サザエ さん 家 間取り。 【ホームズ】【間取り探偵・あの家の間取りを大推理!】サザエさんちの5年後はどうなっている?

サザエさん、磯野家の間取りや資産価値は?【初耳学】

サザエ さん 家 間取り

賃貸か持ち家かは不明• 間取り=5K、専有面積=約105平米• 築年月日=不明、建物構造=木造 磯野家の間取りのディテールについては論争の余地があるようですが、個人的に気になったのは玄関寄りのマスオとサザエとタラオの部屋の広さです。 ここは6畳説と8畳説があるようですが、3人が川の字になって寝ているシーンから推定すると8畳であると考えるのが妥当ではないかと思われます。 また同様に、カツオとワカメの部屋も4畳半説と6畳説があるようですが、マスオ一家の部屋が8畳だとするとカツオらの部屋は全体の間取りから6畳が妥当と考えられます。 女性にとってやさしくない磯野家の家事動線 さて、それでは磯野家の家事動線について見ていきましょう。 ここでは、料理、洗濯、掃除について、順番に見ていきたいと思います。 キッチンは広いが仮置きの場所が必要 台所は約6畳あるようでスペース的にはゆったりとしています。 冷蔵庫はシステムキッチンのすぐ近くですので、いわゆるキッチンのワークトライアングル(シンク、コンロ、冷蔵庫を結んだ線)もコンパクトです。 ただ、食器棚が遠く、料理を盛り付けたりする仮置きのスペースがありません。 7人の大家族ですから、仮置きのスペースは相当広くないと困るでしょう。 冷蔵庫の向きを変え、その横にカウンター式の食器棚を置いて、セミクローズのキッチンにすれば問題は解決されるのですが、サザエさんとフネさんが二人でキッチンに立つことが多い現状を見ると、それではキッチンが狭くて調理がしにくいと考えられます。 よって現状のままであれば、浴室側の壁面にワゴンを置き、そこを仮置きスペースとして利用するのが望ましいと思われます。 そのため、少なくともアニメ版では調理台のスペースはそれなりに確保できていることが分かりました。 洗濯の動線は悪くないが洋服の片づけが大変 洗面脱衣所の洗濯機から洗濯物を取り出し、波平とフネの部屋を通って縁側から物干し台に向かうという洗濯動線は、それほど距離も長くないため合理的と言えます。 波平とフネのプライバシーの保護という観点で言えば好ましくないのかもしれませんが、フネも主婦として洗濯をするわけですから、本人さえ納得していれば問題はないでしょう。 ただ、磯野家の場合、洋服の片づけが大変そうです。 洋服の収納場所は3部屋に分かれていると思われ、各部屋に配達する必要があります。 また、いずれの部屋でも洋服タンスに頼っているところが多く、しかも十分な量とは思えません。 特に女性であるサザエさんとフネさんの洋服の収納スペースが少なすぎるのではないかと思います。 現状、カツオらの部屋やマスオらの部屋は家具の数も多く、新たに整理タンスを置くことも難しいと思われます。 押入れの中に引出式衣装ケースを収め、収納スペースを十分に確保することが望ましいと言えるでしょう。 各所に開口部が多く掃除が大変 磯野家はいわゆる田の字型の間取りでありながら、玄関からトイレに至るまでの廊下も長く、そのためふすまや障子がいくつもあります。 そのため、敷居や障子の桟の掃除が大変です。 なまじ100平米を越える広さのため、掃除機を使うにしてもコンセントの抜き挿しが必要になります。 さらに磯野家ではシーリングライトではなくペンダントライトを多用しています。 すべて和室ですからデザイン的配慮があってのことかと思いますが、これでは掃除が大変です。 