テセウスの船 2話 ネタバレ。 『テセウスの船』第2話のあらすじ・ネタバレ・見逃し動画

テセウスの船(ドラマ)第2話あらすじネタバレ!翼は犯人なのか?

テセウスの船 2話 ネタバレ

テセウスの船とはどんなドラマ? 原作が東元俊哉「テセウスの船」で今回脚本を行ったのが高橋麻紀さんになります。 田村心役の竹内涼真さんがTBS日曜劇場では初主演に挑みます。 テセウスの船とは?「泣ける本格ミステリー」となっております。 舞台は平成元年である連続毒殺事件は発生する。 犯人は心の実の父親に!?そして心は事件直前にタイムスリップする内容となっております。 どうにか父親の罪を避けたい心の行動を映した物語です。 事件をきっかけに家族が崩壊してしまった家族をどうにか取り戻したいという思いの中、真犯人を見つける事が心は出来るのか? 時代を越えて父と子の絆の深さを知れる感動のストーリーとなっています。 これは涙しますね・・・ 是非、途中からでも分かりやすい内容となっておりますので最後まで見て頂けますと幸いです。 では第6話のあらすじをおさらいしましょう。 ご覧になった方は確認でまだご覧になってない方はネタバレになってしまいます。 その点ご了承下さい。 第6話あらすじおさらい 田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。 姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。 そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。 木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。 しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。 そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。 引用元 第6話放送ネタバレ 真犯人を探していた心は病院に入院している木村さつきの元へ行くが毒殺されていた。 近くにはオレンジジュースが置いてありました。 音臼小の21人殺害真犯人ではないという事が判明しました。 そして、心の元へ不気味な絵が描かれた郵便物が届きます。 その絵とは21人が殺害されている絵であった。 その後、心とみきおはさつきの部屋へ。 音臼小の犯人は佐野文吾ではなく、母が犯人だったじゃないかと思うとみきおが言うと心は犯人は突き止めるという。 そして心は真犯人の特徴が小太り眼鏡という情報から真犯人を探すも田中正志が自宅で毒殺されており、その場を警察に取り押さえられ連行されてしまいます。 田中正志役のせいやが死亡しました。 それは音臼小の慰霊碑の前で心が目から血を流している不気味な絵だった。 心は3月8日に一人で慰霊碑の前に行く。 なんとそこに現れたのはみきおだった。 車椅子姿のみきおが歩いているではないですか? つまりはこういうことでしょ。 「あなたの番です。」 — がうちゃん 611BLUELOVE ナイフを持って心に襲うも心は予め警察を呼んでおり心は殺されません。 しかも二人の会話を録音レコーダーで録音していた心。 そのごみきおが立ち去ろうとすると心が過去に戻ってしまいます。 過去に戻った心は病室のベットでした。 1989年3月10日、事件の2日前でした。 オレンジジュースが目の前に置いてあります。 そして第7話に続きます。 第7話予告動画 第7話ポイント 1. みきおを捕まえる事が出来るのか? 2. 黒幕は?一体? 3. みきおが録音レコーダーを持っている 以上が第7話の見所、ポイントになります。 過去に戻ってしまったみきおは録音レコーダーをどのように利用するのか?そして黒幕は?など第7話ではクライマックスに向けての進展がありそうですね? ではまずは第7話のあらすじを見ていきましょう。 第7話あらすじ 第7話あらすじ 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 父親の証言になります。 木村さつき(養子の母)もみきおが殺したそうです。 そして加藤みきお(小学生)が失踪した!? おばあちゃんが亡くなったので急に引っ越しをしたそうです。 引っ越し先は言わなかったそうです。 そして施設へ行ったという情報があるもみきおの場所は不明との事。 お楽しみ会は参加すると生徒達言っていなくなる。 生徒のみんなには 凄いお土産を持って来ると伝えていたらしいです。 