ジョニー デップ。 ジョニー・デップの映画作品

ジョニーデップの年収と破産&浪費癖から学ぶ正しいお金との付き合い方

ジョニー デップ

二人の離婚は2017年に成立したものの、今も名誉棄損などで泥沼の裁判中だ。 Daily Mail Online が入手したジョニーの宣誓証言映像は2018年のものだ。 ジョニーは、アンバーと結婚してわずか1か月後の2015年3月に起きた右手中指切断事件について、「当時は彼女を守らなくてはならなかったから、ドアに挟んで切断したと言ったが本当は全く違った。 彼女は僕に向かってウォッカのボトルを投げたんだ。 僕はバーカウンターに手を置いていた。 一つ目のボトルは耳のところをビュっとかすめて行き、至近距離で投げた二つ目の大きなボトルの方がバーと僕のこの指を砕いた。 [PR] ジョニーはさらに「この指の先が切断され、全ての骨がぐしゃぐしゃだった。 ヴェスヴィオ火山みたいだったよ。 感染症にもなった。 MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症)に2度なったんだ」と手術後も病院通いになり、腕まで失うのではないかという恐怖があったと明かし、「僕は指を元に戻そうとした。 それから、結婚していたこの女性に指を切り落とされたという狂気と向き合おうとしたんだ」と続けていた。 ジョニーからDVを受けていたと主張するアンバーの言い分は、彼女が俳優のと浮気をしていると腹を立てたジョニーが、酔っぱらってボトルや窓を壊したり、携帯を壁に投げつけたりし、その時の破片で右手中指の先端を切り落としたというものだった。 ジョニーはこれについても「彼女は僕が自分でやったと言っているんだろう?(笑) 科学者たちの意見を聞いてみたいよ」と応じていた。 (朝倉健人).

次の

武田真治の“殺し屋”姿がまるで「和製ジョニー・デップ」 実はKAT

ジョニー デップ

com ニュース]2月20日に開幕した第70回ベルリン国際映画祭で、今回もっとも注目を浴びていた作品のひとつである、水俣病をテーマにした主演作「MINAMATA」が、招待部門で披露された。 本作は第2次大戦の戦場や水俣病の患者のルポルタージュで有名なアメリカ人フォトグラファー、ユージン・スミスを主人公に、彼が熊本を訪れ、地元の人々をフィルムに収めるようになるまでを描く。 もともとスミスの写真のファンであったデップが、自身の制作会社でプロデュースをしたもので、夫人のアイリーン・スミス役に監督の「」で注目された、その他、、ら、日本人キャスト多数が参加し、音楽をが担当している。 ベルリンにはデップ、真田、、さらにスミスの写真を紹介したLife誌編集長役のとアイリーン夫人が参加した。 記者会見でデップは、スミスの写真への愛着やその人生について触れ、「彼の生き方や写真への献身に惹かれた。 彼は晩年、水俣に人生を捧げていた。 水俣病のことを知ったときは悪夢だと思った。 有毒な水銀が水に垂れ流されていたと知って本当にショックだったよ。 この出来事を人々に伝えるべきだと感じたし、映画の力によってメッセージを広められると信じている」と語り、拍手を浴びた。 映画「MINAMATA」場面写真 反対運動のリーダー的存在となるキャラクターを演じた真田は、「脚本を読んで本当に心を動かされましたし、ショックを受けました。 また水俣だけではなく、似たような事件は今日も世界各地で起こっています。 こうしたことをけっして忘れてはならないし、二度と起こらないようにしなければならない。 そのために、わたしはここに来ました」と、その思いを語った。 続いても、「この映画が、今日再び波紋を起こす石のようになって欲しいと思います」と訴えたのち、アイリーン夫人について触れ、「彼女は影のヒーローです。 夫を支えただけでなく、一緒に事を成し遂げた。 彼女に会って、幸せな気持ちになりましたし、とてもパワーを感じました」と語った。 一方アイリーン夫人は、「映画化されたことは信じられないような出来事で、いまだに自分をつねって(夢でないことを)確かめたくなるような気持ちです」と、感動を露わにした。 映画は、戦場での後遺症やアルコール中毒によりどん底状態にあるスミスが、日本から訪れたアイリーンの、水俣を撮影してほしいという頼みを受けるところから始まる。 はじめは不承不承、日本を訪れるものの、水俣の現状を目にし、写真家として再び意欲を取り戻していく様と、地元の人々がチッソを相手どり戦う過程がクロスして描かれる。 白髪混じりのヘアスタイルにヒゲとメガネで変装し、疲れたボヘミアンに扮するデップはまさにハマり役で、「デップ復活」「キャリアのハイ・ポイント」などと称された。 自身、写真家でもあるだけに、実際に彼が撮影した写真も映画のなかに使われたという。 また日本人キャストの評価も高く、ハリウッド・リポーター誌は、「日本のサポーティング俳優陣は、この物語に必要なリアリズムをもたらした」と賞賛。 坂本の音楽に対しても、「リアルな雰囲気をもたらしている」と讃えている。 日本での配給はいまだ未定だが、ぜひいつか公開されて欲しいものだ。 (佐藤久理子) (映画. com速報)•

