クレーン 車 事故。 クレーン車事故で実況見分、大阪 旋回速度に問題か|静岡新聞アットエス

住宅直撃のアーム撤去 大阪のクレーン車事故

クレーン 車 事故

大阪府高槻市で作業中のクレーン車が倒れて住宅を直撃した事故について、背景には作業員の未熟さや作業の遅れに対する焦りがあったとみられることが、取材で明らかになってきました。 6月26日午後5時過ぎ、高槻市南松原町で、葬儀場の解体工事をしていたクレーン車がバランスを崩して倒れ、住宅を直撃。 住宅から出火し、1階に母親といた1歳の女の子が腕にけがをしました。 当時の状況について、近所の住民は… 「まるで家にトラックか戦車が突っ込んできたようなごっつい衝撃。 ドカーンって。 」(近所の住民) 「(揺れは)最初の地震の一発目に跳ね上がる感じ。 テレビが一瞬バッて上に浮く感じやった。 かなり浮いた。 」(近所の住民) 事故の影響で周辺の約600世帯が一時停電しました。 近所の住民によりますと、突っ込んだ住宅は新築で、この春ごろに家族3人で引っ越してきたばかりだったということです。 事故当日の6月26日夜に開かれた住民説明会では… (住民)「今倒れている部分はそのまましていても、それ以上におりることはない?」 (工事関係者)「大丈夫。 」 (住民)「支えるとかしなくて大丈夫?」 (工事関係者)「大丈夫です。 」 (住民)「その他もろもろかかるものも補償してもらえる?それが分からないと解散できないんです。 」 住民への補償などをめぐって深夜まで紛糾。 さらに工事の関係者は次のように述べました。 「(クレーン車の操縦者が)きょうに限って急用ができて、いまの人間がやった。 」(工事関係者) クレーン車の操縦を、普段のベテラン作業員ではなく、急きょ経験の浅い作業員が行っていたことがわかりました。 杭抜き作業を担当する業者の代表は… 「こんなこと初めてやもんね。 保険も入っているし、ある程度のことは、満足できるだけの補償はできると思います。 本当に申し訳ないと思います。 」(工事業者代表) 工事関係者への取材で、事故に至る経緯が徐々に明らかになってきました。 当時、クレーン車は葬儀場の建物を固定するために使われていた「基礎杭」を抜く作業にあたっていました。 杭1本を抜いた後、反時計回りに旋回中に何らかの理由でスピードを出しすぎたためバランスを崩し、住宅側へ倒れたとみられています。 工事業者は6月28日にも住民説明会を開きましたが、事故原因について明確な説明はなかったといいます。 「『あくまでも予想ですが』と予想だけを言われて。 (Q納得できますか?)できない、できない。 」(説明会に参加した住民) また、関係者によりますと、重機を使った作業は住民との間の取り決めで決まったということで、MBSが入手した工事の作業工程表をみると、午後5時までと明記されています。 しかし… 「午後5時以降は重機を動かしませんとなっているが、(事故当日は)何かものすごい音がしていて、ええ加減言わなあかんかなと思ってその業者に。 」(近所の住民) 事故が起きたのは午後5時5分頃でした。 ある工事関係者は「作業を早く終わらせるため、焦ってクレーン車の旋回スピードを上げたことが事故につながった可能性がある」と話しています。 警察は業務上過失傷害の疑いも視野に事故の状況を調べています。