青酸カリでは? その後、心と父親(警察)でみきおを見つけに行く。 みきおの部屋に行くと子供の部屋とは思えない物が・・・試験管や人体模型が・・・ すると心へのみきおからのメッセージが バレちゃったみたいですね。 でもこれで、もっとワクワクしてお楽しみ方が待ちきれない!心先生、僕を捕まえられるかな? という内容で心への挑戦的なメッセージが! 事件までは残り2日、みきおは一体どこに? その後二人はさつき先生の元へ。 トイレを借りる理由でみきおが居ないか家の中を訪ねてみたがいませんでした。 そして二人は家へ戻る事に。 鈴(心の実の姉)とみきおは学校帰りに会ったらしく、実のお母さんのお腹の中にいる子供(心)の名前をみきおに聞かれ心と名前を付けると言うとみきおは「それ最高」と言ったそうです。 そして父親と心が実の母親の事件後の事を話すと一家心中をと伝えると・・・父親は「災厄の未来だぁ」とつぶやく。 その後、父親はお楽しみ会を中止する説得をする。 お楽しみ会の食べ物に毒を入れるという脅迫状がと伝えても根拠がなく断られてしまい中止にならず・・・ みきおは田中のおじいちゃんの家におり、田中のおじいちゃんに薬をあげる際に水に青酸カリを混入する。 学校で買っていたうさぎが死んだのもみきおが毒を飲ませたと発言する。 次の朝にみきお本人から田中のじいちゃんの様子がおかしいと電話があります。 向かうと田中のおじいちゃんは既に・・・ そしてみきおからまたメッセージが 「さよなら、おじいちゃん。 さよなら、心先生」 心はみきおからのメッセージが今まで不気味な絵だったのにワープロで打ったメッセージになっている事に気づき・・・実の母親を狙っている事に気づく。 みきおは心を殺す為に実の母親の元へ。 みきおが作ったスープを味見してほしいと・・・ しかし、このタイミングで鈴(兄弟)が帰宅したようでやっぱりいいと言ってみきおは帰っていった。 スープを飲む事がなかったので助かりました。 この間に心は実の母親の元へ。 無事を確認します。 みきおはまた隠れています。 心と父親でみきお探しは続きます。 みきおを見つける事は出来るのか? 後半部分ネタバレ いくら探してもみきおの姿は見つからず、母親に本当の事を話そうと父親と心で話合う。 そして佐野家で心と一家が食事を囲む。 そこで父親は妻と子供二人に村を出るよう説得を始める。 お楽しみ会も出なくていいと言うと子供達も反発します。 心が仲裁に入り、「せっかくいい家族なんだから」と言います。 当たり前の事じゃない、家族が笑っていられるって凄く幸せな事と続きます。 このシーンがかなり泣けました。 改めて父親が家族に説得をします。 母親と子供達は納得します。 島を出る事になります。 そして心が提案をします。 お楽しみ会に村を出る事が決まり参加できなくなったから佐野家だけでやろうと言うとやる事になりました。 内容はプロレスとやったり、睨めっこ大会をしたり、食事をしたり、30年後のタイムカプセルを庭に埋めたりと家族の団らんする姿となりました。 タイムカプセルの中身は父親が30年後へのメッセージ?、心は由紀との指輪とメッセージ(家系図)、母親はカメラ(思い出)、子供達は作文などを入れました。 みんなの未来が明るい未来でありますようにと願います。 次の日に母親と子供達は村を出ます。 父親は「大好きだぁー」と言って見送ります。 そして事件当日の学校へ2人へ向かいます。 学校には子供達が集まります。 すると、校内放送でみきおが放送をします。 そこにはみきおが・・・笑みを浮かべます。 ここで第7話は終了となりました。 次回予告は下記にあります。 みんなの感想 毒仕込んでから、放送室におびき寄せるんだよな?わかる。 そここそ、2手に別れてどっちか鍋ひっくり返しに行こうぜ。 — さあや li2sLeu7dSVEJyt 楽しみにしていた学校でのお楽しみ会に行けないからと落ち込む子ども達に 「佐野家だけのお楽しみ会をしよう!」 と提案する心さんに あぁ、やっぱり先生だなぁ。 って— おるか〜• とにかくが気になりますね? 予告だと黒幕の存在が明らかに?なりそうな予感でした。 第8話あらすじ 第7話が終了すると残り3話になります。 ここからは結末に向かいます。 楽しみ過ぎます。 犯人はみきおだと言う事が分かりましたが・・・過去に戻ってしまった為、どのような展開になるのか? 第8話あらすじ 大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の事件を迎えてしまう。

次の

テセウスの船ドラマ第2話あらすじ!田中家の火事と鈴の行方は?

