ブラック ドック 韓国 ドラマ。 ブラックドッグ(原題)|女性チャンネル / LaLa TV

【「ブラックドッグ」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、各話あらすじ、見どころ他

ブラック ドック 韓国 ドラマ

足を怪我していたハヌルの救出に真っ先に立ち向かったのは、非正規雇用の教師だった。 勇敢な彼の行動によりハヌルは無事救出されたが、彼は帰らぬ人となってしまう。 危険を顧みず救ってくれた恩師の志に強く心を動かされ、ハヌルは教師を目指すようになる。 彼女は噂を否定するも、誰も彼女の言葉には耳を傾けようとしなかった。 自分の居場所が無いハヌルは学校をやめようと決心するが、進学部部長のソンスン(ラ・ミラン)に鼓舞され、本来目指していたものに気づき奮闘する…。 ラ・ミランさんとは「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」より前に「チャクペ相棒」というドラマでご一緒しました。 ただ、2作品とも少ししか接点がなかったので、本格的に共演したのは今回が初めてですね。 ラ・ミランさんというと、アドリブが多くて即興的な演技をする俳優という印象がありますが、そんなことはありません。 台本全体を見て、物語の進行や流れはもちろん、衣装などもすべてご本人が直接確認をするんです。 後輩たちには、直接的にではなく何かぽんと投げかける感じでさりげなくヒントをくれます。 明るくて頭が良くて几帳面で、とても良い方です。

次の

韓国ドラマ「ブラック~恋する死神」キャスト&あらすじ&キャラクターなどの作品情報

ブラック ドック 韓国 ドラマ

スポンサーリンク ブラック【韓国ドラマ】紹介 本作はサスペンスに定評のある韓国ケーブル局と監督、制作会社がタッグを組みお贈りしたもので好評により当初16話の予定でしたが2話の延長が決定されました。 主演にはこれまで数々のドラマで主人公を演じてきたソン・スンホンさんがファンタジー要素満載の本作に初挑戦! 優しくて気の弱い刑事ムガンと天界から降りてきた冷淡な死神の1人2役で正反対の役柄を熱演しています。 死を司る死神が死を防ごうと奮闘する展開は必見です。 そんな死神と出会い行動を共にし、恋にまで発展するヒロインにはソン・スンホンさんより14歳も年下のコ・アラさんが抜擢。 死の黒い影が見えてしまうことから幼いころから苦悩を強いられてきましたが、はつらつと生きるたくましいハラム役として好演されています。 その他、キム・ドンジュンさんやキム・ジェヨンさんなど個性豊かな俳優陣にも注目です。 ある日、刑事のハン・ムガン ソン・スンホン はハラムの能力を知り、一緒に死を防ごうと協力を要請しハラムも受け入れることに。 そんな中、ムガンは人質事件に巻き込まれ、頭を銃で撃たれてしまうのでした。 死んだと思われたムガンでしたが、謎の復活をとげ蘇ったムガンには任務から逃げ人間界をさまよっていたパートナーの死神を探しに来ていたブラックが乗り移り性格が別人になっていました。 ブラックは人間の感情を知らない冷血さをもっていましたが、パートナー探しに便利であるためムガンとしての生活をはじめることにしました。 一方、ロイヤル生命の代表オ・マンス キム・ドンジュン もハラムの能力を知り仕事の力になってほしいと頼みます。 父親の死がその会社と関係しているかもしれないと知ったハラムはマンスに協力することにします。 それぞれの思惑が渦巻きながら繰り広げられるストーリー。 乗り移った死神の運命は!?事件の真相は!? スポンサーリンク ソン・スンホンが語る撮影秘話 本作ではソン・スンホンさんのアドリブがかなり多かったと言います。 「台本にないセリフを追加しました。 台本通り進めることを望む監督も多いですが、俳優の声を聴き良いアイデアがあれば取り入れて下さるスタイルだったのでとてもやりやすかったです」 と俳優の立場を尊重する監督との撮影現場の雰囲気が良さが伺えるコメントをインタービューで語りました。 ブラック【韓国ドラマ】感想・評価 善良でおひとよしのムガンと死神が乗り移り血も涙もない冷血なムガンの1人2役を演じるソン・スンホンさんの演技は素晴らしかったです。 死神が乗り移ったムガンは真っ黒なスーツに身をまといぶっきらぼうな言い回しや表情もきついのですが本当にかっこよくて長年人気を博すソン・スンホンさんの魅力が十分に感じられます。 回を重ねるにつれて、お茶目で笑えるシーンも多くなりいろんな姿が楽しめるところもみどころの一つです。 コ・アラさんの気取らない自然な演技がとても好感が持てます。 ソン・スンホンさんとの相性もよく似合っていて良いカップルでした。 キム・ドンジュンさんが演じる御曹司のマンスがハラムに想いを寄せる姿も健気で報われないとわかっていても応援したくなる場面が多かったです。 ストーリーは割と込み合っていて、一つ一つ整理していかないと誰が誰でという人物関係に混乱するところが時々ありました。 死神が乗り移って生活をするというだけでもドラマとして成り立ちそうですが、殺人事件や謎が隠されたミステリー要素も散りばめられているので意外な事実が明らかになったり飽きることなく見られる作品だと思いました。 天界の掟のために、苦渋の選択をしなくてはいけなかったり切ないシーンもありますのでラブラインの結末も最後まで注目して頂きたいです。 口コミを見ると、ソン・スンホンとコ・アラさんの演技力の高さを評価するものや、謎が謎を呼ぶ展開に終始ドキドキしながら見られたというものが見られました。 ネガティブなものとしてはラストが無理やりまとめた感が強くて残念だった、矛盾が多くて突っ込みたいところが多かったという意見がありました。 単調だと飽きてつまらなくなってしまうし、内容が詰まっていると複雑化してしまいわかりづらくなってしまうのでそのへんのバランスは非常に難しいですよね。 本作でもソン・スンホンさんが黒いスーツでかっこよくきめていますが、やはり演じる方によって同じ死神でも容姿やキャラクターはまったく異なるものとなりますよね。 ご自身のイメージするキャラクーに合っているか、好みに準じるかなどなど、いろんな見方をしながらドラマを楽しんでみるとより一層物語にも入り込めるかもしれません 出演者たち.

