トニコレット 映画。 トニ・コレットにアカデミー賞有力の声も!歴代“絶叫クイーン”まとめ

トニ・コレットとは

トニコレット 映画

CONTENTS• 映画『へレディタリー 継承』の作品上情報 C 2018 Hereditary Film Productions, LLC 【公開】 2018年 アメリカ映画 【原題】 Hereditary 【脚本・監督】 アリ・アスター 【キャスト】 トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン 【作品概要】 家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。 『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレットがアニー役を務め、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じます。 監督・脚本は長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。 映画『へレディタリー 継承』のあらすじとネタバレ C 2018 Hereditary Film Productions, LLC ミニチュアジオラマ作家のアニー・ラハムは母エレンが亡くなったばかり。 母親との微妙な関係にあったアニーは、母の死にも微妙な気持ちのままです。 葬儀の直後から家族の周りでは異様な出来事が起き始めます。 特に末娘のチャーリーは、何かに動かされるように奇妙な行動をとり始めます。 さらにエレンの墓が何者かに荒らされたという連絡がスティーブンのもとに入ります。 チャーリーの行動に心を乱されたアニーは、無理やり長男のピーターに妹を押し付けます。 ピーターは学校の仲間たちと悪ふざけのパーティーに行くので、正直妹の存在はお荷物でした。 そして目を離した瞬間、ナッツアレルギーのチャーリーが発作を起こしてしまいます。 慌てて車を走らせるピーター。 チャーリーが窓から顔を出した瞬間路上の電柱に激突、チャーリーは命を落とします。 チャーリーの悲劇にアニーの精神状態は悪化していきます。 一方でピーターもまた罪の意識から混乱するようになってきます。 家長のスティーブンは何とか家に安定を持たせようとしますが、うまくいきません。 家族には映画に行くといって大事な人物を亡くした孤独を抱える人々の集まりに出ていた、アニーはそこで息子と孫を失ったジョーンという女性と知り合います。 家の中で不思議なことが起き始め、動揺が広がります。 アニーは救いを求めるようにジョーンの家に向かいます。 ジョーンは親身になって話を聞いて寄り添ってくれます。 数日後、再びジョーンに出会ったアニーは、信じられないだろうと断りを入れられたうえで、降霊術で孫とコンタクトを取れるようになったと言い出します。 さらに、そのことをアニーの眼の前で実践して見せます。 半信半疑のアニーですが、チャーリーともう一度会いたいという思いに押されて降霊術を行います。 これを機にアニーの心理状態は更に混乱していき、ピーターもまた幻覚にさいなまれます。 アニーはエレンの遺品のアルバムの中にジョーンの姿を発見します。 まったくの他人だと装っていたジョーンは、エレンの知り合いだったのです。 そして、エレンやジョーンは、悪魔崇拝者でペイモンと呼ばれる悪魔の王の復活を目指していたことが分かります。 家の屋根裏部屋からエレンの遺体が見つかり、悪魔崇拝者たちの陰謀を知ったアニーは、そのことをスティーブンに訴えますが、逆にすべてアニーの行いなのではと疑われてしまいます。 集会に出向くときに映画を見に行くという嘘が仇になってしまいました。 そのころ、ピーターは学校で何かにとりつかれたように机に頭を打ち付けます。 チャーリーの残したノートを暖炉に投げ込んだ瞬間にスティーブンの体は燃え上がり命を落とします。 完全に我を失ったアニーは、屋根裏部屋で自ら糸鋸で首を切り落とします。 家を飛び出したピーターは、チャーリーの陰に導かれるように庭のログハウスへ向かいます。 そこに多くの悪魔崇拝者が集まっていました。 ペイモンの復活には依り代となる若い男の体が必要でした。 一家を混乱させ崩壊させ、ピーター独りだけの状態にするというエレンの陰謀は成就し、悪の王ペイモンは復活します。 新約聖書やコーラン、仏教では救世主としての存在が出てくこともあって、常に一段下がった存在になっていますが、旧約聖書の段階では神と五分に渡り合う存在でもあります。 いろいろな神・善に対抗する存在が合流離散した中で現在の思想上サタンが確立されいます。 このサタンを信仰する悪魔協会という宗教団体は、欧米に支部を持つれっきとした団体で、少なくとも法令上は犯罪集団のような扱いを受けてはいません。 「死霊館」シリーズなどにも登場していますね。 伏線の嵐 127分の映画の中でこれはどこに向かう映画なのか、とにかく分からなくなります。 それこそまさに 夢の出来事のように、物語のテンションの上下・強弱に翻弄されていきます。 その中で、 これが本筋なのか?と思われるものがいくつも出てきますが、それを見事に裏切ってくれます。 ホラー映画として怖さ以上に、 ストーリテリングの複雑さに感心してしまう。 そんな映画です。 まとめ 2018年のサンダンス映画祭に出品した際に、批評家たちから、「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と高い評価を受け全米を震撼させたホラー映画『ヘレディタリー 継承』。 亡くなった祖母のエレンから忌まわしいものを受け継いだ家族を、残酷な運命と死よりも恐ろしい出来事が襲ってきます。 彼女たちが祖母から受け継いだものに注目です。 脚本を書き自ら演出を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。 彼が描いたスクリーンをよぎる光、真夜中に見る夢、屋敷の壁に描かれた文字など、新たな発想と演出を見せながら、すべてのシークエンスがラスト結末への恐怖につながる巧みな脚本の完成度は、お見事の一言です。 ホラー映画の新たな到達点に注目です。