テセウスの船 2話 ネタバレ

テセウスの船とはどんなドラマ? 原作が東元俊哉「テセウスの船」で今回脚本を行ったのが高橋麻紀さんになります。 田村心役の竹内涼真さんがTBS日曜劇場では初主演に挑みます。 テセウスの船とは?「泣ける本格ミステリー」となっております。 舞台は平成元年である連続毒殺事件は発生する。 犯人は心の実の父親に!?そして心は事件直前にタイムスリップする内容となっております。 どうにか父親の罪を避けたい心の行動を映した物語です。 事件をきっかけに家族が崩壊してしまった家族をどうにか取り戻したいという思いの中、真犯人を見つける事が心は出来るのか? 時代を越えて父と子の絆の深さを知れる感動のストーリーとなっています。 これは涙しますね・・・ 是非、途中からでも分かりやすい内容となっておりますので最後まで見て頂けますと幸いです。 では第6話のあらすじをおさらいしましょう。 ご覧になった方は確認でまだご覧になってない方はネタバレになってしまいます。 その点ご了承下さい。 第6話あらすじおさらい 田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。 姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。 そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。 木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。 しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。 そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。 引用元 第6話放送ネタバレ 真犯人を探していた心は病院に入院している木村さつきの元へ行くが毒殺されていた。 近くにはオレンジジュースが置いてありました。 音臼小の21人殺害真犯人ではないという事が判明しました。 そして、心の元へ不気味な絵が描かれた郵便物が届きます。 その絵とは21人が殺害されている絵であった。 その後、心とみきおはさつきの部屋へ。 音臼小の犯人は佐野文吾ではなく、母が犯人だったじゃないかと思うとみきおが言うと心は犯人は突き止めるという。 そして心は真犯人の特徴が小太り眼鏡という情報から真犯人を探すも田中正志が自宅で毒殺されており、その場を警察に取り押さえられ連行されてしまいます。 田中正志役のせいやが死亡しました。 それは音臼小の慰霊碑の前で心が目から血を流している不気味な絵だった。 心は3月8日に一人で慰霊碑の前に行く。 なんとそこに現れたのはみきおだった。 車椅子姿のみきおが歩いているではないですか? つまりはこういうことでしょ。 「あなたの番です。」 — がうちゃん 611BLUELOVE ナイフを持って心に襲うも心は予め警察を呼んでおり心は殺されません。 しかも二人の会話を録音レコーダーで録音していた心。 そのごみきおが立ち去ろうとすると心が過去に戻ってしまいます。 過去に戻った心は病室のベットでした。 1989年3月10日、事件の2日前でした。 オレンジジュースが目の前に置いてあります。 そして第7話に続きます。 第7話予告動画 第7話ポイント 1. みきおを捕まえる事が出来るのか? 2. 黒幕は?一体? 3. みきおが録音レコーダーを持っている 以上が第7話の見所、ポイントになります。 過去に戻ってしまったみきおは録音レコーダーをどのように利用するのか?そして黒幕は?など第7話ではクライマックスに向けての進展がありそうですね? ではまずは第7話のあらすじを見ていきましょう。 