イモリ 幼体 餌 食べない。 アカハライモリの幼体と成体を・・

イボイモリ

イモリ 幼体 餌 食べない

イモリの餌と言えば赤虫ですが、幼生から食べられますか? どのように食べさせるのが良いのか調べて見ました。 餌について 孵化したばかりのイモリの餌って何を食べさせていいのか思案しますよね。 餌は孵化後 3週間してからでいいそうです。 3週間したら イトミミズを食べ始めます。 イトミミズはピンセットなどで食べやすいサイズに切って下さい。 イトミミズのデメリットとして水が汚れ易いことと、イトミミズが塊になってしまい極端な酸素不足になることが考えられます。 量に注意しながらあげましょう。 孵化したばかりの頃はそんなにパクパク餌を食べることはありません。 小さい虫しか食べられないのでミジンコや孵化したブラインシュリンプをあげるのもいいでしょう。 イモリの餌として良く使用されるのは 赤虫です。 孵化後 30日頃から食べさせることが出来ます。 赤虫とはハエ目ユスリカ科に属する甲虫の幼虫の事で、体が赤いことから赤虫(アカボウフラ)と呼ばれていますが、ボウフラとは体つきが違っています。 赤虫もイモリの代表的な餌なのですが生きているものはペットショップや釣り用の餌の店においてもいつも手に入るものでは無いそうです。 イモリの幼生は 市販の餌だと餌を認識することが出来ません。 生きていて 動くものを餌だと認識するそうです。 冷凍赤虫を使う毎に解凍する方法でピンセットを揺らしながらだと餌だと認識出来るのか食いつくそうです。 スポンサードリンク まとめ 以上の様にイモリの幼生に食べさせる餌、赤虫について述べて来ました。 如何でしたか? 幼生の間の餌はイモリの口に入る大きさにしましょうね。 特にイトミミズは先に書いたように団子状に集まります。 手間がかかりますが、小さな容器に移して一匹ずつ食べさせるのも1つの方法です。 一年を過ぎれば大人と同じように市販の餌も食べるようになりますので 楽になるでしょう。 スポンサードリンク.

次の

イモリの幼生の餌って何?幼生の餌は?

