うた つなぎ リレー。 【コラム】“#リフつなぎ” “#ソロつなぎ”に見どころ満載 〜BARKS編集部の「おうち時間」Vol.019

庄司の「ギャグつなぎ」参加芸人一覧まとめ!【その1】3月27~28日|ドラママ

うた つなぎ リレー

楽しむ人も多い一方、「面倒くさい」など否定的な意見も バトンリレーとは、SNS上でお題を出し、伝言ゲームのようにアカウント同士でそれをつなげていくもので、「チャレンジ」「バトン」「バトンリレー」など様々な呼び名で行われており、2000年代にmixiや個人ブログが流行した頃から存在感を示していました。 2014年には「アイス・バケツ・チャレンジ」が社会現象化。 筋萎縮性側索硬化症 ALS の研究を支援するために、氷水を頭からかぶるかアメリカALS協会に寄付をすることを宣言してSNS上で実行し、次にそれを実行してもらいたい人を3人指名してバトンをつなげていきました。 コロナ禍では、「 テイクアウトご飯バトン」「 おうちエクササイズバトン」など、誰でも手軽にできるものから、「 自撮りバトン」のように芸能人も参加するものまで、リレーの内容は多岐に渡っています。 自宅時間を有意義なものにする楽しい企画である一方、「バトンリレーがまわってくると焦る」「疲れる」「面倒くさい」と、賛否を巻き起こしています。 ハライチ岩井は「 うたつなぎ」を強制終了 賛否あるバトンリレーですが、お笑いコンビのハライチ・岩井勇気 33 は出演した『おぎやはぎのメガネびいき』 TBSラジオ で、バトンリレーをバッサリと斬り捨てています。 番組MCのおぎやはぎ・矢作兼 48 が、「うたつなぎ」のバトンがまわっていることに触れ、実際にバトンがまわってきたアーティストのRAM RIDER 41 に、「困ったら岩井にまわすといいよ」と助言。 RAM RIDERは言われたとおり、岩井にバトンを渡しますが岩井は無視。 見事に「うたつなぎ」バトンを止めたのでした。 回ってきたので撮影しました。 これで宜しいでしょうか。 そこで、「 うたつなぎ? やるわけねえだろ。 発案者の手柄になるだけなんだから」と吐き捨て、「終了だ、終了!! 」とまわってきた「うたつなぎ」バトンを始末したのでした。 岩井のこの行動に「最高すぎる」「さすが始末人」とフォロワーから称賛の声が集まりました。 決してバトンリレーそのものを否定するわけではありませんが、中には「?」となってしまうバトンも。 思わず突っ込みたくなるものを、いくつかピックアップしてみましょう。 — 2020年 4月月29日午前2時59分PDT この、「 祈るおむすびバトン」で、タレントの神田うの 45 が海苔の代わりにトリュフをまいたおむすびを披露し物議をよんでいました。 コロナ禍で厳しい状況が続くなか、「 祈るおむすびバトン」という企画に便乗し、自身の華美な食生活を公開するという行為は少しうんざりした気持ちにさせられます。 また、神田のみならず「 祈るおむすびバトン」にはこの類の投稿がとても多く、おむすびよりも豪華なおかずやテーブルウエアばかりが写っていたり、「祈る」もはや置き去りにされ、自己顕示欲だけがぐるぐるとリレーしている光景を見ることができます。 普通に「 おむすびバトン」じゃダメなんでしょうか…。 写真はイメージです(以下同) さらに、「幼少期バトン」をまわしている人たちには、自分語りをしたがる人が多く、「母方の祖父母にそっくりな子供でした」「人見知りがひどくて、母親以外の人には大泣きだったそうです」と説明も多め。 しかし、よほどの親友でもない限り「へー…」としか返しようがありません。 自分にバトンが回って来ようものなら、他人にさらす用の自分の幼少期の写真を探すという、かなりハードな作業も待ち受けており途方にくれてしまいます。 幼少期バトンの苦悩はまだまだ続きます。 バトンを回している人たちに集まっているコメントを見ていると、 「お母様も美人」「小さい時から美人さん」「いくつになっても変わらない」「家がでかい! お嬢様!」など、コメントがほぼフォーマット化されており、幼少期大絶賛祭りが繰り広げられているのです。 この一連の流れにのれない自分はひねくれているんじゃないかと、新たな悩みが増える地獄のような企画です。

