通話に応答がありませんでした line。 LINE通話で応答なしが早い原因はブロック?スマホ2台で検証してみたよ!

【LINE】「通話中のため」は電源切ってる?電話の「通話中」について

通話に応答がありませんでした line

今では、すっかり連絡手段として定着した「LINE」。 筆者も長らくキャリアメールを使っていましたが、今では友人との連絡はもちろん、家族間の連絡もLINEで行っています。 企業やお店のLINE公式アカウントでお得なクーポンをゲットしたりと、すでに日常生活に欠かせないツールになっています。 広く普及したことで「電話番号はメールアドレスは知らないけどLINEで繋がってる」といった交友関係になっている人も多いと思います。 また、「LINEで電話すれば済むから」とキャリア・MVNOの通話を使わない人も多いようです。 このように連絡ツールがLINE中心になると弊害も出てきます。 例えば、「LINEの通信・通話ができない」場合、相手のメールアドレスや電話番号を知らなければ連絡手段を失ってしまいますよね。 目次:• LINEアプリを最新バージョンにアップデートする まず初めに確認したいのが「アプリのアップデート」。 つい面倒臭がって後回しにしたり、今月の通信量が厳しいから…と溜め込んでいる人も多いのではないでしょうか。 アップデートの趣旨は「不具合の修正」や「新機能の追加」です。 また、LINEやソーシャルゲームのようにネットワークに繋がって通信を行うアプリの場合、 古いバージョンは最新版が出た時点で使えなくなることもあります。 特定の条件でアプリがうまく動かなくなるといったケースもあり、「LINEが使えない!」トラブルがそれに合致する可能性もあります。 LINEの更新を行うように表示されたときは、忘れずにアップデートしておきましょう。 アップデートする手順・方法は以下の通りです。 iPhoneの場合 アップデートがあるかを確認するまでは たったの3ステップ! LINEに限らず、アプリの調子が悪いときに一番初めにチェックしておきたいポイントです。 この機会に覚えておきましょう。 今回は、LINEのアップデートはありませんが、AppStoreでアップデートを行う必要があるアプリがあれば、 各アプリの右側のボタンが「アップデート」と表示されますのでこれを選択しましょう。 LINEアプリのアップデートで100MBを超えることは滅多にありませんが、自宅などのWi-Fiに繋いだ際に忘れずにアップデートを行いましょう。 Androidの場合 続いて、Androidスマートフォンでアップデートする手順・方法を解説します。 アプリ一覧の【Playストア】をタップし、左上のメニューボタンを押す 【マイアプリ&ゲーム】をタップし、【アップデートあり】の項目にLINEアプリが表示されていたら更新 まずは、アプリ一覧にある【Playストア】をタップ。 すると、インストール済みアプリの一覧とアップデートが必要なアプリの一覧が表示されます。 Androidでは100MBを超える更新ファイルでも、Wi-Fiに繋いでいない状態でアップデートを行うことができます。 ただし、モバイルデータ通信時に更新すると大きく容量を使ってしまうので、自宅などWi-Fiのある環境での更新が望ましいです。 緊急の場合は、LINEだけを選択してアップデートしましょう。 LINEアプリを終了させる 「メッセージの送受信ができない」「スタンプが表示されない」「通話時に、相手に声が届かない」など、アプリの動きがおかしいと感じたときは 一度LINEアプリを終了させましょう。 ホーム画面に戻ることで「閉じた」「非表示にした」と思いがちですが、実はこれだけではアプリが正しく終了できていません。 しっかりとした手順・方法でアプリを終了させてから再度開くだけで、動作が改善するケースも多々あります。 アプリを正しく終了させる手順・方法もしっかりと覚えておきましょう。 