動物仕事求人。 動物に関わる仕事一覧。資格の有無で分けて簡単に紹介します

動物好き必見!動物に関わる仕事の種類とおすすめ求人13選。資格なしで働けるのは?

動物仕事求人

トリマーは、ペットのシャンプー、ブロー、カット、爪切り、耳掃除などを行う仕事です。 飼い主の要望を聞いて、時にはカラーをしたり飾りをつけたりし、ペットをきれいに、魅力的に仕上げます。 また、トリマーにはペットの健康面のチェックをするという役割もあり、動物医療に関する知識も求められます。 トリマーとして働くために資格は必要ありませんが、トリマー養成の専門学校を卒業後、ペットショップなどに就職し、トリマーとして働くというルートが一般的です。 動物が好きな人に人気の職業ですが、待遇はあまり良いとは言えない状況です。 カットできるようになるには、ある程度の修行期間が必要であり、トリマーとして働きたいという強い気持ちが求められます。 ドッグトレーナーとは、飼い犬を預かってしつけ、訓練を行う職業です。 犬のしつけ、訓練だけではなく、飼い主への犬のしつけ方のアドバイスなども行います。 日本ドッグトレーナー協会認定の、ドッグトレーナーズライセンスと呼ばれる民間の資格があり、専門学校や通信教育を受けることで取得可能です。 主な勤務先としては、犬のしつけ教室、警察犬学校、盲導犬協会、ペットショップなどが挙げられます。 ペットの飼育数は年々増えているため、勤務先もこれから増えることが予想されます。 平均的な初任給は15万円程度、平均年収は250万円ほどで一般のサラリーマンよりは低い水準になっています。 中にはドッグトレーナーとして独立して仕事をされている方もいます。 動物の繁殖や改良を職業としている方を一括してブリーダーと呼びます。 趣味が高じて少数の動物を扱う家庭的なものから企業として多くの種類を扱う大規模なものまでさまざまです。 ブリーダーになるための資格はありませんが、開業し販売する際には「動物取扱責任者」の資格が必要になることがあります。 ブリーダーとして企業に就職するというのは難しく、独立開業がメインとなります。 開業となると「取り扱う動物の種類」や「親となる動物の保有数」など、規模の大きさで収入は異なります。 生き物を扱う仕事です。 収入よりもやりがいを求める方、動物たちの成長を生きがいにできる方、生き物を扱うという強い責任感や倫理感を持てる方がこの職業には求められます。 「ペットシッター」は、飼い主が所要で家を空けるときに、飼い主に代わって自宅でペットの世話をするのが仕事です。 餌やりや散歩以外にも爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともあります。 ペットシッターは特別な学歴や資格を必要とする職業ではありませんが、ペットの命を預かるという大きな責任が伴うので、ペットショップで働いた経験があることや動物関連の資格を取得していることが求められる傾向があります。 給料は、アルバイトの場合は大体時給900円から1500円ほど、社員の場合は月給が15万円から25万円ほどになることが多いようです。 ペットシッターはまだまだ世間の認知度は高くありませんが、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しているため、チャンスが増えてきている職業です。 ペットショップ店員は、ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などに携わる仕事です。 資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあり、それぞれの世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。 ペットショップに正社員として就職した場合、年収は200万円~400万円程度が平均とされており、高年収は見込みにくいでしょう。 アルバイトとして働く人も多くいます。 最近は、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップが増加しており、「トリマー」資格を持っているなど、より専門的な知識や技術を有するペットショップ店員の需要が高まると考えられます。 獣医師は、犬や猫などのペットの治療を行うというイメージがありますが、実際にはその他の分野でも多くの獣医師が働いています。 畜産業の牛、馬、豚、鶏など家畜の診療や病気の予防、食肉の安全性の検査、動物園の動物の診療、野生動物の保護、管理など、獣医師の活動する領域は多岐にわたります。 獣医師として働くためには獣医師国家試験に合格することが必要です。 大学の獣医学部で6年間勉強し、獣医学の課程を修了することで受験資格を得ることができます。 