退職 後 手続き。 転職・退職時には「確定拠出年金(DC・401k)」の手続きを! [仕事・給与] All About

会社退職後の手続き必要なものリスト:ハローワーク・年金・保険など

退職 後 手続き

j-sen. ただし、退職後の手間を減らす事も考えると、 退職日までに住民税の支払い手続きと 必要書類の受け取り確認をしておくのオススメです。 その2つについて、時系列で詳しく説明していきます。 住民税支払い方法の確認・変更 住民税は、1年間の所得にかかる税金を、次の年の6月から1年間かけて納める制度になっています。 会社に勤めている場合は、基本的に毎月給与から天引きして会社が代理で支払う「特別徴収」がほとんどです。 しかし、退職する際には、今後どのように住民税を支払っていくのかを決める必要があります。 転職時期や次の会社までのブランク期間によって対応方法が変わるので、以下で自分に合った対応を確認して、会社と相談しましょう。 退職日から1か月以内に転職する場合 すでに転職先が決まっていて、1ヶ月以内に働き始める場合は、 特別徴収を引き続き継続することができます。 そのためには、退職する会社に転職先を伝えて手続きをしてもらうのですが、中には転職先を伝えにくいこともあるでしょう。 その際には、いったん 普通徴収に切り替えたあと、転職先であらためて特別徴収に切り替えてもらいましょう。 退職日から1か月以内に転職しない場合 退職から次の会社への入社まで1か月以上ブランクがある場合は、退職の時期によって対応が変わってきます。 会社から受け取る書類 雇用保険被保険者証 雇用保険手続きの際に必要なもの。 基本的には、入社時の手続後に本人へ新しいものが渡されるが、退職まで会社が保管していることもある。 年金手帳(会社に預けている場合) 年金制度の被保険者であることを証明するもの。 こちらも入社時に提出し、在籍中は返却されていない場合がある。 離職票 雇用保険の失業給付を受給するときに必要な書類。 2種類あるので、それぞれもらっておくとよい。 後日郵送が一般的なので、いつ頃発送されるか確認しておく。 源泉徴収票 退職した年の確定申告で必要となる書類。 転職先の企業に提出して年末調整をしてもらうことも。 後日郵送が一般的。 健康保険資格喪失証明書 会社にいる間に加入していた健康保険から脱退したことを証明するもの。 厚生年金基金加入員証 厚生年金基金に加入していた人に渡されるもの。 入社してから退職まで会社が保管している場合もある。 退職証明書 退職後に家族の扶養に入る場合に必要なもの。 もらい忘れると退職後に連絡をして送ってもらう手間がかかったり、 申請期限に間に合わない可能性も出てくるので、注意しましょう。 退職してすぐに次の会社に入社する場合 退職してから日を空けずに次の会社に入社する場合は、基本的な 手続きは転職先の会社が行ってくれます。 ただし、 提出書類は自分で用意しなくてはいけないので、こちらも事前のチェックが重要です。 申請期限 退職後すぐに 申請場所 扶養者の勤務先 必要なもの ・国民年金第3号被保険者該当届 ・世帯全員の住民票(被保険者と別姓の場合) ・源泉徴収票 ・退職証明書または離職票のコピー ・失業保険・傷病手当・出産手当金・年金などの金額の分かる書類のコピー (受領している場合 健康保険 健康保険は、選択肢がいくつかあるので、それぞれの金額やメリット・デメリットを確認してどこに加入するか決めましょう。 国民健康保険 退職の際に保険証を返してしまうので、期限までに届け出を忘れてしまうと、 加入していない間の医療費は全額自己負担となります。 また、届出が遅れても 保険料はさかのぼって納めなくてはいけないので、遅れれば遅れるだけ損をすることになりかねません。 できるだけ早めの手続きをオススメします。 申請期限 退職の翌日から14日以内 申請場所 住んでいる地域の市区町村役所 必要なもの ・前の健康保険をやめた証明書類 (健康保険資格喪失証明書・扶養認定資格喪失証明書など) ・身分証明書 ・各役所で定められた届出書類 ・世帯主のマイナンバー確認書類 ・印鑑 健康保険任意継続 退職した企業で加入していた健康保険組合を継続して使う「任意継続」。 利用には条件があり、資格を失う日の前日までに 「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」があることが必須です。 また、 継続期間は2年ですが、新しい職場に就職するなど、 一定の条件をクリアしないと任意継続をやめることができません。 「やっぱり高いから国民年金に入りたい!」といった理由ではやめられないので注意しましょう。 申請期限 退職後すぐに 申請場所 扶養者の勤務先 必要なもの ・健康保険被扶養者異動届 ・世帯全員の住民票(被保険者と別姓の場合) ・源泉徴収票 ・退職証明書または離職票のコピー ・失業保険・傷病手当・出産手当金・年金などの金額のわかる書類のコピー (受領している場合 その他手続き(失業保険・傷病手当・確定申告) その他にも、あなたの事情によって手続きできるものがいくつかあります。 雇用保険 いわゆる 失業保険や 失業手当と言われるのもので、 失業中の貴重な収入となります。 ただし、失業保険はだれでも受け取れるものではありません。 「失業」とは、離職した方が、 「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」ことをいいます。 引用元: つまり、 病気や怪我で働けない場合や、出産・育児で当分の間働けない場合は、支給の対象とはいえません。 他にも雇用保険料を支払っていた期間が過去2年間のうち12か月以上などの条件があるため、自分が受け取れる対象なのかを確認しておきましょう。 支給対象の方は、以下の書類を持って、自分の住む地域の ハローワークで手続きを行います。 www. kyoukaikenpo. jp 確定申告 会社で働いていると12月に年末調整が行われ、払いすぎた税金が戻ってくることがありますよね。 しかし、退職してから次の会社にはいる間に12月を迎えてしまうと、その年の年末調整が行われず 払いすぎた税金がそのままになってしまう可能性があります。 金額によっては手間や時間がかかってしまうので、やらないという方もいますが、気になる方は税務署やパソコンから申請ができる「e-Tax」を利用して、確定申告を行ってみましょう。 まとめ:早めの手続きで安心しよう 今回ご紹介した退職後の手続きを、面倒だと思ってしまう方もいるかも知れません。 しかし、退職後に安心して生活するためには、とても大切なことです。 これらの手続きをしておかないと、保険が使えなかったり、もらえるお金がもらえなかったりと結果的に損をしてしまうこともあるので、できるだけ早めに手続きをしましょう。