環境負荷低減のためにLED化を進めると同時に、デザイン性への配慮の必要性が乏しいカツオらの部屋やマスオらの部屋はシーリングライトに切り替えることが望ましいと思われます。 トイレへの通路と化し波平怒る 家事動線以外の磯野家の問題にも触れておきましょう。 まず気になるのはトイレの位置です。 おそらくは庭にスペースがあることから増築によってこの場所に設けられたのだと思いますが、この位置ではトイレで用を済ました後に洗面所に手を洗いに行く必要があり、洗面脱衣所と台所からトイレに行く場合も、波平らの部屋を通ることになります。 洗濯物を干すために波平らの部屋を通る回数は限られますが、トイレに行く度に家族が部屋を通るようではさすがの波平も怒り心頭であることでしょう。 おもてなしの心で普段の生活が犠牲に 磯野家の間取りは客人をもてなす気持ちが前面に立ち、家族の普段の生活が犠牲になっていると言えるところがあります。 それは客間が家の中心にあり、特にマスオらが狭い部屋に押しやられていることからも明らかです。 もっとも、マスオらが磯野家に居候した経緯を見ればそれも致し方なしかと思うところはあるのですが、そろそろ客人主体の間取りを見直すべき時ではないでしょうか。 居間と客間をぶち抜いて広いリビングダイニングとし、トイレは現在のテレビの場所に。 マスオらの部屋は仏壇のあるところまで拡張するのが良いかと思います。 仏壇は現代的な家具調のものにしてリビングに置くと良いでしょう。 小さすぎるちゃぶ台 間取りには直接関係ない話ですが、アニメのシーンを見る限り、居間に置かれたちゃぶ台は最大でも直径105cm程度と考えられます。 このちゃぶ台を家族7人で囲むと、一人あたりの幅は約47cmとなります。 47cmと言うと成人男性が軽く脇を締めた状態の幅で、ダイニングテーブルで必要な一人あたりの幅60cmと比べるとかなり狭いです。 子供が3人おり、女性も2人いるとは言え、もう少し大きなちゃぶ台を使ったほうが良いのではないでしょうか。 なお、一人あたりの幅を60cmとするためには直径135cm以上のちゃぶ台が必要となります。 8畳の居間とは言えちょっと窮屈ですが、テレビを東芝「レグザ」に買い替えることで解決できるのではないかと思われます。 総じて磯野家の間取りは、家父長制度の色合いが強く、女性をあまり尊重せず、娘婿も冷遇していると感じさせるところがあります。 波平は世間体を大事にするとともに女性を低く扱うことで家長としての権威を守ろうとし、娘婿に軒を貸して母屋を取られることを密かに恐れているのかもしれません。 とは言え、波平ばかりが悪いわけではありません。 フネは主婦業に甘んじ、昔ながらの妻と母を演じることで、家事を改善することを怠っていると言うこともできます。 サザエも外出の機会が多く、もう少し家事がしやすくなるように家の中に意識を向けたほうが良いでしょう。 マスオもマスオです。 現状に甘んじることなく、神奈川県あたりにでも引越しするべきでしょう。 義父母や妻の顔を立てるふりをしながら、都合の悪いことに目をつむり過ぎではないでしょうか。 おっと、間取り診断から磯野家の住人の個別攻撃になってしまいました(苦笑)ともあれ、磯野家はプライバシー保護の観点は希薄ですが、家族の風通しも良く、掃除の大変さをのぞいてはそれほど大きな家事の問題もないと思います。 ただ、調理と配膳がもっとスムーズにできるように改善の余地は大きいと思いますし、これから増えるであろう洋服の収納スペースの確保も喫緊の課題であると思います。 関連記事.