入試の難易度は高く、また学費も高額です。 就職先として最も多いところは動物病院ですが、割合は50%程度です。 それ以外では、地方自治体や農協、医薬・製薬関連企業などがあります。 動物飼育員が活躍できるステージは、動物園やサファリパークなどのテーマパーク型施設、観光牧場などがあります。 そこで担当する動物への給餌、体調管理、清掃などの身の回りの世話を基本に、動物が快適に過ごせる環境を作ります。 生き物である動物の生命を守るという仕事ですので、その責任は重大です。 しかし、動物の生活サイクルに貢献しているという役割は、とても充実したやりがいのある仕事といえるでしょう。 労働の特徴としては、休日返上で勤務にあたることや、不規則な時間帯で働くことも多いので、肉体が資本の体力勝負であることが挙げられます。 しかし最近では、女性飼育員の活躍も目立つようになり、動物好きな人にとっては、憧れの職業として人気が高いのも特徴です。 ドルフィントレーナーは、水族館でイルカの飼育や調教を担当してイルカショーを行ったり、ふれあい体験のガイドを務める仕事です。 ジャンプや輪くぐりなどの技を訓練し、ショーのプログラムを考えて演技指導します。 この職種に限定した求人は非常に少なく、飼育員やスタッフとして、全国に約30か所あるイルカのいる水族館で勤務するのが一般的です。 海洋学、生物学、獣医学系の大学やドルフィントレーナーになるための専門学校で学び、インターンシップ制度を利用して実習生となる人もいます。 平均年収は200万円~300万円程度と決して高くなく、アルバイトの場合はそれ以下になる場合もあります。 重労働な業務内容であるだけに、イルカに対する本物の愛情を注ぎ続けられる人だけが、この仕事を続けていくことができるでしょう。 鷹匠は、日本の伝統文化として受け継がれてきた鷹の飼育、訓練を行う専門家のことをいいます。 その技術は各種イベント等で披露し、人々を魅了します。 日本で鷹匠を目指す場合には、国内に複数存在する民間団体主催の認定試験合格を目指すことになります。 鷹匠としてのおもな収入源は、イベント等で放鷹を披露して得られる出演料と害鳥の追い払いを受注して得られる日当となりますが、この仕事だけで生計を立てるのは非常に難しく、別の仕事をしながら兼業で活動している人がほとんどのようです。 しかし、最近では、放鷹による害鳥の追い払いが各地で注目されており、専門に受注する会社もできています。 新しい鷹匠のあり方が確立する日も近いかもしれません。 調教師は、馬主から競走馬を預かり、厩舎で毎日の世話やトレーニング、健康管理などを行う仕事です。 馬の個性や能力に合わせて最適のトレーニングを考え。 実施したり、年齢や実力に応じて出走するレースを選び、レースに向けて準備をしたりします。 調教師になるには、「日本中央競馬会」か、「地方競馬全国協会」の行う試験を受けて「調教師免許」を取得する必要がありますが難易度は高く、基本的には騎手か、厩務員の経験者でなければ合格は難しいといわれます。 競馬の収益は日本経済の好不況に大きく左右され、地方競馬の経営は厳しくなっています。 しかし、競馬がこの先に廃れるとは考えにくく、将来的に調教師になることを見据え、騎手や厩務員をめざす競馬学校も人気は高いままです。 庭師とは、主に個人宅の日本庭園を造り、手入れをして庭の維持管理をする職人です。 樹木や草の特性、日当たり、水の流れなどを考慮し、依頼主との話し合いの上、庭を造ります。 植木職人は主に植木についてのみの仕事ですが、庭師は枝や葉を切るだけでなく、土に肥料を足す、接ぎ木をする、石を動かす、樹木の病気を確認するなど、庭全体に関わるさまざまな仕事をこなします。 庭師になるために必要となる資格はなく、造園会社に就職することが一般的です。 学歴も特に問われませんが、大学や短大、専門学校などで造園系の学科で園芸や建築などの知識を身につけておくとよいでしょう。 屋外での作業に加え、枝や石、土などの重いものを運ぶことも多いため、体力が求められる仕事です。 花屋とは、切り花を中心に販売する商店のことで「生花店」とも呼ばれます。 とても華やかに見える人気の仕事ですが、朝早くから市場へ花を仕入れに出かけ、花の鮮度を保つための「水揚げ」や「水替え」など、地道な作業もたくさん。 実店舗での対面販売が中心になるものの、最近ではインターネットで注文を受け付け、お客さまの家まで配達を行うオンラインショップも増えています。 花屋になるのに特別な資格は必要ありません。 大学や専門学校などの園芸科では、草花の幅広い知識を身につけることができますし、技術やノウハウ中心に学べる専門学校や養成学校もあります。 季節によって売上(収入)の変動が大きい仕事なので、仕事を長く続けるためには、まず花が大好きであることが必須と言えます。 