セルフ カット ボブ。 【女性】ショートのセルフカットのやり方!ボブ/ウルフ&後ろの整え方

セルフカットボブで後ろや襟足は失敗するからやめとけ!!

セルフ カット ボブ

スポンサーリンク 後ろの髪をバリカンで簡単に出来るやり方 後ろを切るのが難しい… そう思ってる方! ハサミじゃないやり方もあります! ハサミを使った切り方だけではなく、刈り上げに使うバリカンを使った後ろのカットする方法もご紹介します。 バリカンでボブの後ろのカット方法は? バリカンを使う前にハサミでカットするように後ろの髪を二つに分けてから、上、真ん中、下とブロッキングして分けましょう。 ポイントはハサミ同様、細かく少しずつバリカンを入れていきます。 バリカンを入れていく際はブロッキングされた下の部分を下ろし、切りたい部分をクシでとかし、切りたい部分をもう一度クシをいれとかしたままおさえ、クシの刃先部分をバリカンで真っ直ぐになるように切っていきます。 切っていく際は少し首を倒しバリカンを軽く首に当てるイメージで切ると切りやすいです。 襟足を刈り上げる ボブはボブでもの、上の部分で襟足を隠してしまうツーブロック風に襟足だけ刈り上げる方法もあります。 後ろは短くてもいい!そんな方におすすめです。 ただ…襟足どこからどこまで切ろう。 悩みますよね。 後頭部から首の後ろにかけてある、少しくぼんだ部分から生え際ギリギリ下まで刈り上げましょう。 切り残しがないように切ると首周りがスッキリします!.