次の

トニ・コレットにアカデミー賞有力の声も!歴代“絶叫クイーン”まとめ

トニコレット 映画

オスカー女優トニ・コレット、「スモーク」「レザボア・ドッグス」などの名優ハーベイ・カイテル、ペドロ・アルモドバル監督作でおなじみのロッシ・デ・パルマと、個性的なキャストが顔をそろえたロマンティックコメディ。 パリに越してきた裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人を豪華ディナーに招待する。 しかし、手違いで出席者が不吉な13人となっていたことから、急きょスペイン人メイドのマリアが14人目の出席者としてディナーに参加することに。 「ミステリアスなレディ」に仕立て上げられたマリアは、緊張のあまりワインを飲みすぎて下品なジョークを連発。 しかし、場違いなはずのジョークが逆にウケてしまい、マリアは英国… ヒューマンドラマ、コメディ 些細な接触事故をきっかけに2人の人生が激しく交錯する、異色サスペンス・ドラマ。 監督は「ノッティング・ヒルの恋人」のロジャー・ミッチェル。 脚本はこれが初となるチャップ・テイラーと、「ディープ・インパクト」のマイケル・トルキン。 撮影は「エニイ・ギブン・サンデー」のサルヴァトーレ・トティノ。 音楽は「ズーランダー」のデイヴィッド・アーノルド。 出演は「トータル・フィアーズ」のベン・アフレック、「シャフト」のサミュエル・L・ジャクソン、「アイズ・ワイド・シャット」のシドニー・ポラック、「アバウト・ア・ボーイ」のトニ・コレット、「A. 」のウィリアム・ハート、「バーバー」のリチャード・ジェンキンス、「ヒ… ヒューマンドラマ ヨーロッパ中部で語り継がれる伝説の魔物「クランプス」をモチーフに描いたサスペンスホラー。 クリスマスイブの夜。 両親や姉と一緒に暮らす少年マックスの家に、母の妹一家がやって来た。 サンタへの手紙を意地悪な従兄弟に取りあげられて皆の前で読まれてしまったマックスは、怒ってその手紙を破り捨ててしまう。 翌朝、豪雪で家に閉じ込められた彼らは、どこからか不審な物音が聞こえてくることに気づく。 外の様子を確かめに行ったマックスの姉が戻らなくなり、さらに従兄弟も突然姿を消すなど不可解な出来事が相次ぐ中、祖母オミが衝撃的な真実を語りはじめる。 「ジャングル・ブック」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのWETAデジタル… ホラー.

次の

トニ・コレット

トニコレット 映画

一瞬先も読めない、巧みなストーリーテリング。 そしてオールスターキャストたちの役との奇跡の一体化。 全米公開されるや見事実写No. 監督は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン。 事件の謎を解く個性的な名探偵ブノワ・ブランには、ジェームズ・ボンド役でおなじみのダニエル・クレイグ。 さらに『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役、クリス・エヴァンスが一族の問題児を怪演する。 事件の被害者である富豪のミステリー作家ハーランにクリストファー・プラマー。 富豪作家の死の真相は?そして犯人の動機は?結末は絶対に言えないけれど、この面白さは観た後、すぐに誰かに伝えたくてたまらなくなるー。 これぞミステリー映画の快感!誰も観たことのないエンターテインメント作品がついに公開される。 『Evil Demon Golf Ball from Hell!!! (原題)』(1997・未)で短編映画監督デビュー。 ラッキー・マッキー監督のホラー映画『MAY -メイ-』(02)の編集を経て、『BRICK ブリック』(05)で長編映画監督デビューを果たす。 人気テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」(10-13)の3エピソードを担当。 さらに世界的大ヒット作『スター・ウォーズ』シリーズの第8作目である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)の監督、脚本に抜擢され大ヒットを記録した。 ほか監督作に『ブラザーズ・ブルーム』(08・未)などがある。

次の