退職挨拶メール。 【退職の挨拶メールが届いた】返信どうする? 取引先や上司・同僚などパターン別に例文つきで解説

退職時の挨拶メールはこれで完璧!【社内・上司・社外】別に例文有!

退職挨拶メール

退職メールへの返信は必須ではありません。 しかし、相手と今後も良好な関係を続けたいと思う場合や社外、社内、転職や定年にかかわらず自分と関わりのあった人からの退職メールへは返信すべきです。 退職メールに返信すべき相手• ・社外の重要な取引先社員• ・社外の取引先相手で仕事を一緒に行ったことがある• ・社内で一緒に仕事を行ったことがある上司や先輩社員• ・社内で定年退職される所属部署の上司• 開封が後日になった場合、受信日ではなくメールを確認した当日で構いません。 ただ、受信日から1週間以上経ってから開封した場合や、退職者が挨拶をした後などは返信するのは控えておいたほうが無難です。 特に社外の方の場合は退職日が不明であったり、有給を消化して辞めることもあるなど退職日の特定が難しいため、せっかく送った返信メールが退職者へ届かない危険性が高くなります。 退職者への返信であることが宛名や題名でわかる様に記し、送られてきた・確認した当日に返信は迅速に行うようにしましょう。 基本的には退職メールへの返信はそのまま送り元に送信します。 ただ、個人宛のメールと課内で共有できるメールアドレスを使用している会社もあるため、共有アドレスの場合は退職者へのメールであることを明記した上で、個人的な内容記載は避けましょう。 結婚や定年の場合は退職理由が書かれている場合も多くあります。 しかし転職やその他様々な理由で退職される場合もあるため、明記されていない場合は退職理由について触れることはしないよう注意しましょう。 メールでは心が伝わりにくいため事務的な文章になりがちです。 文頭文末に感謝の言葉を必ず添えて、思い出や残念な気持ちを表す一文や個人に対する感謝の文章を盛り込むことを心がけると、より相手の心を打つ返信メールになるのです。 退職することがおめでたいわけではありませんので、必ず退職理由に対して祝福していることがわかる文章になっているか注意して書きましょう。 「〇〇さん。 今までわたしが配属されてからお仕事を共にさせていただき本当にありがとうございました。 新たなライフステージで〇〇さんが楽しく新たな幸せをみつけて輝いてくださることを心よりお祈り申し上げます。 無事にご出産を迎えられるよう心身ともに気をつけてお過ごしください。 今まで本当にありがとうございました。 全く仕事上関わったことがない場合や面識がなければ返信は不要かもしれませんが、少しでも面識があるのであれば、退職に関してメールをいただいたお礼と今後のご多幸をお祈りします。 と形式的でも返信しておくと良いでしょう。 「定年退職されるとのご連絡ありがとうございます。 〇〇さんには新人の頃から様々なアドバイスをいただきお世話にたりました。 〇〇さんの仕事上の部下に対する接し方や取り組み姿勢から学ぶことが多くありました。 寂しい気持ちも大きく複雑な心境ではありますが、本当に感謝しております。 〇〇さんの今後のご多幸を心より願っております。 今まで本当にありがとうございました。 転職先がわからない場合もありますがそういった次の機会があれば、よろしくお願いしますと言う気持ちを添えると、相手へ良い印象を残しておくことができ、ビジネスで大切な縁を繋いでおくことができるでしょう。 「〇〇さん。 退職のご連絡をいただきありがとうございました。 〇〇さんとは数年来ご指導等をいただき、本当に多くのことを学ばせていただきました。 〇〇さんがプロジェクト時におっしゃられた〜と言う言葉は今も心に残っております。 わたしのミスや勉強不足でご迷惑をおかけしたことも多々あり、書ききれないほどお世話になりました。 