さだまさし 償い。 さだまさしの「償い」の歌詞は実話だった?裁判でのエピソードとは?

さだまさし

さだまさし 償い

「天晴〜オールタイム・ベスト〜 」を通勤の時に聞いていたら、「償い」が入っていて思わず涙が…。 「償い」は、1982年だからもう30年以上前の知人の実話をもとに作られた曲。 運転免許の違反者更新講習でも紹介されているらしい。 私は観たことないけど、カミさんは何回も観ているそうw。 知らない人はまず聞いてみてください。 "ゆうちゃん"は、周りみったれた奴だと陰口を言われても、一切の付き合いを断り続けてます。 それには理由があって、昔交通事故で人を殺めてしまった事があり、少ないお給料の中から被害者のご家庭にずっと送金をしています。 そんなある日、被害者の奥さんから初めて返事を頂きます。 そこにはこう書いてありました。 「ありがとう あなたの優しい気持ちは とてもよくわかりました だから どうぞ送金はやめて下さい あなたの文字を見る度に 主人を思い出して辛いのです あなたの気持ちはわかるけど それよりどうかもう あなたご自身の人生をもとに戻してあげて欲しい」 手紙の中身よりも償いきれるはずもない あの人から初めて返事を貰った事が嬉しかったとゆうちゃんは言います。 自分の大切な人を殺されて、生活がめちゃくちゃになって、それでも許すことができるか。 私にもわかりません。 ただ、もし加害者の立場になったら、ゆうちゃんのように犯した罪に正面から向き合う気持ちを持ち続けたいと思ってます。 つい先日会社の隣の席の同僚が、車で追突されたという事故がありました。 そんなターな事があった為に、この唄がずしーんと胸に響いたのかも。 会社の事故は完璧貰い事故。 車は廃車になったそうですが、命に別条なかったのは不幸中の幸い(むち打ちの症状はあるようですが)。 この暑さで、ぼーっとしてしまいがち。 いつ自分が加害者になるか分からない。 車に乗る時は充分気をつけよーっと。 hee.

次の

償い (さだまさしの曲)

さだまさし 償い

発行日: 2003年 ISBN: 9784763194862 思いもかけないことで相手を事故死させてしまったゆうちゃん。 被害者の妻の悲痛の言葉が心に突き刺さる。 せめてもの気持ちと毎月仕送りを送り続けた7年目のある日、ゆうちゃんは涙を流す。 その理由とは・・・? 実話を元にしたさださんの曲だと知りました。 不慮の死を扱う作品ではその悲しみや妬みを描かれている場合が少なくないですがこちらの作品は違うのです。 加害者がどう現実と向き合うか。 これで人の価値は分かれるのではないかと歌詞を書かれた作者は後書きで述べています。 おぐらひろかずさんの絵はキャンドルの炎のようにどれも温かく柔らかいです。 さだまさしさん。 これまで一つも聴いたことがありませんでしたが胸を打つ曲を、著書を多く出されているのですね。 他にも絵本シリーズがあると知り読みたくなりました。 (そやでさん 20代・その他の方 ).

次の

さだまさし

さだまさし 償い

スポンサードリンク 毎年100本に及ぶ全国コンサートツアーで年間20万人超えの国民的歌手のさだまさしさん。 トークの軽妙さには定評があり、おもしろいコンサートでファンを飽きさせない、さだまさしさんとは・・・・ さだまさしの「償い」は実話か? いい歌です! さだまさしさんのオリジナル曲の「償い」は1982年に発表された曲でアルバム「夢の轍 わだち 」の収録曲のひとつですね。 知人の実話を元に作られているため、説得力のある曲で、6分15秒の長編です。 「交通キャンペーン」にも使用されています。 初めて聞いた時は、鳥肌が立って、涙したことをおぼえています。 さだまさしさんのこの曲をきいて、私の中では、彼を「天才」と位置づけています。 内容は、さだまさしさんの知人の女性が交通事故で伴侶を亡くし、加害者の男性から毎月わずかではあるが、賠償金が郵送されてくる。 知人の女性は茶道の師範として経済的に自立できているため「あなたのやさしさはわかりました。 もう、お金は送ってくれなくて結構です」と加害者に手紙を送ったが、加害者は、償い続けるために、翌月以降も送金し続けたという実話です。 あなたも聞いてみて下さい!感動しますよ! 世の中には、こんな素晴らしい人もいるのですね。 事故で加害者になってしまったが、本当の「償い」ということでしょうね。 こんなに真面目な人がいるなんて・・・・ぜひ、この人に一度会ってみたいですね。 さだまさしの名曲は数々あります! さだまさしさんは、名曲が多いですね、グレープ時代の「精霊流し」がヒットし、全国区になり、ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北国から~遥かなる大地より」等・・・・。 さだまさしの家族と息子と娘とは!! 1983年に結婚し一男一女のお父さんでもある。 さだまさしの映画「長江」の借金とは さだまさしさんは、28歳の時、ドキュメンタリー映画「長江」の製作費などで総計28億円、金利など含むと35億円近い負債を一人で背負ってしまいました。

次の