次の

自宅で子供のカットに挑戦!可愛いボブスタイルの切り方!女の子編

セルフ カット ボブ

ショートのセルフカットでの前下がりボブの切り方1つ目は、前下がりボブを想像することです。 前下がりボブというヘアスタイルをセルフカットする前に、まずは前下がりボブがどんなヘアスタイルかをしっかりと想像することが大切です。 前下がりボブとは、後ろからサイドの髪の毛が徐々に長くなっていく髪型です。 前下がりボブは、後ろとサイドの髪の毛の長さが大きく違うことによって、個性的な髪型にもすることができるのです。 このサイドの髪の毛と後ろの髪の毛の長さの差が、大きくなればなるほど個性的になり、後ろとサイドの髪の毛の長さの差が、小さくなればなるほどナチュラルな前下がりボブに仕上げることができます。 前下がりボブは、もともとストレートの髪型をしている人が多 いため、前下がりボブとストレートの髪の毛を組み合わせることによって、クールという印象や、かっこいい大人の女性といった印象を与えることができます。 近年では、ストレートの前下がりボブだけでなく、パーマをかけた前下がりボブも流行っています。 前下がりボブにする際に、後ろの髪の毛を切ることも重要になってきます。 後ろの髪の毛をセルフカットするのは、かなり難しいと言われているので、自分で前下がりボブにする場合は、もっとも慎重に行う必要があるのです。 後ろの髪の毛というのは、横から鏡を見ても後ろの髪の毛を見ることはできません。 そのため、後ろの髪の毛をセルフカットする場合は、逢わせ鏡を使って切るようにしましょう。 そうすることによって、後ろの髪もうまく切ることができます。 また失敗したくない人は、長めに切ると失敗が少ないですよ。 レイヤーボブは、レイヤーを取り入れることから少しショートヘアに近くなってしまいます。 そのため、レイヤーを取り入れつつもボブヘアに仕上げたいのであれば、襟足を短めにしましょう。 襟足を短めにすることによって、ボブっぽく仕上げることができます。 しかし、襟足を短めにするのはかなり難易度が高くなるので、初めてボブヘアにするという人には、あまりおすすめしません。 襟足の髪の毛をセルフカットするのは、一番難しいと言われているので、慎重に行ってくださいね。 切りっぱなしボブをセルフカットする前に、自分がどんな切りっぱなしボブにしたいかをしっかりとイメージすることが大切です切りぱなしボブという髪型は 毛先を軽くするのではなく 少し重たい感じの髪型です ショートのセルフカットでの切りっぱなしボブの切り方1つ目は、髪型をイメージすることです。 切りっぱなしボブをセルフカットする前に、自分がどんな切りっぱなしボブにしたいかを、しっかりとイメージすることが大切です。 切りっぱなしボブという髪型は、毛先を軽くするのではなく少し重たい感じの髪型です。 そのため、少し重たいような髪型にしたいという人は、切りっぱなしボブがおすすめです。 切りっぱなしボブは、毛先を軽くしないというところがポイントなので、髪の毛の量が多い人は、軽くレイヤーを入れないともっさりとした髪型の印象となってしまうので、セルフカットする際には注意が必要です。 切りっぱなしボブを自分でセルフカットする際に、一番ポイントとなってくるところが襟足の切り方と言えるでしょう。 襟足の部分は、自分で確認することが難しいため、綺麗にセルフカットすることが最も重要なポイントと言えます。 襟足が綺麗にセルフカットできていないと、髪型も整って見えないため注意が必要です。 特に切りっぱなしボブの場合は、切り口を真っ直ぐにすることによって、全体的にまとまった印象に見せることができるため、襟足の髪の毛もまっすぐ切ることがポイントです。 クリップなどで切りたい襟足の髪の毛をとめてカットしましょう。 クリップなどで襟足をとめた後に、クリップのラインに合わせてハサミでカットするだけで、襟足を綺麗にセルフカットすることができます。 クリップを使うことによって、襟足を簡単に綺麗にカットすることができますが、クリップがずれてしまうことによって、切り口がガタガタになってしまうため注意しましょう。 シースルーバングは、ショートヘアにぴったりな前髪スタイルです。 ワックスで束感を出すことによって、おしゃれで可愛らしいシースルーバングを、簡単に作ることができますよ。 そんなシースルーバングの切り方ですが、まずは、前髪をしっかりとブロッキングしましょう。 太めにブロッキングするのではなく、きれいなシースルーバングにするために、なるべく細かく薄くブロッキングするのがおすすめです。 次に、両サイドの髪の毛をヘアクリップなどでとめていきましょう。 そしてコームで一度前髪をとかしていきます。 目の上の辺りで一回長さを揃えるように、前髪をカットしていきましょう。 最後に前髪の毛先を薄くするように、はさみを縦にしながらいれてカットしていけば、シースルーバングの完成です。 ショートヘアにアシメ前髪をすることによって、まるで少年のような明るい女性を演出することができます。 このアシメの前髪もショートヘアにはぴったりなので、ぜひ試してほしい前髪スタイルです。 そんなアシメ前髪の切り方ですが、まずはくしで前髪をとかしていきましょう。 そして、前髪を三角にとっていき、両サイドの髪の毛はヘアクリップなどでとめておきます。 中心の前髪が流す際の長さとなるため、中心の前髪を基準にしましょう。 そして、中心に向かって縦にはさみをいれていきましょう。 さらに上から下に向かってはさみをいれていくのが大切です。 Vという字になるようにカットしていきましょう。 最後に斜めに髪の毛を流していき、髪の毛の量を微調整していけばアシメ前髪の完成です。 ウルフカットと言えば、男性に多く取り入れられるカット方法ではありますが、可愛らしく見せることもできるので、近年ではウルフショートにしている女性も多いようです。 ウルフカットは、毛先にレイヤーをいれてトップにボリュームを持たせる髪型でもあります。 ワックスなどを使って、自由自在にアレンジすることができるので、セルフカットでウルフショートにするのもおすすめです。 ショートにセルフカットしてみよう! いかがでしたでしょうか。 今回は女性のショートヘアのセルフカットについてご紹介しました。 セルフカットといえば、なんだか難しいような感じがしますが、以外とコツさえつかめば慣れてくるものです。 さらにセルフカットすることによって、美容院代も浮くので、他のことにお金を回すことができます。 そういったお金をかけずに髪の毛を切ることができるといったところは、セルフカットだからこその魅力ですよね。 今回ご紹介した女性のショートヘアのセルフカットをぜひ参考に、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。 またこちらの記事では、女性のロングの髪の人におすすめの簡単なセルフカットについてご紹介しています。 ロングヘアだと、なかなか自分でセルフカットしようという気持ちにはなりませんよな。 しかしセルフカットによって、今回ご紹介したようにお金をかけずにすむのでおすすめです。 ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