iPhoneの場合 【ホームボタンのあるiPhone】 ホームボタンをカチカチっと二回押す 起動中のアプリが左側に並ぶ iPhone8までの機種の場合、ホームボタンを2回クリックすることで起動中のアプリが表示されます。 この画面で選択したアプリを下から上にスワイプすることで、完全に終了することができます。 【ホームボタンのないiPhone】 3. Wi-Fiをオフにする 毎月のデータ通信量を節約するために、なるべくWi-Fiを利用してモバイルデータ通信を使わないようにしている人も多いと思います。 しかし、Wi-Fiには 「電波の到達距離が短い」「障害物に弱い」といったデメリットもあることは意外と知られていません。 LINEのメッセージの送受信ができない、通話の声が途切れ途切れになる・相手に声が届かないといった場合、Wi-Fiをオフにするとすんなり通信できる可能性があります。 一度、Wi-FiをオフにしてLINEがちゃんと使えるか確認してみましょう。 iPhoneの場合 ホーム画面の【設定】から【Wi-Fi】の項目に進む 右側にあるスイッチをオフにし、アンテナマークがWi-Fiになっていないことを確認 Androidの場合 アプリ一覧の【設定】から【Wi-Fi】の項目に進む Wi-Fiのスイッチをオフにし、アンテナマークがWi-Fiになっていないことを確認 iPhoneもAndroidも、Wi-Fiのオン・オフを切り替える手順はほぼ同じです。 以下の画像のように、Wi-Fiの電波表示が弱まっている場合は一度オフにしてみましょう。 かなりWi-Fiの電波が弱い状態。 この状態では速度制限がかかったような速度しか出ないことも また、電波の強さが最大になっているのに送受信がうまくいかない場合、Wi-Fiが混雑している可能性が考えられます。 この間も、一度オフにしてから再度オンにしてみて送受信できるか試してみましょう。 「Wi-Fiに繋がっているから大丈夫」なはずが、「 Wi-Fiに繋がっていたからおかしい」というケースもあるので、過信せずにWi-Fiのオン・オフを切り替えてトラブルの原因を見極めていきましょう。 ネットワーク設定をリセットする iPhoneには「 ネットワーク設定のリセット」という項目が用意されています突如メッセージの送受信が行えないなどのトラブルに遭遇した場合、ここまでに紹介した対処方法を試しても改善しなければ 最終手段として試してください。 こちらを実行すると、一度iPhone本体が再起動します。 再起動後、ネットワーク設定が初期状態に戻りますので、必要に応じてなどを再度行っていきましょう。 ネットワークにまつわる設定がすべて初期化されるので、この状態で正しくLINEメッセージが送受信できるかなど試してみましょう。 Androidの場合 Android 6. 0よりも新しいバージョンを利用中であればiPhone同様に「ネットワークのリセット」の設定項目が用意されています。 問題なく送受信できるようであれば、必要に応じて再度Wi-Fi接続の設定などを行いましょう。 画面にも表示されますが、ネットワークのリセットを実施したあとはWi-Fi、Bluetoothの設定が初期化されます。 ここで再度設定を行っておかないと「いざ使おう!」と思った際に使えずに焦ってしまうので、送受信の確認を行ったあとはしっかり元通りに設定しておきましょう。 もし利用しているスマホに【ネットワーク設定のリセット】の項目がなかった場合は、特定のWi-Fiアクセスポイントの設定を初期化し、再度接続設定を行ってください。 Wi-Fiのアクセスポイントを長押しして、【ネットワーク設定を削除】を選択 この手順で接続不良を起こしている Wi-Fiとの設定をリセットし、再設定して接続状態を改善することが可能になります。 また、正しいAPNに接続できていないことが原因でネットに繋がらず、アンテナ表示が出ていても通信が行えていない状況も考えられます。 その場合は「」などを参考に設定を見直してみると、改善する可能性もありますので一度お試しください。 