第7話あらすじ 第7話あらすじ 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 父親の証言になります。 木村さつき(養子の母)もみきおが殺したそうです。 そして加藤みきお(小学生)が失踪した!? おばあちゃんが亡くなったので急に引っ越しをしたそうです。 引っ越し先は言わなかったそうです。 そして施設へ行ったという情報があるもみきおの場所は不明との事。 お楽しみ会は参加すると生徒達言っていなくなる。 生徒のみんなには 凄いお土産を持って来ると伝えていたらしいです。 青酸カリでは? その後、心と父親(警察)でみきおを見つけに行く。 みきおの部屋に行くと子供の部屋とは思えない物が・・・試験管や人体模型が・・・ すると心へのみきおからのメッセージが バレちゃったみたいですね。 でもこれで、もっとワクワクしてお楽しみ方が待ちきれない!心先生、僕を捕まえられるかな? という内容で心への挑戦的なメッセージが! 事件までは残り2日、みきおは一体どこに? その後二人はさつき先生の元へ。 トイレを借りる理由でみきおが居ないか家の中を訪ねてみたがいませんでした。 そして二人は家へ戻る事に。 鈴(心の実の姉)とみきおは学校帰りに会ったらしく、実のお母さんのお腹の中にいる子供(心)の名前をみきおに聞かれ心と名前を付けると言うとみきおは「それ最高」と言ったそうです。 そして父親と心が実の母親の事件後の事を話すと一家心中をと伝えると・・・父親は「災厄の未来だぁ」とつぶやく。 その後、父親はお楽しみ会を中止する説得をする。 お楽しみ会の食べ物に毒を入れるという脅迫状がと伝えても根拠がなく断られてしまい中止にならず・・・ みきおは田中のおじいちゃんの家におり、田中のおじいちゃんに薬をあげる際に水に青酸カリを混入する。 学校で買っていたうさぎが死んだのもみきおが毒を飲ませたと発言する。 次の朝にみきお本人から田中のじいちゃんの様子がおかしいと電話があります。 向かうと田中のおじいちゃんは既に・・・ そしてみきおからまたメッセージが 「さよなら、おじいちゃん。 さよなら、心先生」 心はみきおからのメッセージが今まで不気味な絵だったのにワープロで打ったメッセージになっている事に気づき・・・実の母親を狙っている事に気づく。 みきおは心を殺す為に実の母親の元へ。 みきおが作ったスープを味見してほしいと・・・ しかし、このタイミングで鈴(兄弟)が帰宅したようでやっぱりいいと言ってみきおは帰っていった。 スープを飲む事がなかったので助かりました。 この間に心は実の母親の元へ。 無事を確認します。 みきおはまた隠れています。 心と父親でみきお探しは続きます。 みきおを見つける事は出来るのか? 後半部分ネタバレ いくら探してもみきおの姿は見つからず、母親に本当の事を話そうと父親と心で話合う。 そして佐野家で心と一家が食事を囲む。 そこで父親は妻と子供二人に村を出るよう説得を始める。 お楽しみ会も出なくていいと言うと子供達も反発します。 心が仲裁に入り、「せっかくいい家族なんだから」と言います。 当たり前の事じゃない、家族が笑っていられるって凄く幸せな事と続きます。 このシーンがかなり泣けました。 改めて父親が家族に説得をします。 母親と子供達は納得します。 島を出る事になります。 そして心が提案をします。 お楽しみ会に村を出る事が決まり参加できなくなったから佐野家だけでやろうと言うとやる事になりました。 内容はプロレスとやったり、睨めっこ大会をしたり、食事をしたり、30年後のタイムカプセルを庭に埋めたりと家族の団らんする姿となりました。 タイムカプセルの中身は父親が30年後へのメッセージ?、心は由紀との指輪とメッセージ(家系図)、母親はカメラ(思い出)、子供達は作文などを入れました。 