次の

ジョニーデップの年収と破産&浪費癖から学ぶ正しいお金との付き合い方

ジョニー デップ

メイクをしなくてもジョニー・デップに似ているという声もちらほら 話題の体操番組『みんなで筋肉体操』(NHK)に出演して美しい筋肉を披露したり、サックス奏者としても活躍中の俳優・。 現在46歳となるが、その美しさは年を追うごとに磨きがかかり、SNSに投稿される武田の写真には「美しい」とのコメントがずらりと並ぶ。 7月5日公開の映画『Diner ダイナー』では筋肉自慢で荒くれ者の殺し屋「ブロ」を演じている武田。 その姿がに似ていると評判だ。 ブロ役で顔に施した傷メイクは、のからインスパイアされたものだという。 ブロに扮した姿を自身のインスタグラムでもたびたび投稿している武田。 コメント欄には、「似合い過ぎる」「カッコいい〜」などの他に、「ジョニーデップかと思いました」「ジョニー・デップに似てるね」「ジョ! ジョニーデップ!? 」「和製ジョニー・デップ」などと米俳優ジョニー・デップに似ているという声が多い。 また「ジャック・スパローかと、間違えた!! 」「ジャックスパロウみたいですね」「パイレーツのコスプレかと」とジョニー・デップ主演の人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の役名を挙げる人もいた。 しかし武田はこのメイクについて、ジョニー・デップに影響を受けたわけではなく、KAT-TUNの上田竜也からインスパイアされたものだと明かしている。 19日に更新したインスタグラムに「『#Diner』殺し屋#ブロ の顔の傷メイク inspiration by #上田竜也 さん 感謝」と記したが、約1年前の2018年7月20日放送のラジオ番組『楽器楽園〜ガキパラ〜 for all music-lovers』(文化放送)に上田竜也が次のように音声でコメントを寄せた。 「先日東京ドームでライブをやらせていただいたときに、自分が傷のあるメイクをしていたんですけど、武田さんが『その傷メイクいいね』って言ってくださって写真を撮られていたのが印象的でしたね」と語った上田に、スタジオの武田は「上田さんの首筋にすごい傷があったの」と初めは驚いたというが、「ワンピースに出てくるキャラクターぐらい。 それがやけにカッコ良くて。 あまりにカッコいいから初めてお会いしたのに『写真撮らせて』って、いろんな角度で撮らせてもらって…本当にカッコ良かったの」と興奮気味に振り返った。 上田の傷メイクにインスパイアされて出来上がった今回の武田扮するブロ。 「ぜひ上田竜也さんと筋肉交流してください」「たっちゃんが? ってびっくり でも嬉しいです」「いつか上田竜也と共演して下さい!」と2人のコラボをファンは期待しているようだ。 公開の映画『#Diner』殺し屋#ブロ の顔の傷メイク」、2019年6月26日付Instagram「2019. 公開の映画『#Diner』殺し屋#ブロ のタトゥーメイク」』のスクリーンショット.

次の