〇〇さんがご退職されること心惜しい気持ちでいっぱいですが、〇〇さんの今後のさらなるご活躍をお祈りしております。 また機会がございましたらぜひまたご指導ご鞭撻いただければ幸いです。 今まで本当にありがとうございました。 」 【社外】退職メールへの返信の例文5選 社外の方へ退職メールの返信をする際の注意事項 社外の方からの退職メールに返信する場合は、社名や部署、氏名を入れることを忘れないようにしましょう。 また、退職日がいつか、いつまでメールの返信を確認できるか分からないため返信は可能であれば当日などできる限り早く行うようにしましょう。 社外からの退職メールへの返信メール構成• 1相手の社名• 2相手の所属部署、氏名• 3退職の連絡をいただいたお礼• 4仕事上の関わり、エピソードなど• 5退職される方への感謝の一文• 6今後の関わりを期待する一文• 7今後の活躍やご多幸を願う一文• 〇〇様とは新人の頃からお付き合いをさせていただき、〇〇様のお力添えがあったからこそ今の私があると思っております。 大した恩返しもできないまま心苦しいですが、〇〇様の新たなライフステージが益々輝かれることを心より願っております。 これまで本当にありがとうございました。 相手に良い印象を持っているということ、今後も機会があれば関わりたいという気持ちが伝わるよう文章を作成することが今後のチャンスを逃さないためには必要です。 例文を参考に相手の心に伝えるメールを作成してください。 ご多忙の中退職のご連絡をいただきありがとうございました。 〇〇様には長年お世話になり、当社としてだけではなくわたくし個人としても言い尽くせないほどお力添えをいただいておりました。 本当に感謝の意とともに〇〇様のお人柄を尊敬しておりました。 再度お仕事などお会いできるご縁がございましたら、その際はどうぞよろしくお願いいたします。 健康には十分注意していただき、〇〇様が今後さらにご活躍されることを心より願っております。 これまで本当にありがとうございました。 退職の挨拶が直接できないが後任の案内も兼ねて送られてきた場合は、返事はあくまでも連絡に対する感謝の返事であって、退職に関して余計な詮索はしないようにしましょう。 「ご多忙の中退職のご挨拶をいただきありがとうございました。 〇〇様とは御社との関係で常に窓口としてご尽力いただき大変お世話になりました。 〇〇様がご退職されることは非常に残念ですが、〇〇様とお仕事できたこと本当に感謝しております。 本当にありがとうございました。 退職する理由は様々なものがあるため、すべての人にとって祝福することではない場合もあります。 パーティーの様にすると、去る側にとっては「自分が去ることを望まれていたのか?」と不快な気持ちにさえさせてしまうため充分注意しましょう。 挨拶の際には今までともに働いてきたことに対する感謝と退職が残念な気持ちがあるということを必ず話しましょう。 相手を思いやる気持ちを表すことはマナーとして非常に大切です。 プレゼントは必須ではありませんが、上司や定年退職など感謝の意を示したい際は贈りましょう。 高価なものや個人の嗜好品は避け、花束や色紙、ハンカチやお菓子、お茶など使えるもので誰しもが不快に思わないものを選びましょう。 退職メールへの返信は退職される方への礼儀 退職メールへ返信することは義務ではありませんが、礼儀です。 社内社外問わず退職の挨拶の裏には退職される方にとっては複雑な思いがあるかもしれません。 退職の背景を詮索せず、相手との関係や縁に対して感謝の意を表し、返事をすることができれば、今後の人間関係はより良いものに発展していくでしょう。 退職だけでなく、ビジネス上では異動や転勤で挨拶をされることも多々あるでしょう。 次の記事は移動や転勤する人へのメッセージ例を紹介していますので、角が立たずに良好な関係を今後も維持できる一言メッセージを併せて参考にしてみてください。