みんなの未来が明るい未来でありますようにと願います。 次の日に母親と子供達は村を出ます。 父親は「大好きだぁー」と言って見送ります。 そして事件当日の学校へ2人へ向かいます。 学校には子供達が集まります。 すると、校内放送でみきおが放送をします。 そこにはみきおが・・・笑みを浮かべます。 ここで第7話は終了となりました。 次回予告は下記にあります。 みんなの感想 毒仕込んでから、放送室におびき寄せるんだよな?わかる。 そここそ、2手に別れてどっちか鍋ひっくり返しに行こうぜ。 — さあや li2sLeu7dSVEJyt 楽しみにしていた学校でのお楽しみ会に行けないからと落ち込む子ども達に 「佐野家だけのお楽しみ会をしよう!」 と提案する心さんに あぁ、やっぱり先生だなぁ。 って— おるか〜• とにかくが気になりますね? 予告だと黒幕の存在が明らかに?なりそうな予感でした。 第8話あらすじ 第7話が終了すると残り3話になります。 ここからは結末に向かいます。 楽しみ過ぎます。 犯人はみきおだと言う事が分かりましたが・・・過去に戻ってしまった為、どのような展開になるのか? 第8話あらすじ 大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の事件を迎えてしまう。

次の

テセウスの船(ドラマ)第1話の無料動画・見逃し配信は?ネタバレ・感想も調査!

テセウスの船 2話 ネタバレ

Contents• tbs. 突然罪を認める文吾 いよいよ明日は『テセウスの船』最終回。 過去は変えられるのか、未来は良い方向に変わるのか。 今までで一番のジェットコースター回となっております。 心の準備をして、楽しみに待っていてくださいね。 佐野家の未来、見届けてください。 テセウスッ! — 鈴木亮平 ryoheiheisuzuki 家から青酸カリも見つかってしまい、再び逮捕された文吾。 馬淵の取調べを受ける文吾は、これまでの事件の全てに対して容疑がかけられてしまいます。 自分が監禁された小屋を調べれば、みきおの共犯者の手がかりが見つかるはずだと主張しますが、小屋には監禁された痕跡すら見つからなかったと言われます。 みきおの意識が戻ったことを聞いた心は、病院に向かいます。 共犯者を聞き出すために病室に入ろうとする心でしたが、さつきが現れてみきおが記憶を失ったと言い心を阻むのでした。 留置されていた 文吾に「サラダ記念日」の本が差し入れられます。 早速中を見て、動揺する文吾。 翌日、心と和子は面会のため文吾の元に。 共犯者を探すからと安心させようとする心でしたが 「みきおの共犯者は俺だ」と言い、家族の縁を切るとまで言い出します。 家に帰ると、記者たちが待ち構えていました。 和子の姿を見て取り囲む記者たちでしたが、徳本と井沢が現れて殺虫剤で記者たちを追い払ってくれます。 翌日、和子の制止を聞かず学校に行く鈴と慎吾でしたが、二人とも担任に送られて帰ってきます。 慎吾が友達と揉め、止めに入った鈴もケガをしてしまったのでした。 二人の姿を見て実家に帰ることを決めた和子でしたが、鈴は「逃げたくない」と言い、文吾を信じると断言します。 作戦変更? みきおが想像以上にドルオタ脳だった — はちみつ uiba3 心はタイムカプセルに埋めた文吾の封筒に何か書いてあったかもしれないと言い、みんなで掘り起こして見ます。 中には、30年後の家族に向けた優しい言葉が書かれていました。 文吾の思いを感じ、家で文吾の帰りを待ちたいと言う鈴たちの思いに応える和子でした。 再びみきおに会いに行った心は、みきおが居なくなったと騒ぐさつきの姿を見ます。 隙を見て病室を探りベッドの下に紙を見つけ、学校に急ぐ心。 教室に入るとみきおの姿があり、共犯者が誰なのかを問い詰めます。 