データ通信量を確認してみる 1ヶ月間のモバイルデータ通信量が一定以上になると通信速度が遅くなります。 こうした速度制限の値として一番有名なのが「128Kbps」です。 どれくらい遅いのかというと、ざっと10年以上前の携帯電話の通信速度と同じか、それよりも遅い速度といった具合です。 データ通信量の制限に引っかかってしまった場合、ほんの数行程度のメッセージを送るのにも時間がかかってしまうことに…。 また、時間がかかりすぎると「タイムアウト」になり、送受信が強制的に切断されてしまいます。 「メッセージが送れない」「送られてきた画像が表示されない」といったトラブルの多くは、 当月のデータ通信量を使い切ってしまって「速度制限中だった」ということが多いです。 本当に速度制限が原因なのか、それとも他に原因があるのか、これを見極める方法をいくつかご紹介していきます。 携帯会社のサイトやアプリで確認をしよう 最も簡単なのは、通信を提供している携帯会社が提供するアプリやWebサイトでしょう。 ドコモのMy docomoアプリ auのデジラアプリ iPhone・Androidに限らず、大手キャリアで契約した場合は最初からこうしたアプリがプリインストールされていたり、ダウンロードのリンクが用意されていたりします。 または、契約状態を確認するためのサイトへのショートカットが配置されていたりもしますので、それらを利用するのが「速度制限になっているか」を確認する最も簡単な方法です。 ただし、表示されるデータ使用量はリアルタイムで反映されないこともありますので注意してください。 各キャリアの確認サイトはこちら• NTTドコモ —• au —• SoftBank —• mobile — iPhoneなら「通信量チェッカー」を使おう 契約プランの上限値を設定しておけば、残り何GB使えるかを一目で確認できます 「 通信量チェッカー」という無料アプリの活用もオススメです。 各キャリアのアプリは「どれくらいモバイルデータ通信を使っているか」を調べるために、通信を行って最新の情報に更新されます。 そのため、既にデータ通信量を使い切っており、通信速度制限がかかっている場合は情報の更新がそもそも行えません。 通信量チェッカーは「 スマホ本体に記録されている通信使用量を見やすく表示する」アプリです。 通信量チェッカーをインストールした後に定期的に立ち上げておけば、余計な通信を行うことなく「どれだけ使っているか」「あとどれくらい使えるか」を確認することができます。 ただし、通信量チェッカーは「あらかじめインストールして、定期的にアプリを立ち上げて情報を更新しなければならない」仕組みになっています。 通信量チェッカーをインストールしたばかりでは何も確認することができないのでご注意ください。 ただし、「 リセットする日付・集計する期間」を設定しておかないと正しい使用量が表示されません。 右の画像のオレンジ枠をタップすると「サイクルの変更」という項目が表示されるので、期間を設定しておきましょう。 ここまでに紹介した確認方法で「今月のデータ残量が0GB」「上限を超えている」場合は通信速度制限の対象になっています。 この場合はWi-Fiに接続したり、データ通信量の追加(有料)を行ってから、通信速度に余裕のある状態で再度試してみるといいでしょう。 通話の受信許可をオンにする 「メッセージや画像・動画の送受信は問題ないのに、なぜか通話だけができない…」。 そんなときはLINEの設定を見直しましょう。 設定の中に「 通話の受信許可」という項目があるのですが、こちらがオンになっていないとそもそも通話機能が使えません。 初期状態ではオンになっていますが、「あれこれ設定している間にオフになってしまっていた」ということも考えられるので、通話が利用できない場合は以下の手順に従ってLINEの設定を見直してみましょう。 iPhoneの場合 LINEを開き、友だち一覧ページの左上にある歯車を選択 設定画面になるので【トーク・通話】を選択し、【通話の受信許可】をオンにする Androidの場合 AndroidもiPhoneとほぼ同様の手順になります。 