次の

サザエさんの家 磯野家の間取りとその暮らしとは? :職人 金子哲也 [マイベストプロ静岡]

サザエ さん 家 間取り

【間取り探偵・あの家の間取りを大推理!】サザエさんちの5年後はどうなっている? マンガやドラマなど有名な作品の主人公が住む家ってどんな家か、気になりますよね。 第1回のテーマは国民的ご長寿アニメ「サザエさん」。 東京都世田谷区にある家族7人と1匹が暮らす平屋建ては、日本で最も有名な家と言っても良いかもしれません。 家族が揃う居間やカツオとワカメの部屋など、見覚えのある部屋が多いと思いますが間取り図にするとどうなっているのでしょうか? そして、もしも5年後、カツオやワカメやタラちゃんが成長し、リフォームするとしたら…?間取り探偵が推理します! 実はかなりのお金持ち!?福岡から上京した磯野家の暮らし まずは磯野家のプロフィールを「サザエさん」の原作から振り返ってみます。 実は磯野家はもともと福岡県福岡市に住んでいました。 戦後間もないにもかかわらず、その生活はとても裕福で、町内会の人たちが継当ての服を着て配給を受けていた時に、フネは和服に割烹着・サザエは白いブラウスと黒いスカートにエプロンをつけたキチリとした姿でそのお手伝いをしています。 食糧にも困っている様子もなく、リュック一杯のヤミ物資と思われる米や野菜を持ち歩き、ニセ警官にだまし取られたりしても悲壮感がないほどです。 また、広縁のある二階建ての立派な家にはミシンや蓄音機があり、度々軍服を着た階級の高そうな米兵が訪れ記念写真などを撮ってます。 福岡時代の波平さんの仕事っていったい何だったのでしょうか?気になります。 上野駅に着いたときに多額の現金を持っていたらしく、やたらとそれを気にする波平さんでしたが、きっとそのお金で5DKの家を建てたに違いない。 福岡で結婚したサザエさんとマスオさんもスープの冷めない距離に一軒家を借りて一緒に引っ越してきましたが、大家さんとけんかをして田の字型住宅の磯野家に多世帯同居することになります。 田の字型住宅とは、俯瞰すると部屋が四分割されていて田んぼの「田」の字に見えることからそう言われています。 部屋同士が建具で仕切られ、間に廊下がなくプライバシーはほとんどないけれども、これは部屋の用途を決めず、家族構成が変わったときにそれぞれの入居者が部屋を移動してそのシーンに合わせて、何世代にもわたって使用できるようにするための間取りです。 家族の団欒やサザエがカツオを追いかける様子がすぐに想像できませんか? さて、これが磯野家の間取り図です。 もともとは応接室と考えられる、玄関から見て左側の8畳の部屋がフグ田家の部屋。 若夫婦にとって、廊下を挟んで多少なりともプライバシーが確保されています。 カツオ・ワカメの部屋は北側にしか窓がなく採光がとれないといった問題がありますが、西日が当たらず実は落ち着いていて、勉強部屋としては理想的な場所です。 ご存知の通り、カツオにはあまり関係なさそうですが…。 波平とフネの部屋は玄関から見ると客間を挟んで一番奥にあり、若夫婦に気兼ねすることなく落ち着いて過ごせる場所になっています。 カツオやワカメ、タラちゃんがまだ小さい現在はこの間取りで何ら問題無さそうですが、家族の成長やライフスタイルの変化に伴って家の使い方は変化していくもの。 ずっと同じ部屋割りというわけにはいかなそうですが、子供たちが成長した5年後の磯野家は、どうなるのでしょうか? あくまでも想像だけど…5年後の磯野家はこうなっている!? 5年後の磯野家(想像)。 田の字型の間取り自体は大きく変えず、プライバシーを確保できるようにリフォームされています さて、5年後。 カツオが高校生・ワカメが中学生・タラオが小学生になると部屋割りを替えなくてはならず、その場合ちょっとしたリフォームも必要になってきます。 そこで、こんなリフォームがいいんじゃないかと考えてみました。 まず、マスオとサザエは動かずにそのままの部屋を使います。 ワカメも部屋を動きませんが、6帖の子供部屋を独り占めに。 カツオとタラオは同性であることから、今まで居間8帖だったところをルームシェアしてみる。 そのために建築基準法は勘弁してもらって、客間と台所の間の建具を取り払って壁にしちゃいます。 でもしっかりと換気はして、男衆の男臭が廊下に漂わないように。。 波平さんとフネさんは客間に引っ越してもらいます。 やはり西側の建具をなくして、ここも壁にします。 そして、波平さんたちの部屋だったところを家族の居間に。 台所の隣で位置的には問題ないけれど、玄関へ向かう動線がかなり悪くなっちゃうのが少しネックかな。 リフォームによって残念ながら無くなってしまったのは客間。 お客さんは居間に通して、宿泊客は近くのホテルにアウトソーシング。 まだこのリフォームの段階ではあまりお金をかけたくないのです。 だって、さらに10年~15年が経過した時にフグ田家がまだ同居していたとするならば、間違いなく建て替えを迫られるでしょう。 そのあたりで波平さんは定年退職かな? そうなると世田谷の一等地。 固定資産税だってばかにならないし年金だってどうなることやら…。 それならば敷地の半分で賃貸経営もしくは売却し、それらのいずれかを元手として残地に多世帯住宅新築なんてどうでしょう? そういった意味では地元密着型でとても仲の良い花沢不動産家族がいるからとっても安心ですよね。 【磯野家概要】 所在地:東京都世田谷区桜新町 推定建物面積:115. 関連記事.