次の

韓国ドラマ「ブラック~恋する死神」キャスト&あらすじ&キャラクターなどの作品情報

ブラック ドック 韓国 ドラマ

スポンサーリンク ブラック【韓国ドラマ】紹介 本作はサスペンスに定評のある韓国ケーブル局と監督、制作会社がタッグを組みお贈りしたもので好評により当初16話の予定でしたが2話の延長が決定されました。 主演にはこれまで数々のドラマで主人公を演じてきたソン・スンホンさんがファンタジー要素満載の本作に初挑戦! 優しくて気の弱い刑事ムガンと天界から降りてきた冷淡な死神の1人2役で正反対の役柄を熱演しています。 死を司る死神が死を防ごうと奮闘する展開は必見です。 そんな死神と出会い行動を共にし、恋にまで発展するヒロインにはソン・スンホンさんより14歳も年下のコ・アラさんが抜擢。 死の黒い影が見えてしまうことから幼いころから苦悩を強いられてきましたが、はつらつと生きるたくましいハラム役として好演されています。 その他、キム・ドンジュンさんやキム・ジェヨンさんなど個性豊かな俳優陣にも注目です。 ある日、刑事のハン・ムガン ソン・スンホン はハラムの能力を知り、一緒に死を防ごうと協力を要請しハラムも受け入れることに。 そんな中、ムガンは人質事件に巻き込まれ、頭を銃で撃たれてしまうのでした。 死んだと思われたムガンでしたが、謎の復活をとげ蘇ったムガンには任務から逃げ人間界をさまよっていたパートナーの死神を探しに来ていたブラックが乗り移り性格が別人になっていました。 ブラックは人間の感情を知らない冷血さをもっていましたが、パートナー探しに便利であるためムガンとしての生活をはじめることにしました。 一方、ロイヤル生命の代表オ・マンス キム・ドンジュン もハラムの能力を知り仕事の力になってほしいと頼みます。 父親の死がその会社と関係しているかもしれないと知ったハラムはマンスに協力することにします。 それぞれの思惑が渦巻きながら繰り広げられるストーリー。 乗り移った死神の運命は!?事件の真相は!? スポンサーリンク ソン・スンホンが語る撮影秘話 本作ではソン・スンホンさんのアドリブがかなり多かったと言います。 「台本にないセリフを追加しました。 台本通り進めることを望む監督も多いですが、俳優の声を聴き良いアイデアがあれば取り入れて下さるスタイルだったのでとてもやりやすかったです」 と俳優の立場を尊重する監督との撮影現場の雰囲気が良さが伺えるコメントをインタービューで語りました。 ブラック【韓国ドラマ】感想・評価 善良でおひとよしのムガンと死神が乗り移り血も涙もない冷血なムガンの1人2役を演じるソン・スンホンさんの演技は素晴らしかったです。 死神が乗り移ったムガンは真っ黒なスーツに身をまといぶっきらぼうな言い回しや表情もきついのですが本当にかっこよくて長年人気を博すソン・スンホンさんの魅力が十分に感じられます。 回を重ねるにつれて、お茶目で笑えるシーンも多くなりいろんな姿が楽しめるところもみどころの一つです。 コ・アラさんの気取らない自然な演技がとても好感が持てます。 ソン・スンホンさんとの相性もよく似合っていて良いカップルでした。 キム・ドンジュンさんが演じる御曹司のマンスがハラムに想いを寄せる姿も健気で報われないとわかっていても応援したくなる場面が多かったです。 ストーリーは割と込み合っていて、一つ一つ整理していかないと誰が誰でという人物関係に混乱するところが時々ありました。 死神が乗り移って生活をするというだけでもドラマとして成り立ちそうですが、殺人事件や謎が隠されたミステリー要素も散りばめられているので意外な事実が明らかになったり飽きることなく見られる作品だと思いました。 天界の掟のために、苦渋の選択をしなくてはいけなかったり切ないシーンもありますのでラブラインの結末も最後まで注目して頂きたいです。 口コミを見ると、ソン・スンホンとコ・アラさんの演技力の高さを評価するものや、謎が謎を呼ぶ展開に終始ドキドキしながら見られたというものが見られました。 ネガティブなものとしてはラストが無理やりまとめた感が強くて残念だった、矛盾が多くて突っ込みたいところが多かったという意見がありました。 単調だと飽きてつまらなくなってしまうし、内容が詰まっていると複雑化してしまいわかりづらくなってしまうのでそのへんのバランスは非常に難しいですよね。 本作でもソン・スンホンさんが黒いスーツでかっこよくきめていますが、やはり演じる方によって同じ死神でも容姿やキャラクターはまったく異なるものとなりますよね。 ご自身のイメージするキャラクーに合っているか、好みに準じるかなどなど、いろんな見方をしながらドラマを楽しんでみるとより一層物語にも入り込めるかもしれません 出演者たち.

次の