はぐらかしながら「ヒーローになりたかっただけなのに」と言い、自分が転校してきた頃にイジメられていたことを話し出します。 そんな自分を鈴だけが助けてくれたと話し、 鈴のヒーローである文吾が邪魔だった のだと言うみきお。 悪びれずに、明音や田中義男を殺したことを話したみきおでしたが、作戦変更したと言い出します。 ポケットからボイスレコーダーを出して机に置き、さらにビンを取り出したかと思うと「ジ・エンドーーー!」と叫び中身を飲み倒れるみきお。 みきおは救急搬送され、馬淵たちの前でボイスレコーダーに残されたみきおの声を聞かせる心。 みきおの自白により、文吾は釈放されます。 毒きのこを誤って入れたのは正志の母だった 家に帰った文吾は、和子たちに謝り倒します。 差し入れの本の文字に赤い丸が付けられていて「罪を認めなければ家族は皆殺し」というメッセージがあったことを告白する文吾。 改めて共犯者を考える心たちでしたが、文吾が12年前の音臼村祭のことを思い出します。 徳本の母親が亡くなった事件を事故として処理しようとした文吾。 ですが正志の父親の義男からキッチリ調べるように言われた文吾が調べると、 義男の妻が誤って毒きのこを入れてしまった ことが判明。 その後、 義男は県警に掛け合って事件をもみ消そうとしたと言います。 翌日、さらに祭りの日のことを思い出した文吾。 石坂校長の息子の徹が里帰りしていて、ケンカに巻き込まれて軽傷を負ったのでした。 関係は薄いと思いながらも、石坂を訪ねに行く心と文吾。 その頃石坂は、さつきと一緒にみきおの病室に付き添っていました。 さつきが高校生の時に妊娠してしまい、石坂はさつきに中絶するよう説得したことを思い出しながら話します。 校長室を訪ねた心たちでしたが姿は無く、鉛筆で塗りつぶされた絵が何枚も置かれていました。 光にかざして見ると、そこには親子の絵が。 心の覚悟 文吾と別れて先に家に帰った心は、玄関先に 文吾宛ての封筒を見つけます。 中を確認して驚きますが、文吾が帰ってくるとそれを隠す心。 その中には、 和子と鈴と慎吾が殺されたという記事が貼られていて、その下に「皆殺しが嫌なら1人で来い」と書かれていて、音臼神社と明朝8時の文字も。 翌朝、文吾に心の置手紙を見せる和子。 そこには「お世話になりました」と書かれていました。 そこに、音臼岳の周辺で男性が倒れているとの無線連絡が入ります。 心かもしれないと考えた文吾は、急いで向かうのでした。 文吾と入れ替わりに石坂校長が訪ねてきて、自分と息子との確執を話し出します。 10年以上音沙汰がなかった石坂でしたが、最近になって子供が生まれたと連絡がきたのでした。 心と文吾の親子のような姿に感化され、孫に渡そうと絵を描いて持って行き、和解できたのだと告白するのでした。 その頃、音臼神社で覚悟を決めていた心でしたが、 心を探しに行った文吾の背後から人が近づき、刺されてしまいます。 心の死、そして未来 竹内涼真、絶対一回死んだことあるでしょってぐらい死ぬ演技うまかったな — ここ komamamamamamam 心配になった心が和子から音臼岳に向かったことを聞かされた心は、急いで文吾の元へ。 刺された文吾が振り返ると、そこには ナイフを持った正志の姿 がありました。 理由を聞く文吾に、 点数稼ぎのために母親が逮捕され、その後義男にも捨てられたことを話します。 母親は自分と妹のために苦労して体を壊し、亡くなってしまったのでした。 その後、妹も加害者の家族ということがつきまとい、結局自殺してしまったと言う正志。 みきおとは単に目的が同じだったから協力させただけだと言い、再び文吾に襲いかかります。 心のことは既に殺したと言う正志の言葉を聞き、カッとなってナイフを奪い正志を手に掛けようとする文吾。 ですが、自分のために必死になってくれた心を裏切ることはできないと、思いとどまります。 