けんじ と けいじ 視聴 率。 東出昌大の不倫報道で視聴率激減『ケイジとケンジ』シリーズ化断念

不倫報道の東出昌大主演ドラマ、第2話視聴率に注目

けんじ と けいじ 視聴 率

ギンザの恋• HEAT• モトカレマニア ギンザの恋 放送:2002年1月 出演:トータス松本、須藤理彩 当初は全10回の予定だったが、平均視聴率は5. モトカレマニア 放送:2019年10月 出演:新木優子、高良健吾 人気マンガをドラマ化し、注目を集めていたものの、最高視聴率として5. 6%、最低視聴率は3. 0%を記録。 第9話で打ち切りとなりました。 これらのドラマは、スキャンダルが原因で視聴率が低迷したわけではありませんでしたが、「ケイジとケンジ」はどのような結果になるのか注目です。 芸能人の方々は、印象でお仕事を勝ち取っているような世界であると思われ、今回の不倫報道に関しては、今後の活動に大きな影響を与えるほど、ネットからの意見は非常に辛辣なものが目立ちます。 「ケイジとケンジ」の放送にネットの声は 「作品に罪はない」って、不祥事を起こした俳優にとっては1番救われるワードなんだろうなと思って改めて胸がむかついた😞 スポンサーもたくさんついたまま。 降板も打ち切りもなさそうで、東出さんは今ごろホッとしてるんだろうな………。 今のところたいして痛い目見てない。

次の

不倫報道の東出昌大主演ドラマ、第2話視聴率に注目

けんじ と けいじ 視聴 率

1月31日発売の「フライデー」が、桐谷健太と東出昌大のダブル主演ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の舞台裏の様子を報じた。 不貞問題で世間を騒がせた東出は、収録現場で頭を下げていたという。 「記事によると騒動後の東出は、現場で『ご迷惑をおかけしています』と頭を下げたほか、ロケ中は人目を気にして、ほとんど屋内にいるようです。 すでにドラマは半分近く撮り終えているらしく、降板はないとのことですが、1話〜2話短縮される可能性はあるそうです」(テレビ誌記者) そんな同ドラマの第3話が、1月30日に放送された。 不貞騒動の影響で視聴率の激減が一部で予想されていたものの、前回から数字をアップさせたという。 「第2話で9. 7%に落ち込んだ『ケイジとケンジ』は、さらに数字を下げるのではないかと噂されていました。 しかし、フタを開けてみれば10. 3%と、2ケタ視聴率に。 この結果にはネットで、『でっくん大勝利! これが民意だな』『やっぱり芸能人の不貞に本気で怒ってる人なんて一部なんだね』『ドラマは面白いのだから、批判に負けず続編もやってほしい』といった、シリーズ化を望む声も多く飛び交っています」(テレビ誌記者) 同ドラマの脚本は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」や、「ガリレオ」(フジテレビ系)などを手掛けた福田靖氏であるため、通常通りの放送を望むドラマファンは多い。 このまま視聴率が下がらなければ、東出の続投も期待したいところだ。

次の

東出昌大がゲス不倫で違約金がエグイ!スポンサーが激怒で俳優人生の危機!

