おかしな ふたり。 おかしな刑事

おかしな2人 ユニコーン 歌詞情報

おかしな ふたり

「おかしなふたり」ギャラリーその1 そこにはタキシードに身を包んだ凛々しい若者の姿があった。 「ほら!みてよ!」 ドキッ!とした。 鏡の中には、まさに理想の花婿と花嫁がいたのである。 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん このイラストは英語掲示板においてBillさんのリクエストと援助によって作成されました。 感謝! イラスト:おおゆきさん 第282回(2003年06月24日) 慌しく廊下に出される歩(あゆみ)。 「な、何だよ・・・」 とはいうものの、実はあの猛獣から解き放たれて少々ホッとしていたのも確かだった。 「あのねお兄ちゃん」 「・・・」 早くもいや〜な予感がしていた。 この妹がこうして神妙にこちらに物を頼むなど大抵ロクでも無いことをたくらんでいるに決まっているからだ。 「何もひっぱたこうってんじゃないわ。 『おいたをするとこんな目に遭うのよ!』と知らしめるの!協力して!」 物凄く楽しそうに言う聡(さとり)。 どうもこの言い方だと、歩(あゆみ)にビシッ!と叱って欲しいみたいだ。 うーん、わが妹とは言えこう言う風に頼りにされるのも悪くない。 「よっしゃ。 いいぞ」 「ありがとお兄ちゃん!それじゃあたしの部屋に行こうか!」 しゅっ!と客間に入って翔を引っ張ってくる聡(さとり)。 「じゃあ、お姉ちゃんの部屋に行きましょー!」 続きはにて この能力において、「性転換」と「異性装」は別段階の能力であると考えられる。 と、言う事は「どちらか」を行う事は不可能では無いはずである。 つまり、兄が男であるところに「服だけ」女に変えてしまう、とか妹が女の時に中身だけ男に変えてしまったりである。 逆の場合は・・・女に変身させられているところに服だけ男に戻されたり、女であるところに服だけ男物に変えられたり・・・は、まあ問題が少ない。 これは完全に「女装強要」である。 が、実際にはこれは起こらない。 理不尽なことの多いこの能力の中でも、この特質だけは有難い。 サイズの問題なのだろうか、この能力においては 「身体女、服装男」 状態は出来ても 「身体男、服装女」 状態は現出しないのである。 そして「戻る」時も同時に戻る。 イラスト:おおゆきさん このページのイラスト:おおゆきさん 13回 2002. 「じゃあ服もよろしく」 ぱちりとウィンクする男の子になった聡(さとり)。 *この他のイラストはリンク先にて 第1528回(2008年04月19日(土)) 「じゃちょっと実験。 そうねえ…」 「ちょ、ちょっとま…」 まだ心の準備が…。 「巫女さんとか」 と、言われた瞬間だった。 「うわわわわっ!」 ぼむっ!…という音はしなかったが、一瞬にして歩(あゆみ)は楚々とした巫女さんになってしまっていた。 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第1493回(2008年03月15日(土)) 「成功なんじゃねーの?」 妹に「変身」させられる度に二回に一度はさせられるメイクとイヤリングの感触が再びまとわりついていた。 この公衆トイレの中には鏡は無いのだが、確認しなくても分かる。 歩(あゆみ)はサンバカーニバルで踊っているダンサーみたいな格好になっていたのだ! 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第1472回(2008年02月23日(土)) 『この間もそうだったじゃん。 あたしがこの部屋でウェディングドレスの雑誌を読んでたら』 「うわわっ!」 聡(さとり)の口から「ウェディングドレス」の言葉を言い終わった瞬間には変化は終了していた。 真っ黒なスカートは一瞬で真っ白になり、床一面を覆い尽くす様に広がった。 歩(あゆみ)に目視出来たのはそこまでで、ふと気が付くとまた胴回りを締め付けられ、手袋からメイクからアクセサリー、そしてウェディングヴェールまで付けられた純白の花嫁と化していたのだ。 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第1466回(2008年02月17日(日)) 『どお?セーラー服姿になったんじゃない?』 「…ああ」 何となく悔しくてゆっくりと答える歩(あゆみ)。 客観的に見れば黒い襟に三本ライン、真っ赤なスカーフと漆黒の膝下スカート…完全にセーラー服の女子高生である。 それも夏服。 仕方が無いとはいえどうしてこんな格好ばかりさせられるのか。 どこの世界に実の兄にスクール水着を着せて嬉々としている妹がいるというのか。 ここにいるが。 「ほらほら!早く出ないと怪しまれるよ!」 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第1067回(2006年10月26日(木)) 「それにしても歩(あゆみ)ちゃんってどこに行ったのかなあ」 「そーねー」 聡(さとり)は冷や汗をかいていた。 