イモリ 幼体 餌 食べない

だいたい2週間程度で孵化します。 これまで孵化した幼生は30匹近く!もう正確には数えていません、というか数えられない。。 現在こんな状況です。 孵化後5日ほど経過した幼生を100円ショップで買った虫かごに移しました。 最初に入手した合計4つのガラスケースは卵用と孵化して直後の幼生保管用で2個、そして幼生の餌となるブラインシュリンプ孵化用で1個使っています。 残りの1つは水を交換するときに回しています。 ひとつ余分がないとイモリたちを移す先がありませんからね。 アカハライモリの幼生の育て方 産卵、孵化直後から2週間まで 実は孵化した幼生の5匹を死なせてしまいました。 私自身も初体験で手探り状態でやってますから仕方ありません。 すまん!幼生たちよ!! これまでの経験を踏まえて分かったイモリの幼生を育てるときの注意事項です。 卵を発見したら速やかに成体とは別の容器に移す• 卵の器にはエアーは不要、小さいガラス容器でOK• 卵は水温が上がり過ぎないような場所に置く• ぎりぎりまで卵の中で成長させる、無意味にゆすったり動かしたりしない• 孵化した直後の幼生は必要以上に触れない、移さない• 卵と幼生は別の器にする(卵だけを別の容器にそっと移す)• 5日から1週間程度でエアー付の容器に移す• 餌は面倒でもブラインシュリンプ(生餌)を与える• 水を汚さないように適宜ピンセット、スポイトで掃除をする だいたいこんなところでしょうか。。 以下に大事なところをまとめます。 スポンサーリンク 孵化直後の幼生は非常に弱い 当たり前ですが孵化直後は非常に弱々しいんです。 当初は常に清潔にしてあげようと毎日水を交換していました。 その交換の際に小さな捕獲ネットで幼生を受け止めて一時的に別のケースに移すんですが、私のネットの扱い方が下手なのか、尾ひれを折ってしまうんです。 1センチに満たない全長のうち5分の2程度の尾ひれがネット内で暴れた時に折れました。 暫くはそれでも生きていたんですが、やっぱり時間の経過とともに弱っていき帰らぬイモリとなりました。 人間が注目するほどの身体再生能力を持つイモリでも、幼生段階ではまだその能力は発揮できないようです。 卵は裂けやすい 幼生もたまに泳ぎます。 幼生と卵を一緒にしていると、幼生が孵化前の卵にぶつかるんですよ。 そうすると卵が裂けます。 まだ完全に細胞分裂が終わっていない中途半端な状態で生まれることなってしまいます。 当然ながらそんな幼生は無事に成長する可能性は低い。 体はイモリの形をしていませんし、口も目もない状態です。 ホント可哀相でした。 幼生はぎりぎりまで卵の中でいさせてあげるべきです。 なので卵の扱いには注意が必要です。 幼生は生餌しか食べない ブラインシュリンプを与えましょう 面倒でもブラインシュリンプを孵化させて与えましょう。 孵化直後は何も食べませんが1週間ほど経過すると餌を与えることになります。 ブラインシュリンプを用意するのは手間がかかりますが、これまでの経験上これしか幼生は食べません。 これだとエッグから孵化させる手間もないし簡単でいいだろうと安易に考えてました。 結果は一切食べません。 逆に水の劣化が早くなってカビも発生しやすくなりました。 上記の尾ひれの折れた弱い幼生はそのカビに体を捕られて動くことができず死んでしまいました。 イトメ(イトミミズ)は幼生には時期尚早 イトメは最悪でした。 生餌ならこれでもいいじゃん、とアクアショップで少量のイトメを買って与えたんです。 小さく分けて水槽に入れても時間が経つと集まっていつもの大きな塊になるんですね、イトメって。 集まるとゆうに幼生以上の大きさになります。 するとどうなったかというと小さな幼生を吸収しようとするんです。 イトメがイモリの幼生をエサとして食べるのではないと思いますが、小さい幼生に絡まってくるんです。 さっきのカビと同じ状況で、動けなくなった幼生は死んでしまいます。 エサに食われてしまったという本末転倒な結果、無念。。 幼生の体に変化が現れる 最初に孵化した幼生は生まれてから2週間が経過です。 ブラインシュリンプを与えてからはよく食べるし、よく動いてまいした。 写真の幼生のお腹がオレンジ色なのはエサを食べた証拠です。 手が生えてしました。 分かりますかねぇ?とても細い手がエラの下に生えています。 たくさん食べるので大きいやつだと全長1. 5センチほどになりました。 今朝観察してたら、尾ひれの付け根あたりに突起物が2つできている幼生を確認。