次の

簡単な前下がりボブの切り方!自宅で子供のセルフカット講座

セルフ カット ボブ

節約につながる• 常におしゃれな長さをキープできる• 時短で済ませる• 気になったらすぐにできる 次に、セルフカットでショートヘアにする3つのメリットを見ていきましょう。 美容室で髪をカットしてもらうにはカットだけ1回5000円ほどかかるため、毎回のカット代もかさんでしまうはず。 そのため、セルフカットができて、毎回手入れができる状態であればその美容院台をそのまま節約することができるのです。 月に1回美容室に行っていた方はだいたい月5000円、年間60000円も節約につながりますよ。 しかし、思うように髪を結ぶことができないので、中途半端に伸びてきてしまうと、だらしなく見えたり、 アレンジもしづらくうっとうしく感じることも。 美容室に行きたいと思っても、仕事や子育てに追われ、なかなか行きたい時に行けないこともありますよね。 もし、ショートセルフカットができるのであれば、気になるときにすぐにパパっとカットを済ませることができるので、いつでも完璧な状態のショートヘアスタイルを維持できます。 さらに、美容室に行くまでの移動時間がかかり、身支度を整えなければいけません。 シャンプーやマッサージ、ブロウ、セットなどすべてを含めると、ショートカットに1時間以上はかかってしまいます。 結局その日一日、美容室でつぶれてしまうなんてこともあるでしょう。 セルフカットなら、自分の都合に合わせて切りたい時にカットができ、 余計な工程を除いて10分ほどで済ませることも可能ですよ。 忙しい方にはぴったりのショートのカット方法になっています。 自分の都合と合わせると、ずるずると日にちが伸びて、あっという間に髪型も崩れてしまうでしょう。 セルフカットをマスターしておけば、 そんなイライラからは解放され、好きな時にぱっとケアをすることができます。 自分のイメージ通りの髪型を作ることができるので、いちいち写真を用意していく必要もありません。 知らない人に髪を触られたり、美容室の空間が苦手な人にもおすすめ。 セルフカットでショートヘアにするときに必要なもの では、セルフカットでショートヘアにするときに必要なものを見ていきましょう。 ここで使用するハサミは、家にある文房具ようにハサミではなく、ヘアカット用のハサミを使ってください。 文房具用のハサミでも髪を切ることはできますが、 切れ味が悪く、髪を痛めてしまうことがあります。 100均でも散髪用ハサミは販売されているので、前髪を切るようにも一つ揃えておきましょう。 クオリティの高さを求めている方は、プロが使用している専門のハサミを購入するのもおすすめ。 6インチのサイズのもので、シザー製なら切れ味がよく使いやすいです。 一部分だけが見えるものではなく、 全体がはっきりと映るような大きいサイズのものを選んでくださいね。 そして、後ろの髪の毛が切りやすいように、三面鏡も用意しておくと、安心してカットを進めていくことができます。 自立するもので、両手が自由になるタイプをチョイスするのもポイント。 家に設置されている大きな洗面台の鏡と、100均に販売されている鏡を組み合わせながら使えばOKです。 どちらも、100均で手軽に購入できますよ。 とびちってしまった髪の毛は、 後々掃除がとっても大変です。 ケープをしておけば、床に散らばる毛を最小限におさえ、体に付着することも防ぐことができます。 散髪用ケープも100均で購入することができますよ。 また、ケープが手に入らない方は、新聞紙を広げて代用してみてください。 ハサミの歯の部分がジグザクになっており、 毛先にハサミを入れるだけで自然と毛量が調節でき、シャギー感が出ます。 また、最近では櫛のような形をしており、櫛の奥に刃が入っているヘアカッターという商品も。 これは櫛を通すだけで簡単にシャギー感が出せ、ボリュームダウンすることができますよ。 丁寧にブロッキングをして少しずつセルフカットすることで、思い通りのラインを作ることができるのです。 そこで、 ブロッキングした髪を留めるダッカールピンを用意しておくと便利です。 クリップのような形で、挟んで止めるだけでOK。 もし、使いづらい方はヘアゴムでも代用できます。 毛束を作った状態で切り進めることで、広がらずにまっすぐにカットができます。 髪全体を濡らすのはなかなか大変ですが、 霧吹きを使えば、濡らしたいところを適度に濡らしていくことができます。 水分量の調節も簡単なのがメリットです。 セルフカットでショートにするときの基本の切り方&ポイント では、セルフカットでショートにするときの基本の切り方&ポイントを見ていきましょう。 