黄色模様が入るものなどもいて本当に様々です。 このあたりも定義が曖昧なところからきていますね。 アブの生息地 アブは、日本でも都心部を離れるとよく見かけます。 北海道から九州まで日本全国の自然環境豊かな地に多く生息しています。 アブがあらわれる時期は地域により違いはありますが、 夏(6月から9月)になると最も活発で、 レジャーシーズンと重なるので人間も刺される被害に遭う機会が多くなります。 生息環境は、森林や川、沼などの水辺付近で人間が レジャーとして訪れる自然環境豊かな地には必ずと言って良いほどにあらわれます。 また、 吸血対象となる牛や馬などの家畜がいると家畜施設にもあらわれますね。 アブの生態 アブは基本的には 昼行性です。 このあたりも人間と活動時間がリンクしてしまいますね。 食性は、 幼虫の時は土中の小さな昆虫を捕食しますが、 成虫になると種によってまちまちで、花の蜜を吸ったり(ハナアブなど)他の昆虫を捕食(シオヤアブ、アオメアブなど)したりします。 吸血性のアブ(雌のみ)は 産卵に必要なたんぱく質の摂取のために牛や馬などの家畜動物や人間から吸血をします。 発達した口吻で動物の皮膚を指し(咬みつき)、傷口から出血した血を吸血します。 人間が刺された場合には、鋭い痛みを感じます。 繁殖は 卵生で、発生場所近くの葉などに産卵を行います。 卵は 1週間程度で羽化し、1年から3年程度(種によって異なる)の幼虫時代を過ごしたのち、蛹そして成虫へと育ちます。 飛ぶときは大きな羽音とともに素早く飛び回ります。 意外と素早いので驚いてしまいますね。 アブが動物を刺す目的は吸血 これまでもお話をしてまいりましたが、アブが動物や人間を刺すのは 吸血が目的になります。 これは産卵に必要なたんぱく質を摂取するための吸血です。 ハチなどは、防御のために刺しますが、アブは吸血が目的なのです。 ハチの場合には、ある程度離れれば襲ってくることはありませんが、アブは 吸血が目的なのでかなりしつこく付きまとってきます。 同じ吸血をする昆虫に蚊がいますが、蚊の場合には刺された時に 刺されたと気付かないほどに痛みはありません。 しかし アブの場合には、鋭い痛みを伴うのが厄介なところですね。 アブに刺された時の症状 アブに刺されると、まず刺された際に 強い痛みが伴います。 そして、患部には 腫れや痒みという症状があらわれます。 この腫れや痒みは、たいていの場合に 2日から3日程度で治まるのですが、時として 10日以上続くこともあるようです。 また、 発熱や化膿などへの悪化も懸念されます。 刺されたら適切に対処しましょう。 アブに刺された時の対処法 もしもアブに刺されてしまった場合には、「 まずは清潔な水で傷口を洗い流す」ことをしましょう。 消毒液があれば尚良いのですが、綺麗な水で洗い流すだけでも充分に効果的です。 次に 患部に市販の痒み止めを塗り様子を見ましょう。 痛みが気になる場合は患部を冷やすのも良いですね。 しかし、市販薬を塗ってもなかなか治まらない場合には、 皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方してもらいましょう。 アブに刺されないための予防策 それでは、アブに刺されないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは 服装から整えましょう。 肌の露出をおさえることが一番です。 特にアブに狙われやすいのが、 足首やすね部分です。 長ズボンに靴下、靴、さらには長袖に帽子も理想的ですね アブなどの虫よけ 「忌避剤」として、蚊取り線香のような煙の出るものや、 防虫スプレーがあります。 これらの活用もおすすめです。 また、 殺虫剤も携帯しておくと便利ですね。 危険ではないアブもいる これまでアブが厄介者としてご紹介をしてまいりましたが、 全てのアブが人間を刺す危険な昆虫ではありません。 アブの種類で人間を刺すのは一部なのです。 ハナアブ類 ハナアブ類などは、 花の蜜を吸う種で人間に対して害はありません。 それどころからミツバチ同様に 受粉を助けてくれます。 そして幼虫時代は、農作物の害虫となる アブラムシを食べてくれるのです。 幼虫時代、成虫時代ともに農業を助けてくれる益虫なのですね。 実はこのハナアブ、紛らわしいですが、分類的にはハエの仲間になるのですね。 ムシヒキアブ類 またムシヒキアブ類も ユニークです。 少々厳つい容姿をしたムシヒキアブ類は、他昆虫などを捕食する 肉食性のアブになります。 なんとその狩りの対象には、 スズメバチも含まれているのです。 素早い動きで相手をしとめる狩りの成功率は非常に高く、「 暗殺昆虫」という呼ばれ方もしています。 人間を刺すアブの仲間 一応、人間を刺すアブの代表格もご紹介しておきますね。 「ヤマトアブ」「アカウシアブ」この2種が人間を多く刺す種の代表となりますので、ご注意ください。 まとめ 今回は、アブについて色々とご紹介をしてまいりました。 夏のレジャーには必ずと言って良いほどに、その姿を見せるアブです。 刺されてしまうと、折角のレジャーも気持ちが滅入ってしまいますね。 レジャーに出掛ける際には、アブ対策もお忘れなく! そして、アブ全てを忌み嫌うのもやめましょう。 人を刺すアブはわずかな種類で、人畜無害となる種類のアブの方が多いのですから。