次の

アカハライモリ(2匹)が餌を食べません・・・

イモリ 幼体 餌 食べない

そうですか。。。 残念です。 イモリ飼育の適温は20度前後、30度を越えると危険という方が多いです。 まれに田んぼでも生きているのだから、40度でも大丈夫なんていう方もいますが、 田んぼの水量は水槽なんか目じゃありません。 探せば水がヒンヤリしている場所もあるはず。 わたしはやはり30度くらいが目安なんじゃないかと思います。 実際には、現在つねに28度あるうちの水槽ですごく元気にしているので、 30度は余裕じゃないか?という気もしますが危険は冒すべきじゃないと思うので。 (うちも水槽クーラーはないのですが、室内エアコン24時間つけっぱなしです) ベランダの件ですが、 わたしの住む地域では今の時期ベランダの温度は40度を超えます。 日陰に置いてある睡蓮鉢の水温も36度くらいにはなります。 地域にもよると思うので、 水温計や室温計などでどのくらいまで上昇するか試してみたらいかがでしょう? うちでも野外の睡蓮鉢でエビ、メダカ、金魚などを飼っていますが、 こういったメンバーはすごく高温に適応するので、 イモリとは一緒に考えないほうがいいと思いますよ。 あと、ベランダの水槽で脱走防止の工夫ができるかどうかも考えてみてください。 イモリは脱走の名人なので。 あと、あと、気になったのは「エサを入れました」です。 もしかして、水槽にパラっと入れてますか?? イモリは動かないものをエサと認識するのが苦手です。 ピンセットで口元にもっていってチラチラ動かしてあげたほうがいいと思います。 その人工エサが嫌いという可能性もあるので、 ダメ元でいろいろなものを試すのも有効だと思います。 ご存知だとは思いますが、イモリは20年も30年も生きる生き物です。 でも、プラケースでは天寿を全うすることは難しいと思います。 ) お礼が遅くなり申し訳ありません。 目からウロコな情報ばかりでした。 エサのあげかたについては、パラッと入れています。 というのも最初の数週間は、そのあげかたで問題なく食べていたからです。 いまは、エサを見つけてニオイをかぐような仕草はするのですが、プイッとします。 最近は水の中に入っている所を見ません。 人工エサについてチャレンジしてみますね!!! それから、ベランダでの水温を測ってみたいと思います!! 我が家のベランダ水槽は直射日光の当たらない場所にあるので大丈夫かもしれません。 ただ、メダカ達とは違うということを、しっかりと頭に入れておきます!!! 脱走についても課題になりますね・・・。 ろ過装置やエアポンプのコード等をつたって脱走しそうですし・・・。 工夫を考えてみます!! 貴重なアドバイスを本当にありがとうございます!! また、丁寧な回答を頂き、重ねてお礼申し上げます。 とくに詳しいわけではないのですが。。。。 わたしも一昨年の秋くらいからイモリを飼っています。 飼い始めるときに、「飼い方」を片っ端から検索して、 一番気をつけなくてはいけないのは「エサの与えすぎ」だと思いました。 エサを与えすぎると消化不良を起こして、 ガスがたまり身体がふくらみ浮いてしまう。 みたいなことが書いてありました。 エサを食べなくなってから太ったということは、 エサの食べさせすぎによる(あるいは消化の悪いエサによる) 消化不良や腸閉塞などではないでしょうか? ただ、細い方の子も食べないんですよね? 水換えはしているとのことですが、水温は大丈夫ですか? この時期、なにも対処をしないとかなりの高水温になるかと思うのですが。。。 うちでは、水温は28度以上にならないようにして、 投げ込み式フィルターとエアーストーン(カーテンタイプ)で 水を動かすようにしています。 また、エサは2、3日に一回で、エサが水を汚さないよう、 お掃除屋さんのドジョウを混泳させています。 これが正しいかどうかは分かりませんが、病気をしたこともありませんし、 繁殖もしているので、間違ってはいないと思います。 とりあえず、住環境の改善&1、2週間くらいエサ断ちをして様子を見て、 (オトナなら1カ月近くエサなしでも死なないと思うので) ちょっとずつエサをチラつかせるようにしてみてはいかがでしょう。 あっ、最後に水量は大丈夫ですか? 小さいプラケで+しょっちゅう水換えとかではストレスがたまっちゃいますよ^^; ご回答、誠にありがとうございます。 回答を読ませて頂いて思い当たる節がありました。 水温…室内で飼っていましたが、クーラー等がないため室温が上昇したことがかなり考えられます。 水替え…エアポンプやフィルター等を入れておらず、プラケース 購入時にペットショップのお兄さんに聞いて購入 で水量が少なかったため、4日に1回は最低でも水替えを行っていました。 エサは「キョーリン ひかりウーパールーパー 袋 」を与えています。 