岐阜 うなぎ。 うなぎが有名なのは名古屋ではなく岐阜県?その秘密を解明します

【魚半】岐阜市則武の老舗和食処でお得なうなぎひつまぶしランチのススメ

岐阜 うなぎ

Contents• 【魚半】則武の和食処はうなぎが美味しい! 岐阜市則武にある和食処はうなぎがリーズナブルに食べられるお店。 友人の家の草むしりのお手伝いのお礼に連れて行ってもらいました。 創業は55年ほど、創業当時は仕出しがメインで、店内でも食べられるようになったのは22年前からとのことでした。 うなぎはお持ち帰りすることもできますよ。 岐阜駅からだと車で12分ほどで着きます。 岐阜駅方面からは忠節橋を渡って、岐阜北高校前交差点を越えて、左手にあります。 県道91号線沿いの通り沿いにあり、こちらの看板が目印です。 お店の北側が駐車場になっています。 さらに北側には第2駐車場もあります。 店内入ると、うなぎの香りがしてきました。 カウンター席とお座敷席があります。 今回はお座敷席でいただくことに、、、 畳の上に座って食べるのは大変な方には椅子もありますのでご安心を。 アットホームな雰囲気のお店の大将は職人タイプという感じで、奥さんは気さくに話をしてくれました。 【PR】 【PR】 【魚半】のメニュー こちらが魚半のメニューです。 うなぎ丼やひつまぶし、うなぎの白焼きなどがあります。 定食にもできますよ。 ランチメニューがお得で茶碗蒸しが付いてきますよ。 うなぎはちょっと、、、という方には焼魚セットやミックスフライセット、海鮮丼などもあります。 【PR】 【PR】 【魚半】ランチひつまぶしセットをいただきます。 ご馳走になるということで遠慮すればいいものを「なんでも食べなよ」という優しいお言葉に甘えて、「 ひつまぶしランチ」(2,100円)をいただきました。 うなぎ丼もいいけれど、味を変えて楽しめるひつまぶしも好きなんです。 ひつまぶしの食べ方をおさらいしておきましょう。 まずは、うなぎ本来の味を楽しみます。 外側はさっくりとした食感、香ばしい香りが口の中で広がるこの瞬間がたまりません。 続いては薬味をまぜていただきます。 ネギの食感とわさびの風味が加わるとまた新たな世界が広がるんですよね。 そして、お茶漬けにして食べます。 うなぎのタレで濃厚だった味がさっぱりとして、さらさら食べられます。 残った場合は、あとはお好みの食べ方で食べましょう。 お吸い物も彩りもよく美味しかったです。 こちらは友人が注文した「 うなぎ丼ランチ」(1,900円)。 お吸い物、茶碗蒸しとサラダ(青じそドレッシング)、漬物がつきます。 うなぎもたくさん入っていて美味しそうでした。 創業50年を越える歴史あるお店のお食事はとても美味しいものでした。 また行きたいと思います。 ご馳走様でした。 うなぎは店頭で丁寧に調理されていて、お店に入るとうなぎのいい香りがします。 うなぎ丼やひつまぶしのお得なランチあり。 うなぎはお持ち帰りも可能です。 そのほか、焼魚定食や海鮮丼、ミックスフライ定食など充実のメニュー。

次の

うなぎが有名なのは名古屋ではなく岐阜県?その秘密を解明します

岐阜 うなぎ

岐阜県岐阜市から絞り込み• 藍川町 0• 間之町 0• 青柳町 0• 赤池洞 0• 赤ケ洞 0• 茜部大川 0• 茜部大野 0• 茜部神清寺 0• 茜部辰新 0• 茜部寺屋敷 0• 茜部中島 0• 茜部野瀬 0• 茜部菱野 0• 茜部本郷 0• 茜町 0• 県町 0• 秋沢 0• 秋津町 0• 芥見 0• 芥見大退 0• 芥見大船 0• 芥見影山 0• 芥見嵯峨 0• 芥見大般若 0• 芥見長山 0• 芥見野畑 0• 芥見堀田 0• 芥見町屋 0• 芥見南山 0• 曙町 0• 朝霧町 0• 朝日町 0• 安食 0• 安宅町 0• 吾妻町 0• 雨踊町 0• 尼ケ崎町 0• 荒川町 0• 安良田町 0• 粟野 0• 粟野西 0• 粟野東 0• 庵町 0• 生田町 0• 池田町 0• 池ノ上町 0• 石谷 0• 石切町 0• 石長町 0• 石原 0• 泉町 0• 市ノ坪町 0• 市橋 0• 一番町 0• 一松道 0• 伊奈波通 0• 伊奈波山北洞 0• 伊奈波山西洞 0• 伊奈波山東洞 0• 稲荷町 0• 稲荷山 0• 茨木町 0• 伊吹町 0• 今川 0• 今川町 0• 今小町 0• 今沢町 0• 今町 0• 今嶺 0• 芋島 0• 入舟町 0• 岩井 0• 岩栄町 0• 岩倉町 0• 岩崎 0• 岩田西 0• 岩田東 0• 岩滝西 0• 岩滝東 0• 岩地 0• 岩利 0• 魚屋町 0• 鵜川町 0• 鶯谷 0• 鶯谷町 0• 宇佐 0• 宇佐東町 0• 宇佐南 0• 鶉 0• 靱屋町 0• 梅ケ枝町 0• 梅河町 0• 梅園町 0• 雲竜町 0• 栄扇町 0• 永楽町 0• 江川町 0• 江口 0.

