エアコン 掃除 方法。 エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

【エアコン室内機水漏れ】ドレンパンのDIY分解掃除方法まとめ

エアコン 掃除 方法

エアコンの室外機を掃除すべき理由 室外機には定期的に掃除しなければならない理由がいくつかあります。 それが以下の3つです。 エアコン室外機を掃除しないでおくと電気代がかかる• エアコン室外機の掃除をしないと故障しやすくなる• エアコン室外機を掃除するとうるさい音を軽減できる それぞれの詳細について見ていきましょう。 エアコン室外機を掃除しないでおくと電気代がかかる 意外と知られていないことのひとつに、室外機の内部の汚れを放置すると電気代に影響するというものがあります。 室外機の汚れが溜まることで、熱交換がスムーズに行われなくなり、冷暖房効果が弱くなってしまうのです。 こうした状況は「エアコンを使用しているのに暖かくない(涼しくない)」と感じることにつながります。 その結果、設定温度をより高く(低く)することになり、電気代が上昇してしまうことになるのです。 設定温度ほど暖かくない(涼しくない)…と感じる場合は、もしかしたらエアコンの室外機の汚れが原因かもしれません。 エアコン室外機の掃除をしないと故障しやすくなる エアコンの室外機の汚れは故障の原因です。 とくに、室外機のフィンの汚れを放置すると、目詰まりを起こし、空気の移動を妨げてしまいます。 この状況は室外機に負担をかけ、故障しやすくなるのです。 また、室外機の故障だけではなく、屋内のエアコン室内機の故障原因にもなるので、汚れの放置は決して好ましくありません。 エアコンの室外機を掃除するとうるさい音を軽減できる エアコンを使用すると、室外機は「ブーン」といった独特の音をたてます。 室外機の性質上、これを改善することは難しいのですが、掃除することで運転時の音を軽減できることがあるのです。 そもそも、うるさいと感じるほどの運転音の場合、室外機内に汚れが溜まっているという可能性が高くなります。 仮に、汚れが原因で運転時の音が大きくなっている場合は、掃除することであっさりと問題を解消することができるかもしれません。 エアコン室外機の掃除の仕方4ステップ エアコン室外機の掃除はどのように行えば良いのでしょうか。 まずは、以下の4つのステップについてご覧ください。 室外機の外側の汚れを取り除く• エアコン室外機の「金属板」を掃除する• 室外機の水抜き穴の汚れをかき出す• 室外機周辺を片づけて空気の通りを良くする それぞれの詳細について見ていきましょう。 室外機の外側の汚れを取り除く まずは、室外機の外側の汚れを取り除いていきます。 室外機の外側は雨風で汚れやすく、とくに裏側は砂や泥がこびりついていることもあります。 外側の汚れが内部に影響することは少ないものの、万が一のトラブルを避けるためにもしっかりと汚れを除去しておきましょう。 また、汚れた室外機は見栄えも良くありません。 室外機本来の白い色が現れるよう、濡れた雑巾で汚れをしっかりと拭き取りましょう。 エアコン室外機の「金属板」を掃除する エアコン室外機の「金属板」の掃除は、最も重要なポイントです。 金属板とはいわゆる「フィン」のことで、熱交換を行う部分。 ここは、目詰まりを起こしやすいのが特徴です。 金属板の汚れは冷暖房の効果を下げ、電気代の上昇につながるので、しっかりと掃除しなければなりません。 ちなみに、掃除方法はとてもシンプルで、「使い古しの歯ブラシで汚れをかき出す」だけです。 たったこれだけで、溜まっている汚れを綺麗に取り除くことができます。 ただし、金属板は非常にデリケートですので、強い力で行わないことが大切です。 力を入れて掃除をすると、金属板が歪んでしまい、故障の原因となってしまうことがあります。 ブラシの毛先で汚れをかき出すイメージで掃除を進めましょう。 室外機の水抜き穴の汚れをかき出す あまり知られていない部分である、室外機の水抜き穴。 場所は室外機の底で、結露した水分を外へと排出する役割があります。 まれに、汚れが溜まって穴が詰まることがあり、故障してしまうこともあるようです。 そのため、忘れずに掃除をしなければなりません。 細かい部分ですので、割りばしで汚れをかき出すようにして、水抜き穴の詰まりを防いでください。 