襟足部分にハサミを縦に入れながら、 軽くしていくことで、サイドが短くなった時に違和感なく合わせていくことができますよ。 このように、ショートのセルフカットを行うときは、切っているパーツだけを見るのではなく、全体を見ながらバランスを取っていくことが大切です。 一気にハサミを入れると、ガタガタになってしまったり、 曲がってしまうことがあるので、少しずつ慎重に。 途中でブラシを入れながら、まっすぐになっているのを確認して行うのがポイントです。 もみあげに対して、 周りの髪のボリュームが多すぎると違和感を感じてしまうはず。 最初の段階では、 毛先のボリューム感や段などを気にする必要はありません。 とにかく好みのショートヘアになるように、ハサミは横に入れていけば良し。 しかし、あまりにも短くすると取り返しがつかなくなるのでほどほどに。 ブロッキングしながら行えばやりやすいですよ。 さらに髪をねじって、浅くハサミを入れていく方法もありますよ。 自分のつむじの位置がどこにあって、どのような見え方をしているのかも行う前に、あらかじめ確認しておくといいかも。 後ろ頭に丸みが出てくれば、ショートでも女性らしい印象に。 丸みを出すためにも、 少し後ろ髪を長く残してショートを作ることがおすすめです。 頂点と、黒目の外側を上にまっすぐ伸ばした延長線上が作る三角形です。 ここをきれいな三角形にしてあげることで、 見た目も美しいショートヘアが完成するはず。 あまりにも三角形から外れると違和感が出てくるので、NG。 次に、そのまま指を床と平行に持ち上げていきます。 ぱっつんの方はそのままで構いません。 もし、斜め前髪を作るときは、 流したい方向と反対側に傾けてください。 そこで。 前髪を三等分にして、 毛束を床と平行に持ち上げてみてください。 指で挟んだ状態から飛び出た部分だけ、すきバサミでセルフカットすればきれいなボリューム調整ができますよ。 もちろんやり過ぎるとガタガタになってしまうので、様子を見ながら続けてみて。 セルフカットで「ショートボブ」にするときの切り方 では、セルフカットで「ショートボブ」にするときの切り方を見ていきましょう。 ここではざっくりと切ってしまって問題ありません。 上の髪を下ろす前に、まずは下の髪を仕上げていきましょう。 思い切りハサミを入れると変にボリュームが減るので注意。 最初はざっくりとまっすぐにセルフカットして長さをまずは短くしていきます。 その後、髪をねじりながら、 毛先に向かって少しずつハサミを入れてボリュームを落としていきます。 うねりやハネが気になるところは、水で濡らしてから必ず乾かしてからカットを続けてください。 次に、 内側部分に長く飛び出た毛がないかを確認してください。 髪を持ち上げながらハサミを入れたら、さらに軽くなります。 失敗してしまったところも、軽くしてごまかしていけばOK。 顔回しの髪なども確認して完成です。 セルフカットで「前下がりボブ」にするときの切り方 では、セルフカットで「前下がりボブ」にするときの切り方を見ていきましょう。 髪の後ろ生え際から指2本分上の部分から前下がりになるようにスライスを取ってください。 角度はだいたい45度くらいを目安にします。 頭の丸みに沿ってコームを入れ、生え際から1㎝下げたところから45度角度をつけてセルフカット。 反対側も同じように行います。 ハサミを入れる位置は、最初の切り口に合わせていけばOK。 コームを使ってまっすぐになるように行います。 ポイントは、かぶさる髪が内側よりも数ミリ長くなるようにすることですよ。 上の髪もすべて続けて行います。 飛び出している髪の毛があれば、 最初にその部分を切り落として下さい。 次に、生え方の癖によって変わる部分を、髪全体を前に持ってきながら飛び出るところをセルフカットしていきます。 最後に、前下がりの部分を右、左とずらしながら、飛び出ているところを揃えれば、おさまりがよくなりますよ。 セルフカットで「切りっぱなしボブ」にするときの切り方 では、セルフカットで「切りっぱなしボブ」にするときの切り方を見ていきましょう。 この時丸みを作らないように、 まっすぐバッサリとカットしてしまいましょう。 サイドや前髪は、長さを残して置けるように置いておいてください。 後ろのカットが終わったら、レイヤーを入れすぎないように適度にそろえれば良し。 そのためには、 毛先に丸みを出していってはいけません。 後ろの髪を縦指一本分のスライスを取って、他の部分はダッカールピンで留めます。 毛束の内側を強く引っ張りながら下を向き、その毛先を上に向けて内側を削るように切っていきましょう。 これで適度に毛先が浮いて、束感を出すことができますよ。 横にずらしながらすべてに行います。 軽くし過ぎてしまうといけないので、 様子を見ながら少しずつ行ってください。 