けんじ と けいじ 視聴 率

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 ジャンル 脚本 演出 出演者 エンディング 「ハレルヤ」 国・地域 言語 製作 チーフ・ プロデューサー 黒田徹也 プロデューサー 飯田サヤカ 菊池誠 松野千鶴子 岡美鶴 制作 (制作協力) 製作 放送 放送チャンネル テレビ朝日系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 木曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 9 『 ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(ケイジとケンジ しょかつとちけんのにじゅうよじ)は、系「」でからまで放送されていた。 『』や『』を手がけたのオリジナル脚本により、決して交わることのない元体育教師の異色のとの超エリートの2人が時にぶつかり合いながらもタッグを組み、自身の正義感を武器にを舞台に難事件に立ち向かっていく姿を描く。 主演はと。 この作品記事はが望まれています。 ください。 キャスト [ ] 仲井戸豪太(なかいど ごうた)〈36〉 演 - 桜木警察署に異動した刑事。 普段からで話す。 私立高校の体育教師から転職した(過去に治安の悪い学校に勤務しており、「生徒たちを救いたい」と考えたため)。 体育会系の性質もあってか、何かあると突っ走ってしまう悪いクセがある。 声も大きく、空回りしがち。 頭で考えるよりも先に動くタイプ。 教師から刑事になったこともあり「市民の目線による考え」を持っており、つい上層部であっても物申してしまう。 いつまでも新人扱いされるのが不満である。 性格など、自分とは正反対の修平とは衝突することが多い。 修平がみなみに度々アプローチすることも不服に感じている。 真島修平(ましま しゅうへい)〈32〉 演 - みなと支部所属検事。 法学部およびを卒業したエリート。 豪太とは対照的でクールで冷静沈着に仕事をこなす。 嫌いな食べ物はトマト。 エリートであるが故、だいぶ感覚がズレている傾向があり、市民感覚にも希薄な部分がある。 検事になって5年目だが、未だに重大案件を任せてもらえないのが不満である。 出世のため、樫村へのヨイショを忘れない。 「刑事は駒」と認識しており、イチイチ電話で細かい指示を出してくるため、豪太をイラつかせている。 フェミニストを自認しているが、他人のミスに対してねっちこい。 自身のサポートを担当するみなみには好意を抱いており、何度も食事に誘っているが断られている。 みなみが豪太の妹だと初めて知った時には激しく動揺していたが、その後も懲りずにアプローチを続けている。 仲井戸みなみ(なかいど みなみ)〈33〉 演 - 豪太の妹。 横浜地方検察庁みなと支部立会事務官。 修平のサポートを担当している。 事件関係者などの心情にも深く分け入る機転の良さがあり、時に修平にひと言申し添えるなどの積極性も見られる。 突然、自分の部屋に転がり込んできた豪太の猪突猛進ぶりに呆れている。 関西出身だが横浜暮らしが長いため、基本的には標準語を使っている。 が、豪太にツッコミを入れるときなどは関西弁を使う。 特技はオセロ。 回を追うごとに修平への当たりはキツくなっている。 目黒元気(めぐろ げんき)〈28〉 演 - 横浜桜木警察署の刑事。 昇進試験に合格したため、階級は巡査部長。 豪太より階級は上だが「メグちゃん」と呼ばれる。 中高は卓球部(スマッシュは1度も打ったことがない)。 安定した将来を手にするために出世を第一に考えており、「ミスをせず堅実に職務を全うする」のが信条。 真反対の性格の豪太には、日々、振り回される。 豪太には「冒険しない」「挑戦しない」と宣言する。 ひかるに気がある様子。 毛利ひかる(もうり ひかる)〈26〉 演 - 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 男性陣からの愛称は「ひかるちゃん」。 裏表のないサバサバした性格。 愛嬌はあるが、普段の言葉遣いは荒っぽい。 刑事という職業と男性ばかりの環境のせいで女子力低下に悩んでいる。 職場の若い男性には興味がなかったが、豪太の影響で挑戦する姿勢を見せ始めた目黒の仕事に積極的に協力するなど、彼女も豪太の間接的な影響を受けつつある。 記憶力は良いほうであり、職務も全うしている。 日下直樹(くさか なおき)〈31〉 演 - 横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。 東京大学在学中にに合格したエリート。 「警察の存在は検察よりも劣る」と見ている点においては修平と似た性格。 被疑者を見下した言動も見受けられ、自分は優秀であると思い込んでいる。 亀ヶ谷と森岡からは「友だちが1人もいない」と言われていた。 元気のことは「目白」と呼び間違えた。 樫村や持丸には頭が上がらず、自信をアピールするときは声が大きくなる。 