次の

間取り探偵『サザエさん』〜世田谷区桜新町二丁目

サザエ さん 家 間取り

賃貸か持ち家かは不明• 間取り=5K、専有面積=約105平米• 築年月日=不明、建物構造=木造 磯野家の間取りのディテールについては論争の余地があるようですが、個人的に気になったのは玄関寄りのマスオとサザエとタラオの部屋の広さです。 ここは6畳説と8畳説があるようですが、3人が川の字になって寝ているシーンから推定すると8畳であると考えるのが妥当ではないかと思われます。 また同様に、カツオとワカメの部屋も4畳半説と6畳説があるようですが、マスオ一家の部屋が8畳だとするとカツオらの部屋は全体の間取りから6畳が妥当と考えられます。 女性にとってやさしくない磯野家の家事動線 さて、それでは磯野家の家事動線について見ていきましょう。 ここでは、料理、洗濯、掃除について、順番に見ていきたいと思います。 キッチンは広いが仮置きの場所が必要 台所は約6畳あるようでスペース的にはゆったりとしています。 冷蔵庫はシステムキッチンのすぐ近くですので、いわゆるキッチンのワークトライアングル(シンク、コンロ、冷蔵庫を結んだ線)もコンパクトです。 ただ、食器棚が遠く、料理を盛り付けたりする仮置きのスペースがありません。 7人の大家族ですから、仮置きのスペースは相当広くないと困るでしょう。 冷蔵庫の向きを変え、その横にカウンター式の食器棚を置いて、セミクローズのキッチンにすれば問題は解決されるのですが、サザエさんとフネさんが二人でキッチンに立つことが多い現状を見ると、それではキッチンが狭くて調理がしにくいと考えられます。 よって現状のままであれば、浴室側の壁面にワゴンを置き、そこを仮置きスペースとして利用するのが望ましいと思われます。 そのため、少なくともアニメ版では調理台のスペースはそれなりに確保できていることが分かりました。 洗濯の動線は悪くないが洋服の片づけが大変 洗面脱衣所の洗濯機から洗濯物を取り出し、波平とフネの部屋を通って縁側から物干し台に向かうという洗濯動線は、それほど距離も長くないため合理的と言えます。 波平とフネのプライバシーの保護という観点で言えば好ましくないのかもしれませんが、フネも主婦として洗濯をするわけですから、本人さえ納得していれば問題はないでしょう。 ただ、磯野家の場合、洋服の片づけが大変そうです。 洋服の収納場所は3部屋に分かれていると思われ、各部屋に配達する必要があります。 また、いずれの部屋でも洋服タンスに頼っているところが多く、しかも十分な量とは思えません。 特に女性であるサザエさんとフネさんの洋服の収納スペースが少なすぎるのではないかと思います。 現状、カツオらの部屋やマスオらの部屋は家具の数も多く、新たに整理タンスを置くことも難しいと思われます。 押入れの中に引出式衣装ケースを収め、収納スペースを十分に確保することが望ましいと言えるでしょう。 各所に開口部が多く掃除が大変 磯野家はいわゆる田の字型の間取りでありながら、玄関からトイレに至るまでの廊下も長く、そのためふすまや障子がいくつもあります。 そのため、敷居や障子の桟の掃除が大変です。 なまじ100平米を越える広さのため、掃除機を使うにしてもコンセントの抜き挿しが必要になります。 さらに磯野家ではシーリングライトではなくペンダントライトを多用しています。 すべて和室ですからデザイン的配慮があってのことかと思いますが、これでは掃除が大変です。 