アクティ メソッド。 アクティベーターメソッドの効果とは?内容は難しい?口コミ評判は?

アクティメソッド、Zoom会議に参加!

アクティ メソッド

Activator Method 〔アクティベータ・メソッド〕とは 人間が立ったり座ったり、また何か動くときや姿勢を取るとき、必ずバランスを取ります。 バランスをコントロールしているのはあなたの「脳」です。 特に人間は二足なので、バランスは非常に大切です。 緻密にバランスを取るために人間の体にはたくさんの「関節」があります。 例えば、サッカー選手が相手にブロックされて体を斜めにしながらボールを味方にパスしたり、体操選手が空中でアクロバティックな回転をしたりできるのも「脳」が緻密に管理しているからです。 しかし「脳」が管理する「関節」は常にストレスにさらされており、正常でないことが多くあります。 例えば、ゴルフのように一定の方向に一定の力を加えるような運動や、座るときに常に足を組む、片側で噛むなど日常的動作・姿勢が関与します。 そのような「クセ」のついた神経・関節の異常な状態を正確に元に戻す方法があります。 それがActivator Method〔アクティベータ・メソッド〕です。 Activator Method〔アクティベーラ・メソッド〕は故Warren Clemens Lee. DC〔ウォーレン・クレメンス・リー〕とArlan William Fuhr. DC〔アーラン・ウィリアム・ファー〕が創始した理論・テクニックです。 Activator Adjusting Instruments〔アクティベータ器〕を使い、全身の神経関節機能障害がある部位に振動刺激を加えて脳・神経系を正常化します。 これらの評価法を使うことにより、施術者は「いつ、どこを矯正し、どこを矯正しないか」を明確にすることが可能になります。 つまりテストを行うことで神経反射が起こり、下肢長に変化が現れ、これをもとに正確に刺激を入力することができるわけです。 もっと分かりやすく言えば、「必要なところへ必要な刺激を加えて、必要でないところはなにもしない」という非常にシンプルで白・黒ハッキリしています。 因みに、Activator Adjusting Instruments〔アクティベータ器〕の刺激は0歳児や骨粗鬆症のご年配の方でも大丈夫なほどやさしく、そして心地よく感じられます。 当然、電気やハリなどを使いません。 また決して「ズレた骨を動かす」ためではなく、関節の中の受容器に振動刺激を加えるためなので、けがの心配など一切無用です。 一通りの施術後は全身の神経バランスがほぼ整うので、筋肉の緊張が取れてコリや痛みが軽減・消失します。 当然、自律神経系にも作用するので、内臓の働きの正常化も図れます。 現在Activator Method〔アクティベータ・メソッド〕は世界No.1の低刺激法であり、世界No.2のカイロプラクティック医師に取り入れられているテクニックに位置づけられています。 本部はアメリカのアリゾナ州のフェニックスにあります。 常に研究が進められていて、世界中のカイロプラクティック医師から情報が上がってきて常にデータがアップデートされています。 2007年、アメリカのニューヨークで大規模な歯科医療の会議がありました。 出席者は歯科医師と歯科助手で約28,000人にものぼり、Activator Method〔アクティベータ・メソッド〕の上級認定者と共同で歯科治療にあたるという画期的な内容でした。 2011年度のWFC世界大会〔カイロプラクティック医師による世界的な研究発表の場〕ではActivator Method〔アクティベータ・メソッド〕の研究論文が第2位、4位、5位に入賞しました。 第2位は「炎症に対する効果について」、第4位と5位は「高血圧に対する効果について」でした。 Activator Method〔アクティベータ・メソッド〕は、科学的データしか信用していません。