歯車アイコンから設定画面に進んで【トーク・通話】を選択。 【通話の受信許可】にチェックを入れる 設定画面の開き方や「通話の受信許可」項目の配置場所はiPhone・Android共通です。 トークと通話がおかしいと感じたときは、こちらの各設定項目を確認しましょう。 通話の音量、ゼロになっていませんか 意外とあるあるなのが、「通話音量の設定がゼロになっている」パターン。 普段からマナーモードを使っていてスピーカー音量をゼロにしていると、「うっかり通話音量まで消音にしていた」ということがあります。 スマートフォン本体の脇にある音量ボタンを一度押してみて、ボリュームを確認してみましょう。 実は「ボリュームがゼロになっていた」なんてことはありませんか? 「通話中にボリューム設定を切り替えたのを忘れていてマナーモードが解除されていた」という逆のパターンもあるあるなので合わせて気をつけるようにしましょう。 出力先のスピーカー設定を確認しよう iPhone・Android問わず、スマホには「耳をつけて通話する際のスピーカー」と「着信音が鳴るスピーカー」の2つが搭載されています。 さらに、イヤホンを接続してる場合やBluetoothでヘッドセットを繋いでいる場合など「音を出す場所」は他にもあります。 自分の想定と違う場所から音が出る設定になっていると「聞こえない」「声が小さい」といったトラブルに繋がるので、以下のように設定を確認してみましょう。 通話画面のスピーカーアイコンをタップして、出力先が正しく設定されているか確認 「突然、相手の声がスピーカーから大音量で流れてきた」などというときは、この設定が何かの拍子に変わってしまっている可能性があります。 もちろん、「イヤホンマイクのケーブルが抜けた」「Bluetoothイヤホンの電池が切れた」というケースも考えられますが、そんなときは焦らずに通話画面を開いてこちらの設定を確認してみましょう。 権限がない?マイクの利用許可を確認しよう 自分の声が相手に届かない原因はイヤホンマイクの故障や通信速度制限などさまざまですが、意外に多いのが「 マイクの利用許可」の設定です。 LINEアプリをインストールした時に、権限を許可しなかった可能性があります。 端末の設定から権限の許可ができるので確認してみましょう。 iPhoneの場合 設定画面の下部にある【LINE】をタップし、【マイク】の項目がオンになっているか確認 Androidの場合 OSバージョンが6. 0以上のAndroidの場合、以下の手順で設定を確認することができます。 初めてLINEで通話を行うときは「マイクの利用許可をしますか」といったメッセージが表示されるのですが、誤って「いいえ」をしてしまった…なんてケースも多いようです。 もし「いいえ」を選んでしまった場合は、上記の手順でマイクを使えるように設定しましょう。 機種変更も検討してみるべし 上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。 補償サービスに加入していない場合はなおさらです。 故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。 スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。 また、端末の購入なら公式のオンラインショップがおすすめです。 以下がオンラインショップで手続きするメリットです。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・分割払い時の端末頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある(不定期) ・各種ポイントの利用ができる 機種変更に伴い、キャリア間ののりかえもキャンペーンでお得に行える可能性が高いので、あわせてチェックしてみてください。 販売サイトはこちら.