次の

ブヨやアブの最強の対策法と刺された後の対処法とは…

アブ 刺されたら

虫って平気な人でも刺したり、毒を持っていると怖いって思いますよね。 もともと虫嫌いな方は尚更嫌いです。 笑 ところで、人を刺したり噛んだりと攻撃をする虫といえば何を思い浮かべますか? まず蜂! と答える方が多いでしょう! 私もその1人ですが、 蜂は巣を守ろうとしたり、自己防衛の為に刺してくるイメージが強いですよね。 ほかにも実は夏になると人の血を狙って寄ってくる虫がいるんですよ! それは、• ブヨ この3種類です。 蚊は勿論誰もが苦しめられる夏の風物詩ですが、アブとブヨと言う虫は聞いた事はありますか? 名前は何となく知っているけれど、どんな虫かまでは分からない方も多いと思います。 なので! 今回はアブとブヨの違いや、刺された時の対処法などの情報をお届けしますよ! アウトドアが好きな方や虫に刺されたらどうしようと言う方必見となっていますので、是非最後までご覧ください。 アブとブヨの違いは? (アブ編) アブ(虻)とは、 昆虫網ハエ目ハエ亜目に属する虫を指します。 私は人を噛む事から、てっきり攻撃的な蜂に近い虫かと思っていたがハエの仲間なんですね。 驚きました! 笑 確かにフォルムをよく見てみるとハエのように見えますね。 大きさは種類にもよりますがザッと9ミリから15ミリ前後です。 (大きい種類のものだと20ミリから30ミリになります。 ) サイズが大きくても害がなければ問題ないのですが、噛むと痛いし後から痒いし… 獲物をロックオンした時の執着心は見習いたいレベルでしつこく追いかけてくるんですよね。 ブヨと違い、単独行動なのがせめてもの救いです。 笑 特に 活発になるのは夏場の6月から9月! 私たちも夏休みに川や森など、自然豊かな場所に訪れる時は、遭遇する機会がグンと上がりますので注意が必要です。 私は小学生の頃はバッタも蝉もてんとう虫も触れていましたが、小学生の夏休みにおばあちゃん家(田舎)へ泊まりに行った時、アブに噛まれたのをきっかけに虫が大嫌いになりました! 笑 アブは人を刺す? 『 アブに刺されたー! 』と言う人と『 アブに噛まれたー! 』と言う人が居ますが、 正式には 『噛まれた』が正解です! なぜかと言うとアブは血を吸う時、 蚊のような針を刺して飲むのではなく、皮膚を噛んで出血させてからストローのような器官を使って吸血するんですよ! 想像しただけで痛いですし、背中や足がゾワゾワしますね。 笑 アブの生態について 攻撃してくる虫や大きい虫って敬遠されがちですよね。 (ブーーンって音も物凄く不快に感じます。 ) ですが人を襲わない種類がいたり、いそうな場所を知る事で回避できたりと新しい発見がありますので、ここでアブの生態をご紹介します! アブはどこにいる? アブは日本ではほぼ全域に生息しています。 特に水のある森林や川などに多いですが、 馬や牛などの動物の血を餌とするため動物の近くにも住み着きます。 小学校の頃、プールの時間によくアブを見かけるのは水辺だからなんですね。 アブはどうして人を襲うの? アブには人間だからという感覚があるわけではなく、そこに山があったから。 のような感じで そこに人間も含めて餌となる動物がいたから寄ってくるんです。 こちらとしては迷惑極まりないですが、 アブからすると 『美味しそうな匂いがする〜! ご飯にしよう〜! 』と言う所でしょうか。 笑 ただ、匂いに敏感で同じ川に2人いるとしたら、 柔軟剤の匂いのする方を狙う習性を持っています。 他にも• お酒、排気ガスの匂いを好む• 梅雨や雨の日などの湿度が高い日に活発になる との事。 アブに関するうんちくアブが吸血するのは メスだけと言われています。 (蚊も同じだそうですよ! ) 理由は、産卵の為! 産卵をする為にタンパク質を必要としているからなんですって。 ではオスは? それに、アブって皆んな血を吸うんじゃないの? …思いますよね。 実はアブは全てが血を吸うわけではなく、花の蜜や樹液を吸うもの、動物の排泄物や朽ちた植物を餌にする種類もいるんですよ! アブに噛まれた時の症状・対処法 噛んで出血させてから吸血すると考えると相当痛そうですよね。 結果的にですが、私が感じた痛みは効果音で表すなら針で刺すチクッ! とは違ってジカッ! (ジクッ! )とする感じでした。 (分かりにくくてすみません。 笑) 痛みの後は段々と痒さが襲ってきます。 A post shared by realchoppers1963 on Sep 11, 2018 at 5:03pm PDT 赤く腫れ上がり、それはそれは痒いんですよね。 