室外機周辺を片づけて空気の通りを良くする 最後にぜひ意識してほしいのが「室外機周辺の整理」です。 室外機周辺が散らかっていると、空気の通りに影響を及ぼし、掃除をしたのに電気代が上昇してしまうことがあります。 室外機周辺の鉢植えや、放置された段ボール、不用品などが置かれていないかよくチェックしてみましょう。 もし該当するものがあれば、室外機の半径20~30cmより外に移動させて、空気の通りを邪魔しないようにすることが大切です。 エアコン室外機の掃除に適切な頻度とは エアコンの室外機の掃除は、電気代や故障リスクを考えると必要不可欠です。 とはいっても、こまめに掃除しなければならないという部分ではないので、掃除頻度に悩む方は少なくありません。 エアコンの室外機の掃除に適切な頻度は以下の3つを参考にしてみてください。 室外機の掃除は2年に1回が目安• エアコンの使用頻度が高ければ1年に1回は掃除をする• 掃除の時期は5月もしくは10月がおすすめ それぞれの詳細についてみていきましょう。 室外機の掃除は2年に1回が目安 状況や環境などによって異なるものの、室外機の掃除頻度の目安は2年に1回です。 頻繁にエアコンを使用するご家庭はもちろんのこと、あまり使用しない場合でも2年経てば汚れが溜まっていることがほとんど。 「2年に1回必ず掃除をする」と決めておけば、汚れが溜まりすぎない段階で掃除ができますし、故障リスクを下げることができます。 また、使用頻度に関わらず、2年に1回の掃除をルールにすれば、掃除忘れも防げるでしょう。 エアコンの使用頻度が高ければ1年に1回は掃除をする ご家庭によっては、エアコンの使用頻度が高い場合もあるでしょう。 一般的に、エアコンの使用率が高いのは夏と冬ですが、動物を飼っている場合など、ほぼ1年中エアコンを使用しているご家庭もあります。 こうした場合は、エアコンだけではなく室外機にも汚れが溜まりやすいので、1年に1回の掃除がおすすめです。 2年に1回ですと、金属板の目詰まりが深刻になっていることもあり、好ましい頻度とはいえません。 時期を決めて、毎年掃除することをルールにしてみてはいかがでしょうか。 室外機の掃除は5月もしくは10月に行う 室外機を掃除する時期は、5月もしくは10月がおすすめです。 エアコンのフル稼働時期といえるのは夏と冬。 これらの時期よりも前に掃除を済ませておくことで、電気代の上昇や異音などのトラブルを回避することができます。 具体的には夏前の5月と冬前の10月を目安に掃除を検討しましょう。 5月であれば、過ごしやすい気温ですので作業がしやすいのと同時に、梅雨入り前なので雨の中で作業しなければならない可能性が低くなるはずです。 また、10月は本格的な寒さの前。 このタイミングで掃除をしておけば、極寒の中で掃除作業に追われることがありません。 こうした理由から5月、10月が室外機の掃除としてはおすすめの時期なのです。 エアコン室外機の掃除は業者に依頼するのもおすすめ エアコンの室外機の掃除は、必ずしも自分でやらなければならない、ということはありません。 専門の業者に依頼して室外機を掃除してもらうこともできます。 エアコンの室外機は、知識のない素人では完璧に掃除をするのが難しいと感じられるでしょう。 また、多少は落とし残しが生じてしまうもの。 しかし、プロである専門業者は室外機を新品同様に仕上げてくれます。 「どうせ掃除をするのであればピカピカにしたい!」と考えている方にとって、業者への依頼はメリットが大きいといえるでしょう。 ちなみに、業者に室外機の掃除を依頼する場合の相場は、1万5,000円~2万5,000円です。 予算と照らし合わせ、金銭面において問題がなければ、業者への依頼を検討してみてください。 まとめ 今回はエアコンの室外機の掃除方法についてご紹介しました。 一般的には、エアコン室内機の掃除が重要視されますし、定期的な掃除もエアコン室内機のみとなることがほとんど。 室外機の汚れに目を向ける方は少ないものです。 しかし、室外機もエアコン同様に内部が汚れますし、場合によっては電気代の上昇や故障といったあらゆるトラブルに発展してしまいます。 これを機に、一度室外機の内部をチェックしてみましょう。 予想以上に汚れていれば早めに掃除をしておくことが大切です。 ぜひ、今回の記事を参考にしながら、正しい手順で、エアコン室外機の掃除を進めてください。