中の毛束を取り、ハサミを縦に入れていきます。 表面でも重さが感じるところがあれば、同様に立てて軽さを出せばOK。 毛先は、5㎝以内にハサミを入れるように気をつけます。 セルフカットで「ショートレイヤー」にするときの切り方 では、セルフカットで「ショートレイヤー」にするときの切り方を見ていきましょう。 そして、後頭部下の位置から切り進めていきますよ。 頭の丸みに合わせながら指を添わせ、 レイヤーになるようにスライスを取って。 上下で髪の長さがあっているかも確認しながら進めていくのがポイント。 いっぺんにすべてを切ろうとするのではなく、少しずつ進めていきます。 下の髪よりも長さを出すことで後頭部に丸みを出していくことができます。 最初のカットの角度は下げて、 2枚目は平行、3枚目は角度を上げてカットしていけば自然な丸みが出るんだとか。 全体を整えてから、サイド、トップのつながりを直せば出来上がりです。 セルフカットで「ウルフカット」にするときの切り方 では、セルフカットで「ウルフカット」にするときの切り方を見ていきましょう。 長さを決めて指を挟んでください。 全て前からの繋がり、 45度を意識しながら切り進めていってください。 髪と垂直、床と平行になるように引き出すことがポイントです。 これで自然と厚みが取れるはず。 このまま頭一周ぐるっと行いトップ位置も同じように行っていきます。 そして。 ゴムの位置を目安にバリカンを押し当てながら、 髪をまっすぐにカットしていきましょう。 この時、ゴムがずれないように左手でゴムを抑えながらカットするのが大切です。 バリカンは美容室でも使っている、切れ味のいいものを使うと切りやすいですよ。 毛束をねじった状態で、髪の中間くらいから、 ハサミを細かく入れていけばOK。 手ぐしを通しながら、状態を確認しつつ続けてください。 やり過ぎると、変な穴が開いてしまうこともあるので気を付けて。 仕上げに毛先を整えれば完成します。 ショートのセルフカットで失敗しやすいポイント&失敗を防ぐコツ では、ショートのセルフカットで失敗しやすいポイント&失敗を防ぐコツを見ていきましょう。 また、思い切りハサミを入れると、切り過ぎる恐れもあるので、心配な方は少しずつ慎重にカットしていきましょう。 しかし、ショートヘアで一部分だけ短いと、 後から取り返しがつかなくなってしまうのです。 ショートカットのセルフカットをするときに、失敗したと思っても、まずは全体のバランスを見てから続けていくのがおすすめ。 あとからうまくごまかす方法もあるので、いったん他の場所を進めていくべきです。 しかし、そのまま完成形に持っていこうとすると、 乾かした後にイメージと違ってしまうことも少なくありません。 まずは、長さを短くするときに軽く濡らし、細かい部分のセルフカットを続けるときは、いったん乾かしブローをしてから行ってください。 ショートのセルフカットを失敗したときの対処法 では、ショートのセルフカットを失敗したときの対処法を見ていきましょう。 粘ってショートセルフカットを続けてしまうと、 本当に取り返しのつかないことになってしまいます。 自分ではどうにもできないと感じたら、いつもの美容室に連絡をして助けてもらいましょう。 プロの手にかかれば、失敗もうまくリカバーしていくことができるはず。 コテでウェーブ感を出してみたり、 束感を出してみるのもいいですね。 さらに、かき上げ風にしていけばミニマムなショートヘアに仕上げることができますよ。 他にもヘアアクセサリーでショートヘアを抑えていく方法もあります。 左右非対称になっているのであれば、 そのまま耳にかけてからニット帽やハットをかぶればOK。 スッキリと収まりよく、誰も失敗には気づきません。 最近では、おしゃれで室内でも帽子をかぶる方も多いので、一日中かぶり続けることもできますよ。 より慎重に隠したいという方は、帽子ではなく、ウィッグを取り入れるのもいいかも。 セルフカットでショートヘアに挑戦しよう 中々セルフカットでショートヘアを切るのは勇気がいることです。 しかし、ちょっとしたコツと、ポイントを抑えていけば、 誰でも簡単におしゃれなショートヘアを作っていくことができますよ。 トレンドのショートボブや、女性らしいレイヤーショート、おしゃれな切りっぱなしボブなど、切り方を変えればセルフカットでも様々な髪型を楽しむことができるはず。 ショートセルフカットを行うことで、節約にもつながり、常におしゃれなスタイルに。 失敗したときには、美容室に行ったり、ヘアアレンジでうまくごまかすことも可能です。 是非失敗を恐れず、セルフカットのショートカットでおしゃれなヘアスタイルを作っていきましょう。

次の