桜川橋交番に勤務。 階級は巡査部長。 第一話では豪太とともに表彰されるが、表彰時に刑事を希望した豪太が派出所勤務を離れたことが少し面白くない。 第二話以降も現場警戒線の哨戒や、犯人に職務質問するなど、常にエピソードに係わっている。 森岡奈緒子(もりおか なおこ)〈26〉 演 - 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 日下のサポートを担当している。 勝手に競い合っている検事たちの様子を観察するのが何より好きである。 多胡永吉(たご えいきち)〈48〉 演 - 神奈川県警横浜桜木警察署捜査課係長。 部下である豪太の暴走をいつも気にかけ、ツッコみを入れている。 日々、「風紀が乱れること」はよしてほしいと願っている。 階級は。 桂二郎(かつら じろう)〈55〉 演 - 神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。 出世を望まぬ頼もしきベテラン。 常に沈着冷静(取り調べも同様)。 いつも後輩のことを温かく見守っている。 捜査中には膝と腰を痛めた。 持丸栄(もちまる さかえ)〈55〉 演 - 横浜地方検察庁みなと支部所属の女性検事。 若手育成に定評がある。 修平ら後輩のことは苗字で呼び捨て。 部長検事である樫村から、よく相談を受ける。 修平と日下には「被疑者をクロと決めつけない」と教える。 ヤクザ相手だろうが淡々と取り調べを行い、黙らせてしまう。 豪太からは「(持丸の)おばちゃん」と呼ばれている。 亀ヶ谷徹(かめがや とおる)〈30〉 演 - 横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。 持丸のサポートを担当している。 ベテラン女性検事である持丸の下で常にストレスとプレッシャーと闘いながら、持ち前の粘りで乗り切っている。 樫村武男(かしむら たけお)〈53〉 演 - 横浜地方検察庁みなと支部所属の部長検事で修平の上司。 「検察は常に冷静でなければならない」が信条。 かつて東京地方検察庁特捜部に所属しており、鬼検事と恐れられていた。 融通が利かず、市民感覚が極度にズレている傾向にある修平に対し、なかなか重大案件を任せる勇気が持てずにいる。 現在、禁酒中である。 大貫とは将棋をする仲。 将棋のこととなると慌ててしまう。 大貫誠一郎(おおぬき せいいちろう)〈60〉 演 - 神奈川県警横浜桜木警察署署長。 豪太にとっての最大の理解者。 非常に温厚で寛大な人柄。 「常に警察と検察は同等の立場にいるべき」との考えを持っている。 階級は。 樫村とは将棋をする仲であるが、負けた日には機嫌が悪い。 宮沢かほり(みやざわ かほり)〈50〉 演 - 飲食店「OKAZU-YA」の女主人。 3年前に母が亡くなって以降、裁判官を辞職して店を継いだ。 裁判官であった経験が生きていて、修平やみなみ、ときには豪太の良き相談相手となる。 大野純(おおの じゅん)〈26〉 演 - 飲食店「OKAZU-YA」で働く看板娘。 しっかり者。 時には修平やみなみと恋バナをしたり相談事に乗ることもある。 チェスの経験者。 将棋はやったことがなかったが、第6話では樫村をビギナーズラックで破ってしまった。 ゲスト [ ] 第1話 [ ] 滑川秀幸(なめかわ ひでゆき) 演 - 平成6年3月20日生まれで、豪太の高校体育教師時代の教え子。 料理人として頑張ろうとしていたが、仕事が長続きせずに苦しんだ末、空き巣をしてしまうようになり、それが繰り返されていった。 空き巣で逮捕されたとき、検察の取り調べで思わず人を殺したかもしれないと言ったことが大問題に発展した。 しかしながら司法で立件はできず、窃盗26件と住居侵入1件の罪で検察の求刑懲役5年で起訴された。 川尻光恵(かわじり みつえ) 演 - 落書きをした罪で修平に起訴された女性。 堀伸行(ほり のぶゆき) 演 - 桜木警察署盗犯係の刑事。 藤宮大悟(ふじみや だいご) 演 - (最終話) 神奈川県警本部長。 第2話 [ ] 猫田一也(ねこた かずや) 演 - フリーター。 会社員と口論になり歩道橋の階段から突き落として重傷を負わせてしまって逃亡。 しかし、逃走中に田口に職質を受けて逮捕される。 豪太の尋問に学歴などを答え、最後には犯行を認めた。 だが、検察に送検されてから証言を翻し犯行を否認し、自白は強要されたものだと主張した。 犬塚桂(いぬづか けい) 演 - 被害者の妻。 重体で意識を取り戻さない夫を病院で看病する。 西田髙志(にしだ たかし) 演 - 事件を目撃できる家にいる20歳のひきこもり。 犬塚玲奈(いぬづか れな) 演 - 被害者の娘。 重体の父のことが心配でならない。 第3話 [ ] 赤松龍樹(あかまつ たつき) 演 - バー「ルート66」の店主。 自分の店で脇腹を刺されて殺害されているのを発見された。 瀬川大介(せがわ だいすけ) 演 - 赤松殺害事件の容疑者。 アリバイがなく、動機があり、他に容疑者がいない。 