結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティーなど、特別なシーンを美しい花で演出する、フラワーコーディネーター。 若い女性を中心に人気を集めている職業です。 フラワーコーディネーターは、クライアントの希望や予算をヒアリングしながら、色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で最適な花をセレクトするのが仕事です。 活躍するためには、植物に関する幅広い知識や抜群の色彩感覚、クライアントに対する細やかな気配りが求められます。 学歴や資格の有無ではなく、実力がものを言う世界なので、花屋や園芸ショップなどで働きながら多くの案件に携わり経験を積むことが大切です。 「花」は景気の影響を受けやすく、給与は不安定になる傾向があります。 樹木医とは、文字どおり、病気になった木を治療する樹木のお医者さんです。 人間のお医者さんのような国家資格ではありませんが、「樹木医」と名乗るには財団法人日本緑化センターが主催する資格試験に合格しなければなりません。 樹木医の有資格者は造園業者や地方公共団体の農林・緑化関係職に努めていることが多いですが、市民ボランティアや樹木の愛好家が趣味で資格を取得しているケースもあります。 現在、樹木医を職業として独立・開業している人はいませんが、全国には天然記念物に指定されている巨樹・古木や地域の住民に愛されているシンボルツリー、身近な街路樹などたくさんの樹木があります。 こうした樹木を的確に処置し、後世に残していくには専門知識を持った樹木医の活躍が必要です。 森林インストラクターは、森林での安全な楽しみ方や過ごし方、森の仕組みなどを教え、野外活動の指導・アドバイスを行う「森の案内人」です。 森林浴や、バードウォッチング、山菜採り、林間学校などのインストラクションを行ったり、森林の重要性や自然の厳しさなどを伝える役割を担っています。 NPOやアウトドアガイドなどで森林インストラクター業務を行うことで収入を得ている人もいますが、ボランティアで活動している人が大半です。 「森林インストラクター」と名乗るには、「森林インストラクター試験」に合格することが必要です。 誰でも受験することは可能ですが、合格率は40%ほどであり、自然に関するさまざまな知識が問われます。 グリーンコーディネーターは、イベント会場やショッピングモール、ホテルなどから依頼を受け、さまざまな観葉植物などのグリーンを用いて、空間デザインや演出を行うスペシャリストです。 植物の専門知識とデザインセンスが問われる仕事であり、大学の農学部やグリーンデザインを学べる専門学校、あるいは美術系大学や専門学校を出て、園芸店や生花店、植物のリース会社など植物を扱う会社に就職する流れが一般的となっています。 経験を積むと、独立してフリーランスで活動する人も多くいます。 経験や能力によって収入はだいぶ変わってきますが、高年収を望むのであれば独立して成功を目指す必要があるでしょう。 エコロジーやロハスなどナチュラル志向に関心や注目が集まっている近年、グリーンコーディネーターの需要は増加の一途にあります。 自然保護官とは、別名で「レンジャー」と呼ばれることもあり、国家公務員である環境省の職員として、さまざまな自然環境業務に関わる仕事をする人のことをいいます。 具体的な仕事内容は、国立公園の管理や外来種対策、野生鳥獣の保護、ペット動物の愛護、エコツーリズムといった自然とのふれあいの推進等の業務など多岐にわたります。 自然保護官になるには、まず国家公務員採用試験に合格し、自然系技官として環境省へ入る必要があります。 試験区分にもよりますが難易度は高くなりがちで、採用人数もあまり多くないため、なるためのハードルはやや高めといえます。 自然保護官になってからは各地域の自然環境事務所などで勤務するのが一般的ですが、この仕事では各地域特有の自然にたくさん触れることができ、また国立公園などの最前線で自然保護という重要な任務にあたることができます。 気象予報士の仕事は、各種のデータを基に、天候を予測する仕事です。 気象庁から提供される各地の観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析し、天気、気温、湿度、降水確率などを予想します。 データだけでなく、その地域の地形や特性も踏まえて天気を予測することが必要です。 気象予報士の資格を持っていない人が、気象を予報する業務をすることは禁止されています。 気象予報士国家試験は、難易度が高く、合格率は5%前後です。 また、気象予報士の求人は少ないため、気象予報士の試験に合格しても気象予報士として働けるとは限りません。 