次の

#うたつなぎ

うた つなぎ リレー

自宅でいても暇だという方に、ぜひ 「#うたつなぎ」で、アーティストが歌っている「うた」を聴いてみてはいかがでしょうか。 始まりは、 LOCAL CONNECTのヴォーカリスト・ISATOさんのTwitterから。 歌は繋がります。 音楽が世界を照らす! どこまでも繋がってくれ〜! お次はラックライフPON兄へ いてもうてー!! — 一雅 kazumasalamp319 上記から始まった歌のバトンリレーは、様々なアーティストに繋がれています。 どうもありがとう。 こういう時こそ鳴らせる、出会える、そんなシンプルな事が余計に染みるよ。 皆元気にしてるかな〜。 — 宍戸 翼 tsubasashishido TETORAのはゆね とThe Cheseraseraのつばっち から繋いでもらいました。 待っていてくれる皆へ、いつかまた逢えたら 次は Hakubi 片桐 ユアネス 黒川 — 柳田周作 uentudaikon 林さん 柳田さん しのさん からバトンを頂きました。 音楽で繋がる、いい企画です 17という大切な曲を 最近仲良くなれた映秀。 」 次は仲良くなりたいあれくん に繋ぎます! — 映秀。 EISYU0317 映秀。 くんから バトンを貰いました! 僕は皆と少し違う形の曲ではあるけれど それも良さってことで今日作りました。 lily23827705 りりあさん からバトンを貰ったので 【浮気されたけどまだ好きって曲。 】のアンサーソング 【浮気したけどまだ好きって曲。 という感じでアンサーソングを作ってみました😂 カイさんにつくれと脅され、昨日作りました オリジナル【遊ばれたけどまだ好きって曲。 水野あつ さんへ繋ぎます。 — おりべ menonakanime 栞 — クリープハイプ cover おりべさん から Next: 託します、よろしくお願いします。 アーティストと曲リストをまとめてみましたので、気になる方は曲についてもチェックしてみて下さいね。 浮気されたけどまだ好きって曲。 アンサーソング あを。 遊ばれたけどまだ好きって曲。