私は痒いとすぐ掻いてしまう所があったのでとびひになり1ヶ月以上痒かったのを覚えています。 とにかく、噛まれたら• 患部を水で流す• 保冷剤やこおりで冷やす 冷やす事で痒みや腫れを抑制できます• ムヒなどを塗る• 病院へ行く 掻き過ぎしまうと私のように長引いたり、傷口から菌が入って化膿してしまう場合があります。 初めて刺された時は、心配になると思いますので病院で診てもらうのが安心ですよ! アブとブヨの違いは? ブヨ編 引用: ブヨは ハエ目カ亜目ブユ科の虫で、地域によっては『 ブユ』や『 ブト』と呼ばれることもありますが、 正式名称では『ブユ』です。 このブヨもアブと同じ皮膚を噛んで、出てきた血を吸います。 大きさは3ミリから6ミリ。 見た目的には恐怖を感じないので、噛まれた時に血を吸う虫だと気づくかもしれませんね。 A post shared by tigermako. 1414 on May 15, 2018 at 6:58am PDT 活発になるのは3月から10月。 アブが単独行動するのに対して、 ブヨは集団行動を取るのがとても厄介です! 特に夏場でも、 朝方や夕方の気温が低い時間帯がゴールデンタイムと言われていて、日中は活動しないのが特徴です。 私も噛まれた時は10月の夕方18時ごろで、最初は羽の生えたアリに襲われたのかと思っていました。 笑 ブヨの生態について アブとは見た目はかなり違いますが、調べてみると生態も変わったところが見受けられますよ! 普段の生活でもアブは目にしますが、ブヨについては見る機会が少ない気がします…。 これを機会にブヨについても知っておきましょう! ブヨはどこにいる? このブヨも 全国に生息しており、 基本的には綺麗な水が流れる渓流や小川なんかにいます。 A post shared by shimataku0303 on Sep 10, 2017 at 4:45am PDT 集団で行動しているので多数のブヨに噛まれる事が多く、このように水疱瘡ばりの点々がたくさんできます。 噛まれたところをつまんで水で洗い流す• ステロイドの入った軟膏を塗る• 皮膚科へ行く ブヨに噛まれた後の猛烈な痒みは、ブヨの唾液腺物質と言うものが引き起こすアレルギー反応と言われています。 この物質は、 蚊と比べると強い毒素を持ちます。 それにより激しい痒みと水疱等の症状が出てくるんですね。 人によっては、「 アナフィラキシーショック」を引き起こし生命の危険に陥る場合もありますので油断禁物です! アブやブヨから身を守る対策方法 アブやブヨについて分かってきましたね! それでは、どうしたらアブやブヨから身を守れるのでしょうか? 自分の身は自分で守れと言うように、出来ることは何でも取り入れていきましょう! 肌を出さない まずは虫達が寄ってきても噛むところを少なくする為に 長袖長ズボンの着用が必須です。 虫除け効果以外にも、森に入る場合には草負け防止にもなるので季節関係なく着ていきましょう! 香りには気をつける アブやブヨは 柔軟剤や 飲酒後に体から出てくる香りに敏感です。 柔軟剤や飲食には気を付けながら、 虫が嫌いとされている ミントや ハッカの匂いを付けておくと安心ですよ! 虫除けスプレーもハッカやミントの匂いの強いものがおススメですね。 衣服の色 蜂と同じで黒い衣服にも寄ってくるんだとか。 黒い服+柔軟剤は格好の獲物になってしまいますね。 笑 一方で、 オレンジやピンクなどの明るい色には近付きにくいですよ! アブを見つけても冷静に ついつい虫を見つけると『ぎゃー!』と 走って逃げたり、手で払い除けようとしてしまいますよね。 ですが1番の対策は落ち着いてゆっくり離れる事です。 慌てて動いてしまうと逆効果で、さらにアブもヒートアップ! どんどん寄ってきてしまいます。 体に止まっても噛まれないように、肌が出ている手や顔を隠しましょう! まとめ• アブはで単体行動• ブヨはで集団行動• 噛んで出血したところを吸血する• どちらも夏場に活発になる• 水の綺麗なところ、餌となる動物の近くに住みつく• 噛まれたら水で患部を洗う、氷などで冷やす• アナフィラキシーショックを起こす危険性があるため一度病院へ! 掻きすぎに要注意! アブやブヨがいそうな所に出かける場合は柔軟剤やお酒を控える。 洋服の色はなるべく明るい色を着る• 虫を見つけても冷静に! ハッカやミントの匂いを嫌う 虫ってただでさえ見た目から嫌われる傾向にありますが、攻撃してくるとなると更に嫌われてしまいますよね。 笑 山や川などの自然が豊かな場所へお出かけの時は、テンションも上がってドキドキワクワクしますよね! 噛まれてしまうと『せっかく来たのに…』と、残念な気持ちになりかねません。 このような虫の存在もお忘れなく! きちんと準備してキャンプや自然を満喫しましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の