なお、気象庁への就職を希望するのであれば、気象大学を目指したほうが良いでしょう。 農家は、第一次産業である「農業」によって収入を得る職業です。 野菜や果物、花木や米と、さまざまな農作物を育てている農家がいます。 農家には、農業を中心に生計を立てている「専業農家」と、農業と他の仕事を両立しながら生計を立てている「兼業農家」がいます。 農業離れが進む近年では「専業農家」「兼業農家」ともに減少する傾向にあり、農業従事者の高齢化も大きな問題になっています。 一方で、国民の食の安全への意識や自給率に対する問題意識は少しずつ広がってきており、農業は今大きく注目されている仕事のひとつと言うことができます。 農業を営むためにはさまざまな知識が必要となりますので、実家が農家ではない場合には、専門の学校で学んだり、農業法人に就職して働きながら学ぶ必要があります。 漁師は、川や海などで漁業をし、獲った魚介類を売ることで生計を立てる職業です。 漁場の違いによって「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」と分かれており、魚を捕らえる方法も「底引き漁」「はえ縄漁」「定置網漁」とさまざまな方法があります。 漁師になるためには、気象や魚類の生態に関する知識、長時間の船の上での肉体労働に耐える体力が必要です。 また、漁業をする際には各地にある漁業組合に加盟して「漁業権」を得ることが必要になります。 平均年収は200万円前後と言われていますが、収穫高や漁の種類によって収入は大きく変わります。 近年では、漁獲高の減少や魚の価格の下落、原油価格の高騰など、漁師を取り巻く環境も厳しくなってきています。 後継者不足に悩まされている漁協も多く、若い力の参入が望まれています。 酪農家は、乳をしぼって生乳を生産したり、それを加工してバターやチーズなどの乳製品を作ったりする仕事です。 春に堆肥を蒔くことから始まり、秋の収穫に至るまで乳牛の世話と並行して行い、その後、発酵させ、長期保存ができるように加工します。 酪農は専門的な知識や技術が必要となるため、まず農業系の学校に進学するか、実際に牧場に就職して現場で学ぶ道が一般的となります。 酪農家の収入は生乳の市場価格によって変動し、年間を通して収入の多い月と少ない月が出てきます。 現代の酪農家は跡継ぎ不足や生乳価格の低迷などで離農の道を選ぶ人も多く、年間200戸以上の牧場が廃業しているという現状があります。 一方、新規参入者を呼び込むために誘致、支援を行っている地域も増えており、これから酪農家を目指す人にとってはチャンスともいえるでしょう。 ひよこ鑑定士は、ニワトリのヒナの雌雄鑑別をする仕事で、正式名称は「初生雛鑑別師」といいます。 早期からオスとメスで目的別のエサを与える必要があるため、養鶏産業にとって非常に重要な職業とされています。 この仕事に就くためには、まず初生雛鑑別師養成所の入所試験に合格する必要があります。 さらに3年ほど実務経験を積み、公益社団法人畜産技術協会の予備試験と高等考査に合格することで初生雛鑑別師資格が取得でき、それから大規模ふ化場などに就職して働く流れが一般的です。 就職先は決して多くないといわれますが、ひよこ鑑定士の高齢化が進み、若手の鑑定士を求めるところもあるようです。 給料はたいてい歩合制で、1羽につき4~5円、平均年収は500万円~600万円程度になるでしょう。 ヨーロッパでは需要が大きいため、海外での活躍を視野に入れて働く人もいるようです。

次の

動物に関わる仕事一覧

動物仕事求人

動物 とは? 動物カメラマンは、カメラマンのなかでも、とくに動物を専門的に撮影する人のことをいいます。 家で飼われている犬・猫などのペットや、動物園で暮らしている動物というよりも、野生動物の撮影をする人のことを動物カメラマンと呼ぶことが多いようです。 そのため、動物カメラマンの撮影フィールドは世界中の大自然となり、非常にスケールの大きな仕事だといえます。 自然のなかでのびのびと暮らす動物を追いかけ、普段はなかなか見られない動物のありのままの姿をカメラにおさめていきます。 動物カメラマンが撮影した写真は、たいてい新聞・雑誌・書籍などに掲載されたり、カメラマンが開催する個展などで公開されます。 その写真を通じて人々に驚きや感動を与えるのが動物カメラマンです。 動物カメラマンになるには 動物カメラマンになるために決まった方法はありませんが、野生動物の撮影は、スタジオでのポートレートや広告の撮影、あるいはスポーツや報道の撮影などとは、また違った技術が求められます。 基本的に、完全に屋外での撮影となりますし、動き回る野生動物を見つけてベストショットを撮るには、それなりの経験やカメラマンとしての「勘」のようなものも必要になってきます。 