コレクター ブースター。 開封 ~コレクターブースター おかわり!2箱目~【イコリア:巨獣の棲処】

基本セット2021

コレクター ブースター

『コレクター・ブースター』問題 『テーロス還魂記』が発売し、多くの方がパックを剥いていると思います。 当サイトでも色々と開封記事をアップしていますが、記事ネタのために『テーロス還魂記:コレクター・ブースターパック』を剥いていたところ、いくつか気になるポイントがあったので開封記事をアップする前に、先にこちらの記事を書くことにしました。 Twitterなどでも話題に挙がっていますが、要は コレクター・ブースターの仕様の違いや封入カードの状態の悪さ(初期傷など)についてです。 「コレクター・ブースター」とは、通常の一般パックとは異なり、よりコレクター向けに特化した高級版パックです。 Foilカードが多く封入されていたり、ここでしか入手できないデザインのカードが入っていたりと、特別なカードを集める楽しみにスポットを当てています。 商品名からもわかるように、「競技としてのマジック」を重視するプレイヤーではなく、Foiler(フォイラー)などのコレクターがターゲットの商品です。 しかしながら、『エルドレインの王権』のときにも記事にしていたように、 コレクター向けの商品でありながらコレクターの頭を悩ませる問題もあります。 今回はその辺りを掘り下げていきます。 以下の過去記事を合わせて読んでいただければ幸いです。 「MADE IN JAPAN」と「MADE IN USA」 まずは結論から言ってしまうと、今回の『テーロス還魂記』のパックから調べたところ、 通常の日本語版ブースターパックはMADE IN JAPAN、 コレクター・ブースター日本語版はMADE IN USAでした。 これにより、『エルドレインの王権』で発生していた「同じ日本語版のカードでも、2種類の仕様の異なるカードが存在してしまう」という問題が生じてしまっています。 左:通常の日本語版Foil 右:コレクター・ブースターの日本語版Foil まずは上記の写真を見比べてみてください。 向かって左が通常の日本語版Foil、右がコレクター・ブースターの日本語版Foilです。 写真では全く伝わらないものもあるのですが、大きく分けて4つの違いがあります。 どちらも向かって右側がコレクター・ブースター日本語版のFoilです。 『エルドレインの王権』時と同じ問題で、(インクの違いによるものなのか?) コレクター・ブースターのFoilはブラックライトを当てた際に枠部分が緑がかった色に光ります。 同じ「日本語版Foil」としてくくられてしまいますが、これだけの違いがあると「別物」と捉えざるを得ないコレクターの方も多いのではないでしょうか。 光沢や手触りなど写真ではお伝え出来ない要素が多いですが、触ってみると一発でわかるレベルです。 ある程度触っている方であれば、Foilの束を渡されても仕分けできると思います。 デッキで使う4枚のFoilの仕様をしっかり揃えておきたいプレイヤーの方は注意が必要です。 この点に関しては店頭での購入が一番安心ですね。 通常の日本語版ブースターパックと比較して上記のようにギチギチ状態で封入されているのも気になりますが、 カード枠の「白欠け」が非常に多いのは残念でした。 私が購入した2箱分では特に上面と底面の2面がひどく、指で触って段差がわかるレベルまでダメージを受けているものも。 あとは Foil表面に見られる擦り傷のようなラインです。 中にはコモン・アンコモン枠が全滅してしまっているパックも。 幸いにも私の箱ではレア以上のFoilでは見られませんでしたが、せっかく当てた高額レアカードがズタズタだったら…と考えるとぞっとします。 エンチャントに触ることができ、しかもインスタントタイミングで撃てるという黒単フリーク垂涎モノのニューカマー。 狙っていたコモンFoilだっただけにがっかりでした。 重ねてみるとどのカードは同じぐらいの高さにラインが入っているので、印刷機のローラーとかが関係してるんですかね。 単純に傷が入って汚くなったというだけなので、エラーカードと呼べるわけでもなく。 印刷した国によってカードの仕様が異なるというのも困りますが、通常パックからのFoilとコレクター・ブースターからのFoil、収集対象が倍になったと考えれば(個人的には)まだ許せます。 ただし、曲がりなりにもコレクター向けの商品なので、 封入されているカードの初期傷が多いというのは致命的な問題です。 メインとするターゲット層が最も気にするポイントですし、次の『イコリア:巨獣の棲処』でもコレクター・ブースター商法を続けるのであれば、ここは早急に改善していただきたいところです。