次の

動画 環状七号線 青砥橋でクレーン車が倒れる事故 会社はどこ?通行止め解除はいつ?Twitter速報画像10月9日

クレーン 車 事故

鹿沼市クレーン車暴走事故 場所 樅山町 () 座標 : 日付 (平成23年) 7時45分頃() 原因 てんかん発作による意識喪失 運転免許の取得、更新の際の持病の未申告 治療薬の内服を怠ったため 死亡者 6名 損害 民家の垣根と作業小屋の一部 犯人 当時26歳の男 容疑 動機 持病の劣等感を克服するため 対処 自動車運転死傷行為処罰法 が施行 政令に定める特定の疾患を有する状態で起こした交通事故に危険運転致死傷罪を適用 刑事訴訟 懲役7年 民事訴訟 1億2500万円の賠償(男とその母親、勤務していた企業への請求) 鹿沼市クレーン車暴走事故(かぬましクレーンしゃぼうそうじこ)とは、に樅山町(もみやままち)で患者の男がを運転中、てんかんのが起きたのが原因で発生した。 事故概要 [ ] 2011年4月18日午前7時45分ごろ、にて中だった児童の列(約20 - 30人)に10トンクレーン車()が突っ込み、直後に民家の垣根と作業小屋の一部を破壊して停車した。 児童のうち6人がはねられ全員が死亡した。 単独事故での6人死亡は、後に発生した東山区でてんかんが原因とされるで8人が死亡した事故に次ぐ惨事となった。 被疑者とその家族 [ ] クレーン車を運転していた男(当時26歳 以下、男)はてんかんの持病があった。 免許を取得したころから事故を起こしており、今回の事故の前にも小学生をはね重傷を負わせる事故を起こしている。 この事故で有罪判決を受け中だった(この時は居眠り運転として処理された )。 過去10年間に12回の事故を起こしていた。 事故を起こしているのにもかかわらず男は運転免許の取得、更新の際に持病を申告せず、薬の服用を怠り、事故前日には深夜までをしており、睡眠時間は約3時間半程度だった。 医師からは何度も運転をしないように注意を受けていた。 男は母親と同居しており、相次ぐ事故にもかかわらず男に自動車を買い与えていた。 事故当日男が内服していないことを知っていながら母親は注意をしていなかった。 裁判 [ ] 刑事裁判 [ ] 男はで、された。 重大な結果をもたらした交通事故であり、治療薬の内服を怠った結果であるので、法定刑の上限が懲役20年のの適応が検討された。 同罪の対象は「故意」による無謀運転であるので、治療を怠っていたのを「故意」と認定するかが問題となった。 男が同様の案件で交通事故を繰り返していたことも重要視されたが、最終的に検察側は「故意」の立証を断念し、上限7年の自動車運転過失致死罪の適応に留まった。 は男が薬の服用を怠ったこと、過去にも事故を起こしていることを踏まえ、男がてんかんの発作を予兆していたと認定。 2011年12月19日に、自動車運転過失致死罪で7年の実刑判決を言い渡した。 翌年1月5日までに控訴せず刑が確定した。 遺族らは男が同様の罪で執行猶予中でありながら今回の重大な事故を起こしており、あまりにも軽すぎる罪であると指摘した。 民事裁判 [ ] 事故の遺族11人は男とその母親、勤めていた会社に対し3億7770万円のを求め宇都宮地裁に提訴した。 2013年4月24日、宇都宮地裁は、被告3者の責任を認め、合計1億2500万円の賠償を命じた。 母親に対して、成人である男の内服管理責任を認めた点は特筆的であった。 母親側は「薬を服用するかどうかは本人の責任で、親に注意義務は無い」、「仮に制止しても、本人はクレーン車の運転を決行していただろう」と反論していたが認められなかった。 遺族らの運動 [ ] 男がてんかんの持病を有しているのにもかかわらず、それを申告せず運転を続けた結果、今回の事故に至ったとして遺族は「 持病を有し、それを申告せず免許を取得、更新した場合の事故」に危険運転致死傷罪を適用すること、てんかん患者が病気を隠して不正に免許を取得できないようにすることを求める署名をに提出した。 その後法務省は危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の中間罪の法案を公表した。 これには遺族が望んでいる持病を有する状態での運転で生じた事故を適用条件に入れているが 、遺族らは、中間の罪が新設されたことにより逆に危険運転致死傷罪の適応が見送られるケースが増える可能性を指摘する声もあった。 2014年5月20日には、 自動車運転死傷行為処罰法 が施行され、自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた場合に、危険運転致死傷として被害者死亡の場合で1年以上20年以下の有期懲役に問えるようになった。 関連書籍 [ ]• 伊原高弘『あの日 〰鹿沼児童6人クレーン車死亡事故遺族の想い〰』 脚注 [ ] [].

次の

クレーン車倒壊事故 工事会社が原因や補償について住民に説明(関西テレビ)

クレーン 車 事故

大阪府高槻市で作業中のクレーン車が倒れて住宅を直撃した事故について、背景には作業員の未熟さや作業の遅れに対する焦りがあったとみられることが、取材で明らかになってきました。 6月26日午後5時過ぎ、高槻市南松原町で、葬儀場の解体工事をしていたクレーン車がバランスを崩して倒れ、住宅を直撃。 住宅から出火し、1階に母親といた1歳の女の子が腕にけがをしました。 当時の状況について、近所の住民は… 「まるで家にトラックか戦車が突っ込んできたようなごっつい衝撃。 ドカーンって。 」(近所の住民) 「(揺れは)最初の地震の一発目に跳ね上がる感じ。 テレビが一瞬バッて上に浮く感じやった。 かなり浮いた。 」(近所の住民) 事故の影響で周辺の約600世帯が一時停電しました。 近所の住民によりますと、突っ込んだ住宅は新築で、この春ごろに家族3人で引っ越してきたばかりだったということです。 事故当日の6月26日夜に開かれた住民説明会では… (住民)「今倒れている部分はそのまましていても、それ以上におりることはない?」 (工事関係者)「大丈夫。 」 (住民)「支えるとかしなくて大丈夫?」 (工事関係者)「大丈夫です。 」 (住民)「その他もろもろかかるものも補償してもらえる?それが分からないと解散できないんです。 」 住民への補償などをめぐって深夜まで紛糾。 さらに工事の関係者は次のように述べました。 「(クレーン車の操縦者が)きょうに限って急用ができて、いまの人間がやった。 」(工事関係者) クレーン車の操縦を、普段のベテラン作業員ではなく、急きょ経験の浅い作業員が行っていたことがわかりました。 杭抜き作業を担当する業者の代表は… 「こんなこと初めてやもんね。 保険も入っているし、ある程度のことは、満足できるだけの補償はできると思います。 本当に申し訳ないと思います。 」(工事業者代表) 工事関係者への取材で、事故に至る経緯が徐々に明らかになってきました。 当時、クレーン車は葬儀場の建物を固定するために使われていた「基礎杭」を抜く作業にあたっていました。 杭1本を抜いた後、反時計回りに旋回中に何らかの理由でスピードを出しすぎたためバランスを崩し、住宅側へ倒れたとみられています。 工事業者は6月28日にも住民説明会を開きましたが、事故原因について明確な説明はなかったといいます。 「『あくまでも予想ですが』と予想だけを言われて。 (Q納得できますか?)できない、できない。 」(説明会に参加した住民) また、関係者によりますと、重機を使った作業は住民との間の取り決めで決まったということで、MBSが入手した工事の作業工程表をみると、午後5時までと明記されています。 しかし… 「午後5時以降は重機を動かしませんとなっているが、(事故当日は)何かものすごい音がしていて、ええ加減言わなあかんかなと思ってその業者に。 」(近所の住民) 事故が起きたのは午後5時5分頃でした。 ある工事関係者は「作業を早く終わらせるため、焦ってクレーン車の旋回スピードを上げたことが事故につながった可能性がある」と話しています。 警察は業務上過失傷害の疑いも視野に事故の状況を調べています。

次の