次の

【完全版】退職時・退職後の手続きガイド|転職Hacks

退職 後 手続き

退職前にしておくこと 退職前にしておくことして、自己都合の退職の場合は「退職交渉」と「退職願の提出」があります。 会社都合や契約期間満了の場合は、「条件や理由の確認」が必要です。 退職交渉とは 退職を決意したとしても、会社に自分の意思をスムーズに伝えて円満退職を目指す必要があります。 会社との間でぎくしゃくすることで余計なストレスを感じては何にもなりません。 そのため「退職交渉」が重要となります。 民法では、正社員など契約期間の定めのない場合は退職の意思表示は2週間前に行う必要があると定められています。 多くの会社では就業規則で退職の1カ月前以上に申し出る必要があると定められていますが、結果的に民法が優先となり2週間前の意思表示で退職できることなります。 ただし、現実的には2週間で後任の配置や引継ぎを行うのは難しいため、穏便に退職するためにも退職を決意した早い段階で会社に伝えるようにしましょう。 なお、契約社員など、労働契約期間が決まっている人は、やむを得ない事情がない限り契約期間の途中で退職できないものとされています。 退職の意思は誰に伝える? 伝える相手は、原則的には直属の上司となります。 「少しお時間よろしいですか?」と伝えて、会議室などで話すようにしましょう。 事前に退職願を用意して、その場で渡すという方法もあります。 もし、直接の上司が退職を了承するのを嫌がった場合は、上司の上長に話しましょう。 退職の意思と退職希望日を上司に伝えて、退職交渉を進めていきましょう。 会社都合の場合も退職願は必要? 退職願、退職届はいかなる場合も提出する必要があるのでしょうか。 ここでは、自己都合、会社都合、契約期間満了のケースに分けてご説明します。 自己都合の場合 自己都合の場合は、退職願または退職届を出します。 退職届は一方的に退職を宣告する意味もあるので、退職願を出すのが一般的です。 会社都合の場合 会社都合での退職の場合、退職願または退職届を出す必要はありません。 提出すると自己都合扱いとされて、給付日数が少なくなったり給付制限を受けたりと、失業保険の手続きの際に不利益な扱いを受けることがあります。 会社都合なのに退職願や退職届の提出を求められた際は、退職理由を明記するようにしましょう。 例えば退職勧奨を受けた際は、「退職勧奨を受けたことにより退職します」と明記します。 契約期間満了の場合 契約期間満了の際も退職願や退職届を出す必要はありません。 しかし、契約更新を望んでいた場合と、そうでない場合で失業保険の条件が違ってきます。 契約更新を望んでいた場合は、退職届に「契約更新を希望していたが契約期間満了により退職します」など、退職理由を明記して証拠を残しておくことが重要です。 退職時に返却するものと受け取るもの 退職が決まったら、会社に返却する書類と受け取る書類を確認しておきましょう。 特に 会社に返却するもの 退職前に、会社から貸与を受けていた備品や健康保険の被保険者証等を返却します。 健康保険被保険者証 扶養家族がいる際は扶養家族分も同時に返却します。 有給消化で退職日に出勤せず直接返却出来ない際は、郵送で返却する旨を伝えます。 名刺 自分の名刺は当然ですが、仕事で得た名刺も会社の営業情報になりますので、原則返却します。 制服や鍵、IDカード 返却せず紛失した際は補償を求められることもあります。 忘れずに返却します。 書類や備品 引継ぎをしてくれる方や上司に渡します。 退職時や退職後に受け取るもの 雇用保険被保険者証 会社に預けていた場合。 年金手帳 会社に預けていた場合。 源泉徴収票 退職後一か月以内に交付することが、所得税法で決まっています。 離職票 失業保険の申請に必要、雇用保険法で退職日の翌日から10日以内に会社が手続きすることが決まっています。 