昨日、陸上生活が長い子に断食1週間で心配になりエサを2粒入れましたが食べませんでした。 もう1匹は全力で守りたいと思います!! ちなみに、「投げ込み式フィルター+エアーストーン+ドジョウ」は我が家にもある環境なので、参考にさせて頂きたいと思います。 ただ、我が家の上記環境はベランダなので大丈夫かが心配です。 ベランダでは、鯉水槽・金魚水槽・メダカ ドジョウ、ヤマトヌマエビ 水槽がありますが、今のところどの子も元気いっぱいです。 ただ、イモリは厚さに弱いと言うことなので厳しいですよね…。 1の方がおっしゃっているように, 個別飼育にしてやるのは有効です. イモリ... Q アカハライモリを飼いたいのですが、調べてみたところイモリは夏の暑さに弱く水温が25度くらいじゃないと駄目ということでした。 そこで水槽の冷却方法を教えていただきたいのです。 水槽はGEXのe~aquaという水槽セットのものを使用するつもりです。 というか水槽はこれしかありません 熱帯魚も飼っているので、一応8センチ平方のパソコン用のファンがあります。 水槽には陸を作るのでファンを水槽上部に取り付けたとしても水面との距離が結構離れてしまいます。 これでも冷えるのでしょうか。 学生でお金がないので水槽用のクーラーとかは買えません。 ファン以外でもお金が余りかからない冷却方法がなにかあれば教えてください。 役に立つかどうかわかりませんが付け足しておきます。 フィルターのほうはすでに作ってあります A ベストアンサー A1です。 アカハライモリに関してはほぼ水棲ですので、参考にするのは水棲カメの飼い方でいいと思います。 あるいは金魚メダカの飼い方。 水の作り方は、水槽ものは全部同じですので。 >塩素抜きは液を入れ半日~一日以上置いています。 ハイポで塩素は抜けているので、さらに置く必要はないのです。 夏場だと入れる前に腐る危険性も。 ペットボトルとかで置いておくと気化できないので塩素抜けませんし。 白っぽく水が濁るのは、そういう雑菌が新しい水を栄養に爆殖or酸欠で死滅するから。 そういう、なんとなく思い込みでやっていることに問題の多くが含まれます。 だから偏った考え方をリセットする意味で、ひととおりの飼い方を復習したほうがいいです。 全部読んでませんが、これだけしっかりHP作っている人なら、それなりに間違いはないと思います。 mond. html あんまり色々なサイトや本を鵜呑みにして、あれこれ色々やってみるのは感心しません。 理論には文章に書ききれない系統だった因果関係と順序があるからで、 色々な方法を混ぜるとなぜそうするのか理解できなくなるし、悪影響もあります。 ひととおり、説明通りにやってみてから、他の方法をまたひととおりやって、比較して自分で改良することで正しい知識が身につきます。 最終的には、ほとんどなにもしないのに、勝手にすくすく育つってのが、一番上手な飼い方ですからね。 A1です。 アカハライモリに関してはほぼ水棲ですので、参考にするのは水棲カメの飼い方でいいと思います。 あるいは金魚メダカの飼い方。 水の作り方は、水槽ものは全部同じですので。 >塩素抜きは液を入れ半日~一日以上置いています。 ハイポで塩素は抜けているので、さらに置く必要はないのです。 夏場だと入れる前に腐る危険性も。 ペットボトルとかで置いておくと気化できないので塩素抜けませんし。 白っぽく水が濁るのは、そういう雑菌が新しい水を栄養に爆殖or酸欠で死滅するから。 そういう、なんとなく思い... Q 飼ってから4年目になるアカハライモリが、突然餌(冷凍赤虫)を食べなくなりました。 今日で絶食6日目です。 今までは、1. (我が家では、陸地用ブロックの上に小皿を設置し、そこに餌を入れているのですが、大体20時から21時くらいに与えると、翌朝には皿は空っぽになっています。 ) 水槽の水換えをした翌日や、脱皮時以外で食べなくなった事は今回が初めてなので、何が原因なのかわかりませんし、どう対処していいのかもわかりません。 どうか、アドバイスをよろしくお願いします!!! A ベストアンサー どうもです。 飼育4年目との事ですが、推定年齢は・・・わからないですよね。 体格が大きく皮膚がゆるんでいる個体であればかなりのお年寄りです。 それくらいになるとあまり食事をしない個体もいます。 ちなみに推定15歳以上くらいの個体。 お年寄りでない場合はやはり、なんらかの体調不良ですね。 水換えをして環境をよくして回復を待ちましょう。 でも水換えでエサを食べなくなる時があるんですよね? 自分の飼っていたイモリたちは全然お構いなしでしたけど、個体差でしょうか? 他の方がおっしゃっているように他のエサを与えてみるのも良いと思います。 生餌(イトミミズ)やマグロの赤身、ナメクジ(口に入るような小さいサイズ・・・・なかなか見つけられませんが・・・)。 