そのため、県警一課は逮捕して尋問しようとするが、飄々として認めることは認めて嘘も付かず、物証も一向に出てこない。 三浦舞(みうら まい) 演 - ガールズバー店員。 源氏名は「ミク」。 瀬川と写っているSNS投稿から捜査線上に浮上。 豪太にしつこく来店されて困惑している。 谷健太郎(たに けんたろう) 演 - (第6話・最終話) 神奈川県警捜査一課刑事。 小此木義人(おこのぎ) 演 - (第6話・最終話) 神奈川県警捜査一課刑事。 園辺礼治(そのべ れいじ) 演 - 神奈川県警捜査一課刑事。 曽根崎誠(そねざき まこと) 演 - 神奈川県警捜査一課刑事。 見城長一郎(けんじょう ちょういちろう) 演 - (第6話・最終話) 神奈川県警捜査一課長。 通称は「落としの長さん」なのだが、瀬川の飄々とした受け答えに糸口を見いだせずギヴアップしてしまう。 6話では半田二郎が殺害されている疑いが出たことで再登場。 が、生きている二郎が発見され、早々に引き上げざるを得なくなる。 第4話 [ ] 太郎丸直樹(たろうまる なおき) 演 - 3ヶ月前まで、2年間に渡ってみなみと同棲していた元カレ。 別れてすぐに貴理子を口説いて付き合い始めた。 しかし、彼女の過剰な連絡にうんざりして別れを切り出し、その後、自宅前に置いてあったバイクのタイヤに火を付けられた。 豪太から「チャらい」と言われ、みなみからは「ろくな死に方をしない」と言われる。 石田貴理子(いしだ きりこ) 演 - 2ヶ月前に合コンで太郎丸に口説かれて交際を開始したが、上述の理由で別れを切り出された。 その時には穏便に別れたが、直後に植木鉢を落とした疑惑が浮上し、その後にバイクに火を付けたのでは、といわれている。 取り調べには素直に応じるが、みなみからは「怖い」「女は分からない」と見られている。 器物破損か放火かが争点となり、植木鉢の件も含めて殺人未遂を問えるかも検討される。 親しい友人が1人もいない。 林原俊也(はやしばら としや) 演 - 石田貴理子の元カレ(既婚者のため、不倫の関係)。 貴理子に別れを切り出したのち、マンションの7階から落下してきた植木鉢が右肩を直撃し、複雑骨折した。 第5話 [ ] 源義和(みなもと よしかず) 演 - 路上で酔っ払いと絡み合いになり相手が流血してしまい逃げようとして現行犯逮捕された。 この事件自体は相手が悪いことが防犯ビデオ映像で証明された。 しかし、ひかるが3年前の暴行事件の人相書きと酷似していることに気付き、釈放直後に別件逮捕された。 神田川博史(かんだがわ ひろし) 演 - 弁護士。 東大法学部をトップで卒業した。 親は医者だが兄が継いでしまったため弁護士になった。 バリバリのヤリ手弁護士で、目黒の同級生。 源の親が重要クライアントなので、なんとしても実刑判決を回避するべく、上述の防犯ビデオの確保や、下記の示談の交渉などを進める。 伊勢谷徹(いせや とおる) 演 - 3年前の暴行事件の被害者、店内の2階から投げ落とされ脊椎損傷で車椅子生活となった。 以前はBリーグの有名チームに内定していた有力バスケ選手。 現在は車椅子バスケに前向きに取り組んでおり、3年前の事件について神田川から500万円の示談を申し入れられて迷っている。 伴 演 - 伊勢谷が勤務していた居酒屋の店長。 第6話 [ ] 半田一郎(はんだ いちろう) 演 - コンビニ強盗しようとして女性店員と揉み合いになる。 逃げ出した所を店長の投げたカラーボールを目出し帽に直撃されピンクのパンダ状態になってしまう。 緊急通報を交番で聞いたひかると遭遇して逮捕され、彼女の尋問の上で送検された。 しかし、彼の二郎名義の免許証の写真がどう見ても別人であることから事態は意外な方向へ。 半田二郎(はんだ じろう) 演 - 一郎の弟だが失踪して現在はホームレス。 一郎が二郎の免許を乗っ取っていたことから殺害されたかと疑われたが、ひかるの懸命の聞き込みでホームレスをしているのを発見される。 青木鏡子(あおき きょうこ) 演 - (第7話) ひかるを誘って3対3の合コンを催す主催者。 今日の合コンは質が高いと参加する二人に気合を入れていた。 相原由美(あいはら ゆみ) 演 - (第7話) 上記合コンの参加者でひかるの友人。 ひかるに頼まれて、ひかるは自分の会社の受付嬢だということで口裏を合わせる。 長田(ながた) 演 - コンビニの店長。 強盗未遂犯が逃亡するのに、かなりの遠距離から見事にカラーボールを命中させた。 甲子園球児だったらしい。 田ノ中敬三(たのなか けいぞう) 演 - ラーメン店「田ノ中」店主。 客に自家製チャーシューを持ち帰らせたため、食品衛生法違反で起訴される。 第7話 [ ] 久保田明(くぼた あきら) 演 - 集団暴行事件の主導役として疑われ任意同行から逮捕された。 高校時代のサッカー部の繋がりで、そのリーダー格。 美人マネージャーの小山きらと以前付き合っていたが、彼女が後輩の江島と付き合いだしたことを妬んでの犯行を疑われた。 宮前幸介(みやまえ こうすけ) 演 - 久保田と同じ高校のサッカー部で同学年。 久保田の顔色を窺う存在だったが、実は彼も小山きらを好きだったという情報があり主犯の疑いが生じる。 