したがって、写真を学べる専門学校や大学などで撮影について勉強したり、プロのカメラマンのアシスタントとして経験を積んでからデビューするのが一般的な流れとなります。 動物カメラマンの需要は決して多くないため、会社勤めではなく、ほとんどの人がフリーランスでの活動となるでしょう。 素晴らしい写真を撮影し、 などに売り込んで仕事を繋げていったり、大きなコンテストでの入賞を目指していくといった道が考えられます。 動物カメラマンに必要なスキル・求められること カメラマンはどこで働くにしても、現場の様子を確認しながら的確な判断によって最高の一枚を狙っていくことになりますが、動物カメラマンの場合、よりいっそう強い判断力や忍耐力が求められます。 動物は人間のように声をかければその通りに動いてくれるわけではありませんし、警戒心も強いため、何時間も待機をしてようやく狙ったショットを撮影するといったことは日常茶飯事です。 そして、シャッターチャンスを逃さないための瞬発力も欠かせません。 また、動物カメラマンは、目的の動物を撮影するために、世界中のあらゆる場所へ出向くこともあります。 野生動物を撮影する場合、危険と隣り合わせだということは頭に入れておかなくてはなりません。 動物に襲われる可能性もありますし、最悪の場合、大けがや命を失ってしまう可能性もあります。 現場ではかなりの集中力で撮影に臨む必要があります。

次の

動物カメラマンの仕事内容・なり方

動物仕事求人

ページコンテンツ• 動物に関するお仕事は年々増加!資格がなくても働ける職種が多いってほんと? 獣医師などの資格以外はほとんどが民間資格 動物の診断・治療などを行う獣医師の仕事に関しては、「獣医師国家試験」に合格した人だけが行えるものです。 しかし、実は民法上では動物は「動産(不動産以外の全ての財産)」として扱われており、そこに命が宿っていても、 国家資格が求められる仕事は少ないのです。 実際、動物に関わる仕事の中で、 国家資格が求められるのは獣医師のみであり、あとは ほとんどが民間資格となっています。 つまり、資格があれば待遇面で優遇されたり、採用されやすくなることはあっても、基本的に 資格がなければ働けない仕事はないということです。 このように表現されると、「動物はモノではないのに…」と悲しい気持ちになる人もいるかもしれませんが、考え方を変えて、 「資格がなくても動物に関わる仕事ができる」ととらえた方がよいでしょう。 動物に関わるお仕事一覧 職種名 仕事内容 獣医師 動物病院で来院した 動物の診断・治療を行う他にも、民間経営の動物園や水族館にいる 動物たちの健康管理等も行います。 トリマー ペットショップや動物病院等の施設において、生体の体毛を顧客が求めるデザインに カットするほか、 爪切り、シャンプーなども行います。 動物看護士 獣医師のサポート業務が主な仕事内容です。 診察だけではなく、手術に立ち会うこともあり、他にも受付業務や、預かっている生体の世話をするなどの仕事も行います。 ドッグトレーナー 顧客の犬を一定期間預かり、 基本的なしつけから、コンテストに出場可能な範囲の高レベルなしつけまでを行います。 ブリーダー 動物を繁殖させたり、必要に応じて改良を行う仕事です。 一度に複数の生体を飼わなければならないため、初期費用がかかるとともに、生体が売れるまで世話をするのも仕事となっています。 酪農家 乳牛を育てて、搾乳し(近年はミルカーという機械で行います)、それをチーズやバターなどの 乳製品に加工します。 レンジャー(自然保護官) 国立公園内などで 自然保護活動を行いますが、その一環として野生動物の保護も行います。 動物飼育係 自然動物公園や、動物園で飼育されている生体の飼育、育成などを行います。 日々の体調管理や、種の保存のための繁殖のサポートも行うため、日ごろから担当した動物と密に関わることも仕事のうちです。 ドルフィン・トレーナー 水族館などで飼育されているイルカが、ショーを行えるように 訓練・指導します。 ショー本番に備え、ほぼ毎日体調管理をしたり、世話をするのも仕事です。 ペットシッター 飼い主が仕事や旅行などの事情で、ペットの世話ができないという時に、 飼い主の自宅でペットを預かるのが主な仕事です。 乗馬インストラクター ライセンス取得後、 馬の調教や世話、顧客に対する騎乗技術向上のための 指導を行います。 馬具を手入れしたり、馬房の清潔を保つことも仕事となっています。 毎日動物と触れ合える!国家資格なしでOKのおすすめ求人9選 民間資格のみ、あるいは民家資格を取得した方が有利なお仕事 トリマー トリマーは資格がなくても働ける動物関連の仕事であり、実際に店舗でトリマーとして働いている有資格者たちは すべて民間の資格保有者です。 