退職証明書 健康保険の切替手続き(国民健康保険や家族の扶養に入るとき)に必要です。 離職票や退職証明書は、すでに転職先が決まっている場合は不要と思うかもしれませんが、短期間で離職した際に離職票が失業保険の手続きで必要になることや、新しく入社する会社から退職証明書を求められることもあるので、請求するようにしましょう。 退職後の手続き 退職後の手続きは、退職日の翌日に新しい会社に入社する方と、入社まで日数がある、または転職先が決まっていない方で異なります。 退職日の翌日に転職先企業に入社する場合 退職日の翌日に新しい会社に入社する場合は、会社に入社書類を提出します。 役所への手続きは会社が行うため、自ら手続きする必要はありません。 【転職先に提出、届出するもの】 雇用保険被保険者証 番号のみでも手続き可能です。 マイナンバー(個人番号) 社会保険、雇用保険の手続きで必要になります。 社会保険手続きの際にマイナンバー(個人番号)を伝えた際は、基礎年金番号は不要です。 源泉徴収票 前の会社より交付されたら速やかに提出します。 健康保険被扶養者異動届 扶養家族がいて、健康保険の被扶養者にしたいときに提出します。 入社までに日数がある、または転職先が決まっていない場合 入社までに日数がある方や、転職先が決まっていない方は、自分で各役所に手続きをする必要があります。 失業保険の手続き 再就職先が決まっていない人は、住所地を管轄するハローワークで失業保険の手続きを行います。 離職票を持参が原則ですが、交付が遅延している際はハローワークで相談します。 健康保険の手続き 国民健康保険に加入する場合は住所地の各市区町村役所で手続きを行います(14日以内)。 健康保険の任意継続被保険者となる場合は加入していた健康保険保険者に20日以内に申請します。 国民年金加入の手続き 原則、手続きをしなくても国民年金の第1号被保険者として切替手続きが行われます。 国民年金保険料の免除申請を行う際は住所地の各市区町村役所(又は年金事務所)で手続きを行います。 配偶者の被扶養配偶者として第3号被保険者となる場合は、配偶者の所属する会社に手続きをお願いします。 退職月に注意!住民税の納付方法 住民税の納付方法は、給与から天引きして会社で納める「特別徴収」と、自分で納める「普通徴収」に分かれます。 住民税は各市区町村から、6月から翌年の5月分として額が計算されて徴収方法が指定されます。 そのため退職月が6月から12月の方は、徴収されなかった残りの額を分割して普通徴収として自分で納めます。 退職後に各市区町村から納付書が郵送されます。 退職月が1月から5月の方は、退職する会社の最後の給与から天引きされるのが原則です。 なお退職後、すぐに転職先の会社が決まっている場合は、給与から天引きする特別徴収を継続することができるときもあります。 所得税の年末調整や確定申告はどうなる? 所得税は、転職先の会社に源泉徴収票を提出することにより、年末調整を受けることができます。 12月31日時点で無職の方や、源泉徴収票の提出が遅れて年末調整ができなかった場合は、翌年の1月1日以降に確定申告をする必要があります。 ただし、この申告は通常、還付申告(納め過ぎた源泉所得税を還付してもらう手続き)になりますので、特に期間は定まっておらず、過去5年間にさかのぼって手続きすることができます。 退職手続きを円滑に進めるには、必要な書類を確認し、いつまでに何をやらなければいけないか整理することが重要です。 退職に必要な手続きと、転職先の会社に提出する書類を確認し、スムーズに退職・入社できるように努めましょう。 hataraku. metro. tokyo. tax. metro. tokyo. nta. htm.