次の

LINEで電話が出来ないエラー発生!詳細や対処法を徹底解説

通話に応答がありませんでした line

ラインでエラーが起きる場合、エラーコードやエラーメッセージが表示される場合があります。 エラーコードなどの情報があれば、原因が追究しやすくなり、対策もたてやすいです。 また、エラーコードはLINE本体やツムツムなどほかのLINEアプリとある程度共用される場合があります。 ダウンロードできない? アンドロイドの場合、グーグルプレイストアからダウンロードするときにエラーが生じる場合があります。 エラーの種類によって対応が変わってきますので、 対策については以下を参照ください。 ログインできない? フェイスブックログインを使っている場合、フェイスブックからの応答が悪いためにログインできない可能性があります。 フェイスブックで障害がおきていないかチェックしてみましょう。 通信状況が悪い場合やサーバ障害が起きている場合にログインができなくなります。 以下の「通信エラーが頻発する?」の欄を参照ください。 通信エラーが頻発する? メンテナンス等で正常に動作しない場合があるので、まずはメンテ情報等確認しておくとよいでしょう。 ラインの公式ツイッターアカウント またLINEゲームごとにアカウントがあり、メンテ情報を指定している場合があります。 数が多いのでここではリンクしませんが、プレイしているゲームのツイッターアカウントはフォローしておいたほうがよいでしょう。 ネットが遅いと、LINEのサーバとの交信にも影響がでてしまいます。 通信エラーの場合、まずは通信速度チェックアプリなどでネットワークの状況をチェックしてみましょう。 速度が出ていない場合は、LINEで通信エラーが出る可能性も高いです。 遅い場合はWiFiとモバイル通信を切り替える、WiFiルータを再起動するなどを試してみましょう。 また、アプリのデータが壊れてしまった可能性もあるので、データを消去のうえ再ログインを行うことで治るケースもあります。 この場合、トーク履歴は消去されるので必要に応じてバックアップをとってから作業しましょう。 この方法は、アプリ起動時にスマートパスのエラーが毎回表示されるような場合でも実行すると直るかもしれません。 参考: その他のエラー ネットワークに接続されてません? WiFiにつないでいるのに「ネットワークに接続されてません」エラーが頻発するケースが報告されています。 LINEが停止しました? 「LINEが停止しました」というメッセージがちょくちょく表示されてしまうケースがあります。 Androidだけだと思うけど、LINEから別のアプリを使ったら必ず出る『LINEが停止しました』は、さすがにどうにかならないかな。 はぁ〜。 iPhoneの方がいいのかなぁ〜。 — やっきー kouyarun551 「特にアプリの更新後、急に増えた」ということも多く、アプリのバージョン変更によって思わぬバグが生じているという可能性が高いようです。 現時点では、「アプリの再インストール」で一時的に直る場合もあるようですが、またすぐ再発するというユーザもいます。 通話できない? 基本的なことですが、マイクやスピーカーの音量が適切になっているかまずはチェックしましょう。 通話では、ネットワークの速度や安定度によって左右される場合が多いです。 WiFiまたは4Gモバイル通信を切り替えてみて、つながりやすいほうを試してみましょう。 格安SIMの場合、通信制限にひっかかると遅くなりますし、時間帯によってもトラフィックが混雑しており速度が極端に遅くなってしまう場合がありますので注意してください。 Full HD voice? 現在Full HD voiceが導入され、これに伴う音質トラブルが増えています。 残念ながらFull HD voiceは設定でオフにしたりできないため、LINE側の改善を待つしかないでしょう。 スケジュールに接続できない? LINEのスケジュール機能では、データが正しく復元できないため強制的に一部のデータが削除された... という場合があります。 このケースはかなりレアケースですので、ユーザ側もスケジュールデータを作り直すしかありません。 が、あまりこのようなエラーが頻発するようであれば、グーグルカレンダーなど他のスケジュール管理ソフトを使うようにしたほうが安全でしょう。 グループLINEが開けない? LINEやグループLINEは使えるものの、なぜか「特定のグループLINEが開けなくなった」「特定のグループが落ちる」という不具合が報告されています。 特定のものが開かないとなると、可能性としては ・特定のグループLINEのデータが置かれているサーバ側ストレージのエラー ・特定の状況下にあるグループLINEの場合にはアプリが落ちる... などが考えられます。 いずれもLINE側の対応待ちになるかと思います。 LINE側でも症例は把握しているようです。 【お詫び】 ただいま、iOSの一部端末 LINEバージョン9. 0以上 でグループトークが開かない不具合が発生しており、現在対応中です。 復旧次第ご案内いたしますので、複数名トークや個別トークをご利用いただけますと幸いです。 ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。 何卒宜しくお願いします。 