次の

【MTG】爆アド!?それとも?エルドレインの王権コレクターブースターパックBOX開封してみた

コレクター ブースター

箱の中には、カード30枚入りの単色のデッキが5つ入っています。 それぞれどれを組み合わせてもユニークで驚きのシナジーを生み出すようデザインされています。 各プレイヤーは2つのデッキを組み合わせて60枚デッキにして対戦します。 マジックのカードの制限を拡張した一風変わったゲームをお楽しみください。 商品仕様:カード30枚入りの単色デッキ 5個、六面ダイス 2個、 両面印刷のトークンカード 10枚、新規描き下ろしアートのフルアート版基本土地 5枚、 新規描き下ろしアートのフォイル仕様フルアート版基本土地 5枚、カード収納ボックス 1個 1個 メーカー希望小売価格:5,400円 11月15日(金)発売予定 MTG マジック:ザ・ギャザリング エルドレインの王権 Bundle Gift Edition 特別なパッケージとコレクター・ブースターパックが1個ついたバンドルの豪華版です。 Mythic Editionに封入されていた「枠なしプレインズウォーカー」、アルティメットマスターズのボックストッパーで封入されていた「拡張アート枠」、新規の「ショーケース枠」の3種類が通常のカードに加えて存在します。 通常のエキスパンションとは違い、封入されているブースターが1個になり、価格も980円と買い易い 価格になっています。 購入したこの商品をそのまま持って、お近くの店舗のスタンダードで行われるフライデー・ナイト・マジックへ参加できます。 4種類のデッキはプロツアーやGPの結果を見て、スタンダードに存在する強力な戦略をもとに作られています。 各『チャレンジャーデッキ』には、カード60枚のメインデッキと15枚のサイドボードが揃っています。 2枚以上の神話レアと複数のレアが入っており、そのまま近くの店舗へ持っていっても十分に戦える内容です。 カードはすべてスタンダードで使用できます。 この製品は、これからスタンダードを始めてみたいと思っている新規プレイヤーにおすすめです。 セットを超えてメカニズムやレアカードが集まり、ギルド同士の戦いを楽しめます。 前作に続きギルド仕様の基本土地が封入されます。 構築済みデッキ以外にも、ギルド・ピンバッジとギルドシンボルのステッカー、ギルド指令書が入っています。 セットを超えてメカニズムやレアカードが集まり、ギルド同士の戦いを楽しめます。 構築済みデッキ以外にも、ギルド・ピンバッジとギルドシンボルのステッカー、ギルド指令書が入っています。 この製品では中国のアーティストやライター、民俗学者からなるチームが、中国の文化や神話にもとづく新しいマジックの物語とカードを制作し、それらをふたつのデッキにまとめました。 購入したこの商品をそのまま持って、お近くの店舗のスタンダードで行われるフライデー・ナイト・マジックへ参加できます。 4種類のデッキはプロツアーやGPの結果を見て、スタンダードに存在する強力な戦略をもとに作られています。 各『チャレンジャーデッキ』には、カード60枚のメインデッキと15枚のサイドボードが揃っています。 2枚以上の神話レアと複数のレアが入っており、そのまま近くの店舗へ持っていっても十分に戦える内容です。 カードはすべてスタンダードで使用できます。 この製品は、これからスタンダードを始めてみたいと思っている新規プレイヤーにおすすめです。 また各デッキには強力なカードも含まれているため、経験豊富なプレイヤーにとっても魅力的な製品です。 『デュエルデッキ』シリーズの最後を飾るこの製品では、自然本来の力を求めて結集するエルフと技術によって自然を進化させることを目指す発明者が激突します。 ふたつの構築済みデッキはバランスの取れたものであり、経験の浅いプレイヤーが公平な条件で一対一の戦いを楽しめます。 商品仕様:60枚デッキ2個、プレミアムカード2枚、デッキボックス2個、戦略ガイド1枚、マジック早見表カード1枚、スピンダウンライフカウンター2個 構築済みデッキ1個 メーカー希望小売価格:2,000円 11月24発売予定 MTG Magic; the Gathering 『From the Vault:Transform』 『イニストラード』にて登場した「変身」カードは、物語とゲームプレイの両面で新たな魅力と深みをマジックにもたらしました。 それから長年にわたり、「変身」カードは戦場を一変させるほど強力なものを続々と輩出しています。 さまざまな活躍を見せているこのメカニズムを称え、厳選した15枚を集めたセット。 それが『From the Vault: Transform』なのです。 収録されるカードはどれも「変身」することでひと味違った強さを見せ、物語性にも富んでいます。 このセットには、4組の60枚デッキ(新規収録カードはなし)、新規アートで彩られたプレインズウォーカー・カード4枚、そしてまったく新しい「計略カード」20枚による計略デッキが収録されています。 このセットにはダイス4つにトークン・カード、そして元の製品に収録されていたカードすべてが収録されます。 多くのカードに新規アートが施され、また『モダンマスターズ 2017年版』に収録されるすべてのカードはモダン・フォーマットのデッキに加えることができます。 まずは、マジックを象徴するカードの数々が飛び交う新鮮なリミテッドをお楽しみください。 『モダンマスターズ 2017年版』の各ボックスはブースターパック24個入りとなっています。 各ブースターパックには15枚のカードがランダムに封入され、そのうち1枚はフォイル仕様です。 スリル満点のドラフト体験を得るのにうってつけのセットと言えるでしょう。 1パック15枚入り メーカー希望小売価格:1000円.

次の

コレクターを悩ませる『テーロス還魂記:コレクター・ブースター』の初期傷や仕様の違い

コレクター ブースター

土地シリーズ 基本土地のみ全てfoilです。 土地は裏切りませんよ!! foilだと、よりキレイですね。 前回と合わせても平地1種のみ出なかったのでシングルで購入しようかな。 『トライランド』5種類全て出ました。 揃えたかったのでよかったです。 以上、開封結果でした。 ゴジラシリーズで『繭』が3枚出たときはヒヤヒヤしましたが、『キングギドラ』で救われました。 あと、拡張カードでは活躍しているカードが多く出たのも嬉しかったです。 ただ、一番出てほしかった 『猫・鳥』トークン 🐈🐤 が全然出ませんでした。 お財布と相談💰 皆さんは、欲しいカード当たりましたか? それでは。

次の