専門学校に通うお金もなく、すぐに働きたいなどの理由で時間もない人がトリマーになりたいと思ったら、ペ ットショップ等にアルバイトなどで働き、実際に現場で経験を少しずつ積みながら、カットなどのスキルを身に着けていくという方法がおすすめです。 近年では トリマーになるための専門学校もあり、専門学校で実際の生体を扱い、授業内でカットやシャンプーなどのスキルを身につけてから、ペットショップ等に就職していくケースが増えています。 資格はないよりもあったほうが、お店に出て働く際にも 「きちんと生体について学んできた」ことの証にもあるため、 民間資格であっても有資格者の方が有利に働けるでしょう。 動物看護師 動物看護士の仕事は、獣医師のサポート業務ではあるものの、 獣医師のような国家資格は必要ありません。 5団体が1つの資格のためにまとまったことにより、認定動物看護師の需要・信頼性は高まり、 現場で働く人の中には、働いてからこちらの資格を取る人もいます。 ただ、認定動物看護師の資格がなくても、求人に応募できるものも多くあります。 また、認定動物看護師を取得するとしても、 筆記試験のみで取得可能ですから、働きながら勉強して取得することも可能です。 動物介護士 人間も高齢化や身体の不自由によって介護福祉士に介護を依頼することがあるように、ペットもまた高齢化等に伴い、介護が必要となります。 動物介護士は、このような介護が必要とまった動物を対象に、 年齢や状態に応じた適切な介護を提供します。 民間資格であるため、資格取得後は自分が飼っている動物を自宅で看取りたいという理由で取得する人もいますが、 ペットシッターとして働くことを考えている人にもおすすめです。 高齢の動物をわけあって自宅で看病することができない人に代わって、適切な介護を提供することができるようになります。 実際にドッグトレーナーライセンスがなくても、ドッグトレーナーになることはできますが、 民間資格であっても有資格者の方が仕事の依頼を受けやすいでしょう。 昔から「噛まれた」「逃げられた」などのご近所同士のペットトラブルになることも多いことから、なるべく大きくなる前に 基本的なしつけを済ませておきたい人は多く、ドッグトレーナーの需要は高まっています。 資格がなくてもできるお仕事 ペットショップスタッフ フランチャイズで展開されている大型のペットショップや、個人経営のペットショップなどのスタッフとして働けば、 毎日動物と関わりながら仕事をすることができます。 直接生体の世話をする前に、ペットショップで販売している エサや小物の商品情報を暗記したり、 ポップを作成して販売促進をするといったように、生体周辺の仕事を任されることが多いものです。 しかし、経験を積むことによって生体への餌やり、散歩など、 生体に直接関わる仕事も任せてもらえるようになります。 これら すべての業務に特に資格は必要ありませんので、初心者でも働ける間口の広い勤務先だといえます。 酪農家 酪農家は、昔は世襲制で仕事が引き継がれてきたため、酪農家の家に生まれたら、その次の代も酪農家になる場合が多かったものです。 しかし、家長制度、世襲制の文化も薄れてきた今、特に資格がなく、酪農家に生まれなくとも、酪農家として働くことができます。 最初は 乳牛を飼育できる環境を整えた後、何頭かの 乳牛を買い付けて、その乳牛から搾乳した 牛乳をもとにチーズやバターなどの乳製品に加工します。 技術自体は、農業系の高校・大学を出ている人は学生時代に学ぶことができますし、そうでなくとも酪農家にアルバイトなどで雇ってもらい、 勉強した後に独立する人もいます。 ブリーダー ブリーダーになるために 必要な資格・条件は特になく、年齢も学歴も無制限となっています。 ただし、ブリーダーとして収入を得るためには、 繁殖させた生体を販売しなければいけません。 この「販売」行為を行うに当たっては、 保健所に「動物取扱業の届出」を提出しなければいけないのです。 もちろん、保健所への届出をするための資格は特に必要ないため、 手続きだけきちんとすれば、ブリーダーとして働くことができます。 ペットホテル従業員 ペットショップとペットホテルを併設しているところもありますが、ペットホテルもまた、無資格でも働くことができる仕事です。 ペットホテルでは、旅行や仕事などの都合により、自宅でペットの世話ができない飼い主に変わり、 ホテル内で短期間に限り自宅同様のお世話を行います。 ペットによっては好むエサ、散歩の時間や場所等が異なるため、 預かったペットの好みに合わせたお世話を提供します。 動物保護団体職員 NPOやNGO団体の中に、動物保護を目的とした団体があり、そこで 保健所等で殺処分になる予定の動物を保護する団体職員になるという選択肢もあります。 団体職員になるための資格は特にありませんが、書類選考や面接試験などがあり、 正規雇用ではなく契約社員などの雇用形態が多くなっています。 