次の

退職後の手続き・必要なモノまとめ|ハタラクティブ

退職 後 手続き

退職すると、それまで勤務先で加入していた健康保険の被保険者資格はなくなります。 転職先が決まっていない、または退職から次の職場への入社まで期間が空くような場合には、任意継続被保険者制度の利用や国民健康保険への加入のための手続きが必要です。 万が一手続きをしないままの状態で、病気になったり事故に遭った場合、健康保険の適用を受けられず高額な医療費を支払わなければなりません。 忘れずに手続きしておきましょう。 どのような手続きが必要? 下記のいずれかを選び、手続きを行います。 いずれの場合も医療費の一部負担金は3割となりますが、保険料や手続きの方法・場所、提出書類などが異なりますので確認しておきましょう。 任意継続被保険者制度 国民健康保険 手続きの期間 退職の翌日から20日以内 退職の翌日から14日以内 手続きの場所 加入していた健康保険組合または居住地域の社会保険事務所 住所地の市区町村役所の国民健康保険担当窓口 必要なもの 健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 健康保険の資格喪失日がわかる証明書 住民票 (健康保険被保険者資格喪失証明書、退職証明書、離職票のうちどれか1通) 1カ月分(退職日によっては2カ月分)の保険料 各市町村で定められた届出書 印鑑 印鑑 保険料 それまでの負担額の倍程度 (ただし上限あり) 市区町村により異なる• A 任意継続被保険者制度とは? 退職後も在職中と同じ健康保険の被保険者資格を継続できる制度で、退職前の被保険者期間が2カ月以上あれば、最長2年間まで利用することができます。 任意継続被保険者制度を利用するための手続きは、退職日の翌日から20日以内に行う必要があり、これを過ぎてしまうと正当な理由がない限り受け付けてもらえなくなってしまいます。 申請できる期間が比較的短いので注意してください。 手続きを行う場所はそれまで加入していた健康保険によって異なり、組合管掌健康保険に加入していた人であれば健康保険組合事務所、全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入していた人であれば居住地を管轄する全国健康保険協会となりますが、郵送でも受け付けてくれます。 健康保険証に保険者の名称が記載されていますので、確認してください。 B 国民健康保険の手続きは? 市区町村が保険者となる健康保険です。 国民健康保険の保険料は、前年の所得、世帯の資産、家族の人数などを基にして決定されますが、算出方法は自治体によって異なっており、所得が同じでも住んでいる市区町村によって支払う保険料が異なってきます。 納付の方法も自治体ごとに異なるので、詳細は住んでいる市区町村の国民健康保険窓口に問い合わせましょう。 手続きは退職日の翌日から原則として14日以内に行うことになっていますが、もし遅れても手続き自体は可能です。 ただしこの場合も、保険料は退職日の翌日までさかのぼって支払わなければなりません。 C 家族の扶養に入るときは? あなたの年収が130万円未満の場合、家族が健康保険の被保険者になっていて、あなたの年収の倍以上であれば、要件を満たせば家族の健康保険の被扶養者になることができるかもしれません。 家族の健康保険の保険者(健康保険組合または全国健康保険協会)に問い合わせてみましょう。

次の