青島 ラーメン 新潟。 青島食堂 秋葉原店

【東京で味わう地方グルメ】新潟三大ラーメンの1つ「青島ラーメン」を堪能しよう!東京・秋葉原の「青島食堂」

青島 ラーメン 新潟

青島食堂 秋葉原店 新潟と言えば様々な食が有名で、特にラーメンは言わずもがなといったほど。 実はその 「青島食堂」の店舗が東京にもあるのです。 2009年、東京は秋葉原に、 「青島食堂 秋葉原店」が進出しました。 青い看板に 「青島ラーメン」の文字。 片方のシャッターが閉まったままもう片方のシャッターが開き、営業開始です。 席数はカウンターのみの9席。 営業時間は11:00〜18:00という夕方までの営業で、常に行列が絶えず、スープ切れで早仕舞いといったことも珍しくありません。 タッチパネル式の券売機が 「青島食堂」の特徴でもあります。 具には、ほうれん草、メンマ、ナルト、海苔。 そして、大判と小さい細切れが混ざったチャーシュー。 スープはオイリーでアツアツ。 キレのある醤油ダレが前に出ており、その中で動物系のダシと脂がまろやかなコクをうまく引き出しているバランスの良い仕上がりです。 大釜で茹で、平ざるで巧みに上げた麺は自家製のもの。 多加水で柔めの麺にスープが染み込んで、スープとの相性を感じながらモチっとした食感が絶妙な具合に一口一口へと箸を進ませます。 チャーシューは固めでジューシー。 大きいものから小さい細切れのものまで入っており、微妙な食感の違いも楽しめます。 それを東京で味わえるというのは、なんとも贅沢であるように感じますね。 東京ラーメンに負けず東京でも愛され、行列の絶えないこちらの味から、新潟のラーメンのレベルの高さを実感できる貴重なお店でしょう。 青島食堂 メニュー ラーメン 青島ラーメン:800円 青島チャーシュー :900円 青島ラーメン大盛り :850円 青島チャーシュー大盛り :950円 トッピング 自家製 チャーシュー :50円 自家製 チャーシュー(さらに増量):100円 自家製 麺 :50円 自家製 麺(さらに増量):100円 6つ切海苔(5枚):50円 茹ホウレン草 :50円 茹ホウレン草(さらに増量):100円 自家製メンマ :50円 自家製メンマ(さらに増量) :100円 薬味刻みねぎ :50円 店舗情報 住所 東京都千代田区神田佐久間町3-20-1 大杉ビル1F 交通手段 JR 秋葉原駅【昭和通り口】 徒歩6分 東京メトロ日比谷線 秋葉原駅【4番出口】徒歩5分 都営新宿線 岩本町駅【A4出口】徒歩7分 営業時間 11:00~18:00(スープ切れ終了有り) 定休日 火曜日.

次の

【青島食堂 曲新町店】柏崎・寺泊・長岡・魚沼(湯之谷)・ラーメン

青島 ラーメン 新潟

宮内駅の目の前にある青島食堂 新潟県長岡市にある青島食堂 宮内駅前店に行ってまいりました。 店名の通りJR宮内駅の目の前にあります。 お店の前には灰皿が置いてありました。 少し離れた場所に専用駐車場もあります。 お店の入口の前に券売機がありました。 メニュー メニューは青島ラーメンと青島チャーシューのみ。 双方とも大盛りが可能です。 飲み物はビールに日本酒。 麺や自家製チャーシュー、茹ほうれん草、自家製メンマ、刻みネギ、のりもそれぞれ増しにすることができます。 今回は青島ラーメン(750円)の食券を購入。 店内 店内は厨房を囲むように並ぶカウンター席のみ。 卓上にはコショウや唐辛子などの調味料が用意してあります。 青島ラーメン こちらが青島ラーメン。 トッピングはチャーシューにメンマ、なると、茹でほうれん草、海苔、ネギとなってます。 すっきり系の味わいなのにこってりっぽさが感じられるスープ。 香ばしさとともに醤油ダレやショウガの旨みがじんわりと広がってきます。 ショウガの風味は麺をススるときに特に際立つ。 チャーシューからも旨みがしみ出ているようです。 まろやかでコクもあるスープでした。 麺は中太のややちぢれ。 茹で上がりは普通からやや硬めでしょうか。 プリッとした食感でススりやすいです。 歯切れもよく喉越しもいい麺でした。 少しスープの色に染まったなると。 チャーシューは細切れでかめばかむほど味わいが増してきます。 柔らかくてクセもないので食べやすい。 脂身からは濃厚な甘みが楽しめました。 青島食堂 曲新町店 青島食堂 宮内駅前店から歩いて5,6分くらいのところにはがあります。 そしてその向かいには製麺部。 長岡系ラーメンといえばまず名前があがる青島食堂。 お腹に余裕があれば自家製チャーシューがたっぷり入った青島チャーシューが食べたかったです。

次の

秋葉原『青島食堂 秋葉原店』東京で味わえる!新潟長岡生姜醤油ラーメン

青島 ラーメン 新潟

全国にも広い知名度を誇る様になった「長岡生姜醤油系ラーメン」 今回はその元祖のお店をご紹介したいと思います。 青島食堂 歴史が古い宮内駅前店が有名ですが、今回は本部がある曙店をピックアップ致しました。 店内 青島食堂といえば、こちらの一杯です。 青島ラーメン 濃い醤油味のスープは、生姜が鮮烈に香ります。 スープ・油の動物系に深みある醤油風味と旨味が加わり、絶妙な味わいを醸し出します。 麺は自家製の中太麺です。 ツルツルモッチモチの食感の麺は、生姜醤油スープにピッタリと合います。 常備されたブラックペッパー、ホワイトペッパー 深みある醤油スープと胡椒の相性は抜群です。 唯一無二の存在ともいえる青島食堂の生姜醤油ラーメンの美味しさの片鱗にせまってみました。 味のベースとなるのは動物系清湯スープです。 豚のゲンコツ、背骨、背脂、鶏脂、生姜やネギ、玉ねぎ等の各種香味野菜をじっくりと煮込みます。 深みある醤油風味を演出する特製の醤油ダレ チャーシューを煮た醤油を調整し醤油ダレとして使用しています。 チャーシュー用の豚肉から出汁が出る事で、醤油に肉の旨味が加わります。 麺は自家製麺を使用しています。 提供時は大きな釜を用い、麺を茹でます。 たっぷりのお湯で茹でる麺 醤油ダレを入れた丼に、スープを注ぎます。 丼に浮く油は、寸胴から上がる動物系脂を使用しています。 湯切りには平ざるを用います。 味がたっぷりと染み込んだチャーシューがたっぷりとのった青島チャーシューもお勧めです! 豚のウデ肉を用いたチャーシューは、醤油ダレの旨味と弾力ある食感が絶妙です。 トッピングのホウレン草も人気です! 長岡市の歴史ある一杯「長岡生姜醤油ラーメン」 深みある醤油ダレと生姜風味が前面に出た一杯を食べたくなったら「青島食堂」まで!! 当サイト紹介ページ (掲載日付 2018年5月4日).

次の