次の

エアコンがクサかったら5箇所掃除!自分でできるエアコン掃除方法 | みんなのハウスクリーニング

エアコン 掃除 方法

内部は綺麗にできない• 臭いが残る場合もある• 汚れがひどい場合は無意味• 故障リスクもゼロではない 初心者でも取り組みやすいエアコン洗浄スプレーを使った方法は下記ページで画像付きで手順を詳しくご紹介しています。 注意点もあるのでしっかり読んでから取り組んでみてください。 DIYが得意な人は洗剤と噴霧器で洗浄 こちらの方法はDIYが得意な人でゆっくり焦らずできる人にしかおすすめできない方法です。 正しい手順でやらなければエアコンを故障させてしまう可能性が高く、設置してあるエアコンメーカーによっても分解方法などが異なるので事前に下調べなどが必要になります。 丸1日掃除に費やす覚悟が必要です• 故障リスクが高い• 道具の準備で1万円程必要• 怪我をする可能性もある• 体力的にかなり疲れる 洗剤や噴霧器を使ったプロに近いエアコン洗浄の全手順は下記ページにて画像や動画を使って解説しています。 注意事項が多いのでしっかり読んでから取り組んでみてください。 エアコン掃除を自分でやる場合の注意点 エアコン掃除を自分でやる場合の注意点を数点まとめました。 安易な気持ちで自己流で行うとエアコンを壊してしまう可能性が高いので無理な方法で掃除をすることは避け、焦らずしっかり時間をかけてやることがエアコン掃除を成功させるコツです。 ちなみに私は急いでエアコン掃除をしていてルーバー 風向きを変える羽根 を折りました・・・。 安く綺麗に済ませるはずが、壊してしまっては時間もお金も無駄になってしまうので細心の注意をしながら取り組みましょう。 ケルヒャーなどの高圧洗浄機はNG 外部用の高圧洗浄機で有名なケルヒャーを使ってエアコン掃除をしようと考える人も多いのですが、ケルヒャーでは威力が強すぎてエアコンを壊してしまう可能性がとても高いです。 我が家もケルヒャーを持っていて、YouTubeでケルヒャーを使ってエアコン掃除をしている人を見たのでケルヒャーで掃除しようと考えましたが、プロの業者に相談したところ本気でおすすめできないと言われてやめました。 ケルヒャーで高圧洗浄しても壊れない可能性もありますが、高確率で壊れる可能性の方が高いとのことなのでやめておいたほうが安全だと思います。 スチームでのエアコン掃除は微妙 ケルヒャーをはじめとし、スチーム機能を備えた掃除機器でエアコン掃除をする場合には注意が必要です。 熱交換器 アルミフィン 部分はスチームで掃除しても問題ありませんが、エアコンカバーや内部の送風ファン部分はプラスチック製の素材でできているため高温のスチームで掃除してしまうと変形したり劣化してしまう可能性があります。 昔は内部の送風ファンが鉄やアルミ製で作られていたのでスチームで掃除することも可能でしたが、現在はプラスチック製のもので作られているのでスチームでのお掃除はおすすめできません。 初心者はエアコン分解を無理にしない エアコン掃除初心者の人はエアコンを分解しないことをおすすめします。 エアコンは慣れれば簡単に分解することができる家電ですが、初心者が分解すると高確率でどこかを壊してしまいます。 特にお掃除機能付きエアコンは配線などが複雑で、分解できても組み立てる時に繋ぐ配線を間違えてしまうだけで壊れてしまう可能性もあります。 初心者が自分でできるだけエアコンを綺麗にしたい場合には、分解はせず目に見えるところの掃除と棒状のお掃除道具を使って届くところまでを掃除するだけにしておいた方が壊してしまうリスクを少なくできます。 簡単に自分でするエアコン掃除と 業者のエアコンクリーニングを比較 実際に全て経験したことのある私が、それぞれの方法を色々な項目で比較して表を作ってみたのでご参考にどうぞ。 自分でできるように覚えれば長い目で見るとかなりの「節約」になりますが、故障させてしまうリスクも高いため、自分で掃除しないで業者に任せるという選択肢も大切だと思います。