そこに心が駆けつけますが、文吾を殺人犯にするためにナイフを自分に刺させようとする正志。 止めようとして揉み合いになる中、 心が刺されてしまいます。 抱きかかえながら「お前は俺の息子だ」と言い泣き叫ぶ文吾でしたが、力尽きてしまうのでした。 30年後、手をつないで歩く心と由紀。 途中、カフェの前を通りますが、その中ではみきおとさつきが楽しそうに店を切り盛りしていました。 二人が向かった先には、文吾と和子、鈴と慎吾の姿がありました。 由紀の様子を見て妊娠に気づいた和子たちは、喜びます。 女の子だとも聞かされ、文吾は名前を決めさせて欲しいと提案。 「 未来と書いて『みく』」と言うと、自分の考えていた名前と同じだと驚く心たち。 みんなで乾杯する中、ポケットから 心がタイムカプセルに埋めた結婚指輪を取り出し、微笑む文吾でした。 テセウスの船10話の感想と考察 最終回の10話でも、シッカリと泣かせてもらいました。 みきおの共犯者で黒幕は、正志でしたね。 想定内ではあるものの、動機に無理やり感は少し感じてしまいました。 ただ、どの時間軸でも正志の父親の義男は亡くなる運命でしたよね。 そのことから、義男に何らかの関わりがあるというのは気になっていましたが、何だかストレート過ぎて…。 ひねって考えすぎてしまった人も多かったのだと思います。 最終回になっても、石坂の息子との確執やさつきの過去の中絶などの伏線が小出しにされて、ミスリードしようとしていましたしね。 みきおのラストの演技も、見ごたえありましたね。 最後までサイコちっくな面と、鈴のヒーローになりたいという子どもらしい感情のギャップを、自然に演じてくれました。 さすがに青酸カリを飲むとは思いませんでしたが、みきおなりの鈴への愛情の示し方だったのでしょうか。 文吾の無実を信じる鈴と慎吾、なんていい子たちなんでしょう! あれにはうるうるした人も多いはず! 結局心は刺されて死んでしまいますが、30年後の佐野家の集いを見た時はホッとしましたよね。 もちろん、文吾のために奔走した田村心は消えてしまい、複雑な気持ちは残ります。 それでも、心の願いは家族みんなが笑っていられる未来でした。 それは、心にとっては別の世界の佐野心となって実現したのですよね。 そしてそのことは、文吾だけが全て分かっている。 文吾にとっては、どの心も自分の息子であり、家族なんです。 テセウスの船は、後世に残すために部品などを取り替えられました。 全ての部品が新しくなった船は、同じ船なのか? でも、佐野家は家族一人一人が違う時間軸で変化はしても、同じ家族なのではないでしょうか。 テセウスの船9話の視聴率 「テセウスの船」9話の視聴率は、分かり次第お伝えします。 1話:11. 2話:11. 3話:11. 4話:11. 5話:11. 6話:13. 7話:14. 8話:15. 「テセウスの船」」10話は、放送終了後からで独占配信されています。 登録すれば 2週間無料で視聴が可能なので、イッキ見できます。 無料期間中に解約すれば、料金はかかりません。 その後も引き続き視聴したいという場合や、他にも観たい作品があり継続したいという人は、そのまま継続することもできます。 その場合、無料体験終了日の翌日から、月額1,017円(税込)の料金がかかります。 最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。 テセウスの船最終回10話のあらすじネタバレ感想考察動画まとめ 「テセウスの船」最終回10話のあらすじネタバレ、感想や考察、動画配信についてご紹介しました。 ラストはバッドエンドかと思いきや、また違う世界での幸せな家族の姿がみられてホッとしました。 早く黒幕が知りたいと思っていましたが、終わってしまうと寂しいですね。

次の