次の

Twitterで「#うたつなぎ」という企画が流行っている件

うた つなぎ リレー

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の日々が続き、重苦しいムードが漂う日々。 たくさんのミュージシャンたちが「 うたつなぎ」というハッシュタグでSNSを通して自らの歌を届けている。 「 うたつなぎ」とは、ヴォーカリストがアカペラもしくは弾き語りの歌唱動画を投稿し他のヴォーカリストを指名、指名された人がまた歌唱を投稿しさらに他の人を指名するというリレー形式の企画だ。 発起人となったのは、京都出身の5人組ロックバンドのヴォーカリスト・ISATOと大阪出身の3人組ロックバンドのヴォーカリスト・平井一雅らの仲間たち。 3月31日、まずはISATOが自身の楽曲「」をアカペラで歌い、「歌よ、CONNECTしてくれ!」と呼びかけた。 そのツイートで指名した平井一雅が自身の楽曲「」を弾き語りで歌った。 平井一雅はISATOと共に「 うたつなぎ」を始めたきっかけについて、 この人達の歌が持つ力を信じてるからきっと面白いことになると思って、やらへん?って言うと始めてくれたこの人のお陰。 そして大好きなPON兄やんへ繋いだ絆の企画です 出典: とツイートで説明している。 ISATOの最初のツイートには「 どこまでつながるかな」ともあったが、彼らの思いつきから始まった企画は、自然発生的にムーブメントとして広がっていった。 あっという間にジャンルや世代を超え、様々なミュージシャンが参加する社会現象的な動きへと拡大していった。 まずはライブハウスで活動するバンドマンやシンガーソングライターを中心にした動きとして「 うたつなぎ」は広まっていった。 小山田壮平は時代の代表曲「」を、佐々木健太郎はシュガー・ベイブ「パレード」のカバーを歌っている。 ホリエアツシは初期のレア曲「」を歌っている。 は「アニメ界にこの同盟を結びます」と、OxT 名義の「」を弾き語りで披露。 そこから仲村宗悟、小野友樹、豊永利行といった声優陣にもつながっている。 また、大石昌良からバトンを受け取ったの和田唱は「」を歌い、シンガーソングライターの、藤巻亮太へ。 Kは「」を歌い、藤巻亮太はレミオロメンの代表曲「」を弾き語っている。 なかでも大きな注目を集めたのが菅田将暉の参加だ。 菅田将暉は「怖い先輩から届いたリクエストの曲を唄わされました。 次は、優しい先輩に託します。 」と石崎ひゅーいへ。 石崎ひゅーいは「思い出職人 菅田くん から届いたリクエストの曲を唄います」と菅田将暉からリクエストされた「」を歌い、次は、地元の超優しい先輩 将司さんに託します」との山田将司へ。 そして山田将司は石崎ひゅーいにリクエストされたハナ肇とクレイジーキャッツ「ウンジャラゲ」をカバー。 山田将司から「次は戦友ACIDMAN大木くんにバトンを渡します」と告げられたの大木伸夫は「将司に言われたらやるしかない、と急いでハットを被った私」と新曲「」を歌う。 また、の安野勇太は「」を歌い「心の師である細美武士さんに繋ぎます」とツイート。 SNSをやっていない細美武士(ELLEGARDEN、he HIATUS、the LOW-ATUS、MONOEYES)は安野のアカウントから投稿し、MONOEYESの「」を歌った。 また、「 うたつなぎ」は世代を超えたアーティストのつながりにも結実している。 崎山蒼志は「」を歌い、高野寛は代表曲「」を歌った。 そして高野寛が指名したSASUKEは作ったばかりの新曲を披露。 10代から50代、そして10代という音楽のバトンがわたっている。 他にもアイナ・ジ・エンドは「グランジ遠山さんとあやぺたちゃんから回ってきました」と、清竜人の「ヘルプミーヘルプミーヘルプミー」を弾き語りでカバー。 高橋優は「」を。 のGENは、ELLEGARDEN「Make A Wish」をカバー。 片平里菜は、「満月の夜空に旅立った愛犬への子守唄」を。 佐藤千亜妃は、未発表曲の「橙ラプソディー」を。 秋山黄色は「」を。 Vaundyは未発表曲の「極楽浄土」を。 そして、Official髭男dismの藤原聡は、新曲の「」をピアノ弾き語りで披露している。 他にも本当に沢山のミュージシャンが「 うたつなぎ」のハッシュタグで楽曲を投稿している。 興味ある方は検索してみてほしい。 そして気になった楽曲やアーティストを見つけた方は、SNS上だけでなく、Apple MusicやLINE MUSICやSpotifyなどのストリーミングサービスで楽曲を再生してほしい。 よければCDを買ってみてほしい。 感染拡大で当面のイベントが自粛となりミュージシャンが大きな打撃を受けている今。 「 うたつなぎ」の企画は、その一つのきっかけにもなるだろう。 過去にはALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知向上を目指して著名人が次々と氷水をかぶった動画を公開を投稿した「アイスバケツチャレンジ」の例もあった。 今回の感染拡大でも、お笑い芸人たちが「 ギャグつなぎ」として同様の企画を展開している。 しかし、やはりこれだけ沢山のアーティストたちが歌っている理由は、きっと「歌そのもの」が持つ根源的なパワーのようなものがあるのだと思う。 音楽とはコミュニケーションそのものだ。 だから、「外出自粛を余儀なくされている人々を楽しませたり、心を安らかに過ごせるようになにかできることをしたい」や「苦しい日々を送らざるを得ない人々を癒やしたい、勇気づけたい」という気持ちを持ったミュージシャンにとっては、参加することのモチベーションはとても大きかったのではないだろうか。 そして、結局のところ「何かのため」とか、そういった大義名分ではなく、ただただ「歌いたい」という各自の欲求がそこにあったのだとも思う。 「 うたつなぎ」だけでなく、アーティストたちの自発的な創作活動の輪は広がっている。 星野源がインスタグラムで発表した「うちで踊ろう」は、ミュージシャンから俳優やクリエイターまで様々なコラボレーションを巻き起こし、社会現象的な盛り上がりを見せた。 歌だけでなく「 ピアノつなぎ」のような演奏のリレー、アーティストが自宅で演奏した動画を投稿することによるオンラインセッションの試みも始まっている。 「STAY HOME」な日々のなか、新しい音楽文化の萌芽が見て取れる。

次の