環境負荷低減のためにLED化を進めると同時に、デザイン性への配慮の必要性が乏しいカツオらの部屋やマスオらの部屋はシーリングライトに切り替えることが望ましいと思われます。 トイレへの通路と化し波平怒る 家事動線以外の磯野家の問題にも触れておきましょう。 まず気になるのはトイレの位置です。 おそらくは庭にスペースがあることから増築によってこの場所に設けられたのだと思いますが、この位置ではトイレで用を済ました後に洗面所に手を洗いに行く必要があり、洗面脱衣所と台所からトイレに行く場合も、波平らの部屋を通ることになります。 洗濯物を干すために波平らの部屋を通る回数は限られますが、トイレに行く度に家族が部屋を通るようではさすがの波平も怒り心頭であることでしょう。 おもてなしの心で普段の生活が犠牲に 磯野家の間取りは客人をもてなす気持ちが前面に立ち、家族の普段の生活が犠牲になっていると言えるところがあります。 それは客間が家の中心にあり、特にマスオらが狭い部屋に押しやられていることからも明らかです。 もっとも、マスオらが磯野家に居候した経緯を見ればそれも致し方なしかと思うところはあるのですが、そろそろ客人主体の間取りを見直すべき時ではないでしょうか。 居間と客間をぶち抜いて広いリビングダイニングとし、トイレは現在のテレビの場所に。 マスオらの部屋は仏壇のあるところまで拡張するのが良いかと思います。 仏壇は現代的な家具調のものにしてリビングに置くと良いでしょう。 小さすぎるちゃぶ台 間取りには直接関係ない話ですが、アニメのシーンを見る限り、居間に置かれたちゃぶ台は最大でも直径105cm程度と考えられます。 このちゃぶ台を家族7人で囲むと、一人あたりの幅は約47cmとなります。 47cmと言うと成人男性が軽く脇を締めた状態の幅で、ダイニングテーブルで必要な一人あたりの幅60cmと比べるとかなり狭いです。 子供が3人おり、女性も2人いるとは言え、もう少し大きなちゃぶ台を使ったほうが良いのではないでしょうか。 なお、一人あたりの幅を60cmとするためには直径135cm以上のちゃぶ台が必要となります。 8畳の居間とは言えちょっと窮屈ですが、テレビを東芝「レグザ」に買い替えることで解決できるのではないかと思われます。 総じて磯野家の間取りは、家父長制度の色合いが強く、女性をあまり尊重せず、娘婿も冷遇していると感じさせるところがあります。 波平は世間体を大事にするとともに女性を低く扱うことで家長としての権威を守ろうとし、娘婿に軒を貸して母屋を取られることを密かに恐れているのかもしれません。 とは言え、波平ばかりが悪いわけではありません。 フネは主婦業に甘んじ、昔ながらの妻と母を演じることで、家事を改善することを怠っていると言うこともできます。 サザエも外出の機会が多く、もう少し家事がしやすくなるように家の中に意識を向けたほうが良いでしょう。 マスオもマスオです。 現状に甘んじることなく、神奈川県あたりにでも引越しするべきでしょう。 義父母や妻の顔を立てるふりをしながら、都合の悪いことに目をつむり過ぎではないでしょうか。 おっと、間取り診断から磯野家の住人の個別攻撃になってしまいました(苦笑)ともあれ、磯野家はプライバシー保護の観点は希薄ですが、家族の風通しも良く、掃除の大変さをのぞいてはそれほど大きな家事の問題もないと思います。 ただ、調理と配膳がもっとスムーズにできるように改善の余地は大きいと思いますし、これから増えるであろう洋服の収納スペースの確保も喫緊の課題であると思います。 関連記事.

次の