これら全てを拒否したら相当ヤバイかも。 自然下では当然の温度です。 夏でも22度くらいの方が調子は良いはずです。 (自分も夏場、どうしようもなく暑い時は氷を入れてあげてました。 ) 参考程度ですが、こんな感じでどうでしょう。 どうもです。 飼育4年目との事ですが、推定年齢は・・・わからないですよね。 体格が大きく皮膚がゆるんでいる個体であればかなりのお年寄りです。 それくらいになるとあまり食事をしない個体もいます。 ちなみに推定15歳以上くらいの個体。 お年寄りでない場合はやはり、なんらかの体調不良ですね。 水換えをして環境をよくして回復を待ちましょう。 でも水換えでエサを食べなくなる時があるんですよね? 自分の飼っていたイモリたちは全然お構いなしでしたけど、個体差でしょうか? 他の方がお... A ベストアンサー イモリ、ウーパー、カエル等の両生類、トカゲ、ヘビ、カメの爬虫類の飼育をしていましたので回答をします。 イモリはアカハラとシリケンは同系統ですから飼育は可能であり、トゲは別系統ですから飼育はできません。 カエルのツメはトゲの餌になりますので共存飼育はできませんし、駄目です。 ペットショップは複数の動物を販売する店舗ですか?複数の種類(両生類、爬虫類、魚類、哺乳類、猛禽類、鳥類)等を販売している店舗は知らない店員が多く、その知識は知りません。 野球で言えば打撃優先で左投げの選手に無理矢理に捕手、三塁手等を守らせているのと同じであり、草野球以下の守備と同じです。 カメ、ヘビを飼育する場合でもカエルは餌にしか過ぎませんし、カエル、イモリ同士でも双方の系統が異なると危険ですし、共存はできません。 以上がこれ等を飼育経験した者の意見ですから参考になれば幸いです。 A ベストアンサー 随分前になりますが熱帯魚と一緒に10年くらい飼っていました。 イモリは暑さにはあまり強くないので温度は上がり過ぎないように注意が必要ですけど。 あと陸地を作ってあげないといけないですね。 温湿度の変化で陸地水中を棲み分けます。 ず~と水中にいる個体もいますけど。 陸地さえあれば深さは気にしなくてかまわないです。 自然下では深い池や川にも棲んでいます。 肉食でなければ魚と共生は可能です。 イモリが魚を食べることはあまりないと思います。 他の方が言っていられるとおり、イモリの体表には毒があるらしいですが、イモリは脱皮をすると自分で皮を食べてしまいます。 あと魚(プレコ)はイモリの脱皮の皮が大好物のようです(笑) 家ではイモリが脱皮を始めるとプレコが皮を食べ始めました。 意外と毒っぽくないようです。 脱皮はもう観察出来ましたか? イモリが一番カワイイ瞬間です。 まず水中で寝ます(手を顔の横に目をつぶる)~鼻先がほころんできます~脱皮開始~脱ぐのは手間がかかるので手伝ってみるのも楽しいですよ。 (割り箸などで・・・) 随分前になりますが熱帯魚と一緒に10年くらい飼っていました。 イモリは暑さにはあまり強くないので温度は上がり過ぎないように注意が必要ですけど。 あと陸地を作ってあげないといけないですね。 温湿度の変化で陸地水中を棲み分けます。 ず~と水中にいる個体もいますけど。 陸地さえあれば深さは気にしなくてかまわないです。 自然下では深い池や川にも棲んでいます。 肉食でなければ魚と共生は可能です。 イモリが魚を食べることはあまりないと思います。 他の方が言っていられるとおり、イ... A ベストアンサー 餌の話が出たので私も・・・ うちでは生きたイトミミズをメインにあげていましたが時々 マグロの赤身をちぎってあげてました。 大好物のようです。 それと一般的にイモリはナメクジが大好物です。 口に入るサイズを探すのは大変ですが、ほおばってでも口に入るサイズならガンガン食べてきます。 もうひとつ、自分の脱皮の皮も食べます。 シリケンはボロボロと破れていく傾向が強いですけどね。 泳ぎに関しては、みなさんとは逆のイメージで奄美系の方が水が好きな個体が多く、 沖縄系の方が水嫌いの個体が多いように感じてます。 皮膚が乾燥していて水に入ると空気が背中に残る個体が多かったです。 かなり嫌がる個体もいましたが、水に馴染ませちゃいましたけどね。 自然下でもフレンドリーで癒し系な彼ら、大切に育ててあげてください。 もう7年になります。 水質・・・気にしない(我が家は源水がPH7.5でそのまま)綺麗に保つこと。 ただし共食いに注意して下さい。 著しく大きさが違うと食べます。 大きさが同じ個体同士でもエサと間違えて噛みます。 この場合は飲み込めないので大丈夫です。 歯が無いのでケガもしません。 底砂はいらないですが大きな石など隠れ家があると良いです。 (無くても良い) 底砂を敷くなら直径2cm以上ないと口に入ります。 kitanet. htm.

次の