しかしながら、命を落とす運命にある動物を救うことができるというやりがいのある仕事もあるため、 動物の生と死に向き合うことができる覚悟のある人にはおすすめの仕事です。 間接的に動物をサポート!動物関連ビジネスのおすすめ求人4選 ペットフード関連企業 動物好きな人なら、 動物が日々口にするペットフードに携わる仕事に転職するという方法もあります。 イヌ、ネコなど人気の高いペットの他に、爬虫類、猛禽類のペットフードを扱っている企業もあり、 成分にこだわって開発職になっても、 パッケージデザインや広告にこだわって広報になっても、 より多くの店舗で扱ってもらえるように動く営業になっても、 最終的に動物の口に入る商品に関わることができます。 また、このような企業の場合は 一般的なペットショップよりも好待遇であることが多く、継続して働きたいという気持ちがある場合は、福利厚生の充実の面からいってもおすすめの仕事です。 動物用医療機器の製造 主に動物病院で用いられる 動物用医療機器の製造業に転職するという選択肢もあります。 病気やけがなどでこの世を去っていく動物たちの命を救う役目を果たす医療機器の製造は、動物好きな人にとってはやりがいのある仕事になるでしょう。 検査の際に使われる検査機器や、採血用の針、コンテナーなどの製造には 無資格で携わることができるため、早すぎる動物の死を救いたいという人におすすめの仕事です。 また、このような製造業には必ずマニュアルや研修期間があるため、これまで他の職種・業種で仕事をしてきたという 異業種転職の人でも、安心して転職することができます。 ペット保険取り扱い保険会社 ペットが度重なる病気やけがをすると、保険のきかない動物病院では治療費がかさみ、場合によっては治療を諦めざるを得ないという飼い主もいます。 お金の問題で大切なペットの命を縮めることがないように、 ペット専用の保険を取り扱っている会社に転職することによって、 1匹・1頭でも多くの動物の命を結果的に救うことができるのです。 ペット保険取り扱い会社では、 保険の営業が主な業務ですが、自分よりもペットの方が大事と考えている人は多いため、 人間のための保険よりもむしろ営業をかけやすいという特徴があります。 自分の成績・収入が増えるたびに、どこかで命を救われている動物がいると思うと、働く意欲もわいてくるでしょう。 リクルートエージェント 日本最大級の転職エージェントで、 求人数No. 1、転職成功実績No. 1の最大手リクルートエージェントです。 拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。 対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。 各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った動物に関わる求人を紹介してくれます。 また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。 キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、 採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。 転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、 転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。 転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。 土日の相談が可能なのも有難いですね。 おすすめの転職サイトについてまとめています。 どの転職サイトに登録すればいいのか悩んでいる人のために、年齢ごとのおすすめ転職サイト、女性向けや既卒向け、特定の職種に特化した転職サイトなどを紹介しているので、参考にしてみてください。 まとめ 動物が好きだけど、特に資格がないから転職できるか不安…という人は、獣医師以外の仕事なら、 ほとんどの場合において無資格でも経験を積めば転職できるということを覚えておきましょう。 中には トリマーや動物看護師など、 民間資格があった方が採用されやすかったり、資格手当等で収入に反映されるものもあるため、時間とお金に少し余裕のある人は、勉強して資格を取ってから転職することをおすすめします。 また、 動物に間接的に関わるペットフード関連企業、動物用医療機器製造などの仕事は、雇用形態が正社員で収入も安定していることから、 趣味と実益を兼ねた仕事になるでしょう。

次の