スタンプが開けない? LINEではフィルタリングの仕組みが変更され、それに伴ってページやスタンプが見れない場合があります。 フィルタリングとは、未成年の人にふさわしくない内容をブロックするシステムのことです。 2019年3月29日以降、青少年保護のための第三者機関「EMA」の事業終了にともない、LINEアプリおよび弊社の一部Webページに、各キャリアの提供する未成年対象のフィルタリングサービスが適用されます。 対象のスマートフォンからアクセスしようとしたときに、ページが閲覧できなかったり、保護者の方の許可が必要になったりする可能性がございます。 出典: LINEアプリではなぜか急に見れなくなったような場合、ウェブページのLINEから見てみるなどの方法で確認してみるといいかもしれません。 文字が打てない? バグで打てなくなる場合が見受けられます。 キーボードを変更すると打てた... とするユーザさんもおり、例えば本体設定で「その他>キーボードと入力>現在のキーボード> 日本語>Gboard」のように変更して試してみるとよいでしょう。 LINEアプリを開くか、またはLINE STOREへ移動して続行してください? LINEではないアプリで起きるエラーです。 といってもログインでLINEログインを利用しており、LINEログインによる認証ができない場合におきているようです。 通常はLINEアプリへ再ログインするなどすれば直るものと思われますが、場合によってはアプリを一度アンインストールし再インストールしてみたほうがいいかもしれません。 エラーコード一覧 一時的なエラーによりリクエストが完了しませんでした。 アクセス集中によるタイムアウトからサーバ側のメンテナンスなど、原因が多岐にわたるため、理由や対処法の特定は難しいです。 再度試しても同様のエラーになる場合は、ひとまず時間をおいてから試すようにしましょう。 -1 通信エラー 対処:アプリの再起動。 またはアプリの再インストール。 1 サーバーエラー 対処:アクセス過多やメンテの可能があるので、時間をおいてからアクセスしてみましょう。 2 通信エラー WiFiなど安定した速度で利用で切る状態で再度試してみましょう。 4 ログインエラー 何度やってもログインできない場合は、アプリの再インストールを試してみましょう。 6 不正アクセス 7 通信エラー 29 異常感知 頻発する場合は、サポートへ問い合わせしてみましょう。 61、71、81、91 接続失敗 メンテナンスなどの可能性もあります。 時間をおいてから再度アクセスしてみましょう。 101,102, 110 電話時に起きるエラー。 個別原因は不特定ですが、サーバ側の障害で起きるケースもあります。 対処:アプリの再起動、時間をおいてから再度試す... 202 通信失敗。 サーバのアクセス制限など。 対処:WiFiなど通信速度を確保できる状態で再度アクセスする。 306 容量オーバー? 対処:アプリの再起動、またはキャッシュを一度クリア。 399 課金失敗 403 禁止ページへのアクセス。 対処:アクセス先のページやアカウントがあるか再確認。 アプリのキャッシュを一度クリアにし、古い情報がなくなるようにする。 505 不適切な接続 対処:アプリの再起動。 アプリのキャッシュを一度クリアにし、古い情報がなくなるようにする。 506更新エラー? 更新時にエラーが出る場合、スマホの空きをきちんと確保したら更新できたという方がいるようです。 参考: 598 「操作を完了できませんでした LineServiceHTTPErrorDomain エラー 598。 」として表示されるエラー。 対処:LINE側のサーバ障害と思わるので復旧を見計らって再度アクセスしなおす。 1001、1003 サーバ交信失敗 対処:3GとWiFiを切り替えて試す。 通信容量オーバーとなり速度制限になっていないか確認する。 1009 不特定エラー 対処:アプリ再起動。 WiFiなど通信が安定した環境にしたうえで接続してみる。 9990、9991 不正感知 不正を感知した場合に発動されるエラーとされています。 R102 ライン通話ができない場合のエラー。 現状では、特にiPadで利用できないと報告するユーザが多いです。 特定のデバイスで利用できず、他のデバイスでは大丈夫であることを考えると、iPad用アプリのバグである可能性が高いと思います。 L INE側のアプリ修正を待たないと治らないかもしれません。 T65 通話相手のマイクに問題が発生したため通話が終了 T119 マイクに問題 T320 エラーが発生しました LINEでの通話時のエラー。 LINEでは「Full HD voice」と呼ばれる高品質な通話システムを導入しており、システム切り替え等による不具合と思われます。 一時的な通信障害の可能性があるため、復旧を見計らって再度通話してみましょう。 T101 接続が不安定とされますが、おそらくはサーバ側の問題のようにも思います。 T600 通話エラー。 地震の場合に起きたケースも見られ、アクセス過多によるサーバ障害の可能性もあります。 時間をおいてからかけなおしてみましょう。 サーバー障害か自機の通信設定などが原因として考えられます。 まず自機で他のアプリでネットを見たりできるかどうか確認しましょう。 サーバ障害の場合はこちらでは対処できませんので、時間をおいてからアクセスしなおしましょう。 参考: apicode.