次の

アクティメソッドとは

アクティ メソッド

アメリカ誕生のテクニックで本場アメリカでも信頼されているテクニックになります。 アクティベーターメソッドとは、アクティベーターという器械を使って、 神経の流れに直接働きかけ、神経の命令を正常に体全体に伝わらせるようにするテクニックの事です。 神経の命令が体全体に伝わるようになると、 筋肉がしっかりと働きそれにより骨を支え症状が改善されるのです。 テクニックの内容は、検査で見つけたサブラクセイションに アクティベーターという器械を当て軽い振動を与えます。 パチンという比較的大きな音が聞こえますが、 軽い刺激だけで痛みはほとんどありません。 アクティベーターメソッドの効果は? 体を健康に保つのは、脳と神経系の働きです。 神経の流れが正常な方は自由に体を動かす事ができ痛みなどの症状も現れませんが、 神経の流れが悪いと痛みなどの症状に悩まされ体も自由に動かす事ができません。 この神経の流れを正常にするためのアクティベーターメソッドは、 神経に直接働きかけるので、最速で改善していきます。 神経の流れが活発になると、もともと持っているからだの治癒力が高まり、 骨や筋肉の異常はもちろんのこと、内臓や自律神経系の疾患なども改善します。 今まで、マッサージや整体などでなかなか改善しなかった方には アクティベーターメソッドをおすすめします。 アクティベーターメソッドを学ぶのは難しいの? アクティベーターメソッドを学ぶのには、 アクティベータ・メソッド・インターナショナル公認アクティベータ・メソッド・セミナーを受けなければなりません。 これは、アクティベーターメソッドの知識や技術を提供するセミナーです。 セミナーは、基礎編・四肢・脊椎編・臨床編があります。 詳しい内容はご覧になれます。 公認のアクティベーターメソッドを学ぶためには 受講の対象者の規定がありますので、その規定対象外の方は学ぶことができません。 セミナーの受講対象者は以下の通り• 国際基準のカイロ学位保持者• CSC(国際基準のカイロ大学主催 修了者• 国際基準のカイロ大学学生• CSC(国際基準のカイロ大学主催)受講生• 医師、歯科医師、その他ドクターの学位を持つ者• 日本国内で認められた医療系国家資格者(柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師、理学療法士、作業療法士、獣医師、看護師)• 2年(2000時間)以上のカイロ専門学校卒業生 アクティベーターメソッドを勉強した人の口コミや評判は? 実際に勉強したり、セミナーでアクティベーターメソッドを体験した 受講生の感想をご紹介していきたいと思います。 もっと深いレベルで患者さんの体と心を感じ取れる治療家になりたいです。 患者側の立場で治療を感じることも勉強になりました。 腰の痛みがすぐに消えた事に感動しました。 さらに探究していきたいと思いました。 ポジション2の感覚も違いました。 (他の先生と)大変勉強になりました。 まとめ アクティベーターメソッドの効果などについてお話してきましたが参考になりましたでしょうか? アクティベーターメソッドは、神経に直接働きかける施術で、 カイロプラクティックのテクニックのひとつです。 施術にはアクティベーター(アクチベーター)という器械を使い治療を行います。 アクティベーターメソッドを学びたい方は、日本で唯一の公認である ACTIVATOR NETWORK JAPANでセミナーを受講することができます。 すべて希望する方が受講できるセミナーではなく、 受講対象者が決められていますので、ご注意くださいね。

次の

【アクティメソッド】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?|塾予備校ナビ

アクティ メソッド

子どもたちが夢中になる、独自のレッスンと指導方法を通じて、確かな英語力を育みます。 「Teaching」... 大量の英語を徹底的に反復学習。 短期間で確かな英語力が身につき、英語が使える喜びを子どもたち自身が実感できます。 「Coaching」... 子どもたちが、自主的に、楽しく英語を学べるよう、一人ひとりの習熟度や個性に合わせた指導を徹底しています。 「Sharing」... 保護者と密にコミュニケーションをし、子どもの様子や必要な備品などの情報をシェア。 二人三脚で子どもの成長を見守ります。 英単語や英作文を覚えるスピードが飛躍的にアップすることはもちろん、今や社会で必須のスキルとなっているタイピングも効率的に身につけることができます。 そんな中で全員に同じ指導をしても、差は広がるばかりですよね。 そこでアクティメソッドでは、学年別ではなくレベル別で指導。 子どもたちの能力に合わせた最適な指導を行います。 アクティメソッドは、お子様が夢中になって英語を学ぶことを通じて、確かな英語力を育んでいくことを目指した英語教育サービスを展開しています。 「楽しみながら」学習することができれば、それだけ学習意欲も高まるものです。 アクティメソッドはそんな環境となるよう、お子様一人ひとりに合わせた指導を徹底しています。 授業では、短時間で効率よく力をつけられるよう、英語の読みやリスニングを徹底的に反復する学習方法を用いています。 とはいえ同じことばかりを行うのではなく、飽きずに楽しめるようなレッスンを次々に展開していくなど、学習意欲を保つ工夫がなされています。 また、保護者の方との連携も徹底しているため、安心してお子様の成長を見守ることができるサポートも充実しています。 英語を楽しみながら、基礎の土台を築いていくことができれば、以降の英語の学習にも大いに役立ちます。 アクティメソッドは、英語の楽しさを実感しながら、基本をしっかり身につけたいお子様におすすめできます。 (2019年7月19日時点).

次の