何しろお兄ちゃんは自分が性転換&女装させた状態で窓の外にへばりついているのである。 「」作・真城 悠 連載回 より イラスト:おおゆきさん 第996回(2006年08月16日(水)) 少し頭を動かすと、艶やかな緑なす黒髪が黒光りする光沢を振りまきながら揺れる。 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第299回(2003年07月11日) その爪は照りを放つ真紅に彩られていく。 「はい!でーきた!」 「あ・・・あ・・・」 そこにいたのは先ほどまでのどこにでもいる育ち盛りの平凡な男子高校生では無かった。 抜群のプロポーションを妖艶なチャイナドレスに押し包んだ楚々とした美女がそこにいたのである。 「はい!これでおしおき完了よ!お兄ちゃん、これからは粗相をしたりしちゃ駄目よ!もしも同じ事をしたら容赦なくまた女の子にしちゃうからね!」 「」作・真城 悠 連載 回 より イラスト:おおゆきさん 第回(2005年06月18日(土)) 「ここ、いいかな?」 びくっ!として身体を跳ね起こす歩(あゆみ)。 視線を上げるとテーブルの脇に小柄な女性が立っていた。 スポーツキャップを目深に被り、大きなサングラスをしている。 この人は・・・思い出した。 真昼間なので人が少なかったファミレスの中で、数少ないお客として歩(あゆみ)の席の隣に背中合わせで座っていた女性だ。 「え・・・あの・・・」 どうも今日はどもってばかりだ。 構わず向かいの席に座るその女性。 隣の席から持ってきたらしいメモ帳とペン、そしてコーヒーと伝票をテーブルの上に転がす。 「・・・あゆみちゃんって言うんだ」 ひじをついてその女性はゆっくりとサングラスをずらした。 歩(あゆみ)は目が飛び出そうになった。 「」作・真城 悠 連載回 より イラスト:おおゆきさん 第375回(2003年09月25日) 「・・・大丈夫なのか?これ。 帰った方がいいんじゃ・・・」 (中略) ・・・ちなみに今歩(あゆみ)は、「スカートは嫌だ!」という主張を強引に妹に飲ませて、スカートは履いていない。 履いていないというか、聡(さとり)の意思ひとつでどんな姿にでもさせられるので、自主的にやっている訳ではない。 あえて言えば「履かされていない」というところなのだが、それはともかく。 ではパンツルックなのかと言うとそうでもなく、なんと「オーバーオール」姿だった。 (中略) だが、流石は聡(さとり)である。 言うまでも無く、このオーバーオール姿は半端にスカートなんか履くよりも、むしろ凶悪な程の可愛らしさを持っていたのだ! 「」作・真城 悠 回 より イラスト:おおゆきさん 第382回(2003年10月02日) 「すみません!」 凛とした声を響かせて一人の女性が入ってきた。 「あの・・・後藤さんはいらっしゃいませんか!?」 しーん、とする室内。 地味な色のリクルートスーツみたいな格好いい服装の長身の美人だ。 その女性は相変わらずきょろきょろしている。 と、何故かこちらに目を留めてきた。 「あの・・・後藤さん?」 「ち、違います!」 歩(あゆみ)は慌ててかぶりを振った。 その場でくるりと一回転することである。 ざざあ!とスカートが音を立てて波打つ。 「」 作 ・真城 悠 より イラスト:おおゆきさん 気が付くと恭子は隣の椅子の横に立っていた。 これがまあ、出来すぎた事に隣の椅子が空いていたのである。 「あゆみちゃん!あゆみちゃん!」 次の瞬間にはもう遠慮なくつんつんつついてくる恭子。 「あ、ああ・・・ひさし・・・ぶり・・・」 何だかドギマギしてしまう歩(あゆみ)。 一瞬遅れてその名前がリンクする。 そしてその整った顔もリンクする。 小さい頃に近所に住んでいた恭子ちゃんだ! 「こんにちは。 今日から転校してきました長沢恭子と申します」 このほかにもあれこれ言っていたみたいだったけど、余り耳に入ってこなかった。 「」作・真城 悠 回 より イラスト:おおゆきさん より、リクエストに応えてラストカットを掲載いたします。 イラスト:おおゆきさん おかしなふたり より 「ま、ともかく一枚貰うわ。 歩(あゆみ)ちゃんスマイルスマイル!」 仕方なくぎこちない笑顔を作る歩(あゆみ)。 まさか女にされ、こんな制服を着せられた上に営業スマイルまで真似させられる羽目になるとは高校一年生の時には思ってもいなかった。 イラスト:おおゆきさん 第 回(2006年12月22日(金))「…っ!?!?」 状況を把握するのに、性転換&女装に慣れっこになっていた歩(あゆみ)も数瞬を要した。 聡(さとり)の趣味なのか、腰までなびくその髪が背中の柔肌を直接撫で、毛先の刺激がちくちくとお尻を弄(なぶ)る。 これって…まさか全裸!? 一瞬だけ視線を下げ、すぐに空中に泳がせる。 ブラみたいな肩紐の感触に重い乳房が抱きとめられている。 こ、これは…水着だあっ! イラスト おおゆきさん 「おかしなふたり」 (2006年06月22日(木)) より 「ま〜これ位で勘弁してあげるよ」 「あ、ああ…」 どきどきしている歩(あゆみ)の胸の鼓動。 Cカッププラスの胸が今までにも増して軽く上下している。 