次の

「通話中の為応答出来ません」は通話中じゃなくても誤って表示されるこ

通話に応答がありませんでした line

「応答なし」「キャンセル」「不在着信」の意味と違い LINEで無料通話をかけてつながらなかった時のトーク上の表示は、「応答なし」「キャンセル」「不在着信」のいずれかになります。 それぞれ、どのようなケースで表示されるのか意味や違いを解説します。 「応答なし」と表示されるケース 自分のトーク上で「応答なし」が表示されるケースは3つあります。 自分がかけた通話を相手が強制的に切った(拒否) 相手が着信に気づいたものの、何らかの事情で 「拒否」をタップしたというような状況です。 この時、相手側(拒否したユーザー)のトーク画面には「キャンセル」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 一定時間が経っても相手が電話に出なかった 相手が着信に気づかなかった、もしくは何らかの事情で 通話に出られなかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「不在着信」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 相手が通話中だった場合 3. 相手がブロックしている(自分がブロックされている) 相手が自分をブロックしている状態で通話を発信し続けると、一定時間経過後に発信が終了し、自分のトーク上には「応答なし」と表示されます。 この場合、相手側では通話着信は鳴らず、通知も残りません。 ただし、 「応答なし」が表示されたからといって、必ずしも相手にブロックされているとは限りません。 LINE通話とブロックの関係については、本記事でしています。 左:自分側 右:相手側 「キャンセル」と表示されるケース LINE通話で自分のトーク画面に「キャンセル」が表示されるのは、 自分から電話を切ったとき。 しばらく鳴らしても相手が通話に出ないのでこちらから切った、というような状況です。 相手側のトーク画面には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 「不在着信」と表示されるケース 自分のトーク上で「不在着信」が表示されるケースは2つあります。 相手が通話をかけてきたが、出る前に相手から発信を切った 相手から着信があったものの、何らかの事情で こちら(自分)が出る前に切れたというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「キャンセル」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 相手が通話をかけてきたが、一定時間こちら(自分)が出なかった 相手が通話をかけてしばらく応答を待っていたが、 こちら(自分)が出なかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「応答なし」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 LINE通話の「応答なし」表示とブロックとの関係 LINEで「応答なし」が続いた場合に、自分が通話相手にブロックされているのではないかと不安になる人も多いようです。 結論から言うと、 「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 現在のLINEでは、 無料通話を介してブロックされているかどうかを確認する手段はありません(iOS/Android版問わず)。 ブロックされていてもされていなくても、同じ画面が表示される(右:iOS版LINE/左:Android版LINE) 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、ときのケースと同様、上のような画面が表示されます。 仮に自分が相手にブロックされていても、ブロックされていない状態と同じ画面が表示されるため、ブロックされているかどうかを判別することはできないわけです。 なお、相手にブロックされているかどうかを確認する手段はいくつかあります。 詳細は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

次の