次の

【2020年版:プロに聞く!】エアコン掃除って自力で出来るもの?プロの掃除方法を徹底解説

エアコン 掃除 方法

まずは エアコンの前面のカバーを開けます。 横にロック解除ボタンがある場合はそれを押しながら開けます。 いつもならこの状態で掃除機でホコリを吸っておしまいにすることも多いと思いますが、今回はきちんと フィルターを外していきましょう。 外す前に掃除機で ホコリを吸い取ってから外してくださいね。 でないとホコリが舞い散ってしまいます。 間近でよく見ると、掃除機で吸いきれない細かいホコリがたくさんついています。 これをお風呂場にそーっと持って行って シャワーで水をかけて落とします。 この時、必ず 最初は裏側から水をかけましょう。 水よりも ぬるま湯の方がベストです。 表側から水をかけると、目詰まりを起こして汚れが落ちにくくなってしまいますよ。 よくお手入れをされている場合は水だけで落ちると思いますが、落とし切れない時は洗剤とスポンジで洗いましょう。 洗剤は食器洗い用が良いですが、ない場合や面倒くさい時はボディーシャンプーやハンドソープなどでもOKです。 枠の部分の凹凸には古い歯ブラシや100均ブラシなどで、優しくゴシゴシしてください。 洗ったあとは軽く拭いてから、ベランダなどに置いて良く乾かします。 風の強い日は室内の窓際に置くと良いですよ。 充分に乾いたら、元通りに復旧しておしまいです。 自分でエアコンを綺麗にするのは 思ったよりも簡単にできます。 結構達成感もあって気持ち良いですよ。 まずはコンセントを抜きます。 コンセントがない場合はブレーカーを落としましょう。 それから、一応念のためエアコン下に液が垂れても大丈夫なようビニールシートを敷きます。 自分で前面カバーを外す能力のある人は、ねじ止めになっているので、ねじを外して前面カバーを外します。 そのままで外さずに行うことも可能です。 電装部分がむき出しになっている場合は、ここにサランラップやビニール袋とテープで養生をします。 フィン部分を掃除機で掃除します。 掃除機にブラシが付いている場合は使用しましょう。 ブラシがない場合は無理に掃除機で掃除しないほうが良いそうです。 アルミで比較的脆いので、無理な力を加えると簡単に曲がってしまいます。 ここが曲がっちゃうとエアコンの能力が落ちてしまうので、ご注意くださいね。 いよいよフィンの部分を洗浄。 吹きかけた洗浄液はドレーンを通して外に排出されるので安心してください。 フィンの向きに沿って、5cmくらい離れたところから丁寧にスプレーしていきます。 1回につき1本と目安が書いてある場合は、1本まるまる使い切って大丈夫です。 乾燥させている間に、次は エアコンファン、送風口のお掃除です。 エアコンファンのカビ取りを自分でやる方法。 エアコンファンのカビや汚れは1番匂いの原因となる場所。 ここを自分で掃除するには、事前準備が必要です。 フィン部分と違って、ここは洗浄液が外に排出されてくれません。 この部分専用の洗浄剤もあります。 先程のフィンの掃除に使用した洗浄剤が、2本1組で売られていることもあるので、その場合は余っているもう1本で代用できます。 さて、いよいよ下準備。 まずはゴミ袋を切り開いてエアコンの後ろ側を養生します。 先ほどフィンの掃除をした際に足元は既にビニールシートで養生してあります。 次に不要なタオルを1枚ずつ左右の手首の上あたりに巻いて、輪ゴムで留めます。 これをしとかないと洗浄液が腕を伝ってきちゃうので、結構重要ポイントです。 風向きを左右に変える羽の間から中を覗き込むと、結構カビが生えているかもしれません。 ここを目掛けて洗浄剤をスプレーします。 一通り吹きかけたら、歯ブラシの柄の部分で回転させ、またスプレー。 ぐるっと1回転するまで、これを繰り返して汚れを浮き上がらせます。 ファン専用の洗浄剤を使うと、こんな感じに泡で液垂れしにくくなります。 フィンで使用した洗浄剤を代用した場合は、こんなに泡はでません。 