次の

退職メールを『社外』に一斉送信する時のタイミング・書き方・例文

退職挨拶メール

退職のご挨拶の例文 英文ビジネスレターの書式文例をご紹介いたします。 メールよりはやや硬い文体となりますが、丁寧なメールの書き方例文としても参考になるはずです。 今回は「退職の挨拶」の例文です。 UNIVERSAL MACHINERY CO. ,LTD. : A-101 International IT Network Inc. Dear Mr. I have decided to return to my home town to join the family business. My successor will be Mr. Ono. I would like to thank you for your support during these past years. I have enjoyed working with you and your staff. I wish you and your company all the best. Yours sincerely, Kyoko Nakayama, Welfare Robotics Div. 私、3月31日付をもって、ONS社を退社することとなりました。 I have decided to return to my home town to join the family business. 今後は、田舎に帰り、家業を手伝うつもりです。 My successor will be Mr. Ono. 私の後任は、小野が勤めます。 I would like to thank you for your support during these past years. これまでのご厚情に感謝申し上げます。 I have enjoyed working with you and your staff. あなたとあなたのスタッフとご一緒に仕事をさせていただき、楽しかったです。 I wish you and your company all the best. あなたと御社のご清栄を祈念しております。

次の

退職の挨拶をメールで送る場合の書き方・送り方【文例付き】|転職Hacks

退職挨拶メール

田中です。 このたび、一身上の都合により3月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接皆様にご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 仕事で失敗したり悩んだりするたび、皆様からあたたかい叱咤激励をいただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 あまりにも端的な内容にしてしまうと「素っ気無い」「会社への思い入れがない人」と 冷たい印象を持たれてしまいます。 同僚や仲の良い仲間に宛てる場合は、 もっと多くのエピソード を盛り込み、 若干くだけた文体 で送った方が、より感謝の伝わる退職の挨拶になるでしょう。 また、 メールの本文は読みやすさ が非常に重視されます。 通常のビジネスメールのマナーと変わりませんが、読み手にとって負担にならないよう、 2~3行ごとに改行 して視覚的にスッキリしたメールを作りましょう。 【2】上司個人に送るとき 件名:退職のご挨拶(田中太郎) 本文: 〇〇部長、お疲れ様です。 〇〇(フルネーム)です。 この度、一身上の都合により、本日を最終出社日として退職することになりました。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼致します。 大変感謝しております、本当にありがとうございました。 それがわかれば自ずとやるべきことが見えてくる」と声をかけていただいたこと、今でも鮮明に覚えております。 この先も、壁にぶつかり挫けそうになったときは、そのお言葉を思い出して乗り切っていきたいと思います。 在籍中は至らぬ点も多く、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、どんなときもそんな私を支えてくださったこと、重ねて御礼申し上げます。 ありがとうございました。 今後の連絡先ですが、下記の通りでございます。 もし何かございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。 本当にありがとうございました。 特に 大企業など、社長との直接的な関わりがほとんどない場合、社員全体への 一斉メールで済ませてしまっても問題ありません。 一方、規模の小さな会社など、 社長との距離が近く話す機会も頻繁にあるような職場の場合、社長に対して退職挨拶のメールを 個人宛で送るのも良いでしょう。 その場合、メールの構成や内容は、 他の上司に宛てた退職挨拶のメールと同じで構いません。 社長との具体的なエピソードを盛り込むと、相手への感謝の気持ちがより一層伝わります。 【社外(取引先)向け】退職の挨拶メールのポイント&例文 社外(取引先)に向けて送る場合、社内に対して送るものよりも注意すべきポイントが増えます。 まずは文例を見てみましょう。 株式会社ABCの田中でございます。 在職中はお世話になりましたことを、心より御礼申し上げます。 今後はこれまで学んできたことを活かしつつ、引き続き精進してまいります。 本来であれば、直接お伺いし、ご挨拶すべきところではございますが、メールでのご連絡となりますことをお詫びいたします。 1つ目に、 社外向けの退職挨拶メールには退社日を明記すること。 連絡の行き違いを防ぐためです。 2つ目に、 後任者の名前を書いておくこと。 退職前に直接挨拶できればベストですが、難しい場合は メールの中で紹介しておきましょう。 後任が決まっていない場合も、連絡を取れる部署名や連絡先は明記しておきましょう。 3つ目に、 退職理由や転職先の情報、私用の連絡先を書くのは絶対にNGです。 また、退職理由を事細かに伝えることも、会社内のネガティブな情報を伝えることになりかねないので書くべきではありません。 何かしらの理由があり、 どうしても退職後の連絡先などを伝えておきたい場合、自分の上司に相談しましょう。 退職の挨拶メール、5つの基本ルール 退職の挨拶メールを作成する際に、最低限守るべき5つのルールを紹介します。 1メールを送るタイミング:広報後から最終出社日の間の定時以降 退職の挨拶メールは、 会社から退職の全体広報が行われた後 に送るのが基本 です。 社内に送る場合、最終出社日に送るケースが多いようですが、ほかの人の退職の挨拶メールに揃えたり、心配なら上司や人事に一度相談したりするのも良いでしょう。 また、挨拶メールを営業時間内に送ることを良く思わない人もいるので、 定時以降に送信するのがおすすめです。 一方、 社外(取引先)に対しては、引継ぎなどが発生することもあるため、 広報後のなるべく早いタイミング に送りましょう。 2宛先:送る相手が1人か複数かで、アドレス欄を使い分ける 退職挨拶メールの宛先は、 部署単位や営業所単位などの一斉送信でOK。 ただ、宛先は会社の規模や付き合いの深さによって異なります。 過去、自分に送られてきているメールを参考にしましょう。 には自分のメールアドレス、送信先のアドレスはすべてBcc. に宛先のメールアドレス、Cc. やBcc. は使用しない また 、 社員のアドレスが登録されたメーリングリストがあれば、そちらを使うことでいちいち個人のアドレスを入力する手間が省けます。 3件名:「退職の挨拶」と一目でわかるものにする 退職の挨拶メールの 件名は「退職のご挨拶(フルネーム)」 など、主旨が伝わるものにしま しょう。 「お疲れ様です」「お世話になりました」といった件名は後回しにされたり、読み飛ばされたりすることもあるので避けたほうが無難です。 4メールの内容:退職理由には触れず、感謝を伝える 退職の挨拶メールの内容は 今までのお礼と、送り先の今後の活躍を祈る2点 にまとめましょう。 退職理由について書く必要はありません。 出産や妊娠といった一言で済む理由や、簡潔に書ける前向きなものであれば良いですが、長くなりそうなとき、複雑なときは 「一身上の都合により」でOK です。 5署名:社内向けなら「私用連絡先」を入れてもOK 社内向けに送る退職挨拶のメールでは、 署名欄に私用の連絡先を明記しておいても良い でしょう。 退職後も連絡を取り合えるのは嬉しいものです。 本文中に 「今後連絡していただける場合は、下記までお願いいたします」 など一文を添えると良いでしょう。 一方、 社外の取引先に送るメールについては、原則 私用の連絡先を載せるのは避けましょう。 退職の挨拶メールには返信すべき? 退職挨拶のメールが届いたとき、 返信は必須ではありません。 ただし、個人宛に届いたプライベートなメールの場合、退職後も関係が続く場合など、 相手との関係性によっては返信すると良いでしょう。 ポイントをおさえ、最後までスマートな印象を残しつつ円満な退職を目指しましょう。

次の