「じゃ〜帰っていいよ。 部屋に」 イラスト おおゆきさん 「おかしなふたり」(2003. ) 「きゃあああああ〜っ!」 また悲鳴が響き渡る。 冗談じゃない、そんな大声を上げて母さんが来たらどうするんだ!静かにしろ!と、注意し様としたその瞬間だった! 「綺麗ー!」 嬌声を上げて飛び掛ってくるキュロットスカート姿の妹。 「うわわっ!」 よける間もなく思いっきり抱き付かれてしまう。 ほんの少し露出したウェディングドレスの胸の谷間に思いっきり顔を埋めてくる。 イラスト おおゆきさん おかしなふたり (2003. ヴェールがなびき、ドレスに埋め込まれた擬似宝石がキラキラと輝きを放ち、夢の様に美しかった。 モーゼが大海を割る様に人の波が裂けていった。 必死に抱えていたドレスのスカートが少しづつ腕からこぼれ落ちる。 構わずに歩(あゆみ)は走り続けた。 出会う人出会う人がみんな大きく目を見開いている。 女子高生の集団が「きゃー」なんて言って盛り上がっている。 ああ・・・どうして・・・どうしてこんな目に・・・。 何だか悲しくなって涙がこぼれて来た。 階段に差し掛かった。 イラスト:おおゆきさん 「おかしなふたり」 第543回(2004年03月18日(金)) 「よっこいしょ」 ・・・何だか自分がおもちゃになったみたいな気分だった。 「・・・」 いつもならはしゃいでいる聡(さとり)が妙に大人しい。 というか、頬を紅潮させてぽ〜っとこちらを見ている。 「な、何だよ・・・」 「か、可愛い・・・」 感激の余り・・・という体である。 そう、歩(あゆみ)は所謂(いわゆる)「ゴスロリ」こと「ゴシックロリータ」風の衣装を着せられていたのだ! イラスト おおゆきさん (2002. )より 現実にこの日から数日は、完全に歩(あゆみ)は聡(さとり)のおもちゃ状態だった。 これが・・・これが・・・おれ・・・? 凛々しく、清潔感溢れる制服姿の美少女がそこにはいた。 ほんのちょっぴりその胸の奥に誇らしげな優越感が芽生えていたのを、歩(あゆみ)は気が付かないフリをしていた・・・。 イラスト おおゆきさん (2003年07月16日)より その瞬間、そのまま後ろに下がろうとしたのだが、極度に安定の悪いハイヒールのかかと部分がおかしな方向に歪んだ。 「わああっ!」 チャイナドレス姿の歩(あゆみ)はバランスを崩して思いっきり聡(さとり)のベッドにシリモチをついてしまった! ぽん!と音を立てる大きなお尻。 「あっ!」 必死に脚を揃える! み、見えちゃう!! イラスト おおゆきさん 「おかしなふたり」第53回(2002. )より 「あああっ!」 上半身にぶわり!とその長い髪がまとわりつく。 そしてその目には健康的な脚線美が惜しげも無くさらされてた。 「あ・・・あ・・・」 緑色のチェック柄のミニのプリーツスカート・・・そして胸元の赤いリボン・・・。 そしてこの盛り上がった胸・・・。 それは歩(あゆみ)たちの通う高校の制服だった。 それも女子の・・・。 イラスト おおゆきさん そうした日常がしばらく続いた後のことだった。 思い出すのもおぞましい。 それはとあるウィークデイのことだった・・・。 その日はテストの影響で早く帰宅することが出来た。 電車に乗って揺られている歩(あゆみ)。 車内はそれほど混んでおらず、あちこちにまばらに空席があった。 だが歩(あゆみ)は何となく座らずにつり革につかまっていた。 そんな時のことである。 第65回(2002. )より イラスト おおゆきさん No,004 「ブルマ兄、ガクラン妹」 初掲載2002年 12月23日(月) 「ああ・・・あ・・・」 長い髪がくるくると生き物の様にまとまっていく。 それは「三つ編み」であった。 「はい!でーきた!」 「あ・・・これ・・・は・・・」 歩(あゆみ)は体形はそのままに、長い髪をストレートロングから活動的な三つ編みにした体操服にブルマ姿の女子高生になってしまったのだ! 「か、可愛い・・・っ!・・・」 ぷるぷる震えている美少年聡(さとり)。 健康的ながら張り詰めたブルマから伸びるふとももがちょっぴりいやらしい。 「も、戻せよ!もお!」 「」第46回より イラスト おおゆきさん No,003 「セーラー服兄妹」 初掲載2002年 10月15日(火) 午前1時30分 「これって・・・セーラー服・・・」 お揃いのセーラー服に身を包んだ少女2人が床に座り込んでお互いに見詰め合っていた。 「おかしなふたり」第31回より イラスト:東条さかな さま No,002 「胸が女に!」 初掲載2002年10月3日(木) 午後10時50分 ブレザーの胸が、まるで発育のいい女子生徒のように膨らんできているではないか! 「・・・・・・!!!???!!?!?!?」 「おかしなふたり」第24回より イラスト:東条さかな さま No,001 「メイド歩(あゆみ)ちゃん」 初掲載2002年9月22日(日) 「さあ出来上がり!」 「・・・あ・・・」 そこには人形の様に可愛らしいメイドがちょこん、とたたずんでいた。 「おかしなふたり」第17回より イラスト:東条さかな さま.