次の

うなぎ蒲焼・天然鮎 『炭焼うなぎ ひゃくわ亭』テイクアウト専門店/通販-岐阜の川魚卸問屋直営-

岐阜 うなぎ

2017-05-21• 稚魚の捕獲数の低下から価格が上昇し、今や高級魚と言っても過言ではない「うなぎ」。 「うなぎ」と聞いて思い浮かべるもの、それは、食の街、名古屋が発祥のひつまぶしでしょう。 そのため世間一般には、「うなぎ=名古屋」というイメージが定着しています。 ですが名古屋のお隣、岐阜県のうなぎ事情をご存知でしょうか。 そこには、知る人ぞ知る、日本トップクラスのうなぎがあったのです。 名古屋ではなく岐阜県?うなぎの産地を調べてみた 岐阜県でうなぎが有名な理由 岐阜県のうなぎの歴史は深く、1000年前に遡るとも言われています。 なぜそれほど昔から地域に根差した文化となったのか。 そこには、いくつかの理由がありました。 理由1. うなぎの成長環境 そもそも岐阜県は、長良川、木曽川、揖斐川のいわゆる「木曽三川」の清流が街を貫いています。 うなぎは海で生まれますが、魚としての成長過程は川で過ごします。 岐阜県はうなぎにとっては最適ともいえる環境が整っているのです。 理由2. 伝統行事の鵜飼とのつながり 出典: 木曾三川を司る一つである長良川では、現在もなお著名な岐阜県の伝統行事、鵜飼が行われています。 その漁師さんである鵜匠さんのスタミナ付けとして食されたことが岐阜県におけるうなぎ文化の始まりであるとされています。 理由3. うなぎが育つ環境、食べる人々、様々な条件がそろった末に生まれ、育った文化なのですね。 鵜飼の街、岐阜県中濃地方のうなぎの特徴とは 鵜飼とうなぎの深いつながりをご紹介しましたが、その中でも特に鵜飼が有名な岐阜市、関市、各務原市には特にうなぎの名店が店を連ねます。 岐阜県では、どのようなこだわりでうなぎが食されているのでしょうか。 小細工なしのストレート うなぎへのこだわり。 それは、食べ方に見て取れます。 岐阜県でうなぎを食べるときは、ひつまぶし等の変化球は使わず、蒲焼きをご飯の上に乗せた、うな重、うな丼のストレート勝負であるのが特徴です。 (あくまで主流の話でえすので、もちろんひつまぶしも嗜まれます。 ) 炭の香ばしさが香り、甘辛く仕上げたタレとうなぎの旨味がご飯と最高にマッチングします。 筆者もうなぎは大好物の一つですが、食べ物全体で考えてもこれほどご飯に合う食材というのは考え付きません。 うなぎにこだわり抜くからこそ、うなぎ本来の味で勝負しているのですね。 うなぎを食べられる店舗の多さ 出典: うなぎへのこだわりは、うなぎを取り扱う飲食店の数からも感じることができます。 先ほどご紹介した関市、各務原市を合わせても40店舗以上でうなぎを楽しむことができます。 そのことからも、どれほど岐阜県ではうなぎが有名なのかを感じて頂けると思います。 岐阜県のうなぎは日本一 今回は名古屋の陰に隠れながら実は日本一のうなぎが食べられるとの呼び声の高い岐阜県のうなぎ文化についてまとめました。 実際にそう感じておられる方もいらっしゃるのか、うなぎを食べに全国から多くの人々が岐阜県に詰めかけています。 皆様も是非一度、岐阜県を訪れ、日本一のうなぎを召し上がってみてはいかがでしょうか。

次の