すみっこスポンジや歯ブラシ、綿棒を使って丁寧にこすってカビや汚れを落としていきます。 ぐるっと1周するにはかなり根気が要りますし、腕がつりそうになりますが、ガマン我慢。 終わったら手前の羽の部分も綺麗にします。 全て済んだら、残りの洗浄剤で綺麗に汚れを洗い流します。 途中で洗浄剤がなくなった場合は、霧吹きの水で洗い流します。 ウェス(ぼろ布)で拭き上げて、あとは乾燥するのを待ちます。 垂れてくる液がなくなったら、養生を外して全てを元通りにします。 電源を入れて、「送風」モードにして2時間くらい乾燥させれば完了です。 送風モードがない場合は下記(動画の次)をご参照ください。 『エアコンファン洗浄』 送風モードがないエアコンの場合 もしもお宅のエアコンに「送風」モードがなかった場合。 この場合は、 冷房の設定温度を室温より高く設定して運転してみてください。 送風モードは冷却フィンの熱交換器を使わない機能です。 冷房の設定温度が室温より高い場合、 自動的に送風機能に切り替わるはずです。 確認するには、室外機を見ると判ると思います。 室外機が回っていない状態であれば、送風モードです。 エアコンのカビを防ぐには? せっかく自分で綺麗にしたエアコンです。 日ごろから簡単にできることで、少しでも カビを防ぐ方法があったらいいなぁと思いませんか? 実はあるんです。 すごく簡単な方法が。 この5つが揃うと増殖するんです。 どれか1つ欠けても増殖はしません。 1つ1つみていきましょう。 冷房をかけると温度は下がりますが、冷房を切ったとたん、空気中の水分が冷えたエアコン内に結露します。 水(湿度)でカビ対策! 残るはカビの最大の原因ともいえる 「水(湿度)」。 しかし効果的な対処すれば、カビを防止できます。 その方法はこちら。 エアコン内を乾燥した状態を保つように、 冷房を切ったら1~2時間くらい「送風」にする。 エアコン(冷房)を使用していない季節でも、こまめに「送風」をかける。 これだけでカビの発生を驚くほど防げちゃうんですよ。 ぜひ試してくださいね。 ただ、カビは防げてもホコリは溜まるので、やっぱりお掃除は必要ではあります。 エアコン室外機の掃除方法は? 室外機は元来、屋外にあって汚れや雨にさらされるので、 多少のホコリや汚れは大丈夫なんです。 室外機の空気は部屋の中に入るわけではないので、風がよく通る状態であれば問題ありません。 でも、特にベランダなんかに置いて、側でお洗濯物をよく干されるお宅なんかは注意が必要かもしれませんね。 まずはエアコンのコンセントを抜いて、誤って室外機が作動しない状態にしてチェックしてみましょう。 裏側をチェック! まずは室外機を少しずらして、 裏側を覗いてみてください。 アルミのフィンが見えると思います。 ここに洗濯物のカスが詰まっていると、エアコンの効き目が悪くなります。 詰まっていた場合はブラシで優しくこすりながら掃除機でホコリを吸い取ります。 この部分はとても脆(もろ)いので優しく扱ってくださいね。 もし壁との余裕がなくて、室外機をずらせない場合はできる範囲でかまいません。 水を掛ける 掃除機とブラシだけで落ちない場合は、 上からなら水をかけても大丈夫です。 ただし雨程度の水です。 くれぐれも、高圧洗浄機などの強い圧力の水はかけないでくださいね。 古い室外機だと、アルミ部分が腐食して、白い粉が吹いた状態になっていると思いますが、これは手の施しようがありません。 機能的には問題がないものと思ってください。 前面をチェック! 次いで 表側のファン部分。 ここはガード(網)がかかっているので、できる範囲が限られてしまいます。 ここに葉っぱやツルが絡みついていなければ大丈夫。 室外機の前に物を置かずに、風がよく通る状態であれば問題ありません。 自分でお掃除するなんて無謀かと思うかもしれませんが、結構なんとかできるものです。 思った以上にすごい汚れが出るかもしれません。

次の