高校時代からヌンチャクを使っており、それが被害者の骨折凶器ではないかと疑われた。 黛友之(まゆずみ ともゆき) 演 - 久保田と同じ高校のサッカー部で二学年下。 被害者も含めた4人グループでは一番年下なので、使い走り的存在。 しかし、彼も小山きらのファンで、写真の盗み撮りをしていたという。 江島陸(えじま りく) 演 - 久保田と同じ高校のサッカー部で一学年下。 上記の3人に因縁を付けられて公園で一方的に暴行を受ける。 発見された時は右脛を骨折していた。 原因は、久保田の元カノである小山きらと付き合い始めたことだった。 小山きら(こやま きら) 演 - 久保田と同じ高校のサッカー部マネージャー。 ゆるふわの小悪魔系キャラクターでサッカー部のマドンナだった。 在学中に久保田と付き合っていたが、最近になって江島と付き合いだした。 しかし、事件を知って江島の見舞いに病院を訪れ、いきなり別れを切り出した。 ひかるは、その場面にたまたま遭遇し、彼女が一番悪いのではないかと感じる。 その後すぐに、また別の男とデートしているシーンが最後に映った。 第8話 [ ] 三崎笑美(みさき えみ) 演 - 桜橋交番前を夜間に裸足で歩いている所を田口に保護された。 全身に15カ所のあざがあり、虐待の可能性が高いと判断された。 三崎真由子(みさき まゆこ) 演 - 笑美の母親。 三年前に離婚しているシングルマザー。 スーパー店員。 交番にやってきて娘を返して欲しいと強硬に訴えるが、虐待の可能性があるため任意同行を求められる。 久我山勝也(くがやま かつや) 演 - (最終話) 真由子の内縁の夫。 半グレ集団「ベイシャークス」のメンバーでもある。 加瀬沢太一(かせざわ たいち) 演 - 管内で段田を相手に決闘をしていた疑いで逮捕された。 段田挙志郎(だんだ きょしろう) 演 - 管内で加瀬沢を相手に決闘をしていた疑いで逮捕された。 澤登大介(さわのぼり だいすけ) 演 - (最終話) 上記両人の決闘の立会人とされ逮捕されるも否定する。 最終話 [ ] 清原浩晶(きよはら ひろあき) 演 - 男三人組が暴行殺人事件を犯す所を見つけた遺体の第一発見者。 金井裕子(かない ゆうこ) 演 - ベイシャークスの経営するベイズでホステスをさせられていた家出少女。 椿健人(つばき けんと) 演 - ベイシャークスの幹部メンバー。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 主題歌 - 「ハレルヤ」()• チーフプロデューサー - 黒田徹也(テレビ朝日)• プロデューサー - (テレビ朝日)、飯田サヤカ(テレビ朝日)、菊地誠(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)• 演出 - (アズバーズ)、• 制作協力 -• 制作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 1月16日 ビッグバディ始動 本橋圭太 12. 及川拓郎 9. エピソード [ ] 第1話放送後に東出との不倫が発覚。 第2話の視聴率が9. 7%と第1話から2. 3ポイント下落。 原因は東出の不倫によって女性視聴者層から嫌われたためではないかと言われており 、実際に番組公式Twitterには不倫をした東出を出演させることについて厳しい意見がリプライされていた。 なお東出本人はこれについて不倫報道後のロケで「大変ご迷惑をおかけしています」とスタッフに頭を下げたという。 これらの影響により、Blu-ray・DVD-BOXの発売予定はない。 脚注 [ ] []• クランクイン!. 2019年12月4日. 2019年12月4日閲覧。 2019年12月11日. 2019年12月11日閲覧。 クランクイン!. 2019年12月19日. 2019年12月20日閲覧。 シネマカフェ. 2019年12月18日. 2019年12月19日閲覧。 当初はが演じる予定であったが、制作会見後に発症のため降板、奥貫が役を引き継いだ。 ,サンケイスポーツ,2019年12月24日• 株式会社blueprint. 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧。 該当各日 朝日新聞 テレビ欄• MANTANWEB MANTAN. 2020年1月24日. 2020年1月25日閲覧。 日刊サイゾー 日刊サイゾー. 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 スポーツ報知 スポーツ報知. 2020年1月24日. 2020年1月25日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン. 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 外部リンク [ ]• keijitokenji -• keijitokenji - 系 前番組 番組名 次番組.

次の