次の

おかしな二人 : 作品情報

おかしな ふたり

当初関東ローカルだけでの放送かと思われた、大泉洋氏初の主演ドラマ「おかしなふたり」の各地での放送日時が続々と決定しております。 全部フジ系列のTSSテレビ新広島さん。 TSSさんはよく分かっていらっしゃいますなぁ。 素晴しい。 フジ系列さんは、旬のタレントにはすばやく登用でバキーッ!! と放映!! 出題のときちょっとミステリーハンターちっくだったり、勝負服だったり、どうバカアンテナがついつい反応してしまって面白かった!子パンダはもっと見たかったなぁ。 共通点って丸っこいところと黄色ってだけじゃないか、とも思いますが。 ) 独自性でいえばTSSさんのテレビ新ヒーローが広島ではピカイチ、ということでやっぱりTSSさんに拍手!(地上波デジタルになったらテレビ新ヒーローもパワーアップするのか?というのが目下の興味。 情熱電波!TSSのCMもイケてて大好き。 来年の広島藩士の抱負は「脱!どうでしょう難試聴地域」ですね。

次の

[大泉洋] 主演ドラマ「おかしなふたり」各地での放送日時

おかしな ふたり

解説 永遠の女性像を求めて彷徨う男たちの姿を描く。 やまさき十三、さだやす圭原作の劇画「おかしな2人」の映画化で、脚本は「さびしんぼう」の剣持亘と「漂流教室」(潤色)の小倉洋二、大林宣彦と薩谷和夫が共同で執筆。 監督は同作の大林宣彦、撮影は長野重一がそれぞれ担当。 1988年製作/105分/日本 配給:アートリリンクス ストーリー 少年・山倉修(7歳)は体が弱く、将来は大好きな汽車に乗ることを夢みていた。 それから18年が経ち、優しかった母も亡くなり、山倉は旅人となってある海辺の町にいた。 そこでゴツイ男・室田幸男と知り合う。 金貸しの彼は変な発明ばかりしている山倉に投資しては、いつも失敗していた。 ある日、成田和美が室田の事務所を訪ねた。 二人は幼馴染みで14歳の頃、夕子という7歳の少女と一緒によく遊んでいた。 成田はその時「将来、夕子を嫁さんにする」と宣言。 三人は約束したが、やがて室田も夕子を愛するようになり、告白した。 幼い頃の約束を破った室田は指をつめようとしたが、もみ合っているうちに止めに入った成田の指が飛んでしまった。 夕子も室田を愛するようになり、さやかという娘も生まれた。 成田の母・おせんは若い頃憧れていた俳優・水城龍太郎主演の映画「上海帰りのリル」を上映したが、そこにかつてのライバル・おたかが現われ、終映後二人は刺し違がえた。 室田は恩師の正田にも金を貸していたが、返さないうちに死んだため、その娘、紅子が事務所で働くことになった。 やがて室田は強引な取り立てから恐喝の容疑で逮捕されたが、紅子が家を売って保釈金をつくり出してくれた。 そして、紅子は室田と一夜を共にすると町を去った。 山倉はプラスチックを食べるバクテリアを発見するが、これも失敗して再び旅立つ決心をした。 成田は女親分だった母の後を継いで組長となり、室田は夕子とさやかの三人、親子水いらずでボートに乗るのだった。

次の